やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

決戦は10月か

 数日ゲームニュースをチェックしていない間に、色々と興味深い話が出てきていました。


 『みんなで投票チャンネル』のネタバレ話。
 ワールドアンケートで「体を使うの/頭を使うの、どっちが得意?」という御題が出ていました―――僕としては頭使う方が得意ですが、「Wiiで遊んでいるような人達は体を使う方が好きだろう」と予想しました。

 で……結果。「頭を使う方が得意」の圧勝。7割:3割くらい。
 えーマジかいと思いつつ、各国ごとの投票率を見てみると……「頭を使う方が得意」順にポルトガル、ブラジル、ギリシャと続いていって。何と、日本が一番「頭を使う方が得意」の比率が低い国でした。最下位。日本だけが5割:5割くらい。


 この結果には驚きましたよ。だって、この結果だけなら「日本が一番頭を使うのが苦手な国」=「日本が一番体を使うのが得意な国」みたいじゃないですか(笑)

 一つには「日本では“頭を使わないでも楽しめる”ゲーム機として認知されているWiiだけど、海外では従来通り“頭を使うもの”と認知されている」というのもあるかなとは思いますが…・・・
 これは「Wiiを持っていて」「ネットに繋いでいる」人というのが、海外ではデジタル機器に詳しい頭脳労働者寄りの人が多いのかなと思いました。日本もまだゲーム機をネットに繋いでいる人は“デジタル機器に詳しい人”だとは思いますけど、海外よりは幅広く浸透している気がしますものね。


 日参している『わぱのつれづれ日記』さんにて、なかなか驚きのニュースが。

 任天堂 イギリスで「マリオパーティ8」をリコール ~ 原因は差別用語か

 何をやっているんだ、任天堂は……
 本当に原因が差別用語なのかは微妙ですけど、ローカライズに失敗したというのは揺るがない事実です。まぁね…同じ英語圏のアメリカとイギリスでも、問題になること/ならないことが違うというのは「想像以上にローカライズって難しいんだなぁ」と同情できなくはないんですけど。

 言われてみれば、PS3ソフトのマンチェスター大聖堂の問題もアメリカとイギリスの認知の差だったような気がします。日本→海外の各国というよりも、アメリカからイギリスのように欧米諸国同士の文化の差の方が複雑で難しいのかも知れませんね。


 しかし、『マリオパーティ』って『Wii Sports』に続くキラーソフトにもなりえたソフトだったと思うんですけどね。それだけに、こういう形は勿体ないなぁ……

B000IUCWIUマリオパーティ8

任天堂 2007-07-26
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 新型PSPは9月20日に19,800円で発売(電撃オンラインより)

 バッテリーの不安はあるのもの、小型化&軽量化に加えてロード時間の短縮やらワンセグ対応バージョンやら低価格化やら新色登場など良いこと尽くめの新モデルですね。
 もちろんDSとのシェア争いという点ではもう勝ち目がないと思いますが、今の時点で(日本では)過去のセガサターンやNINTENDO64と同じくらいの普及台数なワケですから。きっちりと携帯ゲーム機の2番手の位置をキープしているとも言えます。
 新モデル投入も、購入を迷っていたユーザーには朗報でしょうね。

 ただ……個人的に非常に残念なのが、「テレビ画面をモニターにできる」機能について。ゲーム用途でテレビ画面を使うためには、D端子かコンポーネントのケーブルじゃないとならないそうです。
 全てのテレビにコレらの端子が付いているワケじゃないというのもありますし。喩えば、我が家のアクオスは背面に端子が付いているため、ケーブルを挿すためには二人がかりでテレビを下ろさないとならないんですよ。D端子は全部埋まっちゃっているという家庭もあるでしょうし。

 PSPと一緒にケーブルを持ち歩いて、立ち寄った友達の家でテレビ画面に映すくらいの気軽さが出来るのかな?と思っていたのですが、条件がかなり厳しくなってしまいました。



 “PLAYSTATION PREMIERE 2007”にて、これまで見えていなかったPS3ソフトの画面写真と発売スケジュールが発表されたそうです。ファミ通の記事

 シリーズソフトとしては『グランツーリスモ5プロローグ』が10月『真・三国無双5』が秋というのが注目ですかね。個人的にはやはり孕ませゲー『アガレスト戦記』と、『うたわれるもの』に続くアクアプラスのADV+SRPGの『ティアーズ・トゥ・ティアラ』が気になりました。

 車に1ミリの興味もない僕なのでグランツーリスモには詳しくないんですけど、『プロローグ』というのは本編とはまた別なのですかね?検索してみたら「グランツーリスモ5は2008年、プロローグは2007年中に」という昔の記事が出てきたんですけど…
 無双シリーズももうどれだけブランド力があるんだろうとは思いつつ、とりあえず徐々に持ち球が増えているのは確か。

 『ゲームの裏話』さんにて、発表されたPS3ソフトの発売スケジュールが分かりやすく並べられているのでどうぞ。
 今回は発表されていませんが……一応『Africa』が年内、『ウイニングイレブン』が冬に出る予定だと考えると、始まってきたぞという気になりますね。



 とにかく、PS3にとって10~11月は大きな転機にはなるでしょうね。『Home』もあるし。
 後は、このタイミングで(日本だけでも)値下げをしてくれば面白いことになりそうです。Xbox360が普及しきったアメリカよりも…Xbox360が爆死状態でコアゲーマーも(減少中とは言え)確かに存在して、何より世界屈指のソフトメーカーが揃っている日本をまず落としにかかるのは、戦略的には理に適っていると思うんですけどねー。

 アメリカと同じように80GBを投入して今の60GBの値段に、60GBを20GBの値段に、まだ残っていたら20GBを一気に下げるというだけでも(もちろん赤字幅も広がるんだけど)大きいと思います。

 てゆうか……10~11月に動かなきゃいつ動くのって感じですよ。『メタルギア4』と『グランツーリスモ5(本編?)』に合わせて来年とか言っていたら、これらのソフト達が見殺しにされてしまい、更にサードメーカーが二の足を踏む状況を作りかねませんよ。

B000SRVHWUアガレスト戦記

コンパイルハート 2007-09-27
売り上げランキング : 314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 10~11月は、残りの二陣営にとっても転機となりそうな予感。
 Xbox360は「値下げ」よりも「壊れにくい」新モデル発表が10月くらいにあるんじゃないかと思っていましたが、『Halo3』に合わせた色違いバージョン(中身は従来と一緒?)を出すとか言っているんですよね。エリートも日本で出すとか、普通のXbox360ですら爆死しているというのに更に高いの出してどうすんだ……

 Xbox360としてはもう日本はどうでも良いのかも知れないんですけど、PS3に動かれる前に動いておけば大逆転の可能性だってあったと思うんですよ。
 PS3に値下げされたら万に一つの可能性すらなくなってしまいます。「マルチタイトルはXbox360の方がグラフィックが綺麗」とか言われている内に、本体売っておけよ!と本気で思います。



 任天堂陣営はとりあえずは手持ちのカードを順番に切っていくだけか。
 PS3が動こうか寝てようが、Wiiが『Wii Fit』『マリオギャラクシー』『スマブラX』というキラーソフトを10~12月に出すのは確定しているワケで(『メトロイド』もひょっとしたら)。この3本はどれも“ミリオンいってもおかしくない”“最悪でも50万本は堅い”ソフトですからね。えぇ、もちろん信者ならではの発言だとは自分でも思いますよ。

 PS3が値下げしてきたなら、可能性としてはWii新色発表か値下げもあるんですが……幾ら本体だけで黒字になったとは言え、需要と供給が逆転しない限りは値下げなんてしないでしょうしね。
 ユーザーからすると「そんなことよりWiiチャンネル増やしてくれ」とか、「『Wii Fit』の価格を限界まで安くしてくれ」という気分か。



 ということで、今世代ゲーム機戦争の大一番10~12月の対決。
 先鋒戦は『Wii Fit』(Wii)vs『Halo 3』(Xbox360)vs『アガレスト戦記』(PS3)ということで宜しいでしょうか。

B000FSEM4CHalo 3 リミテッド エディション

マイクロソフト 2007-09-27
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/342-0543e219

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT