やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

物語に「成長の気持ちよさ」は必要か

 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の感想まとめの記事でも紹介したんですけど、『鉄血のオルフェンズ』の2期(3クール目)開始前に公開された監督の長井さんとシリーズ構成の岡田さんのインタビュー記事で長年私が抱えていた違和感の正体が分かった気がしました(※ インタビュー記事は『鉄血のオルフェンズ』1期のネタバレを含んでいるので注意してください



 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」特集 長井龍雪監督×シリーズ構成・岡田麿里 対談 (1/4) - コミックナタリー 特集・インタビュー

<以下、引用>
──岡田さんのほうでも方向性を探ってみるんですね。

岡田「例えば、長井監督ってキャラクターを成長させるのがあんまり好きじゃないんです。わかりやすい成長を見せたがらないタイプで。」

長井「急に「成長」とか言われると、「なんでだよ」ってちょっと引いちゃう部分があるんです。

岡田「こういった群像劇って、成長物語と食い合わせがよすぎて難しい部分もあると思うんです。なので脚本を書くときに「このぐらいの成長描写だったらいいのか?」「こういうセリフを言ってもいいのか?」っていう、チャレンジみたいなものはします。とは言え、完成した映像を観ると、監督は成長を成長としてしっかり描くんですよね。通してくれたところは全力を持ってやってくれる。」

長井「コンテを描いてるときに「ああ、こういうことだったんだ」ってシナリオに対して理解し直すところがあって。シナリオだけ読んでいるときは、自分の理屈で考えるので納得いかない部分もあったりするんですけど、コンテにしてみるとなんとなく見えてくるものもあるんです。他人事というか、キャラクターを俯瞰で見られるようになるんですよね。「そっか、こいつ成長するんだ」「まあでも、ここで成長するよな」って、納得できるんです。

</ここまで>
※ 強調など、一部引用者が手を加えました


 『鉄血のオルフェンズ』の感想は以前の記事に散々書いたので、この記事では触れません。
 私は『鉄血のオルフェンズ』以前から長井監督の作品が大好きで、彼の監督したテレビアニメは全て観ているのですが(多分)、大好きな割に特に原作なしのオリジナル作品には毎回どうにもノリきれないところがありました。「中盤くらいまでは無茶苦茶面白いのに、どうもラストまで観るとしっくり来ないなー」と。

 この記事を読むまでその理由が分からなかったので、「たまたまかな」くらいに思っていたんですけど……「わかりやすい成長を見せたがらない」という説明で、すべてが納得いきました。
 これは「監督の描きたいもの」と「私の観たいもの」がズレていたというだけなんですが、私は「わかりやすい成長」が観たかったんですよ。「最後はキャラクターが成長するだろう」と期待して観ているのだけど、最後までキャラクターが成長しないまま終わってしまうので、「あれ?これで終わり?」という消化不良感が残ってしまっていたのです。

 もちろん監督自身が「まあでも、ここで成長するよな」と納得して成長させているケースもあるので、全部が全部ノれないワケでもないのですが……「主人公を成長させよう」という目標でストーリーを作っていないのだから、必ずしも自分が観たいラストにはならないのは当然だったのかなと思いました。



 「成長」というのは、それだけで気持ちが良いものです。
 『ドラゴンクエスト』というゲームで、「キャラクターのレベルが上がり」「強い武器・防具を手に入れる」成長は、昔は苦戦していた敵にも勝てるようになり、行動範囲が広がる気持ちよさがあります。
 「レベル」という概念のないゲームであっても、プレイヤー自身の指に経験値を貯めることで「昨日はクリアできなかった面をクリアできた」「昨日より高いスコアが出せた」「昨日より脳年齢が若返った」と成長を感じるのが楽しいのであって、ゲームとは「気軽に成長を体感できるツール」だと私は思っています。

 勉強でもスポーツでもお絵かきでも音楽でも、それが長続きする人は「分からなかったことが分かるようになる」「出来なかったことが出来るようになる」から楽しくて続けられるのであって、「成長の気持ちよさ」がなければ続かないと思うのです。



 だから、物語に「成長」の要素を組み込む作品がたくさんあるのです。
 最初の『機動戦士ガンダム』にしても、主人公達の成長物語ですしね。それは単に戦闘が強くなったというだけでなく、アムロにしてもブライトにしてもカイにしても、作中で起こった様々なことで「何と戦っているのか」「何のために戦っているのか」を考えるようになって人間的に成長していく話です。

 長い長い物語を追っている視聴者からすれば、主人公達が成長していく姿を見れば「自分が観てきたこの物語には意味があった」と思えるし、そこにカタルシスが生まれて気持ちよくなれます。

 私が好きなテレビアニメ作品を思い出してみても、『SHIROBAKO』にしても『響け!ユーフォニアム』にしても『けものフレンズ』にしても「主人公達の成長」が軸になっている物語ですし、長井さんが監督をした『とある科学の超電磁砲』だって主人公達が人間的に成長していく物語でしたしね。



 しかし、言われてみれば……あまりにも「成長」を妄信していないか?という気もするのです。
 上述の記事をTwitterで紹介した際に話題として盛り上がったことなのですが、最初から主人公が無敵の作品は「俺TUEEEEE作品」だと(ネット上では特に)馬鹿にする人がたくさんいるのに、主人公が最初はダメダメだけど超人的なスピードで成長していく作品は「しっかりと成長が描けている」と無条件に褒められすぎではないか?という気もするのです。

 それは「強さ」とか「上手さ」だけでなく、「人間的な成長」についてもです。
 昔どこかの記事でチラッと書いたことがあるんですけど、私はアメリカのCGアニメ映画が基本的に苦手で……最初はイヤなヤツだった主人公が、事件の中で誰かに出会って、その人と交流していく内に人間的に成長して事件も解決してハッピーハッピーエンドというストーリーの作品がどうも受け入れられないんですね。だって、ついさっきまでコイツすげーイヤなヤツだったじゃんって思ってしまうのです。
 今はただこの場のテンションで立派なことを言っているかも知れないけど、コイツの元からの性根の腐り方からすると、1週間も経てばまたイヤなヤツに戻るだろうとハッピーハッピーエンドが納得できないのです。



 だから、長井監督の「急に「成長」とか言われると、「なんでだよ」ってちょっと引いちゃう部分があるんです」という話もすごくよく分かるんですね。「成長物語」が大好きで、好きな作品を思い出せば必ず「成長」の要素が入っているような私でさえも、人間って、そんなに都合よく変わったり出来ないよね―――とどこかで思っていて、そっちの方がリアルに感じている側面もあります。

 例えば『新世紀エヴァンゲリオン』なんかは、徹底して「主人公を成長させない物語」でしたもんね。普通あれだけのことをやっている主人公ならば、人間的に一皮も二皮も剥けて成長していきそうなのに、そのタイミングでことごとく主人公を叩き落す事件が起きてどんどん追い詰められていくという。
 『魔法少女まどか☆マギカ』も終盤まではそんなカンジでした。


 ちょっと毛色が変わりますけど、先ほど挙げた「俺TUEEEEE作品」だって一説によれば「若い世代は“努力は必ず報われる”みたいな物語に共感ができない」ことの裏返しで支持されているなんて話がありますよね。成長物語を観ても「人間って、そんなに都合よく変わったり出来ないでしょう」と引いてしまうから、むしろ最初から無敵の主人公の方が「強いやつは最初から強い」とリアルに感じられるという見方もあるのかなと。


スーパーマリオ スーパースターのスタンドライト ☆全1種★スーパーマリオ スーパースターのスタンドライト ☆全1種★

タイトー
売り上げランキング : 124860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この話は、どちらが優れているという話ではなくて……
 「キャラクターの成長を描く物語」には気持ちよさがある分だけ御都合主義的に思えてしまうところがあって、「キャラクターを成長させない物語」には気持ちよさはないけどリアリティがあって―――みたいなカンジで、どちらにも長所・短所があって、それぞれに違う需要があるってことだと思うんですけどね。

 それを認識すると、“自分の好み”を把握しやすくなるんじゃないかなと思いまして……
 例えば私、『エヴァ』とか『まどマギ』って「すっげー面白いし夢中になって観ていたけど、話としてはそんなに好みじゃない」という微妙な距離感だったのですが。これも、「わかりやすい成長」を求めているのに「主人公を無理矢理にでも成長させない」ことで気持ちよくなれなかったからと考えれば納得がいきます。すごくエロイのに抜けないエロビデオ、みたいな。

| アニメ雑記 | 18:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かに物語は成長を描くか描かないかで好みが分かれそうです。
ガンダムで言えば、成長を分かりやすく描いたダブルオーが好きですが、成長がはっきりとは見えない鉄血は若干もやもやしました。
これは自分の好みで、人によってはダブルオーは都合が良すぎて現実離れしていて、逆に鉄血はリアリティがあっていいという人がいるかもしれません。
成長を描くのは難しいです。

| ぽらりお | 2017/04/09 18:41 | URL | ≫ EDIT

成長って言うとプラスな印象が強すぎるんじゃないかと思います

ガンダムで言えば戦争ですが物語中で何か劇的な体験をすれば
そりゃ人間ですから「変化」はすると思うんです
だがそれが「成長」かは普通わからないと思うんですよね
筋肉つけたら逆に速球のスピード落ちたぞ!みたいなことって
リアルだと全然あるわけですしw

そこに違和感を持つ人は成長を書きづらいんでしょうね

| ああああ | 2017/04/09 19:30 | URL |

鉄血はマクギリスをはじめとする味方陣営が成長するどころか、1期より無能になってるから叩かれてるんだと思います。まあ、どのみちこの監督の考え方と自分がアニメで見たいものが致命的なまでに一致しないとわかったので、そういう意味ではやまなしさんのここ最近の記事は有意義でした。今後関わらなくて済むという意味で。

| ああああ | 2017/04/09 23:45 | URL |

「殺し屋1」なんかは、こんな無意味な殺し屋稼業で人が変わってたまるかよ、という主題に多いに納得がいったんですが、オルフェンズの場合は単に露悪的に見えてしまいます。

| 児斗玉文章 | 2017/04/10 12:57 | URL |

成長物語は分かりやすいので見ていて気持ちが良いです。ただ、それ以外でも、世界観がしっかりしていたり、今までの話を活かした上でラストを迎えたりなど、物語として成立していれば文句はないですね。
オルフェンズの場合、話の繋がりがどこか弱かったり、今までの話が無為になってしまったような展開があって好きになれません。これを現実的を捉えられるかで変わるのかもしれませんが……。

| 雨令 | 2017/04/10 19:37 | URL |

あくまで私見なのですが、成長と変化は必ずしも同一のものとは限らないと僕は思います。変化した結果、成長するどころか寧ろ退行してしまうこともあると思います。

たとえば、軍人にもかかわらず敵を殺すことにいちいち躊躇う人物がいたとします。
この人物が何かしらの物語の結果、敵を躊躇わずに殺せるようになったとします。
躊躇っていたものが躊躇わなくなったのですからこれは「変化」したと言えるはずです。
ではどう変化したのかですがこれは視点によって変わってくると思います。
「軍人の視点」で捉えると、戦場における軍人の仕事は極論、敵を殺すことでしょうから躊躇わなくなった結果、より確実に効率的に仕事をこなせるようになったことは「成長」したと言えるかもしれません。
ですが「人道的な視点」で捉えると、いくら相手が敵とはいえ人を躊躇いなく殺せるようになったことは「退行」したと言えるかもしれません。

この様にどう変化したのかは受け手の視点によって変わってくると思います。
その中で送り手が成長する様を描きたいならば出来るだけ多くの人に同一の視点から捉えて貰う必要があると思います。
つまり、大半の人から見て、どう見ても駄目なヤツ、明らかに嫌なヤツなどを成長する対象にすることで「分かりやすい成長物語」にすることが必要になってくると思います。

そして「分かりやすい成長物語」には大別して二種類あると思います。
それは「どの角度(前述した視点とは別の話です)から見ても駄目なヤツ」と「ある角度では駄目なヤツだけど、別の角度から見るとそうではないヤツ」で、僕は基本的に前者は苦手で、逆に後者は好きです。

どういうことかと言うと
>アメリカのCGアニメ映画が基本的に苦手で……最初はイヤなヤツだった主人公が、事件の中で誰かに出会って、その人と交流していく内に人間的に成長して事件も解決してハッピーハッピーエンドというストーリーの作品がどうも受け入れられないんですね。

僕もこの意見に同意で、この手の映画があまり好きではないです。なぜならこの手の作品は僕が言うところの 「大半の人から見て、どう見ても駄目なヤツ、明らかに嫌なヤツ」が主人公であり、それはまた「どの角度から見ても駄目なヤツ」でもあります。
このタイプのキャラクターは物語を経験した結果成長したところで
「何を色々あったけど成長しましたみたいな空気出してんだよ。お前はマイナスだったのがゼロになっただけで別にプラスになった訳じゃねーからな。ようやくそれで人並みなんだよ。恥じ入ることはあっても誇ることじゃねーからな」みたいな穿ったことを思ってしまい受け入れられません。

逆に僕が好きな 「ある角度では駄目なヤツだけど、別の角度から見るとそうではないヤツ」はたとえば 『機動戦士ガンダム』です。
初期のアムロは敵を討つのを躊躇ったり、ガンダムに乗りたくないと言ったり、あまつさえガンダムに乗って脱走までしました。これは「戦士としての角度」から見ると駄目なヤツです。
しかしアムロはなし崩し的にパイロットをせざるを得なくなっただけの民間人であり「民間人としての角度」から見るとこれらの駄目な行動も仕方のないことであり、寧ろ自然なことです。戦士としての駄目さに民間人というフィルターが合わさっている感じです。
このタイプのキャラクターの場合
「最初は戦士として駄目だったけど民間人だったから仕方ないよねって思ってたのに最終的に立派な戦士になったなー」と受け入れられます。

ただまぁ 「どの角度から見ても駄目なヤツ」にも例外はあって『CLANNAD』の主人公なんかはあの家庭環境とスポーツ推薦で入ったのに故障してしまったということを考慮するとひねても仕方ないなーと思えて受け入れられたりするので一概には言えなかったりするんですけど。

長々と書いてしまいましたがつまりこの記事のタイトルである
物語に「成長の気持ちよさ」は必要か
に対する答えは、僕が受け入れられるタイプの成長要素ならあってもいいけど別に必要不可欠という訳ではない。です。
アムロが成長する初代は初代で面白いですし、成長しきってレベルカンストした後みたいな逆シャアは逆シャアで面白いと思いますし。

| あさひな | 2017/04/10 21:46 | URL | ≫ EDIT

>ぽらりおさん

 自分もそんなカンジで『鉄血』は、(世間では評判の良かった)1期のラストも「なんかもやもやする……」と消化不良でした。むしろ2期ラストの方が成長・変化したキャラがいたので、まだマシだったというか。

 万人に受ける作品などないのだから仕方ないんですけど、最後まで見ないと自分の好みかどうかが分からないというのがつらいですね。


>ああああさん(2017/04/09 19:30)
 あぁ、そうですね。
 この記事だと分かりやすさを最優先にして「成長」とだけ書きましたけど、『オルフェンズ』の記事の方では「成長・変化」と書くようにしていました。「あれを成長と言ってイイのか?」と賛否両論ありそうなキャラもいましたんで。

 ただまぁ、私はマイナスな変化であっても「物語の中で人が変わる」姿は成長だと思っているので、区別するものでもないとは思うんですけどね。


>ああああさん(2017/04/09 23:45)
 「私がノれなかった理由」ではありますが、「世間で叩かれている理由」にはあんまり関係ないんじゃないかと思いますよ。

 1期のラストも「成長どころか思考停止している」だけでしたが、世間での評判は高かったですし。「分かりやすいハッピーエンド」にしておけば成長が描かれなくてもそれなりに支持されたんじゃないかと思います。私はどっちにしろノれなかったでしょうけど。


>児斗玉文章さん
 あー、ハイ。
 「キャラクターが置かれている状況」によって、成長する・しないの説得力の差はありますね。

 『オルフェンズ』の場合はやはり「こんな無意味な殺し屋稼業で人が変わってたまるかよ」みたいには思わせてくれなかった=むしろ鉄華団が正しいことをしてきたように見せてしまったのが問題だったのかもですねえ。


>雨令さん
 自分もテレビアニメに限らなければ、映画にしても小説にしても漫画にしても「成長のない物語」で大好きな作品がたくさんあるんですけど……何故かテレビアニメの好きな作品の上位は「成長物語」が多いんですね。

 多分「毎週30分テレビの前に拘束されるのを3か月や半年続けさせられる」という不自由さを強いられている以上は、それを引っ張る何かが欲しいってことなのかな……


>あさひなさん
 これは目から鱗というか、自分の抱えていたモヤモヤを完全に説明しきったような説明でした。「私の考えていることはコレです!」とプリントアウトして常に持ち歩きたいくらいに(笑)。


>「どの角度(前述した視点とは別の話です)から見ても駄目なヤツ」

 まさに私が苦手なのがコレで、言ってしまえば「高度に計算されたストーリー上の駄目人間」で、創作側の計算が見えてしまって逆に人間くさく感じなくなっちゃうんですね。記号的な駄目さというか。

 逆にアメリカのCG映画でも楽しめた作品は、「ある角度では駄目なヤツだけど、別の角度から見るとそうではないヤツ」だったと説明できるのですが……
 この「角度」の許容範囲も人それぞれちがうので、例えば私もアムロの成長物語はグッとくるのですが、アレを「序盤ウジウジしていたのがずっと許せなかった」という人もいるんですね。


 「成長物語」を描くのなら、この「角度」の需要を見極めることが大事なのかも知れませんね。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/04/12 02:05 | URL | ≫ EDIT

初めまして。2年程前からブログを拝見していて今回初めてコメントします。

自分は成長とは「環境の変化に対して自らもまた変化することによって対応しようとする事」なのかなぁと思ってます。

初めてのバイトや一人暮らしで自分は成長したという話を現実でもよく聞きますけど、それは身近な環境の変化に上手く対応出来たことを評価しているのかなと

ただ人が皆同じように変化に上手く対応出来る訳ないのも現実でしょうし、物語でも成長しない・出来ないキャラクターがいてもいいと思ってます。

オルフェンズは群像劇なので、早くから成長する奴、全然成長しない奴、終盤になってやっと成長の片鱗を見せる奴がいてそれぞれが上手く絡み合って物語が進んでいったらもう少し面白かったかなと思ってます。(個人的に「スタッフこのキャラ持て余し気味じゃないか」と思うことが多々あったんですよね・・・)

余談ですが、この記事を読んで一期と二期の間に環境は変わったのに鉄火団は上手く成長出来なくて最終的に破滅していく様を丁寧に描写出来てたら、二期の展開もっと説得力のある感じになるのかなと思ったんですが・・・
それを友人に話したら「それだと(一期のハッピーエンドと合わせて)たまたま起業に成功した学生ベンチャーが規模が大きくなってもその時のノリで経営して、結局資金繰りに窮して破綻したみたいな話になるぞ。説得力はあるかもしれんが、面白くはないだろう。」と言われてしまいました(苦笑)


| 未熟者 | 2017/04/12 13:07 | URL |

>未熟者さん

 初めましてー。

>オルフェンズは群像劇なので、早くから成長する奴、全然成長しない奴、終盤になってやっと成長の片鱗を見せる奴がいてそれぞれが上手く絡み合って物語が進んでいったらもう少し面白かったかなと思ってます。

 確かにこれは面白そうですね!
 オルフェンズで自分が好きだったのは「タカキ」と「ライド」が別々の道に進むところで、いろんな人間がいるんだからちがう成長をしていくのが当然というのをちゃんと描けていたと思うんですが……

 この2人以外の鉄華団メンバーは意図的に成長させてもらえなかったみたいで、もっとそこを使ってもなーと残念でした。でもまぁ、文中に書いたようにそれが監督のポリシーなんだから仕方ないかなとも思うのですが。


>この記事を読んで一期と二期の間に環境は変わったのに鉄火団は上手く成長出来なくて最終的に破滅していく様を丁寧に描写出来てたら、二期の展開もっと説得力のある感じになるのかなと思ったんですが・・・

 実際、鉄華団は「身の丈に合わない規模に拡大して破滅していった」と言えると思うんですけど、あんまりそれが説明されていなかったというか、だから「1期に比べて無能になった」と言われちゃっているのかなーと思います。

 「成長させない」のなら「成長させない」ことを軸にしたストーリーだったらなぁ……

| やまなしレイ(管理人) | 2017/04/14 23:26 | URL | ≫ EDIT

もうすっかり話題には遅れましたけど個人的に面白かった記事なのでコメントします。

自分は成長しない主人公は「アリ」です。でもガンダムのような長期作品(4クール)では合わないと思うんですね。
なぜなら一年(分割方式だと2年にわたって付き合うことになります)以上の年数を見てもらう、楽しむ間にも僕たち自身も「成長」しているからです。
大人になった僕たちが成長しているからにはこれを見る子供たちももっともっと成長する事でしょう。子供番組がほとんどの場合、子供を主人公にするのは同じ未熟な存在だから、それゆえに感情移入をするのです。
成長しない出来た主人公を軸にするには最初から大人にすべきか、もっと短い時間で話を終わらせる(短編、映画、OVA)しか無いように思います。
短い間からこそ性格、強さ変わらなくてもついていく事ができるんです。

あと最初から強い事が悪い事じゃないです。北斗の拳のケンシロウやコブラなどは最初から無敵のヒーローでした。もちろん彼らが大人に近かったですが、それでも最強の中で強敵やヒロインとの出会いの中で経験し変わっていった事実は無視してはいけません。
その点で作り手に疑問を持つのは出会いの中で変わらなかったのか、最初から変えようとしないのかの違いです。変わらなかったのならいいですが変えようとしないのはその主人公なりキャラを型にはめてはいませんか?という事。
僕たちが「長い間」見続ける作品にはやはり成長が必要ではないですかね?

| 一部の視聴者として | 2017/04/16 07:24 | URL |

>一部の視聴者としてさん

>でもガンダムのような長期作品(4クール)では合わないと思うんですね。
>なぜなら一年(分割方式だと2年にわたって付き合うことになります)以上の年数を見てもらう、楽しむ間にも僕たち自身も「成長」しているからです。

 なるほどー!
 自分も長期作品になればなるほど「成長しない物語」はキツくなると思っていて、でもそれを上手く説明できなかったのですが、この説明はすごくしっくりきますね。

 分割4クールの場合は1話から最終話までに1年半ありますから、大人だって1年半の間に考え方や人生観が変わるだろうし、成長しないキャラクターには「まだそんなこと言ってるのか……」と思ってしまいがちです。

 特にあの1期と2期の間の半年間のブランクは大きくて、「1期に比べて2期は無能になった」と言われるのはその半年間に視聴者が大人になっちゃったというのもあるのかもなぁと思いました。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/04/18 00:26 | URL | ≫ EDIT

この記事、いい掘り下げ方だなぁと思いつつコメントに迷う…と思って躊躇っていたのですが。ヒンヌー記事へのコメントの勢いで思い切って。

ごく個人的な話で申し訳無いのですが、私がアニメ方面へ引きずり込まれた原点はエヴァなので…あのアニメ、“普通のロボットアニメならここで主人公成長するよね”ってタイミングをことごとく潰していく展開なんですよねぇ、おっしゃるとおり。
新劇場版になってもYou can(not)advance なんて副題つけるくらいで、私個人の中では「成長物語は(キャラにしろ、自分の指にしろ)ゲームに求める、アニメには必ずしも求めない」って住み分けになっているのかなぁ…と気付かされる記事でした。

| shimole | 2017/04/21 21:33 | URL |

>shimoleさん

>新劇場版になってもYou can(not)advance なんて副題つけるくらいで、

 なーーーーにーーーー!
 『エヴァ』と「成長物語」だったらまさに『破』の話がしたかったのですが、そんな副題が付いていたんですね。

 『破』→『Q』と上映された時、『破』を「成長物語」として受け取った人は「あれは成長じゃなかった」と『Q』で突き付けられて打ちのめされた、逆にテレビ版からシリーズを追いかけてきた人たちは『破』が「成長物語」なワケがないと覚悟していたので『Q』の展開も「まあそうなるよねと」冷めた目で受け入れたみたいな話があって。

 でも、そんな副題を付けたということはそれも全部狙い通りだったんでしょうね。「成長物語って気持ちいいよね?でもそんなの許さねえよ?」と監督の掌の上で転がされている気分です(笑)。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/04/25 01:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2250-b422a68e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT