FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「アドバイス」と「顔射」は一緒だ

 こんな記事が今、話題になっています。

 【お気持ち長文】グラブルバーサスを買って格ゲーデビューしたけど1週間で人間相手に5勝しかできなかった人の話

 私はこのゲームどころか最近の格ゲーはやっていない(スマブラは格ゲーかって話はケンカになるので今日はやめておきましょう)のでゲーム内容について語るつもりは一切ないのですが、ネット対戦でボコボコにやられて「ひょっとして俺ってこのゲームを遊んでいる人の中で世界一ヘタクソなのでは」と思ってしまうこと私にもよくあるので、ものすごく共感しました。


 そして、何より私が一番共感したのはこの部分です。

<以下、引用>
・勝つためのアドバイスを教えてほしいって話ではありません

 (中略)

・これを読んで『こうしたらいいですよ』って話を私に教えてくださいって文章ではありません。
・どうしても教えたいって気持ちが高まって堪らない人は、個別に腰を据えて話を聞いて根気よく強くなるまで見て、付き合って頂けるなら相談に乗って頂きたく思います。


 あとがきめいたくそでがお気持ち。

 練習はもういっぱいやってるし復習もしてるし自分の時間と精神力が許す限りは学ぶ努力はしています。
 ただそれでも勝てないものは勝てないし、その状態で『勝つ為に練習しよう』はまるで自分が何も練習せずに対人だけやって突っ込んで負けているように見られているんだな、と思ってしんどさがマシマシになっちゃいます。
 あと出来ればグラブルバーサス未経験で格ゲーは分かるけど私が勝てない事に物申したいフォロワーさんは、PS4とグラブルバーサスを買って私と対戦して何が原因かの解明に付き合ってください。
 『やってないし私の動きや練度は聞いてないし見てないけど多分こうなんだろう』って推測で経験者のアドバイスをされるのが、格ゲー初心者的に凄くリアクションにも困って苦しいです。是非グラブルバーサス買って実際に触りながらアドバイスをください。私はこれからも頑張ります。

</ここまで>
※ 強調など一部引用者が手を加えました。


 2億回くらい頷きました。

 ネット上で何か困ったと書くとたくさんのアドバイスをいただいて、それで助けられることも確かにたくさんあります。しかし、こと「ゲームに関するアドバイス」ほど信用のならないものはありません。
 まったくレベルちがいのアドバイスをされたり、現実世界のスポーツや受験勉強では「根性論はクソ」と言っている人がゲームに関しては根性論を振りかざしてきたり、アドバイスの体で自分の自慢話をしたいだけだったり、アドバイスの体で説教できるサンドバッグを探しているだけだったり、「みんながアドバイスしているみたいだから俺も……」と一度もやったことのないゲームのアドバイスを言ってきたり。

 現に、「勝つためのアドバイスを教えてほしいって話ではありません」としっかり書いているこの記事にさえ、山のようなアドバイスや、アドバイスの体をとった説教棒が飛ばされていて……その中には記事の内容も碌に読んでいない人もたくさんいるし(どうしてCPU戦をやらないんだと怒っている人とか)。


 みんな、隙あらばアドバイスしたくて溜まらないんだなぁ……と、この記事とこの記事に対するネット上のリアクションを見るとつくづく思いました。



 以前、別の記事にも書きましたが……
 私、「アドバイス」と「顔射」は一緒だと思うんですよ。


<アドバイスをする人と、顔射する人の共通項>
・すると気持ち良い。
・するとスッキリする。
・イライラしている時など、ついついしたくなる。
・壁に向かってするよりも、人間相手にする方が気持ち良い。
・みんながしていると、自分も混ざってしたくなる。
・それでいて、した相手に感謝されると「エラくなった」と思える。
・せっかくしてやっているのに、避けようとされると腹が立つ。
・した後にその相手がどうなろうが知ったこっちゃないし、さっきまでしてたことも忘れる。

<アドバイスをされる人と、顔射される人の共通項>
・されるのは一瞬だが、その後の処理が大変。
・それで損害を被っても、した人は責任を取ってくれない。
・愛のある関係ならありがたいが、愛のない人にされるのはハラスメントだ。
・一人にされた途端、次々にしたがる人が現れてキリがなくなる。
・特殊な訓練を受けている人でもなければ、そんなの耐えられません。


 上述の記事なんて、ぶっかけ凌辱ものAVみたいでしたよ。
 「望んでいない」ってのに次から次へと顔射したがる人が現れて、好き勝手に顔射していって、その後の責任を取ろうとする人は誰もいません。AVだったらまだ汁男優になるためにある程度の審査だったり身体検査があるのに、このアドバイスぶっかけ凌辱AVはインターネットにつながっているすべての人間が好き勝手やってきて頼んでもいないのに顔射して、イヤだと言ったら「イヤがるんじゃねえ!」とブチギレていくの。

 もうこれ、肉便器と一緒じゃないですか!

 アナタ達、AVと同じことを実生活でやっちゃダメだって教わらなかったんですか!?
 AVの見過ぎで「現実とAVの区別が付かなくなっちゃった人」ですか!?




 まぁ、マジな話……「炎上」している人をよってたかって正義棒でぶん殴っている人達を見ると、「肉便器みたいだな」と感じます。「怒る」と「射精」はほぼ一緒なことなんで。
 みんな鬱憤をぶつけられる肉便器を探して、シコシコしながらインターネットをさまよっているんです。そして、「炎上」している人を見たらみんなで一斉に群がって顔射すんの。ぶっかけAVの現場の方が民度が高いんじゃないかと思いますよ。汁男優の人達、節度を守って順番に射精していくワケですからね。

 アナタ達はもうちょっと汁男優の方々を見習いなさい!


 今日書きたかったことは以上です。

 
◇ 蛇足
 それはそうと、私は「ゲームが下手な人」ではありませんが、「ゲームが上手い人」は「ゲームが上手くない一般人」がどのレベルなのかを見誤っているんじゃないかと思うことが多々あります。
 よく「格ゲーが下手なのでコマンド入力をしても必殺技が出せない」みたいなこと言う人いるじゃないですか。そんなのはむしろゲームが上手い人ですよ。私くらいになると「コマンド入力をしても、必殺技が出ているのかどうかが分からない」ですよ。成功しているのかどうかすら分からず、必殺技のつもりでただの強パンチを何度も撃っているのが「ゲームが上手くない一般人」のレベルですよ、全く(正確には、それがただの強パンチだという確信もないままそのゲームをずっと遊ぶことになる)。

 まぁ、流石に『ストII』の「波動拳」や「昇竜拳」は出ているかどうか分かりますよ?
 だって、コマンド成功したら「はど~けん」とか「しょーるーけん」とか言いますからね。

 問題は『バーチャファイター』以後の格ゲーですよ。アイツら必殺技名を叫んでくれないから、必殺技が出ているかどうかも分かりません。


 繰り返しますが、私は「ゲームが下手」ではありません。
 そう言われているので、「ゲームが上手い」とまでは言いませんが「平均的な実力のゲーマー」くらいの実力はあるそうです。そんでもって、『ストII』の頃から格闘ゲームは嗜んでいてそのレベルです(嘘は書いていない)。


 あと、よく言われる「格闘ゲームはコンボを覚えるのが大変」ってヤツね。
 私から言わせると「コンボって何?」ですよ。そもそもコンボというものが分からないです。ただボタンを連打しているのと、コンボが決まったと言われているものの差が分かりません。攻略サイトとかでコンボ表なんかを見て覚えて実践しても、当然それが決まっているのかどうかすら分かりませんし、ムチャクチャ上手い人達のプレイを見てもどれがコンボなのかも分かりません。


 繰り返しますが、私は「ゲームが下手」ではないんですよ?
 でも、この「画面を見ても今起こっていることの見分けが付かない」というのが、「ゲームが上手い人」と「平均的な実力のゲーマーの私」の差なんだろうなと思います。『スマブラ』とかやってても、自分の攻撃が当たっているかも分からないから「1位になった時」と「4位になった時」の差が分かっていませんからね。

 『Splatoon』やってても、自分の撃った弾が当たっているかどうかが分からないので、ババババババババ!よし倒した!と思ったら相手生きてる!?なんで、何発当てても死なないの、なんで!?となってしまうという。


 あと、単純に「今自分が押しているボタンが何ボタンかも分からない」もありますね。
 把握できるのは「方向キー+1ボタン」までなので、ボタンが2コ以上になるとどれが何のボタンか分からなくなってしまいます。だから、「決定ボタン」と「キャンセルボタン」を間違えてゲームを始めることすらなかなか出来ないとかもよくありますね。そんなのフツーですよ。私が特別に「ゲームが下手」ではなくて、平均的な実力の人はみんなそうですよ。何言ってんすか。

 だから、世にあるゲームの中でも特に「QTE」が苦手なんですね。
 「QTE」を入れるゲームクリエイターは「普段ゲームを遊ばない人でも簡単操作で楽しめるインタラクティブ性がうんぬんかんぬん」と思っているのかも知れませんが、「狙ったボタンを押す」のがどれだけ難しいことか!「ゲームが下手」ではない私ですら「QTE」があるとぶん投げてそのゲームをギブアップするくらいなんですから、「ゲームが下手な人」がどれだけ苦労することかって話ですよ。




 あと、元の話の肝は「このゲームなら普段グラブルみたいなソシャゲしか遊ばない格ゲー初心者も買うだろうからそういう人達とワイワイ楽しめるんじゃないかな」と思って買ったのに、同じレベルの人とちっともマッチングしなくてつらかったという話だと思うので……「格ゲーとはそういうもんだ。修行が足りないオマエが悪い」って、あたかも格ゲーのトップクラスを目指している人に向けたような説教を垂れるのは「顔射する相手を間違えてない?」って思います。

 オンライン対戦のゲームが楽しめるかどうかは、「同じレベルの人と一緒に遊べるか」が一番重要なので……私なんかも「自分と同じくらいの初心者」が買うかどうかを熟考して購入を考えます。『Splatoon』の時はそれで「3Dアクションシューティングほとんど遊んだことがないけど、他の人もみんなそうだろう」と買って、心がボッキリ折れるというね。

 でも、格ゲーにしろ何にしろ「初心者じゃなくなった人」ってのは多分、そういう気持ちが分からんと思うんですね。そのジャンルに手を出すのが怖い、でも今なら、これなら手を出しても大丈夫じゃないかと勇気を振り絞って一歩踏み出すカンジ―――その気持ちは汲んであげて欲しいなって思います。私からのアドバイスです。うりゃっ!

| ゲーム雑記 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アドバイスをもらうことでお金をもらって稼ぎたい

| ああああ | 2020/02/17 11:59 | URL |

>ああああさん

 ぶっかけAVも「ただガマンしているだけでお金がもらえる」と思ったら大間違いだった、と言われるくらい大変らしいですよ。

| やまなしレイ(管理人) | 2020/02/18 00:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/2717-b4f1be47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT