やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

任天堂へのお布施機能としての「テーマ」や「バッジ」の意義

 始まったのは昨年の10月なので、ちょっと前の話題ですが……ニンテンドー3DSは本体更新によって、HOME画面を着せ替えられる「テーマ」の販売を始めました。
 「テーマ」で着せ替えられるのは、上画面・下画面の壁紙、BGMや効果音、フォルダの形などです。価格は100円か200円で、特典などでもらえることもあります。「テーマ」によってはBGMがないものもあるので購入前にはちゃんと調べましょう。

 任天堂ソフトの「テーマ」はもちろん、サードメーカーのソフトの「テーマ」や、DLソフトの「テーマ」、キャラクターの「テーマ」など種類はものすごく多いです。シャア専用ザクの「テーマ」や、SEKAI NO OWARIの「テーマ」など、3DSあんま関係ない!というものもあって面白いです。
 SEKAI NO OWARIの「テーマ」はランキング上位で驚いたのですが、動画見るとBGMに「歌」が入っているんですね。これはファンだったらテンション上がりますわ。レコチョクは他のアーティストの「テーマ」も出してくれないかなぁ。


HNI_0097_2015020520591123a.jpg

 私のお気に入りはセガサターンの「テーマ」です!
 今だとセガサターンというより『セハガール』のOPというカンジのBGM!




 さて、これとはまた別の話。
 任天堂は昨年の12月に、HOME画面をデコレーションできるバッジが獲れるソフト『バッジとれ~るセンター』を配信開始しました。ソフト自体は無料で、無料プレイも出来ないことはないけど、基本的にはクレーンゲーム5回で90円という価格です。

 今のところバッジは任天堂のキャラクターだけです。
 マリオシリーズ、どうぶつの森シリーズ、ゼルダの伝説 神々のトライフォース2、ニッキー、リズム天国シリーズなどなど……多分、任天堂が自社でキャラクターの権利を持っているソフトだけじゃないかなと思います。『カービィ』とか『ポケモン』とかはまだ出ていないんですね。
 その内に『カービィ』とか『ポケモン』のバッジも出てきたら喜ぶ人は多いでしょうし、サードメーカーのソフトのバッジも出てくると面白そうですが、クレーンゲームの台を無尽蔵に増やすワケにもいかないので「テーマ」ほど参入の壁は低くはないでしょうね。

HNI_0098_20150205205913ccb.jpg

HNI_0099_20150205205914957.jpg

 バッジは「ただの飾り」のものもあれば、「本体内蔵ソフトの起動」が出来るものもあります。
 「テーマ」と組み合わせて面白いHOME画面を作ったら、Miiverseにスクショを投稿しようというコーナーもありますし、それをゲーム内で発表するコーナーもあります。この「ゲーム内で発表するコーナー」が楽しくて、頻繁に起動してしまうところはあります。



 私は、「テーマ」にしろ「バッジ」にしろ、ほどほどに買っている―――というところです。
 「テーマ」販売開始の直後に、『神々のトライフォース2』の「テーマ」花札の「テーマ」は買いましたが、HOME画面は1度に1つのテーマしか表示できないということに気付き……『神トラ2』の「テーマ」だけでイイやとその後しばらく買っていませんでした。
 その後、機能がバージョンアップして「お気に入りのテーマをランダムで使う」ということが出来るようになったので、前述のセガサターンの「テーマ」を買いましたが……ランダムで表示されるので「壁紙に合わせたアイコンの配置」みたいなことは出来ないんですね。だから私がテーマを買うかどうかの基準は、「好きなBGMかどうか」だけです。

 『バッジとれ~るセンター』の方は、この記事に書いた通り配信からしばらくはほとんど起動していなかったんですが……コメント欄で「無料で遊べる練習台を毎日遊ぶと、本番の台の無料プレイを結構させてもらえますよ」と教えてもらったので、その後ほぼ毎日起動しています。
 練習用の台で「当たり」が出たことは、1ヶ月プレイして1度たりともないのですが(笑)。毎日起動していると「課金してもイイかなー」という気になってくるので、これまでに5~6回くらい課金していますかね。



 さて、こんな風に「ほどほどに買っている」レベルの私の率直な気持ちを書いておきます。
 価格は高いと思います。
 3DSのダウンロードソフトだと、新作のゲームが400円とか500円とかで買えることを考えると……テーマ1つ200円とか、バッジを獲るクレーンゲームの最低単価が90円というのは「高い」と思います。だから私は別に「みんなにオススメですよ!」と言う気はないです。そのお金はゲームを買うお金にまわした方が、たくさんのゲームが楽しめるとも思います。

 でも、私は今後も欲しい「テーマ」や「バッジ」が出たらお金を払うと思います。
 高いけど、高いからこそ「お布施」を払う感覚でお金を払うと思います。


Hi☆sCoool! セハガール Vol.1 [Blu-ray]Hi☆sCoool! セハガール Vol.1 [Blu-ray]

Happinet(SB)(D) 2014-12-02
売り上げランキング : 3025

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ゲームソフトの開発費は高騰し続けているのに、ゲームソフトの価格は上げられない―――という話は、ゲーム業界では常に言われていることです。
 なので、前世代機では「ゲームソフトの価格」だけでなく「有料DLC」で稼ぐメーカーが現れました。最近も「有料DLC」が話題になっていましたけど、今になって出てきた話ではなくここ10年近くずっと賛否両論激論が繰り広げられてきた話なのです。


 私個人の好みで言えば、「お金を払うとゲームが有利になる」とか「ゲームの御褒美になるべき部分がお金で買えてしまう」のは好きではありませんが……人の数だけ好みの違いはあるのだから、それを望む人もいるのでしょう。
 それならば発売前にちゃんと告知して欲しいという記事を書いたこともあるのですが、「有料DLCを毛嫌いしている連中がいる限り、発売前に告知して売上を落とすようなことはするべきではない」なんてコメントももらいました。「それでひた隠しにして発売後に発覚したら信頼落とすだけで逆効果じゃね?」と思ったのですが、信頼を落としてでも初動で売れてしまえばイイやという考え方も出来ますからね。

(関連記事:「450円払うと10レベルアップ」に対する自分の考え
(関連記事:ゲームの“御褒美”を有料DLCにするのはやめて欲しい
(関連記事:ゲーム機をネットに繋いでいない人は「不完全版」しか遊べない
(関連記事:ゲームの有料DLCは、発売前にちゃんと告知して欲しい


 閑話休題。
 最近ではゲーム機用のソフトにもそういうソフトが出てきましたが、スマホやタブレット端末用のゲームには「基本無料」で「追加課金をすることで有利になったり優遇されたりする」ゲームが多いです。こういうゲームは「0円で遊ぶ人」もいれば、「何十万円も課金して遊ぶ人」もいます。『パズドラ』なんかは顕著ですけど、1本の大ヒットゲームが無尽蔵の売上を生むんですよね。


 「買いきり」のゲームだとこうはいきません。
 『とびだせ どうぶつの森』がどれだけ大ヒットしても、一人のプレイヤーが払ってくれるお金は4571円+消費税が限界です。そのお金を最初に払えば、何ヶ月遊んでも何年遊んでもそれ以降の追加料金は払われません。任天堂には1円も入らないのです。
 任天堂も「有料DLC」や「基本無料ゲーム」の方法を模索していましたが、行き着いた『マリオカート8』の有料DLCなんかを見ると……作るのに値段相応の労力がかかっていそうなものなので、プレイヤーとしてはありがたいけど「これって利益出るのかなー」と心配になるところもあります。



 ゲームの開発費は上がっている、でもソフトの価格は上げられない、でも私は「お金を払うとゲームが有利になる」とか「ゲームの御褒美になるべき部分がお金で買えてしまう」のは好きになれない―――

 熱烈な任天堂ファンの中には、「遊べる限り任天堂のゲームソフトは買っているのだけど、それでも経営が苦しいのならば好きなだけお金を寄付できる投げ銭システムを用意してくれ!」とまで言っている人がいました。
 私は正直そこまで任天堂に思い入れはありませんが(笑)、言わんとすることは分からなくないです。買いきりのゲームソフトにプレイヤーが支払える額は有限ですし、メーカーの収入も有限です。「ゲームソフト以外の収入源を任天堂も持つべき」という主張は理に適っていると思いました。


 その後、任天堂が「テーマ」や「バッジ」の販売を始めた時、真っ先に思い出したのはその“熱烈な任天堂ファン”の言葉でした。これこそが「好きなだけお金を寄付できる投げ銭システム」ではないか!と。

 1ヶ月間『バッジとれ~るセンター』をほぼ毎日起動して思ったんですけど、『パズドラ』なんかのスマホ用のオンラインゲームに似たことをやっているんですね。
 毎日クソバイト君のテキストが書かれていて、1日1回の練習プレイが出来るので、毎日起動したくなりますし。『パズドラ』が人気漫画や人気アニメとコラボして「この期間だけこのキャラクターが入手できる!」みたいなキャンペーンをやっているように、『バッジとれ~るセンター』も次々と人気ゲームのキャラのバッジが期間限定で手に入るというキャンペーンをやっているとも言えますし。自分のHOME画面をMiiverseに投稿して自慢&厳選した投稿をクソバイト君が紹介という要素は、それこそSNSを利用した元々の意味でのソーシャルゲームらしい要素とも言えます。

(関連記事:任天堂はソーシャルなゲームの会社である


 しかし、「お金を払うとゲームが有利になる」とか「ゲームの御褒美になるべき部分がお金で買えてしまう」みたいなことはなく、あくまで手に入るのは「HOME画面を装飾する要素」でしかないので、「有料DLC」に色々言ってきた私にとっては一番理想的な形だとも思います。

 当然、どの「テーマ」がたくさん売れているのか、どの「バッジ」を獲ろうとみんながお金を払っているのか―――という情報はデータ化されているのでしょうから、シリーズやキャラクターの人気のバロメーターにもなるかも知れません。数は少ないけど熱烈なファンのいるシリーズは、「テーマ」や「バッジ」で利益を挙げていくという方向性も考えられます。
 今後、任天堂が自社だけで権利を保有していないキャラクターの「バッジ」も出てくると、『ファイアーエムブレム』の歴代キャラのバッジとか出てきそうですよねー。チキのバッジがすげえ獲りづらいところにあって、ガンガン残高が吸い込まれていく未来が……!見える!



 ということで、今回の「テーマ」や「バッジ」の機能を、私は好意的に「楽しくお布施を払えるシステムを作った」くらいに捉えています。今後も「ほどほどに」ですがお金を払っていこうと思っています。
 要望があるとすれば、任天堂以外の「バッジ」も出して欲しいってとこですかね。『ラビ×ラビ』のバッジを出してくれれば、『スーパーマリオ』の世界をアリスとリリが歩いている画面とか作れる!

 まぁ、DLソフトはマイナー過ぎて実現性は低いかも知れんですが、ファミコンとかスーファミの頃の画像を使って“『ストリートファイターII』のリュウvs『ファイナルファンタジー』のバハムート”みたいな画面を作ってみたいです!縮尺どうなってんの!

マリオカート8 追加コンテンツ第1弾+第2弾 まとめてお得パック [オンラインコード]マリオカート8 追加コンテンツ第1弾+第2弾 まとめてお得パック [オンラインコード]

任天堂 2014-10-30
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アミーボは任天堂製のソフトを持っていれば汎用性が高いDLCだと思います。活躍できる場所(ソフト)を一つにせず、さまざまな場所で生きようとする。この辺にDLCの新しい可能性を出そうとしているのではないのでしょうか。妖怪ウォッチのメダルは「妖怪ウォッチ」と名がつくソフトかアーケードゲームしか生きていけませんし。

DLCをやたら毛嫌いする人がいますが、誰かに譲渡できないことを除けば、妖怪ウォッチのアーケードで遊んでもらえるメダルと変わりませんよね。一昔前だったら仮面ライダーのガンバライドやドラクエのバトルロードとか。そちらを批判する人がいないのが変だと思うのは私だけでしょうか。

| シェリー | 2015/02/06 20:06 | URL |

>シェリーさん

 私は「こういう有料DLCは嫌だ!」と書いているだけで、「有料DLCを全否定している」ワケじゃないですよ。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/02/06 20:21 | URL | ≫ EDIT

wiiuのホームメニューも手入れてもらいたいですよね。
ワラワラ広場は任天堂の広報スペースにしたいのか、ユーザースペースなのか良くわからないんですよね。
せめて、天気情報とリンクさせて背景が変わったりすると良いんだけども。
ちょっとした画面の変化が有ると起動の機会が増えると思いますよね。

| nagaido | 2015/02/07 16:47 | URL | ≫ EDIT

>nagaidoさん

 この手の展開は「普及している人数」がある程度ないと利益が出ないでしょうから、現状のWii Uだと「テーマ」や「バッジ」みたいなことはちょっと厳しいかもですね。

 「ワラワラ広場」は、好きな人もいるみたいではあるんですが、私は「Wii U失敗の象徴」だと思っています。
 Wiiの時のような「家族が繋がるスペース」とか、もしくはフレンドリストのように「フレンドが今何のゲームを遊んでいるのかが見える」みたいな機能性から入るのならともかく。何をしたいのかのビジョンが見えないまま作っちゃったようなカンジですね……

| やまなしレイ(管理人) | 2015/02/08 02:18 | URL | ≫ EDIT

下で妖怪メダルについて話してる人がいるけど妖怪メダルはおもちゃの妖怪ウォッチ、メダル一枚で遊べて運がよければ限定メダルが当たるアーケード(ブタメダルみたいな感じだと思えばいい)、3DSのゲームで読み込めばガチャガチャのコインが手に入るし(と言ってもゲーム内でも入手できるしそもそもガチャガチャの一日に回せる回数が有限)
と一枚で複数の要素が楽しめるのもうけたんだと思う
まあ、クロスメディアとしての一体感が大きいっていうのもあると思うけど(ポケモンはよくも悪くもゲームを元にしつつ割りとアニメと関係なかったり独立してるし)

| アニス | 2015/02/09 21:02 | URL |

ガンバライドとかが批判されない理由って、「昔からそうだった」からじゃないんですかね。
カードをかって増やして戦術を強化する、あるいは好きなキャラがでるまで買う。
対してゲームは「昔は違ったから」。ショボいグラフィックであろうとちょっとボリュームが少なくても、DLCがなくても個として完成されていたから、それと比べてしまう。
もうそんな時代じゃない(開発費とか)のはわかってるんですが、ショボいグラで話がしっかりしてる、DLC のないゲームが出て欲しいと思うんですよね。

| ああああ | 2015/02/19 06:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1892-3a335c2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT