やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『Splatoon2』でちっとも勝てない人に向けた「塗り」講座

 こういう記事を書くのは勇気が要るんですけどね。
 私も「下手くそ」な部類だと思いますし、そんな自分のアドバイスが役に立つ「私より下手な人」がどれだけいるのかと思うのですが……「下手くそ」な人にしか分からない「下手くそな人が詰まるポイント」もあると思ったので、書くことにしました。

 ゲームが上手い人がくれるアドバイスって「下手くそ」な人間からすると、それはもうちょっと先に進まないと意味がないものだってことがあります。
 こっちはレベル1で「たけざお」と「こんぼう」のどっちを買うか悩んでいるって言うのに、「○○にロトの剣がありますよ」みたいなことを言ってこられても!みたいな話で、アクションゲームでも「そのアドバイスはもうちょっと俺の腕が上がらないと意味ないんだよなぁ」ということがありますからね。

 だから今日は、本当にレベル1の人のため―――「たけざお」よりも「こんぼう」がオススメだよ!みたいなことを書いていけたらイイなと思います。

(関連記事:『ドラゴンクエスト1』のレベル1→レベル2→レベル3の「強くなった」感は半端ない



 『Splatoon』の『1』の頃からあったことなんですが……
 『Splatoon』は「4人vs.4人」のチーム戦なため、「下手くそな人」がいるとその人のせいで負けたと思って、それをついついSNSなどで愚痴っちゃう人が結構いるんですね。そのことについての是非は置いといて、そういう時によく「相手を倒すほどの腕がないのなら、せめて塗ってくれ」「敵に突っ込んでいって死にまくるとか何考えてんの」と言われているのを読んで私は驚くのです。


 「上手い人」というのは、どうして「下手な人」がそういう動きをするのかが分からないのか……と。


 2014年のE3で『Splatoon』の1作目の映像が初公開された頃から、武器が「インクの銃」なことから「このゲームは人を狙い撃つ技術がなくても床を塗ることで貢献できるゲームなんだろう」と推測されてきました。確かにそれは部分的には合っているのですが、『Splatoon』というゲームは別に「撃ち合い」と「塗り」が分かれているゲームではありません。

 「相手を倒すほどの腕がないのなら、せめて塗ってくれ」という言葉をそのまま鵜呑みにすると、上手い人が敵と撃ち合っている間、下手な人は誰もいないところをせっせと塗っておいてくれ―――と受け取ると思うのですが、このゲームには「誰もいないところ」なんてないんですよ。


nuri1-2.jpg
<画像はNintendoSwitch用ソフト『Splatoon2』のものを一部加工しました>

 これ、ナワバリバトルが始まって50秒後のマップです。
 私が特に「自陣を塗る」プレイスタイルだからそういう人とマッチングするのかも知れませんが、ほぼ自陣は塗り終わっちゃっていることが分かると思います。試合が始まった直後ならともかく、50秒も経てばマップ上のほとんどのところは「自陣のインク」か「敵陣のインク」のどちらかで塗られてしまうのですよ。

 この状況で「相手を倒すほどの腕がないのなら、せめて塗ってくれ」と言われても、塗れるところと言ったら「敵陣のインク」しかありませんよね。ということで、「敵陣のインク」を塗りに行くと、そこは言ってしまえば戦闘の最前線なワケです。アドバイス通りに「敵を倒すほど上手くないから塗りに行こうっと」とノコノコ出て行っても、相手はこっちの事情なんて知らないからあっという間に撃ち殺されるのです。

 もちろんゲームが下手な人もバカじゃありませんから、わざわざ敵が固まっているところに単独でツッコむケースばかりではないでしょう。「敵陣のインク」で塗られているけど「敵がいないところ」を狙って塗りに行くこともあると思います。
 しかし、このゲーム……「敵陣のインク」で塗られているところは敵が自由に隠れられるんで、「誰もいないー!塗り放題だー」と突っ込んだらそこに潜んでいた敵に殺されるとか。あと、こっちのインクで塗っていることはマップを見れば一目瞭然なので、「あ、あそこに敵がいる」とバレてあっという間に追い詰められて殺されるとか。


 「相手を倒すほどの腕がないのなら、せめて塗ってくれ」と言うのは、相手を倒すほどの腕もない&敵がどこにいるかも分からない素人を丸腰で敵陣のど真ん中に飛び込ませるようなものなので、そりゃー集中砲火を浴びまくって死にまくって当然ですよ!



 そもそもこのゲーム、「敵と撃ち合うこと」と「床を塗ること」は別のことではありません。
 「敵を倒す&敵に倒されないためには床を塗る必要がある」し、「安全に床を塗るためには敵を倒す必要がある」のです。その2つが別のことではなくて、相互に作用しているからこそ『Splatoon』は面白いのです。

 「自陣のインク」で塗られた場所は、味方の進路にも退路にもなりますし、味方の動きを自由にさせて敵の動きを制限させます。
 私もそうですが、自分で敵と撃ち合って勝つ自信のない人は「味方が敵を倒す&味方が敵に倒されないためにサポートとして床を塗る」意識を持つのがイイんじゃないかと思います。RPGで言えば、全員が戦士や武闘家を目指す必要はなく、「味方の攻撃力を上げる」「敵の動きを鈍らせる」「相手を毒状態にする」みたいな補助魔法を使う魔法使いや僧侶だって大事ですよね。


 ということで、今日は『Splatoon2』でちっとも勝てない人に向けた「塗り」講座です!



1.逃げ道を確保しておく
 次の項で説明しますが、基本的にはこのゲーム「なるべく死なない」ことが大事です。
 「敵と撃ち合って勝つ自信のない人」は、敵に狙われたらまず逃げることを意識しましょう。


 しかし、何も考えていないと「ヤバイ!逃げなきゃ!」と思った時に、逃げ道がないということもあります。


 これは「さんぽ」モードで歩いたフジツボスポーツクラブの動画です。
 逃げ道の確保に大切なことは「床をしっかり自陣のインクに塗っておくこと」「段差や塗れないカベを覚えておくこと」です。この動画の場所のように、いったん降りてしまうと引き返せない場所がどのステージにもあって、こういうところに降りたタイミングで敵に狙われたらもう逃げ場がないんですね。

 こっちとしては「よーし!塗るぞー!」というテンションでも、あっちからすると「わざわざ追い詰めやすい場所に降りてきたヤツがいるぞ」なのです。


 もちろん、じゃーそこは降りちゃダメだし塗らなくてイイのかというとそうでもなくて、敵がいないことを確かめられたら降りて塗ってイイのですが……重要なのは、「さんぽ」モードでステージの壁を塗れるか塗れないかを調べておいて、敵に追い詰められた際に「どっちに逃げられるのか」を予め考えておくことなのです。



2.「敵を倒す」こと以上に、「生き延びる」ことを優先する

 執拗にチャージャーを殺そうと何度も攻め込んでいるのは、私は前世でチャージャーだったため世界中のチャージャーを駆逐しないとならない業(カルマ)を背負っているだけなんでそこは参考にしないでください(笑)。
 この動画のポイントとしては、上の項の「逃げ道を確保しておく」を踏まえた上で、「敵わなさそうだったらすぐに退く」「敵の侵攻をなるべく食い止める」ことに徹しているところです。


 上級者のガチマッチともなるとまたちがうのかも知れませんが、少なくとも自分くらいのレベルのナワバリバトルの場合「生き延びること」がとても重要です。RPGで言えば、戦士や武闘家が死んでしまってもまだ生き返らせれば挽回できますが、回復役の僧侶が死ぬと一気に崩れかねませんからね。

【「生き延びる」ことのここがすごい!】
・復活→ スタート地点まで戻らされるタイムロスがない
・その間、ずっと塗っていられる
・生きているだけで敵を引き付けられたり、敵を食い止められたりもする
・味方がスーパージャンプで飛んでくるポイントになるので、味方の活動時間が増える
・塗り時間が増えて、ゲージも減らされないから、スペシャルを使える回数が増える
・スペシャルを使うとインク残量がフル回復するので、その分また塗れる


 3分間のナワバリバトルで1回も死なないというのは現実的ではありませんが、例えば現在平均して6~7回殺されているのならそれを3~4回に減らすことをまずは目指してみましょう。



3.仲間と連携して敵を倒すための「塗り」

 サムライとかガンマンの世界では「1人vs.1人」が鉄則でしょうし、『Splatoon』も上手い人ならば「1人vs.1人」で相手を撃ち負かすことに誇りを持っている人もいるかも知れませんが……こちとらゲームが下手な人ですよ!「1人vs.1人」では敵わないから、「塗り」で貢献しようとしているのですよ!

 で、この“「塗り」で貢献”の部分ですけど……
 『Splatoon』における「塗り」というのは、単に試合終了時にたくさん塗っていた方が勝つというスコア的な意味だけでなく。「1人vs.1人」で撃ち合っている敵味方の足元を塗ることで、相手の動きを封じる、味方の動きを自由にするという効果があるんですね。

 上の動画で言うと、私はボムを投げて1人目を倒すのにインクを使いきっているので、やってきた2人目を仕留めるほどのインクがありませんでした。ですが、敵の足元を塗っていくことで敵が前にしか進めなくなり、追い詰められた敵を味方が仕留めてくれたんですね。
 「1.」の項で「逃げ道を確保しておく」ことが大事だと書きましたが、逆に言えば「敵の逃げ道を潰す」ことが敵にとっては脅威になりますし、味方への強力なサポートになるのです。


 なので、『Splatoon』は基本的に「味方多数vs.敵1人」のシチュエーションを作って各個撃破していくのが大事です。上の動画を「私以外の味方の動き」に注目して観返してもらえれば分かると思うのですが、私以外の味方も味方のサポートに動き回っているんですね。だから、常に数的優位の状況を作れて局地戦に勝てているという。


 ただし、だからと言って常に味方と一緒に固まって動けというワケではありません。
 固まっている味方は敵からすればまとめて攻撃しやすいマトになってしまいますから、敵が同時に攻撃できないように横や後ろから回り込むように攻撃するのが良いと思います。
 あとは、上からとかね。私はもう他のブキを使っているんでチャージャーの勘はなくなっちゃいましたけど、前作でチャージャーを好んで使っていたのは、上からの射撃で敵の動きを封じて味方に仕留めさせるのが「戦場を制圧している」みたいで楽しかったからです。『ラストストーリー』のギャザリングみたいな。



4.「安全圏から遠距離攻撃で塗る」のか「危険を顧みず敵陣で塗る」のか
 「安全圏」というのは、「逃げ道が確保されている」自陣のインクのことです。
 敵から狙われたとしてもいつでも逃げられるようにしていて、それ以上の侵攻を食い止められる位置から遠距離攻撃で塗るというのも一つの手だと思います。「2.」の項に書いた「なるべく生き延びる」ためには一番確実な方法です。

 ですが、それだけでは勝てません。
 SRPGで例えれば、「防御力は高いけれど攻撃力はそんなにない」アーマーナイトを壁役にして耐え続けても、アーマーナイトのHPが減り続けるだけでジリ貧です。どこかのタイミングで攻撃力の高い魔導士や傭兵の連続攻撃で攻勢に出なければ、ナワバリバトルの3分間は終わってしまうのです。


 「敵を倒す自信はないけれど、塗りで貢献したい」という人には、この「安全圏から遠距離攻撃で塗る」時と「危険を顧みず敵陣で塗る」時の切り替えこそが一番大事なポイントかなと思います。


 今日の記事に載せている動画、「全然ゲームが下手じゃないじゃん」と思われるかも知れませんが、それはもちろんブログの記事に使えるように「ちゃんと自分が活躍している部分」のみを切り取っているだけですからね!

 ですが、チャージャーとローラーに関しては碌に「ちゃんと自分が活躍している部分」がなかったため、しっかりと「ゲームが下手な人だ!」と分かる動画になっております(笑)。



 失敗している動画もまぁ、それはそれで反面教師になってくれると思うんですけど……
 要は「どのタイミングで攻め込むのか」が大事で、そこを正しく判断できるかで勝敗は決するということが言いたかったのです。



 こちらの動画は発売から1週間が経った中で「自分が一番理想的に立ち回れた最後の1分間」です。

 まず「味方と撃ち合っている敵を横から撃破」、その後は「安全な位置からキッチリ塗っている」のだけど味方のローラーが来たので何かあっても味方が骨を拾ってくれるだろうと下に降ります。たまたま運が良くて敵を二人連続で撃破、スペシャル発動して一気に自陣のインクを広げたところで「今近くに敵はいないな」と判断して高架下の敵陣インクを塗りにいきます。
 自陣のインクを広げたところで敵がやってきたので、今度は敵の侵攻を食い止める動きに切り替えました。ボムを投げて牽制したところでマルチミサイルが飛んできたので退避しつつインク回復、味方が健在なことを確認して橋上の敵を倒しに、インクアーマーを使われてるとは思ってなかった(笑)。自陣のインクがそこそこ塗れていたことで動き回れて相手も倒せて、残り数秒はひたすら塗りまくれー!で、逆転です。


 敵を倒せたのはただの運で、ポイントとしては「敵がいないと判断して塗りに行ったタイミング」と、「自陣のインクを広げたと判断して敵の侵攻を食い止める動きに切り替えた」ところだと思います。


 前者は「敵が3人死んで守りが崩れたことで敵陣を塗りに行けた」のだし、後者は「自分が生き延びることで自陣を塗られることを食い止めた」のだし、いずれにせよ「2.」に書いた「生き延びること」の重要性が分かると思いますし。「撃ち合い」と「塗り」は無関係でないことも分かってもらえるんじゃないかと思います。



5.オススメのブキは?
 プレイスタイルやステージ、味方の立ち回りなんかで“合っているブキ”は変わるので……自分が使いやすいブキや、デザインが気に入ったブキとか、そういうものを使い込んでいくのが一番だと思います。
 私達はみんながみんな世界大会での優勝を目指しているワケじゃありませんからね。「そのブキ、全然人気なくて誰も使っていませんよー」なんて言われても、「うるせえ!俺は気に入ってんだよ!」とぶん殴ってやればイイんですよ。『ストII』で私が使っていたのはザンギエフだし、『ストIIターボ』ではバイソンでした。だって、気に入っていたんですもの!

 私が今作で気に入っているのは、今のところ「プロモデラーMG」「N-ZAP85」「わかばシューター」あたりかなぁ。
 前作で使っていたチャージャーは、「チャージャー以外を使うとチャージャーの動きが出来なくなる」と前作で私が言っていた通りになって全く勝てなくなっちゃいました。カーボンローラーも前作とはスペシャルウェポンが変わったせいか、あまり勝てなくなりましたねー。


 「好きなものを使えばイイ」と言われても何の目安にもなりませんから、一つブキを選ぶ際の参考になればイイと思って書いておくと……「スペシャルウェポンで選ぶ」のがイイかなぁと思います。必殺の切り札のはずのスペシャルウェポンですが、自分の腕によって使いやすい・使いづらいがあって、せっかくのスペシャルなのにほとんど意味がないみたいなことがありますからね。

 私はハイパープレッサーやジェットパックは苦手です。
 上手く立ち回れず、敵のマトになってしまいます。サーモンランだと活躍してくれるんですけどね。

 逆に、インクアーマーは「敵を狙い撃つみたいな難しい操作は要らず、味方を補助してくれるのでありがたく使っています。使うタイミングを考えるのは大事ですけど。アメフラシやボムピッチャーも「局面を変える」のに有効だから好きかな。チャクチはどう使うのがイイのか分からん。


Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版

任天堂 2017-07-20
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 あと、これは前作でも最初は気付かなかったことで今作にも言えることだと思うのですが……
 『Splatoon』の「ナワバリバトル」は自分と同じような実力・似たようなプレイスタイルの人とマッチングされることが多いです。下手は下手なりに同じような人の部屋に入れてもらえるんですけど、「フレンドとの合流」をするorされると自分とは全然ちがう実力・全然ちがうプレイスタイルの人と同じ部屋になるので、あれ?俺、突然下手になった!?みたいなことも起こるんですね。

 「下手・上手い」だけじゃなくて、プレイスタイルも変わってくるので……「フレンドとの合流」先のマッチングだと、「俺以外は誰も自陣を塗ってねえ!」とか「待ち伏せ暗殺上等!」とか普段と全然ちがうゲームへと変わって、友達の友達はヤンキーばっかみたいな新鮮な気持ちにもなったりもしますが(笑)。


 ということで……あまりに勝てないことが続く人は、「その部屋が自分の実力に見合っていない」んじゃないかと疑ってみてください。


 とは言いつつ、私のフレンドの人は気にせず合流してきてくださってイイですよ。あまりにレベルがちがったらサクッと抜ければイイだけなんで。
 まぁ、でもアレか……「やまなしに合流すれば、周りみんな下手くそどもだから思う存分虐殺ができるぜー」みたいなシリアルキラーな人は困るか……と思ったけど、そういう人がどんどん合流して来れば私以外全員シリアルキラーという地獄の果てみたいな部屋になるからそれはそれで面白そうか(笑)。


任天堂公式ガイドブック Splatoon2 (ワンダーライフスペシャル)任天堂公式ガイドブック Splatoon2 (ワンダーライフスペシャル)
任天堂

小学館 2017-08-04
売り上げランキング : 725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スプラトゥーン2 コウリャク&イカ研究白書スプラトゥーン2 コウリャク&イカ研究白書
週刊ファミ通編集部

KADOKAWA 2017-08-04
売り上げランキング : 139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スプラトゥーン2 ザ・コンプリートガイドスプラトゥーン2 ザ・コンプリートガイド
電撃ゲーム書籍編集部

KADOKAWA 2017-08-04
売り上げランキング : 119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲームプレイ日記 | 17:54 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

"ハイパー"プレッサーですよー。

一番はホントに大事だと思います。
降りるときは上から塗れるところは全部塗りたいくらい。

| ごん | 2017/07/28 22:04 | URL |

良記事だと思いました。
特に分類3が重要で、今作これをしてもらえるだけで各個撃破の勝率が段違いなんですよね。
サポートしても味方がやられる場合は「弱いやつがいたせいで負けた」と言われても「お前も弱いみたいだからお互い様だな」と言えますしねw

分類4は難しいので、これができたらもはや「下手くそ」ではない気もしますね。
上手い下手って倒し倒されの部分だけじゃありませんし。


ちなみに壁の塗りって戦うの好きな人はサボりがちで、安全圏でも塗り残しが多いのでそこ塗るっていうのもサポートとして良いと思います。
自分も味方も、いざという時逃げるのに役立ったり、敵の進行を妨げられたりします。
目立たないので活躍してるようには見えづらいですけどね!
記事には書いてないだけでやまなしさんは意識してるようでしたら失礼しました。
応援してます。

| ああああ | 2017/07/29 01:45 | URL | ≫ EDIT

自分は流石に8回はやられないけれど3回はやられる人で、どうすれば良いか悩んでいましたがこの記事は目からウロコ。
誰もいないところを塗りにいったら死ぬ!なるほど!言われればそりゃそうですね!
どうも最近そこらへんの意識が甘いので、改めて勉強になりました

| j | 2017/07/29 12:32 | URL |

>ごんさん

 ドロにまみれた人生を歩んできたもので……
 修正しました!

 上から塗っておけばその分だけ行動範囲も広がりますもんね。今作、最初からあるステージはそういう段差のあるステージを意識して入れたのかな……?


>ああああさん
 ありがとうございます。
 壁の塗りは僕もあまり意識していなかったんですけど、コメントをもらってから意識して塗るようになって(もちろんステージにもよりますけど)勝率が上がりました!

 チャージャーは特に、壁を塗っておくと射程の短い味方に喜んでもらえるカンジがしますねぇ。逆に敵のインクに塗られている壁を塗りつぶしておくと、良い嫌がらせになりますね(笑)。


>jさん
 ありがとうございます。
 心理的にはやっぱり「敵のインクがいっぱいあるところ」を塗りたくなっちゃうのですが、そこは敵にとっても守るところですからね。

 『Splatoon』はこの「防衛ライン」がどこになるかが状況によって刻一刻と変わるのが面白いし画期的だったんですよね。
 あとは、「ナワバリバトルは3分経った時に広く塗っていた方が勝ち」なので、焦らないことも大事ですね。最後の1分とか、30秒とかから一気に逆転することも珍しくありませんから。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/07/30 22:29 | URL | ≫ EDIT

マップを見てどのぐらい塗られてるかを確認する習慣も必要ですね。安全な場面はなかなかないのでリスポーン時ぐらいしかないかもしれませんが。
特にナワバリバトルの場合、確認せずにそのまま塗ってるといつの間にか退路を絶たれてたり相手の勢力圏内にたった一人で突貫してたりするので相手からすれば絶好のカモです。
もちろん敵陣に攻め込んで塗りつぶし相手を引っ掻き回すことで味方の進軍を援護するという考え方もあります。しかし、これはよほど自分の技術に自信があるか、倒されても後続の味方が骨を拾ってくれる場面でなければ使わない方がマシな気がします。
一般的なFPSのように「相手を倒しまくれば勝てる」かもしれませんが、正直に書くとこのゲームではそれが通用しにくいと感じています。
自分はチキンなのでどちらかと言うと塗って援護する側ですが、真ん中はいいとして相手の陣地深くまで突貫して倒されまくってる味方はマップ確認すればバレバレなので、そういう場面でカモン連発されても無理なんじゃーと思いながら塗っております。
ただし、たまに前作の癖でテレビから目を離してプロコンを見ようとすることがあります。タブコンが便利だったので慣れの問題なのですが未だに直りません。

| 通りすがり | 2017/07/31 17:54 | URL | ≫ EDIT

>通りすがりさん

>マップを見てどのぐらい塗られてるかを確認する習慣も必要ですね。

 これはまぁ、これが意味をなすくらいならもう下手じゃないというか。僕くらいの実力だとマップを見てもあんまり意味がないんですよね……

 「お、自陣のあっち側が塗られている!こっちはマップ見ているから気付いているぞ!」→ 返り討ちに向かう→ 瞬殺される

 「自分の後ろを獲ろうとしているヤツがいるな!こっちはマップ見ているから気付いているぞ!」→ 振り向いて迎撃しようとする→ 瞬殺される


 1on1で勝てる実力がないと敵の居場所が分かってもあんまり意味ないというか……その実力がない人は、どっちかというと「味方の位置を把握する」方が大事かなと僕は思って、「3.」の項にそれを書きました。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/08/01 22:59 | URL | ≫ EDIT

サーモンランの方が楽しくてここ最近ナワバリ行ってない・・・。
スプラトゥーン2買ってからやってますが、なかなかうまくいきませんね。
逃げるのと生き延びるのはやってますが、味方の位置はそこそこ確認している程度です。
自分もうまくないので言えることはありませんが、円滑な戦闘ができるように壁塗ったり進路作ったりすることぐらいしかしてません。

| 通行人 | 2017/08/02 08:58 | URL | ≫ EDIT

>通行人さん

 今作は、ほぼ最初から色んなモードが選べちゃう分だけ時間が足りなくなっちゃいますよねー。ヒーローモードに行く時間がなかなか作れない……


 ただ、サーモンランでのプレイもある程度ナワバリバトルにも活きるところは多いんじゃないかと思いますよ!味方との連携とか、自分の移動範囲を確保するための塗りとか、一つ一つのブキの特性を知れるところか。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/08/04 01:24 | URL | ≫ EDIT

前作に比べて「バトルが苦手でも活躍できる」という個性が潰れているような気がします・・・
ナワバリの獲得ポイントも塗りポイントそのままではなくなり、「負けたけど8人の中では一番稼いだ!」というのが出来なくなってしまいましたし・・・
それだとみんなモデラーやローラーばかり使う、という意見もありますが、前作でも人気の差はあるものの全てのブキがちゃんと使われてましたし・・・
どうも、自分が求めていたスプラとは違うんですよ・・・
自分もサーモンラン中心になってきてますね

| ああああ | 2017/08/12 17:14 | URL |

>ああああさん

>ナワバリの獲得ポイントも塗りポイントそのままではなくなり、「負けたけど8人の中では一番稼いだ!」というのが出来なくなってしまいましたし・・・

 このコメントの意味が分からなくて、色々調べたり、Twitterで詳しい人に聞いたりしてようやく分かったのですが……つまりは、「前作では負けても塗っていれば経験値&おカネを稼げたのに、今作では負けると大した経験値&おカネをもらえなくなった」ってことですよね?


 それは、普通の仕様変更じゃないですかね。
 じゃないと「勝ち負けそっちのけで塗っている人」が出てきてしまって、勝ちを目指すゲームじゃなくなっちゃいますし。

 むしろ僕は、前作よりも「塗り専にも勝利を意識した動きが求められるようになった」ことで、「バトルが苦手でも勝利のために活躍しなければならない」側面が強くなったように思えますけど。


 実際、「撃ち合い」が苦手でも「塗り」で貢献している人はたくさんいますし、僕のマッチングだと「塗り」に強いブキを使っている人も多いですよ。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/08/13 00:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2305-2265f86d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT