FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

実際に視聴して自分が面白かった2018年の秋アニメ(第1週)

 新アニメが始まる前に「面白そうな作品」を紹介するだけではなかなか興味を持ってもらえない!ということで、新アニメが始まる前に「すべての作品」を紹介して、みんなで注目作品を語り合う配信もやって、その中から自分が選んで観た作品の中で「実際に面白かった作品」を毎週紹介していきます。

 特徴は……
 「ストーリーのネタバレは書かない」ということと。
 「この記事で初めて興味を持った作品も追いかけられるように、ネット配信をしているサイトを記載する」ということです。

 「ネタバレ度は30くらい」のつもりで書くので、それも知りたくないという人は冒頭に「どの作品が面白かったから感想を書く」と記すんでそこだけ読んで引き返してください。


 今回紹介するのは『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第1話『やがて君になる』第1話の2作品です。対象は土曜日に放送された作品までです。



◇ 『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第1話紹介
 <公式サイト

aobuta1-1.jpg
<画像はアニメ版『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第1話より引用>

 はい、今季の推し作品はこちらです!
 アバンタイトル→オープニングまでの開始1分で、「あぁ…きっと俺はこの作品にハマる」と直感してしまいました。

 原作のライトノベルの作者は鴨志田一先生―――この「実際に視聴して自分が面白かったアニメ紹介」という記事は昨年の秋アニメから始めたのですが、その昨年の秋アニメで猛プッシュしていた『Just Because!』で全話脚本を書いていた人です。私は鴨志田先生の小説はまだ読んだことがないのですけど(『Just Because!』の小説版は買ったけどまだ読んでいない……)、よほど自分のツボにハマる人なのかなぁと思うんですね。他の作品も読んでみよう。


aobuta1-2.jpg
<画像はアニメ版『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第1話より引用>

 私がこの作品にグッと来たのは、何といっても「冒頭」の掴みの構成です。
 朝、目覚めると机の上にノートが広げられている。そこに書かれていたのは「この先に記されていることは正直信じられないようなことだと思うけど、全部本当のことなので必ず最後まで読むように、必ずだ」から始まる自分の日記だった――――


 記憶にない、過去の自分からのメッセージ!
 すっげえワクワクする始まりじゃないですか!?


aobuta1-3.jpg
<画像はアニメ版『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』オープニングより引用>

 そして、始まるオープニングで走る主人公!
 そういや『Just Because!』の主人公の瑛太もオープニングで走ってましたね。どちらもいわゆる「低テンション系の主人公」なんですけど、その中に眠る熱い感情をオープニングで見せているってことなんですかね。『Just Because!』はそのせいで後半どれだけヤキモキさせられたことか!

 また、『Just Because!』の舞台は神奈川県の鎌倉で、『青ブタ』の舞台は神奈川県の藤沢なので、すぐ隣!「ここ『Just Because!』にも出てきたなぁ」という場所がチラホラあるというか……『ハナヤマタ』とか『TARI TARI』とか、神奈川南部を舞台にしたアニメは開始10分でハマってしまうことが多い私は、ひょっとして場所で選んでいるのか?地元というほど近くもないんですけど。


 あと、すっかりノーチェックだったんですけど監督の増井壮一さんって『サクラクエスト』の監督さんなんですね。シリーズ構成・脚本も横谷昌宏さんなので、『サクラクエスト』コンビという。第1話を観た後に知ったことですが、確かにそんな雰囲気でした。『サクラクエスト』ファンも注目ですよ!


【今からでも第1話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
ニコニコ動画
 (10/7 12時~)
GyaO!
 (10/7 12時~)
AbemaTV
 (10/8 23時30分~)

<有料会員は全話見放題?>
dアニメストア
 (10/7 12時~?)
U-NEXT
 (10/7 12時~)
Hulu
 (10/7 12時~?)

 ネット配信はテレビ放送の翌日正午に一斉開始で、「1週間無料」のサイトも多いです。
 「見放題」サイトも観られるところは多く、Amazonプライムビデオやネットフリックスでは観られないみたいですが、dアニメやHuluで観られて、比較的「後からでも追いかけやすい」作品ですね。



◇ 『やがて君になる』第1話紹介
 <公式サイト

yagakimi1-1.jpg
<画像はアニメ版『やがて君になる』第1話より引用>

 大人気学園百合漫画のアニメ化です!
 期待を込めて全作品紹介では1発目に紹介していましたが、しっかり期待に応える出来で良かった……!


 この作品の原作は、どうしても「“百合漫画”の範疇に収まらない」みたいに語られがちで、それが「百合を下に見ているのか」とか「作者が百合を目指して描いているのにそんなことを言うのは失礼だ」みたいに炎上することも何度かあったのですが……
 今回アニメで初めて観た私は「“百合漫画”の範疇に収まらない」と言いたくなる人の気持ちも分かったというか、事前に「百合漫画だよ」とか「百合アニメだよ」と紹介しない方が良いんじゃないかと私も思いました。

 だって、「百合漫画だよ」と紹介されてから読み始め(観始め)たら、「あー、この女の子とこの女の人が恋愛するんだな」と分かっちゃうじゃないですか。それってネタバレじゃないですか。「百合」というカテゴリーに当てはめられた時点で、「女性同士の恋愛を描くんだな」と読者(視聴者)に予め分かってしまうんです。


 もちろん「最初から女性同士の恋愛を描く作品」ならば、「百合漫画だよ」と紹介するのもアリだと思います。その方が導入部分から入りやすいって作品もあることでしょう。でも、この作品はちがうんです。

yagakimi1-2.jpg
<画像はアニメ版『『やがて君になる』第1話より引用>

 この作品の主人公:小糸侑は、“女性同士の恋愛”どころか“恋愛”というものが分かっていない少女です。告白をされたけれども、それがイマイチ“恋愛”なようには思えないと悩んでしまう子なのです。


yagakimi1-3.jpg
<画像はアニメ版『『やがて君になる』第1話より引用>

 だから、恋愛話で盛り上がる友達とも距離を感じる―――
 そういう「青春からの疎外感」の中から始まる話なので、事前に「百合漫画だよ」と言って勧めてしまうと主人公の気持ちを正確に把握できないと思うんですね。「どうして“女性同士の恋愛”が始まるのか」が重要な作品なのに、下手すると「百合漫画だから“女性同士の恋愛”が始まるんだろうね」と思われかねない。実際、そういう感想を書いている人もTwitterのタイムラインでは見かけました。


 だから、あの……「やまなしさんが推しているのだから今からでも観てみよう」と思った人は、「百合アニメ」だと思わずに観始めてください。と言っても、もう遅いか(笑)

 なので、せめて「主人公の気持ちがどう動いているのか」と、それを色んな演出で表現していることに注目してもらえればなって思います。



【今からでも第1話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
・GyaO!
 (10/12 0時~)
ニコニコ動画&生放送
 (10/12 0時~)
・AbemaTV(?)
 (10/12 0時~) ※作品公式サイトには記述があるのだけど、AbemaTV公式には記述がない

<有料会員は全話見放題>
dアニメストア
 (10/5 22時~)
・NETFLIX
 (10/12 0時~)
・Amazon プライム・ビデオ
 (10/12 0時~)
・バンダイチャンネル
 (10/12 0時~)

 ネット配信はdアニメストアが地上波テレビ放送よりも早い最速配信で、それ以外は6日遅れってカンジです。「見放題」サイトを網羅しているので、後から追いかけやすい作品ではありますね。



 今週は2作品で申し訳ない。
 私が今季「1話だけでも観てみよう」とした作品が15作品あったのですが、その内の11作品が金土日に集中した上に、スタートが月曜日だったので月曜日以降に更新するワケにもいかなくて……日曜日分を来週にまわすことで「アニメを観る」ことはなんとかギリギリ間に合ったのですが、「紹介を書く」のは金曜から1作品・土曜から1作品の2作品が限界でした。

 来週はもうちょっと余裕があるとイイなぁ……



| アニメ雑記 | 17:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

フロッピーに収まるラスボスがいるらしい。

一週間終えましたが、私的には「SSSS.GRIDMAN」が今のところ1番ビビッと来ましたね。
原作の特撮はリアタイで視聴、当時親に玩具をせびる程ハマりましたが、掴みはバッチリでした!
バトルシーンはまごう事なき「円谷特撮のアニメ化」
ネタバレなので伏せますが原作ファンのサービスシーンもありますが、それがミスリード?の可能性もありますね。
放送当時は「出る時代が早すぎた傑作」と呼ばれたグリッドマン。
それが今まさに「時代がグリッドマンに追いついた瞬間」を見た気分です。

………散々褒めましたがダリフラみたいにはならないでね…

| Baby Dan Dan | 2018/10/08 07:26 | URL |

>Baby Dan Danさん

 原作ファンの方でしたか!
 そりゃムチャクチャ感慨深いものでしょう!私は原作は観ていないんですけど、往年のヒーローが「レトロなPC」から話しかけてきて、スマホ世代の若者達が「昔のPCってこうなのか?」と戸惑っているあたりでニヤリとさせられました。

| やまなしレイ(管理人) | 2018/10/13 09:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2505-df6d3dcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT