FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「知っている役者さん」が出ていること、嬉しいですか?

 色んなことに合点がいった話。


 人間って、基本的には「知っていること」から「興味」を広げていくものだと思うんですね。
 
 例えば「スポーツ中継」とかも、どちらのチームの選手も一人も知らないとなると「日本代表」の試合であっても観る気が起きないけれど、一人でも知っている選手がいるならちょっと観てみようかなと思うもので……なので、スポーツニュースなんかでも「スター選手」を作り出そうとするし、サッカー日本代表の試合中継とかでも右上に「香川・長友出場中」みたいに比較的有名な選手が出ていることをずっと表示するのでしょう。

 「知っている」と「知らない」のでは天と地ほどの差があって、どんな人だって「まったく知らない」ものにはなかなか手を出せないものだと思うんです。
 『ドラゴンクエスト』の新作が発売されたら「ドラゴンクエスト!知っている!買ってみようかな」と思ってもらえるけど、『ぺちょまにゃーがりゃぐにょにょ』という聞いたこともないタイトルの新作が発売しても「全然聞いたことない!面白そう!」とは思ってもらえないですよね。
 でも、ゲームに詳しい人になれば、「タイトル」だけじゃなくて「メーカー」とか「開発会社」とか「開発者」とかまでチェックするので、実はその『ぺちょまにゃーがりゃぐにょにょ』は昔『ドラゴンクエスト』を開発した人の新作らしいぞみたいなことを突き止めて興味を持ったりしますが、それも「知っているもの」から興味をつなげているだけですからね。(※1)
 インディーゲームとかだと、開発者は全然関係がないのだけど「ロックマンに影響を受けている」とか「MOTHERに影響を受けている」みたいにリスクペクト先を明らかにすることで「自分の知っているものに近いものだ」と思ってもらおうとしたりしますね。

(※1:一応言っておきますけど、実在しないゲームを喩えとしてでっち上げただけですからね)


 引用したツイートで話されていたことは「洋画の吹き替え」のことだと思うんですが、「アニメの吹き替え」にしても同じようなことはよく話題になります。

 「『君の名は。』の監督の最新作だよ」と言われたら、『君の名は。』を観た人には「知っている!」→「興味がある!」と思ってもらえるけど、(その人にとって)全く聞いたことのない監督の最新作と言われても「知らない」し、「興味がない」となってしまうと思うんですね。
 そこで、アニメに詳しい人が「この監督は知っている」「この作画監督は知っている」「この脚本家は知っている」「この声優さんは知っている」と言っても意味がないのです。アニメに詳しくない人にとっては『ぺちょまにゃーがりゃぐにょにょ』と一緒なんです。だから、「バラエティ番組とかでおなじみのあの人が出ていますよ」で「その人なら知っている!」→「興味が出てきた!」としたいのでしょう。そして、実際にそれで観に行く層が一定の数はいる……


 要は「知っているもの」の分野と広さがちがうだけだと思うんですね。
 アニメファンだって「知っている声優さんが出ているから観る」とか「あの監督の過去作は観たことあるから今作も観よう」みたいなカンジで「知っているもの」から興味をつなげているだけで、アニメファンもアニメに詳しくない人も「知っているものから興味を持つ」のは一緒だと思います。




 ということを前提にして、ここからが私の話なんですが……
 私、「知っている役者さんが出ているか」どうかってあまり気にしないんですよ。むしろ「知らない役者さん」の方が嬉しいときまであります。これは「アニメ」でも「実写」でもそうです。

 「実写」の映画の方がイメージしやすいでしょうから、「実写」で説明しましょうか。
 他の映画とかでもよく見かける俳優さんとか、バラエティ番組でよく知った顔が出てくると、もうその映画は「作りもの」だと私は思ってしまうんですね。だって、この人の職業は本当は警察官じゃないじゃんとか、この人ホントは死んでないじゃんとか、この人プライベートでは○○さんと結婚して幸せな家庭を築いているのに映画の中で「俺は不幸だ」みたいに言われても困るわとか思ってしまうのです。

 逆に言うと、例えば『カメラを止めるな!』みたいに全然知らない役者さんばかりだと、「役」と「役者」の境界線があいまいになって没入度が増していきます。怖い役の人は本当に怖く見えるし、情けない役の人は本当に情けなく見えてきます。


 とは言え、この記事の冒頭に書いたように「人間は知っているものにしか興味を持たない」ものなので、興行的なことを考えたら有名な役者さんをズラリと並べた方がイイというのは分かります。「全然知らない役者さんばかり」で映画を撮り続けるのは難しいですよね。
 なので、私は日本の映画を観るのは程々にして、「昔の映画」とか「外国の映画」とかをキャストを知らずに観て、「全然知らない役者さんばかりだ!」「本当に悪い人にしか見えない!怖い!」と没入度を楽しんだりするという。これはまぁ、私は特に外国人の顔を覚えられないというのも大きいのですが(あと、没入度が高い=楽しいというワケでもないんですけどね)


 んで、アニメの声優さんについてもそうで―――
 私は「知っている声優さんが出ている」ことをあまりプラスに捉えられないんですね。もちろん「好きな声」とか「好きな演技」とかで好きな声優さんがいないことはないんですが、好きな声優さんが出ていると「キャラクター」というよりも「声優さん」の方に気が取られて、「この人、本当にこういう演技が上手いなー」とか「こういう声も出せるようになったのか!」みたいに“演技”として見ちゃうんですね。

 だから、芸能人の吹き替えとかも「演技の上手い/下手」以前の問題で……
 「キムタクが声優初挑戦!」みたいな作品に対して、感想が「キムタクの演技、思ったほど悪くなかった」みたいになっちゃうの、何その授業参観みたいな感想って思っちゃうんですよ。“演技”として見ちゃった時点で、もうその映画は「作りもの」じゃん!


 ということは、私の理想的なアニメの楽しみ方は「キャストを全く知らずに観る」で、観終わった後にEDクレジットで「えー、あの人って○○さんがやっていたんだ!気付かなかった―」と確認するのがイイんでしょうけど、キャストの情報は真っ先に入ってきちゃうのでなかなか「知らずに観る」ってのは難しいんですよね……


 「知っている役者さん」が出ていること、みなさんは嬉しいですか?


| ひび雑記 | 17:56 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私はむしろ知ってる役者の演技を楽しみに作品を見に行きます。
「作品鑑賞」よりも「授業参観」の方が楽しいタイプだからです

「お話は楽しめなかったけど、あの声優さんの演技が素晴らしかったなー。観て良かったなー」とかやってます(ときどき「推しの出番が少ないキーーッ!」とかなりますw)。「作品」として楽しむ派ではなく「芸」として楽しむ派、という感じですかね。

| まいかる | 2019/05/17 13:47 | URL |

やまなしさんの考えとは若干異なりますが、没入度が下がるという理由で、俳優が吹き替え(声優)を担当するアニメが嫌いです。
この問題、俳優を起用する流れのきっかけはジブリ作品にあった気がします。
宮崎駿さんは声優の声が好みではない、という話を聞いたことがありますが、俳優を起用するようになって、アニメ好き以外の一般層にも人気がでてきたアニメ作品は俳優を起用するものという、一部ブランド化みたいな流れが出来上がってしまった気がします。

俳優は、声優のプロではないわけで、一生懸命やってるのでしょうから悪く言いたくないんですが、「俳優に吹き替えを担当させたせいで作品の品質が低下した」とすら思えます。
ハウ◯とか、も◯◯けとか。(はっきり下手とまでは言いませんが…)

声優は全然詳しくありませんが、「知ってる声優がアニメを担当することについては、声優だから問題なし」
「知ってる俳優がアニメの吹き替えをやることについては、声優の素人が担当するわけで全く嬉しくない」
私はそんな感じです。

ツイッターの方の「知ってる俳優だからアニメを見る」という意見にとても驚きました。

| ああああ | 2019/05/17 14:14 | URL |

アニメ漫画原作の実写映画よろしく、根の深い問題ですよね。
ゲームアニメですら全く繋がりの無い物には中々触れない保守的な性格してるのでそういう入口を増やす手法にだいぶ助けられてるんですけど、中々難しい…。

で、本題に入りますと知っている方が出ている作品だとそれを見るきっかけにはなるんですけど、作品を見始めると余りその役者さんの演技を追うって事はないですね。

でも授業参観っていうのは言いえて妙だと思いました。
何となく世の中授業参観的に作品見てる人が多いような気もします。
自分も役者さんとは言わずともお気に入りのあのキャラの見せ場が多かった!とかは嬉しかったりしますからね…。

| RAL | 2019/05/17 20:47 | URL | ≫ EDIT

僕もあんまり好きじゃないです。内容に集中して見れるので洋画みたいに知らない人の方がむしろいいかもしれません。邦画は芸能事務所が作るタレントさんのPVみたいなものに思うときがあります

| トト | 2019/05/18 08:43 | URL |

>まいかるさん

 あー、そうか。
 僕も「スポーツを観る」時は授業参観モードというか、選手一人一人の人間ドラマとして観るんですね。

 アイドルなんかも人間ドラマとして追うファンは多いですし、役者さんもその人の人間ドラマとして追うならそれも楽しい気がしますね。「この人、こんな演技上手くなったんだー」みたいな。



>ああああさん
 確かに、そもそもの「演技力」というものもありますね(笑)

 一つ補足をしておきますと、「声優という専門職」が出てきたのは『宇宙戦艦ヤマト』(1974年~)以後の声優ブームあたりからで、それまでは俳優さんが「仕事の一つとしてアニメの声もあてる」ということがほとんどだったそうです。


 宮崎駿さんは1960年代からアニメを作っている人ですから(当時はアニメーターですけど)、1980年代以降の「最初からアニメ声優を目指して声優になった人」の演技が好きでないというのも彼の原体験からすれば当然だと思います。


 同い年の富野由悠季さんも、声優経験のあまりない舞台俳優を抜擢することがよくありました。
 例えば朴ロ美さんなんかは元々舞台の役者だったのが『ブレンパワード』で声優デビュー、その後声優の方に本腰を入れて日本を代表する声優になっていくのですが……元々の役者としての知名度の差なのか、富野さんは「声優以外を起用して」とは言われないんですよ(笑)。


 個人的には、宮崎駿さんの作品のキャスティングは「元から顔の知っている人」が多いのであまり好きでなくて、富野由悠季さんの作品のキャスティングは「誰だか知らない人」が多いので好きではあるのですが……
 富野さんは富野さんで「気に入った役者さんは何度も作品に登場させる」ので、「○○やってた役者さん、こっちでは××やってるのか」と観ちゃう弊害がががが。



>RALさん
 「知っているから手を出す」という話、もっと掘り下げて語っても面白そうな題材ですよね。僕が何をとっかかりにしてインディーゲームを選んでいるのかとかも、自己分析してみたい気がする。


>お気に入りのあのキャラの見せ場が多かった!とかは嬉しかったりしますからね…。

 なるほど!と、RALさんが意図したポイントかどうかは分からないのですが、自分の中で色々と腑に落ちた話でした。
 女の子がたくさん出てくるハーレムアニメとか日常系アニメとかについて、「誰推しですか?」とか「次は○○ちゃんメイン回ですよ」みたいに言われてきたのが自分にはピンと来なかったんですが……あれはアイドルグループの誰を推すのかみたいな感覚で、アニメを観ているということか!

 僕はアニメは「ストーリー」もしくは「女の子と女の子がイチャイチャしているか」しか観ていないので、その辺の感覚が弱かったのです。アイドルファン的に言えば「箱推し」というか。

 この話、面白そうなんでゲーム実況の際のフリートークテーマにしようかな(笑)。


>トトさん
 そうそう。なので、洋画は観るんだけど役者の名前とかはチェックしない(ようにしている)ので、洋画好きな人に役者の名前を言われてもサッパリ分からないという(笑)。

 僕は、顔と名前が一致するアメリカ人の役者さんって多分5~10人くらいしかいません。

| やまなしレイ(管理人) | 2019/05/19 01:27 | URL | ≫ EDIT

ちょっと話題に乗り遅れた感ありますが、興味深い記事だったのでコメントしたいと思います。

やまなしさんとは理由がちょっと違いますが自分も「知っている声優さんが出ている」ことをあまりプラスに捉えられない気もち、分かりますねえ。自分はその声優さんの最初に衝撃を受けた演技が一番になってしまうんです。

例えば、自分が好きな声優の「黒沢ともよ」さんなら、最初に衝撃を受けたのが「宝石の国」のフォスなのですが、他の作品で黒沢さんの声のキャラが出てきてもフォスと比べてしまうんですよねえ。そして中々最初の衝撃を超えるほどのキャラには出会えないというか。もちろん、アニメの演技は声優さんのお芝居+アニメの絵+ストーリーでのキャラの役回り等、複数の要素が合わさったものなので比較するのはフェアではないと思うのですが・・・。

その一方で好きな声優さんを応援していきたい気持ちもあるので矛盾・葛藤がありますねえ。


あと、キムタクさんの話題がありましたが、自分は去年の12月~3月ぐらいまでPS4のジャッジアイズを楽しんでプレイしてクリアーしました。このソフトは逆にキムタクさんを授業参観する感じで自分の手で動かしてゲームプレイできることに自分が面白さを感じたので買いました。

期待通りにゲームでキムタクを動かせること自体が楽しかったですし、それほど期待していなかったストーリーも突っ込みどころがありましたけどところどころで話に感情移入できました。


なんか、結論が分からなくなっちゃいましたけど自分は「知っている役者さん」が出ていること、時と場合によって嬉しかったり嬉しくなかったり、追いかけて応援したくなったり、したくならなくなったりって感じですかね。すごく優柔不断な感じですいません!!

| ヤタロウ | 2019/06/08 07:58 | URL |

>ヤタロウさん

 あぁ、この話は記事に書くつもりだったのにすっかり書き忘れていたんですが……『けいおん!』みたいに、あまりキャリアのない若手声優さんを起用する作品ってそういう狙いだと思うんですね。

 「他の役と比べられない」というか。
 「他のキャラのイメージが付いていない」というか。


>このソフトは逆にキムタクさんを授業参観する感じで自分の手で動かしてゲームプレイできることに自分が面白さを感じたので買いました。

 あぁ!そうか、ゲームの場合だと「自分の手で動かせる」分だけまたちょっとちがうかも知れませんね。むしろ見知った人やキャラの方が、自分で動かしたいと思うものかも知れませんし(これは一人称・三人称の記事に通じる話かも)。

| やまなしレイ(管理人) | 2019/06/11 22:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2592-3dcc1087

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT