やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年3月の活動報告

 自宅にインターネット回線が通っていない友達と話していたら、最近のスマホゲームは通信対戦なんかで通信量が多いらしくて、月ごとに使える通信量のギリギリになってしまうので無駄な通信ができないとか……なので、Youtubeの動画を観たい時はネットカフェに行くという話を聞いて、衝撃を受けました。

 自宅にインターネット回線がないと、世界はそういう見え方をするのか……と。 



<2018年3月の購入金額>
2018-3-1.jpg

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなるゲーム」でオススメされたものを(他機種で買えるもの以外)全て購入したところ、案の定13000円の予算を越えてしまいました。その差額をどう埋めるのかを考えた結果、新PCのための積立金から出すことにします。
 先月までに貯まっていたのは125577円で、ここからオーバーした1481円を引いて、ニコニコのプレミアム会員をやめて浮いた540円+Amazonプライム会員をやめて浮いた325円(年会費を1ヶ月ごとに割った額)を足して……現在までに124961円貯まりました!減っとる!

 マウスコンピュータで「以前の記事で最低限これくらいは必要だよと教えてもらったスペックのPC」を見積もったら、税込168912円だったので、残り43951円です!
 見積もるたびに価格が上がっているような気がするのは気のせいだろうか。どうも「以前の記事で最低限これくらいは必要だよと教えてもらったスペックのPC」の記憶が曖昧なのです。そのくらい時間が経ってしまったので。普通PCって1年も経ったら安くなりますよねぇ……



<2018年3月の購入本数>
◇ 本・雑誌(電子書籍も含む):13冊
 紙の本:0冊
 電子書籍:13冊
 電子書籍(無料の本):0冊
 プレゼントでもらった:0冊

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):12本
 パッケージソフト(ダウンロード版含む):0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):8本
 ダウンロード専売のゲーム:4本
 スマートデバイス用ゲーム:0本
 プレゼントでもらった:0本

 電子書籍は13冊、ゲームは12本ですが……前者はセールになっているものだったのに対して、後者は買えなくなる直前に駆け込みで買ったものなので、価格差は倍以上!
 こう見ると、Wiiに「セールの機能がなかった」のが痛いなーなんて思ったりします。セールばっかりやるのもメーカーの利益としてはアレなんですけど、消費者にとってはセールって「買い逃していたものを買う機会」になりますからね。




<2018年3月の読了数>
2018-3-2.jpg

◇ 本・漫画・雑誌(電子書籍も含む):24冊(再読8冊)
 紙の本:16冊(再読6冊)
 自炊した本:3冊(再読2冊)
 電子書籍:5冊(再読0冊)

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):8本
 パッケージソフト(のダウンロード版含む):0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):2本
 ダウンロード専売のゲーム:6本
 スマートデバイス用ゲーム:0本

 本の読了は、バレンタインでもらったものが中心。
 『少女ファイト』は長い間6巻までしか読んでいなかったのを、最新刊の14巻まで一気に読んで追いついたのが嬉しかったです。早く続きが読みたい!覚えている内に!(笑)

 ゲームは、ダウンロードソフトを次々とクリアしていって消化率はかなり高め……と言いたいのだけど、それ以上に「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなるゲーム」を大量に購入したので積みゲーは増えているという。崩しては積んで、崩しては積んで……賽の河原か、ここは!



<2018年2月の積み>
【紙の本】
・漫画:所有786冊、未読47冊
・小説:所有17冊、未読3冊
・その他:所有11冊、未読0冊
→ 積み本(紙)合計:50冊<先月:63冊>
【自炊済】
・漫画:所有208冊、未チェック47冊
・小説:所有16冊、未チェック5冊
・その他:所有26冊、未チェック2冊(+2冊)
→ 自炊の未チェック合計:54冊(+2冊)<先月:0冊(+2冊)>
【電子書籍】
・漫画:所有688冊、未読199冊
・小説:所有80冊、未読34冊
・その他:所有30冊、未読3冊
→ 積み電子書籍合計:236冊<先月:228冊>

【Nintendo Switch】
・所有14本、未起動3本
【Wii U】
・所有24本、未起動3本
【Wii】
・所有60本、未起動13本、未クリア&未ギブアップ3本
【ゲームキューブ】
・所有2本、未起動1本、未クリア&未ギブアップ1本
【スーパーファミコン】
・所有26本、未起動9本
【ファミリーコンピュータ】
・所有34本、未起動2本
【ニンテンドー3DS】
・所有64本、未起動6本、未クリア&未ギブアップ2本
【ニンテンドーDS】
・所有36本、未起動1本
【ゲームボーイアドバンス】
・所有4本、未起動2本
【ゲームボーイ(カラー)】
・所有17本、未起動4本
【プレイステーション】
・所有41本、未起動8本
【ドリームキャスト】
・所有12本、未起動12本
【セガサターン】
・所有14本、未起動9本、未クリア&未ギブアップ5本
【メガドライブ】
・所有1本、未クリア&未ギブアップ1本
【PCエンジン】
・所有10本、未起動2本、未クリア&未ギブアップ2本
【アーケード】
・所有4本、未クリア&未ギブアップ3本
【スマートデバイス】
・所有114本、未起動3本
【PCゲーム】
・所有23本、未起動12本
→ 未起動94本、未クリア&未ギブアップ13本
→ 積みゲーの合計は107本<先月:104本>

 紙の本を大量に自炊したので、トータルの積み本は増えました。
 しかし、それ以上に驚くのは「所有数」ですよ。現在の私が持っている「紙の本」は814冊で、「電子書籍」は798冊です。「紙の本」は次々と自炊してデジタル化しているからこの流れは当然なんですが、そろそろ「電子書籍」の所有数が「紙の本」を抜くのです。「電子書籍」は導入してまだ5年とかなんですけどね。



<今月のゲームプレイ日記>
takesi.jpg
<画像はWiiバーチャルコンソール版『たけしの挑戦状』より引用>

 今月、実況プレイで挑戦していたのはファミコンの『たけしの挑戦状』でした。
 『スペランカー』同様、「名前は知っているけど遊んだことはないゲーム」だったのでいつか遊びたいとずっと思っていました。Wiiショッピングチャンネルで買えるうちに買っておいて良かった!破天荒なゲームをノーヒントでクリアするために、破天荒な思いつきで攻略していくのは楽しかったです。なんのこっちゃという人は、ログを残しているので観てね!

 最終的には「攻略サイト」だったりを駆使してのプレイになってしまいましたが、私自身はこのゲームそんなに嫌いじゃないんですね。
 生配信中にも言いましたけど「こんなん分かるかボケエ!」という攻略法が必要なゲームなら1984年の『ドルアーガの塔』だってそうですし、2008年の『428』に対して「真のエンディングに向かうルートを見つけるのが難しすぎる」と書いたら「攻略サイトを使いたくないとか小さなプライドをひけらかすオマエが悪い」とむっちゃ叩かれたことがありますし、「自力では攻略法が分かるわけがないからクソゲー」だと言うのならそうした名作ゲーム達もクソゲーということになってしまいます。

 時間があったら「どうして『たけしの挑戦状』はクソゲーなのか」という別記事にして書いてもイイのですが……
 『たけしの挑戦状』で理不尽なところは、他のゲームだったら中盤以降に来るであろう「自力では攻略法が分かるわけがない」箇所が前半にあるところと、シューティング面の難易度くらいだと思うので。「カラオケの機械が壊れていない」ようにして、「シューティング面で弾を連射できる」ようにしてあったら、そこまで悪いゲームじゃないと私は思います。

 まぁ、現代文の授業としては「もし○○だったら、そこまで悪いゲームではない」ということは、「実際には○○ではないので悪いゲームだ」と言えてしまうんですけど(笑)。理不尽なゲームに挑みたい人にはオススメです!

→ クリア!(色々とアレな手は使いましたが…)



stardew_20180329173544529.jpg
<画像はNintendo Switch版『Stardew Valley』より引用>

 1月からプレイしていた『Stardew Valley』は、公民館に全てのアイテムを捧げたところで「クリア」扱いにして終わりにしました。遊ぼうと思えば、まだまだ遊べる要素はあるんですけどね。キリがなかったので。
 次から次へと新しいことができるようになるのが面白いゲームなんですが、流石に「温室」ができてから新しいことが起きなくなったというか……「温室」で山ほどホップを作って、片っ端からお酒に加工して、出荷したら、お金が余りまくってしまって、飽きてしまったところはあります。何でも買えるくらいの富豪になると、世の中がつまんなく見えるというのはこういうことか!

 また、「公民館に捧げるアイテム」の最後の1つがどうしても見つからなくて攻略サイトに頼ってしまったのも心残りです。でも、攻略サイトで調べても「そこは多分一生かかっても見つけられなかったわ……」というところにあったので、後悔はないです。
 すっごく長く楽しめたし、すっごく面白いゲームだったんですけど、こういうゲームはどうしても「最後は飽きてやめる」ことになってしまうんですよね。「最後は飽きてやめる」のに抵抗がなければオススメです!

→ クリア!(攻略サイトに頼ったけど……)



spla2.jpg
<画像はNintendo Switchソフト『Splatoon2』より引用>

 『Stardew Valley』が終わったので、『Splatoon2』も3ヶ月ぶりに再開しました!
 『Splatoon2』は1ヶ月に1回「フェス」というイベントがあって、3月3~4日のフェスには間に合わなかったので、4月のフェスに向けてナワバリバトルの練習&サーモンランで稼いで&ガチマッチも再開するぞ!と気合入れていたのですが……その次のフェスが3月24~25日にあって、その日は私出かけなくちゃいけなくて参加できないことが確定したので。

 ということで、また中断してしまっています(笑)。
 4月はフェス開催ないんですかねー。なら、5月のフェスに向けて4月中旬くらいから再開しようかな!1本のゲームをじっくりずっと遊ぶ人にはオススメです!

→ プレイ中断中(何度目だ)



doraribi.jpg
<画像はWiiウェア『ドラキュラ伝説 ReBirth』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った2月分のソフトその2の、『ドラキュラ伝説 ReBirth』もイージーモードでですがクリアしました!

 私は最近のゲームだと思って始めたのですが、ゲームボーイのソフトのリメイクだそうで、「シリーズファンならニヤリと出来る要素が満載」だとか。それをシリーズ1本もやったことのない私に薦めるんじゃないよ!
 イージーモードでも死ぬほど難しかったし、でもセーブ機能がないから連続でクリアしなくちゃいけないから休日の午後をまるまる使ってのプレイになったし、コンティニューしまくりでようやくクリアしてネットを検索したら、イージーモードだとラスボスの真の形態が出てこないとか、実はステージセレクトの隠し機能があるとか知って膝から崩れ落ちました。

 正直なことを言うと……PCエンジンの『ドラキュラX 血の輪廻』と同時に買ったのが失敗でした。あちらはバーチャルコンソールなので価格が安いし、ムービーとかあるし、演出も派手ですし、分岐もあるし、キャラも2人いるし。こちらはそれと比べると、ありとあらゆる点でショボく見えるというか。

 『ドラキュラ』シリーズをコンプリートしたい人にはオススメです!

→ クリア!(ラスボスの真の形態は見てないけど……)



grarebi.jpg
<画像はWiiウェア『グラディウスリバース』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った2月分のソフトその3の、『グラディウスリバース』もベリーイージーモードでクリアしました!どうしてみんな「シリーズファンには嬉しいネタが満載のゲーム!」をシリーズ未経験者に薦めるのかなぁ?

 あまりに難しくて、「敵が弾を撃ってこなくなる」というプレイヤーを小馬鹿にしたような説明のベリーイージーモードに下げてプレイしたのですが、それでもクソ難しかったです。そして、やっとの思いでクリアしたら「このゲームは3周しないと真のエンディングが見られない、2周目に突入できるのはノーマル以上の難易度のみ」と知って膝から崩れ落ちました。膝がボロボロになるわ!

 まぁ、「普通にはクリアできないような下手くそ」であっても、難易度選択やステージセレクトで一応の最後まで遊ばせてもらえたとみることは出来ますが……「真のエンディング以外のエンディング」ってただただ後味が悪いだけだと思うんですけどね。

 3周クリアするくらい腕に自信のある人にはオススメです!

→ クリア!(真のエンディングは見てないけど……)




dorax.jpg
<画像はWiiバーチャルコンソール用『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った2月分のソフトその1の、『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』もやっとの思いでクリアしました。
 このゲームには難易度選択はないのですが、選択できるプレイヤーキャラの性能がちがうのでマリアでのプレイが実質的なイージーモードにあたるみたいです。リヒターとマリアではムービーやエンディングが変わるので、これも言ってしまえばイージーモード(マリアでのプレイ)では真のエンディングは見られないと言えるのかも知れませんが、こっちはそこまで後味が悪くはないですね。

 『ドラキュラ』シリーズは今回の『ReBirth』と『血の輪廻』が初プレイだったのですが、印象としては「超低性能な自機を使って、超機敏に動く大量の敵と戦うゲーム」で、その上「体力回復」や「残機アップ」のアイテムはめったに出ないので、恐ろしく難易度が高いです。
 なるべく自力でクリアしたかったのですが、6面のボスラッシュが鬼だったためにそこで攻略サイトを読んでパターンと対策方法を頭に叩き込んでプレイすることにしました。パターン覚えゲーはこれで劇的に変わるので、そのままエンディングまで進めました。

 レトロゲームの攻略サイトがまだ残っていて良かった!
 「超低性能な自機を使って、超機敏に動く大量の敵と戦うゲーム」が好きな人にはオススメです!

→ クリア!(攻略サイトに頼ったけど……)



golf.jpg
<画像はNintendo Switchソフト『ゴルフストーリー』より引用>

 Nintendo Switchだけで遊べるダウンロードゲーム『ゴルフストーリー』も激闘の末にクリアしました!
 存在を知ってからこのゲームを遊ぶのをずっと楽しみにしていたのですが、「ゴルフ+RPG」という前情報で思っていたのとはずいぶんちがいました。ゴルフゲームが苦手な人でも、RPGの「レベルアップ制度」とか「お金を貯めて装備を整える」とかで補えるとか、『マリオカート』的なズルアイテムが使えるゲームなのかなと思ったのですが……普通のゴルフゲームにストーリーを足しただけというか、ゴルフゲーム部分はズルの出来ないゴルフゲームでした。

 ストーリーはすごく面白かったんですけどね。
 「タイミングを合わせてボタンを押す」のが苦手な私は元来ゴルフゲームが苦手で、このゲームにも大苦戦しました。特に最終面。最終面だけで6時間くらいプレイしていたほどに。


 私がゴルフゲーム苦手なことを差し引いても、「カメラ移動がちょっとしかできない」「サブイベントなどの途中抜けができない」「フレームレートが落ちるのかゲージが不規則な動きをする」など褒められないところもチラホラあって。特に最後のは、ピンポイントで島から島へと渡っていかなければならない最終面では「ふざけんじゃねえよ」と言いたくなりました。

 まぁ、期待値を上げすぎたところはあります。
 過度な期待をせずに、1500円で遊べるゴルフゲームを探している人にはオススメです!

→ クリア!



bonsai.jpg
<画像はWiiウェア『盆栽バーバー』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った3月分のソフトその1は、『盆栽バーバー』でした。生配信でプレイして以降は、時間がなくて起動していません!

 どうやら『どうぶつの森』のように時計と連動していて「毎日ちょっとずつプレイするゲーム」みたいで、4月からはテレビ周りの配置をセガサターン中心にすることもあって中断しています。
 まだ序盤しかプレイしていませんが、理不尽な難易度みたいなのはなさそうですし、Wiiリモコンを上手く活かしたWiiウェアでなかなか面白そうです。「毎日ちょっとずつプレイするゲーム」を遊べる環境にいる人にはオススメです!

→ プレイ中断中



ribl.jpg
<画像はWiiバーチャルコンソール用『リブルラブル』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った3月分のソフトその2は、バーチャルコンソールアーケード『リブルラブル』でした。自キャラが2つの矢印で、ツインスティックでそれを同時に動かすのが特徴のゲームです。

 最初のプレイでは「どう遊ぶのか」が全然分からなかったのですが……2つの矢印で図形を囲むと、「敵を倒したり」「アイテムを回収できたり」できる一方で、土地が荒れて植物が育たなくなってしまうので、「攻撃する」か「植物を育てるか」に悩んだり。隠されている宝箱を回収したり。様々な要素が詰まっている複雑なゲームみたいですね。

 延々とステージがループするゲームみたいなので、「ステージを進める」ことを目指すのではなく、「奇跡を起こしてボーナスステージに進む」ことが出来たらクリア扱いにしようかなと思います。宝箱を探して、そこから出てくるトプカプを6つ回収しなきゃならないそうなので、それはそれで難しそうですし。まぁ、遊ぶのはセガサターンのプレイが終わってからになるでしょうが。

 ツインスティックを活かしたゲームを遊びたい人にはオススメです!

→ プレイ中断中



sprigun2.jpg
<画像はWiiバーチャルコンソール用『スプリガン mark2』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った3月分のソフトその3は、PCエンジンSUPER CD-ROM2の『スプリガン mark2』でした。

 PCエンジンのCD-ROM系のゲームは、バーチャルコンソールで遊ぶと「喋りまくる」し「ムービーとか入っている」し、オーパーツ的な驚きがありますね。1992年にこんなゲームが出ていたんだ!と。
 まぁ、ゲームとしては「ふざけんじゃねえ!」というくらい難しい横スクロールシューティングゲームなんですけどね。イージーモードで遊ぶと中盤でストーリーが終わるという酷い仕打ちらしいのですが、シューティング苦手な自分はまずはそれからやってみるかな……

 声優さんが喋りまくるシューティングゲームを遊びたい人にはオススメです!

→ プレイ中断中



reinosu.jpg
<画像はWiiバーチャルコンソール用『重装機兵レイノス』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った3月分のソフトその4は、『重装機兵レイノス』でした。後に『重装機兵ヴァルケン』や『FRONT MISSION SERIES GUN HAZARD』を作るチームのメガドライブのゲームですね。

 ムズイ。シャレにならないくらいムズイ。
 「難しいゲームはからい料理に似ている」理論で言えば、香辛料の味しかしないくらいに難しいですし。その上、コンティニュー回数に限りがあるという鬼畜仕様。絶対にクリア出来そうにないです。何故これを私に薦めた?ちょっとしか怒らないから先生に正直に教えなさい!

 ゲームはとにかく難しくなくては気が済まないという人にはオススメです!

→ プレイ中断中




mogupon.jpg
<画像はWiiウェア『たたいて!モグポン』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った3月分のソフトその5は、『たたいて!モグポン』でした。
 Wiiリモコンのポインターを『ドラゴンクエストソード』のように動かすことによって、画面上のモグラその他をやっつけるもぐら叩きゲームです。緩いガンシューティングのようで、モードによっては4人プレイも出来るので、家族一緒に遊ぶには向いているゲームな気がしますね。

 全ステージ金メダルを取るとハンマーがもらえるらしいんですけど、判定はかなりシビアみたいで難易度は高そう。そして、漫画描きとしては右腕を酷使しそうなゲームはキッツイ。腕を鍛えたい人にはオススメです!

→ プレイ中断中



bakutotu.jpg
<画像はWiiバーチャルコンソール用『爆突機銃艇』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った3月分のソフトその6は、バーチャルコンソールアーケード『爆突機銃艇』でした。どんなゲームなのか検索しようとしたら、予測ワードの1発目に「クソゲー」って出たぞ!

 レビューを読んでも「駄作」「ゲーム性が伴っていない」「攻略を目指すとひたすらストレスが溜まる」と散々な言われよう。ちょっと遊んでみた限りではサクサク進むから面白いかなと思ったのですが、全30ステージ(+6ステージ)らしいので、全クリを目指すと厳しくなっていくのかも。
 ステージが狭いのに自キャラがデカくて、敵がガンガン弾を撃ってくるのがキツイんですよねぇ。コンティニューしまくればなんとかなるかなぁ。「クソゲーかどうかは自分で遊んで確かめてやるよ!」というポリシーの人にはオススメです!

→ プレイ中断中




paro.jpg
<画像はWiiバーチャルコンソール用『スターパロジャー』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った3月分のソフトその7は、PCエンジンSUPER CD-ROM2の『スターパロジャー』でした。ハドソンのパロディを詰め込んだような縦スクロールシューティング……って、だから元ネタが分からない人にパロディを薦めるんじゃないよ!!

 生配信で遊んでみた印象としては、ただ単にあんまり面白くな……ゲフンゲフン!
 面白さが分かる人とそうでない人が分かれるのかな、私はちょっと後者っぽいなというゲームでした。絵はカラフルに凝っているのかも知れないけど、そのせいで画面が見づらいし、何より敵を撃った時の効果音がショボくて爽快感に欠けるというか。

 とにかくボンバーマンを使った縦スクロールシューティングを遊ばないと死んでしまうという人にはオススメです!

→ プレイ中断中




soru.jpg
<画像はWiiバーチャルコンソール用『ソルバルウ』より引用>

 「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなってしまうソフト」で買った3月分のソフトその8は、バーチャルコンソールアーケード『ソルバルウ』でした。10月から続けていた「オススメされたソフトを片っ端から買っていく企画」のラストです。

 名作2Dシューティングゲーム『ゼビウス』を、ポリゴンによって3D化したという作品です。バーチャルコンソールアーケードなら、Wiiリモコンのポインター操作で遊べます。
 今だったらなんてこともないゲームに見えるかも知れませんが、このゲームが世に出たのは1991年です。業務用と家庭用のちがいは大きいですが、『スターフォックス』が1993年ですからね。ちなみに『リッジレーサー』や『バーチャファイター』も1993年組。

 1980年代後半から「ポリゴンという新技術を使って何をやるのか」を各社が考えていた時代で、まだ『スターフォックス』や『リッジ』や『バーチャ』で「これからはポリゴンの時代になる」とみんなが思う前の作品ということで、歴史的には貴重な一本だと言えますね。難しくて全然先に進めないので、コンチクショーってなりますが。

 ゲームの進化の歴史を体感したい人にはオススメです!

→ プレイ中断中



gundam3.jpg
<画像はセガサターン版『機動戦士ガンダム』より引用>

 4月からはセガサターンのソフトに生配信で挑戦することもあって、元日に買ったセガサターン福袋に入っていたソフトもプレイしていきます!ということで、1本目は『機動戦士ガンダム』!1979年のテレビアニメを追体験できる1995年のアクションゲームです。

 生配信でも大興奮していましたが、『ガンダム』のアニメで出てきた戦いを2Dアクションゲームに落とし込んでいるのが最高です。『ガンダム』のアクションゲームはPS2以降は3Dアクションが主になってしまったので、2Dアクションのガンダムゲームは現在でも新鮮な気持ちでプレイできますね。

 操作も複雑なようで、「Bボタンで攻撃」「Cボタンでジャンプ」「Rボタンでガード」と基本操作はシンプルで。これに「Aボタン溜め撃ちで手前や奥にいる敵キャラにも攻撃できる」というシステムがあって、良いアクセントになっています。

gundam4.jpg
<画像はセガサターン版『機動戦士ガンダム』より引用>

 ストーリーに沿って流れるアニメーションは当時のサンライズが描き起こしたリメイク作だそうで、声優さんもオリジナルの方々です。BGMだけは権利の問題なのかちょっと原作とちがうみたいですけど、それでもむっちゃテンション上がる!サターンの解像度が惜しいので、解像度だけを上げた全く同じシステムのリマスター版とか出ないかなぁ(笑)。

 まぁ、難易度は低くないので最後までプレイできるかは分からないのですが、私の場合ゲームオーバーになっても「シャア強い!流石に全盛期のシャアはこれくらい強くなきゃダメでしょう!」とテンション上がるのでこれはこれで(笑)。最初の『機動戦士ガンダム』が大好きな人にはオススメです!

→ プレイ継続中



peparutyo.jpg
<画像はセガサターン版『クロックワークナイト ペパルーチョの大冒険 上巻』より引用>

 元日に買ったセガサターン福袋に入っていたソフトの2本目は『クロックワークナイト ペパルーチョの大冒険 上巻』です!
 セガサターン本体発売日が1994年11月22日で、このゲームの発売日が1994年12月9日ということで、セガサターン最初期に発売された2Dアクションゲームですね。メガドライブで(主に海外で)大人気だった『ソニック』を出さずに、新キャラで攻め立ててコケたあたりが流石セガ。無難に『ソニック』の新作を出していれば海外での受けは変わってセガの未来も変わったんじゃないかと思わなくもないですが……

 でも、おもちゃの人形が大冒険するというゲームを『トイ・ストーリー』 の前年に出していたのはすごいですよね。
 ゲームとしては冒頭だけ遊んだカンジだと「普通のアクションゲーム」だったのですが、セーブ機能はなく、イージーモードではエンディングは見られないそうな。またそういうゲームかよ!ゲームが下手な人への差別か!

 『ドラキュラ伝説 ReBirth』同様に時間がガッツリある時に一気にプレイしようと思います。上下巻の上巻だけ読むのが好きという人にはオススメです!

→ プレイ継続中



last1.jpg
<画像はセガサターン版『ラストブロンクス』より引用>

 元日に買ったセガサターン福袋に入っていたソフトの3本目は『ラストブロンクス』です!
 『バーチャファイター』以後の3D格闘ゲームの1つで、東京都内に実在する場所で、実在する武器を使って戦うのが特徴です。ザっと触ってみたカンジ、1ラウンドが短いのでテンポが良くて、一撃の攻撃力が高いので逆転も多くて爽快感も大きいゲームだなという印象でした。ヒンヌー要員の女性キャラがいないっぽいのが難点ですが。

 気軽に遊べる格闘ゲームを求めている人にはオススメです!

→ プレイ中断中



nights1.jpg
<画像はセガサターン版『NiGHTS into Dreams...』より引用>

 元日に買ったセガサターン福袋に入っていたソフトの4本目は『NiGHTS into Dreams...』です!
 3Dで作られた空間なのに、2Dのレールに沿って進むのが当時はピンと来なかったんですけど……こうしてサターンのゲームを続けて遊んでみると「ゲームとしては慣れ親しんだ2Dアクション」でありながら「3Dならではのギミックや表現方法を用いている」ものが多くて、今更ながらに意図が分かった気がしますね。もし、このゲームが3D空間を自由自在に飛べるゲームだったらクソ難しくなってたと思いますもの。

 ゲームのいろんな要素をちゃんと理解した上で遊びなおしたら面白そう!
 セガサターンならではのゲームを遊びたい人にはオススメです!

→ プレイ中断中


<クリア:6>
・『たけしの挑戦状』
・『Stardew Valley』
・『ドラキュラ伝説 ReBirth』
・『グラディウスリバース』
・『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』
・『ゴルフストーリー』

<プレイ継続中:2>
・『機動戦士ガンダム』
・『クロックワークナイト ペパルーチョの大冒険 上巻』

<プレイ中断:11>
・『Splatoon2』
・『盆栽バーバー』
・『リブルラブル』
・『スプリガン mark2』
・『重装機兵レイノス』
・『たたいて!モグポン』
・『爆突機銃艇』
・『スターパロジャー』
・『ソルバルウ』
・『ラストブロンクス』
・『NiGHTS into Dreams...』


 多いわ!
 記事にするのも大変ですよ。「Wiiショッピングチャンネル終了で買えなくなるゲーム」は、買ったままそのまま積みゲー行きになってしまったのだけど、これらがちゃんと消化できる日はいつになるのか……

 6勝0敗13分で、クリア率は100%……?
 そろそろギブアップの波が来そうですけどね、来月はセガサターンのゲームを中心にプレイしていくので。

 今月遊んだゲームの中でオススメは……
 ここでセガサターンの『機動戦士ガンダム』です!と言って、「そうですか!じゃあ私も遊んでみます!」と遊べる環境の人がどれだけいるのでしょうか(笑)。昔我が家にもセガサターンあったんですけど、そんなにたくさんのソフトを遊んだワケじゃないので、この機に色々やってみたいですね。



【今月のピックアップ】
レゴ(R)バットマン ザ・ムービー [Blu-ray]
レゴ(R)バットマン ザ・ムービー [Blu-ray]

 毎月自分が触れた作品の中から「どうしても推したい」作品を紹介する【今月のピックアップ】―――今月もバレンタインのプレゼントでいただいた『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』です!

 昨年のバレンタインに『LEGO(R)ムービー』のブルーレイを贈ってくださった方からのプレゼントで、『LEGO(R)ムービー』はとにかく「レゴであること」を活かしたキャラ、ストーリー、アクションが凄まじい映画でした。「これはレゴでしか出来ない!」という正真正銘の快作でした。
 それに比べると『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』は、レゴであることの必然性はあまりなくて、どっちかというと「レゴの映画」というより「バットマンの映画」なんですね。バットマンの歴代の敵キャラがズラッと出てきたりするので、「バットマンオールスター」みたいな映画でした。バットマンの知識がないと、どれだけ楽しめるのかちょっとアレなんですけど……

 「バットマンの映画」としてみると、すげー面白かったです!
 バットマンの設定である「大豪邸を秘密基地みたいにして執事と2人で暮らしているスーパーヒーロー」って、よくよく考えてみるとむっちゃ寂しいですもんね。そういう孤独をシリアスに描いていくと『ダークナイト』シリーズみたいになっていくんだと思うのですが、それをコミカルに娯楽映画として描いたのがこちらの作品で、それが許せたのはレゴによってディフォルメされた世界だったからだとも思うんですね。


 「人類の存亡をかけた戦争」という超重いストーリーなのに、『スーパーロボット大戦』が暗くならないのはSD頭身だから―――みたいな話で。ディフォルメされた世界で、重たいテーマを、コミカルに描くというのは、日本人が元々好きなものですよね。手塚先生の漫画とかだってそうですし。
 また、後半の「これはレゴでしか出来ない!」と言える逆オールスター展開もすげえテンション上がりました。逆『スマブラ』というかなんというか。

 『LEGO(R)ムービー』とはちがう方向性だけど、これはこれで傑作でした!




<2018年3月の創作活動報告>
・短編小説『待つのももう限界だ』4話のイラスト
・短編小説『待つのももう限界だ』3~4話の公開
・短編小説『待っている間にしなければならないことがある』1~2話のイラスト
・短編小説『待っている間にしなければならないことがある』1~2話の公開


 小説は3作品目に突入です。
 4月からは実はいろいろなことをしなければならないので、小説のイラストは前倒しで描いておきたかったのですが……あんまりうまくいきませんでした。うーん、時間が捻出できない。最悪の場合は、小説の更新を「毎週更新」から「2週に1回更新」にするかも知れません。

 4月は激動の1ヶ月になるかも知れないので、頑張らねば……


LEGO(R)ムービー [Blu-ray]LEGO(R)ムービー [Blu-ray]

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2015-03-18
売り上げランキング : 57596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2412-bf0eac06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT