やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分が期待している2017年の冬アニメラインナップ

※ 12月31日追記:『クズの本懐』と『うらら迷路帖』の紹介を追記しました。

 いつの間にやらもう2016年も終わりなんですね。
 3ヶ月に1度、来月から始まる(主に)深夜アニメの中から、自分が「とりあえず第1話だけでも観てみよう」とした作品をリストアップするだけの記事です!アニメ初心者の人は「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」と絶望してしまうかも知れないので、その参考情報の一つになれればイイかなと思います。


 来季も面白そうなアニメがたくさんで、その中から7つを選ぶのは苦しかったです。
 この1年を振り返ると、『ふらいんぐうぃっち』とか『終末のイゼッタ』とか「選んだ7つの中には入らなかったけどコメント欄で勧められたから観たらハマッた作品」も多くて……私は「私が面白いと思うもの」も予見できないのかという気になったので、今回は自分の気持ちにより正直に7つ選びました!「話題性なら絶対○○なのに、なんで入っていないんだ」とか言われても知りません!

(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの切り方”講座
(関連記事:初心者の自分が、インターネットの無料配信で深夜アニメを観てみました
(関連記事:たくさんあるアニメ作品を「食わず嫌い」すること

 来季始まるアニメを全部網羅したいという人は、『脳とアニメーション』さんの一覧記事『あにめも』さんのアニメチェックのページを見ると分かりやすいと思います。



◇ 『政宗くんのリベンジ』
 <公式サイト
 <男女女女女

【キンドル本】
政宗くんのリベンジ: 1 (REXコミックス) 政宗くんのリベンジ: 2 (REXコミックス) 政宗くんのリベンジ: 3 (REXコミックス) 政宗くんのリベンジ: 4 (REXコミックス) 政宗くんのリベンジ: 5 (REXコミックス) 政宗くんのリベンジ: 6 (REXコミックス) 政宗くんのリベンジ : 7 (REXコミックス)

 来季のプッシュ1枠目はこちら!
 原作は月刊ComicREXで連載中の学園ラブコメ漫画です。今回初めて知ったんですけど、原作は原作者も作画担当も女性なんですね。なるほど、確かに言われてみれば……

 私はあまり「主人公が男の子で、他は可愛い女の子ばかりのアニメ」って観ませんし、7作品の中に選ぶことも少ないと思うんですけど……この作品に惹かれるのは「ハーレムアニメ」という言葉では括れない設定がゆえ!

 主人公の男の子は子どもの頃は太っていて、ヒロインの安達垣愛姫にこっぴどくフラれた過去がある。そのために主人公はダイエットと筋トレによってイケメンになり、苗字を変えて、8年ぶりにヒロインの前に戻ってくる。かつてフラれた自分だとバレないように、ヒロインに自分を惚れされた上でフるという復讐(リベンジ)を果たすために!

 なんつー面倒くさい主人公だ(笑)と思いつつ、目的のために努力を惜しまないところは好感が持てるし、何より「正体がバレてはならない」という緊張感は私の好きな「視聴者だけがすべてを知っている」という面白さになりそうだなと。アニメーション制作はSILVER LINK.。期待を込めて1枠目に選びました。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは1月5日~(木曜日夜)
 サンテレビでは1月5日~(木曜日深夜)
 KBS京都では1月5日~(木曜日深夜)
 AT-Xでは1月7日~(土曜日夜)
 BSフジでは1月8日~(日曜日深夜)

【紙の本】
政宗くんのリベンジ 1 (IDコミックス REXコミックス) 政宗くんのリベンジ(2) (IDコミックス REXコミックス) 政宗くんのリベンジ(3) (IDコミックス REXコミックス) 政宗くんのリベンジ(4) (REX) 政宗くんのリベンジ (5) (IDコミックス/REXコミックス) 政宗くんのリベンジ 6 (IDコミックス REXコミックス) 政宗くんのリベンジ 7 (IDコミックス REXコミックス)
政宗くんのリベンジ(8) 特装版: IDコミックス/REXコミックス
政宗くんのリベンジ(8) 特装版: IDコミックス/REXコミックス




◇ 『小林さんちのメイドラゴン』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) 小林さんちのメイドラゴン : 2 (アクションコミックス) 小林さんちのメイドラゴン : 3 (アクションコミックス) 小林さんちのメイドラゴン : 4 (アクションコミックス) 小林さんちのメイドラゴン : 5 (アクションコミックス)

 原作は『旦那が何を言っているかわからない件』や『小森さんは断れない!』のクール教信者先生が月刊アクションで連載中のファンタジーコメディ漫画で、アニメーション制作がなんと京都アニメーション!

 テレビアニメに限れば、京アニの漫画原作アニメは2011年の『日常』以来です。劇場版アニメとしては『聲の形』もアニメ化しているので、漫画原作のアニメに力を入れていく方針になったんですかね。ということで、今回は「京アニっぽい絵柄」じゃないので新鮮です。

 内容は、独身OLのところに「メイドさんに変身するドラゴン」が押しかけてきたことをきっかけに、その後も次々とドラゴン娘が押しかけてくるというコメディ漫画ですね。クール教信者先生の作品のアニメ化2作品はあまり私には合わなかったんですけど、今回は京アニ制作なので観なくてはなるまい!キャラデザが門脇未来さんですし!



 放送日程は、
 TOKYO MX1では1月11日~(水曜日深夜)
 テレビ愛知では1月11日~(水曜日深夜)
 ABC朝日放送では1月11日~(水曜日深夜)
 BS11では1月12日~(木曜日深夜)

【紙の本】
小林さんちのメイドラゴン(1) (アクションコミックス(月刊アクション)) 小林さんちのメイドラゴン(2) (アクションコミックス(月刊アクション)) 小林さんちのメイドラゴン(3) (アクションコミックス(月刊アクション)) 小林さんちのメイドラゴン(4) (アクションコミックス(月刊アクション)) 小林さんちのメイドラゴン(5) (アクションコミックス(月刊アクション))



◇ 『ACCA13区監察課』
 <公式サイト
 <男男女男男

【キンドル本】
ACCA13区監察課 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ACCA13区監察課 2巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ACCA13区監察課 3巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ACCA13区監察課 4巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ACCA13区監察課 5巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) ACCA13区監察課 6巻【デジタル限定特装版】 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER)

 原作はオノ・ナツメ先生が月刊ビッグガンガンにてこの秋まで連載していた漫画です。ということは、原作の最後までアニメ化するスケジュールなのかな?

 13の自治区に分かれたドーワー王国という架空の国が舞台の作品です。
 ACCAはその国の警察、消防、医療などを傘下に置く民間組織で、主人公たち“監察課”は13の自治区をまわって不正が行われていないかを監視する役目なのだけど――――


 原作は全く知らなかったんですけど、PVを見たところハードボイルドなようで、背景とか食べ物の絵とかがすっごいオシャレで惹かれました。どういうストーリー展開になっていくのかも読めないし、これはなかなか面白そう。制作はマッドハウスです。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは1月10日~(火曜日夜)
 サンテレビでは1月10日~(火曜日深夜)
 KBS京都 では1月10日~(火曜日深夜)
 テレビせとうちでは1月10日~(火曜日深夜)
 BS11では1月11日~(水曜日深夜)
 AT-Xでは1月30日~(月曜日夜)

【紙の本】
ACCA13区監察課 (1) (ビッグガンガンコミックススーパー) ACCA13区監察課(2) (ビッグガンガンコミックススーパー) ACCA13区監察課(3) (ビッグガンガンコミックススーパー) ACCA13区監察課(4) (ビッグガンガンコミックススーパー) ACCA13区監察課(5) (ビッグガンガンコミックススーパー) ACCA13区監察課(6)(完) (ビッグガンガンコミックススーパー)



◇ 『亜人ちゃんは語りたい』
 <公式サイト
 <男女女女女

【キンドル本】
亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス) 亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤングマガジンコミックス) 亜人ちゃんは語りたい(3) (ヤングマガジンコミックス) 亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス)

 来季のアニプレ土曜24時枠はコレなんですね。制作はA-1 Pictures。
 原作はヤングマガジンサードに連載中のファンタジー学園漫画で、「亜人」というバンパイア・デュラハン・サキュバス・雪女などの「普通とはちょっとちがう人間」の人権が認められた世界観のお話だそうです。さっきはドラゴンで、こっちはバンパイアやら何やらか!

 主人公の男性教師は亜人に興味を持っていて、亜人な女子生徒などと交流していく―――ということで、ハーレム構造なようで「教師もの」でもあるのかな。基本的には明るいタッチのコメディだとは思うのですが、“「普通とはちょっとちがう人間」の人権が認められた世界観”というのは興味深い題材なので観てみようと思います。

 しかし、土曜のこの時間は『3月のライオン』と被りそうなんですね……
 Amazonプライムビデオでの配信もあるみたいなので、そっちで観るかなぁ。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは1月7日~(土曜日深夜)
 BS11では1月7日~(土曜日深夜)
 群馬テレビでは1月7日~(土曜日深夜)
 とちぎテレビでは1月7日~(土曜日深夜)
 MBSではでは1月7日~(土曜日深夜)
 AT-Xでは1月10日~(火曜日深夜)

 ※ 初回放送は1時間で、30分前倒しで始まったりするそうなので気を付けてください

【紙の本】
亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル) 亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル) 亜人ちゃんは語りたい(3) (ヤンマガKCスペシャル) 亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤンマガKCスペシャル)



◇ 『鬼平』
 <公式サイト
 <男男女

【紙の本】
鬼平犯科帳 全24巻 完結セット (文春文庫)
鬼平犯科帳 全24巻 完結セット (文春文庫)

 まさかの(笑)。
 原作は池波正太郎先生が1967年から「オール讀物」で発表していた時代小説『鬼平犯科帳』で、『鬼平犯科帳』は1969年からはテレビ時代劇として放送もされました。2017年は誕生50周年ということで、初のテレビアニメ化だそうです。

 我が家は時代劇を全く観ない家だったため、私はテレビ時代劇も原作小説も実は全く観たことがないんですね。どんな話なのかも今日まで知りませんでした。火付盗賊改方という江戸時代の重罪を取り締まる役職である長谷川平蔵を主人公にした捕物帳だそうです。

 これを書いている12月23日の時点ではまだPVなどもないみたいで「動いているのを見ないと何とも言えない」とは思うのですが、他とは明らかに毛色のちがう作品なので第1話だけでもチェックしてみることにしました。

 放送日程は、
 テレビ東京では1月9日~(月曜日深夜)
 テレビ愛知では1月9日~(月曜日深夜)
 テレビ北海道では1月9日~(月曜日深夜)
 TVQ九州放送では1月9日~(月曜日深夜)
 テレビせとうちでは1月12日~(木曜日深夜)
 テレビ大阪では1月14日~(土曜日深夜)
 時代劇専門チャンネルでは1月15日~(日曜日夜)


◇ 『BanG Dream!(バンドリ!)』
 <公式サイト ※ 音が鳴ります>
 <女女女女女

【CD】
バンドリ!「Yes! BanG Dream!」(初回限定盤)(Blu-ray Disc付) バンドリ! 「STAR BEAT! 〜ホシノコドウ〜」(生産限定盤)(Blu-ray Disc付) バンドリ! 「走り始めたばかりのキミに/ティアドロップス」(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

 ブシロード企画の大型メディアミックス作品がとうとうアニメ化です!
 2015年1月の月刊ブシロードから漫画の連載が始まり(現在コミックスが出ているのとは別です)、担当声優さんが実際に楽器を演奏するライブや、雑誌連載、CD発売など展開は多岐に渡り……ブシロード的には「第二のミルキィホームズ」というか、アニメファン的には「ラブライブ!のガールズバンド版」というか、そんなカンジの作品になりそうです。ブシモより2017年春にはスマホ用リズムゲームも配信予定。

 ストーリーは多分、高校に入学したばかりの女の子がバンドを結成する話だと思います。これでアニメが全然バンド関係なかったらどうしよう(笑)。
 こういう大きなプロジェクトは正直「大丈夫……?」と思ってしまうのですが、『ラブライブ!』のように大成功する可能性もありますんで一応チェックしようと思います。制作はブシロードとOLMが共同で立ち上げたISSENとXEBECの共同制作です。




 放送日程は、
 TOKYO MXでは1月21日~(土曜日夜&日曜日昼)
 サンテレビでは1月21日~(土曜日夜)
 KBS京都では1月21日~(土曜日夜)
 AT-Xでは1月21日~(土曜日夜)
 テレビ愛知では1月22日~(日曜日深夜)
 テレ玉では1月23日~(月曜日深夜)
 BS11では1月23日~(月曜日深夜)
 BSフジでは1月24日~(火曜日深夜)
 tvk(テレビ神奈川)では1月25日~(水曜日深夜)
 ミヤギテレビでは1月27日~(金曜日深夜)

※ テレビ放送よりもAbemaTVが30分速い最速放送みたいですね

【紙の本・漫画版】
 コミック版 BanG Dream! バンドリ 1 (単行本コミックス)
コミック版 BanG Dream! バンドリ 1 (単行本コミックス)

【紙の本・4コマ漫画版】
 BanG Dream! よんこま ばんどりっ!(1) (電撃コミックスEX)
BanG Dream! よんこま ばんどりっ!(1) (電撃コミックスEX)

【紙の本・小説版】
 BanG Dream! バンドリ
BanG Dream! バンドリ

【キンドル本・小説版】
 BanG Dream! バンドリ
BanG Dream! バンドリ<BanG Dream! バンドリ>


◇ 『リトルウィッチアカデミア』
 <公式サイト
 <女女女女女

 来季の7枠目「自分一人だったら多分観なかったろうけど、話題性はあるし、こういう機会だから観てみよう」枠はこちらにしました!私以外の人がこういうリストを作ったら恐らく1番か2番に挙げられるような作品、『キルラキル』のTRIGGER制作のオリジナルアニメです!

 これを書くと炎上しそうなので多分ブログには書かないようにしていたと思いますが、私は『キルラキル』というかTRIGGERのアニメが全く合わなくて、「この会社はNot for meなんだな」と最近ではTRIGGER作品は7作品の中にも入れないようにしていて、今回も入れる予定はなかったんですが……『グランブルーファンタジー』のアニメが1月からだと思ったら本放送は4月からだと発表されて、「ヤバイ!7枠目に選ぶ作品がなくなってしまった!」と急きょこちらを選ぶことにしました(笑)。

 でも、自分がハマる作品って……得てしてこういう「不思議なめぐり合わせ」で出会うものですからね。たまたま前番組を観ていたから習慣で第1話を点けちゃったとか、たまたまスポーツ中継が延長したせいで裏番組と被っていたのがズレて第1話が観られたとかで、そういうきっかけでハマったアニメが今までもありますもの。この作品もそうなるのかもと。


 元々この作品は、文化庁若手アニメーター育成プロジェクト『アニメミライ2013』参加作品として2013年3月に25分アニメで公開されたものが第1弾です。それが世界中から大絶賛されたことでブルーレイ化されただけでなく、2015年10月には続編となる映画『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』が公開されました。この『魔法仕掛けのパレード』は東京MXとBS11にて、1月1日にテレビ放送もされるそうです。

 どういうお話かというと、魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学した女の子たちが魔女を目指していく日常を描いていく作品です。今回のテレビアニメ化は、多分『アニメミライ2013』版と同じように主人公が魔法学校に入学したところから始まるみたい。なので、「今までの作品を観てなかったからこれから観始めてもストーリー分かるか心配だよー」ということはなさそう。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは1月8日~(日曜日深夜)
 BS11では1月8日~(日曜日深夜)
 関西テレビ放送(KTV)では1月8日~(日曜日深夜)

【劇場版1作目と2作目がセットになったブルーレイ】
リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード Blu-ray豪華版
リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード Blu-ray豪華版

【キンドル本・漫画ヤングジャンプ版】
リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

【紙の本・漫画ヤングジャンプ版】
リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス)
リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス)
※ 内容はオリジナルエピソードらしいです。

【キンドル本・漫画りぼん版】
リトルウィッチアカデミア 月夜の王冠 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)
リトルウィッチアカデミア 月夜の王冠 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

【紙の本・漫画りぼん版】
リトルウィッチアカデミア 月夜の王冠 (りぼんマスコットコミックス)
リトルウィッチアカデミア 月夜の王冠 (りぼんマスコットコミックス)



 以上、7作品をチョイスしました。
 来季はどうも「日常+不思議」みたいな作品が多いですね。『メイドラゴン』『亜人ちゃん』……『リトルウィッチアカデミア』も言ってしまえばそうですし、7作品の中には選べませんでしたが『ガヴリールドロップアウト』なんかもそうですよね。最近のトレンドなのかしら。

 今回も他にオススメ作品があったら教えてください。
 ブログのコメント欄やTwitter等でオススメされた作品も追記で紹介していきます。ただ、数が多すぎると私の負担も大きくなっちゃうので、紹介するのはその中で「自分が観る気になったもの」に限らせていただきます。なので、気楽にオススメしてくださると助かります。

 それでは、よろしくお願いします。



--12月31日追記--
 ここからはコメント欄やTwitterなどでオススメされた作品を挙げていきます。
 私もとりあえず第1話は観てみようと思っています。


◆ 『クズの本懐』
 <公式サイト
 <女男女女男

【キンドル本】
クズの本懐 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) クズの本懐 2巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) クズの本懐 3巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) クズの本懐 4巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) クズの本懐 5巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) クズの本懐 6巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) クズの本懐 7巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

 来季のノイタミナ枠です。
 原作は月刊ビッグガンガンにて横槍メンゴ先生が連載中の恋愛漫画で、「お互いに好きな人がいることを了解しつつ、その恋が実ったら別れることを条件に付き合っている高校生カップル」を描いた作品です。私は7作品を選ぶときには大抵ノイタミナ作品を入れてきたと思うのですが、どうして今回外したかというと、多分つらくて途中で観られなくなるだろうなーと思ったからです。

 それでも第1話を観るのはコメント欄で勧められたからなんですが、それとはまた別案件で、7作品を選んだ後に「原作のとある情報」を聞いて興味が沸いたというのもありました。まぁ、とりあえず第1話だけでも観てみようと思います。



 放送日程は、
 フジテレビでは1月12日~(木曜日深夜)
 岩手めんこいテレビ1月12日~(木曜日深夜)
 さくらんぼテレビ1月12日~(木曜日深夜)
 テレビ愛媛1月12日~(木曜日深夜) 
 秋田テレビ1月12日~(木曜日深夜)
 テレビ静岡1月12日~(木曜日深夜)
 新潟総合テレビ1月12日~(木曜日深夜)
 テレビ熊本1月12日~(木曜日深夜)
 福島テレビ1月12日~(木曜日深夜)
 関西テレビ1月12日~(木曜日深夜)
 テレビ西日本1月12日~(木曜日深夜)
 テレビ新広島1月12日~(木曜日深夜)
 鹿児島テレビ1月12日~(木曜日深夜)
 仙台放送1月12日~(木曜日深夜)
 東海テレビ1月12日~(木曜日深夜)
 サガテレビ1月13日~(金曜日深夜)

【紙の本】
クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス) クズの本懐 (2) (ビッグガンガンコミックス) クズの本懐(3) (ビッグガンガンコミックス) クズの本懐(4) (ビッグガンガンコミックス) クズの本懐(5) (ビッグガンガンコミックス) クズの本懐(6) (ビッグガンガンコミックス) クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス)
クズの本懐(8) プレミアムヴィジュアルコレクション付き 初回限定特装版 (SEコミックスプレミアム)
クズの本懐(8) プレミアムヴィジュアルコレクション付き 初回限定特装版 (SEコミックスプレミアム)



◆ 『うらら迷路帖』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
うらら迷路帖 1巻 (まんがタイムKRコミックス) うらら迷路帖 2巻 (まんがタイムKRコミックス) うらら迷路帖 3巻 (まんがタイムKRコミックス)

 原作はまんがタイムきららミラクにてはりかも先生が連載中の4コマ漫画で、「うらら」と呼ばれる占師を目指す4人の少女を主人公にした作品です。PVを見たカンジ、舞台は現代ではないのかな??と思ったのだけど、『ごちうさ』の例もあるからな……

 きらら系の女のコ数人がメインの作品ということで「日常系」なのかなとは思いますが、ミラクは割とバラエティに富んだ作品が多いんですよね。これまでにアニメ化されたもので言えば、『城下町のダンデライオン』とか『桜Trick』とか。とりあえず、どんな作品なのか第1話だけでもチェックしようと思います。



 放送日程は、
 TBSでは1月5日~(木曜日深夜)
 CBCでは1月5日~(木曜日深夜)
 サンテレビでは1月6日~(金曜日夜)
 BS-TBSでは1月7日~(土曜日深夜)

【紙の本】
うらら迷路帖 (1) (まんがタイムKRコミックス) うらら迷路帖 (2) (まんがタイムKRコミックス) うらら迷路帖 (3) (まんがタイムKRコミックス)

| アニメ雑記 | 17:54 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/12/26 19:32 | |

冬アニメで自分か注目している作品

今期も更新お疲れ様です。

冬アニメ、自分も「鬼平」に注目していますね。アニメで時代劇を舞台にしたものはなかなか少ないと思うので、どんな作品になるか楽しみです。

やまなしさんが選んだラインナップに入っていないもので言えば、「クズの本懐」に注目しています。私は原作の漫画を全く読んでいないのですが、公式サイトやPVが物凄く引っかかるんですよねー。
意味深なキャッチコピー、イントロダクションやキャラ紹介を見ても「恋愛ものっぽい」ということしかストーリーがわからないんです。何かあえて普通の恋愛ものアニメっぽく偽装している感じがする上にタイトルが「クズの本懐」、これはあまり詳しく内容を調べないで1話をみたらすごい楽しめそうな気がすると思いました。
という訳で、どういう話か分かりませんが怪しげな雰囲気から感じとれる期待値のみでおすすめしたいとおもいます。

もし、原作既読済みだったらごめんなさい。

| yatarou | 2016/12/26 21:16 | URL |

>yatarouさん

 まさか私以外にも『鬼平』注目している人がいるとは!(笑)


 『クズの本懐』は実は最後まで7作品の中に入れるか悩んだ作品でした。どこに入れるか悩んでいたかというと、『鬼平』のところだったんですけど(笑)。
 僕は原作は読んでいないのだけど、原作の評判は聞いているのでなるべくネタバレしないようにうかつなことは言わないようにして……とりあえず僕も1話はチェックしようと思います。また時間のある時に追記します。

| やまなしレイ(管理人) | 2016/12/27 23:20 | URL | ≫ EDIT

http://www.tbs.co.jp/anime/urara/


うらら迷路帖を推しておきますね。

| ああああ | 2016/12/30 23:15 | URL | ≫ EDIT

>ああああさん

 追記しておきましたー。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/01/01 10:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2203-251622cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT