やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ダウンロードでゲームは買いたくない」という人は、今どれくらいいるのだろうか

 これについては語らなくてはなるまい。

 迷宮脱出アクションパズル「ラビ×ラビ-パズルアウトストーリーズ-」が7月20日に発売。初心者向けのイージーモードやランキング機能を追加

 『ラビ×ラビ』シリーズを全く知らないという人もいると思うので、簡単に解説します。

・『ラビット★ラビリンス』(携帯アプリiOSアプリ/200円)
・『アクションパズル ラビ×ラビ』(ニンテンドーDSiウェア/200円)
・『アクションパズル ラビ×ラビ えぴそーど2』(ニンテンドーDSiウェア/200円)
・『ラビラビ外伝 Witch's Cat』(ニンテンドー3DSダウンロードソフト/700円)
・『ラビ×ラビ えぴそーど3』(ニンテンドー3DSダウンロードソフト/600円)


 携帯電話やスマホ用のアプリとして始まったシリーズですが、ニンテンドーDSiのダウンロードソフトに市場を移して「200円でこんな面白いゲームが遊べるのか!」と評判になり、続くニンテンドー3DSではeShopの初期からシリーズを展開するほどでした。シリーズは2012年1月の『えぴそーど3』以降は音沙汰がなかったのですが、LINEスタンプになったり、3DSテーマが出たり、他のゲームに出演したり、地味に生き続けて……


 それが今回、プレイステーションVitaのパッケージソフトとして展開されることになったのです。収録されるのはニンテンドーDSiウェアで発売された『ラビ×ラビ』以降の4作品です。どうせならもう配信終了しちゃった『ラビット★ラビリンス』も収録してくれれば良かったのに……

 これまで任天堂機で主に展開していたシリーズがプレイステーションVitaで発売されるということも驚きだったのですが、パッケージ版の定価が税別4800円(ダウンロード版は税別4320円)だというのが衝撃でした。
 確かにグラフィックは一新しているし、初期の作品にはなかったインターネットランキングを追加したり、激ムズだった『外伝』にもイージーモードを追加したりと手間はかかっているのですが……元々は200円+200円+700円+600円=1700円分のゲームですからね。パッケージ版は多少値下げをされるとしても価格差は気になってしまいます。



 ただ、意図するところは分からなくもなくて……
 販路拡大というか、ファン層の拡大を狙うとこういう展開になるかなーと思うんですね。

 例えば「これまでDSiや3DSで展開してきたんだから、ファン層の近いNintendo Switchで出せば良かったのに」という声もあるかもですが、アクションパズルゲームは1回解いてしまったら2回目以降は解法に沿うだけのプレイになってしまうので同じ人が何度もは買わないジャンルだと思うんですね。
 私も、『ラビ×ラビ』以降の4作品は全部クリアしているので、その4作品が全部収録されたパッケージ版が出ても買う気は起きません。Vitaだからとかじゃなくて、どの機種で出てもです。

 だから、比較的ファン層が被っていない市場―――と考えてVitaというのは悪くない選択肢だと思うんですね。スマホに戻るというのも手ですがこのゲームをバーチャルパッドで遊ぶのは難しいでしょうし、PS4やSteamよりかは「まずは携帯機で」というのはすごくよく分かります。



 価格に関してはもうちょっと頑張れなかったのかとは思うのですが、恐らく狙いとしては「ダウンロードソフトでは買いたくないパッケージソフト派に向けた商品展開」なのかなと思います。

 シルバースタージャパンという会社は元々「囲碁」や「将棋」のゲームを中心に展開してきた会社です。
 「囲碁」や「将棋」のゲームなんてそれこそ「500円のダウンロードソフトで十分じゃないか」と思う人もいるかもですが、Vitaの『だれでも初段になれる囲碁教室』は税別4800円のパッケージソフト、PS4の『銀星将棋 阿吽闘神金剛雷斬』は税別6800円のパッケージソフト、3DSの『遊んで将棋が強くなる!銀星将棋DX』は税別4800円のパッケージソフト、Wii Uの『銀星将棋 強天怒闘風雷神』は税別6800円のパッケージソフト―――と、フルプライスのパッケージソフトを強気に展開している会社なんですね。
 しかし、それじゃーダウンロード専売のソフトは展開していないのかというと、Wiiウェアや3DS、Switchには安価なダウンロード専売ソフトでの「囲碁」「将棋」も出しています。

 恐らくこの会社には「ダウンロードでゲームを買う層」と「パッケージでゲームを買う層」は別という考えがあるんじゃないかと思います。



 実際、私の友達の「自宅にインターネットがつながっていない友達」は4000~5000円のパッケージソフトはポンポン買うのに、200円とか500円のダウンロード専売ソフトを薦めても(セブンイレブンなどでダウンロード購入できると説明しても)「面倒くせえ」と興味を持ってくれませんし。

 自宅にインターネットがつながっていたとしても……自分が『ラビ×ラビ』シリーズなどのDSiウェアを猛プッシュしていた5~6年くらい前は、「どんなに面白くてもダウンロードのゲームは買う気にならない」「まとめてパッケージソフトで売ってくれれば買います」みたいなコメントがよく付いていました。理由を聞くと、ダウンロード専売のゲームは物理メディアがないので不安だとか、電子マネーのチャージとかがよく分からないとか、「どうせ安かろう悪かろうだろう」みたいな偏見とかが多かったのですが。

 しかし、そこからスマホも普及して、スマホでゲームをすることが普通になって。
 恐らく5~6年前と比べて、「物理メディアのないダウンロードで買うゲーム」とか「電子マネーのチャージ」とかのハードルはグンと下がったんじゃないかと思うんです。

 今でも「どんなに面白くてもダウンロードのゲームは買う気にならない」「まとめてパッケージソフトで売ってくれれば買います」と考えている人はどれくらいいるのか―――自分はそういう人はもう随分減ったんじゃないかと思うのですが、恐らくシルバースタージャパンはそうは考えていないから『ラビ×ラビ』を税別4800円のパッケージソフトで出すんですね。

 みなさんはどうでしょう?
 「ダウンロードでゲームは買いたくない」ですか?


ラビ×ラビ-パズルアウトストーリーズ- 【予約特典】オリジナルコースター 付ラビ×ラビ-パズルアウトストーリーズ- 【予約特典】オリジナルコースター 付

シルバースタージャパン 2017-07-20
売り上げランキング : 1989

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◇ 余談
 それはそうと、税別4800円という価格以上に7月20日という発売日の方がヤバそうですね……

・7月13日 『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』(プレイステーション4)
・7月13日 『Hey! ピクミン』(ニンテンドー3DS)
・7月13日 『Ever Oasis』(ニンテンドー3DS)
・7月13日 『スナックワールド トレジャラーズ』(ニンテンドー3DS)
・7月20日 『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』(ニンテンドー3DS&iOS&Android)
・7月20日 『ラビ×ラビ -パズルアウトストーリーズ-』(プレイステーションVita)
・7月21日 『Splatoon2』(Nintendo Switch)
・7月29日 『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(ニンテンドー3DS&プレイステーション4)
・8月3日 『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』(ニンテンドー3DS)


 控えめに言っても、「地獄」。

| ゲーム雑記 | 17:57 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私はダウンロード版のゲームソフトをむしろ歓迎しますね。
ダウンロード専売のソフトも増えてますし、PS4はパッケージ版をあまり買わなくなりました。
ダウンロード版は初音ミクのゲーム(Project DIVAシリーズ)しか入っていませんが、最近になってフィリスのアトリエというソフトをパッケージ版で買いましたが、クリアしても中古屋には売らないと思います。最近の中古屋さんは買取相場が下がった影響であまり利用してないです。
先月出たスイッチ版マリオカート8DXはパッケージで買いました。これには理由がありまして、128GBのSDカードが値上がりしているんです。
輸入物が多いパソコン用パーツとかと同じで去年の夏頃までは安かったんですが、秋から値上がりが始まって安かった頃のおよそ50%ぐらい値上がりしてます。
スプラトゥーン2やARMSもおそらくパッケージ版で買うと思います。
256GBのSDカードは2万円台なので購入するのは厳しいですね。

| 通りすがり | 2017/05/03 21:25 | URL | ≫ EDIT

ダウンロード専売のソフトの購入には昔から抵抗はほとんどなかったですね。
パッケージと両方あるものは、前はやはり「物理メディアを持っている安心感」も考慮してました。でも、近頃はディスク入れ替えのない便利さに慣れきって、まずDL版で買う事を検討するようになってます。
これには、XBOX系メインなので中古売買がほぼ念頭に無いことも影響あるかもしれません。

| 雷猫 | 2017/05/04 07:24 | URL |

3DSを常に持ち歩いてる俺としてはダウンロードは便利なんですが、積んであっても気にならないという致命的な欠点がw
今ではDLで買うのはちまちまやると確定してるゲームだけですね。

| 児斗玉文章 | 2017/05/04 08:43 | URL |

パッケージソフトのダウンロード版を買うことは未だに少し躊躇しますが、
DSiウェアの頃からダウンロード専売のソフトを購入することに特に抵抗はなかったです、
だって、物理メディアがないのが不安だろうと、電子マネーのチャージに慣れなかろうと、大抵それ以外に遊ぶ手段はないのだから不平を言っても仕方ありません
……名探偵ピカチュウだけは買って遊んだのちに「こんなのまとめてパッケージソフトで出してくれよ」と思いましたが、これは意味が違いますね(笑

| ああああ | 2017/05/04 12:55 | URL |

全体としては日本ではそもそも選択肢に入ってない人がまだまだ多いのかな?って感じはしますね
雑誌やAmazon等でのパッケージソフトのランキングだとまあ当然ながら上位には大体有名メーカーの人気作が並んでるのですが
psstoreなんかのダウンロードソフトのランキングだと人気作の発売日前後には一時的にそれらが上位になるものの
それ以外の時は低価格ソフトやセール中のゲームがよく上位を埋めたりしてるんですよね
今のvitaですとマイナーなDL専売でもないセール品が翌週に一位になってる事もあります
パッケージに比べて売上母数自体が相当少ない事は想像がつきます
パッケージだと値下げ品にしても基本は人気作のベスト版や値崩れ品が上位にいく市場なので
本当に別の層が買っているかのイメージです

裏返せば極めて上限が低い故にマイナーメーカーにもチャンスが大きい場でメリットもあって好きなんですが…
DL専売品もあるとはいえ同じ商品の市場でここまで別物というのはちょっとねじれ過ぎかな、とも思っちゃうんですよねw
もちろん、ネットならではの売れ筋商品というのは当然あるけれど
他の商品なら実売で人気の商品はネットでも上位にいて、それにプラスしてネット 人気商品が加わるところ
中身に違いがなく生鮮品でもないDLゲームで売れてる商品自体がここまで変わって見えるのはちょっと不思議

| あら | 2017/05/05 00:36 | URL | ≫ EDIT

>通りすがりさん

 自分もほぼ同じようなカンジですねぇ。
 基本はダウンロード版&ダウンロードソフトだけど、パッケージソフトにしか付いてこない特典が欲しいときだけはパッケージ版を買っていました。

 が、スイッチの『ゼルダ』は大容量SDカードを持っていないのでパッケージで買いました。『Splatoon2』はそんな容量大きくないだろうけど、アップデートなどで増えるだろうし、どうするか悩んでいます。


>雷猫さん
 「うんうん、なるほどー」と思って読んでいたら、最後の一行がまさかのオチになっていて吹き出しました。「そういう理由かよ!」と(笑)。

 僕はDS時代に「久々に遊ぼうと思ったソフトが、熱か何かで変形したのか読み取ってくれなかった」ことがあって、パッケージ版の方がむしろ不安になっちゃったんですよねー。ダウンロード版ならアカウントを失効しない限りは再ダウンロードできるので。


>児斗玉文章さん
>ダウンロードは便利なんですが、積んであっても気にならないという致命的な欠点がw

 そこで、積んでいるゲームをすべてリスト化しておいて、毎月末にそれをカウントして「先月から積みゲーが幾つ増えた」と記事にしている僕の手法をどうぞ!

 と提案しておいてなんですけど、この手法を使っても特に積みゲーは減りません!(笑)


>ああああさん
>大抵それ以外に遊ぶ手段はないのだから不平を言っても仕方ありません

 そうか、それなんですね。
 「自宅にインターネットがつながっていない友達に薦めたけど面倒くさいと言われた」という話も、本当の問題は「面倒だから」じゃなくて「そこまで遊びたいと思われなかったから」なんですね。

 本当に遊びたかったら、「それ以外の方法はない」のだから面倒でもそういう手段をとるものですし。そこまでの魅力を伝えられてなかったということなのかと思いました。


>名探偵ピカチュウだけは
 すっかりその存在を忘れていました……(笑)


>あらさん
 あぁ、Vitaのダウンロードソフト市場が特殊というのもあるかもですね。実名は出しませんけど、3DSのダウンロードソフトからVitaのダウンロードソフトに移植したメーカーさんが「思ったより売れなかった」的な話をしていて意外に思ったことがありました。


 理由はさておき、「Vitaはダウンロードでソフトを買う人が少ない」というデータがあったからこそパッケージソフトで出そうとしたという仮説は立ちますね……

| やまなしレイ(管理人) | 2017/05/05 01:31 | URL | ≫ EDIT

マリカーdx、アームズ、スプラ2の3種の神器はダウンロード版一択ですねw
switchとダウンロード版の相性は抜群です。
switchだけ持っていけばいつどこで誰とどんな状況でもできちゃう安心感があります。
実際は家の中での快適性がメインなんですけどね!

| 家庭教師 | 2017/05/06 07:03 | URL |

>家庭教師さん

 そうか、スイッチはまだSDカード買っていないからパッケージ版でイイやと考えていたのですが、「おすそ分けプレイをする」ことを考えるとダウンロード版にメリットがありますね。

 「大容量のmicroSDカード」を買うか、「スイッチソフトのケース」を買うかを考えると悩むところではありますが……

| やまなしレイ(管理人) | 2017/05/06 23:12 | URL | ≫ EDIT

僕はパッケージ版とダウンロード版併売のソフトはパッケージ版を購入していますが、VCをサービス当初から利用しているので、ダウンロードでゲームを買うことへ抵抗感はまったくないです。

ただ、VC以外のダウンロード専売ソフトは殆ど買わないです。というのも、現状人気シリーズの最新作や話題作はパッケージ版で出るので。

ダウンロード専売ソフトはあまり買ったことがない分野なので、買うハードルは結構高いかもしれないです。パッケージやVCだったら、ちょっと面白そうと思えば買うけど、ダウンロード専売ソフトはそうでないみたいな。

| ホロウダイン | 2017/05/08 21:14 | URL | ≫ EDIT

>ホロウダインさん

>というのも、現状人気シリーズの最新作や話題作はパッケージ版で出るので。

 これは割とショックな話で、僕とか結構「ダウンロード専売ソフトでこんな面白いゲームがあったよ!みんなも買おうぜ!」とブログで話題にしていたのだけど、どんなに個人ブログで応援しても「話題作」としては受け取ってもらえないんですよね……

 そして、「パッケージソフト派の人」からすればダウンロード専売ソフトで何が人気かなんて知る機会がないのだから「ダウンロード専売ソフトでの人気シリーズなんてない」という認識になっちゃうんですね。


 まあ、ダウンロード専売ソフトの魅力をまだまだ伝えられていないってことですけど。自分ももうちょっと頑張らなくては。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/05/09 02:02 | URL | ≫ EDIT

面白い記事ありがとうございます。
そもそもとして、ダウンロード専売のソフトを知る機会がないことが原因なんじゃないでしょうか。

僕は自分を、ゲームをよく遊ぶマニア層だと思っています。パッケージ販売されるソフトはもちろん買いますし、ダウンロード専売ソフトも時々チェックして、興味を惹かれるものがあったら月にいくつか購入しています。
でも、ダウンロード専売ソフトって、まだまだ「こちらが積極的に動かないと情報が入ってこない」タイプのゲームだと思うんです。

パッケージ版ソフトはCMやお店のPOPなどにて面白そうなソフトを探し、お店に行ってお金を払えば購入できます。一方、ダウンロード専売ソフトがCMにて流れることはほとんどありませんし、お店に行っても宣伝のPOPはもちろんありません。
じゃあ面白そうなダウンロード専売ソフトの存在をどうやって知るのかというと、有名なゲーマーさんがTwitterなどで発信する情報を集めたり、自身でショップに並ぶソフトを眺めたりと、面白そうなソフトを探してから購入するまでの手間がパッケージ版と比べて大きいと思います。これが、比較的ライトな層が手を出しづらいと感じる原因になっているんじゃないでしょうか。

スマホゲームはテレビさえあればCMは流れますし、大規模なものになると他の作品とコラボしたり、Twitterと連携させることで宣伝していますが、ダウンロード専売ソフトにそのような例はほとんどないと思います。

まとめると、ラビxラビというソフトの存在をもっと一般層にも認知させるには、現状ではパッケージ版を発売することがベストだと判断されたのではないか?と思います。

推測ですが、ニンテンドー3DSのダウンロード専売ソフトのほうがVitaのダウンロード専売ソフトより売れやすい?のは、任天堂自身がニンテンドーダイレクトやネコマリオタイムにてダウンロード専売ソフトを定期的に取り上げていることが原因かもしれません。僕もその2つを見て面白そうなダウンロード専売ソフトを買っていますし。

| それし | 2017/05/10 03:15 | URL |

>それしさん

 まさに仰るとおりではあるんですが、ダウンロード専売ソフトが何故ダウンロード専売ソフトなのかというと「パッケージソフトほど資金がかからないから小規模な会社でも発売できる」からダウンロード専売ソフトなのです。

 んで、この「資金がかからない」の部分に「TVCMなどの宣伝費」も含まれるという。
 パッケージソフトはまずはお店に買ってもらわないと店頭に並べてももらえないので知名度を上げるための様々な宣伝が必要なのですが、ダウンロード専売ソフトはとりあえずはeShopなどの店頭には並べてもらえるので宣伝費が少ない会社でも出せるという

 故に、ダウンロード専売ソフトにTVCMなどを期待するのは難しいんですね。スマホのゲームもTVCMを流しているのは、いわゆる「ガチャ」系の上手くいけば1人何万円も課金してもらえるゲームがほとんどだと思います。


>任天堂自身がニンテンドーダイレクトやネコマリオタイムにてダウンロード専売ソフトを定期的に取り上げていることが原因かもしれません。

 なるほど、そうですね。
 DSやWiiの時代に「任天堂のソフトはバシバシTVCMをやれるからあんなに売れるんだ!それに引き換えウチはTVCMをちょっとしか流せないから面白いソフトを作っても売れないんだ」みたいなことをサードに言われていたので、ダウンロード専売ソフトを含めたサードメーカーのソフトに日の目を浴びさせるためにああした試みが始まったのだと思います。

 3DSダウンロードソフトは、シルバースタージャパンとかフライハイワークスのソフトが20万本前後とか売れているらしいですもんねー。販売数だけなら下手なパッケージソフトよりも全然上だという。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/05/10 22:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2263-15f2550c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT