やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あのゲームは今年で何周年?

 もう終わってしまったけど、ニンテンドー3DSとWii UのeShopにて「ファイアーエムブレム」シリーズ25周年記念でダウンロード販売されているシリーズソフトの25%オフキャンペーンが行われていました。
 また、この「ファイアーエムブレム」シリーズ25周年に合わせてコンサートが開かれたりトレーディングカードゲームが発売されたり3DSの新作2本だけでなくWii U用に『女神転生』とのコラボタイトルも発売が予定されています。25周年という記念に合わせてシリーズをプッシュしていく流れが出来ているんですね。


 そう言えば……『スーパーマリオブラザーズ』も今年が30周年なので、特設サイト※ 音が鳴ります)が作られていて、様々な企画を予定しているとの告知がされています。
 とりあえず、9月13日付近に……初めてプレイヤーが本格的なマリオのコースを作ることができるWii U用ソフト『マリオメーカー』が発売されるのは間違いなさそう。この1本だけで終わりというのも寂しいので、E3で何か発表はあるかなと予想しています。


 日本のコンピューターゲームの歴史も長くなり、古株のシリーズは「シリーズ○周年」と謳われることも多くなりました。「ファイアーエムブレム」とか『スーパーマリオブラザーズ』のように現在でもシリーズが続いている幸せなタイトルは、こんな風に「シリーズ○周年」という形で新作が出たりするんですよね。
 逆に考えると!まだ発表されていない人気シリーズの続編も、「シリーズ○周年」から逆算すれば発売される年が分かるのではないだろうか!そうに決まっている!ここにツッコミを入れられると今日の記事はもう読むところがないので、ツッコんじゃいけない!


 ということで、この記事を書いている2015年現在―――長く続いている日本のコンピューターゲームが「シリーズ○周年」を迎えているのかを調べたくなりました。それらのシリーズが節目の年を迎えるのがあと何年後かを考えれば、新作の発売時期が読めるはず!疑問を持ってはならない!



○ 1978年(37周年)
 日本のコンピューターゲームの夜明けと言われる『スペースインベーダー』は今年で37周年です。あと3年で40周年ですね。
 2年前が35周年だったので特設サイトも作られていました。これを読むと35周年記念として、ニューヨーク近代美術館への収蔵、pixivとのコラボ企画、ハローキティとのコラボグッズ販売などが行われていました。

 なんか……全然ゲームと関係ない企画ばかりのような……

 一応、アーケード版『グルーヴコースター』が『スペースインベーダー』35周年タイトルだったそうですね。全然知りませんでした。『グルーヴコースター』自体はiPhoneなどで既に出ていましたが、アーケードからムーブメントを起こした『スペースインベーダー』の35周年に合わせてアーケードに戻ってくるという意味合いだったみたい。


○ 1980年(35周年)
 今年が見事に35周年のゲーム達。

 代表的なのは、やはり『パックマン』です!
 「パックマン 35周年」で検索してみたところ、アメリカで『パックマン』をモチーフにしたレストランがオープンになって、ここで5月に式典が開かれる……とか。うーむ、微妙な情報ですね(笑)。

 ゲームとしての『パックマン』の話題で考えると、エイプリルフールにGoogleマップで『パックマン』が遊べることが話題になりました。私も自分の家の近所をマップにしてプレイしてみました。キーボードで操作するのムズイ……
 35周年に関連しているワケではありませんが、バンダイナムコは「パックマン」などのキャラクターをクリエイターに開放することを発表しました。35周年に合わせて新作が発表されているワケではないので寂しい気もしますが、逆に考えるとキャラクターとしてのパックマンが生き続けるために新たな道が作られた記念の年とも言えますね。


○ 1981年(34周年)
 今でも続いている人気シリーズと考えれば、なんと言っても『ドンキーコング』がこの年のソフトです。ドンキーコングを主人公にした『スーパードンキーコング』のことではなく、後にマリオを命名されるキャラクターを主人公にしたアクションゲームで、このゲームが今のスーパーマリオシリーズに繋がっています。

 マリオ生誕34周年とも言いますか。来年が35周年ですね。
 マリオ生誕30周年の時って、ネット界隈はともかく公式には何もやらなかったんですっけ?2011年は3DS元年でそれどころじゃなかったし、『スーパーマリオ3Dランド』は発売されたけど30周年とかそういう触れ込みはなかったように記憶しています。


○ 1983年(32周年)
 1983年は、ファミリーコンピュータ発売の年!
 2年前の30周年の時には、ファミコン30周年としてWii Uのバーチャルコンソールのソフトを30円で提供するキャンペーンなんてやっていましたね。Wii Uのソフトの開発が遅れに遅れまくって、新作ソフトが発売できなかった穴埋めだっただけだけどな!

 ちなみに、この30円のソフトの大トリを務めたのがファミコン版『ドンキーコング』で、配信開始日の7月15日はファミコン本体&同時発売ソフトのファミコン版『ドンキーコング』の発売からちょうど30年の日でした。アーケード版から30周年の時には何もやりませんでしたが、ファミコン版から30周年の時にはやっていたんですね。Wii Uのソフトの開発が遅れに遅れまくって、新作ソフトが発売できなかった穴埋めだっただけだけどな!(本日二度目)


 ちなみに1983年のゲームと言えば『マリオブラザーズ』も有名。
 ルイージが初めて登場したソフトなので、2013年には「ルイージ生誕30周年記念」として特設サイトが作られたり、『ルイージマンション2』や『NewスーパールイージU』などルイージが主役のソフトが発売されたりしました。マリオ生誕30周年よりも、明らかに優遇されている!


 その他、1983年のゲームには『ゼビウス』もありますね。
 2013年には30周年記念トリビュート/アレンジ・アルバムがiTunesにて配信開始になったそうです。まぁ、流石にこの辺のシリーズは新作とかは厳しいでしょうからね。


 現在も続いているシリーズで考えると『信長の野望』もこの年で、30周年の際には特設サイトが作られてイベントやキャンペーンが行われていました。
 流石に今でも現役のシリーズは特設サイトも気合入っていますね。


○ 1984年(31周年)
 どこがスタートなのか微妙かと思っていましたが、2014年に30周年記念タイトルとして『ぷよぷよテトリス』が発売されたこともありますし、『テトリス』は1984年組みたいです。日本に来るのはもっと後なので、「テトリスって『スーパーマリオ』より先輩だったんだ!」と思いました。


○ 1985年(30周年)
 一気に行きますよ!今年30周年のシリーズ!
 『スーパーマリオブラザーズ』は冒頭で触れたので割愛します!

 その他の有名どころで言うと……
 『ボンバーマン』は今年30周年。
 『グラディウス』も今年30周年。
 『ツインビー』も今年30周年。

 どれもコンシューマーから撤退傾向のコナミ(旧ハドソンも含む)なので、新作は厳しそうですね。『グラディウス』は30周年記念でPS4のアーケードアーカイブスに配信開始になりましたが、その他は音沙汰がありません。

 
 その他だと、カプコンの『魔界村』も30周年。サンソフトの『いっき』も30周年。この辺は動きがあってもおかしくなさそうですが、今のところ発表されているものはないみたいですね。

 コーエーの『三國志』は今年が30周年で特設サイトも開かれています。30周年に合わせた新作も開発中とのことです。『妖怪ウォッチ』とのコラボタイトルも30周年記念作品なのか……?


○ 1986年(29周年)
 来ましたよ!
 『スーパーマリオブラザーズ』大ヒットの流れを受けた奇跡の年です。

 注目はやはり『ドラゴンクエスト』
 堀井雄二さんが坂口博信さんとの対談の中で「来年は『ドラクエ』30周年なんで、ファンの皆さんの期待を裏切らない、でもびっくりさせられる発表もできると思います。」と仰っているので、30周年となる来年に新作が発売される可能性は高そうですね。発売はできなくて……発表で収まる可能性もありますが(笑)。

 ナンバリングタイトル『11』がどういう形になるのか。
 25周年の時に『I・II・III』のセットを発売したのだから、30周年では『IV・V・VI』のリメイク前版のセットを出すとか(笑)。
 『シアトリズム』や『ドラゴンクエストヒーローズ』のような過去作の素材を活かしたお祭りソフトを出すとか(『ヒーローズ』は続編が発表されたので30周年に合わせるのかな?)。

 注目している人は少なくないと思います。


 自分が『ドラクエ』と対照的なRPGだと思っている『ゼルダの伝説』も来年が30周年です。Wii U用に作られていた新作が2015年内の発売を最優先にしないことが発表されたので、結果的に30周年となる来年に発売されそう。来年には……出るよね?
 『ゼルダ』シリーズは恐らく3ラインで動いていると思われて、『神々のトライフォース2』の発売が2013年末だったことを考えると2016年辺りには3DSの新作ゼルダが出ても不思議はなさそう。個人的には『マリオメーカー』よりも『ゼルダメーカー』を遊びたい気持ちはありますが、流石にそれはハードルが高いか(笑)。


 その他、1986年組はたくさんいます。
 任天堂からは『光神話 パルテナの鏡』『メトロイド』も来年30周年です。
 『パルテナ』の新作は桜井さんがずっと『スマブラ』作っていることを考えると難しいですかね。あのキャラを使った全く別のゲームも面白そうではありますが。『メトロイド』は2010年の『アザーエム』以降の音沙汰がないので、30周年に合わせて久々の新作が出てもおかしくなさそうですけど……果たして。

 任天堂以外でも、『くにおくん』シリーズも86年組。
 25周年となる2011年には1作目のリメイクである『熱血硬派くにおくん すぺしゃる』が発売されました。その後もPS3や3DSで新作というかリメイクというかが発売されていて、何気に頑張って生き続けているシリーズです。来年に新作が出るかは今年のこれらの売上次第か!
 30周年は『初代 熱血硬派』のリメイクでどうでしょうか、先生!

 その他だと『ゴエモン』シリーズも86年組。動きなさそう。

 『ファミスタ』も86年組なのか。『ファミスタ』はDS・Wii・3DSとハードを変えながら、2007年~2011年と地味に毎年新作が出ていたのですが、それ以降は音沙汰なく。オンラインゲームも2006年から始まって2014年に終了。そもそも若年層の野球人気が落ちていることもありますし、実はひっそりと幕を閉じているシリーズではあるんですね。
 30周年に合わせて、30年分のデータを収録した『ファミスタ』とか出ませんかね。89年の西武ライオンズvs98年の西武ライオンズとかで対戦したい。ニッチすぎる。


○ 1987年(28周年)
 『ストリートファイター』ってもうこの年なのか!
 25周年の2012年にはイベントが行われていたみたいで、社会現象となった1991年の『II』じゃなくて1987年からカウントするみたいですね。

 その他だと『イース』
 25周年の時には『イース セルセタの樹海』が発売されていました。『イース』新作は2015年に発売が発表されているそうなんですが、この記事を書いていると「あと2年温存して30周年に合わせた方が……」という気になってきますね(笑)。

 『メタルギア』も1987年組。
 コナミは今、とてもアレな状況になっているのですが……30周年の頃には果たして。

 『ロックマン』も1987年組。
 ロックマンも続編は絶望的な状況になっているのですが……30周年の頃には果たして。


 忘れちゃいけない!『ファイナルファンタジー』も1987年組でした!最新作『15』は既に体験版が同梱のソフトが発売されているので、今年中くらいには発売されるんじゃないかと予想しています。ということは『16』が再来年の2017年に30周年に合わせて発売かな!無理かな!

 『女神転生』シリーズも1987年組ってことでイイのかな。少なくともゲームは。
 アトラス消滅の危機から一転、今世代は『真・女神転生』も『ペルソナ』も『デビルサバイバー』も新作が出るという。2年後の30周年まではバリバリ現役でしょうし、なんらかの記念タイトルは出るかも知れませんね。


○ 1989年(26周年)
 1989年はゲームボーイ登場の年!
 しかし、去年25周年だったのに公式では何も動きありませんでしたね。

 ゲームボーイ発で今でも続いているタイトルと言えば『魔界塔士Sa・Ga』!
 サガシリーズ25周年だった昨年は様々なイベントを行って、中でも『ロマンシング佐賀』※ 音が鳴ります)は新作を待ち望んでいたファンに伝説級のトラウマを残したと言われているほどです。

 ただ、25周年のラストに新作である『SAGA2015(仮題)』が発表されました。今にして思うと25周年のイベントの反応が良かったからこそ企画が通ったとかだったのかも知れませんね。発売がいつかは分かりませんが、流石に30周年となる2019年よりは早く発売されそうです(笑)。

 その他、1989年発売のゲームを眺めていたら……『超人ウルトラベースボール』もこの年ですか。唐突に思えた昨年の3DS版は、25周年記念タイトルだったんですね。

 その他だと『MOTHER』の1作目もこの年。
 新作は出なくても別に構わないというか、『どうぶつの森』こそが『MOTHER4』だという糸井さんの発言もあったのでそれでイイと私は思っているのですが……バーチャルコンソールで出ていない『1』と『3』をどうにかしてバーチャルコンソールで出してくれはしませんか!
 30周年を待つとあと4年待たなくちゃならなくなりますが、『MOTHER3』は2006年発売なので10周年の来年に是非。


○ 1990年(25周年)
 今年で25周年を迎えたタイトルです。
 冒頭で書いた「ファイアーエムブレム」シリーズは今年で25周年ですね。

 この年にはスーパーファミコンが発売されているので、当然『スーパーマリオワールド』も25周年で、ヨッシー生誕25周年とも言えます。『ヨッシー ウールワールド(毛糸のヨッシー)』は25周年タイトルということになるんですね。

 また、スーパーファミコンと同発と言えばこちらも忘れてはいけません!
 『F-ZERO』も今年が25周年です!
 最後の作品が出たのが2004年ですが、キャプテンファルコンが『スマブラ』に出ていて、『マリオカート8』の有料DLCでマシンやコースが出ていて、どうして出ないの新作!?とファンの嘆きが常に大きいソフトです。逆に言うと、『マリオカート8』がある以上は『F-ZERO』を作る余裕はないのかもですねぇ。

 25周年とは関係ないですが、『ジョジョの奇妙な冒険』の第3部がアニメ化されたこともあって『F-MEGA』も映像化されました。いや、ホント関係ない話だ。ちなみに『F-MEGA』は2012年に『ジョジョの奇妙な冒険』の連載25周年記念で発売されたコラボスマホにアプリが収録されていたそうな。マジかよ!


○ 1991年(24周年)
 来年に25周年を迎えるタイトルです。
 個人的な思い出だとこの時は『FF4』とか『神々のトライフォース』とか『くにおくんの時代劇』とか、人気シリーズの大型続編タイトルが数多く出た年という認識だったのですが……調べてみたら、今でも続いているシリーズ1作目が結構出ていますね。

 まずは『スーパーロボット大戦』
 2008年から続いていた『Z』シリーズが今年完結したそうなので、25周年を迎える来年はシリーズとして節目の年になるかもなと思います。しかし、25年も続くとファン層も変わっていくでしょうし、「どの原作ロボットアニメを参戦させるか」という悩みがあるので、他のゲーム以上に新しいファンに向けて作るかずっと応援してきてくれたファンに向けて作るかで苦労しそうなシリーズですよね。

 その他だと、『聖剣伝説』も来年が25周年。
 最新作『RISE of MANA』はスマホ用アプリですが、5月14日にVita用のダウンロード専売ソフトとして配信開始されるそうです。来年だったら25周年記念だったのに!(笑)

 後は『いただきストリート』も来年が25周年。
 最後に発売されたのは2011年のWii版で、現在はスマホ用アプリも配信されています。『桃鉄』も『ドカポン』もシリーズが作られなくなった今、コンピューターボードゲームの定番タイトルは『マリオパーティ』と『いたスト』くらいしか残っていませんから、貴重な存在とも言えますよね。
 25周年の来年辺りに新しい風が吹いてくれるとイイのにと思います。家庭用だったら、任天堂が力を入れている3DSとWii Uのクロスオーバー対戦とか面白そうなのに。もちろんVitaとPS4でもイイですけど。


 『ぷよぷよ』も来年が25周年!
 つい最近20周年記念タイトルを出したと思ったら、もうそこから4年が経ったのですか……15周年、20周年と記念タイトルを出しているシリーズなので、25周年でも出してくれるとイイのですが。
 去年出た『ぷよぷよテトリス』は、『テトリス』30周年記念タイトルでした。ということは来年は『テトリスぷよぷよ』が出るのかな!

 忘れちゃいけない『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』も来年25周年!
 20周年の時には記念タイトルとしてシリーズ作品が幾つか出ましたが、この4年で『ソニック』がというかセガの状況も変わってしまったので……来年はどうでしょうね。もういっそのこと『ぷよぷよソニック』を出すか……?


 息長く続いているシリーズと言えば、『ダービースタリオン』も実はこの年です。
 シリーズのピークはスーファミ~プレステ辺りの90年代中盤だと思うのですが、第1作目はこの年だそうです。最新作は3DS版で昨年2014年に発売されました。来年が25周年ですが、流石に最近新作が出たばかりですから……


○ 1992年(23周年)
 個人的な思い入れの強い年です。
 『ドラゴンクエストV』『ファイナルファンタジーV』『ストリートファイターII』といった続編モノや移植モノが大ヒットした年でしたが、新規作品も頑張っていました。

 来ましたよ!『スーパーマリオカート』がこの年の発売です!友達の家でこれを観た時の衝撃度は凄まじかったですねぇ。
 シリーズ作品はWii Uの『マリオカート8』が最新作で、シリーズ集大成な上に無料アップデートや有料DLCなどの提供も発売後に続いているし……『マリオカート』は1ハード1本だった原則から考えると、再来年の25周年に合わせて新作が出るとかは難しいかもですねぇ。旧作のコースのリメイクセットを『8』で追加販売するとかならありそうですけど。

 この年の衝撃と言えば、『弟切草』も忘れちゃいけない!
 サウンドノベルの草分けで、その後のノベルゲーム全盛の立役者と言って構わないでしょう。チュンソフト自体は久しくノベルゲームを作っていませんが、スパイク・チュンソフトはテキスト型アドベンチャ-ゲームを作れる貴重な会社なので、アクションゲーム以外の弾を増やしたい任天堂が放っておいていないと思っていたんですが……どうでしょうね。


 『星のカービィ』も1992年組!
 2012年の20周年には『スペシャルコレクション』が発売されましたね。Wiiや3DSでは手堅く50万~80万本くらいのセールスを残していますし、『Newマリオ』『レイマン』『ドンキー』『ヨッシー』と2Dアクションを定期的に出しているWii Uですから、25周年となる再来年あたりに新作が来そうなタイミングだとは思うんですけど。それまでWii Uが生きているかな……


○ 1993年(22周年)
 『リッジレーサー』がこの年!
 大豊作の1992年に比べると地味な年かなぁと思っていましたが、今振り返ってみると新しい時代の幕開けを感じるソフトが多いですね。『リッジレーサー』は20周年だった2013年にも音沙汰がなかったみたい。ゲーム機のHD化でレースゲームは海外メーカーのソフトに太刀打ち出来なくなってきているとかもあるんですかね。


 時代を変えた作品と言えば『バーチャファイター』もこの年です。
 3D格闘ゲームの草分けで、ポリゴンを使って人間を表現していることに当時は衝撃を受けました。今となっちゃ「そんなことで……?」と思われそうですが(笑)。“絵”ではなく“人間”が動いていると思ったものです。2年前の20周年には特設サイトも開かれました。特に新作の発表とかはなかったみたいですが…… 


 Wii Uで久々の新作が発表されている『スターフォックス』も1993年組。
 しかし、今年中の発売を目指しているそうなんで25周年までは待たされることはなさそう。いや、今年の新作がヒットして3年後の2018年に25周年タイトルを出せば……!(気が早い)

 「オウガバトル」シリーズや、「不思議なダンジョン」シリーズもこの年。
 「オウガバトル」シリーズは2010年のリメイク作品『タクティクスオウガ 運命の輪』を最後に音沙汰がありません。「不思議なダンジョン」シリーズは「今度こそ終わった」と定期的に言われつつ、今年になってから『世界樹の迷宮』とのコラボタイトルが高い評価を受けるなど、なかなかに息の長いシリーズです。



○ 1994年(21周年)
 プレステやらサターンやら、次世代機が登場する1994年。
 前年の『バーチャファイター』のヒットを受けて登場する『鉄拳』も1994年組。20周年の特設サイトも開かれています。あれ……2015年に20周年ということは、1995年組なのか?最新作『鉄拳7』が今年稼動開始するなど、ジャンル的には厳しいと言われつつもまだまだ現役の人気シリーズですね。


 2D格闘ゲームの集大成『ザ・キング・オブ・ファイターズ』も1994年組。2010年頃を境に新作は作られていないんですね。20周年の際には、PSストア&Xbox Gamesスマホアプリのセールを行っていたそうです。
 こう見ると20周年とか25周年とかで記念タイトルが出るってことは幸せなシリーズなんだなぁって思いますね……


 コンシューマーから撤退傾向なコナミが今でも毎年出しているのが『実況パワフルプロ野球』です。これも1994年組。現在はPS3とVitaで本編が、サクセスモードが遊べるスマホアプリが展開されているみたいですね。


 1994年のヒット作と言えば、『スーパードンキーコング』も忘れちゃいけない。
 マリオと戦ったドンキーコングではなく、二代目ドンキーコング初登場のソフトで、現在も続いているシリーズです。20周年とは言われていなかったと思いますが、昨年はWii Uで『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が出ましたね。版権切れなのか配信が停止されていたバーチャルコンソールも、昨年から復活しました。


 まさかこの作品が今でも続いているとは思わなかった、『海腹川背』も1994年組。昨年が20周年でしたが、一昨年2013年に3DS版『さよなら』が発売されて、今年2015年にそのリメイクである『ちらり』が発売されました。どうして20周年の年だけ避けるんだ!!(笑)


 この記事で書いている「今でも続いている人気シリーズ」という定義には当てはまりませんが、『ライブ・ア・ライブ』は去年が20周年でした。20周年でイベントなんかも行われたそうで、「リメイクされるのか?」「バーチャルコンソールで出るのか?」みたいな期待が持てる発言があったりしたのですが……いつの間にか2014年が終わっていました。
 『サ・ガ』シリーズのような例もあるので、スクエニとしては「○周年で新作を出す」というよりかは「○周年イベントで手応えがあったら関連作を出してもイイか考える」くらいのカンジだったのかなと思います。そう考えると……『サ・ガ』は手応えがあったけど、『ライブ・ア・ライブ』は手応えがなかったのかなぁ。



○ 1995年(20周年)
 今年が20周年のタイトル達。

 1995年組で今でも現役バリバリと言えば「テイルズオブ」シリーズ。
 1月に発売された『テイルズ オブ ゼスティリア』がシリーズ20周年記念タイトルでした。この手の「○周年記念タイトル」はその年に間に合わせるために12月とかにギリギリ発売されることもあるんですが、1月に発売されたということは「ハハーン。既に発売できる状態で完成してたけど1月まで寝かせておいたな……!」と思ってしまうのはこんな記事を書いたせいです。


 そう言えば、『ウイニングイレブン』も1995年組でした。
 『パワプロ』と『ウイイレ』って1年しか違わないんですね。自分が『ウイイレ』を知るのはもうちょっと後なので意外でした。今でも毎年新作が出ているこのシリーズですが、2015年末に出るであろう『2016』が20周年記念タイトルになるんですかね。毎年出ているシリーズの場合、あまり「20周年だ!」ってカンジがしませんね(笑)。


○ 1996年(19周年)
 来年が20周年のタイトル達です。
 この年の大ヒットソフトと言えば!言わずもがな『ポケットモンスター』です!
 ここ数年は、2012年『ブラック2・ホワイト2』、2013年『X・Y』、2014年『オメガルビー・アルファサファイア』と毎年ソフトが発売されているので……20周年となる来年にソフトが発売される可能性は高いですし、むしろ「20周年」に合わせて本編以外の何かをしてくる可能性もあるかなぁと思います。


 その他のトピックと言えば、NINTENOD64がこの年ですから『スーパーマリオ64』もこの年です。まぁ、あんまり「3Dマリオ」の誕生から何年みたいなことはやらなさそうですが。

 その他、現在でも現役のタイトルと言えば『スターオーシャン』が1996年組。
 最新作『5』が発表されましたね。発売時期はまだ未定ですが、20周年となる来年の可能性が高いんじゃないでしょうか。


 忘れちゃいけない、『バイオハザード』1作目はこの年でした!
 15周年となる2011年には特設サイトを作り、イベントや関連商品も発売されていました。来年が20周年ということで、新作が出るかは分かりませんが20周年記念グッズなんかは確実に出そうですね。


 『デッドオアアライブ』も現役バリバリの1996年組です。
 『5』だけで何作出ているの……とシリーズファンではない人には何が何やらなラインナップになっていますが、それでも今でも続いているのだから凄いです。来年が20周年ということは何か動きがあるかもですね。さっきからこればっか書いている気がします。

 スーファミから始まり、3DSでもヒット作を出した『牧場物語』シリーズも1996年組ですね。15周年の時には3DSで『はじまりの大地』が発売され、イラスト全集や大百科などの本も発売されたそうです。
 今年の6月に『ポポロクロイス物語』とのコラボタイトルの発売が予定されていますが、本編は2010年『ふたごの村』、2012年『はじまりの大地』、2014年『つながる新天地』と2年周期で新作が発売されているので……20周年となる来年に新作が出る可能性も期待できそうです。
 


○ 1997年(18周年)
 この辺になると、もう最近のゲームと思えてしまう辺り自分もとっくにオッサンになったのだと思われます。18年って、生まれたばかりの新生児がAVデビュー出来る年齢になるってことなんですよね。というか、最近デビューしたAV女優のコ達はこの頃に生まれているのか……

 そんなAV女優達と同い年の1997年組は、『グランド・セフト・オート』が代表的なところ!18禁繋がり!日本に来たのは翌年の1998年ですね。しかし、海外でもこういう「○周年記念」みたいなことをやるのか検索してもよく分からなかったので、すっ飛ばします。

 日本のソフトで言えば、『グランツーリスモ』が1997年組です。
 2013年には『グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックス-』って、あれ……計算間違っていない?1作目が1997年12月の発売で、『6』は2013年12月発売だから16周年のような……
 現在はPS4用の『7』を開発中で、発売は2015~2016年を予定しているそうですが、2017年に出せばちょうど20周年になると思います!『20周年アニバーサリーボックス』を出しましょう!


 プレステの顔とも言える『みんなのGOLF』も1997年組。
 15周年の時には企画が行われていたみたいですね。その『6』がVitaで出たのが2011年、PS3で出たのが2012年、20周年となる2017年辺りに『7』が出てもおかしくなさそうですよね!普通に出そう!


○ 1998年(17周年)
 現在でもアーケードで稼動している『Dance Dance Revolution』がこの年。私は詳しくないんですけど、調べてみたら最新作は一応2013年に出たものだそうで15周年だったんですね。ということは次回作は20周年の2018年ですかね!(気が長い)

 『SDガンダム GGENERATION』も1998年組。前身となる『SDガンダムジェネレーション』は1996年ですけど、この名前になったのは1998年なので1998年組でイイでしょう。
 家庭用で最後に出たのは2012年みたいですが、スマホ用アプリとして2013年に出た『SDガンダム GGENERATION FRONTIER』は最近でもTVCMを見かけたのでまだまだシリーズは健在と言えるでしょう。というか、ガンダムゲームの場合は個別のタイトルよりも「ガンダム○周年」の方が大事な気がする……


○ 1999年(16周年)
 昨年が15周年だったタイトル達。
 現在でもプレステの顔となっているトロなどのキャラクターを生み出した『どこでもいっしょ』がこの年のソフトですね。ポケットステーションももちろんこの年。昨年には『どこでもいっしょ』15周年で様々な企画が行われたみたいですし、2013年末にVita用の無料アプリ『PocketStation for PlayStation Vita』が配信されたのもこの一環だったのかも知れませんね。そうですよ、きっと!


 任天堂の顔『スマッシュブラザーズ』も1999年組で、昨年が15周年でした。特に15周年ということは強調されていなかったと思いますが、昨年は久々の新作が3DSとWii Uで発売されて盛り上がりました。2019年が20周年なので、ここに合わせて次回作が発売されるように桜井さんのスケジュールを今から確保しておきましょう!(鬼)


○ 2000年(15周年)
 今年が15周年のタイトル達。
 この辺になると「シリーズ1作目のヒット作」が少なくなりますし、「今でも続いているシリーズ」の定義も難しくなるところですが……

 『真・三國無双』はこの年の代表作と言って良いでしょう。
 格闘ゲームだった『三國無双』が、多数の敵をなぎ倒す現在のスタイルになったのはプレイステーション2が発売されたこの年からです。今年になってからも『ワンピース 海賊無双3』や、(厳密には無双シリーズではないけど)『ドラゴンクエストヒーローズ』が発売されました。
 むしろ、無双シリーズの出ない年なんてないくらいのペースで発売されていますからね……


○ 2001年(14周年)
 来年が15周年のタイトル達。
 流石に長くなってきたのでそろそろ終わりにしたいんですけど……意外にも現在まで続いているシリーズが生まれた年なんですね。

 何といっても、後に500万本を売り上げる超ビッグシリーズ1作目『どうぶつの森』がこの年です!現在ではマリオと並ぶ任天堂の顔と言ってイイでしょう。私が好きなキャラは、まいごちゃんです!
 来年が15周年ということで、現在開発中と思われるWii U版は来年になるんですかね?今年に発売するとしたらE3で発表されそうですが……DS版→Wii版は3年のブランクで、3DS版の発売から今年で3年なんですよね。出てもおかしくないけど、果たして。


 現在でも続いている『逆転裁判』1作目もこの年!
 15周年に合わせた新作が出るかは分かりませんが、10周年の時にはイベントも開かれたそうなので何かの動きはありそうですね。最新作は成歩堂龍一の先祖、成歩堂龍ノ介を主人公にした『大逆転裁判』で今年の7月に発売予定です。
 来年だったら15周年記念ソフトと言えたのに……!


 現在は任天堂機から展開されている『零』1作目はこの年。
 ものすごく高い売上げを誇るシリーズではありませんが、ホラーと美少女を題材にしたソフトなので、任天堂が持っていないファン層獲得のために重宝されているシリーズです。来年が15周年ですが、昨年新作が出たばかりなので続編は流石に厳しいか。

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- 特別装丁版大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- 特別装丁版

カプコン 2015-07-09
売り上げランキング : 40

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まだまだ続けたかったのですが、流石にもう時間がないのでこの辺で。
 2001年のソフトまででも「アレが入っていないじゃないか!」というシリーズがあったかも知れませんが、一人の力で言及するには時間も体力も限界があるので、私が触れなかったシリーズはコメント欄などで補足してもらえると助かります。



 さて、整理してみますと……


【今年が○周年記念なシリーズ】
<35周年>
 『パックマン』
<30周年>
 『スーパーマリオブラザーズ』、『ボンバーマン』、『グラディウス』、『ツインビー』、『魔界村』、『いっき』、『三國志』
<25周年>
 「ファイアーエムブレム」、ヨッシー、『F-ZERO』
<20周年>
 「テイルズオブ」、『ウイニングイレブン』
<15周年>
 「無双」

【来年が○周年記念なシリーズ】
<35周年>
 『ドンキーコング』(マリオ)
<30周年>
 『ドラゴンクエスト』、『ゼルダの伝説』、『パルテナの鏡』、『メトロイド』、「くにおくん」、『ゴエモン』、『ファミスタ』
<25周年>
 『スーパーロボット大戦』、『聖剣伝説』、『いただきストリート』、『ぷよぷよ』、『ソニック』、『ダービースタリオン』
<20周年>
 『ポケットモンスター』、『スーパーマリオ64』、『スターオーシャン』、『バイオハザード』、『デッドオアアライブ』、『牧場物語』
<15周年>
 『どうぶつの森』、『逆転裁判』、『零』


 今年も割と豪華な年だと思っていましたが、来年のメンツやべえ!
 マリオ生誕35周年、『ドラクエ』『ゼルダ』が30周年記念、くにおくん生誕30周年、ソニック生誕25周年、『スパロボ』『ぷよぷよ』25周年記念、『ポケモン』『バイオ』20周年記念、『ぶつ森』『逆裁』15周年記念―――実際に新作出しそうなものだけを並べても、すごいメンツです。これらのシリーズがみんな新作を出したら総売り上げはどんなになるでしょう。


 まぁ、この「○周年記念」って5年に1回は来るんですけどね(笑)。


ファイアーエムブレムif 白夜王国ファイアーエムブレムif 白夜王国

任天堂 2015-06-25
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファイアーエムブレムif 暗夜王国ファイアーエムブレムif 暗夜王国

任天堂 2015-06-25
売り上げランキング : 42

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

| ゲーム雑記 | 17:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これもオムニバスのサガか……

「ライブ・ア・ライブ」は権利関係がややこしいとのことで、「サ・ガ」シリーズよりも要求されるハードル高いでしょうしね……。
 高いハードル踏み越えるだけの反応は得られなかったといったところでしょうか。

 いや「サ・ガ」と比べても、単純な熱量ですら下回った可能性は高いのですが。
 何しろいくら名作とはいえ「LAL」は一作きり。
 シリーズそのものが複数分岐し、多数のソフトを輩出している「サ・ガ」と比べたら、タイトルへの期待値が下回ったとしても仕方のない所ではあります。

>まぁ、この「○周年記念」って5年に1回は来るんですけどね(笑)。
 グランツーリスモのような「一年遅れちゃったけどそのまま出しちゃえ」パターン(※邪推です)も含めたら、選択肢はさらに増えますしね(笑)

| kanata | 2015/05/12 01:45 | URL | ≫ EDIT

1つのゲームを遊ぶのに何年もかかったりするテレビゲームで何周年ってなんかピンと来ないんですよね。
でもまぁ、10周年と25周年なら祝ってもいいかな。

| 児斗玉文章 | 2015/05/13 06:32 | URL |

>kanataさん

 ですねぇ。
 その辺を確かめるためにTwitterで訊いてみたと考えるなら、あれくらいのRT数では求めているものに届かなかったのかなと思います。自分は『ライブ・ア・ライブ』は友達の家で見ていただけだったので、今回のバーチャルコンソール化を望んでいたんですけど……

>「一年遅れちゃったけどそのまま出しちゃえ」パターン
 実を言うと、年をまたいで1月とか2月に「○周年」と言い出すパターンは結構あるみたいなんです。『鉄拳』とか『牧場物語』はそうでした。
 「1月1日を基準にする数え年」ではなくて、「誕生日を迎えるまでが○周年」というか。『グランツーリスモ』は丸々1年ズレていましたが(笑)


>児斗玉文章さん
 逆に言うと、ソフトを出したっきりのパッケージソフトよりも、オンラインゲームの方が「5周年」「10周年」というのが大イベントになるのかなと思います。それだけずっと長くプレイヤーを保てているワケですから。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/05/13 23:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1929-475f77d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT