FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年12月の近況報告その1:UltimateダブルMy勇者くんの放課後バトルサクラサクラ2!

 来年の2月14日に向けてAmazonの「欲しいものリスト」を公開するかどうか悩んでいるという話―――
 懸念していることの一つには、前回の2月の時点では「欲しいものリストに入っていないもの“だけ”を贈ることが出来なかった」という理由があるのですが、8月では「欲しいものリストに入っていないもの“だけ”を贈ることが出来た」という報告ももらったので、来年1月に実際に仕様を確かめてから考えたいと思います。


 もう一つの理由は、私もAmazonの「欲しいものリスト」経由で色んなものをいただいたのですが(ありがとうございます!)、普段仲良くさせてもらっている方には私からもAmazonの「欲しいものリスト」経由で「欲しいものリストに入っているもの」と「私のオススメの漫画」を贈るようにしていたんですね。
 仲良くさせてもらっている方なので「何となくのその人の好み」が分かっているので、漫画ソムリエのごとく「アナタにピッタリな漫画はこちらです!」と自信を持って“その人にオススメな作品”を贈ったのですが……

 前回既に“その人にオススメな作品”を贈っちゃったので、来年はもう“その人にオススメな作品”がないという(笑)。1年という短い期間で、そうそうピンポイントに“その人にオススメな作品”なんて出会えるものじゃないんですよ!自分にピンポイントな作品にだってなかなか出会えないというのに!


 ということで、来年ももしその企画をやることになりましたら……開き直って、“その人にオススメな作品”というよりかは“私の大好きな作品”を贈ろうかなと考えています。アナタに合うかは知らんが、私は好きなんだ!という押しつけるスタンスで行きます!



【最近セールで買ったもの・オススメなもの】
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(17) (角川コミックス・エース) 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(18) (角川コミックス・エース) 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(19) (角川コミックス・エース)
【最大65%OFF】機動戦士ガンダムNT公開記念KADOKAWAガンダムコミックフェア (12/13まで)

 『ガンダムNT』公開のキャンペーンで、『ガンダム』関連のキンドル本の一部が値下げになっています。私は『THE ORIGIN』のまだ持っていなかった巻を3冊購入しました。『ガンダム THE ORIGIN』は全24巻なので、あと5冊!全部セール価格で揃えられるかというゲームになってきました(笑)。


 私のフェイバリット漫画で言えば、『クロスボーンガンダム』のシリーズは『ゴースト』まで全巻セール価格になっていますね(『DUST』は途中まで)。全6巻の最初のシリーズだけでも読んでくれたら嬉しいです!

機動戦士クロスボーン・ガンダム(1) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム(2) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム(3) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム(4) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム(5) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム(6) (角川コミックス・エース)



Nintendo Switch/ニンテンドー3DS プレゼントソフトカタログ2018 冬[期間限定広告]

 セールではなくてキャンペーンですけど、毎年この時期に任天堂が出している「ゲーム屋さんなどで配布しているソフトカタログの電子版」が今年もキンドルで配布開始になりました。もちろん無料。

 そして、このカタログをダウンロードすると「対象のダウンロード版ソフトで使える500円OFFクーポンをプレゼント」というキャンペーンが始まっています。
 対象のダウンロード版ソフトは『スマブラSP』や『ポケモン』などに加え、来年発売の『マリオUデラックス』など最新のゲームソフトもズラリと並んでいます。私が『スマブラSP』のダウンロードカードを買ってくるよりも前に教えて欲しかった……!Amazonのダウンロード版はただでさえ安いのに、更に500円引きとは。

 

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch|オンラインコード版 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL + ファイターパス セット|オンラインコード版 New スーパーマリオブラザーズ U デラックス|オンラインコード版



【最近読んでいた本】
六花の勇者 (ダッシュエックス文庫DIGITAL) 六花の勇者 2 (ダッシュエックス文庫DIGITAL) 六花の勇者 3 (ダッシュエックス文庫DIGITAL) 六花の勇者 4 (ダッシュエックス文庫DIGITAL) 六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫DIGITAL) 六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

 この記事にも書きましたが、『六花の勇者』という小説を既刊全巻読んでいました。「ストーリーが完結していない」という一点を除けば、すごく面白かったです。

 2015年にアニメになったのは、どうやら原作1巻部分だけみたいですね。
 「目覚めた魔神を倒せるのは、運命の神に選ばれた6人の勇者だけ―――なのに、集まった勇者は7人いる。」というファンタジーとミステリーを融合したような話なのは確かに面白いのだけど、2巻以降の壮絶な騙し合い・裏切り・策謀渦巻く展開を見ると「アニメの後が本編なのでは?」と思わなくもないです。

 しかし、この作品があまりに壮絶で容赦のない展開の連続だったため、他の作品を見ると「すっげヌルイ戦いをしているな」「本気で生き残る気あるの?」と思えてしまうようになったのは不幸な副作用だったかも知れません。そのせいで今季のアニメはあまり楽しめなかったなぁ……


放課後カルテ(1) (BE・LOVEコミックス) 放課後カルテ(2) (BE・LOVEコミックス) 放課後カルテ(3) (BE・LOVEコミックス) 放課後カルテ(4) (BE・LOVEコミックス) 放課後カルテ(5) (BE・LOVEコミックス) 放課後カルテ(6) (BE・LOVEコミックス)
中原くんの過保護な妹 1 (バンブーコミックス WINセレクション) 中原くんの過保護な妹 2 (バンブーコミックス WINセレクション) 中原くんの過保護な妹 3 (バンブーコミックス WINセレクション)
はねバド!(1) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(2) (アフタヌーンコミックス) はねバド!(3) (アフタヌーンコミックス)

 ここからは、既刊全巻(もしくは完結している全巻)を持っていないのだけど、お金がないからとりあえず持っている巻を全部読んで続きを買うか判断しようと読んでいた漫画です。

 まずは『放課後カルテ』。全16巻で完結しているみたいなのだけど、流石に全巻一気に買うほどお財布に余裕はないので「今月は500円余裕があるから1冊だけ買おう」みたいにチョコチョコと買い足して6巻まで揃えました。先は長い。
 小学校の保健室の先生が、大学病院からやってきた不愛想・ぶっきらぼう・コミュニケーション能力皆無の男性医師になった―――という話です。周囲から誤解されがちな男が、実は子供達の異変にいち早く気付くという「ヒーローもの」的なカタルシスもありますし。小学校が舞台でありながら「担任の先生」ではなく「保健室の先生」が主人公なため、小学1年生から小学6年生まで幅広い年代の子供が登場して、その子達の物語が描かれるのが面白いです。私は小学5年生の冴島啓ちゃんが好きです。

 すっげー面白いのでチョコチョコと続きを買っていきます。全巻読み終えたら紹介記事を書いて布教させたいなぁ。


 『中原くんの過保護な妹』は現在4巻まで出ていますが、3巻まで持っていたのでとりあえず3巻まで読みました。
 お兄ちゃんのことが大大大大好きで、お兄ちゃんのお世話をするために何でもこなすパーフェクト美少女が妹という作品です。1巻を読んだときは一発ネタかなと思っていたのだけど、2巻以降は妹の同級生なんかも出てきて『あずまんが大王』とか『うまるちゃん』とかその辺の作品の雰囲気に近くなってきたかなぁと楽しかったです。これもお金に余裕が出てきたら続きを買いたいし、妹ちゃんには幸せになって欲しいです。


 『はねバド!』は無料キャンペーンか何かで3巻まで持っていたので、とりあえず3巻まで読みました。
 アニメは全話観ていたのだけど、アニメとはもうビックリするくらい別物なんですね。ストーリーの構成がちがうし、展開がちがうし、キャラクターの設定も別物。アニメでは同級生のライバルだった男子部員が、原作だと2年・3年と先輩後輩になっていたのにはビックリしました。

 アニメは最初はすごく面白かったのだけど途中途中チグハグに思えてどんどん楽しめなくなっていったという印象なのですが、こういう「チグハグに感じるアニメ」って得てして「原作と全然ちがう構成に変えている」ことが多いんですよねぇ。『火ノ丸相撲』とかもそうでしたけど。
 長期連載中の漫画を1クールのアニメに収めるというのは、そりゃ大変なんでしょうね。個人的には「第1話のBパート以降は完全に原作無視」だった『境界の彼方』を経験しているので、両方見てこういう違いが分かるのも面白いとは思うのですが。



【最近遊んでいたゲーム】
sakura1-2.jpg
<画像はドリームキャスト版『サクラ大戦』より引用>

 終わってみれば丸1ヶ月、『スマブラSP』までに間に合いましたね。
 11~12月にゲーム実況で挑戦していたのはドリームキャスト版『サクラ大戦』でした!

 紹介記事を書いたので「どういうゲームなの?」という人はそちらを読んでください。ここではゲーム実況で遊んでみての感想を書こうと思います。ミニゲームの下手さ加減に「ゲームが下手な人が挑戦する~」という配信タイトルにすれば良かったと思ったことは一度や二度じゃありませんでした(笑)。

 初めて遊ぶミニゲームにとっさに反応して攻略できるかって、「ゲームの上手い/下手」が一番出るところなのかもとも思うんですよねぇ。例えば私が2D『マリオ』をクリア出来ると言っても、今までに何十・何百時間と蓄積した練習時間があってこそでしょうし。それを見て「マリオがクリア出来るということはゲームが下手じゃないじゃないか」とか言われても困るという。

 そう考えると、私が「果たしてゲームが下手か」を検証するのに一番相応しいゲームって……実は『マリオパーティ』とかなんじゃないのかって考えています。チーフがニコ生でプレイしているのを見て思ったんですけど、『マリオパーティ』って先を読む戦略性とミニゲームに対応できるスキルが必要なゲームですからね。いつか実況で挑戦するかなぁ……


 『サクラ大戦2』も実況でやるかはまだ悩んでいます。
 私は『1』を実況で遊んで楽しかったのでこのシリーズは実況プレイもオススメなのですが、「『2』も実況しようかな」と言った時のコメント欄の反応は微妙でしたからね(笑)。まぁ、「実況したいゲーム」のストックは山のようにあるのでしばらく保留にしておきますか。

→ クリア!


sakurass-1.jpg
<画像はセガサターン版『サクラ大戦』より引用>

 そして、こちらが紹介記事を書くために比較として第1話だけプレイしたセガサターン版『サクラ大戦』です。
 私、ゲームの画質ってほとんど気にしない方だと思っていて、Nintendo Switchのゲームを遊んだ後にWiiのゲームを遊んでも特に差も感じないくらいなのですが……流石に同じゲームをドリームキャスト版→セガサターン版と続けて遊んだら、「セガサターン版は画質が悪いな」と思ってしまいましたね。

 ということで、第1話をクリアしたところでやめにしたのですが……これは「ギブアップ」じゃなくて「引退」扱いでイイですよね?イイですよね?

 ドリームキャスト版の方がオススメですけど、原点はセガサターン版なので「当時の人達と同じ体験をしたい」という人にはこちらがオススメです!

→ 引退



mymerrymay2.jpg
<画像はドリームキャスト版『My Merry May』より引用>

 『サクラ大戦』挑戦中につき、ドリームキャスト本体を出しっぱなしにしていたためバレンタインでもらったアドベンチャーゲーム『My Merry May』もこのタイミングでプレイしていました。
 最初に到達したエンディングは「みさおちゃんエンドのB」で、次に最後の選択肢だけを変えて「みさおちゃんエンドのC」に行き、全部で12コあるエンディングの内の2コに到達しました。全エンディングコンプリートは難しそうなんですけど(てゆうか「A」はどう行くんだ?)、全ヒロインのルートは見ておきたいなと思ったので、現在は「ひとえちゃんルート」に向かって最初からやり直しているところです。

 この作品のストーリーを簡単に説明すると―――全寮制の高校に通う主人公が、人型人工生命体「レプリス」を起動して生み出してしまい、彼女と一緒に暮らしていく内に成長していく……というもので、このストーリーで「レプリス」以外のヒロインとくっつく選択肢を選ぶのは外道すぎない?と思ったのですが。私が最初に到達した「みさおちゃんエンドのB」はここのところを上手く消化していましたね。

 「作品上のメインヒロインであるレゥ」と「私が選んだヒロインであるみさおちゃん」のバランスをよく取っていたな、と。なので、他のヒロインのルートも観たくなってプレイ継続中なのですが……来年1月からはまた別のゲーム機のソフトに実況で挑戦するので、ドリームキャストを出しておける今月中にどれだけのルートをまわれるだろうか。しばらくは『スマブラSP』と並行してプレイしていきます。

 寮で暮らす高校生の男女がワチャワチャと青春を過ごすストーリーが好きな人にはオススメです!

→ プレイ継続中



wdragon_201812051720301d4.jpg
<画像はファミリーコンピュータNintendo Switch Online版『ダブルドラゴン』より引用>

 毎月3本新たな積みゲーを増やしていく恐怖の『ファミリーコンピュータNintendo Switch Online』、このままじゃ積みゲーが増える一方だということで『ダブルドラゴン』をプレイしました。

 この頃のテクノスジャパンのゲームは、アーケードゲームをファミコンに移植する際に「完全移植はムリだからオリジナル要素を入れよう」とすることが多かったんですね。『熱血高校ドッジボール部』なんかは、それでファミコン版の方が有名になったくらいで。
 『ダブルドラゴン』の場合は、アーケード版の売りだった「2人同時プレイ」が削除された一方で、倒した敵によって経験値を得て使える技が増えていく「レベルアップ制度」を取り入れていました。それはまぁ、強力な技で最初からゴリ押しさせない仕様だとは思うのですが……何故か「コンティニュー」まで削除されて、アーケード版以上の難易度になっているのだとか。

 まぁ、アーケード版をやりこんだ子供がファミコン版を安くないお金で買って、すぐにクリア出来たんじゃマズイという配慮ですかね。とてもじゃないけどクリア出来る気がしないのでギブアップします!というか、『ファミリーコンピュータNintendo Switch Online』に「私でもクリア出来そうなゲーム」なんてほとんどないんですけど!

 「ゲームはノーコンティニューでクリアするに限る」という人にはオススメです。

→ ギブアップ!



splatoon2-2018-12.jpg
<画像はNintendo Switch用ソフト『Splatoon2』より引用>

 先月から「ナワバリバトルは適正なマッチングにならないからガチマッチをやろう」と再開していた『Splatoon2』ですが、C+からB-にやっとの思いで上がった途端に5連敗をして心が折れたので、もうやっていません(笑)。

 私、『Splatoon』って1作目の発売前の先行試射会からやっていて、『1』と『2』合わせて400時間くらいプレイしているんですけど……それでもウデマエがC+とB-を行ったり来たりするくらいなんですよ。それで「ゲームが下手とか名乗るのは許せない。本当にゲームが下手な人の気持ちを踏みにじっている」とか言われるの納得いかないんですけど。

 こういうことを言うと「400時間もアクションゲームを遊んでいる時点でゲームが上手い」「そもそも本当にゲームが下手な人はアクションゲームを遊ばない」みたいに言ってくる人がいるんですけど、おかしいでしょ!
 サッカーをしたことがない人が「私はサッカーが下手です」とは言ったら間違いでしょ、「私はサッカーをしたことがないです」と言うのが正解でしょう。400時間プレイしても、それでも下手だからこっちは「ゲームが下手」を名乗ってんじゃああああああ!

 ということで、私に「ゲームが下手とか名乗るのは許せない」とか言ってくる人は、『Splatoon』を400時間遊ぶのがオススメです!というか400時間遊んでから言え!

→ 引退 (何度目だ)



uch-2.jpg
<画像はNintendo Switch用ソフト『Ultimate Chicken Horse』より引用>

 『Splatoon2』に心をボッキリと折られたタイミングで、Nintendo Switch版の回線落ちの不具合を解決した修正パッチが配布されたので『Ultimate Chicken Horse』を再開しました!
 回線落ちしなくなった!4人対戦ができる!クロスプレイのおかげなのか、Nintendo Switch用ダウンロードソフトでもランキング上位にいるからなのか、最近始めたばっかと思われる人ともガンガンマッチングしますね。あと何気にNintendo Switchの動画撮影にも対応したみたいです。

 私の目標としては「全キャラクター」と「全ステージ」を解放した上で、フレンドの人達とオリジナルルールで遊ぶ配信をやってこのゲームを締めくくりたいと思っているのですが……「?」のついているステージを遊ぶとキャラクターやステージを解禁できるのに、野良で遊ぶとみんな「?」のついていないステージを選ぶんですけど!?なんで!?

 ということで、「全キャラクター」と「全ステージ」の解放は程遠いなという現状で、『スマブラSP』が発売になったら流石に遊ぶ時間が取れないと思うので、『スマブラSP』に飽きた時期にまた再開しようと思います。その頃までオンラインに人が残っていてくれるとイイのだけど。

 オンラインで遊ぶゲームなので「どんな人とマッチングするか」で面白くなるか不快になるかが分かれてしまうのは仕方ないので、それも含めてゲラゲラ笑える「遊び」を求めている人にオススメです!

→ プレイ中断中



meku-ru2_20181206102233861.jpg
<画像はNintendo Switch用ソフト『バトルスポーツ めく~る』より引用>

 一方、1月の世界大会に向けて練習しようと毎日15分オンライン部屋につないでいる『バトルスポーツ めく~る』は相変わらず誰ともマッチングしません。時間帯を微妙に変えてみたのだけど、それでもダメ。世界中でこのゲームを今も起動しているのは私しかいないのか??

 こう考えると、オンライン対戦のゲームはこれからはマルチプラットフォーム&クロスプレイが必須になっていくんでしょうね。せっかく面白いゲームでも対戦相手がいなくては遊べませんから、「このゲーム機で独占」みたいなのはプラス要素ではなくマイナス要素にしかならないのだろうと思いました。
 特にこのゲームは、Nintendo Switchという新しいゲーム機に向けてそれ専用に作られて、それが功を奏して任天堂からもニンテンドーダイレクトなどでプッシュしてもらえた作品なので……現在「誰も対戦相手がいない」ことの意味でものすごく皮肉になっていると思うんですよねぇ。

 オフラインで一緒に遊んでくれる友達がいる人にはオススメです!
 そういや、『スマブラSP』に向けてNintendo Switchにゲームキューブコントローラをつなげてみたんですが、昨年の秋ではゲームキューブコントローラでもこのゲームが遊べたのに、現在では遊べなくなっているんですね。私の家にはNintendo Switchで使えるコントローラが、左右のジョイコンと、バレンタインで頂いたプロコン、そしてゲームキューブコントローラしかないので、もし仮に家で4人対戦をしたくてもコントローラが足りないという。どうしてこんなことに……

→ プレイ継続中


<クリア:1>
・『サクラ大戦』(ドリームキャスト版)

<引退:1>
・『サクラ大戦』(セガサターン版)
・『Splatoon2』 ※過去にカウントしているので数字には含めない

<ギブアップ:1>
・『ダブルドラゴン』

<プレイ継続中:2>
・『My Merry May』
・『バトルスポーツ めく~る』

<プレイ中断中:1>
・『Ultimate Chicken Horse』


 2勝1敗3分で、クリア率66.66666666%でした!
 年間通して75%くらいを維持したかったのですが、今回はそこまでたどり着きませんでした。『ファミコンOnline』が重くのしかかる!『ファミコンOnline』でまだ遊んでいないゲームを遊ぶ配信も、時間が出来たらやりたいですねぇ。


<現在の積み状況>

【紙の本】
・漫画:所有674冊、未読46冊
・小説:所有11冊、未読3冊
・その他:所有11冊、未読0冊
→ 積み本(紙)合計:49冊<前回:46冊>
【自炊済】
・漫画:所有331冊、未チェック71冊
・小説:所有22冊、未チェック3冊
・その他:所有28冊、未チェック1冊(+8冊)
→ 自炊の未チェック合計:75冊(+2冊)<前回:0冊(+2冊)>
【電子書籍】
・漫画:所有801冊、未読203冊
・小説:所有85冊、未読28冊
・その他:所有39冊、未読3冊
→ 積み電子書籍合計:234冊<前回:251冊>

【Nintendo Switch】
・所有30本、未起動5本、未クリア&未ギブアップ2本
【Wii U】
・所有24本、未起動2本
【Wii】
・所有62本、未起動12本、未クリア&未ギブアップ2本
【ゲームキューブ】
・所有2本、未起動1本、未クリア&未ギブアップ1本
【スーパーファミコン】
・所有41本、未起動22本
【ファミリーコンピュータ】
・所有62本、未起動21本
【ニンテンドー3DS】
・所有64本、未起動5本、未クリア&未ギブアップ1本
【ニンテンドーDS】
・所有37本、未起動1本
【ゲームボーイアドバンス】
・所有4本、未起動1本
【ゲームボーイ(カラー)】
・所有26本、未起動12本
【プレイステーション】
・所有43本、未起動7本
【ドリームキャスト】
・所有12本、未起動6本、未クリア&未ギブアップ3本
【セガサターン】
・所有49本、未起動39本
【メガドライブ】
・所有3本、未起動2本、未クリア&未ギブアップ1本
【PCエンジン】
・所有10本、未起動1本
【アーケード】
・所有6本、未起動1本、未クリア&未ギブアップ1本
【スマートデバイス】
・所有115本、未起動2本
【PCゲーム】
・所有31本、未起動12本、未クリア&未ギブアップ1本

→ 未起動152本、未クリア&未ギブアップ12本
→ 積みゲーの合計は164本<前回:145本>

 ここ数週間で「本の自炊」を大量にしたので、「自炊したけど未チェックの本」が大量に増えました。その分だけ「紙の本」が減ったぞーと思いきや、「未読の紙の本」が増えている??何かカウントし忘れていて追加したものがあったのかしら。電子書籍は順調に消化中です。

 ゲームの方は、友達が置いていった「福袋から出たけど要らなかったゲーム」が次々と私の積みゲーになっていっています。友達が要らなかったものでも「私はやってみたい」ものも多いのでそれは別に構わないんですけど、まだレトロフリーク購入していないので、積んでいるのはイイけど遊ぶ手段がないという(笑)。
 ただ、レトロフリークを買うお金があったらハイスペックパソコンに向けた資金にしろって話でしょうし、レトロフリークを買うまでの道のりはまだまだ遠い……この間に「64ソフトも遊べる新型レトロフリーク」とか出してくれませんかねぇ。


【これから買う予定のもの】


 何といっても、12月7日(金曜日)には『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が発売されます。ゲーム&ウォッチから『Splatoon』のイカちゃんまで、新旧のゲームキャラが集まって乱闘する大人気シリーズです。こんなにキャラが豪華なゲームは滅多にありません!私も買います、というか既に買ってあって、あらかじめダウンロードしています!

sumaburacard.jpg

 ダウンロード版は恐らく12月6日(木曜日)の深夜から遊べるようになるので、そこからガンガン遊ぶという人も、実況するという人も多いと思うのですが……私はいつもの通りに発売日の12月7日(金曜日)の20時から、初起動&初プレイの様子を実況しようと思います。それまで我慢我慢。

 オンライン対戦がちゃんと生配信できたのなら、12月中は『スマブラ』をみんなでワイワイ遊ぶ配信を率先してやっていきたいですね。がんばれ、私のロースペックパソコンと、我が家の回線!

 んで、今のうちに言っておこうと思いますが、『スマブラSP』に関しては「紹介記事」とか「1stインプレッションの記事」といったレビューは書かないつもりです。私は『スマブラ』大好きなんですけど「触ってるだけで楽しい」だけで、システム的なことを全然理解できていませんし、当然のことながらバランスとかを語れるほど上手くもありません。
 迂闊なことを書くと炎上しかねない案件なことは分かっているので、記事を書かない代わりに生配信でみんなでワイワイ遊んでいけたらなと思います。





 そして、『スマブラ』の6日後の12月13日(木曜日)には『スマブラ』以上に豪華なキャラクターが一堂に揃う『Fight of Gods』任天堂サイト)も発売されます。
 仏陀、イエス・キリスト、天照大神、そしてサンタクロースといった世界的な有名キャラクター(キャラクター?)が集まって殴り合います!マリオがピカチュウぶん殴るのなんか比じゃない「大丈夫か」感!

 もちろん買いますし、発売日の20時から実況やります!
 発売日に2時間実況しながら遊んで、それ以降全く起動しない未来が見えなくもないけれど!それでもイイのです!

 オンライン対戦がないのは残念なのだけど、もしあったとしても発売から1ヶ月も経てば誰ともマッチングしなくなるようなゲームでしょうし(失礼)、そこはむしろプラスと受け取りたい。




※ PVはPS4版です

 12月18日(火曜日)にNintendo Switch版が発売になる『Firewatch』任天堂サイト)も、一応購入して発売日の20時から実況プレイ予定です。冒頭1時間半くらいなら実況しても大丈夫ですよね……? ネタバレ回避のために情報を入れないようにしていたのだけど、2時間で終わるゲームとかだったらどうしよう。

 元々このゲームは2016年2月に海外で発売され、The Game Awardsの「ベストインディーゲーム」など数々の賞を獲った作品です。2018年2月に日本語字幕付きのPS4版が発売され、2018年3月にはSteamなどのPC版も無料アップデートで日本語字幕を付けられるようになって、今回のNintendo Switch版も日本語字幕に対応しています。

 ゲームとしては、森林火災監視員の男となって、トランシーバーで上司の女性と喋りながら森林公園内で起こっている様々なことに直面するという「一人称視点のミステリーアドベンチャーゲーム」だそうです。ということは、『Dの食卓』の子孫みたいなゲームですかね。虫を探して記憶を集めなきゃ!





 『ファミリーコンピュータNintendo Switch Online』の追加タイトルは、12月12日(水曜日)に3本が予告されています。

 『アドベンチャーズ オブ ロロ』はHAL研究所のアクションパズルゲームで、「エッガーランド」というシリーズの1作ですね。画面固定のアクションパズルゲームなので私の大好物なのですが、ファミコンのアクションパズルは難易度が高いことが多いのでどうなるかな……

 『忍者龍剣伝』は、ゲームセンターCXで数々のゲームに挑戦してきた有野課長が「一番大変だった」とトラウマのように語った激ムズアクションゲームです。『スマブラ』の桜井さんは「ダメージ後の無敵時間が短いため敵が出てきたら即倒さないといけないバランスになっている」とコラムに書かれていましたね。
 実は私、自分ではやったことがないので、無料で遊べるならちょっと手を出してみたいゲームの1本でした。絶対にクリア出来ないと思いますが、これはこれで嬉しい。

 『ワリオの森』はファミコン末期の落ちモノパズルゲームです。ニューファミコンとの同時発売タイトルだったのか。落ちてくるブロックではなく、下のブロックを操作するのが特徴みたいで、対戦プレイも可能です。これも私はやったことがない、というか今月の3本はどれも遊んだことがないゲームなので嬉しいですね。生配信でフレンドと対戦で遊んでみたいゲームです。




 積みゲーが6本増えるということなので、少なくとも今月中に6本はゲームをクリアしたいですね……

| 近況報告 | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2532-638f42c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT