やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

被害超拡大中のマケプレ詐欺を、Amazonの「ほしい物リスト」公開を利用している人は気をつけてください

 先月後半あたりからネット上を震撼させている話です。

 Amazonマーケットプレイスで詐欺業者が大量発生中。その見分け方と対処法のまとめ

 Amazonで購入できる商品には、「Amazonが販売しているもの」だけでなく「Amazon以外の業者が販売しているマーケットプレイスの商品」というものがあります。それによって「流石のAmazonですら売っていない商品」だとか、「Amazonが取り扱っていない古本」なども購入できるありがたいサービスなのですが……これを利用した大規模詐欺が拡大中です。

 簡単に言うと、
 「詐欺業者が捨てアカを取得」
→ 「その捨てアカで売る気のない商品をマケプレに出品」
→ 「そうとは知らない消費者が、“普段のAmazonの買い物”と同じ感覚でそれを購入」
→ 「現金を払っても商品は届かない」
→ 「詐欺業者は捨てアカを大量に持っているので、そのアカウントは捨てて他のアカウントに移行」
→ 「騙された人はAmazonに補償申請すれば現金が返ってくるみたいだけど、詐欺業者に個人情報が渡ってしまう」



 冒頭に紹介した記事とほぼ同じ内容になりますが、「リンク先なんか読む気にならない」という人もいらっしゃるかも知れないので、ここでも「うっかり詐欺業者から購入しないための見分け方」を簡単に説明します。「見分け方」とは言うものの、「その可能性がそこそこ高い」と判断するだけなんですけどね……


amazon1-4.jpg
<クリックで拡大>

 これは実際に私がAmazonで買おうと「ほしい物リスト」に入れていたとある商品のページです。勘違いされて商品や「正規に販売しているマーケットプレイス業者」への風評被害にならないように加工してあります。
 この商品の場合は「Amazonが販売・発送します」とのことで「カートに入れる」を押しても何の問題もありません。問題が起こる可能性があるのは、「Amazonが販売していない商品」や「Amazonも販売している商品だけどAmazon以外の業者から買おうとしたとき」です。



amazon1-5.jpg
<クリックで拡大>

 注目するのはオレンジの○で囲った部分。
 ここを押すと、この商品を販売しているすべての業者が表示されます。マーケットプレイスでAmazon以外の業者から商品を購入する場合は、その業者の過去の取引による評価を読む必要があります。

 確認しなくてはならないのは「商品の評価」ではありません。「業者の評価」です。

 当たり前ですが、「商品の評価」というのは商品自体の評価で、「業者の評価」とはそのお店の評価です。
 コンビニに行って商品を買う際、「うまい棒は美味い!」とか「少年ジャンプは面白い!」という商品の評価と、「しかし、このコンビニはいつも変なニオイがする」「ここのコンビニの照明は暗い」というお店の評価は別ですよね。だから、「商品の評価」とは別に「お店の評価」を見なければならないのです。



1.同じ「新品」なのに、Amazonよりも安いのは怪しい……?
amazon2-3.jpg
<クリックで拡大>

 これは先ほどの商品の“この商品を販売しているすべての業者が表示されます”というページです。
 Amazonは「新品」でこの商品を1492円で販売していますが、とある業者は同じ「新品」を218+78=296円で販売していて、別の業者は同じ「新品」を652+340=992円で販売しています。

 例えば定価が約3万円のNintendo Switch本体を2200円で売っている業者があったら誰が見ても怪しいと思うでしょうが、詐欺業者だって馬鹿じゃないのだから(むしろ半端に賢いから詐欺なんてやりやがる)怪しまれない価格に上手いこと設定してくるものです。

 そこで基準にするべきは「Amazonの価格」なのです。
 Amazonが1492円で売っている商品を、この業者は296円で販売する―――「Amazonより安い価格で販売するだなんて、とても頑張っている業者さんなんですなー」なんて思う人もいるかも知れませんが、長年Amazonを使い続けている私から言わせてもらうとこんなことはありえないです。
 だって、Amazonって超えげつないんですよ!他の電子書籍サービスが「身を削ってセールをします!」ってやったら、「へー、じゃあウチも安くするわ」と後追いで同じ本のキンドル版を同じ価格に値下げするセールやるんですもの!資金力があるところはこういうことをやりやがる!おかげさまでたくさん買わせていただきました、ありがとうございます。靴の裏を舐めさせてください。

 「中古品」だったら、Amazonの「新品」より安く売られることもあると思いますし、私も何度も利用したことがありますが……「新品」でここまでハッキリとした価格差でAmazonより安く売られているのは詐欺だとしか思えません。



 じゃあ、Amazonが1492円で売っている商品を、992円で販売する業者さんはどうなのか―――この価格差はありえないことではない、「おっ、ちょっとお得だね」と思えるギリギリの価格ですよね。「652円かと思ったら送料340円プラスされるのかー」と途中で足し算が入るのも巧妙なところ。価格差が分かりづらくなっていますからね。


 企業努力でAmazonより安い価格で「新品」を売っている業者もあると思います。

Amazon3-2.jpg
<クリックで拡大>

 これも実際に私がAmazonで買おうと「ほしい物リスト」に入れていたとある別の商品のページです。Amazonは「新品」でこの商品を4622円で販売していますが、他の業者は同じ「新品」で4270円で販売しています。こちらもAmazonより安い価格で「新品」を販売しているのです。


 ですが、私は前者(992円で売っている業者)は「詐欺業者だ」と疑っていて、後者(4270円で売っている業者)は「詐欺業者ではない」と思っています。
 後者も100%安心というワケではないからちょっと様子を見ますけど、前者は90%の確率で詐欺だと思うので私ならここから商品を買うことはしません。つまり、価格だけを見ても「詐欺業者」かどうかは判断できないんですね。

 そもそも「Amazonが販売していない商品をマーケットプレイスで買いたい」ってケースだと、「Amazonと比べて安いか」という基準そのものがありませんし。



2.「評価数」の少ない業者は警戒する
amazon2-4.jpg
<クリックで拡大>

 ということで、「業者の評価」を見なくてはならないのです。
 見るのはオレンジで囲った部分です。

 私が先ほど「詐欺業者」だと断定した“296円で販売している業者”ですが、「新規出品者」なので1件も評価されていないんですね。もちろんもちろん「新たにビジネスを始めようとしている誠実な業者」の可能性もあるのですが、詐欺業者の捨てアカの可能性も相当高いです。もし「新たにビジネスを始めようとしている誠実な業者」さんだったら申し訳ないのですが、詐欺に合わないためにも警戒はしましょう。

 「じゃー、1件でも高い評価が入っていたらイイの?」というとそういうワケでもなく、数件の評価なら「偽の取引を自作自演する」とか「数件はちゃんと取引をしてから詐欺をする」とかでっちあげる方法は幾らでもありそうなので要警戒対象です。



3.「過去の評価」が古い業者は“乗っ取られている”可能性あり
amazon3-3.jpg
<クリックで拡大>

 こちらは先ほどのオレンジで囲った部分をクリックして見た、「Amazonが1492円で売っている商品を、992円で販売する業者さん」の評価欄です。私が「90%の確率で詐欺だと思う」と書いた業者さんですね。パッと見、問題ないように見えるかも知れませんが……「評価が付いた日付」を見てください。

 最新の評価が「2012年5月30日」、その前が「2011年11月4日」、「2011年9月13日」……と、5年間評価が付いていないのです。もちろんもちろん「たまたま」な可能性もありますし、事情があってしばらく休眠していたアカウントで営業を再開しようと思ったという可能性もあります。しかし、しばらく使っていないアカウントが詐欺業者に乗っ取られて利用されているという可能性も高いのです。

 誠実な業者さんだったら申し訳ないのですが、万が一にでも詐欺に合わないように警戒するのならこういう業者さんから焦って買わない方がイイでしょう。



4.「詐欺業者のアカウント」はしばらく待つと消える
 実を言うと、この記事……何週間か前から書きかけていたのですが、スクショを撮るタイミングが上手くいかなくて頓挫していました。というのも、「これが詐欺業者だ!後でスクショに撮って見分け方を説明しよう!」と思っても、1時間後には影も形もなくなっていなくなっているんです。

amazon4-2.jpg
<クリックで拡大>

 これはさっきまでと全く同じ商品の“この商品を販売しているすべての業者が表示されます”というページです。
 この記事を書いている1時間の間に、296円で販売していた業者も、992円で販売していた業者も、キレイさっぱりいなくなっています。

 「安く販売しているからあっという間に売れたのかな?」ということではありません。業者のアカウントで検索しても、もう出てこないのです。しっぽをつかませないように逃げおおせたのか、Amazonが対策をしたのかは分かりませんが、業者のアカウントごと消滅してしまったのです。

 逆に言うと、「おっ、この商品が安く売っている。でも、詐欺業者か見分けつかないな……」と迷った時は、1日待ってみるというのも手です。翌日に消滅していたら詐欺業者確定です。
 「それじゃーせっかく安く売っていたのに他の人に買われてなくなっちゃうじゃないか!」と思われるかもですが、詐欺というのはそういう「自分だけが得できる」と思った心のスキを突いてくるものです。「自分だけが得できる」と思った時は、冷静になる必要があります。



5.Amazonが販売もしくは発送している商品しか買わない
 究極的な対策はコレ(笑)。
 自力で「詐欺業者かどうか」を判断する自信がないのなら、Amazon以外からは買わないというのが最も無難な手です。

 しかし、それだと「まじめにマーケットプレイスで商売をしている業者さん」も利用するなということですし、マーケットプレイスそのものを否定することなんですよね。この詐欺……騙された消費者は個人情報を奪われますし、Amazonは補償金を消費者に払わなければならないし、マーケットプレイスそのものの信用を失わせるしで、詐欺業者以外は全方位的に「LOSE-LOSE-LOSE」になるのがヤバイです。

 マジメな話、「無敵だったAmazonの凋落はここから始まるのであった……」と後に振り返られる歴史のターニングポイントになるんじゃないかというくらい私は心配しているんですけど。Amazonは早急に対策を取れんものですかね。





 さて、実は今日の記事で私が書きたかったのは「ここから」なのです。

 ここまでの話は冒頭で紹介した記事をはじめとして、色んなところで言われている話なので「もうその話は何度も読んだよ!」という人もいたかと思います。そういう人はここまでの話は読み飛ばして結構です。今更遅いですか、どうもすみません。

 Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと
 Amazonの「ほしい物リスト」を通じていただいた「バレンタインデーのプレゼント」を開封する配信を行いました!

 今年の1月~2月に、私は“ブログとか配信とか創作活動をしている人達はもっともっとAmazonの「ほしい物リスト」を公開した方がイイんじゃないか”と提案する目的で「Amazonのほしい物リスト」を公開するという企画をやりました。
 その結果なのかは分かりませんが、Twitterを見ているとブログや生配信をしている人で「自分も公開してみよう」「公開したらコレが送られてきた!」とAmazonの「ほしい物リスト」を公開してくれる人がポツポツいて、「応援したい人」と「応援されたい人」のイイ循環が出来たんじゃないかと私は喜んでいたのですが……


 この記事に書いた「マケプレ詐欺」、Amazonの「ほしい物リスト」公開と合わさるとすごい厄介なことになると思うんですね。
 「マケプレ詐欺」の被害に合った人がどうしてそのことに気づくかというと、「商品を注文したのに届かない」からです。当然ながら「商品を注文した人」と「商品を受け取る人」が同じなんですね。
 しかし、「ほしい物リスト」を公開してプレゼントを受け取るときはちがいます。「商品を注文した人」と「商品を受け取る人」が別なので、「商品を注文したのに届かなくても気づかない」可能性があるのです。

 だから、「ほしい物リスト」を公開している人は、「ほしい物リスト」を通してもらったものは「○○が届きました!」と報告することと。
 「ほしい物リスト」経由でプレゼントを贈った人は、何日経っても届いた気配がなければ「荷物が届きませんでしたか?」と訊くことを推奨したいです。



 また、「ほしい物リスト」経由でプレゼントを贈ろうとしても、それが詐欺業者に引っかかった場合……詐欺業者に渡る「個人情報」は、恐らく“プレゼントを贈られる側”の住所・氏名になります。
 応援したいと思ってお金を払ってプレゼントを贈ろうとしたのに、応援したい相手の個人情報を詐欺業者に渡してしまうという事態が起こりかねませんし。“プレゼントを贈られる側”は知らない間に自分の住所・氏名が詐欺業者に渡っているという事態になりかねません。

 これからプレゼントを贈ろうとしている人は、この記事などを読んで「詐欺業者を見分けてそこからは買わない」「不安だったらAmazon以外の業者からは買わない」ように心がけてください。
 また、「ほしい物リスト」を公開している人は、「第三者の出品の商品の発送同意書」のチェックを外して、Amazon以外の業者からは贈れないようにするというのも自衛の手です。これをすると古本とか中古ゲームとかは贈ってもらえなくなるので、「昔のゲーム」なんかを贈ってもらえなくなっちゃうとは思うんですけど。



 いずれにせよ現時点では「詐欺に合わないためにはマーケットプレイスを利用しないのが一番」と言うしかない状況なので、Amazonさんにはちゃんと対策をとって欲しいですね。「マーケットプレイスに出品するには住所確認が必要」とかで防げそうなものなのに、今まで必要なかったんかいと正直思いましたよ。

| ひび雑記 | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2261-6049eadc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT