やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

じゃあ、実際にマンガを描いてみよう!その6~下描き編~

 まぁ、自分でもそうなるだろうなとは思っていましたが……
 この記事を書き始めている土曜日の夕方時点で、下描きは終わっていません!
 全7ページ中5ページまでしか終わっていません。昼間は暑くてトレース台を使う気にならないため、土曜の夜が勝負になりそう。果たしてこの記事がアップロードされる日曜日夕方には全ページ終わっていますかね!どうでしょうね!

マンガは描ける!絵が描けない人でも
マンガは描ける!絵が描けない人でも

1.企画を立てる
2.プロットを考える&シナリオを書く
3.コンテに起こす
4.キャラクターをデザインする
5.ネームを描く
6.下描きをする←今週はココ!
7.ペン入れをする(前編)
8.ペン入れをする(後編)
9.消しゴムをかける&修正する
10.ベタを塗る
11.トーンを貼る
12.スキャンしてセリフを入れて完成!


 さて、キンドルで発売した『マンガは描ける!絵が描けない人でも』を使って実際にマンガを描いていく過程を見せていこうというこの企画だったのですが……よくよく考えてみると、あの本で紹介した「マンガの描き方」って12週かけて紹介する過程の中で使えるのは今週の「6.下描きをする」だけなんですよね。

 まぁ、下描きさえ出来れば十分だという見方もありますが……
 逆に言うと、今週のネタは下手すると『マンガは描ける!絵が描けない人でも』と被りかねません。しかし、お金を払って買ってもらった本と同じ話をブログに載せるのはあの本を買ってくださった人に失礼ですし……テクニック(?)的なことは「あの本を読んでね!」と任せて、今週は「使っている道具はこれ!」みたいな更にマニアックな話を書いていこうと思います。



 今回は6週目の「下描きをする」です。

【使用する道具】
・B4の漫画原稿用紙
・鉛筆、消しゴム
・定規
・トレース台
・A4のコピー用紙
・描き終わった原稿を入れるファイル


アイシー マンガ原稿用紙 B4 厚135kg IM-35B
アイシー マンガ原稿用紙 B4 厚135kg IM-35B
 自分が使っている原稿用紙はコレです。


sitagaki1.jpg
 下描き時に使っている画材はこんなカンジです。

 「鉛筆」は、鉛筆ではなく0.5mmのシャーペンを使っています。
 マンガを描き始めた当初は「シャーペンより鉛筆の方が格好イイんじゃないかな!」と鉛筆を使っていたんですが、頻繁に鉛筆を削っていたら削る時間もかかるし、削れば削るほど鉛筆もあっという間に使い切ってしまうしでお金がすごくかかったんですね。なので、1ヶ月も経たない間にシャーペンに鞍替えしました。
 シャーペンも0.3mmと併用していた時期がありますし、今でも机には置いてあるんですが……自分の絵柄だと、そこまで細い線だとふにゃふにゃした絵に見えてしまったため、今は0.5mmのシャーペンしか使っていません。濃さは2B。これは「何となく」。

 「消しゴム」は、下描きでは練り消しオンリーですね。
 ガンガン使って黒くなっちゃっている方と、ここぞという時に細かい部分を消す白い方の2つを併用しています。
 こちらもマンガを描き始めた当初は普通の消しゴムを使っていたんですが、「消しゴムのカスを捨てる作業が地味に時間かかる」のと「細かいところを消すのにカドがすぐなくなる」のが普通の消しゴムはネックでした。そういや「カドケシ」を使っていた時期もありました。
 練り消しだとカスは出ないし、先っぽ尖らせれば無限にカドが生まれるし、長く使えるからコストも安いし、「なんか黒くて汚くなる」ことに目をつぶればいいこと尽くしです。


sitagaki2.jpg
 そうそう。
 電気スタンドは左に設置しています。

 これ、中学校の頃に保健体育の先生から「右利きの人は左側に電気スタンドを置くと自分の手で影を作らなくて済む」と教わってから、マンガを描く時に限らずずっとそうしています。保健体育で習ったことで唯一自分の人生で役に立っていることですよ、先生!避妊の仕方とかは全然使う機会がないのにね!!



sitagaki3.jpg
 持っている定規一覧。
 長い定規は「遠くに消失点を取っちゃったので仕方なくそこから線を引っ張ってくる」時にのみ使います。1円玉が貼り付けてあるのはペン入れ専用の定規。これはペン入れの週に書きましょうか。


sitagaki4-2.jpg
 下描きでしょっちゅう使うのはこの辺かな。
 大き目の三角定規はマンガを描き始めた初期の頃に買いました。長い線を引くのに大活躍で、私のマンガにはなくてはならない存在です。
 真ん中の青い定規は、自分だか兄貴だかが中学校の体育大会の参加賞でもらったヤツです。これがしっかり厚みがあって、それでいて長くなくて、下描きにもペン入れにも大活躍なのですが……如何せん体育大会の参加賞でもらった定規なので「同じヤツがもう1本欲しい!」と思ってもどこにも売っていなくて、カケを誤魔化しながら使い続けています。同じ体育大会に参加した人、使わないんだったら私に下さい!
 右の定規は逆に薄いので「コマ間のミリを測る」のに使っています。




 さて、そろそろ始めましょうか。

sitagaki5.jpg
 まず、漫画原稿用紙の基本枠をなぞります。
 そして、先週書いた「原稿用紙と同じサイズに描いたネーム」を出します。


sitagaki6.jpg
 トレース台← ネーム← 原稿用紙の順に重ねて、トレース台の電源を入れるとこんなカンジになります。角を合わせて原稿用紙に枠線を引いていきます。


sitagaki7-2.jpg
 確か、昔に算数の授業かなにかで習うことだと思うのですが。
 三角定規の一辺に定規を当ててスライドをすると「平行な線」が引けるのです。

sitagaki8-2.jpg
 こんなカンジ。
 なので、私はこの「大きな三角定規」と「厚みのある長くない定規」が手放せないのです。

 コマ間の余白は先週も書きましたが、私は「横は4mm」「縦は8mm」にしています。
 長さはそれぞれ自由で構わないと思いますが、「横より縦を長くとる」のがマンガでは鉄則です。


sitagaki9.jpg
 例えば、このページ。
 コマ間の余白は「横より縦を長くとっている」ことが分かると思います。


sitagaki10.jpg
 1コマ目を見た後、読者には次に「下のコマ」ではなく「左上のコマ」を見て欲しいので、コマ間の余白は「横より縦を長くとっている」んですね。まぁ、シャインの視線によって読者の視線も左側に動かしてはいるのですが。



 逆に言えば、左ではなく下のコマを先に見て欲しい時には、コマ間の余白を逆にして「縦より横を長くとる」ことはあります。

sitagaki11.jpg
 例えば、このページの下部はそうしていますね。

sitagaki12.jpg
 オレンジ色の○の部分を広くとっていることで、次に見るコマは(左ではなく)右下ですよと誘導しているのです。たかがコマの外の余白ですが、こういうところにも作者の演出意図が込められているのです。




sitagaki13.jpg
 そんなこんなで、ネームからトレースして原稿用紙に「枠線」「フキダシ」「描き文字」を描きこみ終わりました。


sitagaki14.jpg
 次に、実際に絵を描きこんでいきます。
 私は手の脂などで原稿用紙を汚さないように、「右手を直接原稿用紙に載せないための紙」を右側に置いています。これは下描き時だけじゃなくてペン入れの時もベタ塗りの時も置いていますね。
 また、更に「これから描くコマ」以外の部分はコピー用紙で覆っちゃっています。これをやるのは下描きの時だけ。


sitagaki19.jpg
 そうすることのメリットはもう一つあって、「コマの外」にも絵を描きこめば全体のバランスが把握しやすいということがあります。

 例えば、みなさん「まみむめも」って書けます?
 多くの人が書けますよね、きっとこの国の義務教育を受けてきた人ならば。

 でも、「まみむめも」の右半分だけを書けって言われたら咄嗟には書けないんじゃないでしょうか。「全体」で形を把握しているものの、「その一部だけ」を書くのは難しいんです。なので、マンガの絵も無理して一部分だけ描くのではなく、コマの外にコピー用紙を貼ってしまってコマの外にも絵を描き込んで「全体」を描いてしまえば楽なんです。使うのは「その一部だけ」であっても、その方がバランスが取れるんです。


sitagaki20.jpg
 コピー用紙の貼り方は、「原稿を描く部分」に直接セロハンテープを貼るのではなく、コピー用紙を途中で折って裏側にセロハンテープを貼るようにしています。

sitagaki21.jpg
 そうすることによって、ぺらっとめくって「前のコマの絵」を確認することもできます。



sitagaki15.jpg
 1ページの1コマ目に話を戻しましょう。
 ネームに描いたキャラの位置や、『マンガは描ける!』の第1章で紹介した方法を使って、大雑把な原型部分を描きます。


sitagaki16.jpg
 ここから先の細かい部分を描くのにもトレース台は実は大活躍で……

sitagaki17.jpg
 ネームに描いた目や鼻や口を、「福笑い」のように位置を調整しながら原稿用紙に描き写すと細かい部分も楽に描けます。というのも、絵って「いきなり0から描く」よりも「描いてあるものを修正する」方が楽なんですよ。テキトーに描いたネームであっても、それを元に修正していけば見栄えはどんどん良くなっていきます。

 特に目や鼻や口は「位置のバランス」が重要なので、ネームに描いたものを動かしながら「もうちょい下か?」「いや、角度を変えた方が」「口角を上げた方がそれっぽいか」と確認しながら描くと楽なんですね。


 まー、アレですよ。
 「絵の描けない人間」がどうにかして自分の実力以上のものを発揮するには、こういうずる賢い方法を思いつくって話です(笑)。



sitagaki18.jpg
 ハイ、メインキャラだけ完成~。




 コマに絵を描いていく際、「キャラから先に描くか」「背景から先に描くか」はコマによって違います。

 例えばバトル漫画でキャラ同士の“間合い”というか“位置関係”をしっかり見せたい時は、背景を先に描いて、その背景にしっかり載せるようにキャラを描いたりはします。そのコマは“空間”が主役のコマなので、先に背景を描いて“空間”を自分で把握しながらキャラも描きたいということです。

 逆に、“キャラ”が主役のコマはキャラを先に描いて、それに合わせる形で背景を描きます。ネーム編で散々説明しましたが、「キャラの位置」は読者の視線の動きに関わるため、何も考えずに動かすと演出が変わっちゃうんですね。


sitagaki22.jpg
 ハイ、このとても厄介なコマを描きましょうか。
 おっぱい泥棒パンプキンパイが壁を昇って逃げるシーンです。手前・奥・さらに奥・その奥といったカンジにレイヤーが幾つもあるので、どこから描けばイイのか途方に暮れてしまいそうなのですが。


sitagaki23.jpg
 私はまず、一番手前にいる女のコから描きました。
 このコの位置は動かせないんですね。このコの表情とおっぱいとポーズをしっかり画面内に収めなきゃいけないので、このコマの基準となるのはこのコと決めてここから描き始めました。


sitagaki24.jpg
 次にその奥にいる守衛2人。
 一番手前にいる女のコを先に描いたことで、このコマの「地面」の位置は大体この辺だなと分かっているのでそこに合わせて2人の守衛を立たせます。
 まー、画面外に「地面」が来る場合はちょっとくらいのズレは誤魔化せちゃいますけど。『月刊少女野崎くん』にこういう話がありましたよね。キャラがみんな箱に乗ってるってヤツ(笑)。


sitagaki25.jpg
 次に一番奥の背景を描きます。
 詳しくは『マンガは描ける!』の第4章を参照して欲しいのですが、手前の女のコと守衛から消失点が割り出せるのでそれを基準に線を引っ張ってくるだけです。消失点は画面外になっちゃうのでコピー用紙を継ぎ足して、長い定規でそこから引っ張ってきます。


sitagaki26.jpg
 背景の描きこみ終了。
 何故パンプキンパイより先に背景を描いたかというと、パンプキンパイは壁を昇り窓から脱出しようとしているので、先に壁や窓を描いてしまった方がパンプキンパイの位置がイメージしやすかったからです。つまり、ここは“空間”優先で、背景が主役なんです。


sitagaki27.jpg
 ハイ、パンプキンパイと上階の守衛を描いてこのコマは完成です。

 このコマは特に面倒くさいコマでしたが、どのコマも「どうやって描くのか」は1コマ1コマしっかり考えて描く必要があります。「絵は手で描くんじゃなくて目で描くんだ」みたいな話がありますが、私は「マンガは手で描くんじゃなくて頭で描くんだ」と思っています。状況状況に応じた判断が必要な作業なんだと思っています。




 そんなこんなで……

sitagaki28.jpg
 ハイ!無事に全7ページの下描きが終わりました!
 日曜の昼3時15分まで描いていました。もうクッタクタですよ……しばらく『Splatoon』やっていないなぁ。ようやく下描きが終わったから今日は久々に『Splatoon』やりたいなぁ。


sitagaki29.jpg
 B4のファイルに収納して終了!
 このファイルは100円ショップで買ってきたんだったっけかな……A4のファイルに比べてB4のファイルは安く売っていないので、他で買ってきたか、100円ショップでも300円の品とかだったかも。


 前半の山場とも言える下描きが終わったので、少しはゆっくり出来るかな……
 来週は「ペン入れ」ですが、書きたい話がたくさんあるので2週に渡って「ペン入れ」にまつわる色々なことを語ろうかなと思っています。あー、疲れた。とりあえず今晩はゲームします!


文房堂 ネリゴム ARTIST CLEANER文房堂 ネリゴム ARTIST CLEANER

文房堂
売り上げランキング : 2169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウチダ 三角定規 30cmx3㎜ 目盛付ウチダ 三角定規 30cmx3㎜ 目盛付

ウチダ製図器
売り上げランキング : 255749

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| マンガは描ける! | 17:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ボクノート

 だいぶ具体的な段階に迫ってきましたね。
 マンガを描くうえでの心得とか下準備とかいった話はそこそこ聞きますけど、実作業にまで踏み込むこうした話は新鮮です。
(たま~にあっても、専門用語の羅列で門外漢には意味が分からなかったりしますしね!)

 長い定規……計算で割り出してとか大雑把に目分量でとかでなく、消失点は画面のはるか外でもこうしてきっちり測るわけですか。
 かなり大きめの原稿用紙をこう使うとか、視線をこのようにして誘導しこう流しますとかいった話も分かりやすくて素敵です。

 今回もっとも驚くと同時に感心したのは、「コマの外まで描く」という話でした。
 断ち切りの外まで描くのは分かりますけど、コマの外側も描くのですか……いや成程、その方がバランスの良い絵になるって納得ですけど……読者の目にするまでに切り落とされてる情報量の膨大さ……マンガって、本当に贅沢な娯楽なのですね……。

>体育大会の参加賞
 こちらは身近な意味で納得。ありますよね、そういうの。

 個人的に凄く手になじんで重宝してるものの、そもそも市販品ですらなく、もはや補充を手に入れることが絶望的な道具……!

| kanata | 2015/09/12 02:13 | URL | ≫ EDIT

>kanataさん

 こういうやり方は個人差が大きいでしょうし、逆に言うと「自分では当たり前なこと」なので何を面白がってもらえるか分からないってのがあって、あまり記事にして書く人がいないのかなーと思います。


>今回もっとも驚くと同時に感心したのは、「コマの外まで描く」という話でした。

 例えば、これも「こういうところも面白がってもらえるんだ」と僕も驚いたんですね(笑)。自分ではもう当たり前のことのようにやっていたので。
 次回の記事で書きますけど、「フキダシの中」も絵を描いています。そして、そこもペン入れせずに消しちゃう部分です。確かにもったいないといえばもったいない。

 余談ですけど、なので僕は3DSとかWii Uでお絵描きするのが苦手なんですね。液晶画面の外側には絵が描けないので、上手くバランスがとれないという。


>計算で割り出してとか大雑把に目分量でとかでなく、消失点は画面のはるか外でもこうしてきっちり測るわけですか。

 今回記事で書いたくらいなら消失点が遠くないので、この方が楽ですね。「消失点から引っ張ってくるだけ」なら頭使わなくてイイので。

 問題は長い定規を使わなきゃいけないくらい遠い位置にあるときで……実はここにそんな興味持ってくれる人がいるとは思わなかったので、写真撮ったのに記事内で使わなかったのですが。長い定規を使う時は、床に画板と下敷きを置いて紙を何枚も繋げて消失点を引っ張ってきます。
 すんごい大変なので、よほどのことがない限りは「何となく」で描いちゃうことがほとんどですね(笑)。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/09/12 22:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1991-5f209181

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT