FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【跡地】『スーパーマリオブラザーズ3』は本当にBダッシュを使わない方が簡単なのか?を検証する配信を行っていました

 昨年の夏にDS版の『Newスーパーマリオブラザーズ』で行ったアクションゲームが苦手な人に『マリオ』を勧める場合、「Bダッシュなしのプレイ」を勧めるべきか―――という検証プレイが帰ってきました!今回行うのは『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』のラインナップに入っている『スーパーマリオブラザーズ3』です!

<ルール1>
・「Bダッシュ」は使わない
・「物を持って運ぶ」のも、「ダッシュ」と同様の操作なので使わない
・「ファイアーボール」や「しっぽ攻撃」は“速くなることでミスする可能性が高くなる”ワケではないのでOK
・「Bダッシュ」なしではクリアできないコースがあった場合、そこのコースを「Bダッシュなしではクリアできないコース」と記録した上で、別のルートに向かう
・どうしても「Bダッシュ」なしではそのワールドがクリアできない場合「Bダッシュなしではクリアできないワールド」と記録した上で、その場所のみ「Bダッシュ」を使用して良い
・パタパタの羽は「最後の手段」なので、生配信中に使ってイイか要相談



 また、『スーパーマリオブラザーズ3』は「1P」と「2P」が交互にコースをプレイして進める協力プレイが可能なため、『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』の機能を使って毎回「2Pをプレイしてくれる助っ人」を募集します!
 私一人では恐らくクリアできないから、フレンドの力を貸してもらいます!……逆に、「やまなしさん、ゲームが下手だ下手だといつも言っていますが、私の方が下手ですよ!真に下手くそなプレイを見せてあげますよ!」という人もこの機会にどうぞ!キャプチャーボードを持っていない人でも、Nintendo Switchから生配信ができる貴重な機会とも言えますからね。

 私がゲーム実況の生配信をやっているのは、元々「週末に友達の家に寄ったらみんなでワイワイ集まってゲームやってたから自分も混じった」みたいな体験をオンライン越しに疑似再現したかったからなのですが、今回の企画でようやく「視聴者とコントローラを交代しつつ遊べる」ようになったとも言えますね。

<ルール2>
・毎回「2P」はフレンドの助っ人を借りてプレイ
・もちろん「2P」の人もBダッシュは使わないでください
・毎回ちがう人が来てくれて構わないし、途中抜けや途中合流もアリで、「友達の家に寄った」みたいな気軽なカンジでどうぞ
スマホアプリを使ったボイスチャットは毎回用意しておきますが、ボイスチャットは別に使わなくても構いません。配信に声が流れるのはイヤだって人もいるでしょうし、交代でプレイする『マリオ3』ならコメント打つ余裕もあるでしょうし
・パスワードは「139」です。「139」→「B9」→「Bナイン」→「Bない」→「B(ダッシュは使わ)ない」です!厳しい!



 アクションゲームが苦手な人に『マリオ』を勧める場合、「Bダッシュなしのプレイ」を勧めるべきか―――という検証プレイなので、「1ワールド」から「8ワールド」まで笛を使わずに全ワールドのクリアを目指します。ですが、あくまで「全部のワールド」を検証することが目的なので、事情があって例えばワールド5までクリアしてワールド6をプレイ中に「最初からやり直した方が良さそうだ」となった場合は笛を使ってワールド6まで進んで良いものとします。

<ルール3>
・「1ワールド」から「8ワールド」まで全ワールドを検証
・ただし、1ワールドからやり直した方が良いと判断した場合、検証済のワールドは笛を使ってすっ飛ばして良い
・また、既に検証済のコースで「すっ飛ばすための笛」を得るためにBダッシュを使うのはOK


 あくまで「Bダッシュを使わない方が簡単というのは本当なのかを検証する配信」なので、「Bダッシュ禁止の縛りプレイ」とはちょっとちがうことをご理解ください。


【1日目】
 今回の相棒:@tatanga_pabloさん



【2日目】
 今回の相棒:@kgha10さん、@norinironさん



【3日目】
 今回の相棒:@norinironさん



【4日目】
 今回の相棒:@captainchief64さん



【5日目】
 今回の相棒:@yukiwo222さん


パオキントンさんによる副音声はこちら



【6日目】
 今回の相棒:@game33Nさん



【7日目】
 今回の相棒:@kgha10さん



 以下、「本当にBダッシュを使わない方が簡単なのか?」の検証結果はネタバレになるので格納しておきます。





 ここからは「『スーパーマリオブラザーズ3』は本当にBダッシュを使わない方が簡単なのか?」の検証結果を書いていきます。全ステージのネタバレとも言える解説になるので、ネタバレがイヤな人はここで引き返してくださいな。


【Bダッシュを使わないとクリア不可能なステージ】

<ワールド6>
【6-5】
・しっぽマリオの状態で亀の甲羅を持って、Bダッシュジャンプ→空を飛んで亀の甲羅を投げなくてはならない
・スーパーこのはは無限に手に入る
・6-6に進むルートならば、こちらのステージはクリアはしなくても良い

<ワールド7>
【7-砦1】
・しっぽマリオの状態でBダッシュジャンプ→空を飛んで上空の土管に入らないとならない
・たぬきスーツが無限に手に入る
・このワールドを先に進むためにはクリア必須

【7-5】
・ブロックを持って投げないと通れない道がある
・ダッシュではないけど……
・このワールドを先に進むためにはクリアしなくても良いコース

【7-7】
・連続スターじゃないとダメージ喰らうので、ダッシュしないとクリア不可能
・7-8に進むルートならば、こちらのステージはクリアはしなくても良い

【7-9】
・ブロックを持って投げないと通れない道がある
・ダッシュではないけど……
・このワールドを先に進むためにはクリア必須

【7-砦2】
・Bダッシュジャンプでないと届かない足場がある
・しっぽマリオで飛距離を伸ばしても、Bダッシュしないと無理っぽい(?多分)

<ワールド8>
【8-砦】
・Pスイッチの効果中に扉のところまでたどり着くためにはBダッシュ必須
・このワールドを先に進むためにはクリア必須

【8-城】
・Bダッシュでないと、開幕レーザーを喰らう
・開幕スターで突破は出来る
・ちくわブロック地帯もBダッシュジャンプじゃないと届かなさそう


 ということで、「Bダッシュ」および「モノを持つ」操作が必要なのは8ステージです。
 「モノを持つ」操作は持ってすぐ投げるだけで構わないので、ファイアーボールを投げるより簡単だと思いますから除外しても、6ステージでBダッシュが必須ということですね。

 それで、ですね……私すごいことに気づいてしまったんですけど。
 このゲームのチートアイテムとも言える「パタパタの羽」……特定条件で出現する「隠れキノピオの家」を除くと、手に入るのは「ワールド1の飛行船クリア」「ワールド4のブロス撃破」「ワールド4の飛行船クリア」「ワールド5のブロス撃破」「ワールド6の飛行船クリア」「ワールド7のパックン撃破」の6つらしいんですね。

 Bダッシュを使わないとクリアできないステージと、Bダッシュを使わなくても空を飛んでクリアできる「パタパタの羽」の数が一緒―――というのは、果たして偶然ですかねぇ?


 と、如何にも意味ありげに書いてみたのですが、8-砦はBダッシュをしなければ恐らく物理的に間に合わない位置に隠し扉があるので「パタパタの羽」を使おうがなんだろうが関係ありませんでした。ということは、単なる偶然かなぁ。



【しっぽマリオならばBダッシュを使わなくてもクリアできるステージ】

<ワールド2>
【2-ピラミッド】
・メットを持ってきて、ブロックに投げつけて壊さないと道が通れない
・しっぽマリオならばしっぽ攻撃で破壊可能

<ワールド3>
【3-9】
・ブロックを持って投げないと通れない道がある
・ただし、前半のブロックに阻まれた壁をしっぽマリオで破壊すれば別ルートに行けるっぽい

<ワールド5>
【5-砦1】
・Bダッシュジャンプでないと届かない足場がある
・しっぽマリオで飛距離を伸ばせば、Bダッシュしなくても届く

【5-砦2】
・Bダッシュジャンプでないと届かない足場がある
・しっぽマリオで飛距離を伸ばせば、Bダッシュしなくても届く

<ワールド6>
【6-10】
・Bダッシュジャンプでないと届かない足場がある
・しっぽマリオで飛距離を伸ばせば、Bダッシュしなくても届く

<ワールド7>
【7-8】
・Bダッシュジャンプでないと届かない足場がある(?多分)
・しっぽマリオで飛距離を伸ばせば、Bダッシュしなくても届く
・ダメージ覚悟でも行ける?


 ちびマリオの状態ならBダッシュジャンプ必須なのだけど、しっぽマリオで飛距離を伸ばせば届いてしまう箇所は恐らくもうちょっとあるかも知れません。普通にプレイしているとしっぽマリオで飛距離を伸ばしながら進んでしまうので、いちいちチェックせずに進んでしまいますからね。

 しかし、まとめられた範囲を見ると「Bダッシュジャンプ」自体はワールド4までは必要なくクリアできる(ワールド2のピラミッドはメット持ってこなくちゃいけないから微妙だけど……)、ワールド5・ワールド6は必要なところが出てくるけど「しっぽマリオ」や「別ルート」で何とかなるワールド7・ワールド8は問答無用にないとどうにもならないというゲームデザインみたいですねぇ。



 全体的には、しっぽマリオのおかげで「Bダッシュジャンプ」よりも「Bダッシュ」の方が重要な局面が目立っていて、『スーパーマリオ』1作目のゴールが階段の上からBダッシュジャンプを練習する旗だったのに対して、『スーパーマリオブラザーズ3』のゴールが何もない平地から背景が黒くなってスロットが回っているという“如何にもBダッシュしたくなる”場所にしているのもそのためですかね。

| ゲーム実況 | 20:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2018/10/20 20:44 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2503-4d2a9825

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT