やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分が期待している2015年の春アニメラインナップ

※ 3月21日、『俺物語!!』『長門有希ちゃんの消失』『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』の紹介を追記しました。
※ 3月25日、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の紹介を追記しました。
※ 3月28日、『ミカグラ学園組曲』の紹介を追記しました。



 またこの時期が来ましたよー!

 4月から始まる(主に)深夜アニメの中から、自分が「とりあえず第1話だけでも観てみよう」とした作品をリストアップするだけの記事です!
 アニメ初心者の人は「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」と絶望してしまうかも知れないので、その参考情報の一つになれればイイかなと思います。ここまでがテンプレ!

(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの切り方”講座
(関連記事:初心者の自分が、インターネットの無料配信で深夜アニメを観てみました
(関連記事:たくさんあるアニメ作品を「食わず嫌い」すること


 今回も、今まで同様に「7作品をピックアップ+コメント欄やTwitterでオススメしてもらった作品も追記で紹介していく」方針で行こうと思います。
 来季始まるアニメを全部網羅したいという人は、『脳とアニメーション』さんの一覧記事『あにめも』さんのアニメチェックのページを見ると分かりやすいと思います。

 参考情報の一つとして各作品のPVを載せておきますが、PV観るとネタバレになってしまう部分もあるのでそこは気をつけてください。全体的な傾向としては、PVは大体3~4話までの内容をまとめたものが多いですね。


○ 『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』
 <公式サイト
 <女女女女女

やっぱりStand Up!!!!!/色彩crossroad
やっぱりStand Up!!!!!/色彩crossroad

 まさかの一枠目に選びました!!
 でも、しょうがないんですよ!dアニメストアの「見放題」で何となく観始めたら1期・2期とドハマリしてしまって、時間が出来たら円盤も揃えようと思っているくらい大好きな作品になってしまって、今季間違いなく一番楽しみにしているアニメなんですもの!
 今作は事実上の「3期」ですが、ストーリーなんてあってないようなものだから今作から観始めても問題ないと思いますよ!

 『てさぐれ!部活もの』は2013年に1期、2014年に2期が放送されたオリジナルのフルCGアニメです。監督は『gdgd妖精s』の脚本、『直球表題ロボットアニメ』の監督を務めた石舘光太郎さん(現在は石ダテコー太郎に名義変更)。何かを始めたいと思って高校に入った新入生:田中心春のために、てさぐり部の4人で新しい部活を考える作品でした。

 『みならい女神 プルプルんシャルム』は、文化放送の超A&G+の帯番組『Lady Go!!』と講談社の月刊少年シリウスによるクロスメディアプロジェクトで、『Lady Go!!』のパーソナリティ5人の声優(上坂すみれさん、小松未可子さん、大久保瑠美さん、高森奈津美さん、三上枝織さん)が女子高生のみならい女神たちになって登場する日常系4コマ漫画だそうです。

 今作はこの2作品のコラボタイトルということですね。


 『てさぐれ!部活もの』を知らない人に向けてもうちょっと説明しますと……
 フルCGアニメと聞くと『シドニアの騎士』みたいな時代の最先端を進む作品だとか、『セハガール』のようにCGキャラを活かしてゲームの中に入り込むアイディアの作品なんかを連想する人もいるかもですが、『てさ部』は方向性としては正反対です。
 「CGアニメなので絵を作る時間を短縮できる」ことを活かして、収録は完全プレスコ&アドリブで、役者さん達の演技を受けてから絵を作るし、役者さん達の演技を受けてキャラが出来上がってから残り話数の脚本を作るということで―――より“生っぽい”“演劇っぽい”アニメになっているんですね。石ダテ監督はこの後に『みならいディーバ』という生アニメを作るくらいなのだから、そこにこだわりもあるんじゃないかなと思います。

 『gdgd妖精s』や『直球表題ロボットアニメ』同様に、「みんなで雑談をするパート」「大掛かりなアクションをするパート」「声優さん達にアドリブで大喜利させるパート」の3つで構成されているのですが―――
 何でもありだった『gdgd妖精s』や、設定をきっちり決めてしまった『直球表題ロボットアニメ』からの反省で、『てさ部』は「女子高生が部室に集まってただ喋っている」日常系部活アニメのテンプレに当てはめて、より“生っぽさ”を出しているのだと思います。登場人物4人の姓と名が「よくある名前」の組み合わせで出来ているように、「どこにでもいる女子高生」の実在感を出しているのだと言えますね。

 やっぱり圧巻は「アドリブでの大喜利パート」。
 ただ単に面白いことを喋ってもらうだけではなくて、細かい笑い声や動きなんかもそのままアニメに反映されて、「キャラクターの名前を間違える」とか「お腹が鳴っちゃう」みたいなハプニングも描かれて、それによってキャラクターが確立されていったりもするので―――どんな日常系アニメよりも、「実際に存在する部室を覗いている」感覚が生まれているんです。


 で、今回の『プルプルんシャルム』とのコラボ。
 私はこういう「作品と作品のコラボレーション」みたい作品はあまり好きじゃないというか「面白くなるワケがない」と斜に構えてしまうのですが。今回のこれは、非常に「ラジオっぽい面白さ」を持った『てさ部』というアニメと、超A&G+で帯番組を担当しているラジオパーソナリティ5人との組み合わせがものすごく相性がイイだろうし、予想も付かないことが起こるんじゃないのかと期待しているのです。


 ちなみに、このタイミングで『てさ部』1期&2期の全話を1枚のブルーレイに収録した「おためしばん」が発売されるそうです。映像特典や音声特典は大部分がカットされていたり、過去商品よりもビットレートが落ちていたりもするそうなんですが、こういう売り方も「アリ」なんですね。ブルーレイの大容量を活かした全話収録、とかこういう作品がもっと増えればイイのに。ただ、私は映像特典や音声特典が欲しいので通常版を買いたいですけど!

てさぐれ!部活もの おためしばん [Blu-ray]
てさぐれ!部活もの おためしばん [Blu-ray]

 放送日程は、
 日本テレビでは4月4日~(土曜日深夜)

 『てさ部』1期・2期はニコニコ生放送や日テレオンデマンドで最新話無料配信されていたそうなので、今回もそうなると思うのだけど……まだ発表はされていませんね。


○ 『響け!ユーフォニアム』
 <公式サイト
 <女女女女女

【TVアニメ化】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ (宝島社文庫 『日本ラブストーリー大賞』シリーズ) 【TVアニメ化】響け! ユーフォニアム 2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏 (宝島社文庫)

 恐らく、世間的には今季最大の注目作でしょう。
 原作は武田綾乃さんの小説で、吹奏楽部を舞台にした青春小説だそうです。制作は京都アニメーション、監督は『涼宮ハルヒの憂鬱』『CLANNAD』『中二病でも恋がしたい!』の石原立也さん、シリーズ構成を『ラブライブ!』や『境界の彼方』の花田十輝さん、キャラクターデザインは『涼宮ハルヒの憂鬱』の池田晶子さん、シリーズ演出を『けいおん!』『たまこまーけっと』の山田尚子さんが担当。

 音楽を題材にした部活モノを京アニが制作で、メインキャストに平均年齢の若い女性声優を揃えているところなど、2009年の『けいおん!』を彷彿とさせるところも多いのですが……PVを見たり、原作の評判だったりを聞くところ、『けいおん!』よりも正統派の部活アニメっぽいですね。


 正直なところ、2015年に『けいおん!』と同じようなことをやられても「まだそこやってるのか」と思ってしまうだけでしょう。日常系は『きんモザ』にしろ『ごちうさ』にしろ突き詰められた完成形まで行ってしまいましたし、音楽を題材にしたアニメはアイドル系は言うまでもなく、クラシックも『坂道のアポロン』や『四月は君の嘘』など演奏シーンに力の入ったアニメも多く出てきました。

 京アニにはやっぱり過去の作品に縛られて欲しくはないので、新しくまた時代を切り開いていくようなアニメを作って欲しい―――という期待をこめて第1話を楽しみに待ちたいと思います。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは4月7日~(火曜日深夜)
 サンテレビでは4月7日~(火曜日深夜)
 KBS京都では4月7日~(火曜日深夜)
 テレビ愛知では4月7日~(火曜日深夜)
 BS11では4月8日~(水曜日深夜)
 AT-Xでは4月10日~(金曜日深夜)

 京アニ作品は東京MXだと水曜放送が長く続いていましたが、今回は火曜日なんですね。ネット配信はどうだろう……京アニ作品はネット配信で観るのが難しい作品も続いていたのだけど、まだちょっと分からないです。



○ 『アルスラーン戦記』
 <公式サイト ※音が出ます
 <男男男男男

アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス) アルスラーン戦記(2) (講談社コミックス) アルスラーン戦記(3) (講談社コミックス)

 原作は、元々は田中芳樹さんのファンタジー大河小説として1980年代から刊行されているもので、1990年代には中村地里さんの手によって漫画化、1991年~1995年には劇場版アニメやOVAにもなっていました。
 その後、2013年から『鋼の錬金術師』や『銀の匙』の荒川弘さんによって別冊少年マガジンで再び漫画化の連載が始まり、今回の初のテレビアニメ化はこちらをベースにしているみたいですね。制作はライデンフィルムとサンジゲンの共同制作です。

 国を追われた王子が騎士と共に王国を取り戻していく――――という話だそうです。
 深夜アニメではない「日5」枠ですが、超有名作の小説が原作&荒川弘先生の新作が原作ということで、これはやっぱり見逃せないなとチェックしていこうと思います。



 放送日程は、
 MBS/TBS系列で、4月5日~(日曜日夕方)

 同じ枠の『七つの大罪』はニコニコ動画やGyaOで最新話無料配信されたそうなので、今回も期待したいけどどうでしょうね。



○ 『プラスティック・メモリーズ』
 <公式サイト
 <男女女男女

 アドベンチャーゲーム 『シュタインズ・ゲート』などのシナリオ担当で知られるMAGES.(5pb.)所属のシナリオライター:林直孝さんが原作・脚本を務めるオリジナルアニメです。監督は藤原佳幸さんで、制作は動画工房と、『未確認で進行形』の組み合わせですね。

 林直孝さんの代表作は「科学ADV」シリーズと呼ばれていますが、この作品も「人間と同じような見た目で人間と同じような心を持ったアンドロイドが普及した世の中」を舞台にした作品です。そのアンドロイドのメーカーに勤めている主人公が耐用時間を迎えたアンドロイドを回収するお話―――
 って、もうこれを読んだだけで泣けそうな設定ですが、林さんがわざわざ原作を書いているのだから単純に「泣けて終わり」な作品には留まらないんじゃないかという期待を持っています。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは4月4日~(土曜日深夜)
 チバテレビでは4月4日~(土曜日深夜)
 群馬テレビでは4月4日~(土曜日深夜)
 とちぎテレビでは4月4日~(土曜日深夜)
 テレ玉では4月4日~(土曜日深夜)
 tvkでは4月4日~(土曜日深夜)
 BS11では4月4日~(土曜日深夜)
 AT-Xでは4月4日~(土曜日深夜)
 三重テレビでは4月7日~(火曜日深夜)
 岐阜放送では4月7日~(火曜日深夜)
 ABC朝日放送では4月8日~(水曜日深夜)

 ニコニコ動画、GyaO、バンダイチャンネル、dアニメストアでの配信も発表されています。


○ 『パンチライン』
 <公式サイト
 <男女女女女>

 今季のノイタミナ枠。
 元々の企画の始まりとしては、『Ever17』や『極限脱出 9時間9人9の扉』などのアドベンチャーゲームを手がけていたシナリオライター:打越鋼太郎さんのゲームの企画をMAGES.のプロデューサーに見せたところ、「これはゲームだけじゃなくて、絶対にアニメ化したほうがいい」と、『ロボティクス・ノーツ』のアニメ化の際のプロデューサーに売り込んでもらうことになり―――

 結果として、ゲームはMAGES.によって作られ、アニメは(『ロボティクス・ノーツ』と同じように)フジテレビのノイタミナ枠で放送されるという……ゲームとアニメを同時並行に作るプロジェクトとなったみたいですね。しかし、MAGES.の関わったアニメ作品が同時期に同じアニプレックス枠で放送されるとは……


 ストーリーは、幽体離脱をしてしまった主人公が興奮すると人類が滅亡してしまうのだけど、周囲の女のコがやたらパンチラをしてくるので危険がいっぱい―――という話みたいです。なんだそりゃ(笑)。
 本当に単なるパンツアニメになるのか、そこに深みがあるのかは分かりませんが、PVを見たところアクションシーンなんかも気合入っている印象は受けたので7作品の中に入れました。エロ分高めのハーレムアニメは苦手な自分なのだけど、様子見してみようかなと。



 放送日程は、
 フジテレビでは4月9日~(木曜日深夜)

 今まで通りのノイタミナだったら、ネットでの無料配信はなくて、dアニメストアで月額会員は「見放題」ってパターンが多かったのだけど……今回はどうでしょうね。



○ 『ハロー!!きんいろモザイク』
 <公式サイト
 <女女女女女

きんいろモザイク (1) (まんがタイムKRコミックス) きんいろモザイク (2) (まんがタイムKRコミックス) きんいろモザイク (3) (まんがタイムKRコミックス) きんいろモザイク (4) (まんがタイムKRコミックス) きんいろモザイク (5) (まんがタイムKRコミックス)

 大人気日常アニメの第2期!
 原作は原悠衣さんの4コマ漫画で、テレビアニメ第1期は2013年7月~9月に放送されました。外国のことが大好きな日本人の女子高生:大宮忍と、日本のことが大好きなイギリス人の女子高生:アリス・カータレットの二人を中心に、女子高生達の日常を描くアニメでした。

 現在、自分はdアニメストアで第1期を観ていて、この記事を書いている段階でまだ5話までしか観ていないんですが……5話まで観た感想としては、「日常アニメの中でも百合分が強めかなぁ」というところです。
 日常アニメは女のコ同士のイチャイチャを描いていくものですが、あくまで友情の枠組みの中での嫉妬だったりするもので。この作品における、綾→陽子や、アリス→忍はそれ以上のものを感じて、百合好きの自分としてはこれくらいがベストととても気に入っています。

 dアニメストアの月額会員ならば1期全話「見放題」ですが、ニコニコ動画でも1期1話は無料配信されています
 「1期を観ていないんだけど、2期からでも大丈夫かなぁ」という人は、とりあえず1期1話だけでも観てみるとイイと思います。この第1話、原作ではちょこっとしか描かれていなかった部分を原作者からもアイディアをもらって作り上げたそうで、「アニメの第1話」としてすごくよく出来ているんです。



 放送日程は、
 AT-Xでは4月5日~(日曜日深夜)
 サンテレビでは4月6日~(月曜日深夜)
 TOKYO MXでは4月6日~(月曜日深夜)
 KBS京都では4月6日~(月曜日深夜)
 テレビ北海道では4月7日~(火曜日深夜)
 テレビ愛知では4月8日~(水曜日深夜)
 BS11では4月9日~(木曜日深夜)

 1期はニコニコ動画で最新話無料だったそうなんで、2期もそうなるかなーと思うのですが、まだ発表はありませんね。


○ 『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
 <公式サイト
 <男男女女女

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1 ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2 ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上3 ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4

 今季の7枠目はこちら!
 名前はもちろん聞いたことがあったけれど、どういう経歴の作品なのかはイマイチよく分かっていませんでした。元々はアメリカ人コンビによるSF小説なんですね。2010年、作者から翻訳権を正式に取得した「翻訳メンバー」がTwitterにつぶやく形で翻訳の連載を開始―――
 そこから書籍版や漫画版などへの展開もされているのだけど、核としてはTwitterによるファンとの交流やファンの活動が盛んな作品だということ。ファンの平均年齢は高めだろうけど、「カゲロウプロジェクト」なんかにも通じるネット文化が育んだ新時代の作品ってカンジがしますねー。

 さて、そのアニメ化が今作。
 制作が『キルラキル』のTRIGGERということで、『キルラキル』が「世間で絶賛されているのは分かるけど自分は楽しめなかった」身としては今回も楽しめないかなーという不安の方が大きいですし。テレビ放送されるのではなく、まずはインターネット配信のみ、テレビ放送は来年というスタイルも不安が強いです。

 でも、こういう「自分はちょっと不安だけどみんなが注目しているから自分も観てみよう」枠が7枠目なので、今季はこの作品を選びました!



 配信日程は、
 ニコニコ動画他では4月16日~(木曜日深夜)



 以上、7作品をチョイスしました。
 『シンデレラガールズ』が分割2クールなこともあって、今季の私のスケジュールはかなり余裕があります。4作品くらいは選べそうだけど……『てさ部』と『きんモザ』はよほどのことがない限り脱落はしないだろうから、残り2枠を選ぶってカンジになるかなぁ。


 今回も見落としている作品もあるかも知れないので、他にもオススメ作品があったら教えてください。
 今回もブログのコメント欄やTwitter等でオススメされた作品も追記で紹介していこうと思います。ただまぁ、数が多すぎると私の負担も大きくなっちゃうので、紹介するのはその中で「自分が観る気になったもの」に限らせていただきます。なので、気楽にオススメしてくださると助かります。

 それでは、よろしくお願いします。




○ 3月21日追記:コメント欄やTwitterでオススメしてもらった作品
 ここからは、コメント欄やTwitterでオススメしてもらった作品も紹介していこうと思います。


◇ 『俺物語!!』
 <公式サイト
 <男女男女男

俺物語!! 1 (マーガレットコミックス) 俺物語!! 2 (マーガレットコミックス) 俺物語!! 3 (マーガレットコミックス) 俺物語!! 4 (マーガレットコミックス) 俺物語!! 5 (マーガレットコミックス) 俺物語!! 6 (マーガレットコミックス) 俺物語!! 7 (マーガレットコミックス) 俺物語!! 8 (マーガレットコミックス)

 原作は別冊マーガレットにて連載中の少女漫画で、少女漫画の登場人物らしからぬ男くさい主人公の剛田猛男と、その親友の少女漫画のキャラクターらしいイケメンの砂川誠を軸に恋愛模様を描いていく作品みたいです。制作はマッドハウスで、監督:浅香守生さん、キャラクターデザイン:濱田邦彦さんと、『ちはやふる』と同じ布陣ですね。

 元々人気の原作ですし、このスタッフならば間違いなさそう。



 放送日程は、
 日本テレビでは4月8日~(水曜日深夜)
 BS日テレでは4月15日~(水曜日深夜)
 静岡第一テレビでは4月22日~(水曜日深夜)
 南海放送では4月24日~(金曜日深夜)
 テレビ信州では5月7日~(木曜日深夜)
 広島テレビでは5月13日~(水曜日深夜)


◇ 『長門有希ちゃんの消失』
 <公式サイト
 <女男女女女

長門有希ちゃんの消失 (1) (角川コミックス・エース 203-5) 長門有希ちゃんの消失 (2) (角川コミックス・エース 203-7) 長門有希ちゃんの消失 (3) (角川コミックス・エース 203-8) 長門有希ちゃんの消失 (4) (カドカワコミックスAエース) 長門有希ちゃんの消失 (5) (カドカワコミックス・エース) 長門有希ちゃんの消失 (6) (カドカワコミックス・エース) 長門有希ちゃんの消失 (7) (カドカワコミックスAエース) 長門有希ちゃんの消失 (8) (カドカワコミックス・エース)

 2006年のアニメ化が大ヒットした『涼宮ハルヒ』シリーズのスピンオフ漫画が原作で、『涼宮ハルヒの消失』をベースにしたラブコメ漫画だそうです。これまでのシリーズのアニメ化は京都アニメーションが行っていましたが、今作はサテライトが制作です。キャストは京アニ版から引き継いでいるみたいですね。

 自分はまだ『涼宮ハルヒの消失』を観ていなくて(dアニメストアで観る予定ではいます)、今回の7作品の中に入れることはしませんでしたが……とりあえず薦められたからにはチェックしてみようと思います。


 放送日程は、
 TOKYO MXでは4月3日~(金曜日深夜)
 AT-Xでは4月4日~(土曜日深夜)
 BS11では4月4日~(土曜日深夜)
 チバテレビでは4月5日~(日曜日深夜)
 テレビ神奈川では4月5日~(日曜日深夜)
 テレ玉では4月5日~(日曜日深夜)
 サンテレビでは4月5日~(日曜日深夜)
 TVQ九州放送では4月5日~(日曜日深夜)
 信越放送では4月6日~(月曜日深夜)
 岐阜放送では4月7日~(火曜日深夜)
 三重テレビでは4月8日~(水曜日深夜)


◇ 『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』
 <公式サイト
 <女男男男男

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [Blu-ray] 攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [Blu-ray] 攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 3 [Blu-ray] 攻殻機動隊ARISE 4 [Blu-ray]

 『攻殻機動隊』は士郎正宗さんの漫画を原作として、劇場版アニメ・テレビアニメなどのメディアミックスも多数行われている作品です。
 劇場版は監督を押井守さんにして、1995年には『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』、2004年には『イノセンス』が公開。
 テレビ版は監督を神山健治さんにして、2002年~2003年に『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(地上波では2004年に放送)、2004年~2005年に『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』(地上波では2005年に放送)、2006年にはその続編として長編作品『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』としてパーフェクト・チョイスで放送(後にOVA化)されました。

 この『ARISE』は『攻殻機動隊』の新プロジェクトとして、元々は2013年から全4部として公開された映画で、原作(士郎正宗さん)、劇場版(押井守さん)、S.A.C(神山健治さん)に続く『第4の攻殻』と呼ばれているそうです。そのテレビ版となる今作は、全4部の作品を2話ずつに分けた上で完全新作エピソードを2話加えて全10話に編集しているみたいです。

 ということは……今までのシリーズを知らなくても楽しめる、ってことですかね。
 私は押井版2本とS.A.Cの最初のシーズンは観ているはずなんですが、如何せん観たのが昔すぎて何にも覚えていなくて「もうシリーズには付いていけないなぁ」と思っていました。ここで新たに入口を作ってくれるのなら、イイ機会なので入り直そうかなと。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは4月5日~(日曜日夜)
 KBS京都では4月5日~(日曜日夜)
 サンテレビでは4月5日~(日曜日深夜)
 テレビ愛知では4月5日~(日曜日深夜)
 北海道テレビでは4月7日~(火曜日深夜)
 仙台放送では4月8日~(水曜日深夜)
 静岡放送では4月9日~(木曜日深夜)
 TVQ九州放送では4月9日~(木曜日深夜)
 BS11では4月14日~(火曜日深夜)


 以上、追加で3作品を紹介しました。



○ 3月25日追記:コメント欄やTwitterでオススメしてもらった作品

◇ 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』
 <公式サイト
 <男女女女女

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 (GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 (GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (4) (GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5 (GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 (GA文庫)

 原作は大森藤ノさんによるライトノベルで、タイトルから分かるようにファンタジーを舞台にした作品だそうです。タイトルからすると可愛い女のコがたくさん出てくるハーレムものなのかなと思っていたのですが、主人公の少年の成長物語として熱い作品だそうです。とりあえずどんなものか第1話だけでも観て確認しようと思います。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは4月3日~(金曜日深夜)
 KBS京都では4月4日~(土曜日深夜)
 テレビ愛知では4月4日~(土曜日深夜)
 AT-Xでは4月5日~(日曜日夕方)
 BS11では4月5日~(日曜日深夜)
 サンテレビでは4月5日~(日曜日深夜)

 以上、追加で1作品を紹介しました。



○ 3月28日追記:コメント欄やTwitterでオススメしてもらった作品

◇ 『ミカグラ学園組曲』
 <公式サイト
 <女女女女男

ミカグラ学園組曲1 放課後ストライド (MF文庫J) ミカグラ学園組曲2 無気力クーデター (MF文庫J) ミカグラ学園組曲3 我楽多イノセンス (MF文庫J) ミカグラ学園組曲4 十六夜シーイング (MF文庫J) ミカグラ学園組曲5 不条理ルーレット (MF文庫J) ミカグラ学園組曲6 絵空事スパイラル (MF文庫J)

 原作はニコニコ動画で活躍するボカロP「Last Note.」による楽曲シリーズ「ミカグラ学園組曲」の世界観をベースにしたライトノベルで、そこからコミックス化、アニメ化とされていっているメディアミックスプロジェクトだそうです。
 引きこもり気味の少女が、高校は文化系の部活しかない『私立ミカグラ学園』に進学したところ―――その学校は各部活の代表者が特殊な能力でバトルしていたという異能力学園バトルものだとか。

 ヒロインを演じるのは『SHIROBAKO』の宮森あおいで脚光を浴びた木村珠莉さんなので、PVを見るとものすごく『SHIROBAKO』っぽい雰囲気(笑)。



 放送日程は、
 テレビ愛知では4月6日~(月曜日深夜)
 AT-Xでは4月7日~(火曜日深夜)
 TOKYO MXでは4月8日~(水曜日深夜)
 サンテレビでは4月8日~(水曜日深夜)
 KBS京都では4月8日~~(水曜日深夜)
 BS11では4月11日~(土曜日深夜)

 以上、追加で1作品を紹介しました。

| アニメ雑記 | 20:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして!

私も『響け!ユーフォニアム』には期待しています。
京アニ制作の音楽アニメというとけいおんがあまりにも有名ですが、けいおんの亡霊を見るような作品は私も作ってほしくないですね……
今回は『四月は君の嘘』の直後ということもあって求められるハードルは高そうですが、PVにも出ている「音楽×青春」を是非期待したいですね!
きんモザのほかに続編もので自分が期待しているものを挙げるとすれば、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』です。2013年春に放送されてからちょうど2年なので、もう待ちに待ったという感じです!
あとはやっぱり『長門有希ちゃんの消失』をおすすめしたいです(ちょうどツイッターでやまなしさんがハルヒを見ているというツイートをされていたのでw)。長門有希ちゃんの消失はハルヒ本編とは直接関係ないいわゆるスピンオフ的作品ですが、スピンオフといえどもハルヒ約5年ぶりの映像作品!キャストのみなさんも全員同じですし(平野綾さんがハルヒをまたやってくれるというのが何気に感動です)、ハルヒファンの私としては是非おすすめしたいです!

| るふわ名無し | 2015/03/19 22:15 | URL |

やっと田中芳樹作品が地上波のゴールデンタイムに放映とは感無量です。
銀英伝はあくまでOVAでしたからね。
これで原作者のモチベーションが上がるとさらに嬉しいw

| 児斗玉文章 | 2015/03/21 17:53 | URL |

こんばんは。
私も「響け!ユーフォニアム」と「プラスティック・メモリーズ」はとても期待しています。
続き物として、「ベイビーステップ」、「シドニアの騎士」、「俺ガイル」、「ダイヤのA」は観る予定。

後は「俺物語」がどこまで楽しめるか。
田中芳樹さんの本はそもそもまともに作品として出来上がってないのが殆どなので、「アルスラーン」もどうなるか判断しかねるところですね。

「パンチライン」七々々みたいにならないことを願います。いきなり真白たんの声が聴こえたので笑ってしまった。吉田さんの声特徴ありすぎw

| みゃあ | 2015/03/21 22:55 | URL | ≫ EDIT

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』をお勧めします。

タイトルに反して、ガチのダンジョンものというか、正統派の少年成長ものですので
そういうのが好きならぜひ

| ああああ | 2015/03/23 19:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1910-bc34106c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT