やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どうしてW杯とかオリンピックとかスポーツの話をしたがるのか

 野球のWBCが終わりましたね。
 こういうスポーツの世界大会があるたびに話題になるし、そう言えば昔友達が愚痴っていたのを思い出したので、ちょっと今日はこのことについて書こうと思います。


 曰く、「こういうスポーツの世界大会があると、みんながスポーツに興味があって日本代表を応援しているのが当然だみたいな風潮があって、「昨日の日本代表の試合観た?」と言われて「興味ないから観てない」とでも答えようものなら非国民みたいに言われるのが納得いかない」とのこと。
 友達はそれをナショナリズムだとか全体主義だとか言ってて、確かに私も日本代表“だけ”を応援するのは好ましくはないと思っているんですけど……


 ただ、私……「昨日の日本代表の試合観た?」と言ってくる人って、特にスポーツの話がしたいんじゃなくて、共通の話題を探しているだけじゃないのかなーと思うんですね。
 もちろん、その人がどういう人なのか、その人とどういう関係なのかは個々にちがうでしょうから一概には言えませんし、中には相手の気持なんかどーでもいいから語りたいだけの人もいるとは思うんですけど。

 そんなに親しくないし、どんな趣味か分からない相手にとりあえず振ってみる話題を考えた時、「W杯とかオリンピックみたいなスポーツの話」は無難な落としどころだって思うんです。



tls.jpg
<画像はPS用ソフト『トゥルー・ラブストーリー』より引用>

 会話というのは、「相手が興味のある話題」や「共通の話題」を振っていくものです。
 ゲームが好きな人相手なら「最近どんなゲームやってます?」と聞けばイイし、アニメが好きな人相手なら「来季は何を観ます?」と聞けばイイし、共通の知り合いがいれば「○○さんって最近どうです?」みたいな話を振っていけばイイのですが……相手が何を好きかも分からないし、共通するものが何かも分からないような関係性で何かを喋らなければいけないときって、どんな話題を振ればイイか困ってしまいます。

 「天気の話題」が万能なのは、「天気に影響されない人間はいない」からで、誰とでも共通の話題になるからなんですね。

 逆に、してはダメな話題として昔よく取り上げられたのは「政治の話と宗教の話とプロ野球の話」でした。どこを応援しているのか・どこを信じているのかが人それぞれちがうので、うっかり地雷を踏みやすい話題なんですね。一口に「プロ野球のファン」と言っても、阪神タイガーズのファンに「今年のジャイアンツはどうですかねー?」なんて言おうものなら「知るか!」ってなるでしょうし。


 だから、「日本代表」の話題って無難なんですよ。
 相手が日本人ならば「昨日の日本代表の試合すごかったねー」と言って「いや、私はイスラエル代表を応援していたんで……」となるケースはそんなにないので、地雷を踏みづらいんです。しかも、テレビの視聴率が30%を超えているようなケースなら、10人中3人は「観た観た!」と言ってくれるワケですし。観ていなかった人も、「興味はあるけど観られなかった」のか「興味がないので観る気もなかった」のかでまた会話が続きますし。

 本当に「その試合を観ていなかったなんてオマエは非国民だ!」と言われたのなら、それはその人がどうかしていると思うんですけど。「えー、あんなに盛り上がった試合を観ていなかったの。もったいない」くらいなら、それは別にそう言った人も本気で思っているワケではなくて、自分から振った話題に相手が食いついてこなかった気まずさを誤魔化して埋めているだけじゃないかなぁと。



 よくネット上で見かける話題で、「私マンガ大好きなんですよー」と言っている人の話をよくよく聞いてみたら『ワンピース』みたいなドメジャーな作品の話をしてきて「それくらいでマンガ大好きとか言うなよ」みたいなのがあるんですけど……それって「相手も知っているにちがいないドメジャーな作品」を出しているだけじゃないのかって思うんですよ。
 そこで本当に誰も知らない「10年くらい前に雑誌で1回載っただけでコミックスになっていない新人の読切マンガ」が好きだって言われても、「へぇ……」以外に答えようもないでしょうし。





 私は「沈黙が怖い」タイプのコミュ障なので、会話が止まりそうになったらつい何かしゃべらなきゃと思ってしまって、「共通の話題を求めてW杯とかオリンピックとかの話をする」人の気持ちがすごくよく分かるんですね。「絶対相手が知らない漫画の話」とか「絶対相手が知らないゲームの話」とかを振るよりかは、まだ気を遣っている方だと思いますし……それが後から陰で、「非国民扱いされた!」とか「ナショナリズムだ!」とか「全体主義だ!」とか言われるのは可哀想だし、自分のことのように心が痛んでしまいます。


 ただ、私はスポーツ観るのが大好きなんで、むしろ「共通の話題を求めてW杯とかオリンピックとかの話」は自分からはしませんけどね!そう話題を振って「興味ないから観てない」って言われるのはまだマシな方で、厄介なのは「○○が悪かった」とか「××を使う監督がクソだ」みたいに熱く返された時です。「オメーに○○の何が分かんだよ!」と、ケンカになりかねませんから(笑)。

 本当に好きなものって話題にしづらいんです。
 「ゲームが好きだ」と言って、お互いに今やっているゲームが『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』だったとしても、「オイちょっと待て。ネタバレすんなこのやろー」となりかねませんし。



 ということで、私達は「天気の話」をするのです。
 「天気の話」ならケンカにならないし、興味のない人もいません。毎日変化するから話題も尽きませんし、「天気の話」サイキョー。もうずっと「天気の話」だけしていたいです。そうすれば誰にも陰口なんて言われなくて済むし、敵も作らなくてイイし、このブログもこれから先ずっと「天気の話」だけ書いていくことにしましょうそうしましょう。


ドラえもん科学ワールド-天気と気象の不思議- (ビッグ・コロタン)ドラえもん科学ワールド-天気と気象の不思議- (ビッグ・コロタン)
藤子 F不二雄 藤子プロ 大西 将徳

小学館 2014-09-18
売り上げランキング : 5928

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2242-f9aeaaec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT