やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年9月の活動報告

 しばらく悩んでいましたが……決めました!
 10月からYoutube Liveで始める『俺の屍を越えてゆけ』の実況配信ですが、「毎日配信」をベースに行こうと思います。野球のクライマックスシリーズ(10/14~23)、日本シリーズ(10/28~11/5)、サッカー日本代表の試合(10/6、10/10)、キングオブコントの決勝(10/1)、その他私が観たい番組やら配信やらがある日はそちらを優先して休みますし、他にしたい配信がある時はそっちをすることもあるでしょうし、始めてから休む曜日とかを決めていくかも知れませんが……基本的には「毎日ペース」で行きます。「やる日」の告知は前日にブログでお知らせします。


 ぶっちゃけた話をすると、Youtube Liveでの配信なら「一人でゲームする」のも「実況配信する」のも私の労力としてはほとんど変わらないのです。

 昨年の3月からニコ生で様々なゲームに挑戦してきましたけど、RPGとかSLGみたいな時間のかかるジャンルはなかなか挑戦する余裕がなくて……唯一プレイした『ロマサガ』は週2回の配信で5ヶ月間かかりましたからね。それでもクリアタイム30時間くらいだったはずなので、RPGとしては長くないソフトだったんです。
 今後RPGやSLGを実況していくのなら、野球のオフシーズン限定で「毎日」ペースで配信するのもアリかなぁと思うんですね。このペースで上手くいくなら挑戦できるソフトの選択肢がグンと広がりますから。あくまでRPGやSLG限定なので、『俺屍』の次はまた週1配信に戻るかも知れませんが。




<2017年9月の購入金額>
2017-9-1.jpg

 新PC購入のため節約期間中です。
 メディアマーカーを始めたばかりの昨年の序盤に「1ヶ月に娯楽に使うお金は平均13000円だった」と書いたことがあったので、「本来使う額の13000円-実際に使った3007円=節約したお金9993円」と計算していって、この合計+既にPC用の予算として用意してある10万円とプラスして、購入価格に届いたら新PC購入に踏み切ろうと思います。

 狙っているモデルは16万円くらいなので、あと大体5万円くらいですかね。
 ヨユーですよ、ヨユー。来月から1円も使わなければ4ヶ月で貯まりますよ!




<2017年9月の購入本数>
◇ 本・雑誌(電子書籍も含む):4冊
 紙の本:0冊
 電子書籍:3冊
 電子書籍(無料の本):1冊

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):4本
 パッケージソフト(ダウンロード版含む):0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):1本
 ダウンロード専売のゲーム:2本
 スマートデバイス用ゲーム:1本

 それでも新刊は発売されるし、新しいゲームは発売される……
 セールは極力スルーするようにしているのですが、応援のために買わなきゃいけない本やダウンロードゲームもあるので出費を0円にするのはなかなか難しいですね。



<2017年9月の読了数>
2017-9-2.jpg
◇ 本・漫画・雑誌(電子書籍も含む):27冊(再読7冊)
 紙の本:0冊(再読0冊)
 自炊した本:3冊(再読0冊)
 電子書籍:24冊(再読7冊)

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):4本
 パッケージソフト(のダウンロード版含む):0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):1本
 ダウンロード専売のゲーム:3本
 スマートデバイス用ゲーム:0本

<積み電子書籍:漫画197冊、小説23冊、その他3冊
 → 積み電子書籍の合計は現在223冊です>
<積みゲー:Switchが1本、Wii U&Wiiが21本+6本、3DS&DSが14本+3本、PSが6本、PCが7本、アプリが3本→ 積みゲーの合計は現在61本です>


 節約期間中ということもあって、買うのは少ないけど読むペースは変わらないため「積み電子書籍」は前月の236冊から13冊減って223冊になりました。思ったより減っていない!
 ゲームに関しては、前月の61本から横ばいのまま61本でした。これが50本を切ったら福袋を買おうと思っているのだけど、一向に切りませんね……来月からは『俺屍』以外のゲームをやる時間がなくなるだろうし、ますます減りそうにない!YABAI!

 秋はNintendo Switchダウンロードソフトで面白そうなゲームが次々と発売予定で、どうなってしまうのだろうかこれは……



【今月のピックアップ】
天空城殺人事件: ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。~ (N-angou文庫)
天空城殺人事件: ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。~ (N-angou文庫)

 今月のピックアップは、KDPで発行されているミステリー小説『天空城殺人事件: ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。~』です。
 元々、著者がライトノベルレーベルの編集者が付いていた頃に書いた作品らしいのですが、そのまま世に出ることもなく眠らされていたところ、電子書籍として発売されることになったそうです。私は購入して読んだのですが、キンドルオーナーライブラリーやキンドルアンリミテッドでも読めるはずです。

 内容は……タイトルからも分かるように、『ドラクエ』風のRPG的な世界観の中で行われる推理小説です。
 魔王討伐のために、勇者は「法術師」「魔導師」「戦士」「格闘家」「鑑定士」「盗賊家」「魔物使い」と各職業のトップクラスの人間を1人ずつ世界中から呼び寄せて天空城に集めます。職業を『ドラクエ』風に分かりやすく言うと、「法術師=僧侶」「魔導師=魔法使い」「戦士」「格闘家=武闘家」「鑑定士=商人」「盗賊家=盗賊」「魔物使い」といったカンジで、それぞれの職業が装備できる武器防具や使える魔法は『ドラクエ3~5』あたりの職業をイメージすれば分かりやすいと思われます。

 しかし、勇者とともに魔王討伐の旅に出られるのは3人です。
 勇者以外の3人は選抜試験によって7人の中から「誰が勇者とともに魔王討伐の旅に出るのか」を選ばれるのですが―――その天空城において次々と事件が起こります。犯人は一体誰なのか。容疑者は「勇者」「法術師」「魔導師」「戦士」「格闘家」「鑑定士」「盗賊家」「魔物使い」のトップクラスと、そして一人の「使用人」。


 魔法が普通に使えるこの世界観において、容疑者をしぼりこむ物証は「装備制限」です。
 『ドラクエ』と同じように、この世界では「戦士はあらゆる武器を装備できる」が「格闘家=武闘家は武器を装備できない」といった決まりがあります。それを使い、「この傷は鋭いナイフで付けられたようだから、犯人はナイフや槍を装備できる職業の人だ!」といったようにしぼりこんでいくのです。

 普通の推理小説ではないその思考が楽しく、キャラクターも魅力的です。
 ブログによるとこの作品の続編も現在製作中だそうですし、同じ作者のキンドル本も何冊か出ているみたいなので全部読んでみようと思うくらいに面白かったです。『ドラクエ』と推理モノ、両方が好きな人にオススメです!



<2017年9月のブログ>
【創作】
「セックスしないと出られない部屋」というシチュエーションの面白さを語りたい

【アニメ】
自分が期待している2017年の秋アニメラインナップ
アニメ『プリンセス・プリンシパル』各話感想メモまとめ(1話~最終話)

【ゲーム】
何故、人は「無課金」アピールをしてしまうのか
対戦ゲームのキャラの強さは均等であるべきか
『トガビトノセンリツ』紹介/ゲームの腕は要らない、必要なのは“覚悟”だ!
これから発売されるNintendo Switch用ダウンロードソフトをまとめました
これから発売されるかも知れないし、されないかも知れないNintendo Switch用ダウンロードソフトをまとめました
オンライン対戦の実装は本当に幸せなことなのか?

【ゲーム実況】
Nintendo Switchダウンロードソフト実況プレイ告知用の記事
ニコ生最終回の告知記事

【その他】
「好きなキャラが不幸になるラスト」に耐えられますか
「どうしてお姫様はさらわれるのか」問題と、「思ったよりお姫様さらわれないな」問題


 今月のTwitterでの告知ツイートの「RT数1位」はこちら。

 次に、「付いたコメント数1位」は――――
 対戦ゲームのキャラの強さは均等であるべきかでした。
 付いたコメント数は13。

 続いて、「はてなブックマーク数1位」は――――
 対戦ゲームのキャラの強さは均等であるべきかでした。
 付いたブックマーク数は27。

 そして、堂々のアクセス数1位は――――
 対戦ゲームのキャラの強さは均等であるべきかでしたっ!

 四冠達成。
 ということで……いい機会なので、長く続けてきた「今月のアクセス数トップ」の発表ですが今月を持って終了とします。

 集計方法を4つに分けることで面白いことが分かるかな?と思ったのですが、分かったのは「はてブが付く」か「Twitterでバズる」かしないとアクセス数は増えないという夢も希望もない現実で、「はてブが付く記事を書こう」「Twitterでバズる記事を書こう」を目指すと自然と“議論”を呼ぶ記事を書くことになって、“議論”を呼ぶ記事というのは基本的に「敵」を生むんですね。「味方」も生むかも知れませんが、私のことを憎んでそれ以降ずっと粘着して嫌がらせしてくるような「敵」も生むんです。

 私はもう、それに疲れました。
 アクセス数を調べると、アクセス数のために記事を書かなければと思ってしまうのだけど、そういう記事を書いても「味方」は見えずに「敵」ばかり目立つ―――この道を進み続けても私に得はないと今月は思い知ったので、もう辞めます。記事ごとに付けていたアクセス解析ももう付けません。


 今後は「敵」を作らない、みんなが喜ぶ記事を書いていけたらイイですね。
 日々の生活情報とか。



<2017年9月の創作活動報告>
・電子書籍用新作漫画番外編1、完成
・現在は電子書籍用の様々なページを作っています
・9月のカラー絵練習はiPad Proで描く練習でベアト描きました

 電子書籍はいよいよゴールが見えてきました。
 現在は「あとがき」とか「目次」とか「幕間のページ」とか「表紙」とかを作っている時間で、これが終わればいよいよ完成です!

 が、今回は「オンデマンド印刷版」も用意する予定なので、電子書籍版が完成しても発行するのはもうちょっと先になりそう。



 カラー絵練習は、背景を描くのを辞めてiPad Proから「素早くカラー絵を描く」練習にしました。「紙に鉛筆で描いて、ペン入れをして、消しゴムをかけて、PCにスキャンして、クリップスタジオで彩色する」というのが一番丁寧に仕上がるのですが、時間がベラボウにかかるので……本気の絵と、気軽に描けるラクガキとを分けて。普段はラクガキ、たまに本気の絵を描くくらいでちょうどイイのかなぁと思っています。

 来月はiPad Proだけで簡単な漫画でも描いてみるかなぁ。

| ひび雑記 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2334-ec106bf5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT