やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どこをどうしていたら、Wii Uは成功できたのだろう

 よりによってこんな時期に荒れそうな話題をするなよと自分でも思うのですが、秋になっちゃうと恐らくNX(仮)の詳細が発表されるでしょうから、その前に「Wii Uとは何だったのか?」を書いておこうと思います。

 来年3月に予定されている任天堂の新型ゲーム機「NX(仮)」の発売までに、Wii Uの積みゲーを全部消化しようと片っ端からプレイしていて改めて思ったのですが……私にとってWii Uは「非常に満足度の高いゲーム機」でした。
 『Splatoon』に『幻影異聞録♯FE』、『U-EXPLORE SPACE ADVENTURES』など「Wii Uでしか遊べないゲーム体験」はとても楽しかったですし、『スマブラ』や『Wii Fit』などWiiから引き続いたゲームの新作も満足でしたし、『マリオメーカー』や『クニットアンダーグラウンド』は「ネットワークにつながってみんなで遊ぶ楽しさ」を教えてくれましたし、「Wii Uでしか遊べないゲーム」というワケではありませんでしたが『レイマンレジェンド』も『デスマッチラブコメ』も『イトル・デューの伝説』も無茶苦茶面白かったですし、『Wii Street U』には未来を感じたし『ブタメダル』は終わるのが寂しかったし、『ニンテンドーランド』は接待ゲームとしてものすごく重宝しましたし。
 Wiiソフトが安価で遊べるダウンロード版も嬉しかったし(おかげで積みゲーがすごいことに!)、バーチャルコンソールは「キーコンフィグ」と「まるごとバックアップ」でようやく完成形になった上に『MOTHER』シリーズなどWiiの時には出なかったソフトが出たのが良かったですし、Wiiモードも含めるとものすごくたくさんのゲームが遊べる夢のようなゲーム機だったと思います。


 ですが、客観的に見ればWii Uは「ビジネス的に大失敗なゲーム機」だったのは間違いなくて……
 例えば、Wii Uが発売された2012年11月(※1)からNX(仮)の発売が予定されている2017年3月までの期間は「4年5か月」と……2001年9月発売のゲームキューブから2006年11月発売のWii(※2)の「5年3か月」よりも短く、ゲームキューブ以上に短命に終わったゲーム機になってしまいました。

(※1:アメリカでの発売日。日本では2012年12月発売でした)
(※2:アメリカでの発売日。日本では2006年12月発売でした)

 サードメーカーがほとんどソフトを出さなかったことも致命的でしたが、任天堂ですら初期(2013年1月~6月)と末期(2016年5月~)にソフトをほとんど発売しない時期があって、特に末期は「任天堂ですらWii Uを見限ってNX(仮)に移行してるんだな」と分かってしまうほどでした。


 何故こんなことになってしまったのか―――
 どこでどう道を間違えてしまったのか―――

 例えば、今から私がタイムマシンを開発して2008年~2010年あたりの過去に戻って任天堂の人達にアドバイスをするのなら、何を教えればWii Uは成功したのだろうかと思うんですよ。「Wii Uは失敗だったね」というのは結果論では言えるのだけど、「あの時ああしておけば成功していた」という部分も思いつかないんです。最初からもう勝ち目のない負け戦だったんじゃないかと。
 かといって、欧米が「据置機>携帯機」の市場になっていることを考えると「Wiiの後継機は出すな!」とも言えませんし、そもそもWii Uに非常に満足していた私の立場がなくなります。Wii Uが作られなければ、『Splatoon』が生まれない世界線になっちゃいますからね。



 ということで……NX(仮)が発表される直前のこのタイミングで、「Wii Uとは何だったのか?」という私の考えをまとめておこうと思います。



1.スペックか、ギミックか
 現在、同じように据置ゲーム機を展開しているメーカーであっても「任天堂」が「ソニー(SIE)」や「マイクロソフト」とは決定的にちがうところがあります。
 2社が重視していないことを重視しているというか、それ故に2社にはない“枷”に縛られているというか。当たり前すぎるからなのか、あまり語られていないような気がするのですが、ここが任天堂にとって一番重要なところだと私は思っています。


 それは、

 
 「本体価格」です。


 任天堂の歴代の据置ゲーム機の、発売時の定価を並べてみましょう。

・ファミリーコンピュータ: 14800円
・スーパーファミコン: 25000円
・NINTENDO64: 25000円
・ゲームキューブ: 25000円
・Wii: 25000円(税込価格)


 スーパーファミコンからWiiまで、見事なまでに25000円です。
 これは、任天堂がファミリー層を大事にしていることとファミリー層からの支持が強いことが大きいのかなと思います。子どもが誕生日とかクリスマスに親やおじいちゃん・おばあちゃんにねだれるギリギリの価格というか。25000円でもねだられるのは正直キッツイと思いますけど(笑)、このラインをずっと任天堂は死守してきました。

 ゲーム画面付きコントローラを持つWii Uは流石にこのラインが死守できないんじゃないかと思われましたが、プレミアムセットとベーシックセットの2種類を用意して、ベーシックセットの税抜価格が25000円とこの価格に収めてきました。



 それでは他社はどうかというと……
 これらも日本での発売時に「一番安いモデル」の定価で。

【ソニー】
・PlayStation: 39800円
・PlayStation 2: 39800円
・PlayStation 3(20GB): 49980円
・PlayStation 4: 39980円


【マイクロソフト】
・Xbox: 34800円
・Xbox 360: 37900円
・Xbox One: 39980円


 PS3のみ飛びぬけて高いですが(しかも、60GBはもっと高かった)、基本的には4万円前後に集まっていますね。Xbox Oneは海外ではキネクト同梱版しかなくて価格が高かったのですが、半年後にキネクトを付けない安いバージョンが発売され、日本展開は更にその後だったため39980円というのは「キネクトが付かないバージョン」の価格です。



 Wiiが発売された頃、「Wiiリモコンみたいなのじゃなくて、もっとちゃんとハイスペック方面に進んでHDグラフィックのマリオとかゼルダとか出してくれたら買ったのに」と言っている人がいました。
 Wii Uに対しても、「ゲームパッドなんか要らないから、PS4やXoboxOneと同じくらいのハイスペック路線だったら買ったのに」と言っている人は最近でも見かけます。

 しかし、25000円で出せるハイスペックなんてたかが知れているじゃないですか。
 PS3は49980円ですよ。PS4やXboxOneも39980円ですよ。
 「25000円という制約」のある任天堂がスペック勝負で殴り合っても、他社に勝てるワケがないんです。

 だから、Wiiは「Wiiリモコン」というギミックで勝負したし、Wii Uは「ゲームパッド」というギミックで勝負したんです。そうするしかなかったんです。



 「いやいや、やまなしさん。64やゲームキューブは25000円だったけどスペック高かったじゃないですか」と思った人もいるかも知れませんが、それ故に64やゲームキューブは発売が遅かったのです。

【第5世代】
・セガサターン:1994年11月22日、44800円
・PlayStation:1994年12月3日、39800円
・NINTENDO64:1996年6月23日発売、25000円


 「他にもゲーム機あっただろう!3DOとかピピンとかプレイディアとか!」みたいな話は受け付けておりません。ご容赦お願いします。
 64はPSよりも1年半遅れの発売になって、当然この間にPSはソフトのラインナップを増やしていましたし、1996年2月には『FF7』のPSでの発売が発表されましたし、1年半の間に本体値下げがどんどん進んで1996年6月22日には19800円に値下げされました。64はPSよりも1年半遅い発売になったため、スペックでは優れていたとしても、PSの方がソフトがたくさん出ているし価格も安いし『FF』も出る―――と、発売日には既に勝負あった状態だったのです。


【第6世代】
・ドリームキャスト:1998年11月27日発売、29800円
・PlayStation 2:2000年3月4日、39800円
・ゲームキューブ:2001年9月14日、25000円
・Xbox:2002年2月22日、34800円


 ドリキャスについても語りたい気もしますが……今日の記事には関係がないので我慢します。
 ここでも任天堂機はPS陣営から1年半遅れで、PS2は初期はソフトがなかなかそろわなかったものの「DVD再生機能」と「PS1の互換機能」で支持を集め、2001年になってから『鬼武者』や『FF10』とミリオンセラーのソフトが連発して牙城を固めていました。64同様ゲームキューブも、発売日には既に決着がついていたような印象があります。



 最初の項目でこんなに長くなるとは思っていなかったので、そろそろまとめますが……「25000円という制約」のある任天堂が他社のハードとやりあうためには……

一.「スペック」を諦めて、「ギミック」で勝負するWii路線
二.「発売時期」を遅らせて、「価格」と「スペック」を死守する64・GC路線
三.「ファミリー層」を諦めて、本体価格を40000円前後に上げて戦う他社追随路線


 この三つの路線があって……
 Wii Uは「一」を選んだということなんですね。

 んでんでんで、NX(仮)に関しては……『ドラクエ11』や『ソニック』がマルチタイトルで発売されそうということで、PS4から三年遅れの「二」路線という見方も出来るのです。
 まぁ、PS4やXboxOneにも上位機種が噂されているので、NX(仮)が三年遅れでPS4やXboxOneに追いついたとしても、新PS4や新XboxOneにまた置いていかれるんじゃないかと思いますけどね……



2.ファミリー層か、ゲーマー層か
 Wii Uに話を戻します。
 WiiもWii Uも、「ファミリー層」から見捨てられない価格で、「シェア争い」で後退しない発売時期にするために、スペックよりもギミックで勝負するしかなかった―――というのが「1.」で語った話でした。

 Wiiはその辺をものすごく割り切っていたので、WiiリモコンやバランスWiiボードといった「ファミリー層」に受けるギミックで勝負していました。ボタンをほとんど使わない『Wii Sports』や『Wii Fit』は「普段はゲームを遊ばない人」を巻き込み、家族や友達みんなで遊べるゲーム機として支持され。比較的後期に発売された『Wii Party』でも日本で200万本以上、全世界で900万本以上売れた大ヒットになっていました。



 しかし、「ファミリー層」に受けたWiiは、どうしても「一人用のゲーム」がなかなか売れず「ゲーマー層」には支持されませんでした。少なくとも任天堂はそう考えたのでしょう。Wiiの末期はガクッと勢いを失ってしまったこともあり、Wii UはWiiとは全くちがう路線に進みます。

 「Wii Uは体感ゲーム機ではない」という任天堂のCM戦略

 初期のWii Uは「Wiiリモコンを振る操作」などの体感操作をTVCMなどには一切映さず、あくまでWii Uはボタンで遊ぶゲーム機だと見せていきました。ソフトのラインナップも『マリオ』や『ピクミン』や『The Wonderful 101』といった「一人で遊ぶゲーム」を最初の1年に投入していましたし(『マリオ』は複数人プレイも出来るけど)。
 Wii Uが初めてお披露目された2011年E3の「ソフトウェア ラインナップ映像」を観ると、「サードメーカーの暴力的なゲームがたくさん遊べますよ!」とガンガンアピールしているし、実際にWii U初期は『ゾンビU』とかプッシュしていましたものね。

 任天堂は後に「『ニンテンドーランド』が『Wii Sports』のようにならなかったのがWii Uのつまづきの原因」と言っていたと思うのですが。
 両方発売日に買った私からすると『ニンテンドーランド』はストイックな一人用のゲームが多いし、複数人協力プレイのゲームは「ヘタな人が一人でもいると即ゲームオーバーになる」ガチンコ難易度だし、『マリオチェイス』ですら十字キー使えない人には太刀打ちできないし、「どうして『Wii Sports』のようになると思った??」と言いたくなるゲームでした。まぁ、『マリオチェイス』は十字キーに初めて触った当時5歳の甥っ子でも楽しんでいたので、そこは流石だなとは思いますが……

 そもそもゲームパッドの「画面が付いているからテレビを観ながらでもゲームが遊べます」ってのは完全に「一人でゲームを遊ぶ」ことを想定していますし、「ゲームパッドがあればいつでもマップが確認できる」とか「右スティックの代わりにタッチペンが使えるのが便利」とか、「ファミリー層」よりも「ゲーマー層」に向けたギミックなんですよWii Uゲームパッドって。


 「ファミリー層」のために本体価格を25000円に抑えただろうに、
 「ゲーマー層」に向けたソフトとギミックを採用して、
 真っ先に引き入れなければならなかった「ファミリー層」をみすみす逃したのがWii Uのつまづきの最初だったと思います。


 では、任天堂が取りに行った「ゲーマー層」はどうかと言うと……
 ここまで記事で連呼しておいてアレなんですけど、「ゲーマー層」という言葉がものすごく誤解を生んでいると思うんですね。「ゲーマー層」って言われると「どんなゲームでも食わず嫌いせず、時間とお金を惜しまずにゲームを遊ぶことに全力を注ぐ人」みたいな印象になっちゃうんですが。そんな人はたくさんはいないし、そういう人達はWii UだろうがPS4だろうがXboxOneだろうが全機種ゲーム機を揃えますよ。

 「ゲーマー層」という言葉で指している人達を正確に表現するのなら、「人気シリーズのファンで続編が出たら是非遊びたい人達」の総称だと現在の私は考えています。

 例えば……数字はテキトーですけど、

・『ドラクエ』の新作が出たら是非遊びたい人が200万人
・『FF』の新作が出たら是非遊びたい人が150万人
・『バイオハザード』の新作が出たら是非遊びたい人が80万人
・『ゼルダ』の新作が出たら是非遊びたい人が50万人
・『テイルズ』の新作が出たら是非遊びたい人が40万人

 こんな風にそれぞれのシリーズに「固定ファン」がいて、もちろんその中の人は“『ドラクエ』も『FF』も遊びたい人”みたいに重なっていたりもするのですが、逆に言うと全てのシリーズを遊びたい「マスターオブ人気シリーズ」みたいな人はごく少数で。
 どのゲーム機にどの人気シリーズの新作が出るかは、この「固定ファン」を何人引っ張ってこられるかというカードの奪い合いで。任天堂がどんなに「ゲーマー層」をターゲットにしようとも、サードの人気シリーズを引っ張ってこられない限りは、「マリオの新作が出たら是非遊びたい人」と「ゼルダの新作が出たら是非遊びたい人」と「スマブラの新作が出たら是非遊びたい人」と「マリオカートの新作が出たら是非遊びたい人」くらいしか牽引できないんです。Wii Uに至っては、『ゼルダ』の新作もまだ出ていませんしね……


 つまり、「ゲーマー層」が求めているのは「自分の好きなシリーズの続編が出ること」だけなんですよ。「ゲーマー層向けのゲーム機」ってのは「人気のシリーズの続編がたくさん出るゲーム機」なんですよ。スペックとか機能とかは二の次で。
 『ドラクエ9』が出たらシリーズファンはDSを買ったし、『モンハン4』が出たらシリーズファンは3DSを買ったし。



 しかし、「スペックは二の次」とは言いましたが、Wii Uはスペックの問題でPS4やXboxOneとのマルチに対応できず「Wii Uだけ人気シリーズの続編が出ない」という状況になってしまいました。だから、「サードの人気シリーズのファン」からは見向きもされませんでした。結果的に、Wii Uは「ゲーマー層」と呼ばれる人達も逃したのです。


 ということで、「ファミリー層」と「ゲーマー層」の両方を狙いにいって、中途半端な仕様になったことでその両方を逃した―――典型的な「二兎を追う者は一兎をも得ず」なハードがWii Uだと言えるのですが。Wii Uはただ、更にややこしいことに。


 「ファミリー層」にも「ゲーマー層」にも受けた『Splatoon』という奇跡の存在があるので、話がややこしいんですよね……Wii Uというハードは「一兎をも得ず」だったのですが、『Splatoon』というソフトは「二兎を得ちゃった」というか。Wii Uが「二兎を追うハード」だったからこそ『Splatoon』は生まれたとも言えると思うんですね。「ファミリー層」に寄ったWiiでは『Splatoon』は生まれなかったのですから。

 だから、Wii Uというハードは単純に「売れなかったのだから出さなければ良かった」とも言えず、次世代に向けた土台は築いたハードだったとも言えるんです。それはまぁ、NX(仮)の詳細が発表されてから言えば良いことかも知れませんが。



3.サードメーカーがWii Uにソフトを出す未来はあったのか?
 「Wii U」と「サードメーカー」の話で絶対に語らなければならないのが、「ユービーアイソフト」の存在です。
 「ユービーアイソフト」はフランスに本社を置く大手ゲームメーカーで、『レイマン』シリーズ、『アサシンクリード』シリーズ、『ゴーストリコン』シリーズ、『スプリンターセル』シリーズ、『Just Dance』シリーズなど多くのシリーズを抱えています。

 Wiiで『Just Dance』が大ヒットしたからなのか、Wii U発売前から「ユービーアイソフト」はWii Uに力を入れていることを宣言していて、任天堂もローカライズなどをしてプッシュしていくと言っていて……『ゾンビU』や『レイマンレジェンド』など、「Wii Uゲームパッドを活かした」Wii U独占ソフトを発表していました。「社長が訊く」にも取り上げられていましたからね。

 ですが、Wii Uはスタートダッシュに失敗。ソフトの売上も低調だったことで、「ユービーアイソフト」はWii U独占を発表していた『レイマンレジェンド』を発売延期にした上に各ゲーム機で発売するマルチタイトルに変更。日本での発売は任天堂からでしたが任天堂はそれに怒ったからなのかTVCMなどは一切流さず。その後も、「ユービーアイソフト」は『Watch Dogs』の発売をWii U版だけ半年遅らせるなど……子どものケンカか!と言いたくなる遺恨が、任天堂と「ユービーアイソフト」の間に残ってしまいました。


 この話……表層だけ見ると、「Wii Uがスタートダッシュに失敗したことで、サードメーカーが離れていってしまった」と思われるかもしれません。後にそう語り継がれてしまいそうなので、リアルタイムにWii Uを見てきた一人として「そうではない」と記しておかなければならないと思うんですね。


 Wii Uがスタートダッシュに失敗したことで離れていったサードメーカーは「ユービーアイソフト」だけで、その他のサードメーカーは最初からソフトを出していない!!!!

 他のみんなは最初から応援していなかったのに、「最初は応援していたけど途中で応援をやめた人」だけを叩くのはおかしいでしょう。「ユービーアイソフト」は何も悪くない!



 だからですね……私はちょっと思うんですよ。
 もしWii Uがスタートダッシュに大成功していて、Wiiみたいに最初の1年で大きく普及していたとしたら、「ユービーアイソフト」以外のサードメーカーはWii U向けソフトを作ったのだろうか?と。だって、Wiiだってあれだけ普及させても後半ほとんどサードはソフトを作らなくなったじゃないですか。


 Wiiの時だったか3DSの時だったかWii Uの時だったかは忘れちゃいましたが、任天堂は「苦戦しているハード」も一発大逆転で息を吹き返すという例でゲームボーイ時代の『ポケットモンスター』の話を出すことがあります。あの頃のゲームボーイも市場としてはすっかり終わりかけていたのに、『ポケモン』1本(正確には2本)のヒットで市場として息を吹き返して、各サードメーカーもゲームボーイ用ソフトを次々に発売するようになった――――だから、今苦戦しているこのハードも、1本の大ヒットで変わるんだ、と言うことがあります。

 しかし、『Splatoon』が大ヒットしても、どのサードメーカーも「Wii Uでソフトが売れているみたいだからウチも出そうっと!」と動き出しませんでした。それどころか、任天堂自身ですら「『Splatoon』の次のソフト」を特に出していませんからね。
 ソフトの売上もハードの牽引力も、『ポケモン』と『Splatoon』では差があるのも確かなんですが……それ以上に、ゲームボーイとWii Uでは「1本のソフトの開発にかかる期間と費用」が全然ちがいます。他所が売れているみたいだからウチも作ってみるかーみたいな軽い気持ちでWii Uのソフトは作れんでしょう。

 ゲームボーイの時代とちがって、現在は「1本のソフトの大ヒット」でサードメーカーがソフトを作ってはくれないんです。


 だからね……例えばタイムマシンを完成させた私が2008年~2010年くらいの過去に戻って、任天堂に『Splatoon』という最高のゲームのことを正確に伝えて、任天堂自身がそれを完成させて2012年のWii U本体と同時発売で『Splatoon』を発売して100万本の大ヒットを飛ばしたとしても。そこからサードメーカーはソフトを作らないんじゃないかなぁと思うのです。特に日本のサードメーカーは。

 それは、もう「HDグラフィックの据置ゲーム機のソフト」を作れるサードメーカーが日本には数えるほどしかなくなっちゃったことと、スマホ向けや携帯ゲーム機向けの方が安く作れて多く売れるだろうことと、「HDグラフィックの据置ゲーム機のソフト」を作るのならマルチで開発しやすいPS系で出すよって理由が考えられるので……

 何をどうしてもWii Uにサードメーカーはソフトを作らなかっただろうって思いますし、「2.」の項目を思い出すとこの時点で「ゲーマー層」から支持される可能性はほぼ絶望的だったんじゃないかと思うのです。



4.携帯ゲーム機か、据置ゲーム機か
 「2.」の項目で、「人気シリーズには固定ファンがいるので、人気シリーズを引っ張ってこられると固定ファンをそのまま獲得できる」という話を書きました。それこそが「ゲーマー層」という言葉の実際の意味だろうと。

 しかし、実は「話を単純化するために敢えて端折った」こともあって。
 例えば『モンスターハンター』とか『どうぶつの森』シリーズは、「据置ゲーム機で出した時」と「携帯ゲーム機で出した時」で売上が3~4倍ちがったりします。単純に『モンハン』ファン『ぶつ森』ファンと言っても、「携帯ゲーム機だから遊ぶ人」「据置ゲーム機でも遊ぶ人」に分かれるんですね。
 Wii Uは人気シリーズの続編がほとんど出なかったから勝ちハードにはなれなかったと言えますが、Wii Uの先輩であるWiiは携帯ゲーム機なら400万本クラスを売り上げられる『モンハン』『ドラクエ』『どうぶつの森』が揃って発売されたのに、揃って100万本前後に留まったということがあったのです(前2つはオンライン有料というハンデもありましたが)。



 「携帯機なら友達同士で持ち寄って一緒に遊べる」とか、「携帯機ならテレビ画面に縛られず遊べてスリープ&復帰も素早い」とか、「そもそも携帯機の方が普及している」とか、色んな要因があるとは思うんですが……
 そうしたことを受けて、恐らくWii Uの画面付きコントローラは「携帯ゲーム機のように起動できる据置ゲーム機」を目指してああいう形になったんじゃないかと思います。


 Wii U発売前に行われた岩田さん・宮本さん・糸井さんの鼎談を読むと、そういう意図が見られます。

<以下、引用>
岩田 「はい。
 Wiiはその大きなテレビにつながって、そこにはちょっとしたスペースもできて、みんなで身体を動かしたり、わいわい遊ぶことができた。それは、自分たちで言うのもなんですが、すばらしいことだったと思います。 」

糸井「うん。」

岩田「と同時に、ちょっと失ったものもあって。
 なにかというと、リビングのテレビは家族の共有物なので、ほかの人がテレビを見るときにゲームはできないし、誰かがゲームをやっているとテレビが見られないわけです。ということは、ひとりでじっくり遊ぶタイプのものとは、じつは相性がよくなかったんですね。

糸井「うーん、それはそうですね。
 いま「それはそうですね」なんて軽く言ったけど、両方のタイプのゲームをつくってる会社としては、たいへんなジレンマですね、それは。 」

宮本「そうなんです(笑)。」

</ここまで>
※ 改行・強調などは引用者が行いました


 しかし、全てのWii Uソフトが「テレビ画面を使わなくてもゲームパッドの画面だけで遊べる」ワケではありません。その機能に対応していないソフトは相変わらず「ほかの人がテレビを見るときにゲームはできないし、誰かがゲームをやっているとテレビが見られない」し、例えば『スマッシュブラザーズ』のように大画面で遊ぶことを想定したソフトはゲームパッドの画面では小さくてよく見えなかったりしました。

 また、「ゲームパッドの画面だけで遊べる」ということは「1画面だけで遊べる」ということですから、「二画面という特徴のWii U」でなくても遊べるということで、「Wii Uゲームパッドを活かしたゲームになっていない」という批判もありました。というか、そもそも「据置機だけどテレビを使わなくても遊べるよ!」というゲームだったら、「それなら携帯機で良くない?」って話になっちゃいますからね。


 「Wii Uゲームパッドを活かしたゲーム」とは何だ?

 2014年2月の記事。
 当時の私がとてもいいことを言っているので、引用しましょう!

<以下、引用>
 Wii U最初の1年間は「今までのゲームがWii Uゲームパッドのおかげでこんなに遊びやすくなるんですよ」と提案してきたワケで、“今までのゲーム”が好きな人達の方を向いていたワケです。
 でも、2年目のWii Uは「Wii Uゲームパッドでしか実現出来ない“今までにないゲーム”が遊べるんですよ」と提案していくことになります。それは言ってしまえば、「“今までのゲーム”が好きな人達」ではなくて「“今までのゲーム”に飽き飽きしている人達」の方を向く行為であって。Wiiの時と同様に「任天堂はまたゲーマーを軽視するのか!」と言われるのは間違いありませんからね。

</ここまで>


 で、そこから生まれるのが『Splatoon』なのですが。
 『Splatoon』は「テレビ画面」と「ゲームパッドの画面」をフル活用したバリバリの据置ゲーム機のゲームです。

 Wiiはテレビ画面を占拠してしまうため、一人用のゲームが売れなかった。
 そのためWii Uはテレビ画面を占拠しないように、携帯ゲーム機みたいな画面付きコントローラを持って生まれた。そして、携帯ゲーム機のような「テレビ画面を使わなくても遊べるゲーム」をいくつも出したら、「それじゃー別に携帯ゲーム機でイイじゃん」と存在意義を否定され続け―――最終的に行き着いた答えが、「テレビ画面」をバリバリ占拠する一人用ゲーム『Splatoon』だったというのは、WiiからWii Uの流れを見続けてきた身としては驚きでした。


 つまり、据置ゲーム機には「据置ゲーム機としての魅力」が求められていたんです。
 中途半端に携帯ゲーム機っぽさを取り入れても携帯ゲーム機には勝てなかったんです。「テレビ画面を占拠」しても売れるゲームは売れるし、Wiiで一人用のゲームが売れなかったのは別に「テレビ画面を占拠するから」ではなくて「そこまで面白くなさそうだったから」なんです!


 さて、これを受けたNX(仮)の話。
 現在出てきている噂だと、「PS3よりは上だがPS4よりは下なスペックの携帯ゲーム機」で「(多分別売りの)ユニットを使うことでテレビに出力も可能」という「携帯ゲーム機と据置ゲーム機のハイブリッド路線」なのかなぁというところです。

 噂なんで……無難なところではありますよね。
 ベースは携帯ゲーム機だから『モンハン』を持ち寄って遊ぶことも可能だし、テレビを観ながら『どうぶつの森』で木の実を拾ったり『ドラクエ』でレベル上げしたりも可能。
 それでいてテレビにも出力できるなら、『Splatoon』のようにテレビ画面でプレイしないと酔いそうなゲームも遊べますし、任天堂の得意とする「ファミリー層」向けのパーティゲームも出せます。コントローラをどうするのかというところに「ギミック」がありそうな気がしますし。

 『モンハン』を始めとした、現在3DS向けにソフトを出しているシリーズやサードメーカーを引っ張ってこられれば国内シェアという点ではかなり大きいし。任天堂としても「3DS」と「Wii U」に同じシリーズをそれぞれ作らなければならないみたいなことがなくなって、開発リソースを「チャレンジブルな新作」に回せそうですし。
 Wii Uがやりたかったことを実現させる次世代機とも言えるんですね。Wii Uの失敗がNX(仮)に繋がっているというか。


 しかし、「携帯ゲーム機と据置ゲーム機のいいとこどり」は結局中途半端なまま終わってしまわないかとWii Uの顛末を知っている身としては思ってしまうし、ただの高スペック携帯ゲーム機だったら代り映えがしないでしょうし……「携帯ゲーム機と据置ゲーム機のハイブリッド路線」だからこそ実現できたゲームというものを見せてもらいたいですね。


 あくまでまだ噂なんですけど(笑)。


Splatoon(スプラトゥーン) [オンラインコード]Splatoon(スプラトゥーン) [オンラインコード]

任天堂 2015-05-28
売り上げランキング : 1431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「どこをどうしていたら、Wii Uは成功できたのだろう」という記事タイトル通りに、Wii Uが失敗しなかったシナリオを逆転の発想で考えるのなら……やっぱり「ファミリー層を切り捨ててでも高価格・ハイスペック路線に進んでサードメーカーがマルチでソフトを出しやすい環境にする」「ある程度シェアが取れたら数年後に本体価格を下げてファミリー層を狙いに行く」くらいしか思いつきませんねぇ。それもリスキーな話ですが。

 しかし、もしそれでWii Uが大成功してたとしても、スペック重視路線でWii Uゲームパッドを付けていなければ『Splatoon』は出てこないでしょうし……Wii Uユーザーとしては「Wii Uが成功して『Splatoon』が生まれなかった世界線」よりか「Wii Uが失敗して『Splatoon』が生まれた世界線」の方が幸せなのでは?と思わなくもないです。株主からすればふざけんじゃねえって話でしょうが(笑)。



 ただね……「Wii Uというゲーム機なら出来たであろうこと」が碌に出来ないまま世代交代になってしまうのは残念だなぁとは思います。
 例えば『ファイアーエムブレム』とか『ファミコンウォーズ』みたいな数字情報の多いシミュレーションゲームなら、「手元の画面にステータス画面」を映しておいて「テレビ画面に大局」を映すみたいなことも出来たんじゃないかと思います。
 Wiiで出た『ウイニングイレブン プレーメーカー』みたいに複数のキャラを同時に動かすゲームは、大画面タッチパネル+複数のボタンを持ったゲームパッドに向いているんじゃないかと期待していたし。
 Wiiとちがってジャイロセンサーが標準装備されているんだから、PS3の『HEAVY RAIN』みたいにコントローラをあれこれ使わせるアドベンチャーゲームも色々出来たんじゃないかなぁと思いますね。ゲームパッドなら更にマイクやカメラやタッチパネルも付いているし、出来ることが多い!

 これらのソフトが出たからってWii Uのシェアが拡大したとは思わないんですが、Wii Uで出ることで遊びやすくなったゲームはたくさんあったと思いますし、ある程度のシェアを確保しないとこういうゲームが出てこないことを考えるとシェア争いもやっぱり大事だったんだなぁと痛感しました。
 この無念を晴らすためにも、NX(仮)には「テレビ画面とコントローラ画面の二画面の遊び」を引き継いで欲しいなぁと思います。というか、そうじゃないと『Splatoon2』は出せませんしねぇ。

| ゲーム雑記 | 17:56 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>「手元の画面にステータス画面」を映しておいて「テレビ画面に大局」を映すみたいなことも出来たんじゃないか

それ3DSでいいじゃんって話で・・・。
3DSみたいに二つの画面がくっついてると視線移動が楽で見やすいけど、
Wii Uみたいに二つの画面が離れてる形態で視線移動させられても煩わしいだけ。
少なくとも自分はシャープFEやっててそう感じました。
ゲーム自体は超楽しかったですけどw

| MN | 2016/08/21 20:07 | URL |

>MNさん

>それ3DSでいいじゃんって話で・・・。

 画面の大きさと解像度がちがうので、3DSの下画面よりWii Uのゲームパッド画面の方が色々なものを表示できるし、3DSの上画面よりテレビ画面の方が大きいから広いマップや迫力の映像を表示できるし。

 僕は3DSよりWii Uで遊びたかったです。


>Wii Uみたいに二つの画面が離れてる形態で視線移動させられても煩わしいだけ。
 『ゼルダ』の青沼さんもそう言っていたそうですね(なので新作『ゼルダ』は情報が二画面→ 一画面に変更になっている)。僕は『#FE』が「手元のタブレットで情報を確認しながら冒険している」みたいで楽しかったので、そういう評判なのは意外でした。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/08/21 21:16 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。ときどき(失礼)楽しく読ませていただいております。

最初から負け戦だったんじゃないか、というのは正直にそうおもってしまいました。Wii Uはすごくジレンマを抱えたハードというか。

仮にハイスペック路線だったとしても、おっしゃるとおりリスキーですし、任天堂がそれをやっても次に繋がるものがなかったんじゃないか、という気がします。

ええと、なので…はやくNX発表しないかな!とうずうずしております。うすっぺらいコメント失礼いたしました

| K | 2016/08/22 02:19 | URL |

WiiU考察が興味深いです

こんにちは!
はじめてコメントさせていただきます(^o^)

なるほど、WiiUの在り方をこう考えることもできるのか、ととても納得しています。
値段設定やファミリー層狙いなど、ニンテンドーのひとつひとつの戦略は決して間違っていなかったと個人的には思うのに、しかし結果がそれに伴わなかったというのは、やはりビジネスの難しさを感じてしまいます。
私は3DSを持っていますが、それはブレイブリーデフォルトがやりたくて買いましたし、Wiiを買ったのはドラクエ10がやりたいためでした。しかし、WiiUでは、これといってやりたいソフトがなかったので、買うには至りませんでした。
私はハードの性能には全く興味を持っていません。やりたいソフトがあるので、ハードを買う、という行動指針でゲーム機を買っています。それでいて、ハードを買えば、そのゲーム機のソフトをやはりいくつも買ってしまうわけで。1本のゲームをやるために買ったハードで、結果的には、そこそこのゲームを楽しむことになっています。

この自分の心理を踏まえると、ユーザーを捕まえるために必要なのはソフトであり、しかしサードメーカーにソフトを作らせるために必要なのはハードのスペックであることを考えると、結局ハードメーカーは、(ユーザーのためにではなくサードメーカーのために)スペックを上げなければならないのかもしれない、と思うのもあります。
もうひとつ思うのは、3DSにしてもWiiにしても、ですが、結局、そのギミックを使いこなせるのがニンテンドーしかいなかったような気がしています。私がプレイしたソフトで、サードメーカーが、その性能をフルに使っていると思えたゲームはあまりありません。
ユーザー目線ではとてもよいギミックだと思えるのですが、ではサードメーカーが、そのギミックをうまく使えるゲームを開発できるのかというと、そうでもなかったのではないかと、今思っています。
少し辛口に表現すると、サードメーカーの発想力が足りなかったことが、ニンテンドーを苦しめてしまったのではないかと、そんな気がするのです。

もうひとつ気になることがありました。
古い話ですが、ファミコンと同世代のディスクシステムにおいて、書き換えシステムができたとき、ユーザーとしては「ホントにいいのか?」と思うぐらい嬉しいことでした。1枚2500円もするソフトが、500円で書き換えられるのです。
しかし、それも長く持ちませんでした。ユーザーに支持されたにもかかわらず、それが続かなかった理由としての一説に、書き換えの利益をニンテンドーが独占していたからだ、というものがありました。真実は定かではないのですが、そういう話をよく耳にしました。ファミコンやスーファミでソフトを出す際にも、高いマージンが発生していて、サードメーカーを苦しめた、という話も、まことしやかに噂されていました。
それで、サードメーカーがニンテンドーから離れていった、という話も。

WiiやWiiUでも、同じようなことが起こっているのではないかと邪推してしまい、ギミックやスペックとは別のところでサードメーカー離れが起こっているのではないかと、そんな風にも思ってしまいました。

噂と邪推による解釈なので、ナンセンスなことを書いてしまったかもしれませんが、ちょっとそういう考察をしてみました。

| かえさる | 2016/08/22 13:09 | URL | ≫ EDIT

サードについてどうにかしたかったらGC世代までさかのぼる必要があるような……

PS3とWiiの発表前は明らかにPS3が本命でした。
(PS2が圧倒的勝者でしたから)
当然、ハード発表時のソフトの予定でもサードはPS3を重視していましたし。

その後Wiiがスタートダッシュを決めると、サードもソフトを出しますが、シリーズもの本編となるとソニックとモンハンとテイルズくらいでしょうか?
突貫やスピンオフものばっか出ていたためにやまなしさんの言うゲーマーへの請求力がなく、「任天堂機ではサードが売れない」という印象がついてしまった気がします。

つまりWiiUでサードが売れるにはGC⇒Wiiの世代移行の時にどうにかしなきゃいけなかったのではないかと思います。
Wii&WiiUはサードシリーズものはあまりありませんが、個人的にはWii初期のサード新規IPは頑張っていた名作が多いと思っています。
そういう挑戦ができる土壌となってくれればうれしかったのですが、サードが冒険するにはゲーム開発費が高騰し過ぎましたね。

NXがうわさ通り携帯機と据え置き機のハイブリットであるのなら、3DSに注力しているサードがどうするのかは気になりますね。
自分は任天堂専用機でも困りませんが、賑わって困ることは何一つないですしね!

| とりす | 2016/08/22 15:08 | URL |

こんばんは。個人的にもWiiUは好きでしたね。
コントローラの重さ以外は。
シリーズものでは完成度の高い作品が多くリリースされましたし、新規タイトルではやはりスプラトゥーンがずば抜けていました。スプラトゥーンほどのクオリティのものがあれば、やはりテレビがどうのとかは考えなくてもいいわけです。
任天堂には今後もカジュアルで奥の深いゲームを期待しています。
NXの仕掛けは正直分かりませんが、ひとつ取り入れてほしいものがあります。
それは、電源をオフにしなくてもいいゲーム機です。まさにスマホのようなものですが。
やはりコンシューマをスマホと比べた時に電源を入れなくてはいけない、ソフトが起動するのをゆっくり待たなくてはいけない、というのは非常に不利な部分です。ぱっと思いついたときに瞬間的にプレイ出来るような環境にしてもらいたいと思っています。

| qua | 2016/08/22 20:45 | URL |

楽しく読ませていただきました!
すごくどうでもいいことなんですけど、やまなしさんってぶつ森派なんですね。
ちなみに私はどう森派です

| ちくわ | 2016/08/23 08:03 | URL |

>>WiiやWiiUでも、同じようなことが起こっているのではないかと邪推してしまい、ギミックやスペックとは別のところでサードメーカー離れが起こっているのではないかと、そんな風にも思ってしまいました。

以前アルケミストの社長が任天堂に提言してネットの議論の種になってましたが、ソフト生産の条件がソニーやMSに比べて悪く、小規模なヒットで利益をあげ辛い構造になってるというのは一因としてあるかもしれません。(かなり前の話ですので今はある程度改善されてるかもですが)
任天堂は生産力と言う点でどうしても自社でメディア工場を持っているソニーに劣りますのでリピート生産が遅く、細かな重版が出来ないので(近年では世界樹の不思議なダンジョンが1ヶ月以上品薄が続きました)生産数の調整が難しい。出版なんかでもよくある話ですが、初版がヒットして注文がたくさん入ったから再販したら、再販にかかった時間の間に熱が冷めて再販分が不良在庫と化すというリスクがあるのです。
その上発注単位も他社に比べて多く(ソニーなんかは100本単位での生産を受け付けているとか)全額前金での支払が求められるということでこれは中小ソフトハウスにはかなり厳しい条件でしょう。
現状、Vitaが販売台数で3DSに劣るにもかかわらずソフトのタイトル数に恵まれているのはマルチタイトルの他にこういう事情が影響してるかと。
(これを考えるとかつて大批判をうけたUMDも、フラッシュメモリが今程安価でなかった時代にリピート生産前提のビジネスモデルを携帯機で成立させるためのやむをえない選択だったのかも。ちなみに任天堂は今も昔もマスクROMです)

どちらかというと中小よりの話ではありますが、大作シリーズのファンだって何もそれしか遊ばない訳でもなく全体的なラインナップ数というのはとても重要な訳で、NXがDSのような息の長いヒット商品になるにはこういう点の改善も必要かもしれません。

| figaro | 2016/08/23 10:36 | URL |

こんにちは、発売日にWiiUを買った者です。

テレビの画面が無くても遊べるという点はよかったのですが、GamePadの不満点が、
1.画面を見ながら長く持ち続けるには重たい。
2.画質がSD画質。
3.バッテリーが小さいので充電しながらのプレイになる。
4.カメラが内カメラのみ。

サードメーカーの予備バッテリーを付けていたので持ち続けて長くプレイするのには余計に向いていませんでした。
ゲームパッドをテレビ画面代わりに、操作はPROコンor蔵コンという選択儀も欲しかったです(※一部VCやWiiソフトではできました)

マリオメーカーやSplatoonが出るまでゲームパッドを生かしたソフトといえばカラオケUとWii FitUくらいでしたので、ゲームパッドをオプション扱いにして本体+Wiiリモコンで15000円で売り出せば普及したのではないかといまさらながら思います。

| MSR | 2016/08/23 13:36 | URL |

  「2万5000円の足かせ」があって、サードパーティーさん達が「参入して儲かる市場」にしなければいけないというのは大変ですね。。NX、どういう策を施してくるのでしょうか。
   Wiiのように「売れても任天堂のソフトしか売れない」、もしくはWiiU・キューブのように「負けハード」を繰り返してしまうんじゃないかと不安です。
   ファミコン・スーファミ・DSのようにサードさんも売れて、非ゲーマーの人も遊ぶプラットフォームになって欲しいなあと思っているのですが。。

| qqqqq | 2016/08/23 20:13 | URL |

>Kさん

 ありがとうございます!
 Kさんに毎回読んでもらえるようにがんばってブログ書きます!


>かえさるさん
>もうひとつ思うのは、3DSにしてもWiiにしても、ですが、結局、そのギミックを使いこなせるのがニンテンドーしかいなかったような気がしています。

 3DSは僕は立体視ができないので何とも言えませんが、Wiiは結構あったと思いますよ。
 バンナムの『ファミリースキー』は海外で特に好評で続編も出ましたし、『ゴーバケーション』に繋がって、それが評価されてスマブラ開発に抜擢されたくらいですし。
 僕はプレイしていませんが、コナミの『エレビッツ』、カプコンの『宝島Z』、アトラスの『カドゥケウス』シリーズなんかはWiiリモコンの活用法として評価が高かったですね。

 ただ、やっぱり「サードは使いこなせていなかった」と言われてしまうくらい、知られていなかったのが問題だったのかなぁと思います。
 これはWii Uもそうで、ゲームパッドを活用したサードのソフトがあっても全然話題にならなくて……例えばDSでヒットした『レイトン教授』とか3DSの『妖怪ウォッチ』とかでもDSや3DSの機能を活かしたソフトとは言われないので、サードのソフトは例えヒットしたとしてもそういう指標では語られないのかなと思います。


>ディスクシステム
 ロイヤリティの話は噂以上のことは分からないので特に語りませんけど……
 ディスクシステムが長続きしなかったのは「大容量」「セーブ可能」というディスクシステムの売りがファミコンのROMカセットでも可能になっちゃったので、そもそも本体が普及しなかった(海外では発売すらしなかった)のが原因だと思いますよ。

 僕の友達でディスクシステム持っていた割合は10人に1人くらいでしたし……


>とりすさん
 サードの話をとことんするのなら、それこそPSと64時代に「64を見限ってPSで出す」サードメーカーが多かったことが原因で、更にその前にさかのぼると「ソニーとのスーファミCD-ROMの決裂」と「ナムコとの冷戦関係」まで戻らなきゃならないので……

 GCもサードのソフトは特に売れていませんし、そもそも出たソフトも『バイオ』や『テイルズ』などPS2でも遊べちゃうソフトばかりでしたし……その頃にあった「PS系さえ持っていればサードの人気シリーズは遊べる」という認識は今も続いていると思います。


 3DSも5年前の3DSカンファレンスで『モンハン』を始めとしたサードのソフトを大量に見せたことで息を吹き返したので……NX(仮)もやっぱり「サードがどのくらい本気を出してくれるのか」次第でしょうね。

https://www.nintendo.co.jp/event/conference2011/titlelist/


>quaさん
 みんな「コントローラが重い」って感想なんですね(笑)
 自分はあまり気にしたことなかったなぁ……

>電源をオフにしなくてもいいゲーム機です。
 これは自分もマストだと思いますねー。
 入っていなければNX(仮)は買わなくてもイイやってくらいに。


>ちくわさん
 確かに、『どうぶつの森』というタイトルは「しょくぶつの森じゃなくてどうぶつの森だよ」というのがポイントなワケで……『どう』の方を残すのが略称としては正しいのか??

 自分もどうして『ぶつ森』と略し始めたのかは覚えていないです。


>figaroさん
 この手の話は確かに大きそうですねー。
 なので、任天堂も中小にはパッケージソフトよりもダウンロードソフトを勧めるみたいな話もありますし、任天堂としても簡単に解決できる問題ではないと四苦八苦しているのかもですね。

 個人的には、みんなもっとダウンロード販売を利用しようよとは思います。


>MSRさん
>ゲームパッドをオプション扱いにして本体+Wiiリモコンで15000円で売り出せば普及したのではないか

 これをやったら『Splatoon』は作られもしません。
 あれは「Wii Uゲームパッドの二画面を使った遊び」から生まれたものなので、ゲームパッドがオプション品だったらそもそも企画会議そのものが存在しなかったと思います。

 そもそもWii Uが売れなかったのは価格が原因じゃないですしね……


>サードメーカーの予備バッテリーを付けていたので持ち続けて長くプレイするのには余計に向いていませんでした。

 コンセント繋ぎっぱなしじゃダメなんですかね……?
 僕は長時間プレイするゲームの時はそうしていました。



>qqqqqさん
 卵が先か、鶏が先かって話ですが……
 サードのソフトが売れない原因は、「サードも特に本気になってなくて人気シリーズを投入していない」か「そもそも普及台数がそこまでいっていない」かのどちらかで。

 DSや3DSがしっかりサードのソフトも売れるようになったのは、「ある程度の普及台数になって」「サードが本気のソフトを投入するようになった」からで。

 そう考えると、NX(仮)は発表時にどれだけサードの本気ソフトを見せられるかで決まるかなーと思います。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/08/23 23:40 | URL | ≫ EDIT

ああ、すいません。
「Wiiはスタートダッシュを決めて初期は間違いなく勝ちハードだったのにサードは……」というニュアンスです。
64とGCはやまなしさんの書いた通り出遅れたため、サードが全力じゃなくても不思議ではないのですが、Wiiの時は売れたのにサードの腰が重かった印象です。
結局は発売前からFF、MGS、MH(これはWiiに移りましたが)などのシリーズものを発表していたPS3の強みが影響したのかな、と。

その流れを引き継ぎ、なおかつ初動がWiiに及ばなかったWiiUにサードが寄り付かないのはある意味必然でしたね。
任天堂は失敗を活かせる会社だと信じているんで、NXでどういう手を打ってくるか楽しみですね。

| とりす | 2016/08/25 20:06 | URL |

>とりすさん

 Wiiのサードの話はちょっと複雑で……
 例えばハドソンとかマーベラスとか、「大手とは言えないメーカー」は2009年くらいまで割とソフトを投入してくれたんですね。しかし、そうしたメーカーも経営が厳しくなったり、一人用のソフトが売れなかったりで撤退していった……

 大手(というかPSの人気シリーズ)は仰る通り発売前からPS3にソフトを発表していたので、例えば『バイオ5』をHD機で出した後に『バイオ6』をSD機であるWiiで出すみたいなことはありえなかったのかなと思います。かといってWiiのスペックじゃ『5』をそのままマルチで出すのも厳しいし……


 そう考えると、やっぱり「発売前からどれだけサードの人気シリーズを抱えているか」か「(3DSで言う妖怪ウォッチみたいに)そのハードから生まれる新規の人気作を生み出せる」かが重要なのかなーと。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/08/26 00:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2152-8d20f45c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT