FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キンドル無料漫画本にて『モテ学』を配信開始しました!初公開作品です!

 誰でも無料で読めるキンドル本(ただし漫画に限る)を出版できる新サービスにて、2013~2014年に描いた『モテ学』を配信開始しました!今回が初公開となる作品です。

モテ学 やまなしレイ無料漫画短編集その6

 8本の読切漫画を収録した『春夏秋冬オクテット』を電子書籍で発売した後、「さて、これからどうするかな……」と新しい一歩のつもりで描いた読切漫画でした。
 この辺を詳しく説明するとややこしくなっちゃうのですが、当時キンドルで漫画を出そうとしたら厳しい容量制限がありまして……「このページ数なら読切3本収録するのが限界かな」と、同じテーマ3本の読切漫画を描いて短編集として出すつもりだったのです(その計画も頓挫していたため、この作品はずっと公開されずに眠っていたんですけどね)

 1本目がコレ。
 2本目は『Re:Birth』というタイトルで、これはお蔵入りになりました。
 3本目のアイディアが「これは短編じゃムリだな、長編にして描こう」ということで、『その日 世界は…』になっていったというとすごくキレイな話のようですが。実際にはもっと紆余曲折があったようにも思います。

 共通するのは「人生を描く漫画」です。
 『春夏秋冬オクテット』が「罪」をテーマにしていたように、次の短編集は「人生」を描こうとしたんですね。「人間が生きなければいけない理由は何だろう」という、私自身が未だによく分かっていない壮大なテーマをこれらの漫画を描いている間に分かるんじゃないかと描いてみたくなったのです。


 ということで、「人生を描く読切漫画」第1弾となるこの『モテ学』という作品は―――
 一言で言ってしまえば「モテナイ男の人生を描いた作品」なのです。


 「日本一モテナイ男」を自称してきた作者が描く、「本当にモテナイ男」を主人公にした作品だと思ってください。「モテナイ男が主人公」という設定なのに、なんだかんだ主人公を好きな女性が出てくるとか、作中では確かにモテていないけどなんだか格好良いから女性読者からは愛されるとか、そういう「似非モテナイ男」とはちがう「本当にモテナイ男」の物語を見せてやるぜ!

 まぁ、とにかく無料だから読んでください!


 7月から続けてきた「過去作をキンドルの無料漫画本としてアーカイブ化する」活動は、これにて最後となります。手を抜いて描ける漫画なんてありませんから、7本とも作者にとっては愛着のある漫画です。読んでくださった人に愛してもらえたなら幸いです。

| それ以前の短編漫画 | 19:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「モテ学」面白かったです

漫画作製、発表お疲れ様です。早速、「モテ学」を読んだ感想をコメントしたいと思うのですが、主人公の向江くんと自分がシンクロするところもあり、違っているところもあり、自分の過去の恋愛についての記憶も掘り起こされたりで心に刺さりまくりの作品でした。

ここからは少しヤタロウこと自分の過去の恋愛についての身の上話になってしまうのですが、学生時代の自分はまさに「告白できない向江くん」でした!!好きだなーっと思う女の子に彼氏がいるのは日常茶判事で「あるあるー」と頷きながら読んでいました。ただ好きな子に告白する勇気はありませんでしたねー。何度も告白できる向江くんを素直に凄いと思います。

そんな自分も就職して、職場で好きな女性と出会い、なんとか仲良くなって1回居酒屋でサシ飲みすることができたのですが、告白はできず・・・。その後その女性は自分の先輩の職員と結婚&退職・・・。まぁ、別にその女性や先輩職員は何も悪くないのですが、なんかそれ以来自分は女性恐怖症というか、恋愛することに対して苦手意識を持つようになってしまいました。未だに女性と恋愛したことが無いですし、自己肯定感が低いところがあるので「自分なんかに好かれても相手の方が迷惑してしまうだろうなぁ」と思ってしまいますね。

そんな自分から見ると向江くんは自己肯定感は高いように思えますね。もし女性側が向江くんの告白をOKして付き合ったりしたら物凄く尽くすタイプに見えます。むしろ歳を重ねて若さというアドバンテージがなくなってきた頃に良い人と付き合いそうな気がします。

あと向江くんの語る「普通の幸せ」の一言が重かったですね。まさに自分が現在進行形で悩んでいるというか・・・。30歳を過ぎてくると家族や世間からの結婚への無言のプレッシャーが強いんですよねー。いや自分、女性や恋愛が怖いから無理だよ、と思うのですがそうはいっても老後一人は寂しいし、両親の気持ちや世間体を考えると、考え方を変えて頑張らなきゃいけないのかなぁ、と悩み中です。なんか、世の中から「普通の幸せ」を押し付けられているような、実は結婚に関してはすでに漫画の中のMC星人の完全公平社会のような感じになっているような重苦しさを感じます。もっと、「結婚しないでもコミュニティを作れて楽しく生活できる」感じの「普通じゃない幸せ」も尊重される世の中になって欲しいですね〜。

長い上に私情や実体験入りまくりのまとまりのない感想ですが、とにかく内容以上に自分のこれからの人生について、色々考えるきっかけになった作品でした。素晴らしい漫画をありがとうございました。

| ヤタロウ | 2018/10/25 00:03 | URL |

>ヤタロウさん

 感想ありがとうございます!

 こういう題材の作品なので、「全く受け付けない人」もいるだろうなーと、そんな人ばっかりだったらどうしようかなーとおっかなびっくりしながら公開したところがあって。なので、ヤタロウさんにそう言ってもらえて安心しました。


>もし女性側が向江くんの告白をOKして付き合ったりしたら物凄く尽くすタイプに見えます。むしろ歳を重ねて若さというアドバンテージがなくなってきた頃に良い人と付き合いそうな気がします。

 いやー、これはどうでしょう(笑)。

 僕、久々にこの作品を読み返して作者として「よく出来ているなー」と思ったところなんですけど……向江くんって南野さんを「特別」に好きだと思いつつも、その気持ちを抱えたまま「まぁこの辺でイイか」とポンポン好きな人を変えているんですね。
 女性読者から「うわぁ、コイツ本当イヤな男だな」と嫌悪されるのを狙ったところもありますし、割と僕もこういうタイプだったので分かるんですけどこういうのって相手の女性にはバレるんすよ。「オマエ、あのコにフラれたからってこっち来たよね?私は2番手か」と(笑)。向江くんが1人に絞るタイプだったらまたちがった人生だったろうと思うんです。


 『モテ学』の大室くんはギャグに落とし込んじゃったのを、こっちはガチでやっているというか。ある意味では、これから中学・高校時代を生きていく少年読者には「これの逆を進むんだ!」と薦めたいですね。

 思った以上に僕も語りたいことがポンポン出てきますね……(笑)

| やまなしレイ(管理人) | 2018/10/30 00:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2515-8c732f89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT