FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桃太郎王国 本厚木店で買ってきた「スーファミソフト20本入り福袋」を友達と一緒に開封しました!

 夏の千葉遠征シリーズもラスト!
 最後は神奈川県の本厚木にある桃太郎王国で、友達が買ってきたスーファミソフト福袋です。千葉もう関係ない!

 友達が他の目的のために立ち寄ったら福袋売っていたから買ってきた―――みたいな話だったので、価格も覚えておらず、開けるまで本数も分かりませんでした。生き方が雑!


 説明すると、桃太郎王国は神奈川県唯一の「Supported by駿河屋」なお店らしく、結構な頻度で福袋を売ってくれるのだけど「スーファミ福袋にアイルーのクッションが入っている」みたいなワケの分からないことをしてくるお店としても(私の配信では)有名です。

 今回も「動画によるアーカイブ版」と「テキスト版」の両方を用意しています。



 ↓ テキスト版はこの後です。
 発売日の情報はWikipediaかAmazonの商品ページを参考にしています




<1本目:鉄腕アトム>
momotarou-2019-9-1.png
 1994年2月18日発売。
 メーカーはバンプレストです。

 手塚治虫先生の名作漫画のゲーム化です。どうやら原作のエピソードの中からいくつかを選んでゲームステージにしたらしく、最終ステージは浦沢直樹先生によってリメイクもされた「地上最大のロボット」編になるそうです。原作全巻読んでいるはずなのに、エピソードの元ネタが思い出せない……

 ゲームは2Dアクションゲームで、アトムらしく空中を飛べるのだけど、『カービィ』のように初心者でも穴に落ちないようにそうなっているというより、空中を飛べることを活かさないとどうにもならないゲームで難易度は低くありませんでした。私だったら1面のボスも倒せそうにない……





<2本目:スーパー人生ゲーム3>
momotarou-2019-9-2.png
 1996年11月29日発売。
 メーカーはタカラです。

 1年前の福袋で『2』が出て、実況もしているので「人生ゲームは福袋から出たことがない」というのは記憶違いですが……(笑)。『3』は今回が初めてです!

 『2』は高校生からのスタートでしたが、『3』は赤ちゃんからのスタートになるみたい。1人でプレイして面白いゲームではないけれど、みんなでワイワイ遊ぶと逆転が頻繁に起こって盛り上がるパーティゲームだそうです。このままシリーズコンプしちゃおうぜ!



<3本目:ミニ四駆シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!>
momotarou-2019-9-3.png
 1996年12月20日発売。
 メーカーはアスキーです。

 3年前1年前半年前に続く4回目の登場です。出会う頻度が上がっているので、次は3ヶ月後くらいに出るんじゃないのか……?そして、最終的には3秒に1回くらいの頻度で出てくるんじゃないのか……?

 1994年からコロコロコミックで連載されて、1996年1月からテレビアニメが放送されていた『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のゲーム版です。RPGパートでキャラを動かしてミニ四駆のパーツを集め、セッティングしたマシンでレースゲームパートに勝つ!セッティングの自由度が高すぎたり、ゲーム内で説明されない要素も多かったり、難易度は結構高め。
 福袋常連だということは、当時のキッズ達には結構売れたのかな。



<4本目:スーパーマリオ ヨッシーアイランド>
momotarou-2019-9-4.png
 1995年8月5日発売。
 メーカーは任天堂です。

 元日に買った桃太郎王国の福袋以来、2回目の登場です。
 本厚木には『ヨッシー』余っているの……?

 絵本のような手描きグラフィックが特徴の2Dアクションゲームです。スーパーFXチップを搭載しているためか、長らくバーチャルコンソール化されてこなかったのですが、任天堂もその問題を解決したのかミニスーファミに収録、この秋の『スーファミOnline』にも収録されています。数年前だったら「バーチャルコンソールに出ていないゲームだ!羨ましい!」ってなったんでしょうけどね……



<5本目:実況パワフルプロ野球3>
momotarou-2019-9-5.png
 1996年2月29日発売。
 メーカーはコナミです。

 昨年の元日福袋(駿河屋・秋葉原店)1年前に続く3本目です。
 過去に2本出ているのにウチに置いていかなかったのは、友達が「(2本目なのに)持っていないから大当たり!」とか言って持って帰ったかららしい(笑)。今回はめでたくトレードしてもらったので、いつか実況で挑戦しますー。

 大人気野球ゲームですが、『3』の特徴はシリーズ初採用となった「サクセスモード」です。同社の『ときめきメモリアル』の「自分を好きなように育成して望んだ学園生活をエンジョイする」システムを応用して、「自分を好きなように育成してプロ野球選手を目指す」モードを作り上げたと言われていますね。

 実は私「サクセスモード」やったことがないので、『卒業』と『プリンセスメーカー2』と『ときめきメモリアル』の実況が終わったあとにでも実況したいですねー。それはいつになるんだ一体。



<6本目:エルファリア>
momotarou-2019-9-6.png
 1993年1月3日発売。
 メーカーはハドソンです。

 スーパーファミコンのRPGながら「経験値」も「お金」もないシステムで、街を開放してレベルアップ、敵が落としたアイテムを自由に装備(剣を4つ装備とかもできる)など、独特すぎるゲームだったらしいですね。そういうゲームはキッズ達にはかなりハードルが高いのだけど、大人になって遊び方をインターネットで知るとグッと面白くなるゲームだったりします。

 確かこれ友達が持っていたのだけど、当時は松下進さんの絵の良さが分からなかったので「キャラが可愛くない」とあまり興味を持たなかったなぁ。いつかちゃんと遊んでみたいゲームです。もう一度福袋から出てくれれば!



<7本目:実況ワールドサッカー2 FIGHTING ELEVEN>
momotarou-2019-9-7.png
 1995年9月22日発売。
 メーカーはコナミです。

 元日の桃太郎王国福袋に続いて2本目。
 ひょっとして桃太郎王国の福袋、毎回同じ内容なのでは……?

 プレステで『ウイニングイレブン』を出す前のコナミが、スーファミで展開していたサッカーゲームの第2弾です。友達はウチに置いていきました。1月に開けたときは端子が汚れていて認識してくれなかったのだけど、友達は置いてっちゃってよかったのかな。個人的には持っていないサッカーゲームなので嬉しい。



<8本目:Jリーグ・スーパー・サッカー>
momotarou-2019-9-8.png
 1994年3月18日発売。
 メーカーはハドソンです。

 Jリーグブームのころに発売されたハドソンのサッカーゲームです。
 ネット上で見た情報によると、実は海外の会社が作ったゲームだとか。Jリーグのゲームを……?

 そのためか、ゲームとしては「恐ろしくゲームスピードが速くて戦術もなにもあったものじゃない」と大味なものになっているのだとか。友達と対戦で遊ぶとそれもゲラゲラ笑えるので、38対34みたいなスコアになって面白いというレビューもありました。ラグビーのようなスコアですが、実際の試合も「シュートを撃たずにドリブルで相手ゴールに突撃する方が確実」だそうなので、本当にラグビーのゲームなのかも知れない。

 友達は置いていってくれたので、いつか実況してもイイかも。



<9本目:オセロワールド>
momotarou-2019-9-9.png
 1992年4月5日発売。
 メーカーはツクダオリジナルです。

 ツクダオリジナルから出ているので、『リバーシ』ではなく『オセロ』。
 二人用が収録されているのはもちろん、一人用も童話をモデルにしたキャラとオセロで対決していくとなかなか凝っているそうです。しかし、可愛らしい見た目とは裏腹にガチ難易度な上、終盤のCPUは一手一手に結構な長考をしてくるのだとか。オンライン対戦のなかった時代のこの手のテーブルゲームは、どういう層を想定してCPUをどのくらいの強さにするのかが難しいですよね……





<10本目:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児>
momotarou-2019-9-10.png
 1993年7月30日発売。
 メーカーはバンダイです。

 友達は「持っていないのでまぁまぁ」と言ってたけど、3年前に出ていました

 大人気漫画&アニメの、(恐らく)初のビデオゲーム化です。
 アクションゲームとしてはそれほどの難易度ではないのだけど、合間にはさまるミニゲームが凶悪難易度で、なおかつミスすると残機がみるみる溶けていくので多くのキッズ達がここで挫折していったそうです。イメージしていたのは『ワギャンランド』だったんですかねぇ。この後に出るメガドライブ版ではその問題が解決、ミニゲームが残機の減らないボーナスゲームになって万人向けゲームになったのだとか。



<11本目:いただきストリート2 ~ネオンサインはバラ色に~>
momotarou-2019-9-11.png
 1994年2月26日発売。
 メーカーはエニックスです。

 これも3年前に出ていたゲームですねぇ……流石にスーファミは持っているソフトが多い。

 『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんがゲームデザインをしたボードゲームのシリーズで、『モノポリー』の亜種ですね。マスにお店を建てて大きくしていき、そこに他プレイヤーが止まったらガッポリとお金が入るシステム。株などの要素もあって遊び方は奥深く、このソフトはスーファミ時代の定番パーティゲームとして重宝していましたね。

 友達は置いていったのだけど、相当ソフトの状態が悪いので起動できるかな……



<12本目:スーパードンキーコング>
momotarou-2019-9-12.png
 1994年11月26日発売。
 メーカーは任天堂です。

 「1000円福袋」と「1500円福袋」を開け比べたら両方から出たのと、元日の桃太郎王国の福袋から出たのとで、これで4本目。
 本厚木にはドンキーも余っているの……?

 レア社によるドンキーコングシリーズの再スタート1本目です。
 スーパーファミコンの限界を超えた美麗なグラフィックと、アスレチック性に富んだコースを突き進んでいく2D横スクアクションゲームとしての面白さが詰まった作品ですね。難易度は高い!残機増殖の裏技を使っても、なおギリギリでクリアした記憶があります。

 ミニスーファミに収録されているのですが、『スーファミOnline』にはまだ収録されていないんですね。意外。



<13本目:クロノ・トリガー>
momotarou-2019-9-13.png
 1995年3月11日発売。
 メーカーはスクウェアです。

 1年前に出た以来の2度目!
 少年ジャンプの鳥嶋さんが、堀井雄二・坂口博信・鳥山明といった新たな座組を作ったドリームプロジェクトです。人気投票で平成ナンバーワンタイトルにあげられたこともあるくらいの超名作RPGですが、当然友達は持っていたし、私もWiiのバーチャルコンソールでプレゼントしてもらったのにまだ起動できていないくらいなので……

 名作ほどたくさん売れて、たくさん売れた作品ほど福袋に入りやすい!
 ここの欄でどんなゲームか詳しく説明するためにも、いい加減にプレイしたいけど、『デア ラングリッサー』が終わっていないのだ!



<14本目:岡本綾子とマッチプレイゴルフ>
momotarou-2019-9-14.png
 1994年12月21日発売。
 メーカーはツクダオリジナルです。

 実在するプロゴルファー岡本綾子さんと一緒にラウンドするゴルフゲームです。
 岡本綾子さんは“昭和のスーパー・スポーツマン10人”や“日本の偉大なスポーツ選手10人”にも名前が連なる超有名選手らしいのですが、ゴルフ詳しくないのでどのくらい活躍した人なのかはイマイチよく分からない。

 ゲームの歴史の中で「レースゲーム」が途絶えたことがないのと同様に、「ゴルフゲーム」もずっと途絶えませんよね。ファミコンの『ゴルフ』から始まり、スーファミは山ほどゴルフゲーム出てますし、プレステの『みんなのゴルフ』、任天堂ハードでは『マリオゴルフ』、そしてWiiの『Wii Sports』と、どのハードでも見かけます。ゲーム機のスペックの向上を反映しやすいみたいなことなんですかねぇ。



<15本目:スーパードンキーコング2>
momotarou-2019-9-15.png
 1995年11月21日発売。
 メーカーは任天堂です。

 今年の元日の桃太郎王国福袋で出た以来、2本目。
 マジで、桃太郎王国は中身被ってるな……4月に開けた15本福袋は5000円したので例外として。

 レア社が開発した2D横スクアクションゲームの第2弾!
 主人公はディディーコングとディクシーコングの2人と、ドンキーコングはいません!この「続編でさらわれたドンキーコングを助けに行く」構図は、『ドンキーコングJr.』のオマージュじゃないかって説を最近読んで唸りました。そうなると、『スーパードンキーコング3』は算数かシューティングということか!(ちがいます)




<16本目:機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122>
momotarou-2019-9-16.png
 1991年7月6日発売。
 メーカーはバンダイです。

 3年前1年前の1500円福袋半年前に続く4本目です。
 福袋常連すぎる。どんだけ量産されているのF91。

 ガンダムシリーズ仕切り直しプロジェクトのゲーム版で、この時期に上映された劇場版アニメ『ガンダムF91』の前日譚にあたるそうです。RTSみたいな特殊なシステムのシミュレーションゲームで、3年前に開けたさいにちょっとプレイしたんだけど「よく分からないゲームだなぁ」というカンジでしたね……やたら福袋で見かけるのは、システムがよく分からなかった子供達が多かったからなのかなぁ。



<17本目:Jリーグエキサイトステージ95>
momotarou-2019-9-17.png
 1995年4月28日発売。
 メーカーはエポック社です。

 ついこないだ見た。
 スーファミの『エキサイトステージ』は3本出ているのに、どうして同じのが被ってしまうんだ……まぁ、私としてはウチに置いてってくれたからありがたいんですけど。

 1993年にJリーグが始まった時期と重なるので、スーファミではサッカーゲームがたくさん出ています。その中でも特に評判が良かったのがこの『エキサイトステージ』シリーズと言われています。福袋からたくさん出たので、遊び比べるのも楽しいかもですね。



<18本目:スーパーファイヤープロレスリング>
momotarou-2019-9-18.png
 1991年12月20日発売。
 メーカーはヒューマンです。

 福袋常連のシリーズですが、このソフト自体は3年前に一度出たきりだったみたい。

 福袋で見かけるたびに「こんなにシリーズ出てたのかよ、ファイプロ!」と言ってしまうシリーズで、スーファミでは7作も出ていたそうですからね。プロレスとパチンコと光栄の歴史シミュレーションは、福袋から出るたびに「ゲェーッ!」と言ってしまうので申し訳ない。いつかしっかり遊んでみるべきかなぁ。



<19本目:Jリーグエキサイトステージ94>
momotarou-2019-9-19.png
 1994年5月1日発売。
 メーカーはエポック社です。

 あれ、これ出ていたんですね。友達が置いていかなかったので忘れていました。
 「スーファミのエキサイトステージは3本あるのに、どうして95ばかり出るんだ!」と言っていたら、94も出ていたという(笑)。

 Jリーグ開始翌年に出たJリーグのゲームで、スーファミのサッカーゲームとしてはかなり人気のシリーズでしたね。しかし、エポック社のスーファミゲームと言えば、『ドラえもん』や『ちびまる子ちゃん』などのキャラクターものが主流だったのに、どうしてサッカーゲームを作ろうって話になったのだろう。



<20本目:ドラゴンボールZ 超悟空伝 突激編>
momotarou-2019-9-20.png
 1995年3月24日発売。
 メーカーはバンダイです。

 2018年の元日福袋(駿河屋秋葉原店)から出ていました。
 ドラゴンボールを大好きな一般人を主人公にして、原作通りのストーリーをアドベンチャーゲームで追っていくというちょっとメタが入ったゲームだそうです。これは前編でピッコロ大魔王編までのストーリーなので、アニメで『Z』という名前が付いたサイヤ人編以降の話は入っていません。

 その代わり、原作のかなり細かいエピソードも拾っていたりするので原作ファンからはかなり評判の良いゲームみたいですね。福袋から出たのが2本目だと分かっていたなら、置いていってくれても良かったのに。



1.鉄腕アトム
2.スーパー人生ゲーム3
3.ミニ四駆シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!
4.スーパーマリオ ヨッシーアイランド
5.実況パワフルプロ野球3 → トレード

6.エルファリア
7.実況ワールドサッカー2 FIGHTING ELEVEN → トレード
8.Jリーグ・スーパー・サッカー → トレード
9.オセロワールド
10.クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児
11.いただきストリート2 ~ネオンサインはバラ色に~ → トレード
12.スーパードンキーコング
13.スーパードンキーコング2 → トレード
14.クロノ・トリガー

15.岡本綾子とマッチプレイゴルフ
16.機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122
17.Jリーグエキサイトステージ94
18.Jリーグエキサイトステージ95 → トレード
19.スーパーファイヤープロレスリング
20.ドラゴンボールZ 超悟空伝 突激編
※ 既に友達が持っていたソフトは薄字にしました


 20本中13本が既に持っているソフトで、残り7本の中の2本がサッカーゲームで、1本がゴルフゲーム……大爆死袋だとは言わないけど、流石にスーファミ福袋は何度も買っているし、同じ店舗で買ったこともあるし、被っているヤツがかなり多い印象です。友達はまだまだ買う気満々でしたが、私は同じ店舗のスーファミ福袋はもうイイかなーという気になりました。




 それはそうと……
 今回の福袋開封配信、どうしてもWEBカメラのピントが合わなくてピンボケみたいな映像になっちゃって申し訳ありませんでした。「新しいWEBカメラ(オートフォーカスとかの高いヤツ)を買わなきゃダメかなー」と思っていたのですが、どうもピントを絞る部分を回しすぎてガバガバになっていたのが原因だったっぽい?

 ということで、今持っているWEBカメラでも問題ないのか確かめるために、近い内(と言っても来月かも)に福袋的なものを開封する配信をやろうと思います。

gb-fukubukuro.png

 それは、「友達が置いていったゲームボーイソフト」袋です!


 どうやら友達はゲームボーイのソフトをコンプしようと集めているそうで、片っ端からゲームボーイのソフトを買っていっているらしいんですね。それで、何故だか「ダブリ」が発生しているからダブったやつはあげるよとウチに置いていってくれました。「コンプ目指して買っているのにダブリが発生する」の意味がよく分からないんだけど、買ってみたら既にウチにあったぜみたいなこと……?

 その辺も開けてみたら分かるかもですね。WEBカメラのテストも兼ねて今度開けます!

| ゲーム実況 | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2642-acf97c86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT