やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“ガチ”と“ズル”の曖昧さ

 9月の頃から「書きたい」と思いつつ、時間がなくて今日まで書けなかった話題です。

 突然ですが、プロ野球のオールスターゲームが私はあまり好きじゃないんです。普段の毎日やっているプロ野球の試合が10だとしたら、オールスターゲームは2くらいの感覚です。贔屓のチームの選手が選ばれると「選ばれちゃったかー。オールスター期間は休ませた方が絶対イイのに!」と残念がるほどです。

 この話をリアル友達にしたら大ゲンカになったことがあって、それ以降「これは人によっては激昂しかねない案件なんだ」と思い、わざわざ「好きじゃない」を公言することもないなと語らないようにしてきたのですが……最近ちょっと思うことが起こったのです。


 ですが、その前に「どうして私がプロ野球のオールスターゲームを好きではないのか」から語っておこうと思います。
 私が明確に「好きじゃない」と思ったのは、“オールスターならではの力と力の真剣勝負”みたいな文言を読んだ瞬間でした。剛速球投手が「全球ストレート」を投げて、ホームランバッターが「全球フルスイング」をして、それを“真剣勝負”と言い張るのがどうしても許せなかったのです。

 “真剣勝負”ってそういうことじゃなくない?と。
 普段の試合は「全球ストレート」では抑えられないから、緩急をつけたり、変化球を駆使したりして、ありとあらゆる手を使って投手はバッターを抑えるワケじゃないですか。逆に、バッターは状況に応じて右打ちもするし、バントもするし、投手に球数を投げさせるためにファウルを打ち続けたりもするワケで、全てのバッターが「全球フルスイング」ではチームは勝てないじゃないですか。

 勝つためには(ルールに則った範囲内で)ありとあらゆる手を使うのが真剣勝負であって、「ストレート」も「フルスイング」もその中の選択肢の一つでしかないと思うのです。


 「全球ストレート」や「全球フルスイング」を、「お祭りだから」「勝敗よりもお客さんに喜んでもらうためだから」とやるのは構わないんですけど、それを“オールスターならではの力と力の真剣勝負”と言われるのがすごくイヤなのです。じゃあ、普段やっている野球は“ズル”なのかよと。




 そんなことを、ずーっと昔から思っていたのですが。
 今年の9月にこんなことがありました。

 横綱前代未聞の変化変化 鶴竜優勝へなりふり構わず

 相撲の話。
 「変化」というのは、立ち合いの時に相手に向かってぶつかるのではなく、左右のどちらかにかわすことで相手の体制を崩す奇襲のことです。ルール上は何も問題はないのですが。力と力のぶつかり合いを期待しているファンはがっかりしてしまうし、特に上位力士がこれをやると痛烈に批判されます。
 優勝争いの佳境で、一人横綱の鶴竜が、人気の日本人大関の稀勢の里相手にやったということもあってファンを大きく失望させたというニュースなのです。私も“ズル”だと思いました。せっかく相撲が盛り上がっていたのだから、ここは真正面からぶつかる“力と力の真剣勝負”が観たかったと私も思いました。



 ……

 ………はて?

 数十行前を思い出してみましょうか。


 勝つためには(ルールに則った範囲内で)ありとあらゆる手を使うのが真剣勝負であって、「ストレート」も「フルスイング」もその中の選択肢の一つでしかないと思うのです。

 野球のオールスターに関しては、私はこんなことを書いているのです。
 「力と力の勝負」だけが“ガチ”ではないんだ、ありとあらゆる手を使って勝とうとすることが“ガチ”であって、緩急をつけたり右打ちをしたりすることは“ズル”ではないんだ―――と書いていました。



 しかし、相撲に関しては、
 「力と力の勝負」だけが“ガチ”で、「変化」のような手を使って勝とうとすることは“ガチ”ではなくて“ズル”だ―――と書いているのです。同じ人間が、ですよ。「人によって境界が曖昧」どころか、「同じ人でも対象によって境界が曖昧」なんです。

 もちろんこの二つの違いはあります。
 普段のプロ野球で「変化球」や「右打ち」は卑怯とは言われないけど、普段の相撲で「変化」は卑怯だと言われますからね。

 ということは、私にとっての“ガチ”の定義は「みんなが批判するかどうか」なのか……?自分の中に確固としてあると思っていた基準は、実は“他人がどう言っているか”次第だったのか……?




 この「“ガチ”と“ズル”の曖昧さ」はスポーツの世界に限った話ではなく、今まであまり言語化されてこなかっただけで、曖昧が故に人それぞれの違いが問題になったりしているのかもなぁと思ったのです。私がずーっと昔に「野球のオールスターが嫌い」と言ってリアル友達と大ゲンカになったようなことが、色んな分野で起こっているのかもと。


 例えば私、ゲームの「攻略本」とか「攻略サイト」を読むのって“ズル”という認識があるんです。「一人で攻略していないじゃん」という。これは私の好きなジャンルが『ゼルダ』とか『ラビ×ラビ』みたいに「解法を思いつくかどうかが楽しいゲーム」なので、何万人という人間の知識を集めた集合知たる「攻略サイト」に頼るのは“ズル”だと思ってしまうんです。
 でも、これを『スマブラ』とか『Splatoon』みたいな対戦ゲームに持ち込むと、しっかりと「攻略本」とか「攻略サイト」を読んで情報を集めている人には手も足も出ません。あちらは集合知の結集で、こちらは一人の知識しかありませんからね。

 恐らく「攻略本」とか「攻略サイト」を普通に読む人からすると、私の認識は理解不能だと思います。「だからゲームが下手なんだよ」「人の意見を聞かない一人よがりな人間」と言われるかも知れませんし、言われたこともあります。ありとあらゆる手を使って勝ちに向かうことこそが“ガチ”だろうと思う人もいるでしょう。
 ですが、鶴竜の「変化」を許せるかどうかが人によって違うみたいに、何を持って“ズル”とするかは人それぞれ違うと思うんですね。



 昔、「漫画は一人で描いているんじゃなくて、アシスタントを雇って何人もで描いているものも多いんだよ」と言ったら、「それって“ズル”じゃん!」みたいなことを言われたことがあります。驚かれたことに驚いて、「一人じゃ週刊連載なんてとても出来ないんだけど、知らない人はそう考えちゃうのかー」と思ったのですが……
 でも、月刊連載している漫画家さんにはアシスタントを雇わずに一人で描いている作家さんもたくさんいますし、「背景の小物まで全部自分で描いているから面白くなるんだ」とインタビューで誇らしげに語っていた漫画家さんも見たことがあります。確かに、週刊連載の漫画だとメインキャラとモブキャラの絵柄が違いすぎだろってこともありますしね(笑)。

 漫画好きの人だったら「アシスタントを雇っている」ことを、“ズル”だと思う人は少ないと思うのですが……
 じゃあ、「シナリオライター」を何人も雇って付けているけど、特に名前がクレジットされていない(そういう契約で雇っている)場合は?
 背景は全て「CG素材集」として売られているものを使っているとかは?
 作画はほぼ全部アシスタントが描いて、漫画家は目しか描いていないとかは?


 多分、人によっては「それは“ズル”だろう」と思うんじゃないでしょうか。
 “ズル”とまでは行かなくても、“出来れば使って欲しくない”“好ましくない”くらいに思う人なら更に増えるでしょう。

 ちなみに、私は全て“ズル”だとは思いませんし、“好ましくない”とも思いません(ちゃんと相応の対価を支払っているのならば)。ありとあらゆる手段と工夫を用いて漫画は完成させられるべきだし、やり方を限定することで漫画を完成できなかったのならそちらの方が“好ましくない”と思います。


 そこの境界線は、人によって違うし、対象によっても違う、非常に曖昧なものだと思うんです。そこで「みんなも私と同じことを思っているはずだ」という前提で話してしまうから、大ゲンカになって友達を一人失うことになるという。


本気戦隊ガチレンジャー本気戦隊ガチレンジャー
遠藤正明

ランティス 2011-01-11
売り上げランキング : 171439

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ずる――噓とごまかしの行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)ずる――噓とごまかしの行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ダン・アリエリー 櫻井祐子

早川書房 2014-09-10
売り上げランキング : 72387

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:59 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とてもよくわかる話です。
オールスター私も嫌いです、というか交流戦が始まった完全に
興味の対象から外れました。
真っ直ぐVSフルスイングが真剣勝負みたいな風潮を煽って
読み合い化かし合いの要素をオミットして勝負語るとか
馬鹿馬鹿しいです。

でも相撲の変化は私割かし好きです、勝つための努力に見えるんですね
逆に横綱は全てを受け止めた上で勝負しろみたいな風潮は嫌いです。
なにそれルールに書いてあるの?ないなら受け流すのも戦略だろうがって思います。

私はルール内での工夫を肯定したい立場なんですね
力VS力だとゴリラにでもやらせてろよみたいに思ってしまう。
ただこれはルールが限りなくよくできてないと
開幕でデッドボールしまくってみんな再起不能にしてやれば
シーズン優勝楽勝じゃね?いやそれは・・・
みたいなルールの穴で自己矛盾を起しますw

| 電子の海から名無し様 | 2015/11/03 19:57 | URL |

正直わりとショッキングな話というか何というか……
個人的にここでいう「ルールの上でのズル」の感覚は全く持ってないんです。ズル=ルール違反行為のみの認識です。

安易なハメ等は「つまらない」「それ無しでやろう」と考えることはありますが、プレイヤーに対してズルいという感覚は生まれません。あくまでルールが雑だという感覚です。
プロスポーツに関してはガチかエンタメかのバランスは難しいなと思うことはありますが、エンタメもプロの技術でズルと思ったことは無いです。

そもそも「好みじゃない」と「ズルい」というのは自分の中では全くの別ベクトルで、同列に論じるべきじゃないものです。

と、考えてたので、知らずのうち自分はズルい奴だと思われてた可能性を考えるとショックな話でした。でもルール上のプレイをズルいという事こそがズルい(ルール否定行為)と思うのです……

| あわれ | 2015/11/03 22:13 | URL | ≫ EDIT

>電子の海から名無し様さん

 電子の海から名無し様さんはむしろ野球と相撲で「一貫している」と思います。ルールで許されているものならアリじゃんという筋が通っています。
 僕の場合は野球と相撲で許せる範囲が違うというのが、自分でも謎というか……


>ただこれはルールが限りなくよくできてないと 開幕でデッドボールしまくってみんな再起不能にしてやれば シーズン優勝楽勝じゃね?

 あぁ!なるほど。
 これは「ルール」の問題なのかも知れませんね。何年か前に高校野球で「わざとファウルを打つのは禁止」ということが話題になりましたが、一人のピッチャーの球数を敢えて投げさせることは“ズル”を通り越して“競技を破綻させかねない”ということで禁止されているって考えると、納得する部分もあって。

 「ルール」を考えることが最近のテーマになっている自分にとって、もっと詰めて考えたい話です。


>あわれさん
 僕の言語感覚では、「ルール違反」は「ズル」ではなくて「ダメ」なことという認識です。「ズル」は「ルール上は認められている行為」で反則負けにはなりませんから。


 それはさておき、あわれさんに限らず、僕だって誰だって知らず知らずの内に誰かから「ズルをしている」と思われているんじゃないかなぁと思います。
 僕なんて随分前に、「モテナイ話をブログに書いてチヤホヤされるなんてズルイ」って言われたことありますもの(笑)。その人にとっては「そういう自虐ネタはやってはいけないこと」という認識があったのでしょう。それをプライドもなく平然とやることは“ズル”だと。


 僕からすると、「モテナイ」上に「ズル」だと言われて踏んだり蹴ったりですけどね!

| やまなしレイ(管理人) | 2015/11/04 00:18 | URL | ≫ EDIT

そこら辺は選手と会場のお客様とのプロレス的案件ですね。選手は肉体を酷使する仕事である以上は怪我するような技は受けたくないし使いたくない。しかし金を払って合法的に決闘を見たい奇特な客はそういうのをも期待する。

用はその期待にどこまで応じるかなんだと思います。自分は金払ってまで人が怪我するのを見たくはないですが。

| ああああ | 2015/11/04 13:05 | URL |

自分的には野球の例も相撲の例もズルくない、セーフという認識ですね。

私事ですが土地転がしとか節税なんかもズルいズルいと言われがちですが、自分的には犯罪でもなんでもないのでセーフだと思うんですがね・・・

一般庶民の勝手なイメージによるものが大きいんでしょうね

| お金大好き | 2015/11/04 14:26 | URL |

将棋

将棋の穴熊は卑怯、丸山名人(当時)の棋風は名人に相応しくない、様々な盤外戦術などなどその手の話が多いのですが、時代により考え方が変わるのも興味深いと思います。

| 初めて書き込みます | 2015/11/04 20:50 | URL | ≫ EDIT

ワンナウツの渡久地がズルか全力かって話ですよね。

シーズン中の勝ちにこだわった全力に対して
オールスターは勝ちにこだわらない全力と
違うベクトルで楽しめるんじゃないかと読んでいて思いました。

引退選手に対してストレート勝負とかは
順位決定前だったら超・反対です

| ああああ | 2015/11/05 00:26 | URL |

私はスポーツはしますが、プロの試合はほとんど見ません。
基本的には、ルール違反=反則をしなけりゃいいでしょ派ですね。
ただし、その試合になんらかの期待を込めちゃうと、ルールは守っていても、期待を悪い意味で裏切られると、ズル判定してしまうかもしれません。そりゃねーだろ、って。
野球で昔の話を引っ張り出すと、ゴジラ松井が学生の頃、あまりに打率が良すぎるから、ピッチャーと勝負できなかった試合がありましたよね。バットにボールが触れることなく、フォアボールで毎回塁に出させられる。これも、野球のルールは守った上で、勝つための相手チームの監督の戦略なわけですが、観客からすれば「松井と勝負しろ」「勝てればえーのか」「つまらん試合すんなや」とズル判定され、グラウンドに物がたくさん投げ込まれました。もちろん、これはズルではない、と思ってる観客もいたでしょうけど。甲子園には、正々堂々と戦うイメージがあるので(ありますよね?)、なおさら、あのやり方がズルに思えたのかも。リアルタイムで見たわけではないですが、その場で観客として見ていたら、それはそれでありやろ!って心の中で叫んでいたかもしれませんwだって、野球にあんまり関心がないから、ルール守ってんじゃん、って思うのです。
例に挙げた相撲ではルール上は問題ないからオッケーですが、横綱のパフォーマンスとしてはつまんねーな、ってなってしまいますね。こちらは、我が家で唯一と言っていいほど見ていた勝負だったので、関心が高いのです。それにしても、横綱になった人の得意とする闘い方が変化だと、それはそれで、あいつらしいや、って思うのかも。
難しいですね。
モンハン3でもありましたよ。めちゃくちゃ良い装備をしてるプレーヤーがいて、こいつすげーな、って思って一緒に狩りに出掛けたら、動きが下手すぎる。手強い敵相手に、チームみんなが必死で戦ってんのに、装備最強のあいつは遠くでこそこそ。どうやら、上手いプレーヤーの影で逃げながら勝率を上げて金を稼ぎ、戦利品を受け取り、攻略サイトで仕入れた情報で良い装備を作って身にまとっていたらしいのです。ルール違反ではないけど、なんかズルくね?おめー、戦ってねーじゃん、って。野球の戦略と大差ないけど、ズル判定しちゃう。
そう、ズル判定するかどうかって、本当、自分の感覚なんですね。

| こまち | 2015/11/05 01:07 | URL |

引退した亀田長兄が嫌われたのもまさにそこでしたよね。
ボクシングにおいてはアウトボクシングまで否定するものではないがここぞという時に倒しにいかないような試合を観客はズルだと考えていたということです。
とは言えまぁ…ルールブックは完璧じゃないわけで。

| 児斗玉文章 | 2015/11/05 12:21 | URL |

ONEOUTS思い出したらコメ欄にあったので安心

亀田兄弟が嫌われたのはアウトボクシングがどうのより、反則指示やリング外での言動に対しての内容に反感を買ったのではないのかなー?と。

| ttt | 2015/11/05 22:19 | URL | ≫ EDIT

>ああああさん

 自分はプロレスは詳しくないんで直接はピンと来ないんですけど、AVに変換するとよく分かる話だなぁと思いました。「体を張ったプレイ」は見たいけど、「それで女優さんが大怪我を負う」とかは見たくないですし、ある程度の調整は必要だろうと。


>お金大好きさん
 「節税」に関しては、税金のことについてしっかり勉強している人が少ないので「節税」と「脱税」の線引きがよく分かっていないとか、自分が詳しくないことをしっかり勉強して得している人が羨ましいとかってところでしょう。


>初めて書き込みますさん
 将棋の世界にもそういうのがあるんですね。
 「穴熊」は漫画で読んでそういう戦い方があることは知っていましたが、卑怯だと言われていたことを初めて知りました。


>ああああさん
 『ONE OUTS』には、「敵チームの有力選手を怪我させて脱落させる」ことを思いつかなかったチームメイトに渡久地が「本当に優勝する気があるんかね」と言うシーンがあったと思うんですけど。コメント欄で話していて、僕はそっちのことを思い出していました。

 究極的には、僕は『ONE OUTS』みたいな戦いこそが「ガチ」だと思うんですね。


>こまちさん
 松井の敬遠で思い出しましたけど……
 先日のオールスターでヤクルトの山田選手が「三打席連続ホームラン」という偉業を達成した際、TwitterのTLでは「なんで敬遠しなかったの?」と言っている人がいました。

 確か「ランナー1塁」の状況でしたから敬遠の可能性は低かったですけど、もし敬遠されていたら「三打席連続ホームラン」という偉業はもちろん達成されなかったし、達成するかどうかのワクワクもなかったワケで。

 「ありとあらゆる手を使って勝ちにこだわるのが“ガチ”だよ!」と思っている僕でも、もしあそこでソフトバンクが山田選手を敬遠していたら「ガッカリだよ!」と思っていたでしょう。
 でも、じゃあ、あの「三打席連続ホームラン」をきっかけにヤクルトが快進撃を続けてヤクルトが日本一になっていたとしたら、敬遠させなかったソフトバンクの工藤監督は叩かれていたかも知れませんし。

 難しいところだなーと思いますね。


>児斗玉文章さん
 tttさんも仰っていますが、亀田兄弟が「嫌われた」のはプレイスタイルとは関係ないところじゃないかなぁと思います。「人気のプレイスタイル」とかはあると思いますが、そのレベルではないアンチの多い兄弟でしたし……


>tttさん
 記事を書いている時は、不思議と『ONE OUTS』のことは忘れていました(笑)。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/11/06 00:10 | URL | ≫ EDIT

横綱は品格が同時に求められて、その中に「格下の力士を真っ向から受け止めてこそ横綱」みたいな暗黙の了解があるんですよね。
武士道精神みたいなものだと思うんですが見る側からしてみれば、どちらかというと「その方がかっこいいから!」なんじゃないかと。

| ああああ | 2015/11/06 11:44 | URL |

結局、その界隈のルールや慣習を知らないにわか糞馬鹿が文句付けてくるってだけですよ

「黙れ」と一蹴しておしまい

| お金大好き | 2015/11/07 16:59 | URL |

>ああああさん

 あぁ……「横綱」という地位だからこそ求められるものというのはありますね。他の競技でだって、この記事の例で言えば「4番バッターでセーフティバントをしたら情けない」とかありますもんね。


>お金大好きさん
 この記事にそういうコメントを付けるということは、僕や、コメントをして下さっている他の方々に対して「黙れ」って言っているということですよ。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/11/07 21:47 | URL | ≫ EDIT

やまなしさんは箱根駅伝をどう思っています?
高校野球同様、あと数年で開催100年になろうとしていますし、1人がハーフマラソン並みに走る大規模な大会ですが、優勝して得られる栄光が「関東で一番駅伝が強い大学」ってだけなんですよね。
同じ大学駅伝でも日本一になれる出雲駅伝や全日本大学駅伝のほうが名誉ある大会じゃん?なんで選手も視聴者も地方大会でみんなガチになって、全国大会が手抜きになるの?と思ってしまいます。

| マリア | 2015/11/08 07:51 | URL |

>マリアさん

 陸上には詳しくないんで、箱根駅伝に限定した話は語れませんけど。
 スポーツにおいては「参加地域の広さ」よりも「大会の知名度や注目度・歴史」の方が重視されることは多々あると思います。


 例えばサッカーのクラブチームの大会で言えば、ヨーロッパ一を決めるチャンピオンズリーグの方が、大陸王者を集めて世界一を決めるクラブワールドカップよりも明らかに格上です。
 ヨーロッパのクラブはチャンピオンズリーグを優勝しないとクラブワールドカップには出場できませんが、チャンピオンズリーグが世界中から注目されているのに比べ、クラブワールドカップは注目度がなかなか上がらず興業的にずっと苦戦しています。


 「参加している地域の広さ」よりも、「大会としての格」の方が重視されることは他の色んな競技でもあるんじゃないかなと思います。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/11/09 19:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2010-0d58f881

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT