FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

実際に視聴して自分が面白かった2018年の秋アニメ(第3週)

 新アニメが始まる前に「面白そうな作品」を紹介するだけではなかなか興味を持ってもらえない!ということで、新アニメが始まる前に「すべての作品」を紹介して、みんなで注目作品を語り合う配信もやって、その中から自分が選んで観た作品の中で「実際に面白かった作品」を毎週紹介していきます。

 特徴は……
 「ストーリーのネタバレは書かない」ということと。
 「この記事で初めて興味を持った作品も追いかけられるように、ネット配信をしているサイトを記載する」ということです。

 「ネタバレ度は30くらい」のつもりで書くので、それも知りたくないという人は冒頭に「どの作品が面白かったから感想を書く」と記すんでそこだけ読んで引き返してください。


 今回紹介するのは『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第3話『やがて君になる』第3話『SSSS.GRIDMAN』第3話の3作品です。対象は土曜日に放送された作品までです。


◇ 『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第3話紹介
 <公式サイト

 第3話はアニメにとって「視聴継続か切りかを判断される回」と言われていて、3話目を「最初の山場」として一区切りにしたり、衝撃的な展開にしたりしてくる作品が多いです(最近は見放題サイトの普及もあってか、その傾向は以前よりは弱くなって、4話目を一区切りにする作品も少なくないですけど)

 この『青春ブタ野郎~』も第3話を「最初の山場」としているのですが、それはすなわち「第1話のアバン」に話がようやくつながって「こういうことだったのか」が分かる回なのです。

aobuta3-1.jpg
<画像はアニメ版『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第3話より引用>

 大垣への逃避行から帰ってきた咲太と桜島先輩。
 「学校の生徒達は桜島先輩を忘れていない」と思われた前日から打って変わって、咲太と双葉以外の全生徒が桜島先輩のことを忘れてしまっていることに気が付きます。


aobuta3-2.jpg
<画像はアニメ版『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第3話より引用>

 思春期症候群がどうして起こるのか。
 咲太と双葉だけは桜島先輩を忘れていないのは何故なのか。

 そして、咲太もまた桜島先輩を忘れてしまうのか――――

 ここでこの『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』という作品名の意味が、視聴者にようやく分かるという。

aobuta3-3.jpg
<画像はアニメ版『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第3話より引用>

 そして、咲太は「第1話のアバンに出てきた日記」を書きます。
 「桜島先輩に関する記憶を失うであろう、未来の自分」にメッセージを送るのです。


 こういう「桜島先輩に関する記憶を失う」という未来を先に見せられる構成じゃなかったら、いつもテンション低い主人公である咲太のことも、プライドが高くて口が悪い桜島先輩のことも、こんなに応援したくはならなかったかも知れません。
 でも、「第1話のアバン」を先に見たおかげで、咲太が必死に「未来の自分」に向けて日記を書いたことも、桜島先輩が窮地に陥ることも先に分かっていて―――だから、2人のことを応援したくなる見事な構成だったと思います。


【今からでも第3話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
ニコニコ動画
 (10/21 12時~)
GyaO!
 (10/21 12時~)
AbemaTV
 (10/21 12時~)

<有料会員は全話見放題?>
dアニメストア
 (10/21 12時~?)
U-NEXT
 (10/21 12時~)
Hulu
 (10/21 12時~?)

 各サイト、テレビ放送の翌日には早速「最新話」が配信されるのですが……その結果、今からだと第2話の無料期間が終わってしまっているんですよね。今から第1話から観たい人は「見放題サイト」に登録するしかないのかー。
 と思いきや!ニコニコ生放送で第1話~第3話の振り返り上映会が行われます!この機会に是非どうぞ!



◇ 『やがて君になる』第3話紹介
 <公式サイト

 2週目は紹介しませんでしたが、『やがて君になる』も推していきたい!
 しかし、この作品……ネタバレなしで紹介するのが難しい作品なんですよねぇ。この作品の魅力って「このシーンが後のあのシーンにかかってきてこういう効果を生んでいる」とか「このシーンの何気ないこの表情変化が後にこういうところに活きてくる」みたいな、ストーリー全体を説明しないと見えてこないところにあると思うので……ネタバレを書かずに魅力を紹介するというこの記事にとっては、すげえ難易度が高いんですね。

yagakimi3-1.jpg
<画像はアニメ版『やがて君になる』第3話より引用>

 なので、開き直って登場人物を紹介しようと思います!

 右側がこの作品の主人公:小糸侑さん。高校1年生。
 左側がこの作品のもう一人の主人公:七海燈子さん。高校2年生。

 先輩・後輩の百合ものと言えば、「新入生の主人公」が「完璧な上級生」に憧れる―――みたいなのがド定番だと思われます。実際、七海先輩は才色兼備で学校中からの信頼を集める「憧れの先輩」像のキャラです。第1話で「女の子からも告白されたことがある」と言われていましたし、七海先輩は典型的な百合モノの「憧れの先輩」キャラなんですね。

 ただ、この作品の主人公:小糸さんは七海先輩を尊敬はしていても百合のような感情は抱いていません。そもそも小糸さんは相手が男だろうが女だろうが「恋愛感情というものを持ったことがない」キャラなんです。



 んで、この作品の場合「完璧な上級生」である七海先輩の方が、「新入生の主人公」である小糸さんに惚れてしまうという話なんですね。本来なら主人公が憧れるべき先輩なのに、力関係が逆転してしまっているところに面白みがあるという。

 先ほども書いたように小糸さんの方は「恋愛感情というものを持ったことがない」キャラなので脈はなくて、隠しきれていない七海先輩の好き好きオーラを察しつつサバサバと受け流していく様が面白いのです。
 その様子は下手すると「冷たい」と思われそうなのですが、小糸さんを演じる高田憂希さんの優しい声が上手く緩和してくれて、ニヤニヤ度の高いラブコメになっていると思います。


 『やがて君になる』以前に「憧れるべき先輩に惚れられてしまう百合作品」がなかったとは思わないんですけど(ていうか、最終的には先輩の方がガチになっていくのが定番な気もする)、百合の面白さとは何かを考えて、百合を分解・再構築して新たなスタンダードに到達したみたいな作品なので―――百合界の『スマッシュブラザーズ』みたいな作品と言えるのかも知れません。絶対に誤解されるわ、その表現(笑)。


【今からでも第3話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
GyaO!
 (10/26 0時~)
ニコニコ動画&生放送
 (10/26 0時~)
AbemaTV
 (10/26 0時~)

<有料会員は全話見放題>
dアニメストア
 (10/19 22時~)
NETFLIX
 (10/26 0時~)
Amazon プライム・ビデオ
 (10/26 0時~)
バンダイチャンネル
 (10/26 0時~)

 1週目にも書いた通り、dアニメストア以外は1週間遅れです。
 逆に言えば「最新話1週間無料」のサイトでも、今ならまだ第1話から追いかけられるタイミングだと言えますね。1週間遅れなことを活かして、まだ観ていないという人は是非!



◇ 『SSSS.GRIDMAN』第3話紹介
 <公式サイト

gridman3-1.jpg
<画像は『SSSS.GRIDMAN』第3話より引用>

 出ました、“FOOD理論”。

 “FOOD理論”とは、フィクションにおいて「食事をしているシーン」を描くことでそのキャラクターの特性や心情を描いていると“読み解ける”理論です。「善人は美味しそうにご飯を食べる」とか「悪人は食べ物を粗末にする」みたいな話ね。

 『SSSS.GRIDMAN』第3話を“FOOD理論”で見ると、説明台詞がほとんどないのにそのキャラクターの立場だったり心情だったりを「ご飯をどう扱っているのか」だけで説明できていることが分かります。第3話の前半部分だけで言うと……

・アカネが少年にコンビニ弁当を渡す
→ 2人の主従関係が分かる
→ 加えて弁当は「手作り」などではなく「買ったもの」なところにアカネ側のドライな感情が分かる

・それを雨の公園で一人で食べている少年
→ 孤独さ・行く場所がないことを示唆
→ 美味しそうというよりガツガツ食べて、必死さや弱さ・哀れさを感じさせる
→ 箸を使わずに直接口で食べていることで、ちゃんとした教育を受けていないのだと思わせる

・それを放っておけない六花
→ 弱者を見過ごせない性格
→ 渡そうとした弁当は「買ったもの」ではなく、(母のであったとしても)「手作り」でかつ自分のためのもの。それを分け与えようとした。アカネとの対比。
→ もしこれが少年の手に渡っていたら、物語は変わっていたのに……と思わせる


 ネタバレになるので詳しくは書きませんけど、後半も“FOOD理論”で観ていくと前半と対比になっているところが多いのが面白いです。ラテのくだりとか、すごく上手い。


gridman2-3.jpg
<画像は『SSSS.GRIDMAN』第2話より引用>

 さてさて。第2話が放送された後、ちょっと話題になったのですが……
 第2話のこのカットを見ると、「六花の家」と「アカネの家」はむっちゃ近いみたいなんですね。なので、第3話で六花が少年に出会ってしまうみたいなエンカウントが起こるという。そして、六花とアカネはEDでむっちゃイチャイチャしている割に、(第3話までの)作中では一度も会話していないどころか、どちらも互いを言及したことすらないんですよね。


 そういやちょっと話が変わるんですけど、EDの六花とアカネが百合っぽかったからなのか、第2話の放送後に百合好き界隈から「『SSSS.GRIDMAN』を勧められたのだけど百合アニメなの?」という声が揚がっていたんですけど、流石に百合アニメとして観るのはオススメしませんよ!少なくとも現状は(笑)。

 六花とアカネの関係は意図的に明かさないようにされているように思いますし、弁当の件や家族の件など対比されて描かれているように思えます(第1話だったか裕太が六花に「家族と仲いいんだね」と言っていた)
 この辺の考察の余地の残し方が、みんながアレコレ考えて語りたくなる絶妙さなんですよねぇ。そういう意味では「リアルタイムで観てこそ」盛り上がる作品だと思うので、全話終わってから一気に観るよりも毎週毎週1話ずつ観ていくことをオススメします!


【今からでも第3話が観られる配信サイト(仮)】
<最新話1週間無料>
GyaO!
 (10/28 0時~)
ニコニコ動画&生放送
 (10/27 23時30分~)

<有料会員は全話見放題>
dアニメストア
 (10/21 12時~)
Netflix
 (10/21 12時~)
Amazonプライムビデオ
 (10/21 12時~)
Hulu
 (10/21 12時~)
バンダイチャンネル
 (10/21 12時~)

 と言いつつ、「最新話1週間無料」は1週間遅れなんですよねぇ……
 しかし、逆に考えれば今からならまだ第1話から後追いすることが出来るということです!1週間遅れなことを活かして、まだ観ていないという人はとりあえず第2話まででも観てみましょう!




 さて、昨年の秋アニメから続けてきた「実際に視聴して自分が面白かったアニメの紹介」記事ですが、今回を持って最後とさせていただきます。

 終わりにする理由は、「とりあえず第1話だけでも」と視聴する作品が増えたことでスケジュールが厳しくなってつらくなったことと、「書かなきゃいけない記事」と義務化している記事は極力なくしていきたいこと、視聴している作品の中から紹介する作品を「選ぶ」というのは優劣を付けているみたいで自分のやりたいコンセプトと合わないなと思ったことなどなどです。

 「アニメが始まる前に全作品紹介する記事」と「それを紹介する生配信」は今後も続けますし、そちらを軸にしていきたいですし。
 詳しくは月末に書きますけど、来月からはもっと気楽に「今このゲームやってます」とか「今キンドル本でこれがセールになっているからオススメ」みたいな“日記みたいな記事”を書いていきたいので、ハマったアニメがあったらそっちで紹介していこうと思います。

 ではでは、1年ちょっとの間でしたがありがとうございました。




SSSS.GRIDMAN 第1巻 [Blu-ray]
Posted with Amakuri
¥6,364
売上げランキング: 64

| アニメ雑記 | 17:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

最新話まで視聴しましたが、とっても面白かったです。自分の知っている作品だと「化物語」に話の形が近いですが、あちらが日常と怪異という異世界をいったりきたりという派手な話なのに対し、こちらは思春期症候群という、日常と地続きな不思議な現象の解決というのがより感情移入しやすくて良いですね。不思議な現象を通しての咲太や桜島先輩等登場人物の心境の変化が楽しいです。

自分の感性だけでは絶対出会うことができなかったアニメだと思います。記事でおすすめしてくれてありがとうございました。

また、今まで3周目までの感想記事を書いてくださりありがとうございました。やまなしさんのハマっているアニメを知ることで、自分の観るアニメの幅が確実に広がったと思います。今後もツイッターでの感想のつぶやきを追っていきたいと思います。

| ヤタロウ | 2018/10/31 03:51 | URL |

>ヤタロウさん

 おぉ、ヤタロウさんも気に入ってくれたのは嬉しいです!

 正直なところ、この作品は「自分の感性に合いすぎている」ため客観的に見られないというか、誰にオススメできるのかがよく分からなかったんですよねぇ。
 おっしゃられる通り、構造的には『化物語』に近いと思いますし主人公とヒロインの会話を楽しむところも近いのですが……「化物のせいだよ」と原因も対処も異形の力に頼るところが多いあちらとちがって、原因も自分達のせいだし、対処も誰か専門家がやってくれるワケじゃないところにこちらは魅力があるのかなーと思います。


 定期的に「必ず書く」記事はやめますが、「書きたいときに書く」近況報告では触れていくと思いますので、そちらをよろしくお願いします!

| やまなしレイ(管理人) | 2018/11/04 23:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2514-5f344cc6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT