やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

解説を欲する時

 私は現在、キンドルで長谷川裕一先生の名作漫画『マップス』を読んでいます。
 1985年から1994年に発表されたSFスペースオペラ漫画で、自分にとってはこれが初見です。昔の作品ですし、時代を感じるところもあるんですけど、銀河を舞台にした超壮大なスケールと熱い展開の連続ですげー面白いです。

 ただ、一つ。
 ずっと読んでいると、作品の方ではなくて私の方に問題が出てきました。


 長い作品なので、内容が覚えていられないところがあるのです。
 キンドル版の『マップス』は文庫版を移しているので全10巻なのですが、元々は全17巻+外伝2巻+ワイド版1巻の作品だそうで。結構なボリュームなので全巻購入しても一気に読むのは難しく、毎晩寝る前にチョコチョコ読んでいたのですが、疲れている時は1週間くらい空いてしまったりして……読み始めてからそろそろ2ヶ月が経つのに、まだ全巻読破出来ていません。

 銀河中をかけめぐる話なので登場人物もかなりの量ですし、これでもかこれでもかというほど新しい展開が詰め込まれていて密度も濃いです。そこがこの作品の一番の魅力だと思いますし、それが間違っていると言いたいワケではないのですが……


 その結果、
 読んでいて「あれ……なんか重要そうなキャラだけど、こんなヤツいつ出てきたっけ……」というキャラがいたり、「あれ!?このキャラ死んでなかった?いつの間に復活したの?ただ顔が似ている別のキャラ?それとも作者のミス?」というキャラがいたり、ところどころでよく分からないところが出てきてしまいました。

 これが全3巻くらいの漫画ならば「もう1回最初から読み返そう」と思えるのですが、流石に全17巻の漫画で2ヶ月経っても読み終わっていないボリュームだと「すぐにもう1回最初から読み返そう」とはなかなか思えなくて。分からないところは分からないまま読み進めてしまっています。


 連載中の漫画で、続きの巻が出るまでに何年も待たされたから前の巻のことを忘れちゃったみたいなことならば今までにも数え切れないほどありました。しかし、完結済みの漫画を一気に読んで、つい数日前に読んだはずのことも覚えていないとは……自分の脳の衰えに軽く目眩がしてしまいました。




 さて、「俺ももうオッサンだ」自慢は置いといて。
 思い出した話がありました。

 世の中には、「ネタバレをして欲しい人」がいるという大切な事実

 この記事の中で、アニメを観る前にあらかじめWikipediaで「あらすじ」を予習しておくという友人の話を書きました。
 これは私が経験したことではなく、ライムスターの宇多丸さんの話なのですが。とある(説明不足で)ストーリーがよく分からない映画を映画館で観ていたら、映画の上映中にも関わらず前の席の男がスマホを取り出して、どうやらその映画のWikipediaかなんかを読んで「どういうストーリーなのか」を確認し始めたことがあったそうです。


 「作品を観る前」なのか、「作品を観ている最中」なのかは違いますが……根っこの部分は一緒だと思うんですね。作品を観るだけでは理解できない部分があるので、ネット上に誰かが残してくれた「解説」を読んでストーリーを理解しようということなんだと思うのです。
 その気持ち、私も分かります。私の場合は「作品を観た後」にするつもりですが、『マップス』全巻読了したら真っ先に「あのキャラって途中で死んでなかったっけ?生き返ったの?それとも、顔が似た別人だったの?」を検索して調べたいですもの。死に際がすごくカッコよくて「このシーンがこの漫画全体の中で一番好きなシーンだったわー」と思ったら、その後にそのキャラが普通に出ていた時の私の気持ちをどう表現すればイイのやら。


 能とか狂言みたいな「伝統芸能」の場合、会場に「今回の話はこういう話ですよ」という解説が配られることがありますものね。ネタバレ大嫌いな私ですら「ネタバレじゃねえかよ!」なんて思えないのは、その解説を読みながらじゃないと舞台の上で何をやっているのかサッパリ分からないからです(笑)。
 そういうことって、比較的「誰にでも分かりやすい娯楽」であるはずの「アニメ」とか「映画」とか「漫画」でも起こりうることなんだなーと思ったのです。


 日本人がたくさん出てくる日本の映画だとそんなことは少ないんですけど、外国人ばかり出てくる外国の映画だと、私は外国人の顔の区別がつかないので、「あれ?このキャラさっき倒さなかったっけ?なんかすげーピンピンしているんだけど」みたいなことがよく起こりますもの。
 そう言えば、ハリウッド映画が色んな人種・色んな性別・色んな年齢の登場人物を出すのは「差別ではないことの意志表明」であるだけじゃなくて、「全世界の誰が観ても登場人物がごっちゃにならないように」という狙いもあるのかなと思いました。白人・白人・白人と並ばれると全員同じ顔に見えてしまう私であっても、白人・黒人・日本人と並ばれれば全員を識別できる―――みたいな。


 閑話休題。
 私のことは置いといて……アニメを観る前に「あらすじ」を予習しておく友人や、映画を観ている最中に「ストーリー」を確認し始めた前の席の男は、分からないものを分からないままにして「時間を無駄にしたくない」ってことなのかなと思います。
 特に映画の場合……映画の最中にスマホ付けたら光が出て周りに迷惑じゃねえかというマナー違反の話はさておき、せっかくお金払って時間かけて映画を観ているのに「ストーリーがよく分からなかった」で終わらせたくない気持ちも理解できなくはないんですね。

 「アニメ」でも「映画」でも「漫画」でも、1周だけだとよく分からないけど2周観るとよく分かるということはあります。でも、「同じ作品を2周観る時間はない」って人も多いでしょう。そういう人が、「作品を観る前」や「作品を観ている最中」に解説を欲するのは分からなくはないかなと。

 というか、「映画のパンフレット」ってそのためにあるのか……
 私は小さい頃に楽しみにしていた映画のパンフレットを上映前に買って、その場で読んで、そのまま映画を観て「パンフレットに書いてあることがそのまんま起こっているだけだ!」と気付いて、それからパンフレットを買うことはなくなりましたし、アレは一体誰に向けた商品なんだろうと思っていましたが。
 Wikipediaなんてものがなかった時代から、「ネタバレされても構わないから、ストーリーがよく分からなかったで済ませたくない」という人に向けた解説の役割があったのかもなぁと今更ながらに気付きました。



 全然関係ないけど、『マップス』ってものすごくたくさんのキャラクターが登場して、魅力的なキャラがいっぱいいるのに、どうして表紙に描かれているキャラは全巻リプミラなんでしょう。いくら格好良くてもガッハとかエイブとかだとコミックス売れなさそうですけど(笑)、星見とかリプリムとか可愛い女のコキャラもいっぱいいるのに。

マップス 01<マップス> (コミックフラッパー) マップス 02<マップス> (コミックフラッパー) マップス 03<マップス> (コミックフラッパー) マップス 04<マップス> (コミックフラッパー)
マップス 05<マップス> (コミックフラッパー) マップス 06<マップス> (コミックフラッパー) マップス 07<マップス> (コミックフラッパー) マップス 08<マップス> (コミックフラッパー)
マップス 09<マップス> (コミックフラッパー) マップス 10<マップス> (コミックフラッパー)

| ひび雑記 | 18:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

風は翼に乗る 翼は風に乗る

※本編のネタバレはないつもりです※

 リプリムやリプシアンを表紙に描いてしまうと、誰が主人公だか分からなくなるからではないかと……(笑)

 星見は一応ダブルヒロインの片割れ扱いと思われますが、彼女は「地に足着いた生き方」担当というポジションでしょうし。
「SF漫画マップス」の「顔」はあくまでリプミラなのだという、作者なりの自己主張というか縛りなのだと認識してます。


 ……って、リプリム登場済みなら、シアンももう出ていましたよね?
 文庫版で二度ほど通読し、現物もまだ手元にはありますが、さすがに長編過ぎて細かい流れはうろ覚えです。
 もしネタバレになってしまっていたらごめんなさい。

 てかこういう記事の場合、「全十巻中の何巻まで読んだか」と、「この先のことは教えないでください!」を明記しておいた方が安全かもしれません。
 少なくとも最低限の保険にはなります。(なんとなく、善意のネタバレが殺到しそうな記事に思えてしまいましたので)

| kanata | 2015/05/22 22:05 | URL | ≫ EDIT

これはうっかりネタバレをやっても怒られない流れだーバリバリー

| ああああ | 2015/05/22 22:18 | URL |

>kanataさん

 気を遣わせてしまって申し訳ない……
 あくまで僕個人の考え方ですけど、僕がネタバレを嫌がるのは「先の展開を知るとハラハラドキドキできない」からなので、仮にまだ出ていなくてもキャラの名前くらいなら別にイイかなと思っています。

 でも、「キャラの名前も知りたくない!」って人も読んでいる可能性があると考えると、ちょっと本文が軽率だったかなと反省しました。


>ああああさん
 私が大丈夫でも、他の人が気にするかも知れないのでそういうコメントが書き込まれても承認しないかもです。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/05/22 23:29 | URL | ≫ EDIT

>死に際がすごくカッコよくて「このシーンがこの漫画全体の中で一番好きなシーンだったわー」と思ったら、その後にそのキャラが普通に出ていた時の私の気持ちをどう表現すればイイのやら。

…なんとなく誰だかわかる気もしますが、もちろん言いません(笑)
一番新しい愛蔵版では他のキャラも表紙になってますよ。


映画は特に劇場で観ていた場合、巻き戻して確認なんて出来ませんからね。
ただそれでも終わってからやれよ、とは言いたいです。

| ああああ | 2015/05/23 01:47 | URL |

表紙がそっくりでどれが何巻だかわかりにくいな

| ああああ | 2015/05/23 18:32 | URL |

>ああああさん

 あ……そのキャラじゃないかも……(笑)

>一番新しい愛蔵版では他のキャラも表紙になってますよ。
 マジだあああああああ!
 人選すげえ分かっているし、これは欲しくなりますね!紙の本を置く場所がないから電子書籍で買ったのに、表紙目当てで愛蔵版を買っちゃったら本末転倒ですけど!


>ああああさん
 ですねぇ。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/05/25 01:38 | URL | ≫ EDIT

マップスを読み終わったら・・・

マップスを読み終わったら
マップス ネクストシートも面白いですよ。
最初、マップス外伝を読んで失望したのですが
ネクストシートを読んで
あり!
になりました。
電子書籍で出てるかは知りませんが・・・。

| masa | 2015/06/03 18:04 | URL |

>masaさん

 調べてみたら、キンドルにはなくてeBookJapanならありました。しかし、オススメしてくれるのならポイント50倍期間の間にして欲しかったです……(笑)。

 いずれにせよ、流石にマップス全巻読破したばかりでクタクタなのでもうちょっと時間を置いてから考えます。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/06/03 21:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1934-121d513a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT