やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アニメを「観るかどうか」決める際に、事前に知りたい情報は何ですか?

 今季のアニメでものっすごく推している『プリンセス・プリンシパル』について、Twitterのフォロワーさんと「自分のタイムラインには話題にしている人がほとんどいないんですよね……」というような話をしていました。

pripri7.jpg
<画像はテレビアニメ『プリンセス・プリンシパル』第7話より引用>


 私のタイムラインでこの作品の話を熱心にしているのは、私を除けば2人……くらい。特に話題にはしていないけど観ていることは明言している人が更にもう2人くらい。
 もちろん「観てはいるけどそれを明言していない人」とか「観たけどハマらずに脱落した人」もいるのかも知れませんが、それにしても母数が少なすぎです。こんなに面白い作品で、私は毎週大絶賛していて、少しでも観てくれる人が増えたらイイなとこんな記事も書いていて、それなのに観てくれる人が全然増えやしねえ!!


 いや、別に私と縁もゆかりもない人達に「面白いよ!」が届かないのは仕方がないんですよ。でも、このブログを読んでくれている人や私のTwitterをフォローしてくれている人というのはある程度は「私の発言」に興味があるという人だと思うんですよ。そういう人でも、私があんだけ頻繁に「『プリンセス・プリンシパル』超面白い!みんな観ようぜ!」と言っても観る気にならないというのは、ひょっとしてみんな「面白い作品」なんて求めていないのか……?


 みんな「アニメになんか興味がない」というワケでもなくて、『けものフレンズ』がリアルタイムに放送していた時は「こんなに話題になっているんだから面白いかどうかは分からないけどとりあえず観てみよう」と観始めた人が多かったので……「やまなしが面白いと言っている」よりも、「みんなが話題にしている」の方が100万倍効果があるんだと痛感させられます。




 まぁ……現在の私にそれだけの普及力というか布教力がないのは、もう現実なので受け入れるとして。私が考えるべきは、「これから」です。
 面白い作品を「面白い!」と言うことで、その作品に触れる人が増えて、そこで「面白い!」と思ってもらえたなら……世の中はもっと幸せになるんじゃないかと思って、私はブログやTwitterやゲーム実況をしてきました。しかし、「面白い!」と言うだけじゃ人はなかなか興味を持ってくれないんですね。


 私は3ヶ月に1回、新アニメが始まる前に必ず「自分が観てみようと思った作品」を7つ挙げるという記事を書いています。これは「アニメに触れる人がもっと増えて欲しい」という思いを込めて2013年からずっと続けている活動なんですが、『プリンセス・プリンシパル』もこの7本の中にしっかり入れていたんですね。

 でも、私のタイムラインでは4人しか観ていません。
 放送開始前からプッシュしていて、放送開始後は毎週のように大絶賛していて、一挙配信があるたびに「みんなも観るんだ!」と叫んでいて、ブログでも何度も話題にしているのですが……4人しか観ていません。

 逆に考えると、そういった記事に「自分も観てみようかな」と思わせるだけのプレゼン能力がなかったとも言えるんですね。放送開始前だから仕方がないんですけど、私が6月に書いた「7つ挙げる記事」の『プリンセス・プリンシパル』の部分を読み返しても、実際の『プリンセス・プリンシパル』の面白さの0.1%も伝えられていないと思いますもの!





 ということで、みなさん。
 “アニメを「観るかどうか」決める際に、事前に知りたい情報は何ですか?”

 もっと噛み砕いて言うと、何があれば「そのアニメを観よう」と考えてくれますか?
 今後私が「自分が観てみようと思った作品」を7つ挙げるという記事を書くときにも、面白いと思ったアニメを紹介しようとしたときにも、どこでプッシュすれば伝わるのかを知りたいのです。



1.「みんなの話題になっているから」そのアニメを観る
 先ほど挙げた『けものフレンズ』だけでなく、『まどか☆マギカ』だって『涼宮ハルヒ』だって、もっと昔に戻れば『エヴァ』だって、「みんなの話題になっているから」普段はアニメを観ない人も観て大ヒットになっていきました。別にアニメに限ったことじゃなくて、日本人は特に「みんなが話題にしていることを自分だけが知らない」ってのを嫌がりますもんね。

 これからは私一人が「私が面白いと思う!」と言うだけでなく、「これがこんな風に話題になっているよ!」「来季のアニメはこれが話題になると思うよ!」と書いていった方が注目はしてもらえるかなぁと思いました。


 しかし、それ……裏を返せば、私一人の力ではどうしようもないってことですよね。
 そして、最も重要なことに―――「既に話題になっているもの」は、別に私が「話題になっているよ!みんなも観てね!」と言わなくてもみんな観るでしょうから、特に私が書く必要もないんですよね。



2.「どこで観られるのか」が分かればそのアニメを観る
 「話題になっている作品なら観てもらえる」けれど、しかし悔しいことに『プリンセス・プリンシパル』はそれほど大きな話題にはなっていないと思われます。私のタイムラインで4人しか観ていないくらいなので。
 どうしてこんなに面白い『プリンセス・プリンシパル』がそれほど話題になっていないかというと……放送・配信に結構なタイムラグがあるというのが大きいのかなーと思います。

 公式サイトのオンエア情報から、初回の放送日時をコピペしてみます。

・TOKYO MX 7月9日より 毎週日曜日 23:00~
・KBS京都 7月9日より 毎週日曜日 23:30~
・サンテレビ 7月9日より 毎週日曜日 25:00~
・BS11 7月11日より 毎週火曜日 24:30~
・AT-X 7月14日より 毎週金曜日 20:00~
・ニコニコ生放送 7月16日より 毎週日曜日 22:30~


 「TOKYO MX」「KBS京都」「サンテレビ」は(ちょっと時間はズレていますが)同じ日に放送ですが、それらの局が映らない地域で観られる「BS11」は2日遅れ、熱心なアニメファンが多い「AT-X」は5日遅れ、無料で観られる唯一のネット配信である「ニコ生」は1週間遅れ―――と、放送されるタイミングにズレがあるので話題も分散しやすいんですね。
 特に「ニコ生」勢からすれば、「1話面白かった!」と感想を語りたいのに、自分が1話を観終わったタイミングで「TOKYO MX」勢は2話の実況を始めているワケで……

 『涼宮ハルヒ』や『まどか☆マギカ』の時代はこの「タイムラグ」がむしろプラス効果になっていて、「昨日チバテレビで放送された『涼宮ハルヒ』ってアニメがすごい話題みたいだから、今日のTVKの放送で自分も観てみよう」ということも起こったんですけど……最近は「全部の局で同時放送」とか「ネット配信もその日の内に行われる」みたいな作品の方が、Twitterなんかでは話題になりますよね。



 また、最近のネット配信のトレンドでもある「見放題」に入っていないと、「『プリンセス・プリンシパル』って超面白いアニメがあるらしいんだけど自分も観てみよう」と後から追いかけられないというのもあるのかと思います。


 そのために「一挙配信」なんてことをやっているのですけど、なかなかそれが認知されていないのが……
 明日(火曜日)までは7話まで「見放題」ですよ!「7話までなんて観る時間がないよー」という人は、とりあえず「5話」だけでも観てください!どうせ時間軸がシャッフルされているので、どこから観たってそんなに問題はない!大河内先生もそうおっしゃっていた!




 ちょっと私の「これから」の話に戻りますが……
 私が書いている「自分が観てみようと思った作品」を7つ挙げるという記事には、どこのネット配信で観られるのかを書いていないんですね。この理由はシンプルで、私がその記事を書くころにはまだ各ネット配信サイトが「どのアニメを配信するのか」を発表してくれていないからなんですが……

 「どこで観られるのか」が分からなければ、どんなに私が「面白いよ!」と叫んでいても、わざわざ自分で「どこで観られるのか」を調べる気にならないでしょうし――――せめて自分がプッシュしている作品だけでも、どこの配信サイトで観られるのかをまとめる記事を書いた方がイイかもなぁと思いました。昔、全作品を表にしていた時期もあるんですけど、あれは死ぬほど大変だった割に情報量が多すぎて使ってくれる人がいなくて辞めちゃったので。「自分がプッシュしている作品だけ」と限定して復活させるかなぁと。



3.「誰が作っているのか」が分かればそのアニメを観る
 私が「『プリンセス・プリンシパル』超面白い!みんな観ようぜ!」と言っても誰も観てくれない一方で、私と同じように『プリンセス・プリンシパル』が大好きな人が「『ガルパン』作ってたアクタスの新作ですよー」と言って「そうなんですか!面白そうですね!」と言われているのを見かけました。

 実際には『プリンセス・プリンシパル』はStudio 3Hzとアクタスの共同制作で、どのくらいの役割分担をしているのかは一ファンには分からないので私はあまり言及しなかったんですけど……「『○○』作ってた◇◇の新作ですよー」というのは、『○○』のファンにも届くでしょうし、『○○』って聞いたことはあるなって人にも届くでしょうし、もっと積極的に言っていけば良かったなと思います。


 『プリンセス・プリンシパル』のスタッフの過去作品はザッとこんなカンジ。

アニメーション制作:Studio 3Hz
 『天体のメソッド』
 『フリップフラッパーズ』
アニメーション制作:アクタス
 『ガールズ&パンツァー』
 『レガリア The Three Sacred Stars』
 『ろんぐらいだぁす!』
監督:橘正紀
 『東京マグニチュード8.0』
 『ばらかもん』
シリーズ構成・脚本:大河内一楼
 『OVERMANキングゲイナー』
 『あずまんが大王』
 『プラネテス』
 『コードギアス 反逆のルルーシュ』
 『甲鉄城のカバネリ』
キャラクター原案:黒星紅白
 ・小説『キノの旅』シリーズ・イラスト
 ・ゲーム『サモンナイト』シリーズ・キャラクターデザイン(飯塚武史名義)
 『世界征服~謀略のズヴィズダー~』
 『ポッピンQ』
音楽:梶浦由記
 ・Kalafinaのプロデュース
 ・ドラマ『花子とアン』
 『舞-HiME』
 『ツバサ・クロニクル』
 『空の境界』
 『魔法少女まどか☆マギカ』
 『Fate/Zero』
 『ソードアート・オンライン』
 『僕だけがいない街』


 敬称略。
 言うまでもなく「豪華スタッフ」だったワケですよ。
 しかし、「豪華スタッフ」を売りにしたアニメって当たり外れが激しいので、放送が始まるまではあまりそこに触れられませんでした。でも、一人でも多くの人の興味を引くためには「『ばらかもん』の監督の新作アニメだよ」とか「『コードギアス』の脚本書いていた人の新作アニメだよ」とか「『キノの旅』の人がキャラ原案やっているんだよ」とか言っておいた方がイメージがつかめたかもって思うんですね。

 「『ばらかもん』の監督の新作アニメだよ」で、『プリンセス・プリンシパル』が出てくるのはどうかと思うけど……(笑)。
 でも、小さい子どもの動きがかわいい。ロリコン的な意味じゃなくて―――というのは通じるものがあるか。あるか?7話の洗濯工場回の牧歌的な雰囲気は、一番『ばらかもん』っぽいかも知れない。『ばらかもん』好きだった人は、一挙配信をやっている間に「7話」だけでも観ましょう!



 後は、これは一長一短あると思うので悩むところですが……「声優さん」で推すというのも、詳しい人には興味を引くかも知れませんね。
 私はあんまり「声優さんで作品を選ぶ」ことはしないんですけど、最近の深夜アニメは「声優さんが番宣のためにラジオやニコ生をやる」「ブルーレイディスクに声優さんが出演する特別イベントの先行申し込み券が入っている」ことから分かるように、言っちゃえば作品の顔を「声優さん」が担っているところはありますからね。


プリンセス・プリンシパル I (特装限定版) [Blu-ray]プリンセス・プリンシパル I (特装限定版) [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2017-09-27
売り上げランキング : 41

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「アニメ」を薦めるのって、「漫画」や「ゲーム」を薦めるのに比べれば、放送・配信されている期間ならば「お金を払わなくても観ることが出来る」分だけ多くの人に届くかなとかつては思っていました。


 しかし、「やまなしさんが薦めていたんで観ましたよー・読みましたよー・遊びましたよー」と言ってもらえる率で言うと、最近では「漫画」>>>>「ゲーム」>>>「アニメ」くらいの比率になってきました。「アニメ」って、実は薦められたから自分も観てみようと考えるハードルが恐ろしく高いメディアなのかなと……

 毎週30分、1話ずつ放送なり配信なりに時間が拘束されるというのは―――それをライフサイクルにしている人にしか難しくて、そうでない人は「みんなが話題にしている」みたいな祭り感がないとする気にならなくて。
 逆にアニメを観ることをライフサイクルにしている人にとっては、「○○面白いよ!」と言われても「自分が観ている作品だけで手一杯でそんな時間ないよ!」と思われてしまって。



 そういや昔、「どんなに面白いと言われても、好きな漫画が原作のアニメ以外は観る気にならない」と言われたことがあって……それじゃあもう何をどう書いても無駄だよねと。冒頭に書いた“ひょっとしてみんな「面白い作品」なんて求めていないのか……?”というのは、当たらずも遠からずなんじゃないかなと。


 うーん……
 このまま「今まで通り」を続けても同じことの繰り返しだと思うので、とりあえず私が3ヶ月に1回書いている“新アニメが始まる前に「自分が観てみようと思った作品」を7つ挙げる記事”にどういう情報があったらうれしいのか意見をもらえるとありがたいです。


TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』EDテーマ「A Page of My Story」TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』EDテーマ「A Page of My Story」
Konnie Aoki プリンセス(関根明良),ドロシー(大地葉),ベアトリス(影山灯),ちせ(古木のぞみ) アンジェ(今村彩夏)

ランティス 2017-08-01
売り上げランキング : 420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:52 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

視聴者が増えるのは3話までに大きな展開があるっていうのもありそうな気がしますよ。
あとから追いかけようとして見るのにちょうどいいというのと、ちょうど別のアニメを見ていたけど視聴をやめる→その空いた時間を埋めるという意味でも3話あたりは重要だと思います。

ただ逆に言えばよほど話題にならない限り途中から視聴すると言うのはあまりない気もしますね……。

| ああああ | 2017/08/28 18:35 | URL |

前の記事を読んでプリプリを見ました。
とても面白かったです。今期で一番気に入っています。
ニコ生で見れることを知らなかったので、どこで見られるかという情報は欲しいです。
(前の記事でバッカーノの話でもしようと思いましたが、他の方のコメントが濃かったので…)

| トオリスガリ | 2017/08/28 20:25 | URL | ≫ EDIT

「面白い」だけじゃなく、仮面ライダーエグゼイドみたいにTwitterとかでもキャラのセリフや画像がツイートネタに使いやすい作品を求めてるんじゃない?

| ああああ | 2017/08/29 13:24 | URL |

私の場合ですが、誰かから「面白いよ!」とだけ言われてその作品を見ようと思う事はまず有りません。
切っ掛けとして最も多いのは「そのアニメを象徴するようなシーンやエピソード」でしょうか。

例えば『カイジ』であれば「限定ジャンケンのルールと作中での駆け引きの一部」を見せれば、その手の心理戦が好きな人は興味を持つでしょうし、『ジョジョ』や『ハンターハンター』であれば「一部の登場人物の能力と作中での使われ方」あたりでしょうか。

| Shiki | 2017/08/29 22:31 | URL | ≫ EDIT

>ああああさん(2017/08/28 18:35)

>視聴者が増えるのは3話までに大きな展開があるっていうのもありそうな気がしますよ。

 これ、『まどか☆マギカ』の頃はよく言われていましたけど、最近はそうでもないんじゃないかなーと僕は思っています。
 『けものフレンズ』は特に「衝撃的な1話」があったワケじゃなくて、6~7話あたりのタイミングで一挙配信をGyaOとニコ生でやって入ってきた人が多かったですし。

 「一挙配信」や「見放題」が一般的になって、『まどか☆マギカ』の時代によくあった「最初の山場が3話にある」作品よりも、最近では「最初の山場が4話にある」作品が多くなったんじゃないかなーと思います。

 あと、多分みんな『まどか☆マギカ』みたいな「衝撃的な1話」には食傷気味というか。『がっこうぐらし』だって話題にはなっても円盤は売れてませんでしたし……


>トオリスガリさん
 ありがとうございます!
 そう言ってもらえて、前の記事を書いたことが報われました。

 やっぱりネット配信の場所をまとめるというのは効果がありそうですね。「自分がプッシュする7作品+コメント欄でオススメされた作品」だけでもリスト化する記事を書く方向で行きます。


>ああああさん(2017/08/29 13:24)
>仮面ライダーエグゼイドみたいにTwitterとかでもキャラのセリフや画像がツイートネタに使いやすい

 僕のタイムラインにそういうことをしている人はいませんね。


>Shikiさん
 あんまり言いすぎるとネタバレになっちゃって逆に魅力を損なうというのがあるんですよね……
 そこが自分のウィークポイントなんですけど、本当に普及させたいのなら「ネタバレして欲しい人」のためにそこに踏み込む必要があるかもですね。

 例えば、3~4話くらいのタイミングで「○○のここが面白いよ!」みたいに要点をまとめたイラストを描いて投下するとかしてみましょうかね。むっちゃ労力かかりますけど、文章よりは目にとめてくれる人が増えそうなんで。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/08/29 23:31 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです! やまなしさん。

私は最後にあげられていた「毎週30分、1話ずつ放送なり配信なりに時間が拘束される」が無理で毎回おすすめアニメをあまり見れてないです。
地方故にTV放送が期待できない、そもそも毎週特定の時間を確保するのが難しい、アニメは一度見逃すと次週が辛い、一挙放送で見てもその後を見れる自信がない、で放映中のアニメを見るのが無茶苦茶ハードル高いです。
NetflixとかDアニメで毎週「追加」だと時間が出来た時に一気に見れるし、今後も時間があった時に一気に見れるのですごく見やすいですが…(春まではリトルウィッチアカデミアをそうしてみてました)
残念ながらプリンセス・プリンシパルはバンチャの見放題にも入ってないっぽくてちょっとキツイです。

なのでどうしても見るとなると、原作を知ってて中抜けをしても平気、無理をしてでもみたいが頑張れるかなあと言う感じです。

後、Splatoonが面白いのはイケないと思います。

| あきら | 2017/08/30 14:05 | URL | ≫ EDIT

どうも、ツイッターでもつぶやいたとおり昨日プリンセス・プリンシパル1~7話をニコニコで一気に視聴して、その流れでBSの8話も視聴し大感動したyatarouです。

いままでやまなしさんが話題にしていたのにスルーしていたのをスライディング土下座で謝罪したいほどの面白さでした。あきらめずに一生懸命布教してくれたやまなしさんに感謝です。

新アニメが始まる前に「自分が観てみようと思った作品」を7つ挙げる記事”にどういう情報があったらうれしいのかについて考えたのですが、自分はむしろ新アニメが始まった後にやまなしさんが今現在楽しんでいるアニメとしてもう一度ブログ記事で紹介をした方が良いんじゃないかと思いました。

今回のプリンセスプリンシパル、やまなしさんは主にツイッターで絶賛の感想をつぶやいているように思いました。ブログ記事でも「時系列をシャッフルさせるアニメの面白さ」の記事で特集していましたが、記事の始めに5話までのネタバレ注意の注意書きがあってプリンセスプリンシパルを観ていない人は読んでいないんじゃないかなあと思いました。

自分はやまなしさんのツイートをこまめにチェックしているのでやまなしさんが今プリンセスプリンシパルにハマっていると分かりますが、ブログ記事だけ読んでいる人に伝わるかなあと思ってしまいます。

なので、そのクールが始まって視聴する作品を決定した後あたりに「やまなしさんが今観ている作品」としてもう一度ブログ記事にしてどういうところを楽しめているかを追記した形で紹介すれば、後追いでも観ようとする人が増えるのでは・・・と思います。

完全に個人の感覚ですが、ツイートよりブログ記事でまとまった形で「このアニメを私は楽しんでいる」という文章を複数読むと、自分も視聴しようかなあという気持ちに私はなります。

ツイッターが流行る前からインターネットをやっていた自分の時代遅れの感覚なのかもしれませんが・・・いくらかでも参考になってくれたら幸いです。




| yatarou | 2017/08/31 02:19 | URL |

おとといこの記事を読みまして、プリンセス・プリンシパルが無料期間になっていることに気づいて急いで7話まで視聴しました。回によって違う面白さが詰め込まれていて、シナリオも考え抜かれていて素晴らしいアニメだなあと思いました。
やまなしさんのTwitterは見ていなかったので、火曜日になるまで無料配信は知りませんでした。また、以前の記事はネタバレ警告があり、「少し気になっていたが未視聴」状態の私は、記事を読むのをとりあえずスキップしていました。なので、この段階ではやまなしさんがそれほどまでに推されていることにも、一挙配信があることにも気付くことができていませんでした。

「少し気になっていたが未視聴」状態のまま今まで見ていなかったのは、dアニメストアで配信していなかったというのが一番大きくて。そのまま忘れかかっていたのですが、「8話が何やら周囲で話題になり、関心が増す→そこにやまなしさんがこの記事を更新される→無料配信を見る」という流れでアニメにたどり着くことができました。発端の8話はまだ見ることができていませんが、ニコ生で配信されるのを楽しみにしています。
こういう経緯ですので、
>1.「みんなの話題になっているから」そのアニメを観る
といった要素はありましたが、それでも僕個人に関してはやまなしさんの影響力は大きくて。そもそも、dアニメストア中心でアニメを見るようになったのもやまなしさんの記事の影響で、さらに遡ると深夜アニメを見るようになったのもやまなしさんの一連の初心者向け記事が発端なんですよね。影響されまくりですw

| 機序 | 2017/08/31 15:10 | URL |

>あきらさん

 「テレビアニメを観る習慣」がないとなかなか厳しいですよね。
 『プリンセス・プリンシパル』は時間軸シャッフルした1話完結モノですから、「1話見逃しても問題ない」どころか「どこかの1話だけでも大丈夫」と言っていたのですけど……じゃあ、いきなり5話だけ気軽に観てみようとは思えませんものね。


 そうすると、全話完結した後に「見放題」入りをするのを待つか。『プリンセス・プリンシパル』は多分やらないでしょうけど、「総集編の映画」を作る作品はそっちをオススメするとか、コミカライズ版が出たらそっちをオススメするとか―――テレビアニメ以外のメディアミックスを薦めていくしかないのかなぁと思いました。



>yatarouさん
 気に入ってくださったようで何よりです!
 あの記事を書いたのは8話放送前だったんですけど、8話がああいう凄まじい回で良かったです。オススメ冥利に尽きる作品です。


>自分はむしろ新アニメが始まった後にやまなしさんが今現在楽しんでいるアニメとしてもう一度ブログ記事で紹介をした方が良いんじゃないかと思いました。

 なるほど。
 「ネット配信サイトをまとめる」のと合わせて、例えば「1週目」「2週目」「3週目」とその週に観た新番組の中でもお気に入り5つをネタバレなしで紹介して、「その回のネット配信ならこことこことここで何日から観られますよー」と毎週書いていくのも手かも知れませんね。

 ブログのネタにもなりますし、気に入ったアニメの普及にもなるし、ネタバレなしで作品の魅力を伝える特訓にもなるし、かなり現実的に“あり”な案じゃないかなと思います。



>機序さん
 ありがとうございます!
 8話やっぱり話題になっていたんですね。自分のTwitterのタイムラインでも8話の放送後は、「君達は今までどこにいたんだよ」という人達が話題にしていてビックリしました。観ていたのは4人だけじゃなかった、と(笑)


>以前の記事はネタバレ警告があり、「少し気になっていたが未視聴」状態の私は、記事を読むのをとりあえずスキップしていました。

 やっぱりここなんですね。
 上のyatarouさんも仰っていましたが、私はここをそれほど考えずにネタバレ警告にしていて、それ故に「自分はこのアニメ観ていないから読めないや」とスキップする人が多かったという。

 観ていない人に薦めるにはネタバレ警告は邪魔でしかなくて、あの記事も頑張ればネタバレなしで書くことも出来ただろうにそうしなかったのは失敗だったなぁと思いました。


 ということで、一先ず私がやるべきことは「ネタバレなしのオススメ記事を書いていく」ってことかなと思います。こういう決意をした途端、次の秋アニメではそこまでハマる作品がなかった―――みたいなのがパターンではあるのですが(笑)

| やまなしレイ(管理人) | 2017/09/02 00:29 | URL | ≫ EDIT

やまなしさん自身、途中からアニメの視聴本数を増やすことはあんまりされませんよね(たまに見放題に加入して一気にたくさんの作品を見ている印象)。気になるアニメを放送前からリストアップして、それを数週見ながら自分の体力と相談しつつ削っていく、と言う見方をされているかと思います。
僕はこのブログでアニメの見方を学んだので、僕は前述のやり方でアニメを見ているわけですが、このやり方だと既に体力の限界近くまで見ているのでアニメを増やしにくいんですよね。アニメの「選び方」「見方」「切り方」はこのブログで学べても、「増やし方」は学べなかったという.......。

| ああああ | 2017/10/18 20:04 | URL |

>ああああさん

 仰ることは分からんでもないですけど……

 そのためにわざわざ毎季アニメが始まる前に注目作品を7つピックアップして紹介しているので、「増やせない」って言われると、ああいう試みは全部無意味だったんだなと落ち込みます。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/10/18 22:16 | URL | ≫ EDIT

やまなしさんへ。
>全部無意味
全部無意味だなんてとんでもないです!毎期めちゃめちゃ参考にしていますよ......
>「増やせない」って言われると
「増やしにくい」とは書きましたが、「増やせない」と言ったつもりはありませんでした。習慣ができた後にアニメを途中から増やすのってなかなか難しいよね、という話がしたかったのですが、文章が下手なものでうまく伝えられず申し訳ありません。
今のやまなしさんの試みは面白いですね。習慣ができる前に勧められるので増やしやすいです(Just Because見始めました)。

| ああああ | 2017/10/19 20:29 | URL |

>ああああさん

 ナイーブになって返信してしまって申し訳ないです……


 僕自身「あの7作品を紹介する記事はもう意味がないかなぁ」と思っていて、落ち込んだ文章になってしまいました。
 『プリンセス・プリンシパル』なんかは7作品の中に入れて放送前からプッシュしていたにも関わらず、全然観てくれる人が増えませんでしたからね……あのやり方ではもう、注目させることが出来ないのだろうと。


 『Just Because』に注目してもらえたのならとても嬉しいですし、今後は放送前よりも放送後に感想を書くことに力を入れるべきかなぁと。
 7作品紹介を始めた2013年と比べて、今は更にネット配信で後追いしやすくなったでしょうし、放送前に注目させることにそれほど意味もないんじゃないかと思うんですね。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/10/21 23:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2319-1ba05fe2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT