やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分が期待している2016年の春アニメラインナップ

※ 3月26日:『甲鉄城のカバネリ』と『クロムクロ』の放送日程を修正しました
※ 3月26日:『ふらいんぐうぃっち』の紹介を追記しました
※ 4月3日:『三者三葉』の紹介を追記しました



 またこの時期が来ましたよ!
 3ヶ月に1度、来月から始まる(主に)深夜アニメの中から、自分が「とりあえず第1話だけでも観てみよう」とした作品をリストアップするだけの記事です!アニメ初心者の人は「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」と絶望してしまうかも知れないので、その参考情報の一つになれればイイかなと思います。

 春アニメ、やばいっすね!洒落にならないっすね!
 何も考えずに「これ面白そう!」と思った作品をリストアップしていったら、気付けば15本となってしまいました。2期モノとか、分割2クールの2クール目などの作品は除いて、4月に第1話から始まるアニメだけで15本ですよ。
 流石に週に15本アニメを観るのは時間的にも脳のキャパシティ的にも厳しいですし、何より「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」という人に「僕のオススメはこの15本だよ!」と提示したところで何の参考にもならないでしょうし(笑)。


 血の涙を流しながら、その中から7本を選びました!
 「アレが入っていないじゃないか!やり直せ!」とお怒りの方は、「アナタのオススメ作品」としてコメント欄にでも書きこんでくださればありがたいです。

(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの切り方”講座
(関連記事:初心者の自分が、インターネットの無料配信で深夜アニメを観てみました
(関連記事:たくさんあるアニメ作品を「食わず嫌い」すること

 来季始まるアニメを全部網羅したいという人は、『脳とアニメーション』さんの一覧記事『あにめも』さんのアニメチェックのページを見ると分かりやすいと思います。


◇ 『迷家‐マヨヒガ‐』
 <公式サイト
 <男女男女男

TVアニメ「迷家ーマヨイガー」スターターブック~納鳴村ツアーガイド~ (ぽにきゃんBOOKS)
TVアニメ「迷家ーマヨイガー」スターターブック~納鳴村ツアーガイド~ (ぽにきゃんBOOKS)

 今季の一枠目に選んだのはコレだっ!
 以前から原作付きアニメを原作ファンにも納得の形でアニメ化することに定評のあったところ、『ガールズ&パンツァー』『SHIROBAKO』とオリジナルアニメを連続でヒットさせたことで、恐らく現在最も期待されている日本のアニメ監督であろう水島努監督の最新オリジナルアニメです!

 ストーリーは「心に傷や闇を抱えた30人の若き男女が、“納鳴村(ななきむら)”という無人の集落に集められた」というもの。この出だしだと「デスゲームもの」っぽいのだけど、どうなんでしょうね。「メインキャラが30人いる」って普通だったら破綻しないワケのない設定ですが、大人数のキャラをしっかり見せた『ガールズ&パンツァー』『SHIROBAKO』の水島監督ならば大丈夫でしょう。
 この素材を水島監督がどう調理するのかが楽しみですし、シリーズ構成が「ギスギスした人間関係を描くなら任せろ!」な岡田麿里さんなのも楽しみです。この素材ならこの料理人しかいないという二人が揃いましたね。

 アニメーション制作はディオメディア。
 4月から新設されるWOWOWプライムのアニメ枠『アニメプレミア』の第1号作品で、地上波よりもWOWOWが1週間先行で放送されるそうです。ネタバレが致命傷になりそうな作品なので、これがどっちに出るか……



 放送日程は、
 WOWOWでは4月1日~(金曜日夜)
 TBSでは4月8日~(金曜日深夜)
 MBSでは4月8日~(金曜日深夜)
 CBCでは4月8日~(金曜日深夜)
 BS-TBSでは4月9日~(土曜日深夜)


◇ 『僕のヒーローアカデミア』
 <公式サイト
 <男男男女男

【キンドル本】
僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 4 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 6 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 7 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 原作は週刊少年ジャンプに大人気連載中の漫画で、MBS/TBS系列の"日曜の夕方5時"枠での放送です!現在『鉄血のオルフェンズ』が放送されている枠ですね。
 
 「世界の人口の八割が特異体質で何らかの力を持っていて、それを悪用する犯罪者も、犯罪者に立ち向かうヒーローもいる中―――主人公は残り二割の、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれだけどヒーローを目指す!」って、もうこの設定とPVだけで熱くたぎってくるストーリーじゃないですか!
 そして、監督が長崎健司さん、シリーズ構成が黒田洋介さんということで、『ガンダムビルドファイターズ』のコンビですよ!あの作品も「ガンプラは作れるけど操縦はまるで出来ない主人公」の物語でしたもんね。

 アニメーション制作はボンズ。「外れるワケがない」と期待していますよ!



 放送日程は、
 MBS/TBS系列の全国28局ネットで4月3日~(日曜日夕方)

【紙の本】
僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 2 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 3 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 4 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 6 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 7 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 8 (ジャンプコミックス)



◇ 『甲鉄城のカバネリ』
 <公式サイト
 <男女女男男

 今季の“ノイタミナ枠”です。
 『進撃の巨人』の荒木哲郎監督&WIT STUDIO制作、シリーズ構成は『プラネテス』や『コードギアス』の大河内一楼さん、キャラクターデザイン原案に『マクロス』や『ガンダム0080』の美樹本晴彦さん、音楽に『ガンダムUC』や『進撃の巨人』『アルドノア・ゼロ』などアニメに限らず幅広い活動をなさっている澤野弘之さん―――と、超豪華スタッフによるオリジナルアニメとなっています。

 スチームパンク風の世界観の日本で、「不死の怪物カバネから生き延びるために“駅”と呼ばれる要塞の中に人々は閉じこもり、装甲蒸気機関車だけが唯一“駅”を行き来できていたのだけど……」ということで、世界観を変えた『進撃の巨人』っぽい雰囲気ですね。敵は巨人ではなくゾンビみたいですけど。

 今季は設定が重めのオリジナルアニメが幾つもあるのでどれを視聴するのか悩ましいところなんですが、世界観もキャラクターデザインも魅力的だと思ったので選びました。



 放送日程は、
 フジテレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 岩手めんこいテレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 さくらんぼテレビではでは4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ愛媛では4月7日~(木曜日深夜)
 秋田テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ静岡では4月7日~(木曜日深夜)
 新潟総合テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ熊本では4月7日~(木曜日深夜)
 福島テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 関西テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ西日本では4月7日~(木曜日深夜)
 テレビ新広島では4月7日~(木曜日深夜)
 鹿児島テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 仙台放送では4月7日~(木曜日深夜)
 東海テレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 サガテレビでは4月8日~(金曜日深夜)
 北海道文化放送では4月10日~(日曜日深夜)
 長野放送では4月19日~(火曜日深夜)



◇ 『くまみこ』
 <公式サイト
 <女男男女

【キンドル本】
くまみこ 1<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 2<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 3<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 4<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 5<くまみこ> (コミックフラッパー) くまみこ 6<くまみこ> (コミックフラッパー)

 原作は月刊コミックフラッパーにて連載中のコメディ漫画です。
 山奥の熊を奉る神社に巫女としてつかえている中学生:まちと、クマだけど人と会話が出来るナツを中心に、田舎暮らしを描くファンタジー漫画というカンジみたい。アニメーション制作はキネマシトラスとEMTスクエアードが共同だそうで、キネマシトラスは『ばらかもん』を作っていた会社ですね。
 メインスタッフの方々はあまり名前を知らない人が多いのだけど、PVはかなり期待できそうですし、今季はいつもにも増してシリアスな作品が多いのでこういうほっと出来そうな作品を1本くらい入れておきたいと選びました。



 放送日程は、
 AT-Xでは4月3日~(日曜日夜)
 TOKYO MXでは4月3日~(日曜日深夜)
 サンテレビでは4月3日~(日曜日深夜)
 新潟放送では4月3日~(日曜日深夜)
 BS11では4月4日~(月曜日深夜)
 KBS京都では4月5日~(火曜日深夜)
 KHB東日本放送では第1話のみ4月5日~(第2話以降は月曜日深夜)

【紙の本】
くまみこ 1 (MFコミックス) くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ) くまみこ 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ) くまみこ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ) くまみこ (5) (MFコミックス フラッパーシリーズ) くまみこ (6) (MFコミックス フラッパーシリーズ)


◇ 『クロムクロ』
 <公式サイト
 <男女女女男

 悩んだけれど、やはりウチとしてはこの作品は入れねばなるまい!
 P.A.WORKS15周年記念作品で、今度はなんとロボットアニメですよ!P.A.WORKSがアクションものを手がけるのも久しぶりなのに(『Charlotte』はアクション扱いしなくてもイイですよね…?)、それがなんとロボットアニメとは。監督は『DARKER THAN BLACK』や『青の祓魔師』の岡村天斎さん、シリーズ構成は『Another』の檜垣亮さん。ということで、P.A.作品の中でもかなりシリアス目な話になりそうですね。

 P.A.作品と言えば「舞台」がどこかというのが気になるところですが……『true tears』が富山、『花咲くいろは』が石川、『グラスリップ』が福井とまわってきて、『クロムクロ』はまた富山に戻ってきました!P.A.WORKSは富山の会社なので、15周年記念作品でまた富山を舞台にするというのと、「黒部ダムを作ろうと地面掘っていたらなんだかロボが出てきた」という設定みたいなので(多分)、これは面白そうだぞと(笑)。

 それと富山出身の期待の若手女性声優:上田麗奈さんがとうとうP.A.作品に出演するというのも楽しみにしています!



 放送日程は、
 AT-Xでは4月7日~(木曜日夜)
 TOKYO MXでは4月7日~(木曜日夜)
 BS11では4月7日~(木曜日深夜)
 サンテレビでは4月7日~(木曜日深夜)
 KBS京都では4月7日~(木曜日深夜)
 チューリップテレビでは第1話のみ4月7日~(第2話以降は土曜日深夜)



◇ 『あんハピ♪』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
あんハピ♪ 1巻 (まんがタイムKRコミックス) あんハピ♪ 2巻 (まんがタイムKRコミックス) あんハピ♪ 3巻 (まんがタイムKRコミックス) あんハピ♪ 4巻 (まんがタイムKRコミックス)

 今季も「登場人物が女のコばかりの日常系っぽいアニメ」がたくさんあって、もはや一番の激戦ジャンルとなっているのですが、小一時間悩んだ末にこちらを選びました!
 原作はまんがタイムきららフォワードに連載中の漫画で、きららフォワードからのアニメ化作品と言えば……昨年の『がっこうぐらし!』、一昨年の『ハナヤマタ』と、自分としては“当たり”が続いています。なので、『あんハピ♪』にも期待していますよ!

 とは言え、一癖も二癖もあった昨年・一昨年とは異なり、今回は割と真っ当に「日常系」っぽいですけどね。「不幸体質や方向音痴など、不憫な少女ばかりが集められた1年7組を舞台にした学園コメディ」だそうです。アニメーション制作はSILVER LINK.です。『のんのんびより』のところですね。



 放送日程は、
 AT-Xでは4月7日~(木曜日夜)
 TOKYO MXでは4月7日~(木曜日夜)
 KBS京都では4月7日~(木曜日深夜)(木)
 サンテレビでは4月7日~~(木曜日深夜)
 BSフジでは4月10日~(日曜日深夜)

【紙の本】
あんハピ♪ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) あんハピ♪ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) あんハピ♪ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) あんハピ♪ (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) あんハピ♪ (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)



◇ 『マクロスΔ(デルタ)』
 <公式サイト
 <男女女女女

 今季は本当にラインナップが豪華なので悩んだのですが、7枠目は毎回「自分一人だったら選ばなかったけど、世間の注目度は高いし、ブログで話題にするからには食わず嫌いをせずに幅を広げてみよう」枠としているので、そこからブレないようにこちらを選びました。

 1982年に第1作が放送開始された大人気SFアニメ「マクロス」シリーズの最新作です!
 今回の舞台は『超時空要塞マクロス』から約60年後で『マクロスF』から8年後、『マクロスF』が2008年のアニメですからちょうど同じだけ時間が経ったという設定みたいですね。

 ということで……世間での注目度は今季の中でもかなり高い作品だと思うのですが、私個人の話をすると「マクロス、あんまり観ていないんだよなぁ……」なんです。観たのは1作目の『超時空要塞マクロス』の途中までで、それ以降の作品は完全ノータッチで『マクロスF』も全く観ていません。いつかネット配信で過去作を一挙に観たいなぁと思っていたのですが、それが叶う前に新作が始まってしまいました。

 とは言え、です。
 例えば「ガンダム」シリーズの最新作が始まる時には、私は「過去作品を全く知らなくてもイイからこの作品からでも観始めて!」と言っています。「マクロス」だって過去作品を全く知らなくてもこの作品からでも楽しめるんじゃないかと期待できますし、とりあえず第1話だけでも観てみることにしました。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは4月3日~(日曜日夜)
 TVQ九州放送では4月4日~(月曜日深夜)
 BS11では4月5日~(火曜日深夜)
 毎日放送では4月5日~(火曜日深夜)
 テレビ愛知では4月6日~(水曜日深夜)
 テレビ北海道では4月6日~(水曜日深夜)
 以上、7作品をチョイスしました。
 しかし、この7作品だと関東では「日曜」と「木曜」にものすごく集まっちゃっているんですね……全作品リアルタイムで観るのは難しいので、分散させて観ることになりそうです。


 今回も他にオススメ作品があったら教えてください。
 ブログのコメント欄やTwitter等でオススメされた作品も追記で紹介していきます。ただ、数が多すぎると私の負担も大きくなっちゃうので、紹介するのはその中で「自分が観る気になったもの」に限らせていただきます。なので、気楽にオススメしてくださると助かります。

 それでは、よろしくお願いします。



--3月26日追記--
 ここからはコメント欄やTwitterなどでオススメされた作品を挙げていきます。
 私もとりあえず第1話は観てみようと思っています。


◆ 『ふらいんぐうぃっち』
 <公式サイト
 <女女女男女

【キンドル本】
ふらいんぐうぃっち(1) (週刊少年マガジンコミックス) ふらいんぐうぃっち(2) (週刊少年マガジンコミックス) ふらいんぐうぃっち(3) (週刊少年マガジンコミックス) ふらいんぐうぃっち(4) (週刊少年マガジンコミックス)

 原作は別冊少年マガジンにて連載中の漫画で、黒髪ロングストレートのヒロインが一人前の魔女になるために青森の親戚の家にやってくるというお話だそうです。PVを観る限り、美麗な風景とキレイな作画とで、激しいというよりかはゆったりと楽しめるタイプの作品かなぁと思います。

 今季はシリアスな作品が多いので、こういう作品を視聴ラインナップに一つ加えたいところではありますね。




 放送日程は、
 日本テレビでは4月9日~(土曜日深夜)
 サンテレビでは4月13日~(水曜日深夜)
 青森放送では4月15日~(金曜日深夜)
 BS日テレでは4月19日~(火曜日深夜)

【紙の本】
ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス) ふらいんぐうぃっち(2) (講談社コミックス) ふらいんぐうぃっち(3) (講談社コミックス)ふらいんぐうぃっち(4) (講談社コミックス)




--4月3日追記--
◆ 『三者三葉』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
三者三葉 1巻 三者三葉 2巻 三者三葉 3巻 三者三葉 4巻 三者三葉 5巻 三者三葉 6巻 三者三葉 7巻 三者三葉 8巻 三者三葉 9巻 三者三葉 10巻 三者三葉 11巻 三者三葉 12巻

 原作は4コマ漫画の名手・荒井チェリー先生の代表作で、動画工房のアニメーション制作でのアニメ化ということで、『未確認で進行形』と同じ組み合わせですね。
 私は実は原作を序盤だけ既に読んでいるのですが……メインは女子高生3人だけど、百合百合しているというワケでもなく、キャラを立たせてギャグを重ねていて、男キャラも一応は出てて、という作品なので、受ける層としても『未確認で進行形』に割と近いかなぁと思っています。

 監督やメインキャスト陣もキャリアの浅い人が揃っているみたいで、未知数だけど楽しみです。『未確認で進行形』もメインキャスト3人は当時全然知らなかったのだけど、今や3人とも色んなところで見かけるようになりましたもんね。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは4月10日~(日曜日深夜)より 毎週日曜日24:00~
 AT-Xでは4月10日~(日曜日深夜)より 毎週日曜日24:00~
 BS11では4月10日~(日曜日深夜)より 毎週日曜日24:30~
 サンテレビでは4月11日~(月曜日深夜)より 毎週月曜日25:00~
 KBS京都では4月11日~(月曜日深夜)より 毎週月曜日25:00~

【紙の本】
三者三葉 (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムきららコミックス) 三者三葉 (2) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (3) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (4) (まんがタイムきららコミックス) 三者三葉 (5) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (6) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (7) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムきららコミックス) 三者三葉 (8) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (9) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (10) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (11) (まんがタイムKRコミックス) 三者三葉 (12) (まんがタイムKRコミックス)

| アニメ雑記 | 17:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「くまみこ」、ノーマークだったのですがPVを観たら物凄くおもしろそうですね・・・。観てみようと思います。

自分は「ふらいんぐうぃっち」に注目しています。原作をよく知らないのですが、キャラクターの絵のタッチが自分好み・背景もリアルで面白そうだと思いました。どんな感じの話なのか未知数なので、弱めにおすすめしたいと思います。

| yatarou | 2016/03/16 00:02 | URL |

>yatarouさん

 『くまみこ』のPVイイですよねー。
 ヒロインもクマも、ものすごく可愛い。


 『ふらいんぐうぃっち』は、実はその『くまみこ』と悩んでギリギリで外した作品だったので僕も気になっていました(笑)。
 勧めてもらえたので僕も第1話を観ようと思いますし、この記事にも後日追記しますね。しかし、何なんだろうこの自分で決めた「人に勧められた場合のみ8本目以降も第1話が観られる」というレギュレーションは。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/03/16 21:40 | URL | ≫ EDIT

ガンダムは名古屋テレビで生まれました。毎日放送の発明品じゃありません。

マクロスΔの敵ライバル機体、sv-262はスエーデンのJAS-35「ドラケン」がデザインの元ネタなのでエリア88ファンとしてどんな変形をするのか期待ですね。
先行放送見た感じだとマクロスとAKB0048とプリキュアを足して割った感じでしたねw
あと、メインヒロインの「訛り」と田舎っ子属性は結構好きですね。

紹介して頂いた物以外だと、完全新作ではありませんが。
「機動戦士ガンダムユニコーンRE:0096」が気になりますね。
全2クールでOVAを再構成するようですが、どうなることか…
巷の意見は「メーテレの販促アニメ枠を維持する為」「オルフェンズの隙間を埋めるため」であって過度な期待は出来ないと消極的ですが。
しかし、ガンダムがテレ朝の、しかもスーパ戦隊の前番組として帰ってくるのは私の世代には感慨深い物があります。
ちびっ子の目に触れる確率は実は日5より高いかもしれません。
私はガンダムからプリキュアまでガッツリニチアサを観る所存ですがねw

| ちくわぶドロボー | 2016/03/17 10:59 | URL |

>ちくわぶドロボーさん

 『ガンダムUC』の期待値が低いのはOVAで観ちゃっている人が多いのと、「過去作のキャラが出るなど初めてガンダム観る人には向いていない」ってのが大きいのかなと思います。
 映像は文句なしですげーんですけどね……ガンダム観たことない子どもがアレを楽しめるのかって心配はあります。

 まぁ、それを言うと『オルフェンズ』も子どもが楽しめているのかは知りませんけど(笑)。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/03/17 23:45 | URL | ≫ EDIT

滑り込みですいません。自分は「三者三葉」に注目しています。未確認で進行形と同じ作者、アニメ制作も動画工房なので・・・。主演の声優さん達も若手の人たちですが、作品を通して第2のぱるにゃすカッターゆうきち的な存在に成長するかな?と少し期待しています。

| みでし好き | 2016/03/31 19:10 | URL |

>みでし好きさん

 ありがとうございます。良かった、第1話に間に合って……(笑)。後日追記で紹介させてもらいますね。

 仰られる通り、キャストは「名前は聞いたことあるけど……」くらいの人達が多くて未知数ですが、逆に考えるとこれが代表作というか出世作になりそうな人が並んでいるのが面白そうです。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/03/31 20:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2073-405440a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT