やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アナタたちはオナニーを過小評価していないだろうか

 例えば、映画とか小説とか漫画とかアニメとかゲームとか、なんならこういったブログ記事に対してでも当てはまるのですが……誰かが作った作品を楽しめなかったときに、恐らく「視聴者(読者、プレイヤー)を楽しませることが出来ていない」という批判の意味で「作り手のオナニーを見せつけられているようだ」みたいな表現を使う人がいます。

 また、これはゲームなどの「一人用の遊び」を楽しんでいる人を批判するときに使われているのを見かけますが、「そんなどーでもいいことに労力と時間を使うなんてアホらしい」みたいな意味で「オマエらのやっていることはオナニーのようなものだ」といった表現を使う人がいます。


 もちろん、「18禁のエロエロ作品」に対しての褒め言葉として「オナニーがはかどる素晴らしい作品だ!」という意味ならば構わないのですが……「全年齢向けの作品」や「そうした作品を楽しんでいる人」を批判する際に「オナニーのようだ」という言葉を使う人を、私は許せません。



 念のために書いておきますけど、「自分の気に入らない作品(や、そのファン)を批判するな」という意味ではありませんよ?

 「自分の気に入らない作品(や、そのファン)を批判する」際に使われる言葉に、あたかも「オナニーは悪いことだ」と言わんばかりに「オナニーのようだ」という表現が使われているのが許せないのです。


 オナニーって素晴らしい行為じゃないですか。
 それなのに「この言葉を使えば相手を一発で黙らせられる批判と罵倒のマジックワード」として「オナニー」という言葉が使われているのが許せません。

 いや、百歩譲ってその言葉を使っている人が「オナニーという行為はとても悪くて恥ずかしくて法的に規制して社会から撲滅すべき行為だ」という価値観をお持ちならば、オナニーを批判の言葉として使うのも分からなくはないですが。その批判文を読んでいる読者はその価値観を共有していないので、批判の意図で「オナニーのようだ」と書かれても「そうか!それはとても素晴らしいことだな!」と思われるかも知れません。



 「オナニー」をみんなが嫌いだと思わないでください!
 「オナニー」を好きな人だってたくさんいるんですよ!

 なので、今一度「オナニー」という行為を私たちは見つめ直すべきだと思うのです。




1.「オナニー」は時として、お金を生む
 作品に対して「視聴者(読者、プレイヤー)を楽しませることが出来ていない」という批判の意味で「作り手のオナニーを見せつけられているようだ」と言っている人は、恐らく「オナニー」=「人に見せつけるものではない」=「自分一人だけで楽しんでおけよ」というオナニー観に基づいてその言葉を使っているのだと思います。

 つまり、「オナニーなんて誰も見たくねえよ!」という前提の元でそうした言葉を使っているのでしょう。



 しかし、本当にそうでしょうか?
 本当に「オナニーなんて誰も見たくない」でしょうか?

 私は、可愛い女のコのオナニーだったら観たいですよ。
 人気の芸能人とかアイドルのオナニー動画だったら「お金を払ってでも観たい!」という人はたくさんいるでしょうし、男性向けエロビデオには「AV女優さんが一人でオナニーしているシーン」が収録されているものも多いです。当然お金を払ってそうした作品を買って観ている人もたくさんいます。


 つまり、人によっては「オナニー」をしている姿だけでコンテンツになるのですし、それをお金を払ってでも観たいという人もいるのです。

 もちろん「観たいかどうか」「お金を払ってでも観たいかどうか」は、オナニーをする人にもよります。広瀬すずちゃんのオナニー動画なら10万円払ってでも観たいけど、広瀬香美さんのオナニー動画なら頼まれても観たくないみたいなこともあるかと思います。(※1)

(※1:もちろん個人の好みなので、その逆で広瀬香美さんのオナニー動画なら10万円払ってでも観たいけど、広瀬すずちゃんのオナニー動画なら頼まれても観たくないみたいなこともあるかと思います)

 「作り手のオナニーを見せつけられているようだ」という言葉を使われても、アナタが「その作り手」のことを好きか嫌いかによって「10万円払ってでも観たい」になるのか「頼まれても観たくない」になるのか、意味が180度変わってしまうのです。



2.「オナニー」をすると気持ちが良い!
 このブログ史上においても1位2位を争うくらいに、最高に頭が悪い一文を書いたような気もしますが(笑)。こういう当たり前なことを我々はつい忘れがちだと思うのです。

 「オナニー」は気持ちが良いんです。

 逆に言うと、「オナニー」ほど気持ちが良くて、かつ手軽にできて、誰にも迷惑がかからない行為が我々の人生にどれだけあるでしょうか。
 日々の生活なんて「気持ち良くない」ことばっかじゃないですか。人間関係に悩んだり、勉強だったり仕事だったりが思ったようにいかなかったり、病気になったり、怪我をしたり、夢を諦めたり、貧乏が苦しかったり……でも、そんな風に落ち込んでいる時だってオナニーって気持ちが良いじゃないですか!それってとっても素晴らしいことだと思うんですね。

 また、あまたある趣味の中では比較的手軽に行えるのも魅力です。その気になれば、身一つで出来てしまいますからね。その一方で、道具を使ったり、題材を用意したりするのも自分の好みで行えるので、カスタマイズも自由。非常に自由度が高い趣味だとも言えます。

 そして、「オナニー」は基本的には一人で行うので誰かに迷惑をかけたりはしません。
 「オナニーが気持ち良いとか言っても、セックスだって気持ち良いじゃないか!」と思われるかも知れませんが、相手を必要とするセックスはオナニーほど手軽ではありませんし自由度も高くありません。相手と予定を合わせ、お互いの時間と体力に余裕があるときを見計らって、相手を気遣って、相手の心と体をケアしつつ、自分は気持ち良くなりつつ、避妊もちゃんとしなければならず―――失敗をすれば相手の体や心を傷つけてしまいかねません。
 そもそもセックスは相手がいないと出来ない行為なので、似非ではない“生粋のモテナイ人間”がするためにはイリーガルな手段を使わなければなりません。そんな後ろめたい方法でしなければならないセックスに比べて、オナニーは合法かつ誰にも迷惑をかけませんから非常に誇らしい行為だと言えるじゃないですか!


 ゲームのような「一人遊び」を「そんなどーでもいいことに労力と時間を使うなんてアホらしい」という意味で「オナニーのようだ」と言われても、その行為によって、気持ち良くなって、精神的に満たされて、また来週から頑張ろうと思えるのなら―――それはとても素晴らしいことじゃないですか。

 しかも、それによって誰かに迷惑をかけたりもしていません。
 それを批判するだなんて、とんでもないことですよ!



3.「オナニー」は生産的な行為だ
 女性の体のメカニズムは、ちょっと私には分かりませんが……
 男性の「オナニー」は、精子を体外に排出する「射精」によって完結します。本来ならば子作りのために使われるはずの精子をティッシュにくるんでゴミ箱に捨てることで、「オナニー」=「非生産的な行為だ」という連想になって、映画や小説や漫画やアニメやゲームなどを批判する時にも「何の価値もない作品だ」という意味で「オナニーのようだ」という表現を使う人がいます。


 しかし、果たして本当に「オナニー」は「非生産的な行為」でしょうか。
 「射精」というのはアウトプットです。既に作られている精子を外に出す行為です。

 そうして精子が外に排出されると、新たな精子が作られ、それがまた溜まっていくとムラムラが収まらなくなるので「射精」して外に排出して、そうするとまた新たな精子が作られ―――とサイクルしていくことを考えると、「オナニー」は「新たな精子を作る行為」とも言えるのではないでしょうか。



 映画や小説や漫画やアニメやゲームなどを創作することもそうです。
 作品という形でアウトプットするのは、既にある企画やアイディアを世に出す行為です。

 そうして作品が世に出されると、また新たな企画やアイディアが練られ、それがまた溜まっていくと創作意欲が収まらなくなるので「射精」して作品という形で世に排出され、そうするとまた新たな企画やアイディアが練られ―――とサイクルしていきます。
 最近、私は今まで自分描いてきた漫画のリストを作ったのですが、自分で自分の作品を振り返ってみると「当時は思ったようにいかなくて失敗作だと思っていた作品」が「後に描かれた代表作」のアイディアの元になっていたりして……仮に駄作だと何だと言われようと、「作品を完成させて世に出す」ことは「また新たな作品を生む行為」とも言えると思うのです。


 確かに創作活動というのは「射精」に似ているかも知れないと思います。
 溜めて溜めて溜めてきた感情を一気に吐き出す行為ですからね。それくらい思いが詰まっている作品を世に出すからこそ、吐き出した後はクッタクタで何もしたくない賢者タイムになるのですが、空っぽになるくらい吐き出したからこそまた新たな作品の息吹が生まれるとも言えるので……

 むしろ「オナニー」にすらなっていない創作活動こそが、何の生産性もない、価値もない、面白みもない行為だと言えるのかも知れません。


 オナニーは最高なのです!


TENGA ディープスロート・カップ[STANDARD]【特殊な構造が生み出す、DEEPな吸いつき感】TENGA ディープスロート・カップ[STANDARD]【特殊な構造が生み出す、DEEPな吸いつき感】

TENGA
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

iroha YUKIDARUMA [ゆきだるま] DESIGNED BY TENGA 【充電式バイブレーター(ローター)】iroha YUKIDARUMA [ゆきだるま] DESIGNED BY TENGA 【充電式バイブレーター(ローター)】

TENGA 2013-03-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「オナニーのようだ」に限った話じゃないんですけど、何かを批判する時に人は最も無防備になるとも言えて―――批判の意味で「オナニーのようだ」という表現を使っている人には、「オナニーと言っておけばみんながこれを低俗だと思ってくれるはずだ」みたいな思考停止っぷりが見え隠れするのです。


 「オナニー」は素晴らしい行為なんですよ!
 「オナニー」があたかも低俗であるかのように語ることで、例えば中学生くらいのコが「オナニーって低俗なんだ……でも、やめられない……どうしよう」と悩んだらどうするんですか!誰にも迷惑をかけない「オナニー」なら、悩むことなく頭からっぽにしてガンガンやりゃ良いんですよ!


 07月21日だから、それをここにしっかり記しておきたいと思います。

| ひび雑記 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

…まぁ、分かって書いているんだとは思いますが、まず、自慰行為は気持ちいいが、同性の他人の自慰行為を見るのは気持ち悪い、というのがあります。
しかし、その反面、自分が楽しい気持ちいいというものを作ってこそ、10年に一度20年に一度の傑作は生まれる。
クリエイターの方々には力及ばず自慰行為と呼ばれることを恐れていてはいけない、どんどん自分の作りたいものを作ってほしい、という意味なら、今回のエントリーには大いに賛成いたします。

| 児斗玉文章 | 2016/07/22 23:09 | URL |

自分らしく生きること

 最後のオチにびっくりしました。なんという納得感。
 途中の内容にもほぼほぼ同意で納得でしたが、その結びとして、まさかこんなところへ落としてくるとは……。

 ただ、おおむねは同意なんですけども。
 オナニーをすると思考力が落ちますので、生産職の人ほどオナニーそのものは控えたほうがいいという、二律背反を抱えているような気がします。
 オナニー自体が生産的な活動である以上、別の生産的な行動と両立が難しいのは、当たり前の話なのかもしれませんけどね……!

| kanata | 2016/07/24 16:57 | URL | ≫ EDIT

このブログらしい悪ふざけでクッソウケたw

| ああああ | 2016/07/24 19:47 | URL |

>児斗玉文章さん

>まず、自慰行為は気持ちいいが、同性の他人の自慰行為を見るのは気持ち悪い、というのがあります。

 それはアナタのオナニー観であって、世の中には同性を好きになる人もいるんですよ!何を気持ち悪いと思うかは、あくまでアナタのオナニー観なんです!


>kanataさん
>オナニーをすると思考力が落ちますので、生産職の人ほどオナニーそのものは控えたほうがいいという、二律背反を抱えているような気がします。

 いや……どうですかね。
 オナニーをせずに溜め込んでいる方が「頭の中がエロイことでいっぱいだ!」となってしまって、冷静にモノを考えられないってこともあると思いますよ。

 「冷静に考えてじっくり練られて作られた作品」と「頭の中がエロイことだらけの狂気にまみれたどーかしている作品」だったら後者の方が面白い―――みたいなこともあるかも知れませんが(笑)


>ああああさん
 あざーっす!

| やまなしレイ(管理人) | 2016/07/25 00:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2140-a11dae73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT