FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“Touch!Generations”の不調?

 予想通りの結果ですが、旅行から帰ってきていたら『カイ氏伝』さんに『蒼炎の軌跡』抜かれていました。抜かれて…という次元じゃなく、僕が16章で彼が23章という大差が付いていました。うぎゃー!

 多分、僕が『蒼炎』『暁』の両方をクリアする頃にはWiiの次のゲーム機が出ているんじゃないかと不安になってきました。『ゼルダ』と違ってクリアする気がないワケでも、面白くないワケでもないんだけど…据置機をやるのって体力要るんだよなぁ……


 とは言え、今日は久々にWiiの『インターネットチャンネル』を使いました。
 ウチの母が、3ヶ月間も『どうぶつの森』を続けているのに出てこない要素があるというので―――このまま分からないままやめるよりはネットで調べようと。こんな風に“二人で調べごとをする”のには、PCよりも何倍も向いているのは確かですね。

 唯一不満があるとすれば…Windows機で言う「Ctrl+F」=「ページ内検索」が出来ないこと。もちろん「ないものねだり」なレベルの話だとは思うんですが、検索用途で使ってもらいたいのならコレは装備させて欲しかったです。


 それはさておき、3月くらいからゲーム系ブログの話題は「任天堂陣営のソフトが売れなくなってきている」というものが中心になっていると思われます。僕も何度か書いていて、その度に僕はコロコロ意見を変えるのですが(笑)、現状での考えを整理がてら書いておこうと思います。


 ケチのつけ始めは実は昨年後半の『マジック大全』辺りだったと思うのですが……決定的だったのが3月の『もっとえいご漬け』、4月の『世界のアソビ大全』、Wii版『やわらかあたま塾』の売上げ不振だったと思います。
 『アソビ大全』に関してはネット対応しただけのバージョンということでCMも打ってなかったので置いておくとして、『えいご漬け』と『やわらかあたま塾』はミリオンを超えた前作からの落差が叫ばれていました。

 でも、ちょっとその論理で「“Touch!Generations”が売れなくなった」というのはおかしいですよね。いや、今後このままだと売れなくなるよというニュアンスなら分かるんですが、現状を的確に表現するのなら―――

 「“Touch!Generations”のソフトは続編が売れない」

だと思うんですよ。『Wii Sports』は未だに売れ続けていますし、『もじぴったん』なんかもそこそこ売れていましたしね。


 続編ソフトやブランドソフトがゲーム業界で重宝される理由は理解出来ます。賛同は出来ませんけど。ユーザーは安心してお金を払うことが出来るし、メーカーはそれを見越して投資を大きく出来るし、営業は「○○の続編」ということで前作ファンに手早くアピール出来るし、お店からすると前作の実績から入荷数を読みやすい商品となります。

 でも、メリットの裏にはデメリットもあるんですよね。
 前作が好きだったファンからすると、どうしたって前作と比較してしまうから幻滅する対象になりますし。似たようなゲームばかり遊ぶことで食傷気味になりがちです。「このシリーズは売れるから」と乱発される作品もあって、結果的にユーザーをガッカリさせるケースも多いです。そして、何より買う前からどんなゲームか想像がついているとワクワクしないものですしね。
 また、「○○3」とか「◇◇4」とか「××13」とかナンバリングタイトルばかりだと新規ユーザーが入りにくいというのも大きいですよね。ゲームファンからすると「FFは話が繋がっていない」のは常識かも知れませんが、明日からFFを始めようとする人にとっては「1からやらなきゃいけないのかな…」と思うものです。似たような理由で、「4まで出てるのは面倒だな…」と『逆転裁判』をなかなか買えない僕もいます(笑)


 こうした続編商法によって“ゲームから離れていた人”や、“今までゲームを遊べなかった人”を取り込んだのが“Touch!Generations”だったのですよ。「ニ画面」「タッチペン」「Wiiリモコン」が今までにないゲームと絶賛されたのは、こうした続編商法とは別な領域で、「今までに味わったことのない体験をさせてくれそう」と夢を見させてくれたからじゃないですか
 ―――だから、どんなゲームか買う前から想像できる“Touch!Generations”の続編が売れないのは、むしろ正常なことであって。大ブームになった『もっと脳トレ』は特異なケースだと見るべきです。

 加えて言うと……『脳トレ』形式の毎日ハンコを押していくテンプレも、そろそろ限界なんじゃないかと思います。『脳トレ』を遊んだ人からすると、「これの英語版が『えいご漬け』」「これの常識力版が『常識力DS』」と想像できてしまいますしね。
 同じように、『Wii Sports』に便乗して「リモコンを振るだけ」のゲームをWiiで出したとしても苦戦するんじゃないかと思います。そういう意味で、本当の真価が見えるのは『Wii Music』をどういうゲームに仕立ててきているのかだと―――もし、単純に指揮棒を振るだけのゲームだった場合、いよいよ“Touch!Generations”の力を任天堂が見誤ってしまった瞬間になるんじゃないかと僕は考えています。


 しかし…こういう状況ってゲーム業界の危機じゃなくて、むしろサードメーカーが巻き返すチャンスだと思うんですけどね。脱・脳トレに成功した『レイトン教授』の様に、DSを買ったけどDSに飽き始めている人達を取り込む方向に発想を持っていく機会じゃないかなぁ。

B000N3PKEKレイトン教授と不思議な町(特典無し)

レベルファイブ 2007-02-15
売り上げランキング : 42

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 21:03 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

Rezにもバイブレータあったな

>振動は付かないのなら、「今後も付きませんよ」と宣言して欲しい……
僕は振動が「いずれ」付くと思いますよ、その「いずれ」はだいぶ先のような気がしますが。
何かしらコントローラの裏面に凸凹な窪みが見受けられますし、ここに振動パックを?
でもコレはマルチコントローラだし「64以外」の押しがかなり強かったと思いますね。
いっそのことWii用の振動付きN64パッドを任天堂HP専売で出していただけたら(笑)

>「Ctrl+F」=「ページ内検索」が出来ないこと。
やっぱりコピー&ペーストでしょうか、アルファベットのポチポチ入力はもう限界が。
ページ内検索というのは←にある「ブログ内検索」みたいなものですか?
僕はあまり使わないですね、検索はヤフーやらで一発検索です。

>「“Touch!Generations”のソフトは続編が売れない」
本体はもういつでも買える状況なのに続編ソフトがことのごとく失敗とは痛いな。
「もっと英語漬け」と「Wiiのやわらかあたま塾」は前作をプレイした僕でも?だった。
ズバンといってしまうと、あまり変わってない、この一言に尽きる。
コマーシャルうんぬんは必要なしで、のめりこめないのが遊んでみた現状。

謎解きはアナザーコード、ウィッシュルームとプレイしてきたけどレイトン博士に関しては
これからのDSをどのように売っていくか、新たなユーザー&既存ユーザーをどこまで
取り込んでいけるか楽しみなゲーム内容だったと思う、逆転裁判4もその方向性で◎。
(レイトンにはオートセーブ機能があればもっと良かったんだけど、電池切れでフリダシに)

| POCO | 2007/05/07 23:01 | URL | ≫ EDIT

えへへ、GWはもう蒼炎三昧でした。
しかしGW明けたらゲームの時間ほとんどないので、またペース遅くなると思います……。今度は追われる立場だ! 先に終われるか!

| カイ氏伝 | 2007/05/08 02:22 | URL | ≫ EDIT

>POCOさん
 どうもー。
 振動は“クラコンには”その内に付くと思うんですよ。『スマブラ』みたいに従来操作を継承したゲームが増えてくれば、特に。ただ…バーチャルコンソールの64ソフトに関して言うと、4:6くらいで対応しないんじゃないかなぁと思っています。振動の目玉だった『スターフォックス64』に付かなかったくらいなので…

>「Ctrl+F」=「ページ内検索」が出来ないこと。
 えっと…今表示されているページの中から、指定の語句を抽出するという機能(?)です。マイクロソフトの作ったソフトなら、IEでもWordでもOutlookでも付いていると思います。他の会社のは知らん。とりあえずPC用のOperaは付いていますね。

 喩えば、「どうぶつの森 絵画」というワードで検索するとダーッとページが出てくるじゃないですか。その中の1つを開いても、どこに「絵画」のことが書いているのかをイチイチ全部読まないと探せないのが大変で…そういう時に、「Ctrl+F」を押すと検索できるんですよ。

 この説明で伝わっているでしょうか・・・

>ズバンといってしまうと、あまり変わってない
 こういう意見もあるんだろうなぁと思いつつ、それでも総じて続編を購入した人達の満足度は高いそうなんで、その辺は今日の日記に書きました。『もっとえいご漬け』に関しては、話を聞くと相当改良されているっぽいんですけど、それを評価するかどうかは人それぞれですからね。

 『逆転裁判4』は何といっても続編なのが大きなマイナスで、多分前作からのファン以外にはほとんど売れていないんじゃないですかねぇ。『レイトン教授』は逆にシリーズ1作目な上に、レベルファイブ発売1作目というタイミングの良さもかみ合って、正直「運がよかった」要素も大きかったと思います。
 もちろんどちらの方が上ということではなくて、新規ユーザーを諦めるのも一つの方法だと思うんですが―――正直、DS『ゼルダ』のようにどっちつかず(操作は新規ユーザー向け、ブランド名は維持)なのは共倒れになるんじゃないかと今から不安です。Wii版を積んだ僕としては、買わないだろうし。

>カイ氏伝さん
 いや、でもこの時点で1.5倍の差が付いていると……
 ホント電源さえ付ければ「うおりゃー!」とすげー楽しいんですけどね。我が家の場合、Wiiには『Wii Sports』を入れっぱなしにしなきゃいけないので、入れ替えも面倒だし…どうしても『もじぴったん』5分の方を優先してしまう…。

| やまなし | 2007/05/08 16:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/219-ae4fdc04

TRACKBACK

Touch! Generationsの憂鬱

 蒼炎の軌跡の仮想ライバルでありますやまなしさんとこでこんなエントリーが上がっ...

| カイ氏伝 | 2007/05/08 01:59 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT