FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

駿河屋のネット通販で買った「ドリームキャスト福袋」を開封しました!

 元日に開けた福袋の中身をまとめました!

 長く福袋の開封配信をやってきましたが、私の持っているゲーム機の福袋はこれで大体全部買ったかなというところ。プレイステーションWiiセガサターンゲームキューブ、そして今回のドリームキャスト……

 私は自分が遊ぶゲームと出会うために福袋を買っているので、同じ福袋を開けても似たような中身になりそうですし、ここらで開け納めかなと思っています。まぁ、友達の分の福袋は今後も買いますが、私自身のために買うのはこれが最後の福袋だと思ってください!

 いつもの通り、開封する様子は生放送で開封したものの動画と、その後にブログ用に書いたテキストの両方でお届けしますので、お好きな方でご覧ください。



 ↓ テキスト版はこの後です。
 発売日の情報はWikipediaかAmazonの商品ページを参考にしています




<1本目:After… ~忘れえぬ絆~>
dc2020-1.png

 2004年2月26日発売
 メーカーはピオーネソフトです。

 元々は2003年6月に発売されたPC向けアダルトゲーム『After...』で、PS2とドリキャスに移植された際に『After… ~忘れえぬ絆~』というタイトルになりました。選択肢を選んでいくアドベンチャーゲームで、この時期のアダルトゲームはシナリオ勝負のものが多いので、この作品も「魂の再生」なんかを描いた重厚なストーリーが評価されているそうです。

 PS2版と同時発売だから、このサイズのパッケージなんだろうか……



<2本目:エルドラドゲート 第2巻>
dc2020-2.png

 2000年12月12日発売。
 メーカーはカプコンです。

 1本2800円と、パッケージソフトでは比較的安い価格で全7巻で発売された連作RPGです。キャラクターデザインは天野喜孝さんで、1巻あたり2~3時間でクリアできるとのことです。2巻だけ入れてくる駿河屋よ……

 まぁ、クリアまでに時間がかからないRPGというのはなかなかに興味あるかな。こういう低価格路線はDSとか、その後のダウンロード専用ソフトに引き継がれていると言えるのかも。
 


<3本目:エアロダンシング featuring Blue Impulse>
dc2020-3.png

 1999年3月4日発売。
 メーカーはCSK研究所(CRI)です。

 リアルさにこだわったフライトシミュレーションで、敵と戦ったり、いろんな場所を冒険したりみたいなことではなく、とにかく航空機を運転する難しさを再現したゲームみたいです。シリーズは何作も出ているのだけどこれは1作目で、航空自衛隊第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」の曲技飛行に挑戦するそうです。

 続編はドッグファイトをやるゲームになっていくそうなので、「やっぱり航空機を操縦するからには敵と戦いたい」という要望が多かったのかな……



<4本目:Ultimate Fighting Championship>
dc2020-4.png

 2001年1月25日発売。
 メーカーはカプコンです。

 「ドリキャスのソフトと言えば格闘ゲームが出たら嬉しいな」と思っていたら出たのがコレ!

 UFCとはアメリカの総合格闘技の団体で、日本でも1997年~2000年の間に4回大会が開かれていたそうです。ちょうどその直後に出たゲームということか。アメリカでは現在も行われているそうなのですが……私はスポーツ大好きだけど、格闘技はちょっと門外漢なのでちがいがよく分からない。




<5本目:セヴンスクロス>
dc2020-5.png

 1998年12月23日発売。
 メーカーはNECホームエレクトロニクスです。

 シミュレーションRPGという記述で『ファイアーエムブレム』みたいなものを想像しましたが、実際には『46億年物語』のようにプレイヤーキャラを進化させながら星の頂点を目指すゲームみたいです。
 なかなか面白そうな題材なのだけど、ネット上のレビューを読むと「ひたすら単調な作業が続く」「でも、その果てにたどりつくエンディングは感動する」とのこと。うーん、時間がかかるゲームなのかぁ。生配信でやってみようかなと思いましたが、ちょっとやめておこうかな。



<6本目:DanceDanceRevolution2ndMIX>
dc2020-6.png

 2000年2月17日発売
 メーカーはコナミです。

 『Dance Dance Revolution』はコナミのアーケードゲームで、1作目は1998年9月に登場しました。床のパネルがコントローラになっていて、そこを踏むことで操作入力となるリズムゲームです。家庭用では専用のマットコントローラを使うことでアーケードゲームの臨場感をそのまま味わえるのだけど……もちろん今回の福袋には入っていません!

 Amazonで調べたら中古でも1800円するのか……



<7本目:Never7 -the end of infinity->
dc2020-7.png

 2000年12月21日発売。
 メーカーはKIDです。

 元々は『infinity』というタイトルで発売されたプレステ用のゲームで、その完全版とも言える位置づけのソフトがこのソフトです。タイトルが全然別物じゃないか……後にWindows、PS2、PSP、スマホなどにも移植された名作アドベンチャーゲームらしいです。KIDのアドベンチャーゲームだけで、ウチに何本の積みゲーがあるだろう。

 ストーリーは、様々な法律の改正や技術の発展が行われた2019年の日本を舞台に、大学のゼミ合宿に行った主人公達を描いたサスペンスみたいです。というか、去年の話だったか。なかなか面白そうなんだけど、ここの文章を書くためにどんな話なのか調べたら核心的なネタバレを読んでしまったので、忘れたころにプレイします。



<8本目:Wind -a breath of heart ->
dc2020-8.png

 2003年1月30日発売。
 メーカーはアルケミストです。

 元々は2002年4月に発売されたPC用のアダルトゲームで、オープニングムービーを新海誠さんが手がけたことで有名らしいです。でも、このドリキャス移植版や後に出るPS2移植版のムービーはまた別とのこと。ちぇっ。

 不思議な能力を使える人が集まった町で繰り広げられる恋愛アドベンチャーで、後にテレビアニメやOVAにもなりました。



<9本目:デ・ジ・キャラット ファンタジー>
dc2020-9.png

 2001年9月6日発売。
 メーカーはブロッコリーです。

 当時のブロッコリーが展開していたキャラクター「デ・ジ・キャラット」を使ったゲーム作品で、最初はPCソフトとして発売、後にドリキャス版、PS2版と展開され、小説版も出たそうです。
 「エターティア」という異世界に飛ばされたでじこが、記憶を失ってしまう―――みたいな話。ゲームというよりかはストーリーをただ追うだけの小説だというレビューがAmazonに書かれていましたが、ノベルゲーってそういうものでは。



<10本目:パンドラの夢>
dc2020-10.png

 2002年9月12日発売。
 メーカーはNECインターチャネルです。

 元々は2001年11月に発売されたPC用のアダルトゲームで、そちらは一本道だったそうですが、ドリキャス移植版のこちらは分岐によって先の章に進めなくなる要素もあるみたい。
 他の部員とともに夏合宿に来ていたのだが、同じ夏を何度もループしていることに気付く―――という、後の『ひぐらし』とかエンドレスエイトを彷彿とさせる設定ですね。なかなか面白そうですし、ネット上の評価もかなり高め。これは遊んでみよう。



<11本目:Candy Stripe ~みならい天使~>
dc2020-11.png

 2001年10月25日発売。
 メーカーはセガです。

 セガ初の本格ギャルゲーらしいのだけど、このおよそ2ヶ月後に『Sweet~半熟な天使たち~』というタイトルでPC版アダルトゲームが発売されます。PC版の発売元はエルフのブランド名:シルキーズなので、セガサターン版『野々村病院の人々』などでセガと懇意だったのでしょうか。

 PC版アダルトゲーム→ 全年齢向け家庭用ゲームと移植されることは多々あることなので、その移植がちょっと早かっただけと言えるのかな。内容は研修医を主人公とした病院ものの恋愛アドベンチャーだそうです。




<12本目:クイズああっ女神さまっ 闘う翼とともに>
dc2020-12.png

 2000年11月30日発売。
 メーカーはセガです。

 友達からドリキャス本体をもらった時に入っていた1作。
 既にクリア済みで感想も書いていますが、とにかくテンポが悪くてローディングが頻繁という印象でした。クイズゲーム自体は好きなんだけど、これはなかなか厳しかったです。



<13本目:雪語り>
dc2020-13.png

 2002年12月26日発売。
 メーカーはTAKUYOです。

 元々は2001年11月に発売されたPC用のアダルトゲームで、このドリキャス移植版以降は全年齢版のPC版やPS2版なども発売されました。スキー教室で訪れた雪山での雪女伝説が描かれるらしいですが、情報を見たカンジでは普通の恋愛アドベンチャーっぽいですね。



<14本目:NFL 2K>
dc2020-14.png

 2000年1月20日発売。
 メーカーはセガです。

 「アメフトのゲームかぁ」と思ったのですが、かなりの高評価ゲーらしく、Amazonに書かれたレビューに「アメフトゲーム界のバーチャファイター2」という表現までありました。アメフトの細かい戦術などを知らなくても、テレビ的な演出が派手で面白いという評価なのでこれはいつかやってみよう。



<15本目:実戦パチスロ必勝法! @VPACHI ~コングダム~>
dc2020-15.png

 2000年9月28日発売。
 メーカーはスパイクです。

 景品ネットワークパチスロというジャンルで、オンラインにつなぐことによって景品をもらうことも可能だとか。当然ドリームキャストのオンラインは終了しているので、ただのスロットシミュレーターだ……




<16本目:Ultimate Fighting Championship>
dc2020-16.png

 2001年1月25日発売。
 メーカーはカプコンです。

 2本目、ハイ次!




<17本目:インカミング 人類最終決戦>
dc2020-17.png

 1998年12月17日発売
 メーカーはイマジニアです。

 2008年のアフリカを舞台に、宇宙人に侵略された人類が最後の戦いを挑む―――みたいな3Dシューティングらしいです。ミッションごとに多彩な兵器を使って戦うのが特徴で、難易度はなかなか高めだとか。ステージセレクトの裏技があるみたいなので、それを使って遊んでみたいです。




<18本目:同窓会2 again&refrain>
dc2020-18.png

 2002年6月27日発売。
 メーカーはインターチャネルです。

 『同窓会』シリーズは、1996年9月に1作目がPC向けで発売されたアダルトゲームで、1作目の移植は『フレンズ ~青春の輝き~』というタイトルでセガサターンなどで出ていました。昔に福袋から出て、持っています(未プレイ)。
 シリーズ2作目『同窓会again』は2001年1月にPC向けで発売され、「前作で誰とも結ばれなかったエンディングの続き」のストーリーだそうです。3作目『同窓会refrain』は2001年8月にPC向けで発売され、『again』と同時期に起こった出来事を描いているそうです。

 んで、この『同窓会2 again & refrain』は、名前の通りシリーズ2作目と3作目を合わせた家庭用移植版です。つまり、『フレンズ ~青春の輝き~』と合わせてシリーズが揃いました!やったー!(どちらも未プレイ)




<19本目:THE TYPING OF THE DEAD>
dc2020-19.png

 2000年3月30日発売。
 メーカーはセガです。

 ゾンビを撃ちまくるガンシューティング『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2』をベースに、タイピングゲームにしてしまったというソフトです。最初はアーケードゲームでしたが、ドリキャスやPS2、PCなどにも移植されました。タイピングが遅い問題の際にこのゲームをプレイしようか悩んだのですが、PC版は今のOSでは動かないって話だったんですよねぇ。

 なので、このドリキャス版を遊んでタイピングを鍛えるのも手かな。
 もちろんドリキャス用のキーボードは持っていませんけど!

 Amazonで2000円強くらいか……



<20本目:悠久幻想曲3 Perpetual Blue>
dc2020-20.png

 1999年12月22日発売
 メーカーはメディアワークスです。

 1997年に1作目が、1998年に2作目が発売された『悠久幻想曲』シリーズの3作目です。シリーズはサターンとプレステのマルチで発売されるのが慣例だったため、本作はドリキャスとプレステのマルチで発売されたそうです。前作までのシステムを一新して難易度が上がったため、シリーズファンからもかなり批判されたとか。

 シリーズはこの次の2000年にオールスターキャラが出演する『悠久組曲 All Star Project』で完結するのだけど……ひょっとして、福袋から出たソフトだけで『I』『III』『組曲』が揃ったのか。あとは『II』が出れば!(もう福袋買いません)



<21本目:ゲットバス>
dc2020-21.png

 1999年4月1日発売。
 メーカーはセガです。

 これも友達からドリキャス本体をもらった時に一緒にもらったソフトで、持っていました。バス釣りのゲーム。アーケードからの移植なので釣りコントローラ対応で、むしろ釣りコントローラがないとかなり厳しいゲームでした。10位以内に入ると2面に進めるという条件で31位だったので、1面でギブアップしました。



<22本目:Princess Holiday ~転がるりんご亭千夜一夜~>
dc2020-22.png

 2003年5月29日発売。
 メーカーはアルケミストです。

 元々は2002年9月にPC向けで発売されたアダルトゲームで、後に『夜明け前より瑠璃色な』なども発売するオーガストのソフトでした。べっかんこうさんが原画を担当されています。ファンタジー世界を舞台にした恋愛アドベンチャーゲームで、オーガストの出世作みたいですね。後に18禁のOVAも発売されています。



<23本目:ラブひな ~突然のエンゲージハプニング~>
dc2020-23.png

 2000年9月28日発売。
 メーカーはセガです。

 1998年~2001年に少年マガジンで連載されていた漫画が原作のゲームです。『ラブひな』のゲームはプレステやゲームボーイでも出ていますが、ドリキャス版も2作出ていて、これは1作目です。ルーレットによって主人公の行動が変わる恋愛アドベンチャーだそうで、狙いのヒロインのエンディングに行きたいのならセーブ&リセットが必須なのだとか。

 何を思ってそんな仕様にしやがったんだ……




<24本目:ソニックアドベンチャー>
dc2020-24.png

 1998年12月23日発売。
 メーカーはセガです。

 ドリキャス本体発売から1ヶ月後に出たキラータイトルです。
 ソニックシリーズ初の3Dアクションゲームで、6人の主人公を選ぶことで全く異なるゲームが楽しめるというのが特徴でした。ソニックに声が付いたり、ストーリーに凝ったりするのもこの作品からです。

 現在『ソニック3』を実況しているので、それが終わって『ソニック2』も遊んだ後にでも実況してみたいゲームですね。




<25本目:バイオハザード CODE:Veronica>
dc2020-25.png

  2000年2月3日発売。
 メーカーはカプコンです。

 最初「2枚目しか入っていないじゃないか!」と言っていたのですが、1つのケースに2枚重ねて入っているだけでちゃんと2枚組が揃っていました。駿河屋さん、ゴメンなさい。でも、プレステ福袋の時に『ときメモ2』のディスク1だけ入れてきたのを忘れていないからね。

 プレイステーションで3作発売されていた『バイオハザード』シリーズの、ドリキャスだけで発売されるという触れ込みだったシリーズ4作目です。もちろん後にPS2、ゲームキューブ、PS3、Xbox360で完全版が発売されました!カプコン裏切りの歴史の1つですね。

 従来作品の2倍のボリュームと言われているので、これは夏のホラー枠でクリアするのは難しそうですね……



<26本目:ファンタシースターオンライン>
dc2020-26.png

 2000年12月21日発売。
 メーカーはセガです。

 日本にオンラインゲームというものを普及させた歴史的な作品なのだけど、オンラインゲーム黎明期の作品だけあってオフラインでも遊ぶことは可能みたい。現在のMMOみたいなものではなく「オンラインでパーティを組んで協力して遊ぶことも出来る」くらいのゲームで、後の『モンスターハンター』シリーズなんかにも影響を与えました。

 ドリキャスの性質上、「大容量のハードディスクを使ったアップデート」なんかは出来なかったため比較的短命に終わったなんて言われますが、そういう「エポックメイキングなものを作るがすぐに他のものに取って代わられる」のはセガらしい……



<27本目:セガラリー2>
dc2020-27.png

 1999年1月28日発売。
 メーカーはセガです。

 1995年に1作目が出た『セガラリー』の2作目の移植版です。レーシングコントローラに対応し、オンライン対戦まで搭載しているそう。もちろん今となってはオンライン機能は使えませんが……このシリーズは路面や車の挙動をリアルに再現しているそうで、なかなか面白そうです。
 アドベンチャーゲームばかり出ている福袋の中では、サクッと遊べそうなレースゲームはありがたいです。




<28本目:シェンムー 一章 横須賀>
dc2020-28.png

 1999年12月29日発売。
 メーカーはセガです。

 作り込まれた世界の中でいろんな遊びが出来るアクションアドベンチャーゲームで、「オープンワールドの元祖」とも呼ばれることの多い作品です。あまりに壮大な構想で作られたゲームなため、1作では完結せず、『II』が発売されるも完結せず、昨年2019年の11月に18年ぶりの続編『III』が発売されるもまだ完結していないそうです。

 このゲームは実はそこそこ遊んだことがあるのだけど、クリアまで進めることも出来ず、ゲーセンに行くなどの自由な遊びもしていなかったので、いつか実況で楽しく遊ぶ配信をやりたいなぁと思っています。



<29本目:こみっくパーティー>
dc2020-29.png

 2001年8月9日発売。
 メーカーはアクアプラスです。

 元々は1999年5月に発売されたLeafのPC用アダルトゲームで、同人活動をする登場人物達を描いた恋愛アドベンチャーゲームです。これも友達からドリキャス本体をもらった時に入っていたので既に持っていたのですが(未プレイ)、パッケージが違うなと調べてみたら……あちらは通常版で、こちらは限定版のソフトだけみたい。

 アニメ化もされた超有名ゲームだと思うのだけど、既に持っているゲームだからなぁ……



<30本目:新日本プロレスリング闘魂列伝4>
dc2020-30.png

 1999年9月2日発売。
 メーカーはトミーです。

 1~3作目はプレステで発売されたシリーズがドリームキャストに登場です。開発は後に『ランブルローズ』などを作るユークスで、エディットレスラーをCPUに戦わせるオンライン対戦なんかもあったそうです。プロレスには興味がないのだけど、エディットレスラーを作るモードだけでもやってみるかな。



<31本目:Revive ~蘇生~>
dc2020-31.png

 1999年10月28日発売。
 メーカーはデータイーストです。

 セガサターン用ソフトとして発売され、私も実況したことがある(そして、通報によってうっかり削除された→ 後にYouTubeに抗議したら復活したのだけどその時点で他のアーカイブも削除してしまっていた)『慟哭 そして…』の続編です。主人公と女の子たちが閉鎖空間に閉じ込められ、正しい行動を取らないと女の子たちが次々と殺されていってしまうトラップアドベンチャーです。

 要は脱出ゲームとギャルゲーを足してサスペンス仕立てに仕上げた作品ってことですね。これはいつか自分で買おうと思っていたのでうれしいです。ただ、『慟哭 そして…』の時点で相当難しかったのに、更に難易度が上がっているそうで……いつか実況したいけど、凄惨な展開になる未来しか見えないぞ!



<32本目:探偵紳士DASH!>
dc2020-32.png

 2000年12月21日発売。
 メーカーはアーベルです。

 元々は『不確定世界の探偵紳士』というタイトルで発売されたPC用のアダルトゲームで、『DESIRE 背徳の螺旋』『EVE burst error』『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』で知られる菅野ひろゆき氏によるハードボイルド推理アドベンチャーゲームです。主人公の行動によって時間が経過していくタイプのアドベンチャーゲームみたい。

 この作品も様々な機種に移植されていますが、「探偵紳士シリーズ」として第4弾まで続編も発売されたそうです。菅野ひろゆきさんの作品なら『EVE burst error』をまだ積んでいるので、そっちを先にやらなくちゃ……



<33本目:カードキャプターさくら 知世のビデオ大作戦>
dc2020-33.png

 2000年12月28日発売。
 メーカーはセガです。

 NHKでアニメ化もされて大ヒットしたCLAMPの漫画のゲーム化ですね。3Dポリゴンで作られたさくらちゃんが走り、戦うので、それを撮影するというゲーム……斬新と言えば斬新だし、ドリキャスユーザーなら「自分がさくらちゃんになりたい」のではなく「さくらちゃんを眺めていたい」と思っているであろうという判断は間違っていなかったと言えなくもないです。

 この時期のポリゴンでアニメキャラを作るのはなかなか厳しいと思うんですけど……逆に言うと、ポリゴン技術を活かしたゲームという発想で生まれたとも言えるか。ボリュームはそんなにないらしいので、サクッとプレイしよう。



<34本目:湯川元専務のお宝さがし>
dc2020-34.png

 1999年3月20日発売。
 メーカーはセガです。

 ドリームキャストのキャンペーンソフトで、ドリキャスのオンライン機能を使って賞金総額1億円(1人1万円)の宝探しをするソフトらしいです。ドリキャスをオンラインにつなげてもらうための戦略的ソフトってカンジかな。一応オフラインモードもあるそうなので、1回だけ実況してみてもイイかな。



<35本目:ファーストKiss☆物語II ~あなたがいるから~>
dc2020-35.png

 2002年8月8日発売。
 メーカーはブロッコリーです。


 そして……


<36本目:ファーストKiss☆物語>
dc2020-36.png

 限定版なので、1作目も入っていました!

 元々の『ファーストKiss☆物語』は1998年4月にPC-FX用で発売された恋愛アドベンチャーゲームで、PC-FX最後のタイトルになったそうです。高校卒業までの1か月間を舞台にしていて、エンディングがキスシーンになるそうです。
 その4年後に発売された『II』はそのまんま4年後を舞台にした続編で、大学生になった主人公が1作目の舞台となった町を久々に訪れるという話みたい。そ、その設定でヒロイン総入れ替えなのか……? これは自分でプレイして真相を確かめたいですね。



1.After… ~忘れえぬ絆~
2.エルドラドゲート 第2巻
3.エアロダンシング featuring Blue Impulse
4.Ultimate Fighting Championship
5.Ultimate Fighting Championship
6.セヴンスクロス
7.DanceDanceRevolution2ndMIX
8.Never7 -the end of infinity-
9.Wind -a breath of heart -
10.デ・ジ・キャラット ファンタジー
11.パンドラの夢
12.Candy Stripe ~みならい天使~
13.クイズああっ女神さまっ 闘う翼とともに
14.雪語り
15.NFL 2K
16.実戦パチスロ必勝法! @VPACHI ~コングダム~
17.インカミング 人類最終決戦
18.同窓会2 again&refrain
19.THE TYPING OF THE DEAD
20.悠久幻想曲3 Perpetual Blue
21.ゲットバス
22.Princess Holiday ~転がるりんご亭千夜一夜~
23.ラブひな ~突然のエンゲージハプニング~
24.ソニックアドベンチャー
25.バイオハザード CODE:Veronica
26.ファンタシースターオンライン
27.セガラリー2
28.シェンムー 一章 横須賀
29.こみっくパーティー
30.新日本プロレスリング闘魂列伝4
31.Revive ~蘇生~
32.探偵紳士DASH!
33.カードキャプターさくら 知世のビデオ大作戦
34.湯川元専務のお宝さがし
35.ファーストKiss☆物語
36.ファーストKiss☆物語II ~あなたがいるから~
※ 既に持っていたソフトは薄字にしました

 30本セットなのに35本(36本)入っていて、持っていたソフトは4本だけなんだから……これは超大当たり福袋だと思います!恋愛アドベンチャーゲームに偏っているのは確かですが、自分で買おうと思っていた『シェンムー』や『Revive ~蘇生~』なんかが入っていたのも嬉しかったです。
 ドリキャスの性質上、「キーボードがないと遊べないゲーム」「専用コントローラがないと魅力減なゲーム」「オンラインを活かしたゲーム」が多いのはちょっと残念でしたが……これはしょうがないか。


 『ソニックアドベンチャー』『シェンムー 一章 横須賀』『Revive ~蘇生~』はその内に生配信で挑戦しようと思いますが、単発配信かなにかで遊んでいるのを見たいゲームがあったら今の内に言っておいてもらえると助かるかな。




 それはそうと……ブログを毎日更新にしていると、こういう「書くのにむっちゃ時間がかかる記事」が厄介なんですよねぇ。開けたけどまだまとめを作っていない福袋が3つあるし、アニメ全作品紹介の記事とかもどうしようかなぁ。

| ゲーム実況 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

僕なら前編後編に分けちゃいますね ちょっとズルいけど

| ああああ | 2020/01/14 23:46 | URL |

>ああああさん

 実は、アニメ紹介記事……7作品ずつ6日連続とかにして書けばイイんじゃね?とか考えていましたとか言えない雰囲気にっ……!

| やまなしレイ(管理人) | 2020/01/15 00:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2679-394e6d8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT