やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「電子書籍」と「紙の本」のカラーのちがい

 今日の話、同人活動をしている人にとっては「常識」の話なのかも知れませんが……私は「紙の本」を作ったことがなかったため、今回初めて知ってどうしていいのか分からず、「こうしたらいいよ」みたいなアドバイスをいただけたらなと思って記事に書きます。


 電子書籍を「やっぱり紙の本で読みたい!」需要はどのくらいあるのか
 電子書籍のオンデマンド印刷に向けた判型の話

 次に出す電子書籍の漫画は、オンデマンド印刷を利用して「電子書籍」と「紙の本」の同時発売にしたいなーと考えていた話の続きです。

 事前にオンデマンド印刷をしてみて「サービスの品質はどうなのか」「こちらのファイルはこういう設定でいいのか」を確かめようと、販売するのではなく、まずは「自分用に1冊」注文してみようとしました。
 しかし、「電子書籍」と「紙の本」では用意する画像のサイズやdpiなどがちがっているため、「電子書籍」用に作った画像をそのままPDFファイルに並べてハイ完成とはいかないのです。スキャン画像からセリフ入れからカラーの表紙は色塗りまでやり直さなくてならないため、300ページ近くある『春夏秋冬オクテット』のファイルを用意するのはものすごい労力がかかります。

 なので、過去に描いた『モテナイ4コマ』を印刷用に並べなおして「全14ページの本」にして、これをオンデマンド印刷で注文してみようと思いました。


 製本直送.com

 利用するのはここのサイト。
 毎日ちょっとずつ作業をして、データも全部出来たので「あとは入稿するだけだー!」というところで「カラーモードはCMYKカラーで印刷されます」という表記がところどころにあることに気づきました。


 CMYKカラー……?

 自分も含め、同人活動をしていない人は「何だそれは」と思われたかもしれません。自分の使っているソフト『CLIP STUDIO』のページでとても分かりやすい解説が載っていたのでそこを参照しようと思います。


 CMYKデータを作る-カラープロファイル実践編-

 ザックリ解説すると……
 コンピュータ上の画像は赤・緑・青の光を合わせた「RGBカラー」で表示されていて、基本的にデジタル絵を保存すると「RGBカラー」で保存されます。私が電子書籍用に使ってきた画像も「RGBカラー」でした。
 しかし、印刷する際には光ではなくインクを合わせて色を表現するため、藍色(Cyan)、深紅色(Magenta)、黄色(Yellow)、黒(Keyplate)の4色の「CMYKカラー」で印刷されます。

 「RGB」に比べて「CMYK」は表現できる色の範囲が狭いため、「RGBカラー」で入稿すると「CMYKカラー」で表現できる“似た色”に変換されてしまって「思っていた色とちがう色で印刷された!」となってしまうのだとか。それは印刷所が悪いんじゃなくて、コンピュータとインクのちがいを理解していないこちら側が悪いってことなんですね。



 ほほう……そんな基本的なことも知らなかったため、危うく「RGBカラー」で入稿してしまうところでした。既に完成している「RGBカラー」の表紙を「CMYKカラー」で保存してみました。縮小した画像ですが、「RGBカラー」で保存したものと「CMYKカラー」で保存したものを比較してみましょう。



<RGBカラーで保存したもの>
motenaihyoushi1.jpg


<CMYKカラーで保存したもの>
motenaihyoushi2.jpg



 全っ然ちがうじゃねえかっ!!!

 いやね、「RGBカラー」と「CMYKカラー」では表現できる色がちがうよって話は、以前からどこかで読んだことがありました。しかし、「俺はカラー絵で魅せるほどの画力があるワケじゃないし、気にすることじゃないだろう」くらいに思っていました。でも、これはもう「青」が「紫」になるくらいちがうじゃないですか!これはさすがに気になってしまいますよ!!


 これ……何か変換などの設定がよくないんですかね。
 試しにカラースライダーパレットをCMYKにして塗ってみたんですが、CMYKカラーで保存したら同じように「紫」になってしまいました。これだと「紙の本」では「青」は印刷できないのか……?いや、でも我が家のプリンターなら普通に「青」は印刷できているような。

 それとも「カラー印刷とはこういうもの」だから、みんな「CMYKカラーを熟知して限られた色だけを使って塗っている」んでしょうか。「紙の本」を作ったことがないので、何をどうすればイイのかさっぱり分かりません。



 しかしこれ、「電子書籍」と「紙の本」の同時発売を目指す場合……「電子書籍」はRGBカラーで様々な色が使えるけど、「紙の本」はCMYKカラーの限られた色しか使えないということで。足並みをそろえて「紙の本」で使えるCMYKカラーだけで色を塗った場合、本来ならRGBカラーが使える「電子書籍」の方もCMYKカラーで塗らなくちゃならなくなって、脚を引っ張られることになりやしないでしょうか。

 同じゲームをPS3とPS4の同時発売にすると、PS3でも表現できるゲームにしなければならないため、「PS4のスペックだからこそ実現できたゲーム」にはできない―――みたいなことになっちゃうんじゃないかと思うのです。
 自分の場合「紙の本」は高額になってしまうため「紙の本」を選ぶ人は数人いるかどうかだと思いますし、そのために脚を引っ張られるのは本末転倒な気がしますし……





kyouko2.jpg

 今の率直な気持ち。



Help Me!Help Me!
稲川淳二 with r-e-i.com 稲川淳二

トライエム 2000-07-07
売り上げランキング : 443825

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画作成 | 17:56 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

印刷ではCMYKで表現できない色は別に作っておきます、CMYK+特色となるわけです。
但しインクができるわけですからCMYKでもやれないことはないんですよただ、ものすごく難易度が高いだけです(版・印刷機ともども)。

| ああああ | 2016/06/18 00:22 | URL |

ふーむ。
よく大昔の画家の苦労話とかで、高い鉱石材料の色を使いたい時は金の工面が…とか聞きますが、それの現代版みたいなことが今でもあるんですね。

| 児斗玉文章 | 2016/06/18 08:31 | URL |

>ああああさん

 ふむ……我が家のプリンターで青が出るのは「特色」があるからってことなんですかね。よく考えたらインクも6色入っているし。

 逆に考えると「データはCMYKで入稿してください」ということは特色を使えないよってことか……


>児斗玉文章さん
 そんな話が……!
 でも、CMYKだと特に「青」系がネックになるそうで、今現在は「青」が「高価な色」ということなのかもしれませんね。「青」を避けて塗ってみますかねぇ。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/06/18 23:48 | URL | ≫ EDIT

その人の瞳は空の色だろう

 CMYK版も、最初からこうだと言われたら、なるほどこういうデザインかって納得できる域ではあるんですけど……真上のRGB版と比べてしまうと、どう考えても間が抜けている……。

 青が使えないだなんて、普通は事前に考えないというか、とんでもない不意打ちの落とし穴ですね(汗)

| kanata | 2016/06/19 12:40 | URL | ≫ EDIT

>kanataさん

 逆に考えると、「青」が使えないことをこの機会に知ることが出来て良かったとも言えるんですね。本番の漫画の表紙を青ベースで塗っていたら取返しが付きませんから。

 今回のこれは、まぁ別に売るものでもないのでテキトーに別の色で塗ってさっさと注文しちゃおうかなと思います(笑)

| やまなしレイ(管理人) | 2016/06/22 00:18 | URL | ≫ EDIT

CMYKで塗るという話はあまり聞いたことがないですね・・・私はカラーはあまり詳しくないので鵜呑みにしないようにはしてほしいですが参考までに

青は青でも変換したときにあまり色味が変わらない青もあったりしますがこれは結局電子書籍の脚を引っ張っちゃってますね。
クリスタなら変換するときのプロファイル等を選ぶことでも違った結果が得られます。
そもそも、普通のモニタは印刷機とのキャリブレーションを行っていないRGB機器なのでモニタに写ったCMYK画像がそのままの色味で印刷されるとも限りませんね・・・

あとは印刷所によってはRGBファイルで入稿すると印刷所側でできる限りの再現をしてCMYKにしてくれるオプションがあったりもしますねー。

結論としては紙の本の方がオマケだと考えるのなら、RGBで塗ってCMYKにカンタンに変換か、可能ならRGB入稿でいいと私は思います。工夫すればRGBに近づける方法はありますがRGBの方を縛る結果に繋がっていく気がします。

| あっと | 2016/06/22 14:06 | URL | ≫ EDIT

>あっとさん

 プロファイルを使ってみたところ、変換で変わる色が抑えられたみたいで「コレは!」と思ったのですが……どうも入稿したらまた色が変わってしまったみたいで、うーむ分からず。

 とりあえず製本してもらってみて、それを見てからまたレポート記事を書こうかなと思います。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/06/24 23:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2126-00ff6539

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT