やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「好きなゲーム」の「不満」ばかり書くリスク

 ちょっと……前後の流れなどTwitterの140文字では収まりきらなくて誤解を生んでしまった部分もあると思ったので、一記事にしてガッツリ説明しようと思います。



 これは別に「ゲームの批判をするな!」という意図のツイートではありません。
 「面白くなかったゲーム」「嫌いなゲーム」を「面白くなかった」「嫌いだ」と書いて、それを読んだ人が「このゲームは面白くないんだ。じゃあ買うのやめようっと」と思い、売上げが下がったとしても……それは「面白くないゲームを手に取らなくて済む人」がいるってだけの話ですからね。


 私が問題だと思うのは、「面白いゲーム」「好きなゲーム」に対して「面白くなかった」や「嫌いだ」書くことについてです。「え?そんな人いるの?」と思うかも知れませんが、ゲームという娯楽に関してはこれが殊更多いと思うのです。

 これを特に感じたのは、先月出たWii Uの『スマッシュブラザーズ』の感想を眺めていた時です。私のタイムラインは割合として「任天堂ファン」が多いので、このゲームの購入者は非常に多かったのですが、発売直後の感想タイムラインはこんなカンジでした。

・隠しキャラ出すの面倒。最初から全キャラ使えるようにしておけ
・クリアゲッターの条件がクソすぎる
・隠しステージ出すの面倒。最初から全ステージ使えるようにしておけ
・amiiboの仕様がクソ
・amiiboを「シンプル」や「オールスター」でも使いたかった
・「イベント戦」が「リトライ」出来ないのは頭おかしい
・メニューがどこに何があるのか分からないからクソ
・「名作トライアル」がMiiverse使用不可になるのが残念
・キーコンフィグの仕様がクソ
・ステージ作りのギミックが少なくてクソ
・ゲームパッドの画面を見ながらクラコンでプレイしようとするとワンタッチ必要でクソ
・3DS版との連動がクソ



 「不満」と「批判」がズラリと並び。
 「面白い!」というような肯定的な意見は皆無でした。

 これは別に一人の人がひたすら文句を言っているワケではなく、タイムラインにズラッと並んだ十数人の「任天堂ファン」の意見で……一人一人は「一つの不満」を言っているだけなのですが、それが大群となって整列するので「今回の『スマブラ』は不満点だらけでイマイチなんだな」と思わせるものでした。

 私は別にこれを「ダメだ」と言うつもりはありません。
 面白くないゲームを「面白くない!」と言う権利は、購入者にはあると思いますもの。



 ただ、こんな風に「不満」と「批判」ばかりをツイートしていて、「面白い」的な肯定的なツイートを一切していなかった人が一週間後に初動の売上が発表された際に、同じ口で「こんなに面白いのに、どうして『スマブラ』売れていないんだ!」と言っていて「面白かったの!?あんだけ文句しか言ってなかったのに?」と思った次第でございます。


 「あなたが加害者です」と言うと炎上するのがインターネットなので、「あなたが不満をつぶやくと売上げが下がるんですよ」と言うと「私が加害者だと言うのか!」「私に責任はない!」「たかが一人の呟きで売上げが下がるワケないだろう!」と怒られそうですが……

 「面白い」とか「好きだ」という感情を一切出さず、ファンですら一斉に「ここがクソだ!」「ここがクソだ!」「ここがクソだ!」と不満と批判だけ呟くようなゲーム――――買おうか悩んでいてみんなの感想を見て買うかどうかを決めようとしていた人達や、感想によってそのソフトの発売を知ったような人達は、そんな状況で買うわけがないと単純に思いますけど。



 ちなみに「amiiboを「シンプル」や「オールスター」でも使いたかった」「「イベント戦」が「リトライ」出来ないのは頭おかしい」「「名作トライアル」がMiiverse使用不可になるのが残念」は私も書いていました。だから、私も「不満」と「批判」を書き連ねた当人の一人であります。

 他人事ではなく、私もやりがちなことなんです。
 売上を落とすつもりで「不満」と「批判」ばかり呟くのならともかく、応援したいはずのゲームに「不満」と「批判」ばかり呟くのは誰がどう考えても逆効果なのに……何故そんなことをしてしまうのか。その心理を考えていきたいと思います。


大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

任天堂 2014-12-06
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 一年くらい前にこんな記事を書いていました。

 「好きだからこそ厳しく言う」のリスク


 この記事と違って今回の記事を「ゲーム」という分野に特化して書き始めたのは、発売直後の「ゲーム」というのは特に「不満」を書かれやすい娯楽だと思ったからです。「映画」とか「漫画」とか「アニメ」とかと比べても「ゲーム」は特にそうだなと思うのです。

 というのも、今の「ゲーム」はプレイ時間が何十時間、何百時間とかかるからです。
 「映画」だったら2~3時間、「漫画」は1冊数十分で10巻一気に読んだとしても数時間で済むでしょう、「アニメ」は1話30分弱で1クールで6時間弱・2クールでも10時間ちょっとで済みます。

 その理由と合わせて、「ゲーム」の面白さには「成長していく楽しさ」があるのです。
 何十時間もかけて自分が上達していく楽しさ、最初はレベル1のキャラクターをどんどん成長させていく楽しさ、一つ一つアイテムを集めて図鑑が埋まっていく楽しさ、何十時間もかけて盛り上がっていくストーリーの楽しさ……ゲームは基本的に「最初は下手」「最初はレベル1」「最初は図鑑が真っ白」「最初はどんなストーリーかも分からない」ので、いきなり初日から面白さの真髄が分かるものばかりではないんですね。

(関連記事:「上達」が楽しいのか、「攻略」が楽しいのか

 また、『スマブラ』のようなシリーズ作品の場合。
 経験者は既に「上達」しているから「上達していく楽しさ」が味わえない上に、「新鮮な体験」を味わえるワケでもありません。「面白いのが当然」で、むしろ理想通りでないところばかりが目についてしまう―――特に今回の『スマブラ』Wii U版は先行で発売された3DS版と同じキャラなので、3DS版も遊んでいる人には語りたくなるような「新鮮な体験」がなかったのかも知れませんね。

(関連記事:ゲームが上手くなった日のことを覚えていますか。

 また、これが一番大きい理由だと私は思っているんですが……
 「ゲーム」というのは、クリアできない間は「イライラ」するものだし、それを乗り越えてクリアできた時に「カタルシス」を得られるから楽しいのです。「うわっ!何だこの面!」「ふざけんな!何だこの難易度!」「こんな面倒くさいことやらせるんじゃねえ!」と言っていたものほど、クリア出来たら「やったー!クリア出来たー!嬉しーーーー!」と達成感に変わるものですしね。

 「ゲーム」の発売直後は、当然みんなクリアできていませんから……「クリアゲッターのお題が面倒くさくてクソだ!」「こんなのやりたくない!」という「イライラ」がタイムラインにズラッと並ぶんです。これを数ヶ月・数年かけて全部クリア出来たら「やったー!クリア出来たー!嬉しーーーー!」と変わるのだけど、それは発売直後には分からないのです。

 それと、「ゲーム」を順調に進めている時は「このゲーム楽しいいいい!」と熱中しているから、わざわざゲームを中断して「面白い!」とか「楽しい!」みたいなツイートをする暇はありません。
 逆になかなか「ゲーム」を進めなくて「イライラ」している時ほど気分転換に「うわっ!何だこの面!」「ふざけんな!何だこの難易度!」「こんな面倒くさいことやらせるんじゃねえ!」とツイートしたくなってしまうものです。

 結果、「イライラ」している時の感想だけタイムラインにズラッと並ぶという。

(関連記事:イジワルなゲーム
(関連記事:クリアできた人とクリアできなかった人ではゲームの評価は変わる
(関連記事:「ゲームを進められない時間」が「俺って天才!」感を生む
(関連記事:好きなゲームを「好き」と紹介することに意味があるのか
(関連記事:そのゲームで死んだら何を失う


 記事の最初に載せたツイートは、正直こんなリツイートされるだなんて思っていなかったので、「普段の自分が言っていること」の延長線上に書いてしまい―――普段自分が書いていることを知らない人には誤解された部分も多かったです。それはもう、言い訳のしようもなくゴメンなさい。




 誰もが気軽に感想を呟けて、その感想をみんなで共有できるようになったSNSの時代は―――「好きなもの」や「楽しいもの」が如何に楽しいのかの情報が広がって、それを手に取る人が増えて、みたいなバラ色の未来を想像していたんですけど。
 現状では、「好きなもの」や「楽しいもの」の不満点ばかりが広がって、それを手に取る人が減って……と、「ゲーム」に関してはあまりよろしくない利用のされ方になっちゃっているんじゃないかなぁと危惧しています。これは『スマブラ』に限った話ではなく、1年前の記事では『マリオ3Dワールド』について言っていますからね。このままこれが続いていくのはあまり良くない傾向なんじゃないのかと。


 「不満」を書くなとは言いませんけど。
 「面白いゲーム」「好きなゲーム」に対しては、意識して「良いところ」も呟くようにしていった方がイイんじゃないかなぁと思います。もし「良いところ」が思いつかないようだったら、そんなゲームは売れなくて当然というか何というか……


スーパーマリオ 3Dワールドスーパーマリオ 3Dワールド

任天堂 2013-11-21
売り上げランキング : 138

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:55 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「どんなキャラが参戦しているんだろう?」
「どんなコースで楽しませてくれるのか?」
「どんな音楽が聞けるのか?」
対戦だけでなく、それらを解放するのがスマブラの醍醐味なのに、最初からキャラもコースも使えたらそれこそやることがないような。そんなゲームをやっていて楽しいでしょうか。


| ああああ | 2015/01/12 19:15 | URL |

>ああああさん

 私もそう思いますけど、
 全く同じことを当人達に聞いてみたところ「オンライン対戦のあるゲームでキャラやステージが揃っていないと練習することも出来ないので、その人だけ不利になる」といった回答をもらいました。

 『スマブラ』に「攻略」を求めているのか、「上達」を求めているのかって話でしょうね。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/01/12 19:42 | URL | ≫ EDIT

確かにマイナス面をよく書く気がします
楽にかけてしまうんですよね(;´д`)
逆に、良いところをみようとすると 
より作品に向き合って、じっくりやらないと
「面白かったです」
くらいしか書けなかったり(笑)


ところで
基本的にみんな初期状態から始めるだろうから、・・・どのへんが不利なのでしょうか?

| ぐえん | 2015/01/13 07:04 | URL |

いいところを書く文章はありきたりな表現になりがちなんですよね。
前にツィッターで見た「天丼のレビューではプリップリをNGワードにしよう」が大受けしたんですが、確かにまたかよと思われてしまう危険はあります。

| 児斗玉文章 | 2015/01/13 18:36 | URL |

>ぐえんさん

>基本的にみんな初期状態から始めるだろうから、・・・どのへんが不利なのでしょうか?
 どうして私が「私じゃない人」の意見を想像して書かなきゃならんのだろう(笑)。

 例えば、私は発売から1ヶ月経ってもまだ全ステージ解放していないんですね。ネタバレがイヤだから出し方も調べていません。
 そういう人がオンライン対戦に出て「初めて見るステージ」に当たっちゃった場合、「初めて見るステージ」だからどういうギミックがあるのかも分からなくて死ぬ可能性は非常に高いでしょう。

 そうなりたくないから「全キャラ全ステージを出して、それらを練習してからオンライン対戦に出たい」という人にとっては、全キャラ全ステージを出すまでの手順が面倒なのかなと思います。


 私自身はオンライン対戦には勝ち負けよりも「想像もつかないような変なルール」とか「ヘンテコな自作ステージ」をどんどん出してもらって「こんな遊び方もあるのか!」と驚かせて欲しいんで、そういう人とは違う意見ですけど。


>「面白かったです」くらいしか書けなかったり(笑)
 それでイイと思いますよ。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/01/13 19:35 | URL | ≫ EDIT

>児斗玉文章さん

 「よく使うワード」を禁止にしたところで「ありきたりじゃない文章」が書けるもんでもないんですけどね……

 『スマブラ』の例で暗に示したかったのですが、「不満」とか「批判」も割と「ありきたりな表現」が多いと思います。「クソ」とか「頭おかしい」とかがズラッと並ぶタイムラインは、語彙力のなさを露呈しているようでしたし。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/01/13 19:40 | URL | ≫ EDIT

面白いって言わない人は、もし言った場合
面白半分に「クソ」とか「頭おかしい」とかいう人に攻撃される危険性があるから、
とかそういうのもある…かも?

| ああああ | 2015/01/14 15:03 | URL |

mk2っていう評価サイトでも段々点数が下がっている気がします。
ゲーム自体はどんどん進化しているのに何故なのかを考えるとやはり不満をいう人のほうが圧倒的に多く、例えば続編だったら「ここは良くて当たり前」って考えになり、良さを今更評価できないという人が増えているんでしょうね。
miiverseは逆に批判をいうべきでないという空気にもなっている気もしますがこれは任天堂の狙いなのかも…

| ああああ | 2015/01/17 22:27 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/07/06 06:04 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1881-70b4c889

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT