FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

過去に書いた記事を削除していこうかと考えています

 「決定した」というよりかは、「どうしようか悩んでいる」のでもっと良い方法を思いついた方がいらしたら提案してくれるとありがたいです。


 ブログなんてものを続けていて、自分の考えを公開している以上は仕方がないことなのですが……コメント欄で「これは間違っている!」とか「オマエの考えは許せない!」といったようなお叱りを受けることが多々あります。正確には多々じゃ済みませんね、多々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々くらいあります。


 もちろん間違ったことを書いていたのなら、私が悪いのですし。
 私の考えが許せない人がいたのなら、私が悪いと思うのですけど。


 例えば、3年前とか5年前の記事に今更そんなコメントが付いても「知らねえよ」って思いません?

 みなさんも「3年前の自分」を思い出してみてください。その頃の自分が書いたこと(ブログとかTwitter等をやっていない人なら、友達に書いた手紙とかメールを想像してください)を覚えていますか?読み返してみたら「俺、こんなこと書いたかなー」とか「俺が記憶している言い回しとちがう!」ということばかりだと思いますよ。


 そして、もっと言うと……その頃とは、もう考え方がちがっているということも多々あります。今日の私は「昨日の私」よりも前進しようと色々なことを考えて、色々なものを吸収して、日々を暮らしています。それが積み重なって3年が経てば「全くちがう考え方の人間」になっていておかしくないでしょう。それが成長というものです。

 どうして私は“オンラインモード”のあるゲームが嫌いなのか

 これは2014年11月に書いた記事です。
 2014年11月の自分の率直な気持ちを嘘偽りなくそのまま書いた記事ですが、記事には書かなかったことに「この考えはいずれ変わるだろうな」と思っていたところがあります。この数ヶ月前に『Splatoon』が発表されたので、「来年『Splatoon』が発売されたらオンライン対戦を夢中になって遊ぶかも知れないな」と思って考えが変わる前に書いておいたのです。

 実際、2015年5月に『Splatoon』が発売されたら夢中になって遊びましたし、今では「オンラインモードも悪くないな」と思うようになりました。たった一つの出来事で考え方なんて変わるんです。考え方を変えてはいけないと自分に課してしまったら、それは「停滞」です。残る余生をそのまま過ごすだけで終わってしまいます。



 ですが、そうして「何年も前に書いた記事」を「今日書いた記事」と同じように読めるのがブログです。検索エンジンからやってきた人は、それが「最新の記事」だと思って読んでいたりもしますし。
 何を書いたかも覚えていないorもうその考えではない数年前の記事に、「これは間違っている!」「オマエの考えは許せない!」といったコメントが書かれ続けるし、もっと酷いケースだと「6年前に書いた記事」と「2年前に書いた記事」では言っていることがちがうとか、何年も前に書いた記事のオチとして面白おかしく「ナーンチャッテ」と書いたことをいつまでもネチネチと言われるとか、「○○という人がいることを知らなかった」という記事を書いたらその後も何年も何年も「○○という人がいることを知らない差別主義者」と全然関係ない記事でもコメントされ続けるとか。

 もう全部の記事を消してやりたくなるわっ!!


 アクセス数を上げることを考えていた頃は、「そういう過去の記事へのアクセスも1アクセスなんだから我慢しよう」と思っていたのですが……今はもうアクセス数なんてどうでもイイと思っているので、そういう過去の記事はバシバシ消していってしまおうかなと考えているのです。


 本当に「全部の記事を消す」のか、「叩かれている記事だけ消す」のか。
 「5年経ったら消す」のか、「3年経ったら消す」のか、「1ヶ月経ったら消す」のか。


 その辺はまだ決めていませんけど……
 書かれた記事が読めなくなることはみなさんとしてはメリット0でデメリットしかないので特に賛成してくれる人はいないと思うんですけど、私としては過去の自分のせいで叩かれ続けることにもう疲れてしまったので、他に方法が思い浮かばない限りはバシバシ消していこうと思います。



 なので、ですね。
 この記事は2419番目の記事なんですけど……1000記事目、1500記事目、2000記事目に記念としてまとめた「記事傑作選」は2500記事目ではやらないつもりです。過去の記事はバシバシ消していくつもりですから、傑作選を作ってもリンク先が全部404になっていっちゃうでしょうし(笑)

プラス 消しゴム エアイン S 13g ER-060AI 40個箱 36-406×40プラス 消しゴム エアイン S 13g ER-060AI 40個箱 36-406×40

PLUS(プラス) 2013-09-01
売り上げランキング : 4539

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:52 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こう言っちゃなんですが、やまなしさんはコメント一個一個に対して真剣に受け止めすぎな気がします。過去の記事についたコメントなんて別に返信しなくたっていいし、考えも当時と変わってるなら無視した上で、今は別にちがうけどねー、とか思ってればそれでいいと思います

| ああああ | 2018/04/12 20:25 | URL |

え、えー!とりあえずレビュー・紹介記事は消されたら困るのと、ゆるキャン△を見た今アホの子論を読むと色々面白いのですぐに消されたら困るのと、「「○○を知らないなんて人生の半分は損している!」と、真に言えるものは何かを考える」は最近のお気に入りの記事なのでこれが読めなくなったら寂しい……
昔の記事のコメント欄を閉鎖したり、ブログを移転したりといった対処法ではなんとかなりませんかね?もし本当に消すのなら、好きな記事は魚拓を取っておくしかないか……。

| ああああ | 2018/04/12 20:52 | URL |

あー、ありましたねリンク先の記事。気にしてなかったけどそうか、splatoonを楽しめてるって事はオンライン要素嫌いは払拭出来たんですね。

個人的には記事傑作選対象だけは最低残しておいて欲しいですかねー。勿論読者としては消されない方が良いのですが、やまなしさんが辛抱ならないならただ読ませて貰ってるだけの身ですし、引き留める事は出来ません。

| RAL | 2018/04/12 22:31 | URL |

あのさー
コメント1つ1つを重く受け止めすぎゃじゃない?
そんなんもっとテキトーで良いんだよ
「昔の記事になんか否定的なコメ書いてきたやつがいるーwww」ぐらいに思っとけば良いんだよ

| 初 | 2018/04/13 11:14 | URL |

「「6年前に書いた記事」と「2年前に書いた記事」では言っていることがちがうとか、何年も前に書いた記事のオチとして面白おかしく「ナーンチャッテ」と書いたことをいつまでもネチネチと言われるとか、「○○という人がいることを知らなかった」という記事を書いたらその後も何年も何年も「○○という人がいることを知らない差別主義者」と全然関係ない記事でもコメントされ続ける」
みたいなケースに関しては、記事を消したところで収まるとは思えません。むしろ消したことに関していつまでもネチネチ言われるが追加されてもっとストレスを抱えることになると思います。
結局上の方でも言われていますが、気にしないようにするしか無いと思います。

| ああああ | 2018/04/13 18:41 | URL |

>ああああさん(2018/04/12 20:25)

 別にこの話は昨日今日ぽんと思いついたものではなくて、ブログを10年続けてきて、ずーーーーっとずーーーーーっと我慢して我慢して我慢して我慢し続けてきたものが。

 もうこれ以上は耐えられない、これから先もブログを続けるためにはこれしかないと思って最後の手段としてこの記事を書いたので。


 「気にしなければイイんですよ」と言われても、そのラインはとっくの昔に超えてしまっているんです。今まで10年それで耐え続けたんですよ。



>ああああさん(2018/04/12 20:52)
>昔の記事のコメント欄を閉鎖したり、ブログを移転したりといった対処法ではなんとかなりませんかね?

 ちょっと記事の書き方を失敗したなーと思うのですが、僕の真意としては「コメント欄で叩かれるのがイヤだ」ってことではなくて「叩かれるような記事をいつまでも残しておいて読まれるのがイヤだ」なんですよ。

 例えば、検索エンジンとかで昔の炎上した記事からこのブログを知ったという人には、「何だよこのやまなしってヤツ、ホント感じ悪いな」と思われてしまうワケで。そういう人は今後僕がとても面白い記事を書いても「あ、あの時の感じ悪いヤツだ」としか思われないので。それって僕にとって何のメリットもないですよね。

 だから……止める権利は僕にはありませんけど、僕の率直な想いを書くと魚拓で残されるのもつらいです。もう僕はそういった過去の記事をこの世からなくしたいと思っているので……



>RALさん
 まぁ、『Splatoon』以外のオンラインゲームはほとんどやっていないんですけどね(笑)。
 ここには書きませんでしたが、生配信をやるようになったことも考え方が変わった一因かなと思います。自分の下手さを笑ってくれる人がいるなら、「申し訳なさ」が緩和されるというか。


>個人的には記事傑作選対象だけは最低残しておいて欲しいですかねー。

 記事傑作選に入れたものの中にも、多分……
 それがまぁ、2500記事目の傑作選はやめようと思った理由でもあるんですが。



>初さん
 1つや2つのコメントだったらそれで済みますけど、10年続けてきて積み重ねるとそれが100とか200とかになっていくんですよ。もうそれは「○○なやつがいるーーwww」で済まされない数で。



>ああああさん(2018/04/13 18:41)
>記事を消したところで収まるとは思えません。むしろ消したことに関していつまでもネチネチ言われるが追加されてもっとストレスを抱えることになると思います。

 うーん……まぁ、その辺はもう「粘着アンチ」と化している人達なので仕方ないと諦めるとして、要はコレ以上「新たな粘着アンチ」を生まないためにはどうしたらイイのかという悩みなんですよ。
 それならば、火種を生むような昔の記事は削除しておくのがイイんじゃないのかと思うのです。



 しかし、アレですね。
 「誰も賛成してくれないだろうな」とは覚悟していましたけど、「面白い記事がたくさんあるのだから消さないで!」とかじゃなくて「おめーメンタル弱すぎんだろ」って理由で誰も賛成してくれないのがウチらしいですよね(笑)。

| やまなしレイ(管理人) | 2018/04/14 01:14 | URL | ≫ EDIT

自分は過去の記事を消すことに賛成したいと思います。ブログ主であるやまなしさんがストレス無く新しい記事を更新していくことが一番だと思います。

ただ、過去のアニメ感想の記事が読めなくなるのは惜しいなあ、とは思います。ちょうど今自分dアニメストアで「聖戦士ダンバイン」と「機動戦士ガンダム」を視聴しているので全部観終わってあと、やまなしさんの記事をまたじっくり読もうと思っていました。

アニメの各話感想とか、ダンバインやガンダムの面白さを伝える記事とか、その時期のやまなしさんの感性で書かれた資料的価値の高い記事だと思うんですけどね。

例えば、2018年の「ゆるキャン△」のリアルタイム放送時のやまなしさんの盛り上がりとかが感想記事を読むことでわかるわけで、自分が配信で後から全話視聴した場合読みにいきたくなるんですよね。

でもやっぱり、アニメの感想記事でも過去の記事が残っていればなんだかんだ文句を書いてくる人はいるのかな・・・。どんどんネットの世界が窮屈になっていってる気がしますね。

なので自分は仕方ないこと、と思って諦めます。1~2年後の記事は全部消去、とかやるなら徹底してやった方が良いと思います。
多分、これからブログの過去の記事を全部消していく人、増えていくんだろうなあ・・・。

| yatarou | 2018/04/14 03:05 | URL |

いつか 時が流れて

 う~ん……古い記事のコメント欄を閉鎖して、しばらく様子を見るというのでは無理でしょうか。
 私はやまなしさんの書く記事が大好きですので、たとえ古くて現在の意見とは異なっているとしても、読めなくなるのは残念です。

 単純に文章として面白いのはもちろん、こちらのブログは資料的な価値の高い記事も豊富ですので、その意味からも失われるのはもったいないなと。

 また過去のものでも、作品のレビュー記事などは新たなファンを呼び込むだけの力があります。
 ことやまなしさんの紹介記事は、いずれも各作品に好意的なレビューばかりですし。

 私自身、『どき魔女2』や『ファンタジーライフ』などは、やまなしさんの紹介を読まなかったら、買っていないと思われます。
 こうした形で素敵な作品との出会いを誘導できるのは、記事が存在していてこそですから。こちらの記事を読んだからこそ後押しされて、商品を買ったという人は、決して少なくないはずです。

 加えてもちろん、やまなしさんご自身の作品案内や後書きが消えてしまうというのも、ファンとしてとても残念です。
(いやこちらは、本体がpixiv側に残るのでしょうけど……)

| kanata | 2018/04/14 12:34 | URL | ≫ EDIT

>叩かれるような記事をいつまでも残しておいて読まれるのがイヤだ
なるほど、誤解していました。そしてそこまで思い詰めていらしたとは。でも、僕こそ引き留める権利はないのですが、やっぱり全部削除は寂しすぎる……。それに、残しておくメリットがないとおっしゃいますが、読んだらやまなしさんに好印象を持つような過去の記事もあると僕は思っています。
本当に削除してしまったら取り返しがつきませんので、
・まずは炎上した少しの記事から
・自分でももう見たくないような記事はともかく、今後「考えが変わっ」て、復活させたくなったときのために、できるだけ削除ではなく非公開にする
というのはどうでしょう?幾分穏健なやり方だと思うのですが。

| ああああ(2018/04/12 20:52) | 2018/04/14 20:16 | URL |

まあ僕にはやまなしさんの気持ちなんて分かるわけないですけど、過去記事のコメント気にするようなメンタルならもうブログやめた方がいいと思います。別に誰も頼んでるわけじゃないですし。

| ああああ | 2018/04/16 18:20 | URL |

いつも楽しくブログ拝読しております。
やまなしさんの心情は私を含め他人にはなかなか理解できるものではないと思うので、そこを踏まえた上で読んでいただければと思います。
ネット上に記事や作品を発表するという行為には、何をどうやっても、いわれのない批判や中傷がつきまとうものなのではないでしょうか。
「みんなに自分の創造物を楽しんでもらいたい」という理想と、「理不尽に批判や中傷されたくない」という願望は決して両立できないものだと思います。
現在漫画や小説を公表されていますが、こちらにしても世の中から認知されれば、ブログの記事のように理不尽なことを言われる可能性は増えるでしょう。逆に言えば批判や中傷がされるくらいになれば、それだけ注目されたと解釈することもできます。
過去の記事を削除する、炎上しそうな題材はなるべく扱わない、といったやり方はたしかに対策のひとつです。ただしコンテンツとしての価値は、炎上を恐れず残したものの方が上だと思います。
もちろん著者がストレスをため込むようなら意味がないので、やまなしさんのご判断に文句など言えないのですが。
まあとにかく言いたいのは、私はやまなしさんの記事が好きなので、なるべく穏便な方法で何とか折り合いをつけていただければと望んでいるということです。


| かぶ | 2018/04/16 22:16 | URL |

>yatarouさん

 仰るとおりで、「過去の記事を消しちゃいけない」という制約を自分に課すと「新しい記事を書きたくなくなる」のが一番の問題だと思うんですよね……
 「THE YOSOU」系の記事とかがまさにそうなんですけど、チャレンジする記事ほど後からたたかれるので、そういうのを忌避して無難な記事ばかりになってしまうという。


 他の人の提案で「良いな」と思ったものに、「削除ではなく非公開にする」というものがあって。
 これなら「あの記事を読みたかったのだけど今はもう読めないのか」という時には、言ってもらえれば例えば1ヶ月だけ復帰させるということも出来るので……もし読みたい記事が読めなくなっていたら、気軽に仰ってください。



>kanataさん
 なんだか……
 催促してしまったみたいで申し訳ない……!


 ゲームレビュー系の記事で言うと、消したいものって「作品に好意的ではない記事」が多いんです。若気の至りというかなんというか、「その時の率直な気持ちを書くぞ!」と自分には面白くなかったことを堂々と書いた――――みたいな記事。

 今ではそういうのは「楽しめないゲームを買った自分が悪い」「楽しめないように遊んだ自分が悪い」と思っていて、それが検索で引っかかっちゃうのが申し訳ないんですね。
 まぁ、中には「絶賛したつもりが批判したと読まれて炎上した記事」とかもあるんですけど……(笑)


 仰っていただいたことですし、全部の記事を非公開にするのではなく、「新たなファンを呼び込むだけの力があります」と言ってもらえたような作品に好意的なレビュー記事はなるべく残していこうと思います。



>ああああさん(2018/04/12 20:52)
>・まずは炎上した少しの記事から
>・できるだけ削除ではなく非公開にする

 あぁ……!
 これはすごくイイと思います!

 「非公開」ならばリクエストに応じて一次的に復活させることも出来ますし、「まずはあの記事とあの記事とあの記事から」といったカンジにどうしても消したかった記事から非公開にしていくくらいならそれほど手間もかかりませんし。

 僕の望むことを叶えつつ、僕の手間はさほどかからない理想的な方法ですね。採用させていただきます!



>ああああさん(2018/04/16 18:20)
>過去記事のコメント気にするようなメンタルならもうブログやめた方がいいと思います。

 あっハイ。



>かぶさん
 うーん……
 「批判や中傷をされたくない」というのとはちょっとちがうんですよ。いや、別にされたいワケでもないんですが(笑)。

 それが“今”のものに対してされるのなら「なにくそー!次回作を見てろー!」となるのですが、“5年前”のものに対してされても「それは5年前の俺に言ってくれ」としか思えないし、“5年前”の記事に怒っている人は“今”の記事を読んではくれないし。


 つまり、挽回のしようがないんです。「次を見てろー」にはならない。ただただ「読んだ人の新たな怒り」と「書いた僕の後悔」だけが積み重なっていく、そんなものを残しておいて世の中のためになるのか?って思うんです。
 極端な例ですけど「私の好きなアニメがここでぼろくそに言われていて自殺を考えた」って言われてたこともあるんです(コメント欄ではなく他所でですけど)。わざわざ残しておくほど、僕はその記事に未練があるワケでもないのに。


 だから、「全部の記事」とはいかなくても「自分がもう人に読ませたくない記事」だけでも非公開にしていきたいと思うのです。

| やまなしレイ(管理人) | 2018/04/16 22:48 | URL | ≫ EDIT

「削除ではなく非公開にする」、良いアイディアだと思います。

上のコメントでも書いたとおり、自分は過去の記事を消すのに賛成なのですが、何か他に方法が無いか色々考えていました。

これは自分がをよく読んでいる主に映画の感想のブログを書いている方がやっていたことなのですが、

・ブログを引っ越してタイトル・デザインをリニューアルする(その方はgooブログからはてなブログへの引っ越していて、過去のブログも更新はしませんが残していました)
    ↓
・前のブログで反響の大きかった記事をいくつか転載する

といったことをされていました。

この方法を参考にして、

・ブログを別のところに引っ越してリニューアルし、そこで書く記事は書いてから1~2年経ったら消去するという方針で運営する。

・過去のブログは全部の記事を非公開にして残す、読みたい記事のリクエストがあったら一次的に復活させる等して対応する。

・過去のブログでの作品に好意的なレビュー記事等良い記事、今読んでも通用する記事はいくつか再掲する。もしくは、過去の記事を活かしつつ新しい記事を書く。

というのはどうでしょうか?

この方法の一番のメリットは、「ブログが見やすくなる」ことです。

もしブログをそのままで過去の記事を非公開にした場合、月別アーカイブや記事のタイトルはそのまま残ってしまって非公開の記事が沢山あるブログになってしまうのではないかなあと思いました。やまなしさんがみんなに読んでもらいたい記事のみがブログ内検索や月別アーカイブで探すことができる感じにした方がブログの方針が分かりやすいと自分は思います。

逆にデメリットは「実行するのが大変、色々負担がある」ことですね。

自分は利用したことが無いので分からないのですが、FC2ブログでのメリットが大きいからやまなしさんも長年使ってきたのだと思いますし。今から別のところで新しいブログを、と思ってもデザイン等色々考えることが多くてとても気軽にできる方法ではないな、とも思いました。

自分はやまなしさんより全然ブログに詳しくないので、本当に思いつきの意見なのですが、何かの参考になったら幸いです。

| yatarou | 2018/04/17 23:48 | URL |

>yatarouさん

 あー、えっとですね。
 「非公開」にした場合、多分みなさんの目から映る範囲では「削除」と同じようなカンジに月別アーカイブや記事一覧からは姿を消すんじゃないかと思われます。

 バレンタイン配信の前に公開した「既に持っているリスト」の記事は、削除じゃなくて非公開にしたのですが一覧からは消えているみたいなんで。

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-date-201801.html


 記事傑作選など、記事中のリンクは残るんですけど……その場合は削除も一緒ですからね。



 んで、今書いてて思ったんですけど―――ブログ移転しようとするとまさにこの「記事中のリンク」がネックになるんですね。僕の場合、よく自分の過去の記事に「関連記事」としてリンクを貼るのが、そのURLが全部変更になっちゃうという。それを直すのは恐ろしい手間がかかるので……


 一応、今のところは移転はせずに過去の記事をチョコチョコと非公開にしていこうかなと思います。消したかった記事は基本的に、自分もあまり言及リンクしていない記事だと思うので、そんなにリンクミスが起こることはなさそうですし。

| やまなしレイ(管理人) | 2018/04/19 21:37 | URL | ≫ EDIT

スタンプを貯めるために、削除も非表示もしない方がいい説(?)

| ああああ | 2018/06/14 22:57 | URL |

>ああああさん

 まぁ、そういう側面もありますが(笑)。

 繰り返しになりますが、過去の記事を消したいのは「クソみたいなコメントが付くから」というよりかは「黒歴史を削除したい」みたいなカンジなので。

| やまなしレイ(管理人) | 2018/06/17 00:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2419-7e45c347

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT