やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「好きなキャラが不幸になるラスト」に耐えられますか

 ネタバレになるので作品名は書きません。
 「どの作品のことか」という推察もなるべくしないで欲しいです。作品一つ一つを「良かった」「悪かった」と語りたいのではなく、作品全部に対して“我々がどう対峙しているのか”というのが今日の話です。


 ハマっている作品がありました。
 その作品に出てくるキャラクターの中に、珍しく自分が「ものすごく好きになった女性キャラ」がいました。

 以前「好きな作品」と「好きなキャラがいる作品」はビミョーに違うという記事で書いたように、私は「好きなキャラがいなくても大好きな作品になる作品は多い」スタンスですが、あの記事を書いた以後の傾向を見ると「好きなキャラがいることでハマった作品」は以前より増えていると思いました。例えば、春アニメ『エロマンガ先生』にハマったのも、紗霧ちゃんがすごく好きだったからですしね。


 話を戻します。
 その「私がハマっている作品」は作品としてストーリーその他がとても面白いだけでなく、「その女性キャラ」のことも大好きで、「作品のこともキャラクターのことも大好き」な幸せな作品だったのですが……ちょっと心が打ちのめされるような展開になって、果たして自分はこの作品を「好き」なままでいられるのか??と揺らいでいきました。

 その展開とは……簡単に説明すると、「私が大好きだったその女性キャラクターが不幸になってしまった」んですけど。その不幸の度合いがまぁ、なんと言いますか、半端なくて、ですね。












 バラバラ死体になっちゃったんですね。
 その、「私が大好きだった女性キャラクター」。

 もちろん私だって長くヲタクをやっているワケですから、「好きなキャラが死んでしまう」みたいな展開は両手足の指を全部使っても数えきれないくらい体験してきましたよ。「私が好きになるキャラはどうせ殺されるんだろうな」くらいの覚悟は持っていましたから、そんなに心を揺さぶられるだなんて思いもしませんでした。

 しかし、今回の場合は、本当に本当に「そのキャラには幸せになって欲しかった」んです。他にどんなにつらいことがあろうとも、最後にそのキャラが笑顔になってくれたら、この作品を「大好き」なままで終われるだろうと思っていました。それが、バラバラの、死体になってしま、った……


 誤解しないで欲しいのは、だから「この作品はダメだ」って言いたいワケじゃないんですよ。それくらい私の心を揺さぶったのですから、間違いなく作品に「力」はあるんですよ。
 「好きな作品」と「面白い作品」と「素晴らしい作品」は別という論理で言えば……「面白い作品かどうか」では100点満点で100億点を付けるくらいに面白かったと思うのですが、「好きな作品かどうか」では大好きなあのコがバラバラ死体になってしまったので100点満点で50点くらいで――――メディアマーカーに登録した際は、間をとって「100点満点で80点(★4つ)」にしました。 「間をとる」、とは。





 こういうのって、多分私だけではないと思うんですね。
 インターネットで漫画やアニメの感想を眺めていても、途中まではその作品にものすごくハマった人ほど、ラストで「好きなキャラが不幸になる」展開に耐えられなくて悪態をついているってのをよく見かけます。

 先ほどの私みたいな極端な例でなくても……
 例えば、複数のヒロインがみんな男主人公のことを大好きな、俗に言う「ハーレム漫画」「ハーレムアニメ」の場合、好きなヒロインがフラれて終わったら憤る人は多いじゃないですか。男主人公目線で作品を楽しんでいる人からすれば「自分とはちがう選択肢をとった」男主人公と自分が乖離してしまいますし、神の視点でカップリングを楽しんでいる人からすれば「カプちがいだ!」となってしまいますし。

(関連記事:「男女カップル」のキャラを見るとき、アナタの目線はどこにありますか


 今年の春に最終回を迎えて、最終回後に炎上したあの人気アニメも―――なんであんなにみんながみんな怒っていたのかって言うと、理由はシンプルで「好きなキャラクター達がことごとく不幸になって終わったから」だったと思うんですね。あのキャラクター達に特に魅力がなかったら、あそこまで炎上はしなかったと思うのですが。ものすごく魅力的にキャラクターを描く力があったからこそ、そうしたキャラ達が最後に救われなかったことに不満が爆発してしまったのだと思います。

 逆に考えると、特にキャラクターを好きにならなかった人からすると「なんでそんなにみんな怒ってるの?」というのが分からないし、「昔のアニメはもっとヒドイことが起こったじゃん。登場人物全員死ぬとか」みたいなことも言ってしまうんだと思うのです。
 確かに、私も「ラストで登場人物全員死ぬアニメ」は大好きでしたけどさ!あの作品は別に「キャラクターが好きでもなんでもなかった」ですもん。むしろ、全員ムカつくキャラだなくらいに思って観てましたもの!だから、全員死んでも何のダメージにもならないんですよ!


 あとまぁ、今日の記事の主題からはズレてしまいますが、「大嫌いな悪役キャラクターが幸せになって終わるラスト」も割と不快ですね。あのアニメのラストは、キャラクター人気投票をして「人気だった順に上からみんな不幸にしよう、不人気だった順に下からみんな幸せにしよう」みたいなラストでしたし……




 “作品一つ一つを「良かった」「悪かった」と語りたいのではない”のに、ヒートアップしてしまいました……
 要は、「その作品を好きなまま終われるかどうか」で考えると、作品のクオリティみたいな部分は最重要ポイントではなく、「好きなキャラが幸せになって終わるか」こそが最重要だって考え方があると思うんですね。

 作り手は「誰も予想できない衝撃的なラストにしよう」とか「緻密に計算された伏線がここでピッタリはまるような構成にしよう」とか「観た人に何かを残して考えさせるようなストーリーにしよう」といったカンジに、“すごい作品”にしようと考えがちなのだけど。
 作品を読んだり観たり遊んだりする側は、そんなことよりも、「最後このキャラが幸せになって終わって欲しい」としか考えていなかったりして―――その意識のギャップが、炎上みたいな事態を生むのかもって思うのです。


 いや、もちろん作り手の中にも「全部のキャラが幸せになって終わるラストにしたい」と思っている人もいるでしょう。Wヒロインの作品で「主人公にフラれた方のヒロインが別の男とくっついて幸せになりましたよ」みたいな無理矢理なラストを見せてくるものもあって、それはそれでどうなの!?と思わなくもないのですが(笑)、エピローグで全員の幸せな姿を描いて終わる作品も多いですからね。



 逆に言うと……
 私は「私とはちがう考えの人間」に興味があるので―――


 “「自分の好きなキャラクターが不幸になって終わった」けれど、変わらずその作品のことも大好きですよ”という人がいらしたら、話を聞かせて欲しいなって思うのです。
 具体的な作品名はネタバレになっちゃうので、そこはぼかして、「とある作品で好きな女性キャラが最後バラバラ死体になっちゃったんですけど、そういうどうしようもないつらい展開こそがゾクゾクして大好きなんですよねー」みたいにコメント欄で理由を聞かせてもらえたら嬉しいです。


 私は自分自身を「ハッピーエンド至上主義」な人間だとは思っていなくて、映画とか小説とか短編漫画なんかでは「後味の悪いバッドエンド」な作品でも好きな作品は結構あるんですけど……キャラクターの魅力で何ヶ月・何年と引っ張る長編漫画やテレビアニメでは特に、「このキャラ達に幸せになって終わって欲しいなぁ」と思ってしまいます。


相撲増刊 角界の超新星 遠藤聖大 2014年 04月号 [雑誌]相撲増刊 角界の超新星 遠藤聖大 2014年 04月号 [雑誌]

ベースボール・マガジン社 2014-03-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:52 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんだかなぁ

お久しぶりです。いつも楽しく読ませてもらっています。
あります、あります!不幸って訳ではないけど、好きなキャラが変な方向へ向かっていくこと。
とあるスマホゲームで最終的に被害妄想激しい某人魚に「結局友達のふりをして食べちゃうんでしょ!?」と・・・。最終レアリティですよ!?
ぶっちゃけ他の人のテキストフレーバー見ただけですが好きな人程キツい展開じゃないかなぁと。

| みるん | 2017/09/08 21:24 | URL |

例外はありますが、私の場合も基本的に「好きなキャラが不幸になるラスト」は苦手です。
ただ、「好きなキャラが死ぬラスト」は必ずしも苦手ではないので、
例えば「主人公が命を賭して宿敵を打ち倒し、仲間に看取られて穏やかな笑みで死んでいった」ような感じの「不幸ではない死」であれば、割と普通に受け入れられます。
(具体例を挙げようか迷いましたがネタバレのため割愛)

ちょっとズレるかも知れませんが、
漫画家の藤田和日郎さん(『うしおととら』の人)は
キャラクターの死についてこう考えて漫画を描いているそうです。
https://www.kyoto-seika.ac.jp/opencampus/blog/seika_guest/nishi11.html
>殺すキャラクターは大好きなキャラクターなの。
>だから、死ぬことによってスポットライトを当ててやりたい。
>俺の大好きなキャラクターがその他大勢のモブと一緒に戦いを見上げているのは許せない。
>「死に様は生き様」だと俺は考えてる。

個人的には割と共感できるのですが、やまなしさんはどう思われますか?

| Shiki | 2017/09/08 21:45 | URL |

最終的にふられたり死んだりが必ずしも不幸とはいえません。そういうことがあっても人間的に成長したり願いをかなえたりと何らかの幸せを享受したのならアリだと思えます。
しかし本当に何の見返りもなくただただ貶められるキャラは不幸だと思います。モブや悪役ならまだしも長年見守ってきたメインキャラでその扱いは個人的にタブーですね。
あと、その「見返り」が作者の中でしか理解できない(読者に伝わりにくい)ものであったりすると意見が分かれそうですね。

| ああああ | 2017/09/08 22:59 | URL |

興味深い記事だったのでコメントさせていただきます。

私はストーリーに納得できればお気に入りキャラが不幸になってもまったく気にならないタイプです。

ある有名漫画家さんが、インタビューか何かで、
自分はストーリーを先にして、そこにキャラをコマのように当てはめていくやり方が向いている、というようなことを言っておられて、
その話がとても腑に落ちました。

それを読んだ時、自分もフィクションを楽しむ場合、ストーリーありきでキャラが先ではないと気がつかされました。
バッドエンドが気にならない理由はそれかなと。

逆にキャラを優先的に考えているクリエイターや受け手のかたはキャラの動向を重視されるのかなと思いました。

私はキャラの魅力で引っ張る作品にあまり関心がないタイプということになるのかもしれません。
そのタイプの作品にハマった場合、好きなキャラが理不尽に不幸になればさすがに不快になるかもです。

| nagano | 2017/09/08 23:59 | URL |

完結していませんが、好きなキャラが釘バットで頭を粉砕された作品は大好きです。

嫌いになった人もいるはずなので難しい問題ですね。

| 難しい | 2017/09/09 11:35 | URL | ≫ EDIT

>みるんさん

 お久しぶりですー。
 単純に「死ぬ」とかよりも、「変な方向に行く」方が見ててつらいことありますよね。精神的にどうかしちゃうとかもアレですし、好きだった女性キャラが「死刑を免れるためによく分からん男の子どもを妊娠して死刑を回避する」というのを見た時「死ななかったけど!死ななかったけど!」と思ったことがあります。


>Shikiさん
 バトルマンガとかロボットアニメとかだと確かにそうですね。言葉はちょっと悪いですが、「格好よく死ぬ」キャラは幸せなんじゃないかと思ったりします。


 ただ、なんか……ネタバレになるから作品名は書きませんけど、「1時間に1回のペースでメインキャラが格好良く死ぬ」ロボットアニメを観た時は「クドイ!」と思いました(笑)。
 「格好良く死ぬ」のを格好良く観られるのは、一作品でせいぜい一人くらいだろうと。


>俺の大好きなキャラクターがその他大勢のモブと一緒に戦いを見上げているのは許せない。

 僕は割と、この「大好きなキャラが一緒に戦いを見上げている」シチュエーションって好きですね(笑)。
 最終決戦時に、昔に出てきた人気キャラがもう戦っていなくてただ見上げているのを見ると、「コイツはまたちがう人生を歩んでいるんだ」と思えて勇気がもらえるというか。


 (同じ土俵に上がるのはおこがましいにもほどがありますが)漫画描きとして「死なせるキャラは特別なキャラ」というのも、よく分かりますけどね。



>ああああさん(2017/09/08 22:59)
>その「見返り」が作者の中でしか理解できない(読者に伝わりにくい)ものであったりすると意見が分かれそうですね。

 まさに!!!
 監督から「この主人公は最期に笑って死んだんだからハッピーエンドだろう」と言われても、ファンとしては「いやいやいやいや!」ってことがすっごいありますね。アニメ最終回後の炎上って大体このパターンですわ。

 これはもうちょっと分かりやすい切り口で「人によってちがうハッピーエンド」みたいな記事で書いても面白そう。



>naganoさん
 ふむふむ。
 「お気に入りキャラが」と書かれているので、「特にキャラを好きにならない」というワケではなくて、「キャラを好きになるけど不幸になっても~」ということなんですよね。


 記事にも書きましたが、僕は小説や映画なんかは「ストーリー優先」でキャラが不幸になってもバッドエンドでもあまり気にならないんですが(でも「好きな作品」にはならないか……)。

 漫画とかアニメとか、「絵」で見ると三次元以上に二次元に愛着があるのか「不幸にならないで欲しい」って僕は思っちゃうんですね。


 しかし、この「キャラ優先」「ストーリー優先」という分類は分かりやすくて、今後いろんな作品を考えるときに使えそうです。



>難しいさん
 ちょっとお聞きしたいんですけど……

・釘バットで頭を粉砕された(けど)大好き、なのか
 (その結末はつらいけど他が大好きだから我慢できる。欲を言えば、そうならないで欲しかった)

・釘バットで頭を粉砕された(から)大好き、なのか
 (その結末があってこそ大好きでいられる。これがベストな結末だ)


―――が気になります。


 コメントを読んでて気付いたんですけど、好きになったキャラが「悪役」だった場合、最後に敗れて罪を償う展開は「不幸」ではあるけど「この結末で良かった」と私も思うかもですね。

 何にも悪いことをしていない善良なキャラが頭を粉砕されたら、特に女性キャラだったら「うわあああああああ!」ってなっちゃうでしょうが。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/09/11 01:39 | URL | ≫ EDIT

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
初めてコメントを書くのですが、このテーマにまさしく合う作品があるため、どうしても書きたくなりました!
日本を代表するアニメシリーズで、戦争もの、月に関係する話です。
ヒロインに該当するキャラクター以外、ほとんどの人が幸せになる中で、本当にそのキャラクターだけが幸せになれずエンディングを迎えます。
総監督は、その人が天才と認める音楽担当者とキャラクターデザイナー担当者に聞いて、そのエンディングでいいかと確認したところ、賛同を得たということが理由だそうですが、今でも納得がいかない!
ですが、それ以外の全てが100点満点のストーリーであり、そのアニメシリーズの全ての中で断トツにNo.1のお気に入り作品です。
ヒロインは最初から不幸な境遇になり、その子だけが現実的な行動で頑張り、主人公とも良い感じになる描写があり、姉からもその関係を認められる描写まであったのに…
でも、製作者からの「こんなラストは予見出来なかっただろう」というような嫌な印象はないんです。
仕方ないような、それが人間味なのか、分かりませんが、
ちなみに、小説版ではラストのその後が書かれてて、めでたくハッピーエンドになるそうです。
やっぱりみんなそう思ってるんだよねと思って、心から救われた気がしました。
小説は読んではいませんが、そのような未来が待ってるということが、作品の補完となり、不幸なラストに耐えられる要因になったのかもしれません。
でも好きなキャラが不幸なラストになるストーリーでもみんなから認められる最大の要因となるものは、きっと、「そのキャラクターをスタッフ皆本当に大事に思ってたかどうか」に起因すると思います。
故に、ヒロインが惨殺されるようなラスト若しくはストーリーは、「こんな話を思い付く私は凄いな!」という自慰行為でしかないと、私は思います。

| 金魚 | 2017/09/11 20:38 | URL |

ブログ更新お疲れ様です。記事を読んで自分はどうなのか考えてみたのですが、そもそも、自分は物語を最後まで楽しんだ作品の多さの順がゲーム>映画>アニメ>漫画な感じ(小説はほとんど最後まで読んだことがない)な上に刺激の強い話を避ける傾向にあるので、ラストに後味の悪い話に当たったことがあまりないということに気づきました。

楽しんでる作品の幅が狭い人間の意見ではあるのですが、キャラクターの死の描き方ってその作者にとって読者を刺すナイフのようなものだと思うので自分は注目しています。うまい具合に読者の心に刺さればプラスにしろマイナスにしろ強く印象に残るけど、安易に刺しまくってしまえば読者が離れてしまう・・。良くも悪くも作者の信念や個性が現れる表現なので、その描き方でこの作品は自分に合うかどうかを判断することがよくあります。

やまなしさんの視聴したバラバラ死体のアニメの場合は、(なんの作品か分からないので想像ですが)ずっと作者がナイフを隠していて、最後の最後でやまなしさんをめった刺しにした感じに思えて、記事を読んでて「なんてドSな作者さんなんだ」と思いました(笑)読者にとって苦手とする信念や個性を作者さんが武器にしていて、よりにもよって物語の一番最後にそれをつかって襲ってきたらどうしようもないですよね・・・・。

あと、完全に主題から逸れてしまうのですが、自分は作者が途中で変わってしまうことでキャラクターの描き方が変わるのが一番辛いです。それこそキャラが殺された、不幸になったと強く感じます。逆にいうと作者の変更なく物語が終わった上で、好きなキャラが不幸になったなら、程度にもよりますが「この作者は自分には合わなかったんだ」と諦めることができるような気がします。

悲しいことに秋からのアニメで自分の好きだったあるアイドルアニメが監督・作画担当の方変更で2期開始されるので今から辛い気持ちになっています・・・・。

| yatarou | 2017/09/12 06:47 | URL |

こういう場合は脳内妄想で補完します。
本編の世界線では悲劇的な最後を迎えてしまったけど、もしあそこでああじゃなくてこうしていたら、救われて幸せな人生を歩めたろうし、きっとそんな世界線もあるよな。と思うことで乗り切ります。
マルチエンディング式のADVや、ループ物、平行世界物みたいな感じで捉えるみたいなイメージです。

| あさひな | 2017/09/12 19:17 | URL | ≫ EDIT

管理人様

殺されたキャラクターは序盤に登場し、絶望的な世界で仲間を励まし未来への希望を残し、
幾多の死亡フラグを乗り越えましたが、最後は釘バットで撲殺されました。

死んでほしくなかった、幸せになってほしかった(作中でそんなシーンが描かれる)のですが、
殺害者への恐怖と絶望感がすざましく、死亡時のセリフに涙し、
主人公の苦悩と新たな決意と展開を考えると無駄では無かったと思うと……

>(その結末はつらいけど他が大好きだから我慢できる。欲を言えば、そうならないで欲しかった)
>(その結末があってこそ大好きでいられる。これがベストな結末だ)
両方、になります。

| 難しい | 2017/09/12 19:35 | URL | ≫ EDIT

>金魚さん

 恐らく、僕も大好きな作品ですし、大好きなヒロインですね……

 しかし、僕はその作品の最終回を「そのヒロインが不幸になって終わった」とは思っていませんでした。金魚さんのコメントを読んで初めて「言われてみれば!」と気づいたくらいです(笑)。

 それは多分、僕がそのヒロインの生きる力というか、その後の人生も力強く生きていくであろうことを確信していたからで―――
 金魚さんのおっしゃる「そのキャラクターをスタッフ皆本当に大事に思ってたかどうか」に通じるのかも知れませんが、そのラストに至るまでのそのキャラクターの描き方によるのかもなぁと思いました。



>yatarouさん
 でも、恐らくyatarouさん世代のゲーム……スーファミのRPGなんかは「後味の悪いラスト」の作品が結構多かったんじゃないかと思います。「親友と恋人に裏切られた主人公がすべてを滅ぼしてラスボスになる」とか「ラスボスを倒して故郷の町に帰ったら、唐突に親友が殺されて終わる」とか。

 ただ、RPGってあまり「後味が悪かったなー」と感じにくいメディアだとは僕も思うんですよね。『ドラクエV』とか実写映画化したら恐らくつらくてつらくて直視できないストーリーだと思うのですが、RPGだから耐えられるというか。


>最後の最後でやまなしさんをめった刺しにした感じに思えて、記事を読んでて「なんてドSな作者さんなんだ」と思いました(笑)

 そのヒロインのことではないのですが、この記事を書いた後にその作者さんの制作裏話みたいなコーナーを読んだら「セオリーを壊したかった」「読んでいる人の予想を裏切りたかった」と書いていて、確かにその通りになったけどさ!この人の掌の上で転がされまくったけどさ!と思いました(笑)。

 でもまぁ、フォローしますとトータルでは本当にすごい面白い作品だと思いますし、この「冷徹にストーリーを管理する非情さ」は学ばなければなぁと思います。


>あと、完全に主題から逸れてしまうのですが、自分は作者が途中で変わってしまうことでキャラクターの描き方が変わるのが一番辛いです。

 これは確かに……
 アイドルアニメに関しては「これが成功すれば今後も上手くいきつづける」転機になると思うのですが、今の時期は不安ですよね。

 作者交代に似た話だと、小説・漫画のアニメ化・映画化に対する不安なんかもありますね。原作漫画で好きだったキャラが、アニメ化で変な要素足されてる!みたいな。



>あさひなさん
 そうか……
 同人誌とかでパラレルな展開を描く人はそういう動機もあるんですね。「死んだキャラが生きていた話」とまではいかなくても、「好きなヒロインが主人公と結ばれたifの話」を描く人はたくさんいますし。

 ロボットアニメの場合は「スパロボに参戦して救ってほしい!」と言う人も多くて、プレイヤーのやり方次第で、原作では死んでしまったキャラを救えるというifに人気があったのでしょうし。
 実際僕も、初期ガンダムシリーズの傷は『スパロボ』で癒された気がします。「あぁ、そう言えばあのキャラって原作だと死ぬんだっけ」くらいの(笑)



>難しいさん
 なるほど!
 その作品が何かは分からないのですが(ネタバレを避けるためには絶妙な説明で感謝です)、すごい納得がいきました。

 大好きなキャラだったからこそ、その死は悲しいのだけど、その重さと衝撃をもってその作品に血を通わす―――確かに自分の大好きな数々の作品にも、そういうキャラがいて、だからこそ自分はその作品を大好きだって言えるものがたくさんありましたわ。


 結局のところ、「その不幸を作品がどう描くのか・活かすのか」次第でどっちにでもなるというか。そこで読者・視聴者に納得をさせられるかが作品の力なんだなぁと思いました。

| やまなしレイ(管理人) | 2017/09/13 00:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2324-38d8d043

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT