やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年5月の活動報告

 歯医者に行ったら、何年も前に治療を終えた歯の根っこに何かがあったらしくて、歯茎を切り開いて根っこを治療する手術を行いました。
 その根っこ自体に痛みはなかったんですけど、そこを治療して以降、ここ数年ずっと苦しまされていた「肩こり」と「目の疲れ」による「激しい頭痛」が軽減されていて―――ひょっとして、歯が原因で肩や目や頭が痛くなっていたのか?と思っている日々です。



<2016年5月の購入金額>
mediamarker2016-5-1.jpg

 今月から方針を変えることにしました。
 1月と2月の出費が大体同じ額だったために、3月・4月は「いっそのこと毎月の娯楽にかけるお金は13000円台と決めて、13000円台に達するまで買っていなかったものを買っちゃおう!」としてきたのですが……その結果、積み本も積みゲーもどんどん増えて手に負えなくなってしまいました(笑)。

 なので、今後は「一か月に使えるお金は8000円~15000円くらい」と幅を持たせて、ここに到達していなかった場合は「買っていなかったものを買っちゃおう!」としようかなと。

 じゃないと、貯金も増えないですしねぇ。貯金を増やしてiPad Proを買おう!
 1か月5000円ずつ貯金すれば10万円は20か月で貯まる!遠いな、iPad Pro!


<2016年5月の購入本数>
◇ 本・雑誌(電子書籍も含む):27冊
 紙の本:0冊
 電子書籍:27冊
 電子書籍(無料の本):0冊

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):1本
 パッケージソフト:0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):1本
 ダウンロード専売のゲーム:0本

 今月はキンドルのちょっとしたセールと20%ポイント還元キャンペーンがあったため、電子書籍の購入が多かったです。というか、それ以外は1か月間ほとんど買っていないんですね(笑)。バーチャルコンソールで『スペランカー』を買ったくらい。今月はとにかく「積み本・積みゲーの消化に勤しんだ」という印象の月でした。


<2016年5月の読了数>
mediamarker2016-5-2.jpg

◇ 本・漫画・雑誌(電子書籍も含む):29冊(再読3冊)
 紙の本:2冊(再読1冊)
 自炊した本:1冊(再読1冊)
 電子書籍:26冊(再読1冊)

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):5本
 パッケージソフト(のダウンロード版含む):1本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):2本
 ダウンロード専売のゲーム:2本

 再読をどうカウントするべきなのか難しいところ……
 メディアマーカーは一度登録した商品も「再読した」という記録を残せて、今回は『ニンジャスレイヤー』漫画版7巻を読む前に、2月に一度読んで登録もした『ニンジャスレイヤー』漫画版6巻を再読したのですが。「2月に最初に読んだ」「5月に再読した」という別の記録が残ってしまうため、購入金額も倍、タグなども2冊分の扱いになってしまったので、再読の記録はメディアマーカーの方には残しませんでした。

 しかし、例えば「2月に最初に読んだ」記録に追記として「5月に再読した感想」を書くと、読了した日が2月か5月かの片方しか残せないし……今まで全く不満のなかったメディアマーカーだけど、初めて「ここはちょっと」と思うところが出てきました。「一つの商品で読了日を2つ以上残せるようにしてほしい」。



【今月のピックアップ】
ぱらいぞ1 (ワニマガジンコミックススペシャル) ぱらいぞ2 (ワニマガジンコミックススペシャル)

 このブログとしては『ヴォイニッチホテル』を紹介記事で書いている道満晴明先生のド下ネタ4コマ漫画『ぱら☆いぞ』全2巻です。

 『ヴォイニッチホテル』も殺人・ドラッグ・下ネタとインモラルなものをごちゃまぜにした「何でもあり」の群像劇でしたが、『ぱら☆いぞ』はそもそもの掲載誌が『COMIC快楽天』というエロ漫画雑誌なので本当にもうこれ以上ないくらいに「何でもあり」を突き抜けています。
 でも、エロイかと言ったらエロくはないし、グロいかと言ったらグロくはない―――下ネタのレベルは一段階上がっていますけど、『ヴォイニッチホテル』同様にインモラルな描写を不快に思わせない絶妙なバランス感覚を持った人だなぁと感心します。

 基本的には、登場人物の半分以上が女子高生の「色んなキャラクターが出てくる4コマギャグ漫画」です。この説明だけだと流行りの日常4コマっぽいですね(笑)。
 ですが、女子高生含めたほぼ全員のキャラクターが当たり前のように下ネタを言っている世界観というのが特徴。でも、単に下品なワードに頼って笑いを取るのではなく、そんな「下ネタが当たり前の世界」の中で「マトモ」と「おかしい」の切り替えにしっかりギャグがあるのがお気に入りなところです。

 ギャグ漫画は「このコマが面白いんだよ!」と紹介すること自体がネタバレになってしまって魅力を削いでしまうとも思うのですが……でも、実際に絵を見せると見せないとでは「面白そう、自分も読んでみようかな」と思ってもらえる率が全然違うと思うので、私のお気に入りのコマを2コマだけ引用させてもらいます。これで、一人でも多くの人にこの漫画の魅力が伝われば幸いです!


paraizo.jpg
<画像は『ぱら☆いぞ』第1巻XIIIより引用>

 こんな作品です!
 オススメなので、気になった人は是非手に取ってください!


<2016年5月のゲームプレイ時間>
WiiU_screenshot_GamePad_004C0_20160530230503417.jpg
mediamarker2016-5-3.jpg
mediamarker2016-5-4.jpg

 つい最近始めたばかりの『ソリティ馬』、もう24時間もプレイしているのか……「30時間プレイしてもクリア出来そうになかったら、続けるか辞めるか考えよう」と思って始めたのですが、正直これは何百時間とプレイしてもクリア出来ないんじゃないかなぁ。
 ついさっき9頭目が引退したところなんですが、、1~2頭目と成績がほぼ一緒なんですね。攻略サイトを読み込んだり、成績のいい馬同士で子どもを作らせたりしても、勝てるレースと勝てないレースがきっかり分かれていて、「全てのレースを1回以上優勝する」というクリア条件が全く進んでいません。

 あとは、「コンプガチャ」が集まればまた何か変わるかなぁと賞金を全てガチャに投入してて、案の定5/9を超えてからはダブリばっか出るようになったのですが(笑)。一縷の望みがあるとしたらここかなぁと、1回100万円のガチャを回し続ける地獄を続けています。
 6月の活動報告の段階でもまだクリア出来そうな可能性を感じていなかったら諦める―――という方針でいきますかね。


<2016年5月のブログ>
スマホ進出で『どうぶつの森』シリーズの今後はどうなる?
mediamarker2016-5-5.jpg

 今月もアクセス数は下がる一方でした。
 うーん……1月のリニューアルからずっとこのアクセス数トップの記事を紹介してきたのですが、それ以降アクセス数はだだ下がり続けているので。こうしてアクセス数トップの記事を振り返るコーナーは今月で終わりにしようかなと思っています。

 私の気分も落ち込みますし、読んでいるみなさんも愚痴ばっかり読まされて楽しくないと思うんですね。
 「アクセス数なんかよりも、書きたいことを書くことが重要なんだよ!」と、つい最近も私の大好きなブログで書かれていましたけど、「アクセス数なんか気にするな」と言っているブログは大抵ウチよりアクセス数が高いんですよね……(笑)。アクセス数が高いという余裕があるからそんなことが言えるのか、アクセス数なんて気にしないからこそアクセス数の高い記事が書けるのか。

 私はアクセス数は気にします。
 数年前、何十件とWii Uをプッシュする記事を書いてもちっともアクセスされなかったのに、たった1件だけ書いたWii Uに批判的な記事がたくさんアクセスされたことによって「なんでもかんでも任天堂のことを批判するヤツ」と袋叩きにされた経験があるので。どんなに立派な記事を書いてもアクセスされなかったら意味がないんだと思い知っています。

 だからまぁ、このコーナーはもう辞めますけど、今後もアクセス数は気にしますし、「書きたいことを書いてアクセス数を稼げる人」になることを目標に頑張ります。


電子書籍で実際に漫画を読んでみて思った“メリットとデメリット”
mediamarker2016-5-6.jpg

 旧記事のアクセス数トップはこの記事!
 先月までV3を記録していた「Wii UのバーチャルコンソールはWiiよりもこんなに進化している!」は僅差で2位でした。そちらも別にアクセス数が下がったワケではないのですが、電子書籍の記事が盛り返してきたということですね。

 しかし、この記事を書いたのは3年前で……この時と今の自分が思っていることはちょっと違ったりするので、なかなかこっぱずかしいですね。


『イチゴーイチハチ!』1~2巻が面白い!/また青春を走りたい人へ
mediamarker2016-5-7.jpg

 今月の「アクセス数はイマイチだったけど、自分としてはとても愛着のある記事なのでここで紹介して読んでいない人にも読んでもらいたい記事」はこちら。

 さっき書いた「どんなに立派な記事を書いてもアクセスされなかったら意味がないんだ」という話にも通じるのですが、私がブログを続けている理由の一つに「自分の好きなものを広めたい」「それを知った人がそれで幸せになれば世の中が少しずつ幸せになるのではないか」というものがあるので――――
 例えば、「もっこり」の記事のアクセス数が低かったとしてもそんなにダメージはないんですけど、大好きな漫画を広めたくて書いたこういう記事がちっともアクセスされないのはまーキッツイものがあるのです。

 言ってしまえばこれって、このブログには「自分の好きなものを広める力」がないって話ですからね。
 なので……地味に、今月の途中からPC用のレイアウトを変えて、右カラムに「ブログでオススメ記事を書いた商品」を記事へのリンクと一緒に載せることにしました。月の途中からアクセス数がちょっと増えているのはそこのポイントなんですね。

 とりあえず『イチゴーイチハチ!』はとてもいい漫画なので、私の記事はともかく、みなさん手にとってくださると嬉しいです。


<2016年5月の創作活動報告>
・ブログをまとめた電子書籍、漫画5ページ完成
・ブログをまとめた電子書籍、イラスト9枚完成
・ブログをまとめた電子書籍、文章&ネームは4章まで終了
・紙の本にするプロジェクトは『モテナイ4コマ』に変更

 ブログ記事をまとめた電子書籍、先月の段階ではまだふんわりとしか始まっていなかったのですが……実際に制作をし始めたところ、誇張抜きで自分の創作活動の集大成となる1冊になりそうです。
 最初はサクッと作って安く売ろうと思っていたのだけど、これをいいかげんに作ると一生後悔するだろうなと思ったので、ものすごい作業量になってきました。まぁ、それはそれで楽しいのですけど、問題は価格をどうするかですね……当初の予定の価格にするのか、作業量の分だけ上乗せするのか。


 紙の本にするプロジェクトは、いきなり300ページもある『春夏秋冬オクテット』を製本してもらうんじゃなくて、まずは10ページ前後で収まりそうな『モテナイ4コマ』を製本してもらって仕様を確かめることにしました。業者さんの品質も注文してみないと分からないのですが、こちら側が用意するデータもどの程度のものがイイのかが分かっていないので、それを確かめるためにもまずは簡単なところからやろうかなと。

 『モテナイ4コマ』は2010年に描いたはずなんですが、今の自分が見ても「絵」に対する不満があまりなくて見返すのも苦ではないんですね。2009年に描いた『朝が来る』の方は、「昔の自分の絵だー」と直視しがたいんですけど。このたった1年の差は何なのだろう。

| ひび雑記 | 17:54 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

歯根膜への機械的刺激が続くと緊張性歯根膜咀嚼筋反射が起こって咀嚼筋の慢性的な緊張による頭痛などの症状が現れる(たとえば側頭筋の緊張による偏頭痛)ので
いちおう症状と一致しますねw

| hirano_ryo | 2016/06/02 04:34 | URL | ≫ EDIT

1518、3巻が待ち遠しいです。

部活を一生懸命やってはいましたが、あの子たちのように夢破れて涙するなんてことはなかったです。球技大会で負けて悔しい、ってのはありましたが。
生徒会への勧誘とか、倉庫の整理とか、ニヤニヤしました。
文化祭や体育祭、夏休みや補講もそのうちあるんだろうなぁ、って今から新入生のようにわくわくです。
スポーツ推薦とか久しぶりに見ましたよ。大学でナギナタの推薦で入学した子がいたのですが、そもそも大学にナギナタ部がないのになんで?って笑った記憶がよみがえりました(その子も、不思議だ、と笑ってました)。

漫画だと花田少年史、小説だと、砂漠や鴨川ホルモーなどがやり直す系ではお気に入りです。幽霊は見えないし、麻雀はできないし、特殊な言葉もわからないですがw
スポーツ関係だと、
バスケ部だけどSLAM DUNKや野球好きだけどH2よりも、泳げないのにウォーターボーイズが青春をやり直せます。
この差はなんなのでしょう?
単に好みの差なのか、経験値の差なのか。
と思ったら、青春をやり直したいと感じる時期にそれらを見たかどうか、ってのが大きいのかもしれません。
そりゃそうですよね、やり直す、ですもの。

あと、1518のなんて言うのか、主人公たちの周りの世界も、しっかりあるんだよ、動いてるよ、って場面は私も好きです。
ONE PIECEも世界情勢なんかが新聞でチラ見でき、ちょっとわくわくしました。
いや、そういう指摘があって気づかされたのですがわくわくしました。
砂漠という小説にも、冒頭に出てくる幹事について、ちょっとあるんです。

早く3巻出てほしいです。

| こまち | 2016/06/03 21:15 | URL |

>hirano_ryoさん

 あら、そういう理屈ならすごくよく分かりますね。
 常に筋肉を使い続けているような状況だったのか……


>こまちさん
 読むと、自分の学生時代も思い出すし語りたくなっちゃう作品ですよねー。自分もこんなことしたかったとか、こういう友達(先輩)が周りにいたらとか、そういう感情を呼び起こされる力があるというか。


>バスケ部だけどSLAM DUNKや野球好きだけどH2よりも、泳げないのにウォーターボーイズが青春をやり直せます。

 僕もそう思いますねー。
 「負け犬たちのワンスアゲイン」ものというか。主人公たちが「青春に賭けている」かのちがいというか。生活感のちがいというか。『ウォーターボーイズ』はそれがよく出ていたと思いますし、『イチゴーイチハチ』もそれに近い雰囲気はありますね。


 不定期連載なので刊行ペースはさほど早くはないと思うのですが、ストーリーの大まかな構想自体は出来ているはずなので気長に楽しみに待とうと思いまする。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/06/03 22:26 | URL | ≫ EDIT

ソリティ馬、あんまり勝てないようなら強い種馬をQRコードで引っ張ってくるといいですよ。
これはちょっと反則技なんですけど……「勝てないからこのゲームもうやめる」ってなるよりはいいかと。

| げんき | 2016/06/09 05:10 | URL |

>げんきさん

 ご心配をおかけしましたようで……

 この記事を書いてしばらく経った現在は、「つばめちゃんのコンプガチャを全部そろえた」のと「リセットボタンのスキルを覚えた馬が現れた」ことで狙って勝てるようになりました。いよいよG1も残り4つまで来ました。

 この辺の事情も時間が出来たら記事に書くかも知れませんが……ちょっと厳しいかな。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/06/10 01:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2109-c8868948

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT