やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初公開されたNintendo Switchに残された謎7つ

 任天堂は来年3月に発売される新型ゲーム機『Nintendo Switch』の映像を、10月20日に初公開しました。



 ニュースリリース
 公式サイト

 
 このブログではNintendo Switchが開発コード名NXだった頃から、「一体どんなゲーム機になるのか」と予想する記事を書いてきたので……映像が初公開されたら、それらの予想がどれだけ当たっていたのか・どれだけ的外れなことを言っていたのかの答え合わせをしようと思っていたのですが。

 映像を観ても……よく分かりませんでした。
 恐らく意図的に、今回のこの映像は「据置ゲーム機で遊ばれていた従来型のゲームを外に持ち運びすることが出来る」という部分に重点を置かれていて……それ以外のことはまだ隠されているように思えました。肝腎なところはまだ謎のままというか。

 来年の3月発売ということは、まだ発売まで5か月あるワケですから……
 そうした“謎”はもっと発売日が近づいた時に、本体の発売日・価格・同梱物、同時発売のソフト、今後のラインナップなどと同時に明らかになると思います。なので、答え合わせはその時にするとして、今日は「まだ明らかにされていない謎」をこの時点で書いておこうと思います。



謎1.Nintendo Switch本体にはタッチパネルの機能がないのか?
nswitch1.jpg
<画像は【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)より引用>

 Nintendo Switchはタブレット端末のような画面付きの板が“本体”で、それを差し込む“ドック”が補助という関係になっています。パッと見ではWii Uに似ているかも知れませんが、あくまでゲームパッドはコントローラでしかなかったWii Uとは主従が逆になっていますね。


 さて、この本体……
 この本体をコントローラと一緒に外に持ち運べば、据置ゲーム機のゲームを外でもそのまま遊べる―――というのがNintendo Switchの特徴なのですが、初公開された映像ではこの本体の画面は「画面」としてのみ使われていて、タッチパネルの機能があるかは分かりませんでした。

nswitch2.jpg
nswitch3.jpg
<画像は【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)より引用>



 タブレット端末のような形状で、タッチパネルなどさほどコストもかけずに付けられるだろうし、DSだって3DSだってVitaだってスマホだってタブレット端末だって「持ち運びできる画面」はほぼみんな当たり前のようにタッチパネルが付いている現在――――このNintendo Switch本体だけがタッチパネルを付けていないと考える方が不自然ではあります。

 任天堂のゲーム機はDS以降、3DS、Wii Uとタッチパネルを標準搭載していたため、「タッチパネルありきで生まれたゲーム」や「タッチパネルで遊びやすくなったゲーム」なども多かったです。
 『世界樹の迷宮』シリーズとか、『妖怪ウォッチ』シリーズ、『絵心教室』、『スーパーマリオメーカー』、『Miiverse』……『どうぶつの森』の「マイデザイン」とか、『ポケモン』の「ポケパルレ」、というか全部のゲームの「文字入力」だってそうか。これらを全て切り捨ててまでタッチパネル非搭載にするワケがないとは思うのですが。


 じゃあ、Nintendo Switch本体にタッチパネルが付いていて、Nintendo Switchのソフトはタッチパネルの操作にも対応していると仮定すると……テレビ画面で遊ぶ時は「タッチパネル操作」をどうするのかという疑問があるのです。

nswitch4.jpg
nswitch5.jpg
nswitch6.jpg
<画像は【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)より引用>

 初公開された映像の中では、テレビ画面を使ってNintendo Switchのゲームを遊んでいる姿は「ジョイコングリップ」か「プロコントローラ」かのどちらかを使っていました。どちらのコントローラにもタッチパネルは付いていませから、タッチ操作は出来ないんですね。
 本体をドックから外して手元画面で遊んでいる時はタッチパネルが使えるけど、テレビ画面を使って遊んでいる時だけタッチパネルは使えません―――みたいなことになったなら、「家でも外でも同じゲームが遊べる」とは言えなくなってしまうでしょう。では、Wii Uのように家で遊ぶ場合は「テレビ画面」と「Nintendo Switchの画面」の二画面表示に対応しているかというと、IGNの取材によると「シングルスクリーンのみ(二画面表示は出来ない)」とハッキリと回答しているそうです。


 それならば(少なくともゲームは)全てタッチパネル非対応にする可能性もあるのか?と思うのですが、こちらもIGNの取材によると任天堂の担当者にタッチスクリーンかどうかを聞いたところ「コメントを拒否された」とのことです。
 二画面表示ができないとハッキリと回答したように、タッチ操作に非対応だったらハッキリ回答すると思んですけど、どうでしょうね……思わぬ形で対応するとか、ここに何かの隠し玉があるとかそういうことですかね?例えば、スマホやタブレット端末をNintendo Switchのサブモニターにしてくれるアプリを出すとか。『どうぶつの森』の「マイデザイン」みたいな使い道ならば、Wii Uゲームパッドのようにレイテンシーにシビアにならなくても良いでしょうしね。うーむ、まだ謎です。




謎2.モーション操作はあるのか
 今回の初公開映像は、徹底して「両手でコントローラを持つ」クラシックなゲームスタイルが描かれていて、先ほどまでに散々語った「タッチパネル」の操作をしているところもなければ、WiiやWii Uのような体感操作も描かれていませんでした。この映像だけ見ると、任天堂はWiiやWii Uの体感操作からは決別したと見えかねない映像でした。


 ただ……例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のWii U版はジャイロセンサーを使って「弓矢の照準を合わせる」操作があるそうですし、『Splatoon』のWii U版はジャイロセンサーでの照準合わせがデフォルトだったからスティックエイムが出来ない人でも遊べたのですし、体感操作の代表のような『JUST DANCE』最新作がNintendo Switch用にマルチで発売されるとアナウンスされていますし……

 何らかの形で「体感操作」は入っていそうな気はします。
 映像では、敢えてそれを映していないだけで。



 問題はジャイロセンサーがどこに入るのかということで、「本体」なのか「ジョイコン(左右)」なのか「プロコン」なのか……
 初公開された映像の中では『Splatoon』のプレイヤーはみな「プロコン」を使用しているので、恐らく「プロコン」にジャイロセンサーが入っているとして……あとは、ジョイコンにジャイロセンサーが入っていれば、本体に装着して「ジャイロと一緒に画面も動く」操作と、本体から外して「ジャイロとは別に画面が動く」操作の両方が出来るかなーと思います。
 前者は『ポケモンGO』のように「画面の向こうを窓のようにのぞき込むゲーム」には向いていますが、『Splatoon』のような激しい動きをするアクションゲームの場合は3D酔いにつながるので後者の方が向いていると思います……「本体」にジャイロを付けるのではなく、「取り外し可能なコントローラ」にジャイロを付けることで、そのどちらにも対応できると思うんですね。



 ただ、ジョイコンのような片手コントローラを、例えば『JUST DANCE』で振り回すとすっぽ抜けてテレビを壊したなんだみたいなことが起こりかねません。Wiiリモコンのようなストラップやカバーが現状ではないことを考えると、『JUST DANCE』のような振り回す操作はまた別の方法を使うんですかね……うーむ、謎です。
 海外で出ているPS4版などの『JUST DANCE』はスマホと連携できるそうなので、スマホのカメラを使って踊りを感知してもらうか、もしくはスマホを振り回して踊るか(笑)。私の場合、使うのは12.9インチのiPad Proなのでこれで踊るのはすっげ大変そうですね!




謎3.後方互換はないのか
 「後方互換」とは、分かりやすく言うと「前世代のゲームソフトが遊べるか」です。
 Nintendo Switchが発表される前から、チップのちがいでWii Uソフトの互換をサポートする可能性は絶対にないと言われましたし、ソフトの形状がディスクからカートリッジに変わることも予想されていましたし、そもそもNintendo Switchの初公開映像では「二画面」を使ったシーンがなかったのでそりゃWii Uの互換はないだろうって思うのですが……

 ファミ通.comさんの問い合わせに、任天堂が回答したことによると――――


<以下、引用>
Q Wii Uやニンテンドー3DSタイトルの互換性はあるのでしょうか?

A Nintendo SwitchはWii Uあるいはニンテンドー3DSの後継機ではありませんので、Wii Uディスクソフトやニンテンドー3DSカードで遊ぶことはできません。

</ここまで>

 ???

 普通だったらそこは「Wii Uソフトやニンテンドー3DSソフトを遊ぶことはできません。」と答えると思うんですけど、敢えて「ディスク」「カード」と限定して答えているんですね。現状公開している映像でも「Wii Uディスク」や「3DSカード」が入らないことは分かるので、そこだけ答えているってカンジですかね……


 敢えて「実はWii Uソフトかニンテンドー3DSソフトを遊ぶことができる」と仮定した場合、この回答から推測できる方法としては……

・ディスクスロットがないだけなので、Wii Uか3DSかのダウンロード版やダウンロードソフトは動く
・Wii Uか3DSかのバーチャルコンソールが始まるので、そこで買い直してもらえれば動く
PS Nowみたいに、クラウドを使って後方互換に対応


 考えられるのはこんなカンジですかねー。
 個人的には「Wii Uのソフト」よりも、「Wii、3DS、Wii Uで買ったバーチャルコンソールのソフト」が引き継げるのかが気になっています。初公開映像では(恐らく)Nintendo Switch用ソフトを、ジョイコンを左右に分割して2人プレイで遊んでいましたが。そんなカンジにバーチャルコンソールソフトも外に持ち運べて、1台の本体で2人プレイが出来たら最高じゃないですか!クラシックミニどころの騒ぎじゃないですよ!

nswitch9.jpg
<画像は【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)より引用>


 任天堂はWii Uを出した時に、「バーチャルコンソールをゲームパッドの画面で遊びたい人がいるとは思わなかった」と数か月遅れで段階的にバーチャルコンソールを始めたなど……正直バーチャルコンソールを軽視しているなとは思うので、ひょっとしたらNintendo Switchではバーチャルコンソールまったくやらない可能性もゼロではないんですけど。
 もし仮にやる場合も、また『ゼビウス』とか『マリオブラザーズ』とかから週に1~2本ずつのラインナップ追加とかになる可能性もありそうですけど!むっちゃありそうですけど!謎っていうか、不安です!



謎4.コントローラが取り外しできるのなら、ジョイコン以外のコントローラが出る可能性はないのか?
 初公開された映像では、メインのコントローラは「ジョイコン」で、テレビで遊ぶ時には「ジョイコングリップ」に接続して遊び、外で遊ぶ時には「本体」に接続して遊ぶのだけど、取り外して(Wiiリモコン+ヌンチャクのように)ジョイコンだけを左右の手に持って遊ぶことも、左右別々の人が持って2人対戦することも出来ると描かれていました。

nswitch6.jpg
nswitch10.jpg
nswitch2.jpg
nswitch9.jpg
<画像は【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)より引用>


 そして、恐らく別売りのコントローラとして「プロコン」があって、こちらは従来型の普通のクラシックなコントローラを使いたい人向けの商品だと思われます。

nswitch5.jpg
<画像は【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)より引用>


 しかし、本体やジョイコングリップに「ジョイコン」を取り付けて操作するのなら、かつてWiiリモコンに「ヌンチャク」や「クラシックコントローラ」や「モーションプラス」を装着して拡張したように、「ジョイコン」以外のコントローラを接続する可能性はないのか?と思うのです。
 いやもう、具体的な要望を言っちゃいますと……「アナログスティックじゃなくて十字キーを搭載したバーチャルコンソール用のジョイコン」を出して欲しいのです。

 仮にNintendo Switchでもバーチャルコンソールが継続されて、ファミコンやスーファミのソフトを外に持ち出して1台のNintendo Switchと1組のジョイコンで対戦・協力プレイをすることが出来ると言っても……アナログスティックだと『くにおくん』シリーズとか超遊びづらいじゃないですか。
 横に素早く2回入力するとか、1マスだけ動くとか、そういう動きはアナログスティックだと難しくて十字キーなら簡単なので。別売りで構わないから「バーチャルコンソール用のジョイコン」を出してほしいなぁと思います。任天堂がそこまでバーチャルコンソールのことを考えてはくれなさそうではありますけどね……


 「別のコントローラが装着できる」というのは特にバーチャルコンソールに限った話じゃなくて、ソフトによってコントローラの形状を変えられるという可能性もあります。レースゲームを遊ぶ時はハンドル型のコントローラ、ガンシューティングを遊ぶときはザッパー型のコントローラ、釣りゲームを遊ぶ時はリール型のコントローラに付け替えることが出来るとか。うん、これだとWiiですね!まんまWiiですね!

 ただ、Wiiリモコンに様々なものを装着できたのは「無線部分はWiiリモコンが担うので取り付ける方の機器はコストを抑えられる」という要素が大きかったので、恐らく無線でNintendo Switchとつながるジョイコンはそんなにコストを抑えられないだろうし、ジョイコンの代わりに無線でつながるコントローラを出すとそれもコストを抑えられないだろうし……

 Wiiリモコンのような汎用性を、ジョイコンにはあまり感じないんですね……
 謎……か、これ?



謎5.“ドック”は別になくても良くない?
nswitch11.jpg
<画像は【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)より引用>

 謎1のところに書いたことの繰り返しになってしまいますが、Nintendo Switchはタブレット端末のような画面付きの板が“本体”で、それを差し込む“ドック”が補助という関係になっています。
 
 では、このドックにはどんな機能があるかというと……先ほどもリンクを貼ったIGNの取材によると「Nintendo Switchドックの主な機能は、TVへの出力と、本体の充電、電源の供給です。」とのこと。つまり、“ドッグ”自体にはゲーム機の機能がないということなんですね。

 恐らく「本体の充電」をしてくれるだけでなく、「電源の供給」をバッテリーだけの時より上げてくれるから「TVへの出力」も解像度が上がるとかなんかそんなカンジかなぁと思います。
 “主な機能”と書いてあるので、他にあるとしたら「有線LANの接続」とか「外付けHDDにつなげてダウンロードソフトをたくさん保存できる」とかですかねぇ。


 んで、思ったんですけど……「ドック、別に要らねえなあ」という人もきっとたくさんいますよね。
 ぶっちゃけた話、今の情報だけだと「携帯機をテレビに接続できる充電台」でしかありませんから、テレビ画面を使う気がないって人はドック要らないから安くしてくれって思うんじゃないかと思います。例えば、子どもに買い与える場合、お兄ちゃんと弟の両方にNintendo Switchを買い与えなくちゃならないって家は「ドックは1台あれば十分」と考えるでしょうし。

 そうすると、「テレビに出力できるドック込みのバージョン」と「テレビに出力できないドックなしのバージョン」の2種類を発売する可能性もありそうと考えていくと……果たしてこれは据置ゲーム機なのか?という疑問も。本体同梱物がどうなるのか、まだ謎です。



謎6.Nintendo Switchとは別に、「3DSの後継機」が作られている?
 ソースがすっごい曖昧で、どこが出所かよく分からなかったんですが。
 Nintendo Switchが発表された後、任天堂に問い合わせたところ「Nintendo Switchはあくまで据置ゲーム機の後継機であって、携帯機の後継機はまた別に作っている」と言われた―――という話がTwitterで駆け巡っていました。

 いやいや、そんなこと問い合わせたくらいであっさり教えてくれるワケねーだろと思うのですが、この記事に書いた通り「タッチパネルがなくなったのでは?」「それじゃ世界樹とかどうすんの?」みたいにDSから3DS、Wii Uへと続いてきた路線を切り捨てたように見えるNintendo Switchを見た後だと、Nintendo Switchとは別にタッチパネル搭載の3DS後継機が作られていも不思議はないと思ってしまったのです。


 もしNintendo Switchがタッチパネル非搭載で、タッチパネル非搭載のNintendo Switchとタッチパネル搭載の3DS2の2機種が発売されたとしたら、Wii Uと3DSの2機種でソフト開発のリソースが分散して両方に満足な量のソフトを供給できなかったように、Nintendo Switch全然ソフト出ねーなあという未来だってありえると思ってしまうのです。
 だってほら、私達はWii Uの有様を見てきたワケですから。あの反省から、任天堂も次の世代は1機種に1本化してソフト不足にならないようにしてくれると思っていましたから。


 しかし、仮にNintendo Switchと3DS2の2機種が出たとしても……です。
 2014年1月の任天堂の経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会における質疑応答から、Q5とA5を見てください。


<以下、引用>
Q5
任天堂のユーザーがハードによって分断されているという問題意識について説明があった。
 携帯ゲーム機と据置型機というハードのビジネスが存在するわけだが、昨年の開発組織の改編、再編と含めて、例えば中期的な観点で、据置型機と携帯ゲーム機が一つになるような方向にあるのか、あるいは組織改編は中期的なコスト削減や、素材の利活用に伴う効率性の改善といったところに主眼があるのか、研究開発費の削減余地があるのかないのかという点もあわせ、教えてほしい。」

A5
岩田:
「任天堂は昨年、開発組織を再編し、今まで独立していた携帯ゲーム機とコンソールゲーム機のチームを一つの部門にして、今、竹田の下にあります。
 これまでは(携帯ゲーム機とコンソールゲーム機は)バラバラにつくる必要があり、携帯型ゲーム機で使える技術とコンソールゲーム機で使える技術というのは、「電池で動くか」、「電源をいつでも供給できるか」で、技術的に大きな違いがあった関係で、全くアーキテクチャーが異なります。アーキテクチャーが異なるということは、コンピューターのソフトのつくり方の作法が違うということです。ところが、かなり技術が進歩し、両者の考え方をかなり揃えられるメドが立ってきましたので、「チームを統合するのは今ではないか」ということを話し合って、そのようにしました。

 それができると何ができるかといいますと、例えば今、Wiiで動いていたソフトをニンテンドー3DSに載せようとすると、解像度が違うだけではなく、ソフトのつくり方の作法が全部違って、かなりの労力がかかります。また、ニンテンドー3DSで動いていたものをWii Uで動かそうとすると、またかなりの労力がかかります。
 もしソフトをあるプラットフォームから別のプラットフォームに簡単に載せることができていたら、(ハード発売後の)序盤のソフト不足という問題をどれほど解決できるでしょうか。世代をまたぐときにも、これまでは技術の進歩の段階が非常に激しかった関係で、コストの制約の中でビデオゲームに最適な技術を選ぶと、毎回ハード自体が全く違うものになりました。全く違わなかったのは、ゲームキューブからWiiに行ったときだけです。ゲームキューブからWiiは、ある意味コントローラーは全面的に変えましたが、コンピューターやグラフィックチップは、かなり共通の考え方でつくりましたのでスムーズでしたが、それ以外のハードは全部ゼロからつくり直しの状態でした。
 ただ、今は、もうそのようなことをしなくてもできるだけの前提が整ったのではないかと思います。ですから、その意味で言いますと、この次にハードをご提案するとき(※ Nintendo Switchのことと思われます)からになりますが、そこでは「Wii Uでやってきたことをいかに的確に活かすか」ということがポイントになります。これはWii Uと全く同じアーキテクチャーにするという意味ではなくて、十分に吸収できるだけの仕組みをつくり上げるという意味ですが、一旦そうなりますと、コンソール機と携帯機というのは全く別々の二つのものではなくて、もっと近い兄弟のような存在になると思います。

 ただ、フォームファクター(ハードウェアの大きさや形状)が一つになるかどうかは、私は分かりません。逆に増えるかもしれません。といいますのは、今(プラットフォームが)二つで限界なのは、アーキテクチャーが三つ四つにもなったら、それこそどのプラットフォームもソフト不足になってしまうからです。
 例を挙げますと、アップルさんがいろいろなフォームファクターのスマートデバイスをどんどん出せる大きな理由は、一つのソフトの書き方の作法が全部のプラットフォームに適応できるようになっているからです。アップルさんの場合は共通のiOSというプラットフォームがあります。また、Androidのたくさんの機種があっても、ソフトの供給にみなさん困られないのは、Androidという共通のプラットフォームの(ソフトの)書き方でいろいろな機種で動くからです。

 よって、「任天堂のプラットフォームもそうならねばならない」ということが一番大きなポイントです。ハードが1種類になるかどうかは未来の要求次第ですし、分かりませんが、少なくとも「ソフトを一個一個のプラットフォームに向けてバラバラにつくっていく」、あるいは「プラットフォームの乗り換えのたびに大騒ぎが起きて、いつもプラットフォームの序盤でお客様に『品揃えが足りない』と感じさせてしまう」状況を今後はどうしてもなくしたいという思いでやっていますし、その成果はおそらくこれからお見せできるのではないかと思います。」

</ここまで>
※ 改行・強調は引用者が行いました

 長い引用で申し訳ないです。
 短くなるように一部分だけを飛び飛びに引用したことで「岩田さんが言ったことを自分の都合のイイように改ざんした」と言われたこともあったので、そのまま載っけることにしました。


 2年半以上前の話ですが、ゲーム機の開発期間を考えればこの頃はちょうどNintendo Switch以降の展望が立っているころでしょうし、むしろ今読むことでNintendo Switchの狙いが見えてくるというものです。
 iOSのアプリは、iPhoneもiPadも同じものが(基本的には)動きますし、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6s、iPhone 7と毎年のように新機種が出るけどそれぞれの機種ごとにちがうアプリが出るのではなく、それぞれの機種で動かせるiOSのバージョンがちがっていてアプリもどのOSから対応しているのかがちがう、みたいな形だと思います。

 これからの任天堂のゲーム機もそんなイメージで、仮にNintendo Switchとニンテンドー3DS2の二機種が出ても(基本的には)同じソフトが動くのだろうし、Nintendo Switch2やニンテンドー3DS3でもそれらのソフトが動くという未来を考えているのだと思います。まぁ、そんな未来まで任天堂がゲーム機を出していれば……って話ですが。


 しかし、そう考えるとますます分からないのが「ニンテンドー3DSの後継機を出す」意義ですよね。同じソフトが動く据置機と携帯機の2機種を出すというのなら需要がちがうから分からなくもないのですが、同じソフトが動く「携帯できる据置機」と「携帯機」の2機種を出したら思いっきり需要被っているじゃないですか。
 もし仮に「Nintendo Switchにはタッチパネルが付いていないけど、ニンテンドー3DSの後継機の方にはタッチパネルが付いているんですよ」というちがいで2機種を出すのなら、Nintendo Switchにタッチパネルを付けて発売すればイイだけなのでは……と思いますし。可能性があるとしたら、裸眼立体視を引き継ぐ機種としてですかねぇ。謎!


 ということで私は、「3DSの後継機」の噂は眉唾だと思っています。
 ただ、DS→3DSの折りたためばスリープモードになって画面も傷つけずに持ち運びしやすい仕様はとても良かったので、Nintendo Switchにもそういう持ち運び用のケースを作って欲しいなぁと思っています。



謎7.「従来型のゲーム」しか出さないの?
 Nintendo Switch初公開の映像に出てきたソフトのラインナップは以下の通りでした。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』
nswitch10.jpg

『スカイリム』Special Edition?
nswitch12.jpg

『マリオカート』新作?
nswitch9.jpg

『NBA』シリーズ?
nswitch13.jpg

『3Dマリオ』新作?
nswitch14.jpg

『Splatoon』新作?
nswitch8.jpg
<画像は全て【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)より引用>


 「今まで据置ゲーム機でしか遊べなかったゲームが外でも遊べるだなんて最高じゃないか!」という声もネットでは多数見かけているのですが、私は正直なところ「うーん……」と思ってしまいました。
 Wii Uの時も発表された当初は「今までテレビ画面でしか遊べなかったゲームが手元の画面で遊べるだなんて最高じゃないか!」って絶賛する声が多かったんですよ。実際に発売されたら「意外に壁はさむとダメだな」とか「対応していないソフトもあるな」となったのも事実なのですが、Wii Uが売れない・買わない理由を聞かれた人達は「別に手元の画面でなんて遊びたいとは思わない」「Wii Uならではのゲームがない」と口々に言っていて……


 発表当初は「絶賛する声」が多くても、そういう人達が実際に買うかは別だし、そもそも新型ゲーム機の情報をいちはやくチェックするような人はマニアックな人達で、ゲーム機を普及させるためには発表されてもなお未だにNintendo Switchの存在なんか知らないし興味もない一般層に売らなければならないです。
 そういう人達に「スカイリムが家の外ででも遊べますよ!」と言ってもさほど興味を持ってもらえないでしょう。『スカイリム』が仮にNintendo Switch本体と同時発売で発売されても、恐らくは何年も前に発売したソフトのSpecial Editionの(他機種から半年くらい遅れた)後発マルチですから、これだけでは本体を普及させるだけのパワーはないでしょう。


 Wii Uが「Wii Uならではのゲームがない」と言われて買ってもらえなかったように、Nintendo Switchも「据置ゲーム機で遊ばれていた従来型のゲームを外に持ち運びすることが出来る」以外の「Nintendo Switchでしか遊べないNintendo Switchならではの新作ゲーム」を出せなければ買ってもらえないんじゃないかと思いますし、それだけの可能性がNintendo Switchにあるのか今の段階ではかなり微妙かなーと思います。

 DSのタッチパネルとか、Wiiのモーションセンサーやポインティングとか、Wii Uの二画面とか、そういうそのゲーム機ならではの機能を今のところ見せてもらえていないので(あるのか分からないので)「Nintendo Switchならではの新作ゲーム」が全然想像できないんですね。


 逆に言えば……本体同時発売ソフトが発表されれば、そこでNintendo Switchの真価が見えるかなと思います。任天堂がちゃんと「Nintendo Switchならではの新作ゲーム」を用意しているのかどうか。


SWITCH Vol.33 No.1 ◆ ネ申ゲー1oo ゲームが未来を変えるSWITCH Vol.33 No.1 ◆ ネ申ゲー1oo ゲームが未来を変える

スイッチパブリッシング 2014-12-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 にしても、少なくともこの初公開映像で見る限り、Nintendo Switchは「削るところは削る」割り切ったゲーム機だなーと思います。
 例えばコントローラー部分だけを見ても、3DSやWii Uには当たり前のように付いていた「カメラ」とか「マイク」が見当たりません。あれもつけようこれもつけようとどんどん多機能になっていた前世代機に比べて「要らないものは整理しよう」とリセットされた感があります。


 あと、私が地味に気になっているのは「コンポジットケーブル」が使えるかどうか。
 私がニコ生で使っているキャプチャーボートは「コンポジット端子」か「S端子」しか付いていないので、もし「HDMIケーブル」オンリーだったらニコ生では配信できません。「HDMI端子」の付いているキャプチャーボードはめっちゃ高額で、iPad Pro買っちゃって今はお金がないですからねぇ。

 Nintendo Switch発表前には「PS4みたいな配信機能が基本機能で付いてこないかな」と思ったのですが、ドックがただの充電台みたいなことから考えるに可能性が低そうですし……さて、どうするかな。

| ゲーム雑記 | 17:55 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こういう記事を待ってました。
私も当たらない推測をしてみたいと思います。


>謎1.Nintendo Switch本体にはタッチパネルの機能がないのか?
>「タッチパネルありきで生まれたゲーム」や「タッチパネルで遊びやすくなったゲーム」なども多かったです。

スマートデバイスと差別化する意味で、NSの液晶画面はタッチパネルでないと推測します。タッチパネルを駆使するゲームは、スマートデバイスで作られるようになると推測します。

でも、Splatoonをプレイするのに、ダイレクトポインティングデバイスが必須なので、PS Vitaのように背面にタッチセンサがあるとうれしいです。



>謎2.モーション操作はあるのか
>ジョイコンにジャイロセンサーが入っていれば、本体に装着して「ジャイロと一緒に画面も動く」操作と、本体から外して「ジャイロとは別に画面が動く」操作の両方が出来るかなーと思います。

賛同。
ただし、左右のジョイコンの両方に入っていると、本体に取り付けたときには冗長になるのがコスト的に無駄なので、それが気になります。



>謎3.後方互換はないのか

3DSやWiiUのソフトをエミュレートできるくらいNSがパワフルかどうかは疑問なのと、ハード的に入出力が対応できないので、3DSやWiiUのソフトをNSでプレイすることはできないと推測します。



>謎4.コントローラが取り外しできるのなら、ジョイコン以外のコントローラが出る可能性はないのか?

賛同。
技術的にはできるでしょうが、ビジネス的には失敗しそうなので、出さないのではないかと推測します。



>謎5.“ドック”は別になくても良くない?

今回のNSは、据置機価格だと推測するので、ドックありきで売ってくると推測します。いずれ、兄弟に買い与えられる携帯機価格の「NSの携帯専用機」が出ると推測します。



>謎6.Nintendo Switchとは別に、「3DSの後継機」が作られている?
>ということで私は、「3DSの後継機」の噂は眉唾だと思っています。

賛同。
「NSの携帯専用機」は、画面の傷防止とスリープのしやすさから、ゲームボーイアドバンスSPみたいに折りたたみ式にして欲しいです。



>謎7.「従来型のゲーム」しか出さないの?

現在の情報だけだと、NSはPSやXBOXのようなゲームしか作れないように感じます。
もし、隠し機能がまだあって、愉快なことができるハードだったとしても、過去の反省から、しばらくは「ゲーマー」が欲しがるようなゲームしか出さないんじゃないかと推測します。


tos.

| tos | 2016/10/26 00:10 | URL |

私は、まず大前提として、Switchはあくまでも「持ち運べる据置機」であると思っています。まあ要は任天堂の言っている通りですね。
そして、ドックと本体の構成になっていることから、将来的にドックと本体を別々に性能アップして個別にリリースしていき、その2つの組み合わせによって『世代交代』していくのではないか、と思っています。

つまり、ロンチの段階では「ドック1」と「本体1」の組み合わせですが、例えば2年後くらいに「接続することによって機能や性能が向上する」、言わば『ドック2』のようなものをリリース。このドック2と本体1を接続させると「据置きモード」で大幅な性能向上が実現する。それから更に2年後、今度は画面解像度や性能を向上させ、更に裸眼立体視機能等の新たな「ギミック」を追加した『本体2』をリリース。これにより、「携帯機モード」でも性能や機能が大幅に向上。そしてドック2と本体2を組み合わせると「据置きモード」での性能が更にアップする・・・。

なんていう妄想をしてみました・・・。
要は、世代交代のたびにハードをまるごと買い替えさせて前世代をリセットしてしまうのではなく、「半分」ずつ買い替えさせることによって、従来のような世代交代の作法から脱却し、切り替えの混乱を少なくする、ということなのですが。実際に実現できそうなことなのかは・・・分かりません。

あと「携帯機」の後継機ですが、私はまんざらでもないと考えてます。と言いますのも、最初に言った通り、Switchは確かに持ち運んで外でも遊べるけれども、あくまでも据置機なのです。
そして据置機である以上、それなりの値段になることが予想されます。
となると、今後のポケモン本編はどうするんだ、という話になってくると思うのです。
やはり、ポケモンのメインハードたりうるハードとしての手軽さや低年齢層のユーザーということを考えると、携帯機の後継機も出さなければならないのでは?と思うのです。そして、もし出すのだとすれば、それこそ余計な機能を省いて性能だけ向上させた、かなりシンプルで価格を抑えた携帯機になると考えています。それこそ、tegraを使ったりして。

| エリオ | 2016/10/26 09:10 | URL |

やまなしさんが自分では使わないために忘れてしまっていそうなポイントを1つ。

自分は立体視が引き継がれているかが気になるんですよね。
3DSのマリオ3Dランドのあとに、WiiUの3Dワールドやったんですよ。
そしたら立体視がないために距離感が使えなくて苦労したんです。
Wiiのギャラクシーは立体視なくても全く問題なくやってたのに……。

というわけで立体視がついているように祈っています。
オープンワールドゼルダの世界の広さを感じたいですし!

3DSの実質的な後継機なんだとしたら、重要だと思われる点に言及してみました

| とりす | 2016/10/26 18:15 | URL |

当たるかどうかはともかく、ジョイコン以外のコントローラーはいろんなのがほしいところ。
ただ、本体とフィットする色や形であってほしいし、そうなると自由度は低くなりますね。

| 児斗玉文章 | 2016/10/26 18:32 | URL |

楽しく予想を書いてるところにやっと到着したので私も書きます
ネット上のリークや特許情報等も込みで考えると妄想が捗りますね

まずあの分離型コントローラはスイッチのキモと言える謎の塊です
事前の特許情報では赤外線を使った分離部分がプラスチックのみで安価なコントローラになるという話がありました
この場合だと様々な専用コントローラを非常に安く出せるので合理的だと納得できます
しかし公開された映像では取り外して使用できています
バッテリーや無線チップがそれぞれ3つ必要か!?と私は混乱に陥りましたが
Wiiではリモコンに単3電池を使用していたので
このJoyコンも単3電池やボタン電池採用の可能性等が考えられます
また特許の光コントローラも可能性が完全になくなった訳ではありません
タブレット本体やJoyコングリップに接続している時のみ使えると考えればいいからです
この考えの根拠はJoyコングリップ側にLEDが8個搭載されておりJoyコンから給電されていなければ
グリップ側にバッテリーが搭載されている可能性があるからです
予想が正しければ光コントロールにバッテリー、無線チップがグリップに搭載されている事になりグリップは高コストになります
傍証としてファミ通の質問に任天堂はグリップの同梱について発言を濁していて高コストが伺えます

次の大きな謎がドックですね
多くの人がこのドックは不要なのでは?という疑問が湧いていることでしょう
TV出力のHDMIと本体画像にこれみよがしに映しているUSBと思わしき端子穴と電源供給
これだけにしては明らかに大仰なドックには逆説的に重要な機能が隠されているのではないかと疑いたくなります
まず考えられるのが有線LANやHDDや大容量フラッシュメモリの搭載と言うもの
それから本当に当初のドックには大した機能はなく後から高機能ドックが登場する可能性も考えられます
古いゲームユーザーならディスクシステムからスーパー32Xとこの手のシステムに違和感はありません
互換用のドック内蔵WiiUやブルーレイドックや
スーパーゲームボーイやGBプレイヤーのような3DSプレイヤー付ドックなんてものが想像できます

| ああああ | 2016/10/26 18:50 | URL |

>tosさん

 こういう記事を書いたら怒られるんじゃないかなとビクビクしながら書いて、途中没にしようか悩んだくらいだったので……そう言ってもらえて本当救われました。


>タッチパネルを駆使するゲームは、スマートデバイスで作られるようになると推測します。
>PS Vitaのように背面にタッチセンサ

 背面タッチ!考えもしませんでした!
 確かに『絵心教室』とかは、Switchで出すよりかはiPad用のアプリで出してくれた方が僕も嬉しいんですよね……アップルペンシル使えるだろうし、画面でかいし。

 そこと棲み分けるのに背面タッチというのは良いアイディアですねー。


>今回のNSは、据置機価格だと推測するので、ドックありきで売ってくると推測します。いずれ、兄弟に買い与えられる携帯機価格の「NSの携帯専用機」が出ると推測します。
>「NSの携帯専用機」は、画面の傷防止とスリープのしやすさから、ゲームボーイアドバンスSPみたいに折りたたみ式にして欲しいです。

 他の人のコメントにもありましたが、今回のSwitchが大人向けというか高価格な機種で、後に低価格の携帯専用機(3DSの後継?)が出るって予想は結構ありそうですねー。

 new3DSと2DSみたいな関係性というか。


>過去の反省から、しばらくは「ゲーマー」が欲しがるようなゲームしか出さないんじゃないかと推測します。

 どっちかというと、「ゲーマー」路線から入るとWii Uの二の舞になりそうな気もしますが……Wii U以上に割り切って「ゲーマー」層を狙いに行くというのも手ですかねぇ。


>エリオさん
>将来的にドックと本体を別々に性能アップして個別にリリースしていき、その2つの組み合わせによって『世代交代』していくのではないか、と思っています。

 これは面白いアイディア!!
 実現可能かどうか、意味のあることなのかどうかは分かりませんが、ロボットアニメの換装するパーツが変わるみたいなワクワク感がありますね!
 「ドック部分だけを変えることで需要の変化に対応」とかもロボットアニメで、地形によってパーツを変えるとこみたいでカッコイイし(笑)


>ポケモンのメインハードたりうるハードとしての手軽さや低年齢層のユーザーということを考えると、携帯機の後継機も出さなければならないのでは?

 ふむ……そう考えると、Switch初期はあくまで「大人層」というか「据置ゲーマー層」向けのラインナップを揃えて、『どうぶつの森』とか『ポケモン』が出る1~2年後に携帯機の後継機(ソフトは共通)を出すとかかなぁ。

 最近、敵の出るゲーム全般がつらくなってきた自分としては早く『どうぶつの森』を出して欲しいんですけど……この分だと当分先かなぁ。


>とりすさん
 忘れてはいないですけど(笑)
 公開された映像を見る限りSwitchには3Dボリュームが確認できないので、出るとしたらSwitchとは別に「3DSの後継機」が出た時にそちらで遊んだときのみ(対応ソフトは)立体視できるとかですかねー。

 もしくは3Dテレビ対応って可能性もあるのか……
 3Dテレビがどのくらい普及しているのか分かりませんが……


>児斗玉文章さん
 デザインもそうですし、操作感も「本体」に接続してもしっかり操作しやすい形状って限られていると思いますしねぇ……でも、一番仕掛けを作りやすいのはここだとも思うんですよねー。


>ああああさん
>この考えの根拠はJoyコングリップ側にLEDが8個搭載されておりJoyコンから給電されていなければグリップ側にバッテリーが搭載されている可能性があるからです

 あ……そうか。
 グリップ一つを充電すればジョイコン2つを操作できるようにするってのが自然な考えな気がしますね。言われてみるまで私はグリップはただのアクセサリーだと思っていましたが、本当の隠し玉はグリップにこそあるのかもですね!

 逆に言うと、「グリップに釣りコンなどを接続できる」ようにすればコストを抑えた専用コントローラも出せるワケで……目から鱗でした!


>本当に当初のドックには大した機能はなく後から高機能ドックが登場する可能性も考えられます

 なるほど!他の人の予想にも「ドックだけ買い替えさせるのでは?」というものがありましたが、確かにこのやり方はスマートですよね。そのためにも最初は価格を抑える意味も込めて、ドックに大した機能を付けないとかありそうです。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/10/26 23:57 | URL | ≫ EDIT

ひみつミュージアム

 タッチパネルに関しては、いまだ「検討中」だと予想します。
 できれば搭載したいのだけど、コストか構造上の問題かにより、難航している形なのではないでしょうか。

 もっとも、このタイミングで「搭載します」と断言できない状態ならば、おそらく初期搭載はほぼ無理なのでもありましょうけど。
 後から拡張パーツで対応「予定」といった落としどころにまとまるのでは。

 そして初期ソフトの中になぜか不自然なくらい、後発パーツの拡張タッチ操作へ対応しているソフトが多く含まれている、と。初期搭載の予定で開発されてた名残として。
 ……ただし「予定は未定」であるため、拡張パーツは発売されないまま終わる可能性もあるわけですが。

 で、上の機能の保険として、タッチパネル搭載を前提とした「3DS互換機」の開発も、進行させてはいるって形じゃないでしょうかね。スイッチへパネル搭載できなかった場合、DSや3DS、WiiUのソフト資産が実質的に死にますから。
 当然、スイッチの動向次第じゃ、「完成させない」選択肢まで含んだ上での話でしょうけど。

 バーチャコンソールについては、今度こそ、後発互換の可能なシステムを組み、またユーザーIDとの紐付けも完成させて永久資産にしてくれる……と、信じたいです。裏を返すと、今回までは買い直しがほぼ確定でしょう。
 とはいえ、上の課題に関しては、すでに3DSとWiiUの間でシステム互換化や共有化を図ろうとし、失敗したんじゃないかという気配あるんですよね。なので、スイッチでちゃんと完成してくれるのか、あんまり自信を持てません。

| kanata | 2016/11/02 21:20 | URL | ≫ EDIT

>kanataさん

>もっとも、このタイミングで「搭載します」と断言できない状態ならば、おそらく初期搭載はほぼ無理なのでもありましょうけど。

 この記事を書いた後に出てきた情報だと、どうも任天堂としては「まだまだ隠し玉はあるよ」「それを1月のプレゼンテーションで発表するよ」とのことみたいなので、逆に今までにないとてつもないタッチパネルな可能性もあるのかも(笑)。


>後から拡張パーツで対応「予定」

 あー、コアユニット構想で考えればこれもありですね。僕は絶対に欲しいけれど要らない人にとっては要らない機能でしょうし、欲しい人だけ買って付けてねというのはアリだと思います。

 ちゃんと出れば……ですけど。


>バーチャコンソールについては、今度こそ、後発互換の可能なシステムを組み、またユーザーIDとの紐付けも完成させて永久資産にしてくれる……と、信じたいです。

 Wiiと3DSとWii Uで購入がバラバラになっている問題もありますからねー。NXで統一するのかなと思いきやnew3DSでスーファミVC始めちゃうし……ここは本当どうするんだろう……

| やまなしレイ(管理人) | 2016/11/04 00:38 | URL | ≫ EDIT

なんか最近任天堂とアップル仲いいので
ディスプレイ部分のみだとiosタブレット、ipadにスイッチ
とかいう妄想をしてみます。
これでスマホ向けの任天堂ゲームも任天堂ハードで遊べますね。

| CL | 2016/11/06 05:16 | URL |

>CLさん

 僕は、任天堂がスイッチ大コケしてゲーム機事業から撤退しても、ジョイコンをiPadにくっつけるとゲームコントローラになる―――というところまで妄想しました(笑)

| やまなしレイ(管理人) | 2016/11/08 21:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2180-813eb183

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT