FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コンプレックスに立ち向かう“Touch!Generations”

 『新・鬼ヶ島』は自力で3章を突破。なるほど、このゲームのコツが分かってきたぞ。
 4章冒頭でまたしても詰まっていましたが、イベントを一つ起こして(居間を使える時間の)タイムオーバー。さっさと中断して作画作業に移ります…

 「うみ」と名付けた女のコが「泳ぐのはイヤだ」「お金は怖いから持ちたくない」とワガママ放題なのが可愛いです。ディスクシステムくらいのグラフィックとテキスト量で、キャラはちゃんと立つんだなぁと感心しました。ディスクのドット絵に萌えていると、次世代ゲーム機って何なんだろうって考えてしまいますね。


 7月5日に発売する『咲かせて!ちびロボ!』の公式サイトが出来ていました。
 このソフト自体については置いといて、公式サイトを開いて「おぉっ!」と思った箇所があったのでご紹介します。

 プレイ人数:1人(セーブデータ数:3)

 以前から僕は「セーブデータを幾つ作れるかを書いて欲しい」と言い続けてきましたが、ようやく書かれている公式サイトを見つけました。こういうところは任天堂は偉いなぁ…サードも頼むぜ!

 もちろん今回は「データ3つ作れますよ!」という長所だから書かれたのであって、「データ1つしか作れませんよ!」とは書きにくいとは思うんですが―――GBA版『くにおくんの時代劇』のような例もあるし、短所も短所としてしっかりと公式サイトに書いて欲しいですね。
 作れるデータ数もそうですしダウンロード対戦による機能制限とかも、買った後にガッカリされてもメーカーとしては別に構わないと思っているのかも知れませんが長期的に見ればマイナスだと思うんですけどねー。

 本日発売の『いたストDS』は、ダウンロード対戦だとマップなどが制限されるみたいですね。まぁ…『桃鉄』や『ウイイレ』のDS版を経験していると、マトモに対戦できるだけでも感動ですけど……ともだちコード交換者としかWi-Fi対戦できないっぽいというのが、(ネットにDSを繋げる友達がいない僕としては)痛いなぁ。
 『いたスト』好きな友達が買ったかも知れないので、ダウンロード対戦をやらせてもらおうかな。

B000JFSFGCいただきストリートDS

スクウェア・エニックス 2007-06-21
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ちょっと以前の話になっちゃうのですが、コンビニにコピー取りに行ったついでに先週のファミ通の伊集院コラムを読みました。伊集院コラムは以前はしょっちゅう読んでいたのだけど、立ち読み自体メンドくなったので最近は読んでいませんでした。
 サードメンとかジョン・コリンズとか、伊集院ラジオを欠かさず聴いてる僕には馴染みの芸人だけど、ファミ通の一般読者には分かるのだろうか(笑)。

 それはともかく……その先週分の内容は、身も蓋もなく要約しちゃうと「Wii版『やわらかあたま塾』で盛り上がったけど、同じ4人でその後に縄跳びしたらソレ以上に盛り上がってしまった」というものでした。たかだか半ページのコラムかも知れませんが、色々と考えさせられました。


 一つは「伊集院さんのWiiへの立ち位置が変わってきた」こと。
 発売前から『Wii Sports』などの体感ゲームを否定していたし、実際に買ってからも「一人でやっていると死にたくなる」と話して竹内アナに「奥さんと一緒にやれば良いじゃないですか」と言われて「そんなの自分が許せない」と返すくらい、Wiiのスタンスには否定的だった伊集院さんですが―――『やわらかあたま塾』ならば奥さんや後輩芸人と遊べたようですね。

 自分も確かに「リモコンを振る」操作を恥ずかしいと思う気持ちも分からなくはないです。だからこそ、発売日にムリヤリ家族を巻き込んだのだし、もし家族に「そんなのカッコ悪いからイヤだ」と言われたら二度と家族の前でやらなかったでしょうしね。
 でも、Wiiリモコンって「振る操作」だけじゃないんですよね。『やわらかあたま塾』みたいなポイント操作も、『エレビッツ』みたいにそれを引っ張ったり動かしたりも出来るワケですし。FPSとかだって向いている。「振る操作」だけを取り出してあーだこーだ言うのは、一面的だなぁと思ってしまいます。

 まぁ…確かに「リモコンを振ろう!」というバイアスを作ったのは、任天堂自身でもあるんで、そこに嫌悪感を覚えるのも分からなくはないんですけどね……



 んで、もう一つの重要なこと。
 「友達さえいれば、4800円する『やわらかあたま塾』も500円の縄跳びも同じくらい面白い」という意見、暴論のようだけど本質としては分からなくはないんです。

 僕も以前『もっと脳トレ』のお絵描き対決に夢中になって数時間遊んだことがありますし、『アルキメDS』にはそういう意味でも注目していたんですが……
 よくよく考えると、お絵描きなんて紙と鉛筆があれば出来ることなんですよね。リアル世界なら、消しゴムだって色鉛筆だって用意できる。DSを人数分そろえる必要はないし、充電切れだって起きない。

 でも多分、紙と鉛筆を渡して「さぁ今からお絵描き対決しようぜ」と言っても参加してくれる人はそうそういないと思うんですよ。

 要は「敷居」と「きっかけ」の話。漫画描きやイラスト描きな人間はともかく、多くの人は日常的に絵を描くことはしていないでしょう。紙と鉛筆だと実力差もキッチリ出ちゃいますからね。
 そこに「お題」というきっかけと「細かい線が引けないタッチペン」という敷居の低さを加えれば、まぁ皆もやってるし俺もやっても良いかで巻き込むことが出来る―――


 逆に言うと……日常的にこういう「きっかけ」を作れる人にとっては、WiiやDSのカジュアルゲームが面白くないのも仕方ないんですよね。
 『脳トレ』なんかしなくても脳を使っている人、『えいご漬け』なんかしなくても自分で英語の勉強を始めた人、『Wii Sports』をやらなくてもスポーツを楽しめている人………既に痩せている人がダイエット商品に興味がないのと同じようなものです。押尾学が恋愛ハウトゥ本を読まないのと一緒です。

 そういう意味では、DSやWiiのカジュアルゲームって一歩間違えればコンプレックス産業みたいに「人には言えないもの」になっていたのかも知れませんね。ということで、次の“Touch!Generations”の題材はコレで間違いないな。

 『大人のDS育毛トレーニング』

 胡散臭さ満点。
 でも、マジメな話……コンプレックス産業と“Touch!Generations”は紙一重だと思うんですよね。『性教育DS』とか、『身長が伸びるトレーニングDS』とか、あぁファッション関係の入門ソフトはネタじゃなく作ったら面白そう(ブランドとかの問題があるけど)。後は『デートスポットDS』とか。何でもかんでも語尾にDSつければ許されるって話じゃねえな。

| ゲーム雑記 | 21:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いたストDSよりゼルダを買いました

POCOです、もうお昼ですね。
毎回毎回、どの記事にコメントをすればいいか迷って途方に暮れるんですが
今日はとりあえずこの記事にコメントを。

>『新・鬼ヶ島』は自力で3章を突破。
私も先日購入、男の子に「せがーる」、女の子に「きゃすこ」と名付けました(笑)
今は2章、かっぱのさらが見つからずグルグルと北と南を右往左往中。
じゃりんこチエ級(カタカナ表記も有り)の衝撃(難易度)が脳を痛めつけてる。
いやマジで難しい、というかパターンめいた感じのシステムが妙に惹かれますね。
あとプレイ中に3回ほどバグりました、当時しょっちゅうバグがありましたからね。
何もそこまで移植しなくてもいいのではなかったのでは(何故にあの場面でバグが)

>『咲かせて!ちびロボ!』 プレイ人数:1人(セーブデータ数:3)
おおっ本当だ、他のソフトはデータ数まで書いていませんね。
ユーザーにとっては大いに歓迎すべきところ、会社側もよくぞやってくれたって感じ。
でもホームページには掲載されてないですけど雑誌のソフト紹介欄内にブロック数
(セーブデータ容量)は書いてあることがたまにあるんですよ。
これもとても重要なことだと思うんです。容量さえ分かれば本体内のデータ管理、
GC等のメモリーカードの管理があらかじめ出来ますからね。
出来ればこのセーブデータ容量もホームページに載せてくれたらいいんだけどな。

>『アルキメDS』にはそういう意味でも注目していたんですが……
友人を家に連れてくること自体があまりないのが現状なんですけどね。
DSをみんなで持ち寄って、「お絵描き対決」をいざやろうとしても無理かな。
細かい線が引けないタッチペン、これは本当にどうにかして欲しいですね。
実は土曜に買った「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」のメモ機能がそう。
今回のゼルダにはメモ機能があるんですがCMみたいに上手に書けずじまい。
というか私のタッチパネルのタッチペンの接触が悪いかもしれないけど。
ちょっと太いから文字が滲んでしまうんですよ、ミスったら消しゴムの繰り返し。

せっかくゼルダのことが出たのでちょこっとお話を。
今回タッチペンで操作することになってますけどこれがまた一長一短なんです。
操作は歩きたい方向にペンで指示してあげると歩き出したり攻撃したり。
でもこれがあとあとネックで私は右利きなんですがペンの位置でリンクが見づらく
なってしまい、これまで何度もハートが無くなってゲームオーバー気味(汗)
キャラがトゥーンレンダリングで可愛く操作もタッチペンで敷居が低くなったとはいえ
CMみたいにアドベンチャー的要素やダンジョン、ボス戦、ミニゲームなど今回初めて
ゼルダをプレイされる初心者や女性にはかなりキツイかもしれません。
でもこれだけタッチペンを多用するゲームは他にはないでしょう。
これこそ「Touch!Generations」にふさわしいのでは、ある意味そんな感じがします。

最後にひとつ、ゼルダ夢幻ですがセーブ数は2つで本プレイセーブは1つのみ。
ですからWiiのトワイライトプリンセスのようにプレイ中に空いた場所にセーブすることは
基本的に出来ません、1プレイ=1セーブデータ(2つ中)となっています。

| POCO | 2007/06/25 12:54 | URL | ≫ EDIT

>POCOさん

 どうも。

>毎回毎回、どの記事にコメントをすればいいか迷って
 いや、ホントすいません(笑)
 「ここにモノ申す~!」というピンポイントなコメントでなければ、「語り」よりも「日記」っぽい記事に付けてくれるのが良いかなと思います。まぁ、あんまり気にすることではないですけど(こないだと言ってることが違う)

>『新・鬼ヶ島』
 あれ…POCOさんはファミコンミニ版を持っていたんじゃ…もう覚えていなかったということなんですかね。個人的には“このゲームの文法”に気付く前の第3章が一番苦戦しました。
 僕はあまりADVをやったことはないんですけど、理不尽な死がない分だけ初心者向けじゃないですかね。セーブ忘れてても章の始めからやり直せますし。ADVにハマりつつあるので『ポートピア』とかもやってみたくなりました。出してくれないかなぁエニックスさん。

 バグはまだ体験していませんね。結構ムチャなことをやってる(台詞読みたくて片っ端から選んでいる)のに、不具合が出ない辺りは「流石任天堂だなー」って思っていました。

>雑誌のソフト紹介欄内にブロック数(セーブデータ容量)は書いてある
 あぁ…そうですか、言われてみれば!
 最近はあまりゲーム雑誌読んでいないんですが、そう言えばPS時代は書いてあった気がします。ファミコン時代は「○MB(Mbだっけ?)」「パスワード」とか書いてあったけど、メガ表記って何だったんでしょうね。

>DSをみんなで持ち寄って、「お絵描き対決」をいざやろうとしても無理かな。
 個人的には、この“線の太い”タッチペンだからこそ絵に自信のない人も気軽に出来るかなぁと思います。絵を描いている身からするともどかしいんですけどね。『似顔絵チャンネル』で、絵を描く人に合わせるんじゃなくて、絵を描かない人に合わせてパーツを削った…みたいなことかと。

 とは言え、『ゼルダ』のメモ機能はちょっと不便そうですね。
 各ブログなんかを観てまわった限り、「『世界樹の迷宮』が使いやすかった分…」という声が多かったです。色を変えたり出来れば、多少大きくも書けそうなんですけどね。

>『夢幻の砂時計』
 セーブデータは……えぇっと、あまりメジャーな喩えじゃないですけど「スーファミ版『ピクロス』みたいなカンジか!」というのがパッと思いついた僕。二人でデータ共有できるけど、一人で二つ分のデータを使えないということですか(コピーが出来ない?)。

 というか「データが二つ」というのは少ないかも。携帯機用なんだから人数分買えよって話なのかも知れませんが、兄弟で買ったら親がやりたくてもやれないのはネックになりそう…

 それでも羨ましい……『トワプリ』積んで『蒼炎の軌跡』が停滞中の身なので、今回は自粛しますけど。何年か経ってから、暇ができたら買おうかな。『風のタクト』やっていなくても問題なさそうですし。

| やまなし | 2007/06/25 18:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/294-152786a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT