やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年1月の活動報告

 リニューアル後の1発目です。
 内容が分かりやすいように記事タイトルも変えましたが、なんだか勇者部みたいだ…!


<2016年1月の購入金額>

kounyu1.jpg

 1ヶ月目だから、これが多いのか少ないのかもよく分かりません!
 練習がてら一応12月も集計を取っていたのですが、12月は「パッケージソフトのゲームを1本買っている」+「年末セール」で23403円、1月は「パッケージソフトのゲームは買っていない」+「けど年始のセールで電子書籍とダウンロードのゲームを買い漁った」ので13591円でした。

 平場の月だとどのくらい趣味にお金を使っているのか、気になるところです。


<2016年1月の購入本数>
◇ 本・雑誌(電子書籍も含む):18冊
 紙の本:2冊
 電子書籍:16冊

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):6本
 ダウンロード専売のゲーム:6本

 ちなみに買った電子書籍は16冊すべてセール価格で、ダウンロードのゲームは6本中5本がセール価格でした。セールの時しか買わない超人とは私のことだ!年末年始はセールが多かったんですもの!



<2016年1月の読了数>
dokuryou1.jpg

◇ 本・漫画・雑誌(電子書籍も含む):19冊(再読4冊)
 紙の本:2冊(再読1冊)
 自炊した本:2冊(再読2冊)
 電子書籍:15冊(再読1冊)

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):3本
 パッケージソフト:1本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):1本
 ダウンロード専売のゲーム:1本

 「今月に買ったもの」だけでないのはもちろん、「過去に買って既に読んでいるものを再読した」場合もカウントしています。再読した場合も感想をメモしておけば、次の巻が出た時に記憶を掘り起こしてくれるだろう―――という狙いもあってメディアマーカーを始めたのですしね。

 読書は18冊購入で19冊読了は、(再読もしていますが)かなり良い消化率。
 ゲームは6本購入で3本プレイ完了なので、消化率が半分しかありませんでした。パッケージソフト1本に70時間かかっていますからねぇ。パッケージソフトをプレイすると積みゲーの山がどんどん高くなってしまうのはしょうがないかー。


【今月のピックアップ】
このストーリーは、ボックスではお届けできません アマゾンボックス傑作カスタマーレビュー集─Amazon.co.jp 15周年企画 「あなたとアマゾンボックス」コンテストより─
このストーリーは、ボックスではお届けできません アマゾンボックス傑作カスタマーレビュー集─Amazon.co.jp 15周年企画 「あなたとアマゾンボックス」コンテストより─

 毎月、私が読了した「本」「電子書籍」「ゲーム」「映画」「音楽」の中からジャンル問わずオススメしたい作品を1つだけピックアップするコーナーを始めます。あくまで私が今月読了したものなので、発売されたのが今月というワケではありません。

 今月のピックアップは、無料のキンドル本『アマゾンボックス傑作カスタマーレビュー集』です。
 Amazon15周年記念で開催されたコンテストで、ユーザーから送られた「Amazonから送られてくる箱」のカスタマーレビューを集めた本となっています。端的に言うと、色んな人が「Amazonから送られてくる箱」をありとあらゆる角度から絶賛しているのをひたすら読み続けるという究極の手前味噌本です(笑)。

 ジョーク本としてゲラゲラ笑いながら読んでいると、流石に途中で飽きてくるのですが……白眉なのは後半。特に6章の「動物編」は、各家庭のペットと「Amazonから送られてくる箱」の微笑ましいエピソードと、それぞれのペットがAmazonの箱を愛用している写真がたくさん観られます。圧倒的に猫が多いですが、犬や鳥などもいます。言ってしまえばこの章は、等身大のペットの姿を収めたデジタル写真集になっているのです!しかも、無料!動物好きな人は是非!



<2016年1月のゲームプレイ時間>
WiiU_screenshot_GamePad_004C0_20160130171614a3b.jpg
3dsjikan1.jpg
3dsjikan1-2.jpg

 3DSとWii Uには「1ヶ月ごとにどのゲームをどれだけ遊んだのかをランキング形式で表示する機能」があるので、そのトップ3だけでも記録しておこうと思います。「プレイ時間が長ければイイってものではない」んですけどね、記録として残しておくのも面白いだろうと。

【今月のピックアップ】
幻影異聞録♯FE Fortissimo Edition(フォルティッシモ エディション)
幻影異聞録♯FE Fortissimo Edition(フォルティッシモ エディション)

 こちらは多分不定期コーナー。
 「遊んだゲーム」に関して語りたいことは普段のブログ記事に書くようにしているのですが、その中でも語りきれないことがあった場合はここに書こうと思います。特になかった月は書かないと思います(笑)。

 『幻影異聞録♯FE』については散々ブログで語りまくってきたのですが、「Fortissimo Edition」に付いてくる特典については語ってこなかったのでここに書いておきます。
 私はボーカルCDが欲しかったので「Fortissimo Edition」を買ったのですが、これに収録されている6曲を含めた全18曲の「完全版とも言えるCD」が2月に発売されます(ちなみに楽曲リストはゲームのストーリーのネタバレになるのでクリア前には見ない方がイイと思います)。

【早期購入特典あり】幻影異聞録#FE ボーカルコレクション(告知兼特典ポスター付)
【早期購入特典あり】幻影異聞録#FE   ボーカルコレクション(告知兼特典ポスター付)

 なので、CD目当てで「Fortissimo Edition」を買うのはオススメしません。
 私は「Fortissimo Edition」も買ったし、ボーカルコレクションCDも予約済ですが、どうせボーカルコレクションCDを買うのならゲームはダウンロード版を買えば良かったかなーと思った時期もあります。ダウンロード版の方がロード時間が短かったそうですし。


 ただ、「Fortissimo Edition」にしか付いてこない「オリジナルアートブック」の出来がすごくイイんです。各キャラクターデザインの設定画やコンセプトは「細かい装飾品」がどうなっているのかまでしっかり載っているし、ザコ敵ミラージュの設定画は人間キャラとの大きさ比較も載っているし、舞台となるダンジョンなどのイメージ画、色んなところに載ったイラスト集、武器デザインの一覧(全部ではないみたいだけど)も載っていて、非常に読み応えがあります。

 ということで、自分は「Fortissimo Edition」を買って満足しているのですが(今となってはロード時間は関係ないし)、ダウンロード版を買った人はこれは読めないワケで。「それが特典というものだ」って話なんですが、ちょっともったいないよなーと思ったりもします。
 他のゲームだと任天堂はダウンロード版の優遇を結構しているのに、このゲームのように特典付きの限定版を発売するソフトは「特典が欲しい人はダウンロード版は選べない」みたいなことになってしまうワケで……ちょっとお値段上乗せしてでもイイから電子書籍で販売とかにするのはダメなんですかねぇ?


 それはそうと……私、今まで自分で意識していなかったんですが、どうもアニメやゲームの「設定画」を眺めるのが好きみたいです。キャラクターデザインよりも、背景とか小物の設定画が特に好きです。作中にはそれ単体では出てこないし、画面上では脇役でしかない「背景や小物」が実はこんなに緻密にデザインされているんですよというのを見るのが好きなんですね。
 今後、好きなアニメやゲームのグッズを買っていく際には、意識してそういうものを選んでいこうかなーと思います。


<2016年1月のブログ>
今度こそ任天堂の次世代機「NX(開発コードネーム)」を大胆予想する!
acces1-1.jpg

 今月のアクセス数トップはこの記事。
 ただ、今までもそうだったのですが「アクセス数トップ」は単純に「1ヶ月間のアクセス数が高かったもの」ではなく、爆発力・維持力などを見て私が判断しています。じゃないと、月の後半に書いた記事は不利になってしまいますからね。

 「新年一発目はどうせ誰も見ていないんだから好き勝手書いてしまおう」と書いた記事なので、これがアクセス数トップということはアクセス数としては低調な月だったとも言えますね……この記事もアクセスの多くは「検索エンジン」からなので、SNSでの広がりを作れませんでした。
 ただ、記事としては結構お気に入りの記事です。今までの社長の発言から多角的に「NX(開発コードネーム)」というゲーム機を考察して予想していて、それでいて踏み込んだ「ザ・YOSOU」もしていて―――E3でお披露目された際に「ここが当たっていた!」「ここが全然違うじゃねえか!」と大騒ぎできそうな記事になりました。

 当たるかどうかは置いといて、まだお読みになっていない人はこの機会にどうぞ。


『スーパーマリオメーカー』で「いいね!」を集める方法を考えてみました
acces1-2.jpg

 今月から、「過去に書いた記事」の中から確認できる限りですがアクセス数が一番高かったものも紹介することにしました。今月は2015年9月に書いたこの記事です。

 アクセスの大半は「検索エンジン」から。「マリオメーカー いいね」で検索するとこの記事が上位に来るらしく、どうりで記事で紹介している私のコースに「ブログ見ました!いいね下さい!」ってコメント書き込む人が未だにいるワケだと思いました。「いいねあげるよ!」なんて記事は書いていないのに、どうしてあんなことになるんでしょうね……

 『マリオメーカー』絡みで言うと、「『スーパーマリオメーカー』で遊んで面白かったコースを、1-1~8-4に並べて紹介します!」が自分としてはお気に入りなんですけど、アクセス数では全然敵わないことから見ても、「面白いコースを探す人」よりも「いいねが欲しい人」の方が多いんですかね。


「エピソード1もの」を、先に観るか、後に観るか
acces1-3.jpg

 また、今月から「アクセス数はイマイチだったけど、自分としてはとても愛着のある記事なのでここで紹介して読んでいない人にも読んでもらいたい記事」を選ぶことにしました。

 今月は書いたばっかのこれ。
 個人的には、世の中にたくさんある「エピソード1もの」の楽しみ方の金字塔になれると思ったのですが……SNSでの広がりもなければ、「Twitterで告知しても誰も読みに来ない」状況でした。タイトルの付け方がマズったのか、そもそも「エピソード1もの」に対する興味の需要がなかったのか。

 「エピソード1もの」に興味がなかったとしても……『スター・ウォーズ』全然知らないよって人にこそ読んで欲しいので、そういう人は是非どうぞ!
 


<2016年1月の創作活動報告>
・電子書籍用の漫画第3話、下描き7ページ目まで終了
・電子書籍用の漫画第3話、ペン入れ5ページ目まで終了
・小説、1行だけ執筆

 今月もかなり遅いペースでした。
 理由ははっきりしていて「作画時間が少なかった」に尽きます。その理由もハッキリしていて、「サッカーの五輪予選が中2~3日というペースで行われていた」「Wii Fitしながら映画観れば映画観る時間を確保できるじゃん、とスターウォーズを6作も観た」「幻影異聞録#FEを急いでクリアした」の3本です。

 ら、来月こそは……!



 なお、「今月の活動報告」はその記事を書き終えるタイミング上、基本的には「月の最終日の前日」までのデータになります。1月で言えば30日。
 「月の最終日」の購入本数・読了数・創作活動の進行ペースは翌月に持ち越すカンジにして、1月31日~2月28日が2月のデータ、2月29日~3月30日が3月のデータとしていこうと思います。なんでそんなことにするのかというと、年の最後に全部足して「1年の購入本数」「1年の読了数」「1年の創作活動の進行ペース」が分かるためには、空白の日を作ってはならないだろうと考えたからです。


 メディアマーカー導入して2ヶ月が経過したのですが、今のところは本当に楽しくて「読了数」を増やすために「積んでいた本」「積んでいたゲーム」「録り溜めていた映画」をどんどん崩しています。
 逆に言うと、いきなりサービス終了でもされたら困ってしまうので……みなさんも使いましょう!「たくさんの人が使う」ことがサービスにとって良いことなのか悪いことなのかよく分かりませんけど!!

| ひび雑記 | 17:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

メディアマーカーやアクセス数のグラフが挿入されて画面が華やかになった感じがしますね。読んでいて楽しかったです。

「エピソード1もの」のアクセス数が振るわなかったというのは意外でした。とても面白く読ませてもらったので。
ただ、個人的にはこういう前日譚を指すときには「エピソード0」(本編の第1話より前の話)と表現した方がしっくりきます。
そういう点では確かに「タイトルのつけ方がマズかった」のかなぁと思います。

| いまり | 2016/01/31 22:10 | URL |

自分もエピソード1の記事はかなり好きで何度も読み返して考えたりもしたのですが
わからないものですな

| ああああ | 2016/02/01 00:23 | URL |

>いまりさん

 「読んで楽しい記事にしたい」と思ってリニューアルしたので、そう言ってもらえて嬉しいです!
 こういうグラフは続けていくと「先月との比較」とかが出来るようになるので、どんどん面白くなることを自分でも期待しています。

>個人的にはこういう前日譚を指すときには「エピソード0」(本編の第1話より前の話)と表現した方がしっくりきます。

 これ、難しいですねぇ……
 『スター・ウォーズ』の話さえなければ僕も「エピソード0」の方がしっくり来るのですが、導入部に『スター・ウォーズ』の例を持ってきているので「エピソード1」にしたんですね。

 ここまでするのなら、いっそ「スターウォーズを今から観る人は『エピソード1』をどこで観るべきか?」みたいに振り切ったタイトルにするべきだったかもと思いつつ、今そのタイトルで読みに来る人がいるのかとも思います(笑)。


>ああああさん
 「自分の手応え」と「アクセス数」のギャップは本当に分からないですねー。でも、「好きな記事だった」と言ってもらえるのならばそれが一番嬉しいことなので、今この瞬間が報われている瞬間なのだと思います。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/02/01 23:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2052-f856ec56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT