FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の有料DLCのキャラ5人目の予想と、6人目以降の傾向予想

 昨年末に発売されて全世界で大ヒットしたNintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』は、ソフトの発売前から有料DLCでファイターが追加されていくことが予告されていました。その予定は5人。
 あまりの好評さに6人目以降の追加ファイターの製作も決まったそうですが、当初予定されていた5人の内、ジョーカー(ペルソナ5)、勇者(ドラクエシリーズ)、バンジョーとカズーイ(バンジョーとカズーイ)、そして先日配信開始となったテリー(餓狼伝説)で4人が配信済となりました。




 さて、5人目は誰なのか?
 もちろん6人目以降も製作が発表されているのですが、当初予定されていた計画のラストとなる5人目が誰になるのか非常に気になります。名だたるビッグネームの中で、最後に出てくる(予定だった)ファイターですからね。それなりの格を持ったキャラだと思われます。流石にここで「5人目のファイターは『写真で格闘!フォトファイターX』です!」とか言われても、ほとんどの人がきょとーんとしてしまうことでしょう。


 私の予想記事は「予想が当たるかどうか」よりも、「予想に導くためのロジックを楽しんでもらう」のを目的に書いているので、予想していくにあたっての筋道を最初に整理しておこうと思います。


 一つには、この有料DLCは「ファイター・ステージ・BGM・スピリッツボード」がセットになっていて、5人とも同じ値段というのがポイントだと思います。ファイターだけ売っているワケではないのです。

 例えば私、有料DLCで「ネコマリオ」を予想していた時期もあるのですが、「ネコマリオ」が登場する『マリオ3Dワールド』の楽曲は既に『スマブラSP』に収録されていますし、マリオをモチーフにしたステージもたくさん入っています(『3Dワールド』ではないけれど『3Dランド』のステージもある)。
 そうすると、他のキャラに比べてちょっとお得感が減ると思うんですね。「SNKの関連楽曲50曲くらい収録」とかいうワケの分からないことの次でもありますし。


 有料DLCは4キャラとも任天堂以外の他社キャラとなっていますが、「任天堂以外から選んでいる」というよりかは「既に参戦していないシリーズからの参戦」を考えた結果そうなったのかと思います。ということで、任天堂作品でも「既に参戦していないシリーズ」なら十分に可能性はあるのかなと。


 二つ目のポイントは、この人選はディレクターの桜井さんが決めているワケではなくて、任天堂から提案されたものだということです。
 私はこれを読んで、「なるほど、新作のプロモーションも兼ねた参戦という意味合いもあるんだな」と思ったんですね。例えば『ドラクエ11』Switch版発売のタイミングに合わせて「ドラクエのキャラが参戦」なんかはその通りでした。
 しかし、「バンジョーとカズーイ」参戦の際に「Xbox、是非!」と言うなど……あ、そこまで任天堂の人達、深く考えていないぞと今では思っています(笑)。『バンジョーとカズーイ』のSwitch移植版とか発表されるかと思ったら、そうでもなかったですもんね。

 『ペルソナ』はともかく、『ドラクエ』はWii版の頃から私は参戦するべきだったと言っていましたし(それでめっちゃ叩かれたこともあったなぁ)、『バンカズ』はゲームキューブ版の頃から熱望される声が大きかったと言われています。テリーに関しては、格闘ゲームの歴史の中では無視できないSNKを登場するキャラですし……任天堂のチョイスって、桜井さん以上に「シリーズファン&ゲームファンが望むもの」を優先している印象があります。

 そう考えると……5人目のキャラも「みんなが望む有名キャラ」になりそうだと思うんですよねぇ。


 三つ目のポイントは、既に配信開始となった4人のファイターとのバランスです。
・ジョーカー(『ペルソナ5』 2016年)
 …『女神転生』シリーズは1987年~、『ペルソナ』シリーズは1996年~
・勇者(『ドラクエ11』 2017年)
 …色変えでの『3』は1988年、『4』は1990年、『8』は2004年
 …『ドラクエ』シリーズ自体は1986年~
・バンジョー&カズーイ(『バンジョーとカズーイの大冒険』 1998年)
 …1998年、2000年、2003年(日本では未発売)、2008年にシリーズ作が発売
・テリー(『餓狼伝説』 1991年)
 …『KOF』シリーズは今でも出続けていて、シリーズ最新作は2016年発売

 バンジョー&カズーイを除けば、3作品は30年前後の歴史を持ったシリーズからの参戦で、幅広い年代に知られているシリーズなことが分かります。むしろ一番新しいシリーズの『バンカズ』が、最新作が一番古いという。強いて挙げるなら、海外での「80年代」がちょっと弱いような気がしますかね……


 次にファイターごとの特徴です。
 ジョーカーは「ペルソナの召喚」、「銃」「ナイフ」「魔法」などバリエーション豊かな攻撃方法があり。勇者は基本的には「剣」キャラでかつ多彩な「魔法」を使い。バンジョー&カズーイは二匹で一体の動物キャラ。テリーは「格闘」ゲームのキャラ―――と、かなり特徴的な4人だと言えます。

 なので、例えば5人目も格闘ゲームのキャラなら「テリーと被っているじゃん」となりかねませんし、剣キャラだったら「また剣キャラかよ」となりかねませんし……そういったバランスも考えた人選になるんじゃないかと予想できます。


 では、行きましょう。
 これらを踏まえた――――私の予想を書いていきます!


予想1:PONG(『PONG』)

 ハイ、今日の記事はこんなカンジですよー(笑)。
 ここまで真剣に読んだ人は残念だったな!



 ゲームの歴史を振り返れば『パックマン』や『マリオ』並に重要と言われる一作です。1972年にアタリ社が出して、世界で初めて大ヒットしたと言われるゲームです。これに比べりゃ、『スペースインベーダー』とか『ウィザードリィ』なんかも新参者ですよ!
 予想の根拠としては「1970年代のゲームが(ファイターとしては)参戦していない」というところです。『ゲーム&ウォッチ』や『パックマン』は1980年組なので、それより古いゲームを考えると……既にアシストフィギュアで参戦している『シェリフ』(1979年)は銃を撃つゲームなのでリアル調にするとレーティングが厳しそう、『スペースインベーダー』は砲台にしてもインベーダーにしてもアクションが限られていそう。

 その点、PONGは「球を打つ」「敵の攻撃を跳ね返す」などといった多彩な(?)アクションができるので、『スマブラ』でも活躍できそうじゃないですか!個人的な予想では、左右のラケットを一人で動かすんじゃないかと思っています。

 問題があるとすれば……既にアシストフィギュアで参戦している「テレビゲーム15」と思いっきし被っている(言うまでもなく「テレビゲーム15」の方が『PONG』のクローンゲームね)上に、amiibo発売の際に「これ同じ値段なの!?」と言われそうなのが心配です(笑)。



予想2:ゾンビ(『バイオハザード』シリーズ)


 「名だたるビッグネームの中で、最後に出てくる(予定だった)ファイター」を考えると、やはり日本でも海外でも知られている有名作品からの参戦が望ましい……その格で言うと、やはり日本でも海外でも大ヒットコンテンツな『バイオハザード』シリーズからの参戦じゃないかと予想します!

 ただし、主人公達はどうしても銃を使わないとならないでしょうし、銃を使うと海外なんかのレーティングが上がってしまうと言われています。なので、『スマブラ』でのスネークは銃を使いませんし(子供が手に取れなさそうなグレネードランチャーやリモコンミサイルなんかは平気で使う)、不知火舞が出禁になったくらいですからね。
 また、『ドラクエ』の勇者みたいに色替えでシリーズ歴代主人公キャラが切り替わるみたいな仕様にしたくても、「勇者」みたいな名称もありませんしね。


 ということで、いっそのこと銃を撃たれる側のゾンビが参戦すればイイんじゃないかと考えました。動きがめっさ遅くてジャンプも出来ないのだけど、耐久力が無茶苦茶あって、相手を捕まえるとものすごいダメージを与える今までにないタイプのファイターです。必殺技でゾンビ犬とかカラスとかも呼ぼう。
 とは言え、ゾンビらしく腕が千切れたりしたらレーティングが跳ね上がりますから、体は千切れず、体液も飛び出さず、「なんかちょっと顔色の悪い、動きの遅い人」と言い張るのです!これで問題は何もありません!!



予想3:シャケ軍団(『Splatoon2』)


 『PONG』とは逆の発想で、最近のゲームからの参戦です。これまでの有料DLCのファイターを見ると「チビッコ達は置いてけぼり」だなと思うんですね。小学生くらいの子供には知らんキャラばかりだろうと。
 『ペルソナ5』は新しいゲームですがNintendo Switch用ソフトではないので「任天堂ハードしか持っていない子供」には知らないキャラですし、『ドラクエ』はまぁグレーゾーンですが、『バンカズ』も『餓狼伝説』『KOF』も子供達の間では全然知られていないことでしょう。

 ということで、子供達にも大人気のシリーズからの参戦という方向性で、『Splatoon』シリーズからの参戦を考えました。インクリングは既に参戦していますが基本的には『1』からの要素のみなので、『2』+『オクトエキスパンション』の要素を踏まえたファイター・BGM・ステージ・スピリッツボードを考えて―――これは、シャケ軍団の参戦だと予想します!


 『Mr.ゲーム&ウォッチ』が技によって様々なゲームの様々なキャラになるように、シャケ軍団も「基本は普通のシャケ」だけど「攻撃時にはオオモノシャケ」になるみたいなカンジにすれば多彩な攻撃が出来ると思うんですね。
 上必殺技は「カタパッド」になって空を飛び、ついでにミサイルを放つ。
 横必殺技は「ヘビ」になって、相手に向かって突撃する。
 下必殺技は「モグラ」になって、地中から相手を丸呑みする(女性ファイターを丸呑みするスクショがTwitterで大流行する)
 通常必殺技は「タワー」になって、遠くからプレッサーを発射だ!

 「今までにないファイター」なのは間違いないですが、ネタ的には一個前の「ゾンビ」と被ってない??



予想4:キノピオくん(任天堂公式LINEアカウント)
kinopiokun.png

 任天堂の商品を紹介する公式LINEアカウントのキャラ「キノピオくん」は、ありとあらゆるゲームや商品に勝手に映りこんで、下の方に小さく「キノピオくんは出ません」と注意書きが添えられるのがパターンでした。これが何気に手間がかかってそうで、ゲームの絵柄に合わせてドット絵になったりまでするキノピオくんは一種の名物になっていたのですが……


 今まで散々散々「キノピオくんは出ません」と言い続けてきたのに、最後の最後で「(スマブラには)キノピオくんは出ます」となったらムチャクチャ熱いじゃないですか!何年か越しの伏線回収ですよ!

 必殺技は「相手が寝ている時間帯にLINEを送って安眠を妨げる」とか、「歴代任天堂キャラの必殺技を解説する」とかかな。
 ゴメンナサイ、「キノピオくんは出ます」の一文が書きたくて今日の記事をでっち上げただけなので、ぶっちゃけ予想とかどうでもいいんだ!


 6人目以降のファイターは、5人目までの「ファイター・BGM・ステージ・スピリッツボード」のセットを同じ値段で売るというのを続けるのかどうかがポイントだと思います。「スマブラに参戦できそうな他社キャラクター」もそこまでたくさんあるワケじゃないですしねぇ。

 ただし、前作『for』のときにファイターやステージを別売りにして煩雑になっちゃったことを考えると……売り方自体はシンプルにしてくると思うんですよ。6~10人目は全員「ファイターのみ」で同じ値段、ファイターズパス第2弾も出す、みたいなカンジで。でも、それだと1~4人目に比べて地味な印象になっちゃうか。


 割とありそうかなと思うのは、「1~5人目は全員他社キャラ」にして「6人目以降は全員任天堂の新作キャラ」みたいに分けているとかかな。

・6人目:『Splatoon2』「オクトエキスパンション」の8号
・7人目:『ゼノブレイド2』のレックス
・8人目:『ファイアーエムブレム』新作から誰か(『風花雪月』か『ヒーローズ』か)
・9人目:『ドラガリアロスト』から誰か
・10人目:『ポケモン』新作から誰か

 みたいなカンジで(書いたシリーズやキャラは単なる例です)。
 『スマブラ』は毎回開発の序盤に参戦ファイターを決めるため、開発が始まってから発売されたゲームのキャラは参戦できないんですね(『ポケモン』は1キャラだけ新作から出たりするけど)。そういう新作キャラをカバーする有料DLCは、任天堂以外の会社なら割とやりそうな気がするんですが……

 個人的には『リングフィットアドベンチャー』からスマブラに参戦してもらって、桜井さんに40分以上ひたすら『リングフィットアドベンチャー』をやらせる動画を作って欲しいです。

| ゲーム雑記 | 17:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めてコラボしたタイトルからは主人公がファイターとして参戦するっていう前例は(初代を除き)一度も破られたことがないですよ
当てる気ないにしてもそのルールさえ無視した予想はどうかと

| ああああ | 2019/11/14 20:57 | URL |

>ああああさん

 この記事に対してそんなコメントするのこそどうかと思いますよ。

| やまなしレイ(管理人) | 2019/11/15 00:01 | URL | ≫ EDIT

個人的にここまでは、メーカー被りがほぼない(ドラクエがエニックス、FFがスクウェア)ので、

今まで出てないメーカーでかつ、スピリッツ化されてないところからの参戦があったりするのかな?と思っていますが…ゲーム出身でないとか予想斜め上に行くようなことはして来ないだろうし…(例で言うならガンダムとか)

以下、上記を無視した個人的に勝手な予想。

コンパイルの魔導物語からアルル…魔法使い枠で。(セガのぷよぷよに出演してるからそっちの扱いになってしまうのか…?)

日本ファルコムのイースからアドル(またまた剣士枠)

コナミからパワプロくん…バットで敵と叩くとかダメだよな…

大穴、ソニーのどこでもいっしよからトロ(もはや、任天堂機種から出てもいない)


…Nierかな。

| とおりすがりの○ | 2019/11/15 11:54 | URL |

水のしずくが 光と出逢えば

『リングフィットアドベンチャー』のミブリさんは、いかにもスマブラ参戦しそうな匂いがします。

 ……WiiFitトレーナーと丸被りなのが、ネックかもしれませんけど。

| kanata | 2019/11/15 14:20 | URL | ≫ EDIT

前段の論理的な説明とうってかわって、後半の斜め上な予想が面白い記事ですね!

私の予想1
FCスターソルジャーのパッケージの絵の男の人
➡️からのスターソルジャー配信

予想2
FC高橋名人の冒険島から、リアルな高橋名人
➡️からの高橋名人の冒険島配信

予想3
くにお君シリーズからくにお君
➡️からの新作展開

予想4
最近だとしたらモンハンシリーズからハンター
➡️からのモンハンナンバリング発表

とかでしょうか?
適当ですみません(笑)

| ああああ | 2019/11/17 15:37 | URL |

>とおりすがりの○さん

>今まで出てないメーカーでかつ、スピリッツ化されてないところからの参戦があったりするのかな?

 「SNK関連作からBGM50曲」みたいなことをやるくらいなので、出てないメーカーからというのは信ぴょう性のある予想だと思います。そうすると、タイトー、コーエーテクモ、アークシステムワークスあたり……??


 アルルとアドルは知名度もインパクトもありますし、なかなか面白そうですね!(権利関係どうなっているのか微妙ですが)アルルがぷよぷよを使った必殺技を持っていれば、ドラクエのスライムとの共演も出来ますし!


>コナミからパワプロくん…バットで敵と叩くとかダメだよな…

 他のキャラみんな、既にホームランバットで敵を殴っていますよ!


>kanataさん
>……WiiFitトレーナーと丸被りなのが、ネックかもしれませんけど。

 あ。

 (amiiboまで持っているのに忘れてた……)



>ああああさん(2019/11/17 15:37)
>前段の論理的な説明とうってかわって、後半の斜め上な予想が面白い記事ですね!

 ありがとうございます。
 そう言ってくださる人が一人でもいてくださって良かったです。「もうこういう記事は分かってもらえないのかなー」と落ち込んでいたので。


>FCスターソルジャーのパッケージの絵の男の人

 予想外すぎる(笑)。
 でも、そう言えばハドソン枠はまだないんですね(ボンバーマンがアシストフィギュアにいるくらいで)。いや、でもハドソンの中でもよりによってこれか、と(笑)。


>くにお君シリーズからくにお君

 個人的には出てくれたらめっちゃ嬉しい。
 本家ですら「ファミコン時代のドット絵」準拠のグラじゃないとコレジャナイ感が出てしまう閉塞感があるので、いっそのことスマブラクオリティのくにおくんを作ってくれと思ってしまいます。

 色替えで海外版のデザインになってもイイし、必殺技も豊富だし、ダウンした相手を持ち上げられるキャラというのも面白そうですし。

| やまなしレイ(管理人) | 2019/11/20 00:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2654-f28c18e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT