やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゲームが下手な人こそ、プレイ動画をアップロードするべきなのかも

 まさかの没記事からの復活記事です。


 ちょっと前に、ネタに煮詰まって煮詰まってもう何も書くものがないという時にひねりだした記事で「過去に書いたけど公開しなかった没記事を振り返る」記事を書きました。そこで70件の没記事を読んでいたら「これ、今なら違った角度で書けるんじゃないのか……?」と思ったものもあったので、その中から幾つかリベンジして書こうと思います!


 「ゲームのプレイ動画を他人に見せる勇気があるのか?」

 2008年5月に書いて、7割くらい書いたところで没にした記事です。
 当時既にYouTubeやニコニコ動画などに「ゲームのプレイ動画」をアップロードする人がいて、それを私はずっと「著作権的にどうなの?」と否定していたのですが、2008年5月にPS3がプレイ動画をYouTubeにアップロードできる機能を公式に付けたというニュースが出たのです。

 その後ゲームのプレイ動画や生配信はどんどん盛んになって、今ではすっかり当たり前になり、状況は8年間で随分変わったと言えるのですが……


 私の考えは、2008年の時も、2016年の今も、似たようなことを思っているというのが面白かったのです。「自分みたいな下手くそな人が遊んでいる動画なんて誰も観たくないだろう」と。

 ま、「私はゲームが下手か」というのは以前コメント欄で議論になりましたが、少なくとも「私がゲームが上手い」ということはないというのは恐らく多くの人が納得してくれるんじゃないかと思います。10段階の成績で2や1ということはなくても、9や10でもないことは異論はないんじゃないかと思います。


 プレイ動画を公開してそれをたくさんの人に観てもらえる人というのは、「10段階の成績で9や10」くらいゲームが上手い人とか。あとは人気者とか。企画を考えるのが上手い人とか。実況するのなら喋りが面白い人とか。そういう一部の選ばれし精鋭達だけだろうと私は思っているんですね。
 私みたいにゲームが上手くなくて、人望もなくて、企画力もなくて、喋りも面白くなくて、包茎な人間がプレイ動画を公開したとしてもほとんどの人が観ないと思うんです。だから、今までずっとプレイ動画や生配信には興味なく生きてきたのですが……



 最近、ふと「ゲームが下手な人こそプレイ動画を公開するべきなんじゃないのか」と思い立ったのです。「ゲームが下手な人が見ている景色」を可視化して、ゲームが上手い人にも見えるようにすることは大事なんじゃないのかと思ったのです。

 極端な例を書きますと……
 この話、多分初めてブログに書くと思うんですけど……私、子どもの頃『スーパーマリオブラザーズ』の「1-2」がどうしてもクリア出来なかったんですよ。これは単に下手くそというよりかは「暗いステージが怖かった」からなんですが。何度プレイしても、同じところで落っこちて死んでしまうのでした。

 小学校高学年くらいになると、暗いステージも特に怖くなくなるのでクリア出来るようになりましたが……それ以前の子どもの頃の私にとって『スーパーマリオブラザーズ』は「1-1」と「1-2」の2ステージしか遊べないゲームだったんです。だから、正直……その頃は『スーパーマリオブラザーズ』はあんまり好きじゃありませんでした。全2面のゲームじゃ、さすがにボリュームが少なすぎですからね(笑)。

 しかし、ゲームが上手い人ほど「いやいや、『スーパーマリオブラザーズ』は1-1を遊ぶだけでも面白いんですよ」「誰もがみんなクリア出来るワケじゃない、挑戦することが楽しいんだ」「すぐに諦めるから上手くならないんだ」と言ってきたりします。それじゃあ、子どもの頃の私が『スーパーマリオブラザーズ』の「1-1」と「1-2」だけを、5~6時間ずっとプレイする様を生配信したらちゃんと観てくれるんでしょうね!途中抜けも、編集カットも、早送りもしちゃダメですよ!!


 今のは極端な例ですけど……
 世間で絶賛されているゲームを「クリア出来なかった」「楽しめなかった」と言うと、そのゲームのファンからものすごい説教を受けたりするんですけど。下手くそな人が何十回やり直してもクリア出来ない様子や、コンティニューのたびにものすごい手前からやり直しさせられて同じ場面を何十回も観るハメになっている様子は、可視化して「ゲームが上手い人」にも見せるべきじゃないのかなぁと思うのです。


 ぶっちゃけた話、「ゲームが下手な人のプレイ動画」は面白くないと思いますよ。
 この話をすると、「いやいやいや。有野課長のプレイ動画は面白いじゃないですか」とか言う人いるんですけど!私達からしたら、有野課長はムチャクチャゲーム上手い人ですよ!私が「10段階で4」だったら、課長は「10段階で7」くらいですよ!
 しかも、その有野課長の動画ですら、「編集があるから観ていられる。生放送はグダグダになって観ていられない」という人もいますからね。


 だから、もし下手な人がプレイする様子を生配信するのなら、「視聴者すらイライラして誰も観なくなったらそのゲームは終了」みたいなルールにすればイイんじゃないですかね。「自分みたいな下手くそな人が遊んでいる動画なんて誰も観たくないだろう」を逆手にとった考えです。
 「どうしてこんなに素晴らしいゲームを最後までプレイしないんですか!上手くなろうとせずに諦めるなんて根性がなさすぎです!」って言われたら「オマエも生配信を観てくれなかったじゃないか!」と言い返せばイイんです!責任転嫁!

 まぁ……マジメな話、「ゲームが下手な人」が生配信をするのなら「ゲームが上手い人」がコメントでアドバイスしてあげることで壁を乗り越えられるという可能性もありますし。ひょっとしたらゲームを作っている(or作ろうと志している)側からすれば、「下手な人はこんなところで詰まるのか」みたいな勉強になるかも知れませんしね。





 現在自分が「10時間で終わるゲームを連続でプレイ中」の3DSではプレイ動画の公開・配信は難しい(面倒くさい)でしょうから、それらが全部終わったら「Wii Uでのプレイ動画の生配信」でもやってみましょうかね。機材は何が必要なんでしょう?その前に「10時間で終わる3DSのゲーム」が残り20本あるんですけど、いつ終わるんでしょう?

下手くそ下手くそ
中澤 佑二

ダイヤモンド社 2014-04-04
売り上げランキング : 177008

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

去年末の「笑ってはいけない」でマリオメーカーが取り上げられて開幕のクリボーで死にまくる映像が流れたんですが、この放送後に「ヘタな人の死に方をやっと理解した」って発言をネットでかなり見たので、結構な影響力があった気がします。

まあでも現役で実績を重ねてる人が、それが出来ない人に理解を示さないのはゲーム以外でもよくある難しい問題ではありますね…

| あわれ | 2016/02/25 23:25 | URL | ≫ EDIT

これ実は何に関しても言えるかもしれないですね。上手い人しかアップしなければ「それが基本水準(ステレオタイプ?)」と取られかねない。
下手な人がいるからこそ水準がいい意味でぶれるというか。
出来ない人の本音を配信することは意義があることなのではないかと思います。

| ああああ | 2016/02/26 13:35 | URL |

>あわれさん

 あぁ……TLで話題になっていたので僕も急いでテレビ付けて、僕も「俺にコントローラを貸せ!」と思いながら観ていました(笑)。

 その前の有野課長の生放送でも「基本的な仕様も知らないのか……」みたいな感想がTLには出ていて、『スーパーマリオメーカー』という「コースを作る側」の立場に立つゲームが出たからこそ気付くことの多い両番組になっていましたねー。

 これはこれで、やり方次第では面白いものになるとは思うんです。どのくらい人が来るのかは分かりませんけど……


>ああああさん
 「絵を描くこと」「漫画を描くこと」なんかはまさにそれでしたものねー。生まれつきスラスラと絵を描ける人しか描いちゃいけないんじゃないのかって昔は思っていました。

 インターネットが出来て、Pixivが出来て、Twitterが出来て、色んな人が描いてイイんだと思わせてくれましたねぇ。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/02/26 22:31 | URL | ≫ EDIT

つい最近「面白いけどファンってほどでもないかなー」ぐらいの人の、SFCマリオワールドの生放送を見たんですが
二時間ぐらい同じステージで似たような死に方をして、ようやく次のステージに進んだらまた二時間ぐらい…
そんな放送だったんですが、見てて楽しかったです
誘い笑いがうまいというか、自分の死に方を楽しんでるというか、二時間死に続けてもまだゲームが楽しいような人でした
ゲームに向上心とか発見とか試行錯誤を求める人はイライラしそうですが(自分も以前はそうだった)、こういうのもいいもんだと最近は思うようになりました

動画だと見所みたいなのが求められるでしょうが、生放送はまた全然別物だなと思います

評価基準は人それぞれどころか同じ人間でも時と共に変わるもんですね
変わったというより多角的になっただけかも

| aki | 2016/02/27 00:48 | URL |

あわれさんが「出来ない人に理解を示さない」とおっしゃってますが、
私に言わせりゃやまなしさんも「(アクション)ゲームが出来る人」ですよ。

「FFは戦闘がアクションぽくて嫌」という人を理解できない時点で。

| 太田拓也 | 2016/02/27 07:03 | URL | ≫ EDIT

>akiさん

 あと、「自分が知っているゲーム」だと「先が気になる」こともないので「先に進めない」のもイライラしないというのもあるのかなと思います。

 そう考えると、みんなが知っているような有名ゲームほど下手な人のプレイが面白くなるのかなぁ……


>太田拓也さん
>「FFは戦闘がアクションぽくて嫌」

 そういう人こそプレイ動画を配信しましょう!

| やまなしレイ(管理人) | 2016/02/27 21:01 | URL | ≫ EDIT

「ゲームが下手な人こそ、プレイ動画をアップロードするべき」
まさにそう思います。
僕は他人のプレイ動画はネタバレが嫌なので
ほぼ見ない派なんですが、
splatoonと格闘ゲームのプレイ動画は例外的に見ています。
参考にして自分も上手くなりたいからです。
そういうとき、もの凄くエイムが上手かったり、
異常に反応速度が早かったりする、
名人プレーヤーの動画は人間性能が違いすぎてあんまり参考にならないんですよ。
だから僕はsplatoonでいえば、S+の有名人動画でなく、
自分よりちょっと上のウデマエのS~A+無名な方の動画を好んで見ています。
前にやまなしさんは、splatoonは上手くならないんで引退したと書いていましたが、
上手でない動画にも需要はある(多いか少ないかは別として)んですよ。
是非動画アップしてください。

| ああああ | 2016/02/29 16:52 | URL |

>ああああさん

 その論理だと、僕が動画を作っても「僕よりちょっと下手な人」にしか参考にならないから、果たしてそんな人がいるのだろうか問題が……(笑)。

 でも、励みになりましたんで、早速キャプチャボードを注文しました。ブログのネタにもなるだろうし、しばらくは色々試してみようかなと思います!

| やまなしレイ(管理人) | 2016/03/02 00:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2064-25d97182

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT