やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年8月の活動報告

 遅くとも8月中にはブログをまとめた電子書籍本を発売しようと思っていたのですが、どうやらもうムリみたいです……これを書いている8月30日夜の時点で、ペン入れが終わっていないページが4ページ、仕上げが終わっていないページが13ページあるのです(しかも、1枚はカラー)。

 む、無念……!


<2016年8月の購入金額>
mediamarker2016-8-1.jpg

 今月はWii UのWiiソフトダウンロード版の大量投入があったのだけど、出費が13000円台に突入してしまったため、最終週の『ワリオランドシェイク』は来月買うことにしました。夏休みシーズンは電子書籍とかダウンロードゲームとかエロ動画とかの大型セールがあるので、ついついお金が出ていってしまいますね。それらを消化する時間は全くないのに!!


<2016年8月の購入本数>
◇ 本・雑誌(電子書籍も含む):3冊
 紙の本:1冊
 電子書籍:2冊
 電子書籍(無料の本):0冊

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):6本
 パッケージソフト(ダウンロード版含む):0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):3本
 ダウンロード専売のゲーム:3本

 『ガンマンストーリーHDコレクション』は『ガンマンストーリー1』と『ガンマンストーリー2』を1セットにして、『2』のキャラで『1』のステージをプレイ出来たりする追加要素もある1本のソフトなのですが……積みゲー計算のために「2本」としてカウントすることにしました。『1』はクリアしたけど『2』はまだクリアしていないんで……


<2016年8月の読了数>
mediamarker2016-8-2-2.jpg
◇ 本・漫画・雑誌(電子書籍も含む):12冊(再読2冊)
 紙の本:1冊(再読0冊)
 自炊した本:1冊(再読0冊)
 電子書籍:10冊(再読2冊)

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):4本
 パッケージソフト(のダウンロード版含む):0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):1本
 ダウンロード専売のゲーム:3本

<積み電子書籍:漫画183冊、小説27冊、その他1冊
 → 積み電子書籍の合計は現在211冊です>
<積みゲー:Wii U&Wiiが20本+7本、3DS&DSが22本+3本、PCが1本
 → 積みゲーの合計は現在53本です>


 今月は本が読めなかったですね……
 去年にセールで買ったライトノベル全13冊を「1か月1巻ずつのペース」で読んでいて、3月・4月・5月・6月・7月と読み進められていたのですが、とうとう今月は頓挫しました。今までは「寝る前の30分は読書の時間」と確保してきたのですが……今月はもう倒れこむように眠ってしまったり、オリンピックがあったので「この合間に寝なきゃ!」みたいにスキマ時間で急いで眠っていたりしたので、読書時間が確保できませんでした。

 しかし、本はあまり購入していなかったために積み電子書籍は微減、ゲームはクリアした数も多いものの購入した数も多かったため積みゲーは微増でした。NX(仮)発売までの7か月で、Wii&Wii Uのソフトが残り27本ということは……1か月4本のペースでクリアすればイイのか。よ、余裕っしょ!


【今月のピックアップ】
同居人の美少女がレズビアンだった件。
同居人の美少女がレズビアンだった件。

 先月セールで買っていたキンドル本を、今月になって読了。
 「日本初のレズビアンタレント」と言われたこともある牧村朝子さんがエッセイ本『百合のリアル』を作る際に、その宣伝のためにWEBで連載していた4コマ漫画形式のコミックエッセイを書籍にしてまとめた本だそうです(私が読んだのは更にその電子書籍版)。

 「33人が同居するシェアハウス」で、「たまたま出会った美少女がタレント」で「レズビアン」だった―――というものすごいキャッチーな要素がてんこもりのエッセイなんだけど。私が思ったのは「シェアハウスのリアルな暮らし」とか「レズビアンな女性の実態」とかよりも、この本は“20代の二人の若者が出会い、目指すものも全然ちがう二人が「相棒」としてお互いに成り上がって成長していく姿”を描いた本だなということでした。

 牧村さんについて書かれた本ですけど、視点はあくまで著者である小池みきさんで、本来なら接点もなさそうな二人が「同じシェアハウスに暮らしていた」ことで出会い、その出会いが二人共それぞれの人生を変えていく様が描かれていて―――喩えとして適切か分からないんですけど、私の中では『まんが道』とかと同じ箱に入る作品だったなーと思いました。

 公式サイトにもサンプルがあるので、興味がある人はどうぞ。


<2016年8月のゲームプレイ時間>
WiiU_screenshot_GamePad_004C0_201608310140104bf.jpg
mediamarker2016-8-3.jpg
mediamarker2016-8-4.jpg

 最近ちょっとシャレにならないくらいに太ってきたので、今月後半から本腰を入れて『Wii Fit』を再開しました。これまでも肩凝り防止のために肩を鍛えるトレーニングと、体力を落とさないために「ながらジョギング」は続けていたのですが、どうにもずっと同じメニューだけを続けるルーティンになっていて。

 (出来るかぎりは)毎日「ヨガ」3種+「筋トレ」3種をメニューを変えながらチョイスして、「燃焼フラフープ」と「ながらボクシング」を残った時間に入れ込んで、HDDに溜まった映画を消化しながらトレーニングすることにしました。

 そうしたらまぁ、映画が頭に入らない入らない(笑)。
 ヨガ・筋トレは「テレビ画面を観られない姿勢になるメニュー」も多いので、その間に何が起こっているのかは見えないし、「燃焼フラフープ」はシャンシャンという音がうるさいのでシリアスな会話のシーンだと台詞がよく聞こえないし、ゲームパッドの画面に集中している間に映画の方では大事なことが起こっていることもあるし、そもそもクッタクタになってくると頭がまわらなくなるし。

 でも、こういう状況で観ていると「分かりやすい展開」とか「よくある話」とか「状況を説明してくれる台詞」とかがものすごくありがたいんだなと思いました。じっくり腰を据えて「映画を観るぞー!」と観ている時とは違う価値基準が出来て面白いです。


 だから、もうちょっと続けてみようかなと。


【今月のピックアップ】
dew0.jpg
<画像はWii Uダウンロードソフト『イトル・デューの伝説』より引用>

 今月遊んだゲームの中でオススメなのは、Wii Uダウンロードソフト『イトル・デューの伝説 失われた島と謎の城』公式サイト)です!
 日本語化されているのかはごめんなさい、よく分からなかったのですが……SteamiOSアプリAndroidアプリでも出ていますね。スマホのバーチャルパッドでこれを遊べるのか……?


dew2.jpg
<画像はWii Uダウンロードソフト『イトル・デューの伝説』より引用>

 公式ジャンルが「アクションアドベンチャー」になっていて、遊んだ人達からの評判も「ゼルダっぽい」「ゼルダっぽい」というものが多かったんですけど……どっちかというと「アクションパズル」の要素の方が強いんじゃないかなと私は思います。『ゼルダ』のようにダンジョン全体を使った仕掛けがあるワケではなく、一部屋一部屋のパズルを解いて進んで、ダンジョンの最後にボス戦がある―――ってイメージです。

 クリアだけなら私は 3時間くらいで終わったんですけど、カード集めや「達人の洞窟」をクリアしたら最終的なプレイ時間は8.5時間でした(ネタバレ防止のためクリア時間は反転させて読んでください)

 「アクションアドベンチャー」として期待すると、敵との攻撃の間合いがつかみにくかったり、ボス戦があまり面白くなかったりという難点もあるのですが……「アクションパズル」として見るとなかなかの歯ごたえで、特に「達人の洞窟」は「一見簡単そう」に見えるのに「全く動かない」局面が「逆転の発想で突破できる」のが『ラビ×ラビ』みたいで無茶苦茶楽しかったです。

dew1.jpg
dew3.jpg
<画像はWii Uダウンロードソフト『イトル・デューの伝説』より引用>

 世界観の作り込みや、テキストも楽しい。
 



 続編となる『Ittle Dew 2』も制作中だそうで、開発会社のサイトによるとPS4・XboxOne・Steamで発売予定みたいですね。しかし、割とガッツリとしたアクションゲームになっているような……


<2016年8月のブログ>
【創作】
日本でも始まったキンドル定額読み放題サービス!KDPで出版している身として思ったこと(8/4)

【哲学】
オナニーは一人でするものなのか、誰かの力を借りてこそオナニーなのか(8/9)
「読書感想文」から学べること、学ばなければならなかったこと(8/14)
みんなが絶賛しているものを自分だけ楽しめなかった時にとるべき行動(8/26)

【アニメ】
物語の序盤だけアニメ化して、それで魅力が伝わるのか(8/18)

【ゲーム】
後ろで見ているギャラリーが口出ししたくなるゲーム(8/7)
「ゲームを遊ぶための時間」以外にゲームを遊ぶこと(8/11)
『Pokémon GO』が気付かせてくれたもの(8/16)
どこをどうしていたら、Wii Uは成功できたのだろう(8/21)

【ニコ生】
とうとうゲーム実況用に分配器を購入!これで遅延も恐れることはない!(8/2)


 今月は「どこをどうしていたら、Wii Uは成功できたのだろう」を中心に、「みんなが絶賛しているものを自分だけ楽しめなかった時にとるべき行動」や「オナニーは一人でするものなのか、誰かの力を借りてこそオナニーなのか」などニュースサイトさんで紹介してもらえた記事が多かったためにアクセス数が好調でした。
 ここ最近ははてなブックマークからのアクセス数が減っているかなと思っていたのですが、「どこをどうしていたら、Wii Uは成功できたのだろう」のように100を超えるくらいの勢いがあればそこそこのアクセス数になるんだなーと思いました(それでも以前に比べればブクマ数に比べてアクセス数は落ちているような気もしますが……)



<2016年8月の創作活動報告>
・ブログをまとめた電子書籍、漫画28ページ完成
・ブログをまとめた電子書籍、イラスト47枚完成
・ブログをまとめた電子書籍、文章は全て完成

 今月中には発売させたかったんですけどねー!(1か月ぶり2度目)
 現在もう限界ギリギリの死ぬ思いで追い込みの作業をしているので、数日以内には発売できると思います……多分、きっと、死ななければ。

 遅れに遅れまくった分だけ、1ミリの悔いも残さない「やりきった1冊」になると思います。このブログのこんな記事のラストまで読んでくださっている人には是非買って読んでもらいたい!本当にもう「集大成」としか言いようのない1冊になっていますからね!

| ひび雑記 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2154-dc11926f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT