やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「好きな作品」と「好きなキャラがいる作品」はビミョーに違う

 バレンタインで忙しくて(こう書くとすごくモテる男みたいだ)ブログで取り上げるのが遅くなってしまったんですが、先週Twitterでこんな話が話題になっていました。







 これ、とてもとてもとてもよく分かります。
 「作品が好き」と「その作品に出ているキャラが好き」が同一視される傾向があるけど、「好きな作品」はあくまで「作品として好き」なだけであって「好きなキャラがいる作品」とは限らないんですね、私の価値観では。

 例えば、私は毎年3月末に「この1年間で観てきたアニメの中で好きな作品」をトップ5形式で書いてきましたけど、昨年1位に選んだ『響け!ユーフォニアム』(1期)も、一昨年1位に選んだ『SHIROBAKO』も、特にすごい好きなキャラがいるワケではありません。ストーリーが好きだとか、作品に込められているメッセージが好きだとか、画面がキレイだから好きだとか、「もう、みんながんばれ」と応援したくなるから好きだとかってだけで、特に好きなキャラがいたワケじゃないんですね。

 これ、実は『きんモザ』とか『ごちうさ』みたいな「日常系アニメ」でもそうです。特に誰が好きだというワケではなくて、あの空間というか「優しい世界観」が好きで観ていました。今季で言えば『メイドラゴン』もそんなカンジです。

(関連記事:“悪意”が存在しないアニメを観たい時
(関連記事:やっぱり僕は『ごちうさ』に癒される


 でも、「作品が好き」と「その作品に出ているキャラが好き」をついごっちゃにしてしまうことってあると思うんですね。自分ではそうではないのに、例えば誰かがTwitterにしょっちゅう『ラブライブ!』のにこちゃんの絵を描いて投稿していたら、「この人は『ラブライブ!』が好きなんだな」と思ってしまうと思うんですね。その人、実は「にこちゃんは好きだけど作品として『ラブライブ!』は好きではない」可能性だってあるのに。

 ウンザリするような話なので、もうあまり語りたくないんですけど……「アニメが好きだ」と言うと「アニメ観ながらオナニーしているんだね」と思う人がいるって話もコレにつながると思います。
 作品としての評価が「キャラが好き」「キャラでシコれる」くらいしかない人には、私達がどんなに「ストーリーが」「演出が」「画面のキレイさが」「世界観が」「空気感が」という話をしても納得してくれないんですね。「作品が好き」と「その作品に出ているキャラが好き」が一緒な人には、それが一緒でないというのが理解できないんでしょう。

 「アニヲタは3か月ごとに嫁をコロコロ変える」とかもそうで、新番組が始まったからそれを観ているだけなのに「嫁を変えた」と外から言われるという。嫁探しのためにアニメ観ているワケじゃねえよ!!



 ただ、「作品が好き」と「その作品に出ているキャラが好き」が同一でない私でも、「出てくるキャラが全員嫌いな作品」を好きになるかというと精神によほどゆとりがある時でないとなれないし、「好きなキャラがいる作品」はストーリーがそこそこでも許せてしまうところがあるので、ハッキリと線引きがしづらいところもあります。

 『ユーフォ』とか『SHIROBAKO』とか『きんモザ』とか『ごちうさ』とか『メイドラゴン』は、私にとっては、アイドルファンの使う「箱推し」とか「DD」に近いのかなぁと思います。
 「俺、ももクロ好きなんだよね」「へぇ、誰推し?」「いや、別に誰を推してるとかなくて、純粋に歌っている曲が好きなんだけど」「嘘つけよ!好きなコがいなければユニットを好きになんてならないだろう!」みたいに理解してもらえないのに近いのかなと。アイドルにだって「そのユニットとしての物語」があってそれが好きな人もたくさんいると思うんですけど。



 それと逆の話で、「好きなキャラがいる作品はストーリーがそこそこでも許せてしまう」例を挙げると、『ラブライブ!サンシャイン!!』なんかは「ストーリーはほぼ旧作と一緒」だったのでそれほどのめりこんだワケじゃなかったのですが、キャラが好きだったから毎週楽しみに観ていました。これは「推しのコが一人いれば曲がイマイチでもCD買っちゃう」みたいなことなのかなーと。ちなみに私は「曜×千歌」推しです。

 そもそも「キャラが好き」というのにもいろんな種類があるものです。男である私から見た女性キャラへの「好き」も、「かわいいからずっと眺めていたい」「人間的に尊敬する・かっこいい」「応援したい・幸せになって欲しい」「このキャラとこのキャラでイチャイチャして欲しい」と様々な種類の「好き」がありますし。
 「性的にも好きかどうか」はそれぞれのキャラでちがうし、性的に好きなキャラでも「このキャラは百合キャラなので男と絡むエロ同人誌は読みたくない」みたいなキャラもいます。


 例えば私、『SHIROBAKO』がものすごく好きだったんですけど、あのキャラ達でエロイことを考えられるかというと難しくて……放送終了後に公式から発売されたエロイ画像の抱き枕カバーとかは、「いや……『SHIROBAKO』ってそういうアニメじゃないじゃん」とヒいちゃうところがありました。





 もちろんコレは「私の捉え方」なので、人によっては『SHIROBAKO』のキャラをエロイ目で見られるのだろうし、それが悪いという話ではないです。
 私がこの記事で言いたかったのは「同じ“好き”という言葉でも、その意味は使う人によってビミョーに違う」ということと、「それを踏まえないと「そのアニメが好きだってことはそのキャラでオナニーしているってことですね!」というトンチンカンなことを言ってしまいかねない」ということです。





 そう言えば、どうして「作品が好き」と「その作品に出ているキャラが好き」が同一視されるのかって話なんですけど……
 同じ作品の「ストーリーが好き」という人と「キャラが好き」という人を比較すると、例えばイラストなり漫画なりコスプレなりの二次創作をする人は「好きなキャラ」で(を)表現することが多いでしょうし、グッズなんかも「好きなキャラ」のものが買われやすいのかなーと思います。フィギュア、トレーディングカード、キーホルダー、抱き枕カバーなどなどはキャラごとに発売されますしね。

 つまり、「ストーリーが好きな人」は目に見えないけれど、
 「キャラが好きな人」は可視化されやすいし、グッズを売る対象にもなりやすいからかなと。


ラブライブ!サンシャイン!! Aqours イヤフォンジャックストラップ vol.1 [シークレット:高海千歌 (表情違い)](単品)ラブライブ!サンシャイン!! Aqours イヤフォンジャックストラップ vol.1 [シークレット:高海千歌 (表情違い)](単品)

タイトー
売り上げランキング : 157583

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours イヤフォンジャックストラップ vol.1 [5.渡辺曜](単品)ラブライブ!サンシャイン!! Aqours イヤフォンジャックストラップ vol.1 [5.渡辺曜](単品)

タイトー
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分としては今ハヤリ?の「けものフレンズ」が、
これといって好きなキャラはいないけど好きな作品。
まだ完結していないので最後どうなるかは分からないが
今のところ日常系っぽいユルさで悪意を持つキャラが
ほとんど出てこないので何も考えずに見れるのが良い。

| ああああ | 2017/02/20 05:42 | URL |

キャラ自体は全員がどうも…ってパターンすらありますからね。

| 児斗玉文章 | 2017/02/20 06:54 | URL |

>ああああさん

 僕はまだ『けものフレンズ』観られていないんですけど、話題になった当初はやっぱり「あの世界観がイイ」「何も考えなくてイイのがイイ」って言われていましたよね。
 詳しくは一挙配信で自分でもちゃんと観てから語ろうと思いますが、今求められている作品だからこそ話題になっているんだろうなーって思います。


>児斗玉文章さん
 今プライムビデオで観ている『ザンボット3』がまさにそんなカンジですわ……というか、『Vガン』までの富野アニメは序盤は毎回そんなカンジな気がしますね(笑)

| やまなしレイ(管理人) | 2017/02/20 22:32 | URL | ≫ EDIT

今まで僕は「好きなキャラはいるけど作品自体は別段好きでもない作品」に対して「それなりに好きな作品」とカテゴライズしていましたが「好きな作品」と「好きなキャラがいる作品」という分類の仕方はとても参考になる考え方だと思いました。 

それから「好きなキャラがいる作品」は内容の採点が甘くなりがち、という意見にも共感できました。しかしそうなってくると相対的に「特に好きなキャラがいるわけではない作品」は内容の採点が厳しくなってくるというわけで、いわゆるキャラのかぶりを押さえるという考え方には、受け手の好きなキャラが登場する確率を上げ「好きなキャラがいる作品」にすることで採点基準を甘くするという側面もあったりするのかなぁ、などと思いました。

| あさひな | 2017/03/01 22:56 | URL | ≫ EDIT

>あさひなさん

 ありがとうございます。


>いわゆるキャラのかぶりを押さえるという考え方には、受け手の好きなキャラが登場する確率を上げ「好きなキャラがいる作品」にすることで採点基準を甘くするという側面もあったりするのかなぁ

 あぁ、確かに……!
 そう考えていくと「キャラ数が多ければ1人くらい当たるだろう」と、メインキャラの数がどんどん増えていく傾向にもつながりますね。『ラブライブ!』の9人だって10年前なら多すぎると言われたろうって思いますからねぇ。

 それと、「嫌いなキャラがいない」というのも重要かなーと思いました。これはまた別の記事で語った方がいいかもしれませんが。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/03/02 20:29 | URL | ≫ EDIT

雰囲気、画風、物語、キャラ全ての分野で今まで読んだどの漫画より最高に好きって思える作品に出逢えた自分は仕合せ者過ぎるな…

| 某刑務所の囚人 | 2017/06/05 13:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2225-7af36278

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT