FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2020年2月1日~14日に遊んでいたゲーム-ロストガールズコネクト!~井上涼子物語~-

 ブログを毎日更新しているせいでゲームを遊ぶ時間がないのに、「最近遊んでいるゲーム」というネタでブログの記事を書こうとすると「この半月、碌にゲームしてなかったな……」と思い知るだけでつらい。


roommate1-2020-2-1.png
<画像はセガサターン用ソフト『ROOMMATE~井上涼子~』より引用>

 2月に実況しているソフトの1本目は『ROOMMATE~井上涼子~』です。セガサターンの内蔵時計を使った「現実時間とリンクするギャルゲー」として、『ラブプラス』なんかのご先祖様とよく言われるゲームですね。
 『ラブプラス』とちがって据置ゲームとして展開されたゲームなので「同じ家に住んでいる同居人」という設定で、(今のところ)家の外で起こるイベントなんかは一つもなく、ただただ1日1回涼子ちゃんと会話が発生するだけのゲームです。涼子ちゃんの部屋をノックしても無視される(「今忙しいから」みたいなことも言われない)の、自分の遊び方が間違っているのでは……と思わなくもない。

 「ゲーム」ということを意識させない作りを目指しているのは間違いなく、2回目以降の起動ではタイトル画面も出ずにいきなり「家の中から始まる」とか、オートセーブなので「さっきの選択肢とはちがう会話の展開を見たい」とやり直すことも出来ないようにしてあるのとかは、かなり好きです。家の中を歩き回れるけど、その意味がない(廊下ですれちがったりもしない)のはちょっと気になりますが。

 「斬新すぎるゲーム」として当時も賛否両論あったと思いますが、こういう「現実時間とリンクするゲーム」が増えた今遊んでも「やることがねえ」と思ってしまう辺り、後発のゲームはその問題を色々と解決していたんだなぁと思わなくもないです。
 個人的には、涼子ちゃんには(俺以外の)好きな男子が普通に学校にいるという設定は、なかなか好きなところ。NTRとかそういうことじゃなくてね。俺のことを恋愛対象としてみじんも見ていない感はすごくリアルで感情移入しやすいです。自分で書いてて悲しくなってきました。よし、死のう!




nanatukaze-2020-2-1.png
<画像はセガサターン用ソフト『七つ風の島物語』より引用>

 2月に実況しているソフトの2本目は昨年のバレンタインでいただいた『七つ風の島物語』です。横スクロールアクションみたいな画面に見えるかもですが、戦闘とかゲームオーバーのない探索型アドベンチャーゲームです。

 エニックスがセガサターン用に発売した数少ないゲームの1本で、開発は『ワンダープロジェクトJ』シリーズなどで知られるギブロです。特撮監督の雨宮慶太さんが手がける独特の世界・キャラクターと、ギブロによる職人的な2Dグラフィックがマッチしたすさまじい画面になっているのですが……
 アドベンチャーゲームとしては、序盤は問題なかったのですがマップがどんどん広くなって、取れる行動がどんどん増えていくので、「次に何をするべきか」の総当たりがムチャクチャ大変になってきました。私のうっかりもあるものの、「背景の描き込みがすごすぎて入れる場所・下りれるところなどが分からない」せいで何十分もさまようハメになったり。

 せめて「こんなにマップを広くしない」か、「キャラクターがキビキビ動いてマップの切り替えもスムーズにする」か、してくれないと探索がしんどい……この手のアドベンチャーゲームの魅力として「どこに行けばイイのか分からなかったところが分かって話が進む」カタルシスがあるのも確かなんですが。

 まぁ、今年から「ゲームはクリアしない主義」なので、つらくなったらクリアまで遊ばずにやめてしまえばイイんですけどね!何度か「もうやめようかな」と思いつつもギリギリのところで先に進めているので、実は絶妙な難易度なのかも知れない。



pricone-2020-2-1.png
<画像はiOS版『プリンセスコネクト!Re:Dive』より引用>

 昨年1年間は「スマホゲーがアニメ化されたらその原作を遊ぶ」ということをしていたのだけど、人気絶頂時から始めても要素が多すぎて&周りにまったく付いていけなくて結局やめてしまう……という話をしていたら、「このゲームは途中からでも遊びやすいですよ」と教えてもらったので『プリンセスコネクト!Re:Dive』を始めました。

 そしたら、その直後に春からのアニメ化が発表されて、「スマホゲーがアニメ化されたらその原作を遊ぶ」のとあんま変わってねえ!とズッコケました(笑)。

 可愛いキャラクターに、ストーリーの要所要所に入るアニメと、すっげえ気合の入ったゲームなのは分かるのですが、「このゲームは途中からでも遊びやすいですよ」かどうかはまだよく分かっていないかな……
 『FGO』もそうでしたし、『マギアレコード』もそうだったのですが、最初から仲間にいるメインストーリーの主人公やヒロインを使っていった方がイイのか、最初にもらった石をありったけ投入して高レアのキャラで最初から編成して育てていった方がイイのか、この手のゲームをしっかり遊べたことがない身としてはよく分からんのですよねぇ。一応何回かガチャは回しているのですが、ガチャから出てくるの全員知らないキャラなので、メインストーリーでお世話になっているコッコロちゃんやペコリーヌちゃんを外すのがイヤというか……

 未だにこの手のガチャゲーは、どうやって遊ぶのかが分からんです……
 とりあえずはアニメが始まるまでは続けてみるつもり。



lostdicade-2020-2-1.png
<画像はiOS版『ロストディケイド』より引用>

 「スマホゲーはアニメが始まるタイミングじゃなくてサービス開始時からプレイしていないと付いていけなくなる」と思い、ブシロードの新作スマホゲー『ロストディケイド』も始めました。元々は中国のゲームを、ブシロードが日本向けにローカライズして展開している形みたいです。なので、メインヒロインの声優さんが『バンドリ』の彩ちゃんと同じ前島亜美さん。日本向けにするにあたって、ストーリーのところどころに漫画が出てくるのが特徴みたい。

 ゲームとしての特徴は「放置ゲー」で、ゲームを遊んでいない間もセットしたキャラがひたすら敵を倒して「レベル上げのためのアイテム(FGOで言う種火)」を稼いでくれるのがイイですね。ただ、レベル上限を解放するアイテムはクエストとかをしなきゃ手に入らんってとこかな。

 最初から始めただけあって、「やることがいっぱい!」ということにはならなかったものの……こちらも「最初から仲間にいるストーリー上のヒロイン達」と「全然知らないキャラでもガチャ回して仲間にした高ランクのキャラ」のどちらを育てるべきか問題に悩んで、どう楽しんでイイのか分からない。
 あと、「放置」していたせいかいつの間にかバッグが最弱装備アイテムでいっぱいになっていたんだけど、団長ランク23になるまでバッグの中身を捨てることも売ることも出来ないので、クエストに出ても何も拾えないというワケの分からない仕様でかなり第一印象が悪いですね……


lostdicade-2020-2-2.png
<画像はiOS版『ロストディケイド』より引用>

 また、今やっているイベントはアリスというなかなか可愛い女の子が仲間になるイベントみたいなのですが、私の戦力で受けられるクエストだと10分くらいかかるクエストを73回クリアしないと仲間にならないみたいで……もう既に「やめようかな」という気が満々マン!

 明らかに私、この手のゲームの遊び方が間違っている気がする……
 そもそもが「キャラクターの育成」に喜びを見いだせない人間が遊ぶゲームではないんかなぁ。



bangdream-2020-2-1.png
<画像はiOS版『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』より引用>

 第3期のアニメも放送中の『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』は3月に3周年を迎えるタイミングで締めに入っているのか、ストーリーが「え?最終回なの?」というくらいの盛り上がりを見せていました。
 1月に「モカちゃんがリサ姉にお世話になったお返しで中華街に連れていく」イベントがあったり、2月は「ロゼリアの集大成とも言えるフェス出場」のイベントがあったり、メインストーリーの方もシーズン2の山場を迎えていていたり(あと1話でエンディングになりそう)……ロゼリア、お前消えるのか?と、ちょっと不安になってきました。

 アニメ版ではRASが結成されましたし、ゲーム版の方も3周年のタイミングで大きな展開をしていきそうですが。落としどころをどうするんでしょうね。進級しちゃうと3年生組がゴソッと高校からいなくなっちゃって……『けいおん!』とはちがって学校の部活動でバンドをやっているワケではないので、大学やプロでもバンドは続けていけるでしょうが、高校生活が描けなくなっちゃうんですよね。

 3年生を全員同じ大学に進学させて、「大学編」やります?
 それはそれで見てみたいですけど(笑)。


<現在の進行状況>
・セガサターン『ROOMMATE~井上涼子~』……部屋をノックしても無視される
・セガサターン『七つ風の島物語』……5章クリアまで
・iOS『プリンセスコネクト!Re:Dive』……1-10クリアまで
・iOS『ロストディケイド』……戦力6300くらい
・iOS『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』……現在スター20000コくらい

| ゲームプレイ日記 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アドバイスの記事を見た後なのでこういうのを書くのは恐縮なのですが、プリコネを薦めた手前少しだけ。

効率を求めたり最強を目指すのでなければ、プリコネは基本的にどのキャラも最高レアまで育てられるので、好きなキャラを育てていけば大丈夫だと思いますよ。まれに今は使えないキャラもいますが、順次そういうキャラの救済もきています。

初期キャラの4人(美食殿とユイ)は全員★6まで育てられる(普通は★5まで)ので、時間はかかりますがきちんと最前線で戦えるところまで強くなります。

キャラの強さももちろん大事ではあるのですが、プリコネは基本的に【編成】のゲームなので、キャラそれぞれの役割と組み合わせが重要なゲーム性です。

合わない方もいらっしゃるとは思いますので、無理せず楽しめそうなら続けていただけると僕個人としては嬉しいです。

| ドラ | 2020/02/17 14:41 | URL |

>ドラさん

>アドバイスの記事を見た後なのでこういうのを書くのは恐縮なのですが、

 あぁ……あぁ……
 確かにそうなりますよね(笑)。

 今回もそうですが、こちらがアドバイスを求めている場合もあるので、そういう時は分かりやすく「アドバイス求む!」と書くことにしていきましょう。


>プリコネは基本的にどのキャラも最高レアまで育てられるので、好きなキャラを育てていけば大丈夫だと思いますよ。

 へぇ!つまり☆1と書かれているキャラも☆が増やせるってことですね。確かに空白っぽい☆が表示されているなと思っていましたが、そこが埋まっていくということか……なら、遠慮なくコッコロちゃんを使えます!

 ☆に関係なくバランス考えて編成し直そうと思います!ありがとうございました!

| やまなしレイ(管理人) | 2020/02/18 00:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2716-edc12768

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT