やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ドラゴンボール』におけるインフレバトルの葛藤

 ちょっと前の話題ですが『名探偵西園寺万五郎がアニメを斬る!』さんにて「ドラゴンボールのキャラが強くなりすぎてしまう理由」という記事が書かれていて、「あー、その着眼点はなかった!」と悔しかった記憶があります。

 詳しくは氏の記事を読んでもらえた方が分かりやすいと思うんですが…簡単に説明してしまうと、初期は「小さな悟空と大きな敵」だった構図が、悟空の背が伸びた結果、ピッコロ戦とベジータ戦の間辺りから「大きな悟空と小さな敵」という逆転現象が起こったという話です。うーん……これには気付かなかった。
 そう考えると、記事でネタにされているセルの最終形態がモデル体型の男前なのは、対比されている相手が悟空ではなく悟飯だったという作者の意図なのかも。そして、セルがどうにも影薄いのも悟飯の影の薄さのせいなのかも……


 と、他所様の記事を枕にして、ちょっと書きたい『ドラゴンボール』話があったので書き残しておこうと思いました。ズバリ、今日は「インフレバトル」について。

 インフレバトル……
 「ドラゴンボールと言えばインフレバトル」、「インフレバトルと言えばドラゴンボール」とセットにされるくらい定着されたイメージが漫画読み(特にジャンプ派だった人達には)にはあるでしょう。最近の漫画でインフレバトルを見かけた時に「ドラゴンボール化している」と言う人までいますものね。ゲーム機を全部ファミコンと言っちゃう母親みたいなものか。


 インフレバトルという言葉は「○○より強い××を倒した△△が足元にも及ばないような◇◇と互角に渡り合った■■を倒した▽▽だって――!」みたいなことですよね。次から次へと強いヤツが出てくるせいで、初期メンバーの力が相対的に落ちていってしまうというか。(人造人間編で「役立たず」だったクリリンも「地球人では一番強い」とヤムチャに言われていた)

 敵ボス「お前達がやっとの思いで倒した●●は、実は四天王の中では一番弱いのだ!」
 主人公達「なんだって――!!」
 読者(じゃあ、なんで四天王とか一括りにしたんだ…)

とかね。とにかく過去のことを「あんな弱いヤツが」みたいに貶めることで、現在の敵(困難)を大きく見せようという意図なのでしょうし、それ故に批判の対象になるのも納得できます。
 これを続けてしまうと、コミックスを1巻から読み返した時の「いや、コイツ。今から思うとザコだよな」感でいっぱいになるというか。逆に言うと、全巻揃ってのまとまりよりも瞬間瞬間の盛り上がりを大事にしている分、初めて読む読者もいる雑誌連載には向いているという気もします。

 そもそもバトル漫画で敵の強さを表現するのって難しいんですよね。
 野球漫画だったら「何だ、あのカーブは!」とか「何だ、あの剛速球は!」とか「何だ、あのセーフティバントは!」とか色々な方法で強さを見せられるんですが、バトル漫画の場合は「何だ、あの強さは!」一本になりがちですからね。(このマンネリを打破するためにジョジョ的超能力バトルが流行るのは、当然と言えば当然か)

 しかし、このインフレバトル……確かにこれらの特徴が物凄く『ドラゴンボール』と合致するのは間違いないし、『ドラゴンボール』がインフレバトルの代表作と言われるのもおかしくはないと思いますが。
 それは『ドラゴンボール』という作品の一面だけであって、『ドラゴンボール』という漫画をインフレバトルという一言で片付けるのには違和感があるなと以前から感じていました。

4088734440ドラゴンボール 完全版 (1) ジャンプコミックス
鳥山 明

集英社 2002-12-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ○ 「弱点を持たせることがキャラの個性になる」byヘタッピ研究所
 そもそも、『Dr.スランプ』~『ドラゴンボール』初期辺りの鳥山明先生の漫画は「記号化されたキャラをストーリーに落とし込む上手さ」が特徴でした。

 千兵衛さんはスケベだとか、おぼっちゃまくんは礼儀正しいとか。悟空は世間知らずだとか、ブルマは強欲でおっぱいが大きいとか、クリリンはずる賢くてイヤなヤツとか。物凄く漫画的な個性を持ったキャラ達だったんですよね。
 そうした特徴はバトル描写にも見られ、当時のバトルはキャラの個性と弱点などを活かした“限定条件下の個性バトル”だったとも言えます。キャラに弱点を付けることはキャラクター作りの一歩目だと、当時の鳥山先生ご自身も『ヘタッピ研究所』で仰っていましたしね。

 アラレちゃんはロボビタンAが切れると動けなくなるとか、ガッちゃんはゴムだけ食べられないとか。悟空はハラ減ると弱くなり、尻尾をつかまれると動けなくなるとか。ヤムチャは女が苦手とか。亀仙人はエッチな本に弱いとか。
 トーナメントバトルがインフレバトルの原因みたいに言われることもあるんですが、最初の天下一武道会はこうした特徴を活かしたバトルでした。ギランは空が飛べるけど悟空は飛べないとか、悟空が食いしん坊だったおかげで天空×字拳を破れたとかね。

 こうした『ドラゴンボール』の路線が変わったのは、弱点とか駆け引きとか無視して圧倒的な強さを見せ付けた桃白白戦辺りからなのかなと思いつつ……やっぱり、悟空が尻尾の弱点を克服したというのが大きな象徴だったのかなーと思います。
 ヤムチャは女性恐怖症を克服し、クリリンは良いヤツになり、悟空は尻尾を克服した上に“お腹が減ると弱くなる”シーンも少なくなります(多分、ピッコロ編でヤジロベーの肉を盗んだのが最後じゃないかな?)。そういやランチさんなんか存在すらなくなっちゃいましたね。はっちゃんですらちょっと出番あったのに……

 天津飯と餃子しか使えなかった舞空術も、次第に全員が使えるようになり。かめはめ波も、誰もが使えるエネルギー弾と変わりなくなり。バトル描写においてはどんどん没個性化していって、単純な「強さ←→弱さ」だけの違いになってしまいました。
 もちろん単純化されたことによって「○○の戦闘力は幾つだ!」と当時の子ども(僕含む)は興奮したのですし、この戦闘力描写は多くのバトル漫画にもパクら…影響を与えたので、一概に悪いことだとは思いませんが……


 初期『ドラゴンボール』と、インフレバトルと呼ばれるようになったその後の『ドラゴンボール』の間には、“キャラが弱点を克服してしまった”ことが大きいというのは間違いないかと。

 極端な話、尻尾が弱点だった頃の悟空は(油断していれば)ウーロンにも負ける可能性があったんですよね。その可能性がなくなったことが、インフレバトルの始まりだったのかも。

4088528808鳥山明のHETAPPIマンガ研究所―あなたも漫画家になれる!かもしれないの巻
鳥山 明 さくま あきら

集英社 1985-05
売り上げランキング : 44360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ○ インフレバトルの向こうにあるもの
 と……ここまで書いてきて、あたかも「初期『ドラゴンボール』は面白い!」けど「その後の『ドラゴンボール』はインフレバトルで面白くない!」みたいに思えてしまったならゴメンなさい。本当に言いたいことはここから。

 インフレバトルが面白くないかは、個人の主観によるものだから置いておきます。
 確かに僕は、悟空が大きくなってしまった後よりもチビで可愛い頃の方が好きだったので、初期『ドラゴンボール』の方が好きではあります。でも、それも僕個人の主観でしかありません。

 ただ、「サイヤ人編以降の『ドラゴンボール』は単なるインフレバトル」ではないことだけは主観ではなく客観的な事実として揺るがないことだとは思います。


 ナッパ戦はともかく、ベジータ戦は“圧倒的な力を誇る強敵に試行錯誤して戦う”バトルだったはずです。というか、実を言うと僕的『ドラゴンボール』ベストバウトはこのベジータ戦かもと思っているほど(天津飯戦とどっちか迷う…)、後半の熱さは半端ない。
 この“圧倒的な力を誇る強敵に試行錯誤して戦う”は魔人ブウ戦もそうですよね。「オメエはひょっとしたら本物のヒーローかもな!」にはリアル中二だった僕も感動で震え上がりました。

 インフレバトルの象徴のように言われるナメック星編も、序盤は三つ巴の駆け引きにワクワクさせられたし。インフレが頂点に達した最終盤も、実は「タイムリミット」を設けることで単純な力と力のぶつかり合いではなく見せたとも思います。
 この辺、読んだことない人のために、ネタバレ控えて具体例を挙げなくてゴメンなさい。読んだことある人は記憶を手繰り寄せて、何とか思い出して下さいね(笑)

 人造人間編は……単純なインフレバトルと呼ばれてもおかしくないシリーズで、正直なところ僕が一番好きではないシリーズでもあるんですけど。最後の最後に描いていたのは「父と子」であって、どっちが強いかという単純な話ではなかったと思っています。


 もちろんコレらは“『ドラゴンボール』内のインフレバトルではない要素”を集めただけなので、全体的に見れば後期の『ドラゴンボール』はインフレバトルだと思いますし、インフレバトル=『ドラゴンボール』と思われても仕方ないのですが……
 “インフレバトルだけでは限界がある”ことに気付いて、逸早く脱インフレバトルを目指したのも『ドラゴンボール』だったんじゃないかと、思うのです。


 だから……「『ドラゴンボール』みたいな漫画を描きたい!」とインフレバトルを描いている漫画家さんとか、そうした作品に「ドラゴンボール化している」と言い放っちゃうこととか。どうにも僕には違和感あるのですよ。

 それは事象の一側面でしかなくない?と。

B000GTLP04ドラゴンボールZ ハイブリッドアクション 超龍伝 孫悟空

バンダイ 2007-02-28
売り上げランキング : 2805

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 23:30 | comments:12 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

非常にどうでもいい話ですが、私的には鼻がないのは人間ではないのでヤムチャが地球人最強繰り上げ当選説を幼少の頃から唱えつつまったく広まらないということだけ書いておきます。

天津飯? いやそいつ三つ目だし。

| カイ氏伝 | 2007/07/23 00:40 | URL |

やはり鳥山あきらは偉大だ

| 通りすがり | 2007/07/23 15:10 | URL |

>カイ氏伝さん
 天津飯が地球人ではないというのは同感です。
 手が4本になったり、4人に分裂したり、鼻がないどころの騒ぎじゃありません。

 しかし、そうなると「ヤムチャと餃子のどちらが強いのか」という永遠の命題に突き当たると思います。よしんばヤムチャが餃子よりも強いとしても、ヤムチャは亀仙人より強いのかとか、閻魔大王はどうなんだ(地球人なのか…)とか、色々と不安要素が出てきますね。

 ということで、個人的にはビーデル最強説を唱えておきます。

>通りすがりさん
 そうですね。当時連載中の後半辺りは、かなりテンション落ちながら読んでいた記憶があるのですけど……今一気に読み返してみると、逆に年取ってからの方が面白さが分かるなーと思うのです。

 やっぱり『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』ともに、歴史に残る名作ですよ。

| やまなし | 2007/07/23 17:57 | URL | ≫ EDIT

天津飯は公式に宇宙人の末裔という設定になってますよ
ただ、作者自身が個別のキャラクターにあまり強い思い入れを持たない人なので
「じゃあそれでいいですよ」と周囲に促されて気軽に設定を決めた感もありますが・・・

| 通りすがり | 2007/07/24 00:31 | URL | ≫ EDIT

戦闘力が超人パワーのパクリじゃん

| ああああ | 2007/07/24 08:39 | URL |

僕もヤムチャが最強だと思っています
強襲サイヤ人の際はヤムの戦闘力は1500でしたが、
界王の元で修行したヤムはリクームを一蹴しています(アニメのみ)
そう考えると凄い進歩です。ゴクウより凄い。はなくその秘密に効果があったのかと思われます。

「戦闘力」は確かに「超人強度」の焼きまわしですがインパクトの出し方が凄かった。

まあ「1000万パワー」には勝てないけど

| 傷跡からきました | 2007/07/24 14:50 | URL |

ちょっと話が違うのですが、
スポーツのインフレバトルには最大の敵「ケガ」があると思います。
これを克服したスポーツ漫画を見たことがありません。

| ピピン | 2007/07/24 17:48 | URL |

>通りすがりさん
 マジっすか!
 Wikipediaの天津飯のページには「ゲーム版では宇宙人「三つ目族」の末裔という設定が追加されているので、純粋な地球人ではない」と書かれていますね。
 どうやら『ドラゴンボール大全』というムック本に載っていた情報らしいのですが、この本自体が検索しても出てこない……

>貴様に名乗るHNなどないさん
 そうですね。
 『ドラゴンボール』以前のジャンプのバトル漫画についても書かなきゃならないかと思ったのですが、僕自身があまり覚えていない(当時まだ幼稚園児とかだったので)のと、『ドラゴンボール』以前と以後では状況が違うんじゃないかなと判断した結果、ちょっと不自然な文章になっちゃいましたね。すみません。

 機会があれば、どこかで入手して読んでみようと思います。

>傷跡からきましたさん
 どうもです。
 何年か前に流行った戦闘力考察では、悟空の修行による戦闘力向上から考えるとあの時点でのヤムチャがリクームと互角に戦うのは理に適っている……みたいな文章を読んだのですが、やはり納得がいきませんね(笑)

 クリリンの戦闘力もよく分かりません。最長老さまに引き出された力が最高値だとすると……その後も「リクームに手も足も出なかった」レベルなのかなぁ。だとすると、人造人間編でヤムチャが「俺が一番役に立ちそうにない」と言ったのも、「クリリンは地球人の中で一番強い」と言ったのも、単なる謙遜?

 あと、ヤムチャの顔の傷が仙豆でも治らないことも謎です。

>ピピンさん
 なるほど。インフレバトル(とスポーツ漫画の場合も言うのかな?)と怪我の関係性というのは、面白い着眼点ですね。
 『幽遊白書』の冨樫語録の中に、「心臓病……味方の場合はハンデ、敵の場合は負ける伏線になる」というものがありましたが、怪我も同様にインフレを抑える効果にもなるのかなと思いました。

 多少ネタバレ入りますが……
 『ドカベン』なんかは里中に怪我を負わせることで“強くなりすぎた明訓”の力を抑えましたし、『モンキーターン』も大怪我からの再挑戦が描かれていました。野球やサッカー漫画は、主力を怪我させることで補欠選手にスポットを当てたりします。

 スポーツ漫画においては怪我は重要な要素になっていますが、強くなりすぎてしまう主人公サイドの成長を抑える意味があるのかも知れませんね。

| やまなし | 2007/07/24 19:54 | URL | ≫ EDIT

ところで餃子も鼻無いよね

 週刊連載という形態とインフレ現象って凄くマッチしてると思うんですよね

最近北斗の拳を全巻読んだんですがまとめて読むと後付け設定と矛盾のオンパレードで結構混乱するんですがそれでもやっぱり面白い物は面白い(ラオウ最強イメージは一環してたんでインフレとはいえないかもしれませんが)

多分リアルタイムで読んでたら先が気になって気になっていざ今週号を読もうという段になったら続きが読めた悦びで多少の矛盾は気にならなかったでしょうね

実際リアルタイムで読んでたDBでインフレ現象はそう気にならなかったですから

ハッキリ意識したのはピッコロ→ラディッツの時とメカフリーザがトランクスに瞬殺された時くらいですかね
その後のヤムチャ串刺しはあの当時でも彼の役割には気付いてたのでむしろ爆笑した記憶が(酷)

あ後ヤムチャの傷は生傷じゃなくて治癒して傷跡になってから仙豆喰ったから治らなかったのでは

ところでクリリンは鼻が無いのにハナクソは跳ばせるほうが不思議

| なおくん | 2007/07/24 23:08 | URL |

>なおくんさん

 僕もインフレバトルと週刊連載は相互関係にあると思います。
 いわゆる「DVDで手元に残しておきたい」感覚というよりは、「毎週の視聴率を上げる」感覚というか。

 逆に最近の漫画で伏線などが多いのはコミックスだけで読む人が増えている理由に繋がっている気がしますし、コミックスの売れる漫画と売れない漫画の差を広げたような気もします。どっちがイイというワケではありませんが、難しいですね……

>実際リアルタイムで読んでたDBでインフレ現象はそう気にならなかった
 そう……ですかね。
 年代にも依るんでしょうけど、僕の周りではザーボン戦の辺りでは既に「なんか…ワンパターンじゃないか?」という声は多数だった気がします。インフレ現象というよりも、「またこのパターンか…」と思うことの方が多かったというか。
 人造人間編のあっちが強くなったらこっちが強くなる…という繰り返しなんかは、当時でもかなり辛かったですもの。

>ヤムチャの傷は生傷じゃなくて治癒して傷跡になってから仙豆喰ったから
 傷跡を治すものではない……なるほど。確かにそう考えるとサイヤ人の尻尾が生えてこない理由も説明できますね、

| やまなし | 2007/07/25 03:16 | URL | ≫ EDIT

大体は同意だけど突っ込みたい所

初めまして、記事もリンク先も大体は同意ですが、
リンク先のドラゴンボールのキャラが強くなりすぎてしまう理由で
ヒョードルみたいなのが主人公で、当然のように勝ち進んでいく話なんて詰まらない。
なんて書いてますが、それも物語の作り方の問題だと思うけどどう思う?
ウルトラマンや仮面ライダーなど、
まさにヒョードルを主役にしたかのような面白い話があるんだから
異論を言いたくなります。

| オーシャン | 2014/09/02 04:48 | URL | ≫ EDIT

>オーシャンさん

 私は格闘技詳しくないんで、ヒョードルという人がどういうポジションなのかはよく分からないのですが。
 「強い主人公の物語」と「弱い主人公の物語」についての考察はつい最近書いたばかりなので、こちらをどうぞ。

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-1753.html

| やまなし(管理人) | 2014/09/02 19:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/348-200c8868

TRACKBACK

ドラゴンボールについて

;8号(声:飯塚昭三):フランケンシュタインの怪物のような外見をした人造人間。原作に登場した人造人間の中では、唯一作品初期に登場。戦い嫌いの優しい性格であり、軍にとっては失敗作と言える存在。このことは、悟空との闘いで初めて実戦投入した際に明らかになった。そ

| ドラゴンボールについて | 2007/07/25 21:58 |

バトル漫画における格ゲー的リアリズム?~ドラゴンボールの限界

  真剣勝負とは本来、その名の通り真剣でする勝負のことだ。一瞬の迷いや気の緩みが即、死に直結するような緊迫の世界。勝負を決するには一撃で十分であり、吉岡流が「一の太刀」をこそ極意とする理由もそこにある。    ただ、『バガボンド』のよう...

| スポジェネ | 2011/01/17 20:52 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT