やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考察:美少女作品が美少女ばかりな理由

 もはやちっとも貧乳と関係なさそうな貧乳カテゴリー話。
 いやはや。語っていることはおっぱいとは関係がない話であっても、考え方・アプローチの仕方は今までと同じなのですよ―――ということで、今日は鬼門“美少女アニメ/美少女ゲームの女のコはみんな可愛い”ということについて。

 内容が内容なだけに、ちょっと「美醜」とか「フェミニズム」とかに絡んでくる話なので……そうした話題がイヤだなって人は気を付けて下さい。なるべくそこらには絡まないように書きたいですけど……


 “美少女アニメ/美少女ゲームの女のコはみんな可愛い”
 「みんな」という表現は言い過ぎにしても、「美人率が高い」ことには異論がないことでしょう。
 毎度この話題の時には例にさせてもらっている『舞-HiME』なんかは、20人近い女性キャラ全員が(個人の好みは置いといて)美人です。“美しくなければHiMEにはなれない”なんて隠し設定があったとしても、HiME以外の女性陣も総じて美人度が高いです。

 これは別に、いわゆる“美少女アニメ”“美少女ゲーム”に限った話ではなく……スピリッツとかモーニングくらいの大人向け漫画雑誌とかもそうですよね(それ以上対象年齢が上がると微妙かも……)。
 男性目線の作品だからそうということでもなく、少女漫画なんかでも出てくる女のコも可愛い率が高いです。作中ではあんまり可愛いとされていない主人公でも、読者目線からすると十分可愛いぞってことが多々あります。



 ………んで、こうした疑問に対する世間での回答はこんな感じでした。
 「フィクションの中くらいみんな美しくたって良いじゃないか」
 「その方がヲタクが金出すから商売になるんだろ」
 「キャラで人気を取る時代なんだから当然なことだ」

 一理はあるとは思います。
 ただ……それで全ての説明がつくとも思えません。これまで僕が書いてきた「貧乳を活かすのは巨乳」「巨乳を活かすのは貧乳」「それらを考慮した上でキャラ配置とキャラ造形をしなければならない」と言ったおっぱい話から考えると――――――美少女ばかりの美少女作品が必ずしも最適解だとも思えません。

 その論理から言えば「美を活かすのは醜」だとも「醜を活かすのは美」だとも言えるんじゃないですかね。「美×美」という百合ばかりだと、カウンターとして「醜×美」とか「美×醜」という百合が生まれてきても不思議ではありません。

 140km/hのストレートが限界のピッチャーが150km/hを投げるのは大変。だが、110km/hのスローボールを使えば、140km/hを150km/hに見せることは出来る。

 ちょっと言葉は悪いですけど……ヒロインの可愛さを際立たせるために、そんなに可愛くないコを隣に置くというキャラ配置だって理論としては面白そうですよね。公言しちゃうと女性団体から睨まれそうですが、ナチュラルにやれば「それはアナタの思い過ごしですよ」と言い返せますし(笑)
 でも、実際にはあんまりない。全くないとは言いません、絶対量が少ないという話です。日本橋ヨヲコの漫画なんかは意図的にそうしているフシはあるけど、女性漫画家がそれを狙っているというのは逆に凄い気がしますね……


 それでは、どうして美少女率が高くなってしまうのか、幾つか仮説を立てて考えていこうと思います。

406372171X少女ファイト 1 (1)
日本橋 ヨヲコ

講談社 2006-07-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 仮説1:絵描きに「美/醜」を描き分けるだけの画力がない

 「オイオイやまなし。漫画やゲームの美女率は高いって言うけど、○○という漫画の女は全員ブサイクだぞ」と思った人もいるでしょうが、それは多分描き手の画力の問題です(笑)
 画力っていうよりは……描き手の思う「可愛い」と、読者の思う「可愛い」のズレと言いますか。作中で可愛いとされているコがちっとも可愛いと思えなかったり、逆にブサイク扱いされているコが可愛いと思えたりってのは、結構頻繁にある話ですよね。


 人間の「美/醜」の感覚なんて、凄く曖昧なものです。100人中51人が「美」と言えば「美」になるワケでもありませんし、70人なら80人ならなるのかってことでもないと思います。
 そんな中で絵描きは“100人が「美」と判断してくれる”美少女を目指して描かなきゃならんのですから、パーツパーツをデフォルメしていってなるべく多くの人が「美」と言ってくれるキャラデザインを目指します。

 眼が大きくて、鼻が小さくて、色が白くて、スリムで、でもおっぱいはあって―――とヒロインが出来たとしても、作品の中でこのコ一人が眼が異様に大きいというのも不思議な話です。なので、周りのキャラもある程度近付けて……とやっていくと、美少女インフレの出来上がり。誰が可愛くて、誰が可愛くないのか、よく分からない世界になってしまいます。


 同様に……漫画やアニメやゲームに出てくる「ブサイクキャラ」というのは、よりデフォルメされた「醜」とも言えますよね。これは男性キャラも同様。凄く太っているとか、姿勢が悪いとか、目つきが悪すぎるとか、暗いとか。
 その結果、「極端な美」と「極端な醜」しかいない世界になってしまう。

 うーん……でも、ヘッポコでも漫画描きの端くれな自分としてはこの仮説は微妙な気がします。
 デッサン狂わせたり、目鼻の置き場所をちょっとズラしたりとか、“可愛くなく見せる方法”は無限にあると思いますもの。少しでもキャラを可愛く描こうと思っている人は、逆に可愛くなく描くことなんて簡単じゃないか……と、自分の仮説をとりあえずぶち壊してみる。


B000EQIRUU美しければそれでいい
石川智晶 西田マサラ

ビクターエンタテインメント 2006-04-19
売り上げランキング : 1470

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 仮説2:そもそも“可愛くない女性”なんて存在しない

 んなバカな、と思われても仕方がないのですが……
 「素材」という点では千差万別あるのは間違いないとは言え、女性は男性と違ってメイクで補うことが出来ます。加えて、“可愛い”は髪型やら服装やらの全体の雰囲気から感じることもありますし、表情が豊かな女性というのはそれだけで魅力的に思えてしまいます。
 男性にも当てはまることですけど、ある程度の水準までだったら努力で何とかなるとは思うのです。

 もちろん「ある程度の水準」では「美少女率」に繋がらないように思えるかも知れません。
 ですが、漫画・アニメ・ゲームなどの絵を描く際には“デフォルメをする”ことは基本テクニックです。それは絵柄の問題ではなく、絶対に持っていなければやっていけない技術です。怒った時は、より怒った表情に。喜んでいる時は、より喜んだ表情に―――ある程度キレイな人は、よりキレイな人のように描くのは表現者としては当然の選択なのです。


 そもそもが、である。
 「アニメやゲームのキャラは美少女ばっかで、キモー!」とか言ってるヤツに言いたいのだが。バラエティ番組とかドラマとかに出ている“三次元なはずの女性”だって、美人率は異様に高いですよ。もちろん個人の好みは置いとけばの話ですけどね。
 (僕は好きじゃないけど)バラエティ番組とかには、ブサイクを売りにして笑いを取っている女性タレントとかもいますけど……あれもデフォルメされたブサイクであって、漫画やアニメに出てくるデフォルメされた「醜」に近いものがあります。


 異様に高い美人率と、一部のデフォルメされた「醜」。すっぽり抜けた「そこそこ」。
 実はテレビ番組も、漫画・アニメ・ゲームも、女性の描き方に大差はないんですよ。そりゃ同じ国(文化)の人間が作って、同じ国(文化)の人間が享受しているんだから、完全に別物になる方がおかしい。
 野球もサッカーも柔道も、日本人選手は「技術はあるけどずる賢さに欠ける」って言われているでしょ。環境は違えども、同じ文化で育っていれば共通するものはあるんですよ。


 この文章を読んでいる人の中には、「え?でも、ドラマに出ている○○って可愛くないよね?」と思う人もいるでしょう。僕も思う。でも、それは“個人の好み”であって、他の人にとっては違うかも知れません。
 前に僕が好きな『バツラジ(@TBSラジオ)』というラジオ番組で、「今ブサイクな男がモテている!」という話でブサイク好きを売りにしている女のコに生電話を繋いだことがありました。そのコが延々とブサイクな男の魅力を語った後に、パーソナリティが「喩えば芸能人で言えば誰みたいな人が好きなんですか?」と尋ねると、あろうことか「S○APのく○○○くん」と答えやがった。パーソナリティ絶句、放送作家は後ろで大爆笑。

 繰り返しますが、人間の「美/醜」なんて曖昧なものです。
 「く○○○くん」と答えた彼女やその友達の中では、「く○○○くん」はブサイク扱いなんでしょう。でも、「く○○○くん」を格好良いと思っている人も確実にいて、テレビを観ていると「く○○○くんって格好良い」と描かれているように思えます。でも、実際にはブサイクだと思っている人もいる。僕の意見はノーコメントだ。


 これは二次元も一緒。
 僕はタレ目スキーなので『舞-HiME』の中では日暮あかねや瀬能あおいが好きだけど(敬称略)、ツリ目キャラの碧ちゃんなんかは苦手。もちろん顔だけの話ね。
 それでも、そうしたキャラが(自分の好みを置いておけば)美人だと思うし、そうしたキャラが好きだという人の気持ちも分かる。同じことを三次元に当てはめて、「俺は柴崎コウ好きじゃないけど美人だとは思う」とも思う。


 人間は「美/醜」についてはハッキリ判断できないけど、
 「自分の好み/自分の好みではない」についてはハッキリ分かるんだ。

 なので……喩えば『舞-HiME』のキャラ配置なんかを見れば分かりやすいんだけど、「ツリ目/タレ目」「貧乳/巨乳」「髪が長い/髪が短い」といった好みがハッキリ分かれる箇所で分類しているんですよね。こうした特徴は記号化しやすいですからね。

 逆に「美/醜」という特徴付けでキャラを対比させようとしても、受け取り方に個人差がある分、上手く対比できないかも知れない。140km/hのストレートを決め球にしようとしているのに、見せ球のスローボールが135km/hじゃ逆に目が慣れちゃうじゃないかという話です。


B000TCRIDQ舞-乙HiME アカネ・ソワール マイスターローブ゛Ver. (1/7スケールPVC塗装済み完成品)

グリフォンエンタープライズ 2007-08-25
売り上げランキング : 3395

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 仮説3:「美/醜」で対比させるよりも手っ取り早い方法がある

 「おっぱいが大きいか/小さいか」ならば客観的に判断することが出来る。「ツリ目/タレ目」も。「髪が長いか/短いか」とか。「好きな人がいるか/いないか」とか――――――キャラ作りというのは、言ってしまえば記号化を繰り返して実体化させる作業だとも言えます。

 仮説2で僕は「人の好みは人それぞれだから美醜を描き分けるのは難しい」と書きましたし、半分くらいは自分でもその通りだと思うんですが……やっぱり100人中90人が「可愛い」と思うキャラと、100人中10人しか「可愛い」と思わないキャラというのは描き分けられる人も多いと思います。
 ただ……実際にそれをやる必要があるのかというと、多くの作品の場合はそれが必要ではないんですよね。出来る/出来ない以前に、もっと手っ取り早い方法があるんです。


 「可愛い女のコ/可愛くない女のコ」の対比よりも、
 「可愛い女のコ/ムサい男」の対比の方が分かりやすいんですよ。

 男か女か微妙なファッションというものもありますけど……「可愛いか、可愛くないか」に比べれば、「男か女か」の描き分けの方が遥かに楽です。
 現代日本が舞台ならばスカート穿かせれば一発。その他にも髪型とか体つきとかおっぱいとかロングショットの構図で描き分けられるものから、マツゲやマユゲや鼻といったアップの構図で描き分けられるものまで沢山あります。

 もっと言うならば、年齢で対比させる手もあります。
 「美少女のヒロインと、それほど可愛くない同級生の女のコが数人」という絵よりも、「美少女のヒロインと、鼻息が荒くて汗臭いオッサンが数人」という絵の方がヒロインは映えるのです。そして、何か犯罪の匂いがしてエロイ(笑)


 まぁ…オッサンの喩えはちょっと極端だと思いますが、「男と女」というのは「女と女」よりも危ういんですよ。
 簡単に言ってしまうと、なつきのスカートの中を見るのは静留ではなく武田先輩でなくてはならないということですね―――それが喩えガチレズどSの静留お姉さまであっても(笑)、男から見られたダメージ&男が見てしまったという“羨ましさ”には適わないんです。

 女子校の中に、主人公一人だけ男が入ってしまう……なんて使い古された手法も、実は非常に考えつくされた論理的な設定なんですよね。「安易な方法だ」と甘く見ていると、そこにある本質を上手く見れないという好例なのかも知れませんね。



 というワケで、3つの仮説全てを統合して僕自身の推察を言わせてもらうのならば
 人間の「美/醜」の判断は非常に曖昧で記号化しにくいものなので、「男/女」のように記号化しやすい他の特徴で対比をする作品が多い―――から、美少女作品の美少女率が高くなってしまうのかなと。

 美少女の“美”の部分はこれで大体(自分の中では)解決しましたが、“少女”の方に関しては未解決なので、また機会があった時にでも………



 しかしまぁ、何というか……
 こんな記事を書きながら、つい思い出してしまったのですが―――僕の学生時代「やまなしの友達になるとモテる」というジンクスがあった理由が、何故だか分かってしまった気がします。俺はスローボールだったのか。
 よし!今日もモテない!人生なんてやってられねえ!

B000OIOJTQ俺たちに明日はない
ウォーレン・ベイティ フェイ・ダナウェイ ジーン・ハックマン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-05-11
売り上げランキング : 7308

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 05:30 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

どもども。

3度目のお邪魔をさせていただきます。
トムキャット与平です。

また田嶋ようこ先生が憤怒しそうな内容ですなぁ。

まー、確かにアニメにしてもドラマにしても美少女・美女だったり、美少年が多いですね。こんな可愛い子が多いクラスなんてありえねぇよ的なものばかりですよね。
やっぱり、ジャイ子がいるからしずかちゃんが栄えるわけですよねぇ。

最近のアニメはらき☆すたくらいしか知らないので、わかりませぬが!
(しかもニコニコ)

日本のドラマはあまり見ませんが、確かに美形キャストで埋められてます。
でも、室井滋はダレがどう考えても 不細工 だと思いますがw
もし、ルックスだけを純粋に見て、可愛いと思う人がいるのならば それは単なる ブス専に違いない。

ほとんどの日本のドラマの場合はその人の演技力より、知名度や、人気でキャストを決めたり、力の強い事務所の圧力に負けて、その事務所の役者を起用したりと悪い風習があるので、どうしても美形、あるいは顔だけが良い人が多くなってしまうんでしょう。

その点、洋ドラマは素晴らしいんですがねぇ。巷で人気な24なんて、中年のオッサンが主人公ですからね。日本じゃまずありえない。その脇を固める役者たちも顔はそれほどでもないが、演技は凄いっていう連中ばかりです。

日本も個性派俳優だけでドラマ作って欲しいもんですわ。
大杉漣さんや水谷豊さんが大好きなトムキャット与平でした。

まぁやっぱり、男の視点から考えれば、やっぱり不細工よりは美人の方がいいですw

| tomcatyohei | 2007/08/01 10:32 | URL |

登場人物に不細工が少ないとはいえるかもしれないけど、
その世界に不細工がいないってわけじゃないでしょ。
ある物語を見るとき私たちは自分で補いながらよんでいきます。
だから不細工を言及したところで、立ち絵としてあげなくても不細工は存在するだろうし、顔なしだってかまわない。
そして、不細工について物語中で改めて言及しなくとも、僕たちはそのイメージは持っている。
描いても良いけど描いたら描いたで言及しなくちゃいけないし、そのせいで登場人物の悪い面を浮き彫りにしてしまうかもしれない。

逆に美人や不細工だという言及さえされなければ、僕たちは無限にそのデフォルメされた記号に妄想を押し付けられます。だから例えばデブというよりはふっくら、とか、ガリというよりスレンダーってさ。アニメや漫画なら記号化も容易であるし。
曖昧にしておくことで美人がなぜこんなにいるかということに言い訳できるし、読者に現実的な痛みを味あわせずにすむかもしれない。とくに、美少女作品というものに求めているようなものを考えれば想像に難くない。

美少年作品を一度見ると、美少女作品への違和感が確信に変わるでしょう。得てしてそれは僕たちの願望に沿っているだけで、現実からは確実に遠く、都合のよい真実だけを見たがる人間の真実です。

なーんてかいてみたけど、レイさんの言っていることと大体一緒で納得です。
でも、最後の喩えは性癖や状況でかなり分かれると思います。

| てと | 2007/08/02 17:03 | URL |

>tomcatyoheiさん
 どうもです。
 田嶋先生は置いといても、不快に思う人は多いだろうなーと思いつつ書いていました。でもですね、別に僕がこうした現象を起こしているワケではなくて、既にある現象を僕なりに考えただけですから(笑)

 こうした理由に目をつぶることも一つの手ですけど、モノ描きならばどうしてこういうことが起こるのか(支持されるのか)を把握しといて別の描き方をする方が幅が広がるかなーと思うのです。言い訳、言い訳。

>でも、室井滋はダレがどう考えても
 何故、名指しなんだ(笑)
 芸能界についてはちょっと疎いんですけど、ドラマが「売り出し中の若手タレントが集まる場」になっている感はあるようですね。この辺は事務所の力云々というよりは、業界の流れというか。お金の流れがそっちに向かっているというか。

 刑事モノとかもあるんで、日本でもオッサン主役のドラマはあると思うんですが……
 最近のテレビは若い女性に媚びすぎていると、よく言われる話ですね。それが悪い話じゃないんですけど、それで「面白い番組を作っているのに視聴率が上がらない!」とか言われてもなぁ。


>てとさん
>立ち絵としてあげなくても不細工は存在するだろうし、
 「存在するけど敢えて描かない」という考え方は、美少女ゲームで想像すると凄く分かりやすいですね。超モテモテの俺は美少女しか目に映らないぜ!ってばりに(笑)

 ただ、このやり方だとプレイヤーや読者の“基準値”が上がりすぎてしまって、喩えば作中で「学園のアイドル」とか「絶世の美女」とかが出てきても、「他のコとあんま変わらないよなぁ…」と思えてしまうんですよね。 
 「作中には美少女しか描かない!」というのなら、“その中で誰が一番美人か”なんて設定は作らない方がって思います。多分、こういう設定を作っちゃう人って「なんでこの作品にはキレイな人ばっかりなのか」なんて考えたこともないんじゃないでしょうか。

>でも、最後の喩えは性癖や状況で
 ま、「エロイ」ってのは確かにネタですね(笑)

 “男から見た女性のエロさ”というのは定石で少年漫画もずっとコレを描いてきたのですけど、反動で数年前の百合ブームに繋がったというのは見過ごせない話です。
 僕も百合スキーで、男なんて全員絶滅すれば良いと常日頃思っているんですけど(笑)、だからこそ「男と女」の方が危ういのかもなぁと思い始めていたり。この辺は流行とかテクニックとかが絡んでくるので、最良の方法があるワケじゃないんですけどね。

 あーでも。最近の“鬱化するヒロイン”というのは、ヒロイン内で相反する二つの要素を持つことで美しさを際立たせているのかなと書きながら思ってみたり。
 書けば書くほど色んなことを考えてしまいます。キャラ作り(とおっぱい道)は、それだけ長く果てしないんですね。

| やまなし | 2007/08/02 18:31 | URL | ≫ EDIT

美と醜と凡庸の描き分け

某ゲームで絵を描いておりますが、美人ではない凡庸な顔や体型ですとか、醜いとまでは行かないけど
美しくない顔や体型というものを描くと、なぜかお客さんから「下手糞」という烙印を押されるので
ございます。均整のとれていない容姿は絵師の技量が稚拙なせいだと誤解されているのです。
必然的に「うまく見える」「美しい容姿」のキャラクターばかりになります。
例外として、心から醜い悪役に限っては美しくない容姿を与えることが許されますが、
極端にカリカチュアライズされていなければ、やはり下手糞の烙印を押されます。
何だかイヤになってきますが、世の中そう言うモノなのでしょう。

| とある絵描き | 2007/08/02 21:59 | URL | ≫ EDIT

需要のあるなしだけでしょ

|   | 2007/08/03 00:13 | URL |

>とある絵描きさん
 なるほど、確かにそうした声もありそうですね。興味深い意見をありがとうございます。
 どういうゲームかにもよりますけど……漫画やアニメが構図によって「可愛いコだけ目立たせる」という融通が効くのに対し、ゲームはどのキャラも同じような扱いになりがちで。「可愛くないコを描く絵描き」とレッテルを貼られやすいのかも知れませんね。

 漫画やアニメはボール球が投げられるけど、ゲームの場合は遊び球が投げられない……と相変わらず分かりにくい野球の喩えでゴメンなさい(笑)

 絵に対しての「上手い/下手」という感覚は、絵を描く人間以外には「可愛い(格好良い)キャラを描いてくれるか」に引っ張られてしまうのは仕方ないでしょうね。脚本だって「好きなキャラが活躍する」のが良いストーリーだと見る人も多いですし。
 キャラ偏重主義だからこそ商品になるという要素もありますしね。否定するワケにもいかない……作り手からするともどかしいでしょうが。

>  さん
 もちろん需要という点も大きいと思いますが、それだけでは説明できない部分もあるかなと思います。
 「登場人物20人全員が美少女」と「登場人物19人が美少女で、1人はそうでもない」という二つの作品で、それほど需要の差があるとは思えないのです。

| やまなし | 2007/08/03 18:10 | URL | ≫ EDIT

仮説1が結構大きいと思います。
といっても、書いてある内容を一歩進めて
「普通の顔は、同じ顔に描き続けるのが難しい」って問題です。

ディフォルメの少ない、デッサンに近い画風の人なら
幾分やりやすいかと思いますが、ディフォルメされたマンガ絵の場合
普通の顔ってのは量をこなすとどうしても
記号化されて見慣れた・描き慣れた美男子・美少女に
近づいてしまいます。

「普通の記号化」ってのは不可能でないにしても
極端なものの記号化に比べ圧倒的に困難です。
しかも、その「普通」にバリエーションを持たせるのはさらにキツイ。

出来そうなのは、オレ流に記号化した普通顔を「数種類」持つ
といった対処法でしょうか。
ただ、その対処法は労力の割に見返りが少なく
(下手すると「とある絵描き」さんのような目にあう事も)
気づいても選択しない人が多いような気がします。

| かず | 2007/08/04 15:26 | URL |

>かずさん

>「普通の顔は、同じ顔に描き続けるのが難しい」
 なるほど、言われてみるとコレはかなり大きそうですね。

 僕も漫画を描いていて一番憂鬱なのは「モブ(群集)」だったりします。普通の人を十数人も描くのって意外に「パターンがない」んですよね。メインキャラを描く際には「特徴を付けろ!」って口酸っぱく言われるワケですし……特徴のないキャラデザって引き出しがほとんどないんです。

 対策としては、「普通の顔」を一つ作ったら「普通の顔の三つ子」とかで使いまわすとかですかね(笑)
 『双恋』みたいに、登場人物全員「三つ子」とかならキャラデザが3分の1で済む!「六つ子」なら6分の1だ!!どうなんだ、コレ。

| やまなし | 2007/08/04 23:33 | URL | ≫ EDIT

面白いですね。自分は仮説1に近いです。

といっても画力ではなくて。

可愛くなくする方法やブサイクじゃなくする方法で「見た目が普通」のキャラクターが出来てもそのキャラクターを美少女キャラやブサイクキャラと同等の存在感があり、魅力的なキャラクターにするのが難しいからじゃないかと思いました。

見た目のインパクトでまず弱いわけですし。

| ギグス | 2007/08/05 15:17 | URL |

>ギグスさん

>魅力的なキャラクターにするのが難しい
 なるほど。
 そう言えば、男性キャラの場合は「別に格好良いワケでもなく」「お調子者だけど」「人気がある」キャラって一つの形がありますね。クリリンタイプというか。いや、クリリンは髪型で物凄く目立っていますけど(笑)

 フェミニズムの問題か、需要の問題か、そもそも男性/女性どちらに向けたメディアという差なのか―――ああいうクリリン的な女性キャラってあまり思いつかないですね。いても「可愛いから許される」ことの方が多い気がします……

 これはやはり前例の差なのかなぁ。“そういうタイプの人間”のステレオタイプが出来ていない分、作る方も大変だというか。かと言って、「普通である」キャラを狙って描くのは勇気が必要なことですけど……

| やまなし | 2007/08/05 22:04 | URL | ≫ EDIT

貧乳を活かすのが巨乳、、という部分についてですが、

貧乳好きと巨乳好きってのは両派とも結構居るらしいんですよね。
(どっかのサイトの投票だとほぼ50/50)、逆に美少女が好きな人と
醜女が好きな人の割合は、、、前者の方が圧倒的に多くなる。

スパイスとして両方入れると、キャラ作りの手間もかかるし、
手間をかけて作った非美少女キャラの人気が出ずに、少々無駄手間になる
からやらない、、って事なんじゃないでしょうか。

| みずがめ座の男 | 2007/08/31 20:50 | URL |

>みずがめ座の男さん

 確かに基本的にはそうだろうなーと思います。

 ただ、これだけ色んな作品が生まれて埋もれていく中で色んな手法が使われてきていて、喩えば巨乳を活かすために貧乳キャラと組み合わせるみたいな手はよく見かけるのに、美醜に関しては見かけないよなー。誰かがやっていてもおかしくないのになー。という疑問からこの記事を書きました。
 どちらが無難かと言えば、そりゃ可愛いコばかり出ていた方が無難だとは思います。

 ちなみに僕は貧乳派です。

| やまなし | 2007/09/01 12:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/360-f4513c83

TRACKBACK

桜蘭高校ホスト部の美醜基準は変だと思う

考察:美少女作品が美少女ばかりな理由 このやまなしなひびさんの記事のなかでは、なぜ美少女ばかりがフィクションのなかに出てくるのかについて、いろいろと考察されてます。 その考察については、リンク元に行って読んでいただくことにして、この記事を読んでいたら、ふ

| 名探偵西園寺万五郎がアニメを斬る! | 2007/08/03 00:22 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT