やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

任天堂のIP戦略に感じる不安

 もう随分と時期遅れですけど、E3の話題です!
 今年の任天堂のラインナップは、ここ最近ウチで話題にしていたことにも通じるラインナップになっていたのでとりあえずそれだけでも触れます。「やまなしさん、確か『トリコ』目当てにPS3買っていましたよね……」という話題には触れないで下さい!


 任天堂 E3 2015情報

 昨年のこの場で『Splatoon』が電撃発表され、ネット上でも話題騒然、1年後の発売まで「楽しみだねー」と言われ続け、発売後も「楽しいねー」と言われ続けているくらいですから……「今年も『Splatoon』みたいに電撃発表されるタイトルがあるのでは?」と期待を集めていたのだと思います。その期待の大きさ故に、デジタルイベントの映像配信終了後のタイムラインは「過去最大級にガッカリした」という声までチラホラ見かけるほどでした。

 私もご多分にもれずガッカリした一人なのですが、「何故ガッカリしたのか」を考えてみると面白い話だなと思ったのです。




 では、このデジタルイベントの映像で紹介されたゲームソフトを振り返ってみましょう。

Wii U『スターフォックス ゼロ』
・Wii/3DS/Wii U『Skylanders SuperChargers』
 ※ サードメーカーのタイトル ※ マルチタイトルだけど任天堂版は任天堂キャラが参戦
3DS『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』
3DS『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』 ※ 移植モノ
3DS『METROID PRIME: FEDERATION FORCE』
3DS『ファイアーエムブレムif』
Wii U『幻影異聞録♯FE』
・Wii U『ゼノブレイドクロス』
3DS『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』
Wii U『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』
Wii U『ヨッシー ウールワールド』
・3DS『妖怪ウォッチ』 ※ シリーズのどれか私には分かりません
  ※ 日本ではレベルファイブから発売されているけど、海外では任天堂から発売
3DS『マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX』
Wii U『マリオテニス ウルトラスマッシュ』
Wii U『スーパーマリオメーカー』
※ E3での初公開タイトルは太字にしてあります

 こうして見ると分かりやすいのですが、任天堂は今回のE3で『ゼルダ』と『メトロイド』と『どうぶつの森』の新作を初公開しているんですよ。これだけ見ると、ものすごいサプライズだったように思えます。ただし、全て「外伝」です。

 『ゼルダ』や『メトロイド』や『どうぶつの森』の「本編」が作り上げた世界観やキャラクターを利用して、また別のゲームを作ろうとしているソフトばかりなんですね。もはやそれが新しいシリーズになっているとも言えますが、『マリオ&ルイージ』や『マリオテニス』も本編である『スーパーマリオ』シリーズからの派生タイトルと言えるでしょう。
 そう考えると……初公開タイトルに限らず、今回の任天堂のラインナップは「外伝」ばかりと考えられます。日本で既に発売済みの『ゼノブレイドクロス』と(『妖怪ウォッチ』も?)、この後に発売された『ファイアーエムブレムif』を除けば、本編タイトルと呼べるのは『スターフォックス ゼロ』くらいでしょう。私が楽しみにしている『幻影異聞録♯FE』や『スーパーマリオメーカー』だって、『ファイアーエムブレム』や『スーパーマリオブラザーズ』というIPを利用した「外伝」タイトルです。


 新規IPのゲームは本当に減っているのか?(任天堂編)

 これは5月に書いた記事です。
 「新規IPのゲーム」、「既存のIPを使った新しいシリ-ズソフト」、「続編」の三種類に分類していったのですが……この視点で考えると今回の任天堂のE3へのガッカリは大きく分けて二つあると思うんですね。

 一つには、『Splatoon』のような「新規IPのゲーム」が出てこなかったこと。
 もう一つには、「既存のIPを使った新しいシリ-ズソフト」ばかりで「本編の続編」が出てこなかったこと。

 私は前者の理由でガッカリしていましたが、恐らく後者の理由でガッカリしている人もかなりの数がいるんじゃないかなと思います。『どうぶつの森』の本編が発表されなかった、『マリオギャラクシー3』が発表されなかった、『メトロイドプライム4』作っていないのか……ってなカンジで。


 「E3は北米のトレードショーなんだから、日本人が楽しめるものでは元々なかっただろう」という意見もあるでしょうし、任天堂も「ネットで見ている人は不満だったようだが現地で実際にプレイした人は喜んでいた」と言っているのですが、私はむしろ「これで北米のクリスマス商戦を戦うつもりなの……」と思ってしまいました。特にWii Uに関して。

 日本はWii Uに限らず、据置機は全滅状態だから大して気にすることじゃないのかもですが。海外では他の据置機と比べてWii Uは大苦戦中で、サードメーカーのソフトもマルチタイトルから省かれることも多々多々多々多々あるくらいです。その状況のWii Uがこれからクリスマス商戦を戦うのに、このラインナップで大丈夫なんですかね。

 『スーパーマリオメーカー』『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』『マリオテニス ウルトラスマッシュ』『スターフォックス ゼロ』……『幻影異聞録♯FE』は海外だと2016年発売予定なので、クリスマス商戦には間に合いません。
 今まで2D『マリオ』、3D『マリオ』、『マリオカート』、『スマッシュブラザーズ』を出してもWii Uを買ってこなかった人達にWii Uを買ってもらうのに、このラインナップで「行ける!」と思っているのですかと言いたい。


 「他所は来年以降に発売するソフトの映像出展が多かったけど、ウチは今年発売するソフトのプレイアブル展示に絞ったんですよー」と堂々と言っていますが、そういうのは“今年発売するソフト”がちゃんと揃えられた時に有効な手であって、“今年発売するソフト”が揃っていない時に言っても言い訳にしか聞こえません。「来年から本気出す」みたいな。
 「『Splatoon』のためだけにWii U本体買うのもなー」と躊躇っている人の背中を押すためには、来年発売だろうが、まだ映像しか見せられなかろうが、「人気シリーズの本編」が発売すると明言しておくべきだったと私は思います。この映像のラストに、『どうぶつの森』とか『マリオギャラクシー』の新作が顔見せされるだけで全然違ったと思いますもの。





 というか……「見せなかった」ことによって、こう思った人も多いことでしょうよ。

 任天堂はもうWii Uのソフトを作っていなくて、NX用のソフトの開発にシフトしているんじゃないの?って。

 開発に3~4年はかかってしまう『どうぶつの森』の新作を発売するのならば、もうこれ以上は普及しそうにないWii U用で作るのではなく、今後会社を背負っていく命綱になるであろうNX用に『どうぶつの森』の新作を出してスタートダッシュから一気に普及させたい――――普通の会社だったらそう考えるでしょうし、そうするのが会社として生き残るには賢い選択だと私でも思いますもの。

 「そうじゃないですよ、Wii U用にも『どうぶつの森』作っていますよー」というのならこのタイミングで見せなければ意味がありませんし、見せないということは作っていないという可能性も十二分どころか十五分くらいありえます。実際、Wii U用の『メトロイドプライム』は作っていないらしいですしね。



 と、ここまで散々愚痴ってきましたが……
 私個人の好みとしては、「好きなゲームの続編」にはあまり興味がないので「シリーズ本編の続編」が発表されなかった(=作られていない?)ことは割とどうでもイイと思っています。「このラインナップじゃクリスマス商戦でボロ負けするんじゃないか」ということも、今からWii Uがどんなに売れたとしてもサードメーカーが「Wii U売れてるみたいだからソフト作りますね!」と考えてくれるとは思いませんし、自分にとってはあまり関係のない話です。


 私が気になるのは、「新規IPのゲーム」が出てこなかったことです。
 どうして「既存のIPを使った新しいシリ-ズソフト」ばかりだったのか?

 これ、きっと任天堂の「IP戦略」の一環だと思うんですね。


どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーどうぶつの森 ハッピーホームデザイナー

任天堂 2015-07-30
売り上げランキング : 6

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今から1年半前の2014年1月の経営方針説明会で、任天堂の岩田社長は「キャラクターIPの積極的活用」について触れています。

<以下、引用>
 より具体的には、自社キャラクターIPのライセンスビジネスに対して、適切なパートナーを能動的に探すことも含め、より積極的な展開を行うということです。実際に、アメリカでは、キャラクターマーチャンダイズの商品展開を、1年ほど前から積極的に展開しています。
 また、これまでライセンスしないと決めていた分野、例えば、デジタル分野におけるライセンスなども、直接の競合関係ではなく、Win-Winでやっていけるものについては、例外とせずに柔軟に対応していきます。
 このような活動を世界で進めていくことで、任天堂キャラクターを、ビデオゲーム・プラットフォーム以外の場でも、より多くの人の目に触れるようにしていくことを目指していきます。

</ここまで>
※ 強調など、一部引用者が手を加えました


 経営的に厳しかった任天堂が発表した施策の一つだったので、当時の私は「グッズを出すことで小金を稼ぐのかな」くらいにしか思っていなかったのですが……ここから1年半が経過した今になって思うと、全ては繋がっていたんだなと思うことがあります。

 まず、2014年5月には「キャラクターIPの活用方法」の例として(後の)amiiboが発表されています。

 2015年3月のDeNAとの業務・資本提携の発表の際には、任天堂IPを活かしたスマートデバイスでのゲームビジネスの展開について触れられています。
 これは“任天堂IPの価値を最大化させていく取り組み”として行われることで、同様の試みとして「任天堂IPの映像コンテンツ化」「任天堂IPのキャラクター商品化」も計画されていると発表されています。海外で『ゼルダ』の実写ドラマ化が噂されていたみたいですが、任天堂のスマホ進出はそれと同様の施策なんですね。つまり、「スマホ向けにゲームを出すから全く新しいスマホ向けのIPを作る」のではなく、「既存のIPを活用したスマホ向けゲームを出すことでIPの認知度を上げたい」ってことなんですね。

 2015年5月、「ユニバーサル・スタジオ」の運営会社と任天堂の提携が発表されたことにより、任天堂IPを使ったアトラクションが登場することが予想されています。



 一見すると無関係のように思えるこれらの展開は、「任天堂IPの活用」という点で繋がっているのです。分かりやすく言うと、「任天堂のゲーム機を持っていない人にも、任天堂のゲームキャラクターに馴染んでもらいたい」ということだと思います。
 例えば、ウチの6歳の甥っ子は家庭の教育方針でゲーム機を与えられていないんですけど、マリオのことは知っていてマリオがTVCMなどで映るとハシャぐんですね。マリオは現在でも別格の知名度だと思いますが、その他のキャラクターも同様に知ってもらうことがこれらの戦略の目的じゃないかと思われます。『ポケモン』とか『妖怪ウォッチ』のアニメなんかもそうだと思うんですが、まずはゲーム以外の入口で親しんでもらい、そこからゲームに触れて欲しい―――ということですね。

 よくある笑い話ですけど、「『ゼルダの伝説』の主人公ってゼルダじゃないんだよ」とか「『メトロイド』の主人公ってメトロイドって名前じゃないんだ」みたいな話って……それらのゲームを遊んだことがない人には、それらのゲームキャラクターが知れ渡っていないという話ですからね(それも『スマブラ』が出来て以降は変わったとは思いますが)。



 で、この話が今年のE3のラインナップにどう重なるのかというと……
 せっかく「ゲーム以外の入口で親しんでもらい、そこからゲームに触れて欲しい―――」と任天堂IPをゲーム以外の分野に解放しているのに、肝腎の「ゲーム」で任天堂IPが使われるゲームが出ていなかったら本末転倒じゃないですか。

 例えば、スマホで「メトロイド」を使ったアプリが大ヒットするとします、USJで「メトロイド」のアトラクションが凄まじくて大人気になるとします、「メトロイド」キャラのamiiboが次々と発売されて、海外でも「メトロイド」の実写ドラマ化が発表されて――――という事態になったとします。しかし、肝腎の『メトロイド』シリーズのゲームがWiiの『Other M』(2010年発売)以降出ていなかったら本末転倒なワケです。「せっかくメトロイドに興味持ったのに、ゲームが出てないじゃん!」と。
 だから、「外伝」であろうがなんだろうが、「新規IPのゲーム」ではなく「メトロイドの名を使ったゲーム」が出てくるのだと思います。自分は『メトロイド』シリーズ詳しくないんで、アレでイイのかとかは知りませんが。


 『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』はもっと分かりやすいと思います。
 『どうぶつの森』は現在でも既に『マリオ』『ポケモン』と並ぶ任天堂のキラータイトルで、キャラクター人気も高いことと思われます。だから、amiiboを発売してamiibo自体も売りたいし、反対に「ゲームソフトはゲーム機がないから買ってあげられないけどフィギュアなら買ってあげてもイイか」とamiiboを入口にしてもらえる子どもも出てくると思うんですね。

 しかし、肝腎の『どうぶつの森』本編のゲームは開発にものすごく時間がかかるのでポンポンと出せるものじゃないんですね。今現在発売されている最新作の3DS版は2012年発売ですから当然amiibo非対応ですし、現在作っているであろうWii U版なのかNX版はいつ発売になるか分からない状態です。
 せっかく『どうぶつの森』のamiiboを発売したのにそれを使えるゲームがないし、amiiboきっかけで『どうぶつの森』に入った子どもが遊ぶゲームがないのです。

 なので、3DSの『ハッピーホームデザイナー』とWii Uの『amiiboフェスティバル』が出るのです。言葉は悪いですが、本編までの“つなぎ”という役割もあるでしょうし、amiiboを買ってくれた人に向けたサービス的な意味合いもあるのでしょう。『amiiboフェスティバル』はソフト自体は無料ダウンロード可能で、『どうぶつの森』のamiiboを持っていることで遊べるようになるソフトみたいですしね。



 こう考えると、「新規IPを使ったゲーム」ではなく「既存のIPを使ったソフト」が増えるのは会社全体の方針でしょうし、今後も続いていくことが予想されます。

 ただ、これで大丈夫なのか?という不安が私にはあるのです。
 『Splatoon』が発表された時、発売される前、発売された後、私も含めて絶賛していた人達は「マリオやMiiに頼らない新しいIPでの新しいゲーム体験を提供してくれたこと」を絶賛していたじゃないですか。「既存のIPの活用」ばかりが続けば、『Splatoon』みたいなゲームは出てこなくなってしまいます。


 また、「既存のIPの活用」として「外伝」ばかりを出すと、逆にその価値を落とすことになるのではないかという不安もあります。それこそ『METROID PRIME: FEDERATION FORCE』に対してシリーズのファンの一部が「こんなのはメトロイドじゃない」と怒ったように、Wii U版『どうぶつの森』が本編ではなくすごろくだったことに落胆した人が多かったように……「とりあえず出しただけ」のソフトだったら、むしろファンが離れていってしまう可能性もあると思うのです。
 いや、実際に遊んでみたらすげー面白くてファンが倍増という可能性もあるので、今の段階では何とも言えませんけどね。


 あと、シンプルな話ですけどamiiboって親御さん受けがあんま良くなさそうだなーとも思うんですね。
 定価はとても安いですが、そもそも売ってないし。ネットで買おうとしても転売価格で馬鹿高いし。
 カード型のamiiboならば生産の手間が抑えられるので転売価格にもならないかも知れませんが、『どうぶつの森』のamiiboカード「100種類の中からランダムで3枚入ってて300円」という、お目当てのキャラが出るまで買い続ける気すら起きない仕様な上に。これが第1弾で、第2弾も出ます。

 というか、今Amazon見たらカード型のamiiboもオール転売価格で定価より遥かに高い価格になっていますね。発売したらガンガン生産してもらって価格が落ちてくる可能性もありますが……そうじゃなかったら、一体ホント何なのだamiiboって。



 今回のE3は任天堂にとっては“ハザマ”のタイミングだったのだと思います。
 2D『マリオ』も、3D『マリオ』も、『マリオカート』も、『スマッシュブラザーズ』も3DSとWii Uで既に発売されて、しかしWii U版の『ゼルダ』や『どうぶつの森』(作っているのかも微妙だけど)は間に合わなかった―――結果的に、本編タイトルが『スターフォックス ゼロ』だけになってしまったのだからそりゃ寂しいものがあります。そこには同情する気持ちもあります。

 しかし、私が漠然と思った「不安」はそこではありませんでした。
 「既存IPの活用」を積極的に行うと言っていた結果が、このラインナップなのか……という不安を感じたのです。「4人協力プレイで大型モンスターを捕獲するメトロイド」とか「キャラクターを使っただけのすごろくでしかないどうぶつの森」とか「4つの剣から1人減った!なゼルダの伝説」とか、割とフツーだなぁと思ってしまったのです。任天堂以外の会社も作りそうな“よくあるゲーム”に、任天堂IPを当てはめているだけという印象を受けました。


 「外伝」をやるからには、もっとハッチャケたことやればイイのに!
 『幻影異聞録♯FE』のハッチャケ具合を見なさいよ!クロム、何があったんだよ!




 段々何を書いていたのかよく分からなくなってきたので、そろそろまとめます。
 私が今回の任天堂のラインナップに感じた不安は以下の通りです。

・このラインナップしか発表出来ないとは、もうWii Uのソフトを作っていないのかもなぁ
・「既存IPの活用」に力を入れる以上、「新規IPのゲーム」は今後も出てこなさそうだなぁ
・その「既存IPの活用」した初公開タイトルが、「どこかで見たようなゲーム」ばかりだなぁ
・チキが可愛すぎて『幻影異聞録♯FE』が発売されたら俺、死ぬかもなぁ


 そんなカンジだったのです。

ヨッシー ウールワールド amiiboセットヨッシー ウールワールド amiiboセット

任天堂 2015-07-16
売り上げランキング : 957

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

NXにシフトしてるってのはありそうですねー。WiiU向けにも色々な出してもらいたいところですが……

| ああああ | 2015/07/05 20:19 | URL |

声優の横展開に似ている…というかまんまですね。本業以外の方向からPRして、元からのファンもそうじゃない人もみんな巻き込んでそのコンテンツを楽しもうぜと仕掛ける。
自分は「任天堂がゲーム関連以外のコンテンツをいくら展開しても、食いつくのは従来ファンのみ。新規ファンなんて食いつかないだろ」と思っていますが、その考えは間違っているかな…

| ああああ | 2015/07/05 23:57 | URL |

>ああああさん

 「Wii U向けに何も作っていない」ことはないと思いますが(NXの発売はどんなに早くても2016年末でしょうから、それまで何も出さなかったら収益が酷いことなってしまう)……ここで発表しないということは、人気シリーズの続編とかではないってことなのかなと予想しています。


>ああああさん
>「任天堂がゲーム関連以外のコンテンツをいくら展開しても、食いつくのは従来ファンのみ。新規ファンなんて食いつかないだろ」と思っていますが、

 『ポケモン』のアニメというスーパー大成功例があるので自分はそうは思いませんが、それがゲーム(機)の売上に貢献するかはまだ分かりませんね。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/07/06 00:29 | URL | ≫ EDIT

DS時代のtouchDS戦略でゲームに触れた事の無い人にDSを触ってもらって次にマリオなどのゲームに誘導していくっていうのがありました。

この戦略はある部分では成功したかもしれませんが大きな成果を残せなかったように思えます。

今度は任天堂IPを日常生活に溶け込ますことによってDS時代にDSを触ってもらえなかった人にもアピールしていく方針だと思えます。ある意味touchDS戦略以上のブルーオーシャン戦略ですね。
健康事業(今どうなってるんだろう…)もその一環で、そこから任天堂のゲーム機に触れてもらえるように上手く動線をつないでいければ面白い事になりそう。

でも任天堂の生産ラインは足りてるんだろうか…
なんか今以上のソフト不足になりそうで怖い…

| あお | 2015/07/06 15:51 | URL |

岩田社長が確か昔インタビューで「ゲームに興味の無い人はゲームのCMが流れても全く気にとめない」というようなことを言っていたと思いますが、本当にそのとおりでゲームのキャラクターや画面というのはゲームをしない人に対してはよっぽどのことをしないとなかなか見てもらえないものだと思います。
そういう意味では昨年のピクミンショートムービー関連や、今やっている山手線車内のどうぶつの森のサイネージ使用(マリオから変更)なんかは異質の展開で今後の動きが気になります。

| qua | 2015/07/06 23:08 | URL |

>あおさん

>でも任天堂の生産ラインは足りてるんだろうか…
 なので、DeNAやユニバーサルスタジオと提携して、任天堂自身の作業負担をなるべく軽減しているのかなぁと思います。QOLも、任天堂単独でやっているというよりはどこかと協力してやっていくんじゃないかなと思っています。

 しかし、QOLは盲点でした。
 そこにも任天堂IPを使うのか、もしくはそこから新規のキャラが生まれるのか、それともキャラクター的なものは使わないのか、気になります。


>quaさん
 そうですね。「TVCMで売れるゲームは限定されてきた」というDSやWii時代の教訓がここに繋がっているとも言えますね。

 「任天堂のゲーム機にはマリオしかないんでしょ?」みたいな話って、マリオ以外のIPが全然知れ渡っていないということだと思いますし。そういう人達に「任天堂のゲーム機を買えばこれもこれもこれも遊べるんだ!」と思ってもらうには、『ゼルダ』も『メトロイド』も『スターフォックス』ももっと認知度を上げなきゃなりませんし、そういう試みが始まるんだと思います。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/07/07 00:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1956-7a2808a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT