やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アジアカップ・チラ裏4

 オーストラリア戦に勝ったので、今日はサウジアラビア戦です。

 オーストラリア戦はなかなか点が入りませんでしたが、前半の「点が入らない」と1-1になった後の「点が入らない」では意味が全然違いました。
 前半は相手の3バックのサイドのスペースを上手く使い、攻撃の形は何本も作っていましたね。象徴的だったのは中村憲剛が中央ちょい右よりを走り、(日本から見て)左に寄っていた3バックの右側から、慌てて右側を守りに来た3バックの反対側の遠藤にクロスを上げたシーン。完全に日本はオーストラリアディフェンスを崩していました。後は精度の問題。

 それが、オーストラリアが退場者を出した後は一変。
 サイドを固めて「カウンター勝負」「セットプレイに」「PK戦でもいいや」と開き直って守りに入ったオーストラリアを崩すことが出来ませんでした。サイド攻撃が出来ないけど、ムリに崩そうとするとカウンターを喰らいそうだし……と、仕方なく上げたアーリークロスを跳ね返されるだけで時間を消費していました。
 これって、初戦のカタールから1点しか取れずに終了間際に追いつかれたパターンと全く一緒ですよ。


 不思議だったのが、この状況を打開するために投入されたのが佐藤寿人と矢野というFWの二人だったこと。特に寿人はスピードからのワンタッチプレイでゴールを狙うタイプの選手ですから、ガチガチに固めた相手を自分で崩すという役割は適任ではない。
 寿人が悪いというワケではなく、何を狙った交代だったのかなと。これが“一人でディフェンスを突破できる”水野でも、“味方の動きに合わせて相手を崩せる”羽生でもなく、FW2枚というのは……スタメンの中盤4人のバランスを大事にしたかったということなのか(その割には憲剛下げているけど)。


 今日のサウジはガッチリ守備を固めたりはしないと思うので、前回のスタメン中盤4人で構わないと思いますが……膠着状態に陥った時に、選手交代も含めてどう打開していくかに注目したいです。
 まぁ……理想を言えば、膠着する前に勝負を決めてしまうことなんですけどね。

| サッカー観戦 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/357-f67b25d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT