やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Amazonのプライム会員のみなさま、Kindleオーナーライブラリーは使っていますか?

 理由を説明すると面倒くさいことが起こりそうなので端折りますが、昨年9月に発売したキンドル本『オレは貧乳が好きなんだ!』がKindle UnlimitedKindleオーナーライブラリーで読めるようになりました。
 前者は「月額980円払えば対象のキンドル本が読み放題」のサービスで、後者は「年額3900円払っているAmazonのプライム会員ならば対象のキンドル本が月1冊無料で読める」サービスです。私の発売しているキンドル本で言うと、『マンガは描ける!』も『オレは貧乳が好きなんだ!』も両方のサービスに対応するようになりました。

 これらのサービスで面白い本をお探しの方は是非どうぞ!

マンガは描ける!絵が描けない人でも
マンガは描ける!絵が描けない人でも

オレは貧乳が好きなんだ!
オレは貧乳が好きなんだ!



 さて、Amazonのプライム会員特典と言えば「お急ぎ便無料」とか「プライムビデオ見放題」とか「プライムミュージック聴き放題」とかが有名で利用している人も多いんじゃないかと思いますが、Kindleオーナーライブラリーに関しては「利用している」という人の話をあまり聞かないし、ひょっとしたらそんなサービスがあることを知らない人も多いんじゃないかとふと思いました。

 せっかく月1冊も無料で本が読めてしまうのに、利用しないまま1か月が過ぎてしまうのはもったいない!!自分がプライム会員になった際には、しっかり月1冊ずつ無料で本を読むぞ!!と気合を入れていたのですが……昨年12月からプライム会員になって、こりゃ確かにあまり話題にならなくても仕方ないな……と早速思ってしまいました。



× 対応している端末が少ない
 Amazonの行っている電子書籍サービス:キンドルは、キンドル端末やファイアタブレットはもちろん、iOSのスマホやタブレット端末、AndroidOSのスマホやタブレット端末、果てはWindowsやMacなどのパソコンからでも利用することが可能です。Amazonが売りたいのはあくまで「電子書籍」なので、Amazonの売っている「端末」を持っていなくてもキンドル本は利用できるんですね。

 ただ、Kindleオーナーライブラリーだけは例外なのです。
 私はこのことを全く知らなかったので、「Amazonのプライム会員になったらiPad Proの大きな画面でえっちな写真集でも月1冊無料で読むぞー!」なんて考えていたのですが、iPad ProではKindleオーナーライブラリーは使えませんでした。

 Kindleオーナーライブラリーが利用できるのは、Amazonが発売している「Kindle Paperwhite」などのKindle電子書籍リーダー、およびAmazonが発売している「Fire HD」などのFireタブレットのみらしいんですね。
 私はiPad Proとは別にキンドルファイアHDを持っているのでKindleオーナーライブラリーが利用できるのですが、iPad Proに比べれば画面が小さいので「これでは、えっちな写真集を読んでも迫力不足じゃないか!」と思ったのと、そもそもKindle電子書籍リーダーかFireタブレットを持っている人ってそんなに多くないと思うんですね。


 「Amazonのプライム会員のみなさま、Kindleオーナーライブラリーは使っていますか?」というタイトルの記事を書きましたけど、「使いたいけど端末持っていないし……」って人の方が多いのかもって思います。



× 「月1冊無料」という制約の難しさ
 そもそも「月1冊無料」という条件で本を選ぶのがなかなかに難しいです。
 漫画だろうが小説だろうが写真集だろうが、1冊は1冊としてカウントされてしまいますからね。

 例えば全10巻の漫画をKindleオーナーライブラリーで読もうとしても、無料で読めるのは1か月1冊ですから、読み終えるのに10か月かかってしまいます。これでは中身を覚えていられません!「前の巻はどうだったっけ?」と読み返したくても、それでまた月1冊かかってしまう……これならもう最初から全巻買ってしまった方が良かろう!


 だから、漫画でも小説でも、Kindleオーナーライブラリーで読む本はなるべくなら「1冊で完結している本」「そう何度も読み返したりしない本」が理想かなーと思います。

 ちなみに「対象商品の検索の仕方がよく分からない!」という人のために簡単な方法を説明すると、Kindle本を「プライム対象」で検索するだけでOKみたいです。これで出てくる本はKindleオーナーライブラリー対象なので、気にいった本があったらメモっておきましょう。



 にしても、Kindleオーナーライブラリーで何を読むべきか……
 続きものの漫画などは「月1冊」だと区切りが悪いし、えっちな写真集はiPad Proの大きな画面で読めないのなら魅力減だし、かといって全然興味のない哲学書とかを読むのも疲れるけど、どうせなら「自分では買わないようなジャンルの本」に手を出したいなーと思い、私がたどりついたのが。


 ゲームブックでした。

 往年の名作と言える『ドルアーガの塔』シリーズなどもKindleオーナーライブラリーの対象ですし、「キンドル本ならば手軽にゲームブックが楽しめる」ということでKDPで出版されているゲームブックも多く。これならば基本的に「1冊で完結」でしょうし、iPad Proのような大画面も必要ありません。


 ということで、12月にプライム会員になってから私がKindleオーナーライブラリーで読み始めたのはゲームブックだったのですが、KDPで出ている「ゲームブック初心者でも楽しめます!」という本を選んだからなのか思ったより楽しくなくて「ひょっとして自分には向いていないんじゃないかな……」と思い始めていて(笑)。
 来月からは「1巻で完結していそうなライトノベル」を漁ってみようかなと考えています。


 Kindleオーナーライブラリーを使っている人は、どの辺を読んでいるのでしょう。何かオススメの本でも分野でもありましたら、教えてもらいたいです。



× 利用方法がイマイチ分かりづらい
 Kindleオーナーライブラリーを利用できる端末は少ないと前々項で書きましたが、そうした端末を持っていたとしても「どうやって利用すればイイのか分からない……」という人も多いんじゃないかなと思います。そのくらい分かりづらくて、私も「ひょっとしてこの端末は古すぎて対応していないのか??」と不安になってしまったくらいですもの。



 あくまで「参考」の画像にしかならないと思いますが、私の使っているキンドルファイアHD(2012年発売モデル)の場合はこうだということを書いておきます。


kol-1.jpg

 HOME画面から「本」をタップ。


kol-2.jpg

 「ストア>」をタップ。


kol-3.jpg

 おすすめのキンドル本や「日替わりセール」などが表示されますが、無視して「検索」窓から欲しい本のタイトルを直接打ち込みます。


kol-4.jpg

 私は既に今月分を利用してしまっていますが、まだ利用していない場合は(対象商品を表示していれば)「無料で読む」のボタンが表示されるのでそれを押します。そうすると今月分の権利を使ってダウンロードすることが可能です。



 ……と、こんなカンジにどうも“「検索」窓から欲しい本のタイトルを直接打ち込む”以外の方法がないみたいなんですよねぇ。「Wishlist」に放り込んでおいてそこからダウンロードとか、PCから読みたい本を選んでキンドル端末にダウンロードしておくとかが、Kindleオーナーライブラリーではどうも出来ないみたいで。

 普段のキンドル本の使いやすさからすると、どうしても使いづらさを感じてしまいます。




 しかし、「じゃあ使わないのか」と言うとそれはもったいなく思えてしまいます。
 「月1冊無料で本が読める」というのは、普通なら買って読んだりはしなかったような本に出会える機会にもなるでしょうし。この記事をきっかけに「そんなサービスがあるのなら自分も使ってみようかな」と思ってくれる人が増えたら嬉しいですし、先ほども書きましたがKindleオーナーライブラリーで読める本で何かオススメの本でも分野でもありましたら教えてください。

| ひび雑記 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2217-e2e7e5fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT