やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分が期待している2016年の秋アニメラインナップ

※ 9月24日追記:『灼熱の卓球娘』と『ユーリ!!! on ICE』を追加しました
※ 9月27日追記:『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』と『うどんの国の金色毛鞠』と『魔法少女育成計画』を追加しました
※ 9月28日追記:『終末のイゼッタ』と『ろんぐらいだぁす!』を追加しました


 またこの時期が来ましたよ!
 3ヶ月に1度、来月から始まる(主に)深夜アニメの中から、自分が「とりあえず第1話だけでも観てみよう」とした作品をリストアップするだけの記事です!アニメ初心者の人は「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」と絶望してしまうかも知れないので、その参考情報の一つになれればイイかなと思います。



 さて、ラインナップを見ると今季は特に「2期モノ」とか「分割2クールの2クール目」などの続編が多いなぁという印象です。自分が観ていたのだと、『響け!ユーフォニアム』の2期と、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の後半2クールと、『魔法少女なんてもういいですから。』の2期がそうでした。これだけでもう3枠埋まっちゃっているという。


 でも、せっかく注目アニメを7本紹介する記事なのに、1枠目は『響け!ユーフォニアム』の2期です!、2枠目は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の後半2クールです!ってやっても意味ないと思うんですね。「2期モノ」は「1期を観ていた人」なら黙ってても観るでしょうし、「1期を観ていなかった人」はどんなにオススメしても観ないでしょうし。

 だから、今日紹介するのは「2期モノ」でも「分割2クールの2クール目」でも「スピンオフ作品」でもない“今季から始まる新作アニメ”を7本選びました!新作アニメにしっかり注目してちゃんと紹介していくために、こんな記事を書いているワケですからね!


(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの切り方”講座
(関連記事:初心者の自分が、インターネットの無料配信で深夜アニメを観てみました
(関連記事:たくさんあるアニメ作品を「食わず嫌い」すること

 来季始まるアニメを全部網羅したいという人は、『脳とアニメーション』さんの一覧記事『あにめも』さんのアニメチェックのページを見ると分かりやすいと思います。



◇ 『フリップフラッパーズ』
 <公式サイト
 <女女女男男

 今季のプッシュ1枠目はこちら!
 『天体のメソッド』のStudio 3Hzによるオリジナルアニメーションで、2人の少女を主人公にした変身ヒロインSF冒険活劇です。コンセプトアートが『TARI TARI』や『ローリングガールズ』のキャラクター原案のtanuさん、プロデュースが『SHIROBAKO』などのインフィニットとなっています。

 今季、主人公の女のコが変身して戦うアニメが数本あるんですけど……その中でこの作品を選んだのは、なんだかこの作品には「何かに似ているようで他のどんな作品にも似ていない」独特の雰囲気を感じたからです。
 こういう作品はハマらない時は全くハマらないのだけど、ハマるとものすごくハマるものなので……敢えて1枠目に選びました!

 みんな注目するんだ!そして、期待を裏切らない面白い作品であってくれ!!



 放送日程は、
 AT-Xでは10月6日~(木曜日夜)
 TOKYO MXでは10月6日~(木曜日夜)
 サンテレビでは10月6日~(木曜日深夜)
 BSフジでは10月9日~(日曜日深夜)



◇ 『3月のライオン』
 <公式サイト
 <男女女女男

【キンドル本】
3月のライオン 1 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 2 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 3 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
3月のライオン 5 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 6 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 7 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)
3月のライオン 9 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 10 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)

 正直、すっごく悩んだんですけど……
 紹介しないワケにもいかないべと思い、7本の中に加えました。

 原作は『ハチミツとクローバー』の羽海野チカ先生がヤングアニマルにて連載している青春漫画で、高校生でありながらプロ棋士の少年と、下町に暮らす三姉妹との交流を描いた作品です。新房昭之監督によるシャフト制作、NHK総合で2クール(全22話)放送と―――超超超超注目作品なんですけど。

 私、原作が大大大大大大好きなんですよね……
 好きな原作がアニメ化して観ても楽しめないことがほとんどの私なので、「ここが原作とちがう!」とか「原作の方がテンポ良かった!」とか謎の不満をグチグチ言いそうですし。何より感想をTwitterに書く際にうっかり先の展開をネタバレしちゃうかも知れないし。観るかどうかも、紹介するかどうかも、悩んだのですが……


 私のことは置いといて、この作品を知らない人はとりあえず観とけ!という思いを込めて紹介しました。
 あと、「大大大大大大好き」と言いつつも、最近は買った漫画を読まずに積んで何巻まで読んだか覚えていないという状況がどの作品でも続いている私なので。実は最近の巻は読んでいないし、いいかんじに細かいところを忘れているんじゃないのかなーと期待しているところもあります。




 放送日程は、
 NHK総合で10月8日~(土曜日夜)


【紙の本】
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス) 3月のライオン 2 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 3 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
3月のライオン 5 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 6 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 7 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)
3月のライオン 9 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 10 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 11 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)




◇ 『舟を編む』
 <公式サイト
 <男男女男男

【キンドル本】
舟を編む (光文社文庫)
舟を編む (光文社文庫)

 今季の「ノイタミナ」枠。
 原作は三浦しをん先生による小説で、新しい辞書を編纂する辞書編集部を描いた作品です。2013年には松田龍平さん主演で映画化もされていますね。

 ここのところは「中高生向け」というか「普通の深夜アニメ」っぽい枠になっていた「ノイタミナ」枠ですが、久々に「一般向け」っぽいというか何というか「大人を主人公にしたアニメ」をやるんだなと思いました。いや、『僕だけがいない街』も大人が主人公と言えば大人が主人公でしたが(笑)。

 原作の挿絵を元々描いていたということもあって、キャラクター原案が『昭和元禄落語心中』の雲田はるこ先生。声優陣も櫻井孝宏さんや神谷浩史さんなどで女性受けしそうな一方で、PV観ても「冴えない主人公が辞書作りへ情熱を向けて走り出す」というド鉄板な熱さを感じてすごく面白そうです。




 放送日程は、
 フジテレビ〝ノイタミナ〟にて10月13日~(木曜日深夜24:55)
 ほか各局でも放送開始。

【紙の本】
舟を編む (光文社文庫)
舟を編む (光文社文庫)




◇ 『ドリフターズ』
 <公式サイト
 <男男男男男

【キンドル本】
ドリフターズ(1) (ヤングキングコミックス) ドリフターズ(2) (ヤングキングコミックス) ドリフターズ(3) (ヤングキングコミックス) ドリフターズ(4) (ヤングキングコミックス)
ドリフターズ(5) (ヤングキングコミックス)

 原作は『HELLSING』の平野耕太先生がヤングキングアワーズに連載中のアクション漫画で、実は今回PVを観るまでどんな作品か知らなかったのですがPV観て度肝を抜かれました。
 関ケ原を戦っていた侍、大日本帝国海軍のパイロット、西部開拓時代の強盗団、カルタゴの将軍……などなどなど、時代も国もバラバラな歴史上の偉人達が「漂流者(ドリフターズ)」として異世界に集められて、そこでまた戦を始めるという作品だそうです。ものすごい夢いっぱいの設定だけど、こんなのお話としてまとめられるの!?

 それに加えてアニメスタッフ陣も、倉田英之さんと黒田洋介さんが脚本を書かれるということで……この二人が共同で脚本を書くの!?という驚きも。この二人で組むのは17年ぶりなんですって……まだ20世紀の頃の話だと。

 ものすごく楽しみだけど、どうなるのか蓋を開けてみないと分からない……とりあえず楽しみにしています!




 放送日程は、
 TOKYO MXでは10月7日~(金曜日夜)
 AbemaTVでは10月7日~(金曜日夜)
 とちぎテレビでは10月7日~(金曜日夜)
 KBS京都では10月7日~(金曜日深夜)
 南日本放送では10月7日~(金曜日深夜)
 岐阜放送では10月10日~(月曜日深夜)

【紙の本】
ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス) ドリフターズ 2 (ヤングキングコミックス) ドリフターズ 3 (ヤングキングコミックス) ドリフターズ  第4巻 (ヤングキング・コミックス)
ドリフターズ  5巻 (ヤングキングコミックス)



◇ 『ステラのまほう』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
ステラのまほう 1巻 (まんがタイムKRコミックス) ステラのまほう 2巻 (まんがタイムKRコミックス) ステラのまほう 3巻 (まんがタイムKRコミックス)

 今季の日常アニメはこちらを選びました。
 原作はまんがタイムきららMAXにて連載中のくろば・U先生の4コマ漫画で、高校の同人ゲーム制作サークルを舞台にした部活モノ……と言えるのですが、9月まで「ゲーム制作会社」を舞台にしたアニメを放送していた枠で、10月から「同人ゲーム制作サークル」を舞台にしたアニメを放送するのって、グレード下がっていないか!?しかも、シリーズ構成が同じ志茂文彦さんだ!

 でも、個人的にはやっぱり「高校入学から始まる部活モノ」が好きなんですね。このメンバーでゲームを全部完成させなければならないというのも、「ゲーム制作会社」とはちがう「同人ゲーム制作サークル」ならではの物語になると思うので楽しみですし。
 監督は川面真也さんで、制作がSILVER LINK.なので、どっちかというと『のんのんびより』布陣。クオリティには全く不安がないので、安牌な5枠目に選びました。




【紙の本】
ステラのまほう (1) (まんがタイムKRコミックス) ステラのまほう (2) (まんがタイムKRコミックス) ステラのまほう (3) (まんがタイムKRコミックス) ステラのまほう (4) (まんがタイムKRコミックス)



◇ 『バーナード嬢曰く。』
 <公式サイト
 <女女男女

【キンドル本】
バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス) バーナード嬢曰く。: 2 (REXコミックス)

 毛色のちがう作品を選ぶ6枠目です。
 原作は『電撃コミック ジャパン』→ 『月刊ComicREX』へと移籍して連載されているギャグ漫画で、学校の図書室を舞台に登場人物たちが名言や名著について会話するというものだそうです。主人公の設定からして「本を読まずに読書家ぶりたい女の子。」ですからね……(笑)。

 5分アニメなので肩の力を抜いて観られそうですし、会話中心の作品ということでキャスト陣の奮闘ぶりも楽しみです。
 昔は「5分アニメって短いなぁ……」と思っていたのですが、「時間がない人でも楽しめるコンテンツ」として最近の自分は注目していますし、録画環境のある人は録画して一気に観てもイイですしね。期待しています!


 放送日程は、
 テレ玉では10月6日~(木曜日深夜)
 KBS京都では10月7日~(金曜日深夜)
 AT-Xでは10月9日~(日曜日夜)
 tvkでは10月9日~(日曜日深夜)
 サンテレビでは10月10日~(月曜日深夜)

 あれ?東京MXがないのか!
 珍しい……

【紙の本】
バーナード嬢曰く。 (REXコミックス) バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス) バーナード嬢曰く。(3): IDコミックス/REXコミックス



◇ 『ガーリッシュ ナンバー』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
小説 ガーリッシュ ナンバー1<ガーリッシュ ナンバー>
小説 ガーリッシュ ナンバー1<ガーリッシュ ナンバー>
ガーリッシュ ナンバー1<ガーリッシュ ナンバー> (電撃コミックスNEXT)
ガーリッシュ ナンバー1<ガーリッシュ ナンバー> (電撃コミックスNEXT)

 今季の7枠目は「大博打」枠で。
 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』などで知られるライトノベル作家:渡航さんと、『ガールフレンド(仮)』などで知られるイラストレーターのユニット:QP:flapperさんを中心としたメディアミックスプロジェクトで、『電撃G's magazine』による小説連載と、『電撃G'sコミック』による漫画連載と、電撃G's magazine.comよるWEB4コマ漫画連載と、そして今回のテレビアニメ化と――――複数の媒体で同時展開している作品だそうです。

 んで、描かれるのは「新人声優」を主人公とした話なんですが……
 公式サイトやPVを観ると、出てくる女のコはみんな「可愛い」けど「性格が悪い」ってのが特徴みたい……どうなるでしょうね。ハマればものすごいことになりそうですけど、ハマらないと「ただ不快なだけ」になりかねないですよね。特に「女性声優さん」という、私達が夢を見たい幻想対象なだけに直視できないかも知れません。楽しみだけど、正直怖いです。


 ということで、「大博打」枠で。



 放送日程は、
 TBSでは10月6日~(木曜日深夜)
 サンテレビでは10月7日~(金曜日深夜)
 BS-TBSでは10月8日~(土曜日深夜)

【紙の本】
小説 ガーリッシュ ナンバー (1)
小説 ガーリッシュ ナンバー (1)
ガーリッシュ ナンバー (1) (電撃コミックスNEXT)
ガーリッシュ ナンバー (1) (電撃コミックスNEXT)



 以上、7作品をチョイスしました。
 冒頭で書いた通り、今季は「2期モノ」などが多くて「新作アニメ」はなかなか注目されなさそうですし、自分も「2期モノを3本観るから新作は2~3本が限度かなぁ……」と幾つ視聴できるか分からないくらいなのですが。「2期モノ」ばかりだと新しい視聴者が入ってこないでしょうし、出来るだけ「新作」にも頑張ってもらいたいし応援していきたいと思います!

 今回も他にオススメ作品があったら教えてください。
 ブログのコメント欄やTwitter等でオススメされた作品も追記で紹介していきます。ただ、数が多すぎると私の負担も大きくなっちゃうので、紹介するのはその中で「自分が観る気になったもの」に限らせていただきます。なので、気楽にオススメしてくださると助かります。

 それでは、よろしくお願いします。




--9月24日追記--
 ここからはコメント欄やTwitterなどでオススメされた作品を挙げていきます。
 私もとりあえず第1話は観てみようと思っています。


◆ 『灼熱の卓球娘』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
灼熱の卓球娘 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 灼熱の卓球娘 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) 灼熱の卓球娘 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) 灼熱の卓球娘 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 原作は朝野やぐら先生がジャンプSQ.19→となりのヤングジャンプに移籍して連載中の漫画で、女子中学生による卓球を描いた作品らしいです。あらすじだけを見るとスポ根寄りの話っぽいのだけど、どうやらアニメは原作漫画では描けなかった日常描写なんかも入れていくみたい。

 キャスト陣が花守ゆみりさん、田中美海さん、高野麻里佳さん……といったカンジに、まだ若いけど既にメインキャストとして実績を残している女性声優さんが固めていて―――10月2日にメインキャスト出演のニコ生があるのでとりあえず観ようと思います。



 放送日程は、
 テレビ東京では10月3日~(月曜日深夜)
 AT-Xでは10月4日~(火曜日夜)
 BSジャパンでは10月8日~(土曜日深夜)

【紙の本】
灼熱の卓球娘 1 (ジャンプコミックス) 灼熱の卓球娘 2 (ジャンプコミックス) 灼熱の卓球娘 3 (ジャンプコミックス) 灼熱の卓球娘 4 (ジャンプコミックス)



◆ 『ユーリ!!! on ICE』
 <公式サイト ※音が出ます>
 <男男男男男>

 原案・ネーム(脚本原案)・キャラクター原案を『モテキ』の久保ミツロウ先生が、原案・監督・シリーズ構成を『LUPIN the Third -峰不二子という女-』の山本沙代監督が務めるオリジナルアニメだそうです。アニメーション制作はMAPPAで、テレビ朝日製作の30分深夜アニメは2012年の『新世界より』以来4年ぶりですって!

 男子フィギュアスケートを描いた作品で、23歳で岐路に立たされている日本人:勝生勇利と、15歳で次世代のエースと言われるロシア人:ユーリ・プリセツキーの二人の「ユーリ」を主人公にしているみたいですね。
 アニメアニメしていない題材で、ノイタミナ枠なんかでやったら受けそうな作品だと思うのですが……テレ朝の深夜枠って2時20分とかからなんですよね。これがどう出るのか……






--9月27日追記--
◆ 『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』
 <公式サイト
 <男女男女女

【キンドル本】
Occultic;Nine1 -オカルティック・ナイン- Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫) Occultic;Nine2 -オカルティック・ナイン- Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)

 原作は『CHAOS;HEAD』や『STEINS;GATE』などの企画原案で、現在はMAGES.の代表取締役会長である志倉千代丸さんのライトノベルです。『STEINS;GATE』同様にインターネットがストーリーに大きく絡み、主人公からして「オカルト板まとめ系アフィブログの管理人」だそうな。うーむ……(笑)。

 最初にPVを見たときは、ヒロインのコの胸があまりに大きいことでそっとブラウザのタブを閉じたのですが……オススメされてから気付いたことに、監督が『四月は君の嘘』のイシグロキョウヘイさんなんですね。東京MXなどの土曜日深夜0時枠ということでアニプレックスの推し作品だとも思いますし、とりあえず第1話だけでも観てみようと思います。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは10月8日~(土曜日深夜)
 群馬テレビでは10月8日~(土曜日深夜)
 とちぎテレビでは10月8日~(土曜日深夜)
 BS11では10月8日~(土曜日深夜)
 ABC朝日放送では10月8日~(土曜日深夜)
 CBCテレビでは10月12日~(水曜日深夜)
 AT-Xでは10月14日~(金曜日夜)


【紙の本】
Occultic;Nine1 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫) Occultic;Nine 2 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)




◆ 『うどんの国の金色毛鞠』
 <公式サイト
 <男?男女男 ※ポコの性別は分からなかったので「?」にしました>

【キンドル本】
うどんの国の金色毛鞠 1巻 うどんの国の金色毛鞠 2巻 うどんの国の金色毛鞠 3巻 うどんの国の金色毛鞠 4巻 うどんの国の金色毛鞠 5巻 うどんの国の金色毛鞠 6巻 うどんの国の金色毛鞠 7巻

 原作は篠丸のどか先生が月刊コミック@バンチで連載中の漫画で、東京で暮らしていた青年が実家の香川に帰省した際に子どもと出会って始まるストーリーだそうです。最近ちょっと、こういう「大人の男性」+「子ども」というハートフル系の作品のアニメ化が多いような……まぁ、この作品の場合は「子ども」というかなんというか。

 自分が選んでいないタイプの作品だったので、とりあえず第1話だけでも観てみます。



 放送日程は、
 日本テレビでは10月8日~(土曜日深夜)
 西日本放送では10月16日~(日曜日朝)
 その他、サンテレビ、BS日テレ、日テレプラスでも放送予定だそうです

【紙の本】
うどんの国の金色毛鞠 1 (BUNCH COMICS) うどんの国の金色毛鞠  2 (BUNCH COMICS) うどんの国の金色毛鞠  3 (BUNCH COMICS) うどんの国の金色毛鞠 4 (BUNCH COMICS) うどんの国の金色毛鞠 5 (BUNCH COMICS) うどんの国の金色毛鞠  6 (BUNCH COMICS) うどんの国の金色毛鞠  7 (BUNCH COMICS) うどんの国の金色毛鞠  8 うどんの国の金色毛鞠 9 【限定版】 (BUNCH COMICS)



◆ 『魔法少女育成計画』
 <公式サイト
 <女女女女女

【紙の本】
魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫) 魔法少女育成計画 restart (前) (このライトノベルがすごい! 文庫) 魔法少女育成計画 restart (後) (このライトノベルがすごい! 文庫) 魔法少女育成計画 episodes (このライトノベルがすごい! 文庫) 魔法少女育成計画 limited (前) (このライトノベルがすごい! 文庫) 魔法少女育成計画 limited (後) (このライトノベルがすごい! 文庫) 魔法少女育成計画 JOKERS (このライトノベルがすごい! 文庫) 魔法少女育成計画 ACES (このライトノベルがすごい!文庫) 魔法少女育成計画 episodesΦ(エピソーズ・ファイ) (このライトノベルがすごい! 文庫)

 これ……どこまで書いちゃっていいものなのか。
 PVを観てもそれと分かるようになっているし、公式サイトの「About」の欄にも思いっきり書いてあるので隠しているワケではないと思って書いちゃいます。

 原作は遠藤浅蜊先生のライトノベルで、ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」によって魔法少女に目覚めた少女が多くなりすぎたため、その地域の魔法少女を16人から8人に減らす「椅子取り合戦」に巻き込まれる魔法少女達を描いた作品です。つまりは、魔法少女達によるデスゲームものですね。

 監督が『ご注文はうさぎですか?』の橋本裕之監督、シリーズ構成・脚本は『四月は君の嘘』の吉岡たかをさん、アニメーション制作を『がっこうぐらし』のLercheが担当されています。なんか、すごい組み合わせだな!!

 それはそうと……原作はキンドル本は出ていないのですが、Audible版(音声ブック)が出ているんですね。最近の巻は対応していませんが。音声ブックはいつか試してみたかったので、アニメが「原作を手を出したくなる」くらいに面白かったら試してみようかしら。



 放送日程は、
 AT-Xでは10月1日~(土曜日深夜)
 TOKYO MXでは10月3日~(月曜日深夜)
 BS11では10月3日~(月曜日深夜)



--9月28日追記--
◆ 『終末のイゼッタ』
 <公式サイト ※ 音が鳴ります>
 <女女女女女

 亜細亜堂制作のオリジナルアニメーションで、侵攻してくる軍事大国を小国が一人の魔女の力で食い止めるというファンタジー戦争アニメみたいです。公式サイトのキャラクター欄を見ると、主人公サイドが「女性」で、敵サイドが「男性」で固められているというのが、何か仕込みのようにも思えますね……

 キャラクター原案が『結城友奈は勇者である』のBUNBUNさん、シリーズ構成が『舞-HiME』『マクロスF』の吉野弘幸さんということで―――私にとっては、最近の作品がとことん合わなくなってしまった吉野弘幸さんの脚本というのがどっちに出るかなーというところです。



 放送日程は、
 AT-Xでは10月1日~(土曜日夜)
 TOKYO MXでは10月1日~(土曜日深夜)
 サンテレビでは10月3日~(月曜日夜)
 BS11では10月6日~(木曜日深夜)


◆ 『ろんぐらいだぁす!』
 <公式サイト ※ 音が鳴ります>
 <女女女女女

【キンドル本】
ろんぐらいだぁす!: 1 (REXコミックス) ろんぐらいだぁす!: 2 (REXコミックス) ろんぐらいだぁす!: 3 (REXコミックス) ろんぐらいだぁす!: 4 (REXコミックス) ろんぐらいだぁす!: 5 (REXコミックス) ろんぐらいだぁす!: 6 (REXコミックス) ろんぐらいだぁす!: 6.5 (REXコミックス) ろんぐらいだぁす!: 7 (REXコミックス) ろんぐらいだぁす!: 0 (REXコミックス)

 原作は三宅大志先生が月刊ComicREXにて連載している自転車青春漫画です。
 言ってしまえば「女のコだらけの部活モノ」ではあるのですが、女のコ達は大学生で「ブルベ」と呼ばれる競技に参加するのが特徴みたいです。「ブルベ」というものを私は全く知らなかったのですが、自転車に乗って進む競技(?)なのだけどタイムや順位を競うものではなく、指定されたチェックポイントを通過して制限時間以内のゴールを目指すイベントだそうです。そのため、途中で休憩したり、宿泊したり、観光したり、寄り道をするのも自由なのだとか。何それ、超面白そう。

 ということで……お話の系統としては『ヤマノススメ』とかに近いのかな。
 誰かと競うのではなく、いろんな場所に自分が挑戦していくという話。なかなか面白そうな題材ですね。



 放送日程は、
 AT-Xでは10月8日~(土曜日夜)
 TOKYO MXでは10月8日~(土曜日夜)
 サンテレビでは10月8日~(土曜日夜)
 KBS京都では10月8日~(土曜日夜)
 BS11では10月8日~(土曜日深夜)

【紙の本】
ろんぐらいだぁす! (1) (REXコミックス) ろんぐらいだぁす!(2) (IDコミックス REXコミックス) ろんぐらいだぁす! (3) (IDコミックス REXコミックス) ろんぐらいだぁす! 4 (IDコミックス REXコミックス) ろんぐらいだぁす!(5) (IDコミックス REXコミックス) ろんぐらいだぁす! 6 (IDコミックス REXコミックス) ろんぐらいだぁす! 6.5 (IDコミックス REXコミックス) ろんぐらいだぁす! 7 (IDコミックス REXコミックス) ろんぐらいだぁす!  0 (IDコミックス REXコミックス)

| アニメ雑記 | 01:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

秋アニメのおすすめ

自分も「3月のライオン」の原作がとても好きなので、アニメに不安を感じてしまう気持ち、わかります・・・

さて、今回自分は2作品おすすめしたいと思います。

「灼熱の卓球娘」

となりのヤングジャンプ連載の卓球漫画のアニメ化です。
自分の好きなWake Up, Girls! がED曲をやっている、田中美海さんがメインキャラで出るということで個人的に注目しています。
リオオリンピックでも日本の卓球がとても熱かったので、この作品にも期待したいところですが、卓球の試合のシーンの動きの描写がどんな感じかわからないので、期待と不安が半分づつという感じです。

「ユーリ!!! on ICE」

山本沙代監督によるオリジナルTVアニメ、しかも珍しいことにテレビ朝日の深夜アニメです。男子フィギュアスケートの物語だそうです。この監督が去年「日本アニメーター見本市」で発表したフィギュアスケートの4分ほどのアニメが素晴らしかったので、とても期待しています。あまりアニメで扱われないスポーツを題材にしてどんな話が展開されるのか、今から楽しみです。

| yatarou | 2016/09/21 20:09 | URL |

>yatarouさん

 2本とも完全にノーチェックでした。
 週末にでも追記しようと思います。

 しかし、フィギュアスケートのアニメって超大変そうですね。音楽に合わせて踊るってだけでもアニメでやるのは革命的に大変だったのに、更に跳んだり回ったりするフィギュアは作画も死ねそうな……

| やまなしレイ(管理人) | 2016/09/22 02:06 | URL | ≫ EDIT

秋アニメ、続き物が結構ありますね。
あげられているもの以外で個人的に気になっているタイトルは、

原作あり
『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』、『うどんの国の金色毛鞠』、『魔法少女育成計画』

オリジナル
『終末のイゼッタ』

オリジナルアニメに面白そうな作品があるのが嬉しいです。

| 雨令 | 2016/09/22 13:46 | URL |

>雨令さん

 続きものが多いと、視聴するスケジュールに余裕がなくなるのがキツイですよね……本来ならうれしいことのはずなのに。


 オススメしてもらった作品はとりあえず第1話は全部観てみようと思います。記事に追記で紹介するには数が多すぎるので、紹介する作品は選ぶかも知れませんが……(汗)

| やまなしレイ(管理人) | 2016/09/23 00:54 | URL | ≫ EDIT

ろんぐらいだぁす!に一票いれておきます。

| あのあれ | 2016/09/23 19:58 | URL | ≫ EDIT

>あのあれさん

 後で追記しますねー。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/09/27 23:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2163-3cedb59d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT