やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゲーム実況の際の、ネタバレのガイドラインを決めました

 これは「私の配信では」という話なんで、「他の人の配信もこうだ」とか「こうするべきだ」って話じゃないですよ。


 平昌オリンピックで中断している『俺の屍を越えてゆけ』のゲーム実況ですが、今週末から再開して今月中にはクリアしたいなと思っています。
 3月には「3月の間に挑戦しないと意味がなくなってしまうソフト」があるのでそちらを実況する予定で、4月には「4月の間に挑戦しないと意味がなくなってしまうソフト」があるのでそちらを実況する予定で、夏にはバレンタインデーのプレゼントでもらった『Dの食卓』と『バイオハザード』をプレイする予定です。

 3月・4月に挑戦するソフトはまだナイショですけど、『Dの食卓』と『バイオハザード』を合わせたこの4本……ちょっと「謎解き要素」の強いゲームだと思うんですね。「○○に行って××をすると△△が手に入るので、◇◇まで戻って△△を使うと道が開ける」みたいな――――

 こういうソフトは「良かれと思って」攻略情報を書きこまれると台無しになりかねないので、生放送中のチャットや、動画やブログのコメント欄に対して、しっかりと「ネタバレのガイドライン」を作っておこうと思います。


【チャットやコメントのガイドライン】
・そのゲームをプレイしたことがない人&解法を知らない人が「こうしてみたらどうでしょう?」と提案してくるのは大歓迎です。どんどん書きこんでください。
・そのゲームを既にやりこんでいる人&解法を知っている人は「そこはこうすると先に進めますよ」といった“正解”は書きこまないでください。それで先に進めなかったり、ゲームオーバーになったりしても、それが「ありのままのプレイ」なのです。





 私が2年前にゲーム実況を始めた理由はいくつもあるのですが、その一つに「子どもの頃は友達の家に集まってみんなで遊んでいたからゲームが楽しかったけど、大人になってそういうことが出来なくなったからゲームがつまらなくなった」という意見に対する反抗心がありました。

 インターネットがある現代なら、世界中の人と一緒にゲームを遊ぶことが出来るじゃないか―――と。
 私の配信を観てくださっている人には、東北にお住まいの方も、九州にお住まいの方もいらっしゃいます。神奈川県の私の自宅に遊びに来るのが難しいような人も、生配信のゲーム実況なら「友達の家にみんなで集まって遊んでいるように」一緒にゲームを楽しめるんです。


 「友達の家にみんなで集まって遊んでいるように」が理想ですから、「さっきのとここうしたら?」とか「○○を××で使うんじゃないの?」みたいに提案をしてくださるのは大歓迎です。実際、『ゼルダ』だって『ロマサガ』だって『リンクの冒険』だって、自分一人だったらクリアできなかったと思いますし、「みんなの力でクリアした」と私は思っていますからね。必ずしも私一人の力でのクリアを目指しているワケではありません。

 ただ、「正解」を知りたいワケじゃないんですよ。
 みんなで「ここはこうしたら?」「あれを試してみたら?」とあーだこーだ考えながらプレイしたいのであって、そのゲームを以前にクリアして正解を知っているという人に「そこはこうするのが正解だよ」と教えてほしいワケじゃないんです。攻略本とか攻略サイトで調べたりとかしても、教えないでください。



 これをハッキリと明文化してこなかったことで今までゴタゴタもありましたから、しっかりとブログにもYoutubeにも書いておこうと思います。

 どうして私は「ゲームの攻略サイト」を読みたくないのか

 この記事も大事。
 “正解”を知っている人からすると「いつまでも“正解”に気づかないで進めないプレイ」を見せられることにイライラするかも知れませんが、それが「ゲームが下手な人のプレイをありのまま流す」ということなのです。だから、配信タイトルにも「ゲームが下手な人」という看板を戻しました。
 イライラするのに耐えられなかったら観るのをやめてくださって結構ですし、「ゲームが下手な人」が見ている世界というのはそういうものなのです。基本、“正解”に気づかないで何時間も進めなくなるし、1つの面で何十回とコンティニューさせられるし、やることなすこと裏目に出るし、俺達はいつもイライラしながらゲームをしているんだっ!


Dの食卓  【3DO】Dの食卓 【3DO】

ワープ 1995-04-01
売り上げランキング : 48151

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 そうそう。
 コメント欄への返信でしか書いていないことなので、この機会に書いておこうと思うのですが……私がゲーム実況をする際、「説明書」を読まずにゲームを始めているのはわざとですからね。「実況始める前に読んでおけよ!」みたいに言われることもあるんですけど、狙いがあってそうしているのです。


 ゲーム実況は、「やまなしが遊んでいたこのゲーム、自分も遊んでみようかな」という宣伝になればイイなと思ってやっています。ゲームという作品を使わせていただいているのだから、“作品”への還元をしなければならないだろうと。

 だから、基本的には「そのゲームを遊んだことがない人に向けて」実況しているんです。
 「そのゲームを遊んだことがない人」は「説明書も読んだことがない」でしょう。私が先に説明書を読みこんでおいて、突然の大技を繰り出したらワケが分からなくなってしまうと思うんですね。なので、必ず「説明書を読まずにゲームを始める」ことにして、それで先に進めなかったら「配信の中で説明書を読む」ことにしています。バーチャルコンソールのゲームなら説明書を画面に映して一緒に読むようにしているし、そうでない紙の説明書でもなるべく声に出して読むことを心がけています。



 「既にそのゲームをやりこんでいる人」からすれば、説明書に書いてあることを読み上げる時間がもったいないと思われるかも知れませんが……「ゲームが下手な人のプレイ」ですからね。効率よく進むわけがないことをご了承ください。


Dの食卓Dの食卓

アクレイムジャパン 1995-07-28
売り上げランキング : 16915

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 んで、ついでに書いておこうと思ったことです。
 『俺屍』の配信が無事に終わったら、毎日配信ではなくなるので時間的な余裕もできますし……「生配信」だけでなく「動画」も作ってアップしていこうかなと思っています。


 「生配信」を全部観ようとすると何十時間という莫大な時間がかかってしまうので「どうせ全部は観られないんだから最初から見なくてイイや」という人が大多数だと思うんですね。ブログは読んでいるけど、配信は観ていないって人!怒らないから正直に手を挙げなさい!

 「友達の家にみんなで集まって遊んでいるように」を目指しているのだから、別に「生配信」は限られた人だけが観るのでもイイと思いますし、「生配信」をやめるワケではないんですけど……時間のない人でも観やすい「動画」も作って、「生配信は観る時間がないけど動画なら短い時間で観られるからこっちだけでも観よう」という需要に応えられるかなと。



 あと、個人的なビジョンとして、去年は「カラーイラスト」にスキルポイントを重点的に割り振っていたのを、今年は「動画作成」にスキルポイントを割り振っていきたいなと思ったというのもあります。動画を作れるようになっておけば、それこそ自作の漫画や小説のPVを自分で作ったりしてもイイワケですしね。

 そういうのをやるのは新PCを購入してからかなと思っていましたが、ちっともお金が貯まりそうにないので今のへっぽこPCででもできる範囲でやっていこうと思います。


Dの食卓 COMPLETE GRAPHICS PlayStation the BestDの食卓 COMPLETE GRAPHICS PlayStation the Best

アクレイムジャパン 1995-12-01
売り上げランキング : 33520

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム実況 | 17:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「知らなくてもクリアできるけど、知ってると進めるのが楽になる、しかも説明書にちゃんと載ってる事」を教えるのはネタバレになるのでしょうか・・・?

やまなしさんがクリア済みの「MOTHER2」は、
人に話しかけるとき:人の方を向く→Aボタンでメニューを開く→「はなす」を選択
物を調べるとき:物の方を向く→Aボタンでメニューを開く→「チェック」を選択
が標準の操作ですが、
じつはLボタンが「対象にむかって押すだけで、それが人なら話しかけるし、それが物ならチェックする」という、いわゆる「便利ボタン」なのです。
この操作はゲーム内で教わることはないですが、説明書には載っています。

自分は「MOTHER2」の初見プレイ動画で「Aボタンでメニューを……」をしている人を見ると
「会話やチェックはLボタンを使うとスムーズですよー」って教えちゃうんですけど、そういうのも嫌ですか?

| ああああ | 2018/02/21 20:13 | URL |

ブログは読んでいるけど生配信は時間がかかりすぎて見ていないので、飛ばし飛ばしでも観られる動画は楽しみです!

| ああああ | 2018/02/21 20:32 | URL |

>ああああさん(2018/02/21 20:13)

 「説明書」と言っても様々な説明書があるので一概には言えませんけど、「それくらいなら怒りはしない」けど「なるべくなら教えないでほしい」ってカンジですかね。


 例えば『リンクの冒険』の配信をした際、私は説明書に書いてある「とあるアイテムの使い方」に気づかずに1時間くらい進めなくなっちゃったことがあるんですよ。
 1時間くらい「どこに行けばイイのかさっぱり分からないー!」とウダウダして、ふとボタンを押したらそのアイテムで予想外なことが起きて

やまなし「何これ!なんでこんなことが起こるの!?」
コメント「それ、説明書に書いてありましたよwww」
やまなし「はーーーーっ!?キミら、それを知っててずっとニヤニヤ見てたの!?」

 ということがあったんですけど……
 『リンクの冒険』の配信で一番盛り上がったの、そこなんですよ。みんなが当たり前にできることがなかなかできない「ゲームが下手な人」がようやくできた瞬間にカタルシスがあるんです。

 まぁ、あまり言いすぎると「わざと下手なプレイしてるの?」と思われそうなんでアレなんですけど(笑)、「知らない」からそういうことが起こるワケで。
 そこで「やまなしさん、そこはあのアイテムを使うんですよ」と教えてくれちゃう人が一人でもいたら、そういう面白は起こらなかったんです。


 言うなれば「ボケ潰し」というか……
 面白ハプニングがなくなっちゃったら、私の配信なんて「ただの上手くないゲームプレイ」ですからね。



>ああああさん(2018/02/21 20:32)
 ありがとうございます!
 動画は、まさに時間のない人にも楽しめるものを目指すつもりなので期待していてください!

| やまなしレイ(管理人) | 2018/02/22 23:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2393-f562c035

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT