やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『がっこうぐらし!』アニメ第1話は、どうして面白かったのか

※ この記事はテレビアニメ版『がっこうぐらし!』第1話「はじまり」までのネタバレを含みます。閲覧にはご注意下さい。
※ テレビアニメ第2話および原作漫画版については触れませんので、コメント欄などにも内容を書き込まないで下さい。


 今季の私の推しアニメは、6月に書いた記事でも第1枠に挙げた『がっこうぐらし!』です。その『がっこうぐらし!』アニメ第1話の後、ちょっとどうしても見過ごせない反応を見かけたので今日はそのことについて書こうと思います。


 なので、第1話のネタバレを思いっきり書きます。
 第1話を観てからこの記事を読むことをオススメします。

 テレビ放送を録画している人はもちろん、録画していない人も『がっこうぐらし!』はWEBでの公式配信を積極的にやっているのでそちらで観ることが出来ます。ニコニコ動画バンダイチャンネルGyaO!ビデオマーケット楽天SHOWTIME「第1話無料配信」が行われています。
 またニコニコ動画、GyaO!、ビデオマーケット、楽天SHOWTIMEではどうやら「最新話1週間無料配信」みたいなので、現在のところ「第2話も無料配信中」です。つまり、今ならまだ追いかけられるんです!是非!

 ただ、当たり前ですが「第1話」を観てから「第2話」を観た方がイイです。
 それと、ニコニコ動画で観る場合はコメントを消して観た方がイイかもですね。



 今日の記事は本当に「うっかりネタバレを読んでしまった」ということを避けたいので、格納しておきます。TOPページからお越しの方は「続きを読む」をクリックしてください。






 えーっと……そろそろ本題に入ります。
 「ネタバレ」の注意はもうイイですかね?

 「この記事を読んで、本当に面白そうか判断してから第1話を観るか考えよう」って思っている人は、今すぐこの記事を読むのをやめて先に第1話を観てください。この記事を読んだら最後、その後にアニメ第1話を観ても100%の面白さは味わえません。せいぜい20%くらいしか楽しめなくなってしまうと思います。「私はネタバレされてから作品を観たいんですよー」という人であっても、です。

 この記事を読んで、第1話のネタバレをされた状態で実際にアニメ第1話を観て、「なんか…言ってるほど面白くなかったな…」とか思われても、それは私の責任でも作品の責任でもありませんよ。面白くない視聴方法を選んだアナタの責任ですからね!知りませんよ!


 もう、この一言を読んでしまえばおしまいな一言をこの直後に書きますよ!
 イイですか?私はもう責任を取りませんからね!











 『がっこうぐらし!』の第1話は、「叙述トリック」なんですよ。

 「叙述トリック」とは、読者(視聴者)の先入観や思い込みを利用して作者が読者(視聴者)に対してミスリードを仕掛けるトリックです。一言で説明するのは難しいのですが、「読者(視聴者)が観ていた世界が真実ではなかった」という真実が明らかになることで所々の謎が解明される―――ってカンジですかね。

 「叙述トリック」の作品は「この作品は叙述トリックである」と紹介した時点でネタバレになってしまい、その作品の魅力は味わえなくなるんです。だから、今日の記事では何度も何度も「この記事を読んでから第1話を観ても楽しめないよ」とネタバレ通告をしていたのです。
 Wikipediaなんかでうっかり「叙述トリック」の項目を読むと、「叙述トリックを使った作品」が列挙されているのでネタバレ地獄がとてつもないです。そういう意味では、具体的な作品名を出さずに説明しているニコニコ大百科の解説がオススメです。


 『がっこうぐらし!』の第1話は「信頼できない語り手」という手法の応用だと思います。
 ネタバレになるので具体的な作品名は出しませんが……例えばとある映画では「事件に巻き込まれた被害者」がどんな事件だったかを語るのだけど、実はその被害者が首謀者だったことが映画の最後で明らかになり、彼の口から語られた事件が虚偽であったと判明することで全ての謎が氷解するというラストでした。

 『がっこうぐらし!』の第1話は、ゆきが目覚めるところから始まり、ゆきのモノローグが流れて、描かれるシーンはほぼ全てゆきのいるシーンで構成されています。ゆき目線で作品が語られているんですね。しかし、そのゆきが見ている世界は真実ではなかった―――そのことが明らかになった瞬間、それまで視聴者が感じていた「違和感」の答えが全て分かるという。


 んで、「叙述トリック」の作品の魅力は、この“「違和感」の答えが全て分かる”瞬間の気持ち良さだと私は思うのです。

 『がっこうぐらし!』の第1話って、一見すると「ものすごく出来の悪い日常アニメ」みたいなんですね。「出来の悪い」というのは作画や演出のことではなく、物語の整合性が取れていないという意味でね。「日常アニメが流行っているから何も考えずにテキトーにウチも作りました」みたいな作品に見えるんです。

・授業中なのに、ゆき以外の3人は授業を受けなくてイイのかよ!
・他のクラスが授業をしているのに、平然とドアを開けるみーくんはどんだけ天然なんだ!
・「常にスコップを持ち歩いている」って、どんなキャラの立たせ方だよ!
・突然現れる園芸部のモブはどこにいたんだよ!授業はどうしたんだよ!
・あんだけ大騒ぎしてたのに、クラスメイトは気付いていないのかよ!


 この辺のツッコミは私だけじゃなく、「事情を知らないままTwitterを実況している人達」を見ていたら同じようにツッコミを入れていました。「何も考えずにテキトーに作ってるアニメなんだなぁ」と、実際に実況している人もいました。そして、最後に「え……?」と唖然とするという(笑)。


 これらのツッコミどころは全部伏線だったんです。
 ゆきの見ている世界が真実ではないと分かった瞬間、これらは「ツッコミどころ」から「真実を照らしていたヒント」にひっくり返るのです。もう1回観返すと「テキトーに作っている」どころか「ところどころにヒントが隠されていた」ことに気付くのです。ゆきには見せない、くるみやりーさんの表情。みーくんがやたら緊張している理由。黒板の英文。窓が閉まっているのに聴こえる風の音。何故ゆきと3人の制服は色が違うのか。バリケード。お墓らしきもの。

 「叙述トリック」の面白さはコレなんです。黒一色だったオセロの角を取ったことで次々と白にひっくり返る瞬間のカタルシスのように、「謎だったところ」「違和感しかなかったところ」「ツッコミどころだと思っていたところ」が全て「真実を照らしていた」ことに気付く瞬間の気持ち良さなんです。



 だからね。
 『がっこうぐらし!』の第1話に対して、「可愛い女のコがのほほんと集まっている日常萌え萌えアニメだと偽装しておきながらショッキングなことを起こして話題になろうとする作品なんて何番煎じだよ!」と言うのはちょっと違うと思うんです。

 それもネタバレになるから具体的な作品名は出しませんが、確かに「可愛い女のコを愛でるアニメだと思って観ていたら3話でその女のコが死んだ」みたいな作品はたくさんあります。その良し悪しはここでは置いておきます。
 ただ、『がっこうぐらし!』の第1話は「ただショッキングなことを起こした」ワケでも「ただ残酷なことを起こした」ワケでもありません。この作品の第1話がやろうとしていたことは、「叙述トリック」です。「ツッコミどころ」が「真実を照らしていたヒント」にひっくり返る瞬間の気持ち良さを視聴者に味わわせたくてこういう構成にしているんです。でなかったら、ところどころにヒントなんて散りばめないでしょう。

 「ショッキングなことを起こして話題になろうとするアニメ」と「叙述トリックのアニメ」を一緒くたに語るのは、「人をたくさん殺す猟奇的な作品」と『名探偵コナン』を一緒くたに語るようなものです。確かに『名探偵コナン』もたくさん人が死にますけど「イヤッホゥウ!血がドバドバで気持ちイイぜええええ!」って楽しみ方をする作品じゃなくて、そんな犯人のトリックを見破って追い詰めていくのが楽しい作品なワケで。
 その二つを一緒くたに語るというのは、「作品」ではなく「1シーン」しか観ていないということだと私は思うのです。




 もちろん、どんな作品にだって「好き嫌い」があるのは仕方がありません。
 「叙述トリックだということ」が分からないで「ただショッキングなことが起こった」としか認識できない人もいただろうし、「叙述トリックだということ」が分かった上でも楽しめなかった人もいたことでしょう。極端な話、「ただの日常アニメが観たかったのになー」という意見もあるでしょうからね。


 しかし、私に「これは自分が記事を書かなくては」と決意させるような出来事が起こるのはここからです。
 この『がっこうぐらし!』の第1話に対して「みんなが騒いでいるから、結末を知ってから第1話を観たんだけどそんな面白くなかったなー」と言っている人がいたのです。





 はああああああああああああああああ!!?

 「叙述トリック」の作品を!!!
 結末を知ってから観て!!!!
 「そんな面白くなかった」って!!!!

 そりゃそうだろうがああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!


 
 「叙述トリック」の作品は、盤上に並んだ黒いオセロがたった一手で次々と白にひっくり返る瞬間こそが魅力なのです。自分が違和感を覚えながら“真実”だと思っていたものが“真実”ではないことに気付き、今までの謎が全て明らかになった“真実”を知る瞬間こそが魅力なのです。
 それなのに“真実”を先に知ってしまえば、ひっくり返るものがありません。最初から白いオセロを「白だね」と眺めるだけの作品になってしまいます。

 だから、「叙述トリック」の作品はネタバレを見てからでは楽しめないし、絶対にネタバレをしてはいけないのです。「この作品は叙述トリックだよ」と言うことすら許されないのです。


 世の中には、「ネタバレをして欲しい人」がいるという大切な事実

 この記事に書いたように、世の中には「先にどんな作品なのかのネタバレを読んでから作品を観たい」という人がいます。推理小説の結末を真っ先に読んで、犯人が分かった上で最初から読む人もいるくらいです。私自身はそういう楽しみ方はしませんが、その方が楽しめるのならそういう楽しみ方もアリだとは思います。

 しかし、それは「その方が楽しめる」からアリなだけです
 「この推理小説、結末を先に読んで犯人が分かった状態で一から読んでみたんだけど……あんま面白くなかったね」って言われたら、ふざけんんなああああああああああ!それは正規の順番で読まないオマエの責任だろうがあああああああああああ!!!面白くないのは!その本ではなく、オマエ自身だっ!!!!!!その本の作者と!!!出版社と!!!本屋さんと!!!その作品のファンに、百万回謝れやああああああああああ!!!と言いたくなります。



 あの記事を書いた時も言われましたし、それ以前からも散々言われていましたけど……「本当に面白い作品はネタバレをされたとしても面白いんですよ」って意見を言ってくる人もいます。私から言わせれば、「本当に面白い作品」の定義をテメーが狭めんなって話です。

 たくさんある作品には「ネタバレをされても面白さをそれほど損なわない作品」もあれば、「ネタバレが致命傷になる作品」もあるってだけです。どちらも「本当に面白い作品」であって、後者が前者より劣っているなんてことはありません。『がっこうぐらし!』の第1話のような「叙述トリック」の作品は典型的な後者の作品です。



 もちろん「望まないネタバレをされてしまって、第1話を楽しみにしていたのに観る前に真実を知ってしまった人」もいることでしょう。「元々ノーチェックだったけど、ネタバレが出回ってきたことで興味が出てWEB配信で観てみた人」もいることでしょう。
 そういう人が少しでも少なくなるように、私は6月の記事では第1枠で推していたんですけどね……勘付かれないようにニトロプラスの名前も出さないようにして、ただただ「とにかくみんなも観て!」とプッシュしていたんですけどね……まぁ、それはイイや。


 私が更ににイラッとしたのは、
 「みんなが騒いでいるから、結末を知ってから第1話を観たんだけどそんな面白くなかったなー」と言っている人が、その口で「可愛い女のコがのほほんと集まっている日常萌え萌えアニメだと偽装しておきながらショッキングなことを起こして話題になろうとする作品なんて何番煎じだよ!」とネタバレを振りまいて、更なる二次被害者・三次被害者を拡散させていたことです。

 「叙述トリック」の作品は、ネタバレしてしまうと楽しめなくなるんだよ!
 今!まさに今!アナタがそれを体現していたというのに!!
 なのに、ネタバレを更に振りまくんですか!!!!!!




 世の中には「ネタバレされたい人」もいれば、「ネタバレされたくない人」もいます。
 私みたいに神経過敏になって「ネタバレすんじゃねえ!」と怒り出す人は、どこに行っても厄介がられてしまいますし、叩かれてばかりです。ずっとずっと肩身の狭い思いをしてきました。こんなことならそっと口を閉じて、ネタバレについてなんて言及しなければイイんだと口を閉じて我慢していた時期もあります。


 しかし、今回の『がっこうぐらし!』の第1話のように「ネタバレが致命傷になる作品」のネタバレを平気で振りまいて、「結末知った状態で観たけど面白くなかった」と批判している人間を見かければ声を挙げざるを得ません。
 それは一生懸命作ったスタッフの人達に失礼だし、必死にネタバレしないように宣伝していたプロモーションスタッフにも失礼だし、それに協力してネタバレしないように努力してきたたくさんの原作ファンにも失礼じゃないですか。


 世の中には「ネタバレをされてもそれほど面白さを損なわない作品」もあれば、「ネタバレが致命傷になる作品」もあるんです。

 「叙述トリック」の作品は典型的な「ネタバレが致命傷になる作品」です。
 少なくとも、これだけは胸に留めておいて欲しいです。


ふ・れ・ん・ど・し・た・い(通常盤)(TVアニメ(がっこうぐらし!)オープニングテーマ)ふ・れ・ん・ど・し・た・い(通常盤)(TVアニメ(がっこうぐらし!)オープニングテーマ)
学園生活部、 丈槍由紀(cv.水瀬いのり)、恵飛須沢胡桃(cv.小澤亜季)、若狭悠里(cv.M・A・O)・直樹美紀(cv.高橋李依)

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-07-28
売り上げランキング : 541

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ふ・れ・ん・ど・し・た・い(初回限定盤)(TVアニメ(がっこうぐらし!)オープニングテーマ)ふ・れ・ん・ど・し・た・い(初回限定盤)(TVアニメ(がっこうぐらし!)オープニングテーマ)
学園生活部、 丈槍由紀(cv.水瀬いのり)、恵飛須沢胡桃(cv.小澤亜季)、若狭悠里(cv.M・A・O)・直樹美紀(cv.高橋李依)

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-07-28
売り上げランキング : 379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:52 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

文章の趣旨、特に叙述トリックの扱いにはおおむね同意なんですけれど、原作読んでいないのにかつて『まんがタイムきららフォワード』のTVCMでゾンビ物であることを大々的に知らされた身としては「うん、まぁ……」という思いで見ましたよ。
『ハナヤマタ』(女の子の部活ものが好きな人が見る可能性が高い)や『アルドノア・ゼロ』(ニトロプラスの名前で見る可能性も高い)などの枠内で大々的に宣伝しておいて、今になってそこを伏せられても……アニメスタッフの責任ではないとわかっていても、ねぇ。

| ああああ | 2015/07/18 18:46 | URL |

トリックがキモなのでネタバレが〜と言いたいことはわかるのですが、
ハッキリ言って、客観的に厳しく言うと
がっこうぐらしが
萌日常もの、ゾンビもの、トリックが取り柄のもの
この三点をうまく組み合わせられている作品かというとそうではないでしょう。
組み合わせにくい要素を取り入れて話を作ってみたが、
整合性を保つのに精一杯で一つ一つの要素にキレがなく中途半端になったんだろうというのを感じます。
緊張感のあるサバイバルものにするには雑で甘く、
日常パートも他の萌日常に比べてクオリティが高くない。
トリックに至るまでに退屈させないのも名作に必須の条件だと思います。
超駄作とは言いませんが、ネットの評価はやや大げさでしょう。
絶賛している方もあまり作品に数触れてこなかったが多いようにも思います。

| タモ | 2015/07/18 19:14 | URL | ≫ EDIT

>ああああさん

>原作読んでいないのにかつて『まんがタイムきららフォワード』のTVCMでゾンビ物であることを大々的に知らされた身としては

 自分も大体同じようなカンジでした。記事の中でそれも書いておこうかと悩んだのだけど、入れるところがなくて……

 ただ、僕自身はジャンル自体は知っていても「叙述トリック」であることは知らなかったので第1話は楽しめました。ジャンルも知らなかったらどんな衝撃だったかなとは思うのですが、その場合は恐らく観ていなかったでしょうし……



>タモさん
>ハッキリ言って、客観的に厳しく言うと

 ご自身の意見を「客観的に言うと」って言われても……


>絶賛している方もあまり作品に数触れてこなかったが多いようにも思います。

 自分が楽しめなかったものを楽しんでいる人を見下すようになったらおしまいですよ。娯楽作品が何のために存在しているのか。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/07/18 20:20 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015/07/18 21:28 | |

>このコメントは管理者の承認待ちですさん

 2話のネタバレは書かないでって、記事の最初に書いたやんか……

| やまなしレイ(管理人) | 2015/07/18 22:36 | URL | ≫ EDIT

〉あああ、すみませんまさしく無神経になっていたようです
〉これでは人の事をまるで責められませんね
〉おまけに変な文章が挿入されているし、大変お見苦しいところをお見せしました。申し訳ないです
〉元のコメントは消していただいても構いません、処遇はやまなしさんに任せます

実は自分は偶然ネタバレを見て興味を抱いて見たクチなのですが、確かにおっしゃる通りの理由で一話はそれほど楽しめませんでした
「騒がれる理由はわかるけど」という感想ですし、今も一話に対する評価はそんなものです
あくまで一話は、ですが

二話めからはむしろ考察できるところが多くて、とにかく現状おおいに楽しめています

だから思うのですが、作品を見る人が『一話を最大限楽しんで見られる』必要なんて無いんじゃないでしょうか?
そりゃネタバレを見ずに見られたらもっと楽しめただろうな、とは思いますが
一話のインパクトで界隈が沸き立たなければ、その空気を纏ったまま無神経な人がネタバレをしなければ、僕はこの作品を見なかったわけですから気分的にはトントンです
〉(実際自分はネタバレを考えなしにやりかねない人間だったようで、それで評価が甘くなっているだけなのかもしれませんが)

面白かったにせよつまらなかったにせよ衝撃的だったにせよ、とにかく一定数の人に不意打ちを与えて
そうしてびっくりした人が思わずネタバレをしてしまう、雪だるまみたいに話題になる
『コンテンツにとにかく人をかき集める』こと、
それがこのアニメにおける一話に与えられた役割のような気がします
だからこそ、僕はやまなしさんほど『つまらなかったと言う人』や『よくあるテンプレートの詰め合わせだ』という感想に敵愾心を持てないのです
だってそういう事態になるのは制作者も折り込み済みだとおもうので(ヒッチコックの『サイコ』みたいに徹底的なネタバレ防止のキャンペーンがあったならともかく)
こういった論争が巻き起こることも含めての『話題になること』なんじゃないでしょうか

ところで記事を読んでいて感じたのですが、やまなしさんが怒っていらっしゃるのはネタバレする人とか、ネタバレを見た上で作品を馬鹿にする人というよりは
この一話『だけ』でこのアニメのすべての評価をしてしまっている『いい加減なことば』と『それを発する人』のように感じるのですが、どうでしょう

| hirano_ryo | 2015/07/18 23:10 | URL | ≫ EDIT

>hirano_ryoさん

 僕個人としては、マンガだろうがアニメだろうがゲームだろうがサッカーだろうがラジオだろうが、その娯楽に触れることで「楽しかった」「面白かった」と思う人が増えるとイイなと思ってブログを続けているんです。
 だから、好きなマンガやゲームの紹介記事を書くし、サッカーの観方とかラジオの聴き方みたいな記事まで書きます。

 それで、「楽しい」と思う人が増えれば世の中もっと生きやすくなるだろうし、そうした娯楽を作っている人達への恩返しになるだろうと思っているんです。



 で、この記事なんですけど……一つには「叙述トリックの楽しみ方」を説明したかったんです。
 記事に書いたように、「叙述トリック」は「叙述トリックです」とネタバレした時点で終わりなので楽しみ方の説明を記事にして書くのは非常に難しい。今回のように、多くの人が一斉に観ていて、また観ていない人もこれから観ることができる「叙述トリックの作品」はもう今後現れないだろうなと思ったのでこういう書き方にしました。


 でも、実際には「その見方だと叙述トリックの作品は全然楽しめないじゃん」って見方をしている人がたくさんいて、それで「面白くなかった」と言ってしまっている人がいる――――

 別に『がっこうぐらし』がつまらなかったらつまらなかったで構わないし、世の中にはたくさんの娯楽があるのだからアナタに合うものを探してね……としか言いようがないのですが、敢えて「楽しめない方法」で観て「つまらなかった」と言っている人には「だって、アナタが取った方法はその作品を一番つまらなく観る方法だったじゃん」と言いたかったのです。

 「作品を楽しく観るためには、それ相応の手順があるだろう」というのが、この記事で私が書きたかった二つ目のことです。2話目以降については別に語っているつもりはありませんでした(笑)。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/07/18 23:46 | URL | ≫ EDIT

ご丁寧な返信ありがとうございます
なるほど、叱るとか怒るとかでなく、楽しみ方を伝えられないなら楽しくなくなった原因を伝えよう、という意図だったのですね。納得しました
確かに楽しめなかった原因が作品自体というより自分の運の悪さ等にあるとわかっているなら、少なくとも作品に文句は言いませんよね・・・

ただ面白くなかったと感じたものを、叩くためだとかほかに意図があるわけでなく純粋な反応として「面白くなかった」と言えることは素晴らしい素直さだと思うのだけれど
楽しめなかった原因に自覚を持って欲しい、作品に責任はないことを知ってほしい、まだ見てない人を慮ってほしいという気持ちもわかる・・・難しいですね

いずれにせよ、オリジナルの作品を作る漫画家としての視点からの共感?からなのかはわかりませんが、唐突なブチ切れがめちゃくちゃ面白い記事でしたw
いつも楽しい記事をありがとうございます

| hirano_ryo | 2015/07/19 01:48 | URL | ≫ EDIT

タイトルが『がっこうぐらし!』アニメ第1話は、どうして面白かったのかとなっているのに最終的にどうして面白くないと感じている人が居るのかになっている!?

これが叙述トリックと言うものか・・・と言う冗談はおいといて

実際のところ大多数が同時に見れて、放送局によっては日数ズレが発生する作品に叙述トリックを入れてくるのは製作方法としても厳しいのでしょうね

他のトリック物でさえネタバレを受けた後で「この作品は面白く感じなかった」と言っても後の祭り、絶対に感想の方向性は限られてくるし叙述トリックなら尚更ですから

自分は元々作品の概要を知っていて今回もネタバレを受けていたんですが、伏線部分や演出方法に面白みを感じる方だったんでそれでも楽しかった

ただ、そのせいもあって「これは一話だけの作品かな?」とも思ってしまい、伏線部分を探すのを楽しめる作品なのかと言う固定観念が生まれて、2話目を観るのを躊躇している

これが全く知らない作品で視聴後も伏線や演出意図についての考察を自分と知り合いだけで行っていたら多分、2話目はどうなるんだ?とワクワクしたんでしょうけど

トリック物の扱いってのは本当に難しいですね、よし2話目を観よう

| ああああ | 2015/07/20 00:01 | URL |

原作の表紙が女の子はかわいいのに背景がボロボロでどこか不穏な感じはしてたので、多分ただの日常ものではないだろうなと予想しつつ見ました

普段は日常もののアニメをほとんど見なくて、他に見たいものがあると候補から外れがちなためこれは絶対何かあるぞ!と思わせるものがないとなかなか見ることもないんです…
これは一話の叙述トリックをやるには難しいところですよね、勘のいい人なら気がつきそうですし

確かにとにかくブログで推されてるのを何も疑わないで見たほうがもっっと楽しめましたね
でも表紙程度ならふだん日常モノ見ない人を違和感で掴みつつもストーリーのネタバレはないのでしっかり騙されて楽しく見れました


| ああああ | 2015/07/20 08:01 | URL |

>hirano_ryoさん

 あと一つには、記事内で紹介した「ネタバレされたい人もいる」という記事で「人それぞれ違ってイイじゃん」と書いてしまったことに対する責任も感じていました。
 そういう人には「叙述トリック」の作品は何が楽しいかさっぱり分からないだろうし、全ての作品がそれでイイわけじゃなかったんだなと反省したので……「叙述トリック」の楽しみ方をちゃんと提示したかったというのもあります。


>ああああさん
 本当なら「叙述トリックの楽しみ方」みたいな記事タイトルにしたかったんですけど、それだと思いっきりネタバレですからね……(笑)。

>実際のところ大多数が同時に見れて、放送局によっては日数ズレが発生する作品に叙述トリックを入れてくるのは製作方法としても厳しいのでしょうね

 いや、ここは声を大にして言いたいのですけど、『がっこうぐらし』はすげえ頑張ってるんですよ。

http://gakkougurashi.com/onair/index.html

 地上波、CS、BSが同日放送、ネット配信もその日の夜の間に開始しているのです。つまり、「地域によって視聴日がズレてネタバレを喰らってしまうリスク」を可能な限り消しているんです。今回視聴前にネタバレを喰らってしまったという人達は、放送日や配信日から数日経ってから視聴していた人が多いと思います。
 まぁ、それでもAT-X勢が最速なので、その時間は僕はネット断ちするようにしているんですけどね(笑)。

 原作なしのオリジナルアニメであっても「関西勢が1日早かったので視聴前に内容が分かっちゃった」ことがありましたし、原作組とのズレはありますけどアニメとしてはすげえ頑張っていると思いますよ。


>ああああさん
 そうか……表紙の絵はネタバレになるであろうから、僕自身は禄に見ていませんでした。自分でブログに貼っておきながら……


>これは一話の叙述トリックをやるには難しいところですよね、勘のいい人なら気がつきそうですし

 仰るとおり、難しい話で……逆に第1話を見始めたけど「理由もなく他のキャラが授業をサボっているのが許せなくて途中で観るのやめた」って言っている人もいましたからね。伏線なことがバレると魅力減なのに、伏線なことがバレないと切られてしまう。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/07/20 20:24 | URL | ≫ EDIT

確かに、「叙述トリックだと気付かずに最後まで見る」のが難しいって意味では、上手い作りでは無かったのかも…
自分も、「騙された」とか「日常アニメじゃなかった」という話を聞いてから見た口ですし…
その事を知らずにもし見ていたら、1話途中で切っていてもおかしくない様に思います。

1話部分のみの短編映画とかにしたら面白そうな感じします。
映画なら、途中で切る人が結構減りそうですし。

| ああああ | 2015/07/21 12:03 | URL |

原作の場合、表紙の時点で「日常系ではない」事は隠す気がないみたいですよね。
「日常シーンあんまり面白くないけど、これからどんな風に表紙みたいな非日常になるのかな」と読み始めた所で、「実は最初から非日常だった」という風に叙述トリックを仕掛けてる感じがします。


対してアニメ1話では、騙し方が少し変わって、日常系だと思わせている様に感じる部分があります。
なので、日常系アニメとして見始めて、「あまり面白くない日常系アニメ」と判断して途中で切ってしまう可能性が大なのではないかと…

| ああああ | 2015/07/21 12:15 | URL |

おっ、やまなしさんがこんなに熱くなってるの久しぶりに見た(笑)
自分は今回の記事の内容にすごく同感です
正義の為に頑張ってください!(^O^)

| ああああ | 2015/07/21 17:56 | URL |

ニトロプラス作品の諸問題として
「テンプレ萌え作品と見せかけて実はー」
における、テンプレ萌え作品の部分が本当にテンプレ萌え作品すぎて、そこで見るのやめる人がいるのは、正直ちょっとわかります
狙ってやってると言われたら、ですよねーと言うしかないんですけど、どんでん返しばかり意識しすぎて基本的な物語の推進力は弱いと思います
ごちうさやきんモザは序盤から物語やキャラクターにしっかりオリジナリティーと見せ場が用意されてますし
がっこうぐらしの原作は10ページくらい読んだらどんでん返しになるので、興味が離れる前に引き込まれるようになってると思うのですが、アニメ版は雑な萌えアニメと思われてやむなしな部分はあるかなと

| ああああ | 2015/07/21 23:03 | URL |

>ああああ×2さん

 ただ、どんな作品にだって「合わない人」はいるし、全員を満足させようとすると「誰からも嫌われない作品」にしかならなくなってしまいます。

 自分はこの1話で面白かったし、他にも「面白かった」と言っている人がいるんだから、途中で観るのをやめた人がいたところで失敗だったとは思いません。


>ああああさん
 別に正義のためにやっているワケじゃないですけどね(笑)。
 明日の記事はもっともっと全力で荒ぶっているので楽しみにしていてください。


>ああああさん
>ごちうさやきんモザは序盤から物語やキャラクターにしっかりオリジナリティーと見せ場が用意されてますし

 叙述トリックの作品の「叙述トリック部分を無視して」、トップクラスの日常アニメと比較してどうのこうの言うのは『ごちうさ』や『きんモザ』に対しても失礼だと思います。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/07/22 01:14 | URL | ≫ EDIT

なるほど、「低レベルな日常系に見せかける」という手法でトリックを作った以上、日常部分のツカミが弱いのは当然のことというわけですね。
叙述トリックだというだけでもネタバレを食らうと面白くなくなるのに、それ以上に面白くなくなるというすごい諸刃の剣になっていますね。
ネタバレされてない人からしても日常部分の(見せかけの)完成度の低さに辟易してしまう可能性もありますし、なんて危ない橋を渡る作品なんだ・・・

私は「日常系に見せかけたサバイバルor鬱である」ぐらいの情報を得てから見たタイプでした。
しかしこの情報が無ければわざわざ見なかったし、最初の20分間を耐えきれたとは思えません。
また、私は普段日常系アニメを見ないために最初の20分間は「低レベルな日常系」なのか、「普通の日常系」なのかの区別もつかなかったので叙述トリックを成立させるキモの「低レベルに見せかけていた」こともこの記事を読むまで気づきませんでした。

が、一つのどんでん返しを描くために視点をきちんと限定したり、視聴者の印象にしっかり残る伏線を張っていたり、わかりやすい演出に気を付けていたりと、どんでん返し重視作品にありがちな「トンデモ展開」にならない丁寧な作りだったと思い、「自分は楽しめなかったが作品の完成度としては高いはず」という評価をしていました。


こういうのはいろんな視聴タイプのサンプルがあると良いかな~と思って書き込んでみました、よければ今後のがっこうぐらしの記事の参考にしてください。
(今後もがっこうぐらしの記事楽しみにしてます)

| ああああ | 2015/07/23 22:52 | URL | ≫ EDIT

>ああああさん

>よければ今後のがっこうぐらしの記事の参考にしてください。
>(今後もがっこうぐらしの記事楽しみにしてます)

 どうして今後も書くことを前提にしているんだろう……
 コメント欄を見る限り、私が「面白かった!」と書いても「面白くなかった」と言う人しか集まらないみたいなので、正直あまり書く気はしていないです。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/07/24 02:23 | URL | ≫ EDIT

このブログの本文、そしてこのコメントのやり取りを読んで、心の中の わだかまり がだいぶ薄らぎました。
やまなしさんに感謝です。
わだかまりとは、「こんなにネットで面白いと言われているのに、どうして自分は面白みを見いだせないんだろう。」です。

私はこの作品を、①原作もきららCMも未見で、②ネタバレを知った後で、③ニコ動のランキングにあるから、見た人間です。
本文にもあった「叙述トリックであることを知った上での視聴」をしてしまったがために、やまなしさんが仰る「解る瞬間の気持ちよさ」を逃してしまったんですね!ナルホド!

トリックオープンまでの日常シーンの内容は、正直見るのが辛かったんですが、原作10ページをTV用に料理した製作側の英断なのでしょう。
次回以降も見続けて、最終話でどう締めるのか、楽しみにしつつ視聴しようと思います!!

叙述トリックはそうだと知ること自体がタブー、肝に銘じておきます。

| 通りすがりのおっ | 2015/07/28 22:29 | URL |

>通りすがりのおっさん

 状況がよく分かりませんが、原作のネタバレはしないで欲しかったです……私はアニメを全話観終わったら原作も1巻から読もうと楽しみにしていて、なので一切の原作ネタバレを踏まないように気をつけていたので。


 作品の面白さを100%味わうのって難しいですよね。
 この作品でそれが痛いほど分かりましたし、それが少しでも伝われば幸いです。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/07/30 23:21 | URL | ≫ EDIT

ああ、誤解を生むコメントで申し訳ない。
このコメント内では原作のネタバレはしていません。
なにせ私は原作未読なので。

私が言う②のネタバレとは、第1話の「実はゾンビ出現後の世界でした」ってことを聞かされた事です。

| 通りすがりのおっ | 2015/08/02 00:18 | URL |

>通りすがりのおっさん

 あ、いや……
 僕が言っているのは「原作10ページをTV用に料理した製作側の英断」の部分です。

 アニメを観終わってから原作を読んで「原作はこうだったのか!」と知るのを楽しみにしていて、そのために一切の原作情報を遮断していたので、そこは知りたくなかったです。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/08/02 01:07 | URL | ≫ EDIT

あ!すみません。
10ページが云々というのは、コメント欄(7/21,23:03)ああああさんのを引用したつもりだったんです!
分かりにくい表現ですみませんでした。

| 通りすがりのおっ | 2015/08/03 09:01 | URL |

>通りすがりのおっさん

 そういうことでしたか!
 こちらこそ勘違いして責めてしまって申し訳ありませんでした。しかも、元を辿れば他の人のコメントを私が考えなしに承認してしまったからで、こういうところから原作ネタバレが広がっていくことに無神経でした。

 アニメが話題になっている時の原作ネタバレはデマが広がりやすいことは以前から問題だと思っているので、今回の件を反省点にしてもうちょっと考えて対処しようと思います……

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-1358.html

| やまなしレイ(管理人) | 2015/08/04 01:17 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015/10/06 21:13 | |

>このコメントは管理者の承認待ちですさん

 そういうのは釣りなんで拡散はしない方がイイですよ。
 「売れているもの・人気なものを叩いてアクセス数を稼ぐ」のはインターネットでは常套手段なので無視してください。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/10/06 21:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1962-75259c63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT